1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 13:25:12.65 ID:p7godpnD0

モバP「なんだ、自分で着れないのか?」

こずえ「うん……。いつも、ママがきせてくれるのー……」

モバP「そっかぁ……と言ってもなぁ。いくら子どもだからって俺じゃ恥ずかしいよな。
ちょっと待っててくれ、今ちひろさん呼んでくるから」

こずえ「……おふく、きせてくれないのー……?」

モバP「まぁ待っててくれ。今ちひろさん呼んでくるからさ」

こずえ「ぷろでゅーさー……おふく……」

モバP「ちょっと待っててな――ちひろさーん!」

こずえ「……」


こずえ「ふぅん……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 13:33:53.11 ID:p7godpnD0

ちひろ「どうしたんですかPさん」

モバP「すいません。ちょっとお願いがあるんですけど良いですか?」

ちひろ「構いませんけど……どうしたんです――」

モバP「いやぁ、実はこずえなんですけど――」

ちひろ「――こずえちゃん!?」

モバP「えっ、いきなりどうしたんで」ガシッ

ちひろ「P、PP、P、P、Pさんは振り向かない!!」

モバP「は、はい?」

こずえ「ぷろでゅーさー……」

モバP「えっ、こずえ?あっちで待ってろって言った筈じゃ……」

ちひろ「こずえちゃんは私に任せてください!とにかくPさんはこのまま真っ直ぐ事務室に入る!
良いですね!?」

モバP「は、はい……わかりました」スタスタ

こずえ「おふくー……」トテトテ

ちひろ「こずえちゃんは私とこっちに!駄目じゃない……服を脱いだまま出て来ちゃ……」

こずえ「おふく、きせてくれないのー……ぷろでゅーさー……?」

ちひろ「服なら私が着せてあげますから……。ついでに覚えましょうね……」

こずえ「……ぷろでゅーさー……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 13:40:41.72 ID:p7godpnD0

モバP「こずえ……まさか服を脱いだまま付いて来たのか……大丈夫なのか、あの子……」

モバP「ふわふわしているっていうかなんというか……会った時もいつのまにか俺の手を握っていたからな……」

モバP「個性的な子は何人もいるけどあの子はあの子で別格だな……」

コンコン

モバP「……ん?誰だ、客か……?はい、どうぞー?」

こずえ『ぷろでゅーさー……』

モバP「ってこずえ?どうしたんだ?ちひろさんと着替えをしていたんじゃないのか?」

こずえ『んー……。わかんない……』

モバP「わかんないって……ちひろさんは?」

こずえ『……わかんない』

モバP「……?まぁいい、とにかく今扉を開けるからな」

ガチャッ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 13:58:46.49 ID:p7godpnD0

こずえ「ぷろでゅーさー……」

モバP「!?こ、こずえ!お前なんて恰好しているんだ!?」

こずえ「おふくぅ……きせてー……」

モバP「わ、解かった!今持ってくるから!だからとりあえず部屋に入ってえっと、毛布でも体に巻いとけ!」ダッ

こずえ「……」ガシッ

モバP「!? ちょっ、こっ、こずえっ? なっ、なんだこの力……」

こずえ「おふく、きせてくれないのー……?」

モバP「だ、だから今着せてやるから!この手を離してくれ!」

こずえ「……ふぅん」

こずえ「……。ねー……ぷろでゅーさー……」

こずえ「……寒いよぉ……寒いよぉ……」

こずえ「……ぱぱぁ」


こずえ「お ふ く き せ て よ ぉ」



「破ァ!!」


 突如として廊下に響き渡る怒号。それまで腕を掴んでいた力が一気に解かれた。

「も、もぅ……大丈夫です……」

 声の方向を見るとちひろさんと小梅が立っていた。ちひろさんが安堵を漏らし、
小梅は倒れているこずえに近寄った。

「よ、良かった……ね、眠っているだけ……」

「一体何がどうなっているんだ……?」

「こ、こずえちゃんの中に、悪い物が憑りついていたんです……こ、こずえちゃんは悪くないです、から」

「……そうなのか」

 不思議と納得できた。それは小梅の普段から垣間見せる霊感からか、こずえのふわふわとした雰囲気からなのか……
最後の一瞬、俺を『パパ』と呼んだ、誰かのおかげなのか……或いはその全てか。

「何はともあれ……助かったよ、ありがとう小梅」

「い、いいえ……これが無かったら、多分、Pさんを助けられなかった……です」

「……なるほど」


 日野茜ドリンクって凄い。改めてそう思った。


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 14:00:27.80 ID:p7godpnD0

というわけで前作 晶葉「出来たぞ!日野茜ドリンクだ!」 の続編です

お粗末様でした


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/22(木) 19:24:05.24 ID:p7godpnD0

一応補足なんですが

悪霊に憑りつかれたこずえちゃんが天才少女池袋晶葉特製日野茜ドリンクを飲んだ小梅ちゃんに除霊してもらった
というのが話の大筋です

わかりづらくてすまんね



元スレ:こずえ「おふく、きせてくれないのー……?」

他サイト様の最新記事