1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:39:07 ID:3R2I3CxU

エレン(だが、そう思ったとき既に俺はミカサに夜這いをかけられていた)

エレン(な…何を言っているのかわからねえと思うが、俺も何が起こっているのかわからなかった)

エレン(頭がどうにかなりそうだった。催眠術だとか超スピー…)

ミカサ「エレン…」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:40:15 ID:3R2I3CxU

エレン「な、なんだよ…つかお前なんでここに居るんだよ」

ミカサ「日課」

エレン「」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:42:25 ID:3R2I3CxU

エレン(どういうことだよ…俺は今日、クーデレお節介幼馴染のミカサに夜這いをかけるつもりだったのに」

エレン(肝心のミカサが俺と同じ変態だったっていうのか!」

ミカサ「…エレン…私に夜這いをかけようとしたのね?」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:44:20 ID:3R2I3CxU

エレン「はっ、はあっ!?んなわけないだろっ!お前は家族であって!そういう対象じゃねーし!」

ミカサ「…ベッドの下にこれが落ちていた」スッ

エレン(あれはッ!アルミンに都合してもらった近親相〇モノのエ〇本ッ!)


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:46:30 ID:3R2I3CxU

ミカサ「…このことからわかるのは、エレンは潜在的に女の家族に対して欲求を抱いているということ」

エレン(終わった!俺が優位に立つからこそのミカサという選択だったのに――)

ミカサ「…私と同じだ。さあエレン、始めよう…」ワキワキ

エレン(搾り取られる…一滴残らず!)ガクガク


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:48:24 ID:3R2I3CxU

エレン「待てミカサ!俺はあくまでも攻めをやりたいのであって!」

ミカサ「なら明日はそうしよう。今日は私がエレンに進撃したい」グイグイ

エレン「ちょっ、そんなに強くパンツを引っ張るなよ!」

ミカサ「よいではないか、よいではないか」バッ

エレン「あ~~~~~れ~~~~~~~!」ゴロン


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 19:51:03 ID:3R2I3CxU

ミカサ「ふふ…いつも見ているけど、やっぱりエレンのお尻はかわいい」ナデナデ

エレン「いつから見てたんだよぅ…」シクシク

ミカサ「あなたがこのマフラーを巻いてくれたあの日から、毎晩、欠かさず」

エレン(まったく気付かなかった)

ミカサ「ここも、すごく成長している…///」ソッ


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:26:31 ID:3R2I3CxU

エレン「おまっ、急に手を添えるんじゃねえよっ///」

ミカサ「…ようやく真の姿を見ることができると思うと、感慨深い///」サワサワ

エレン「た、玉を弄るな玉をっ…!」

ミカサ「エレン、溜まっている…すぐに楽にしてあげよう///」サワサワサワサワ


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:28:35 ID:3R2I3CxU

エレン「やっ、らめぇっ…そんな触り方されたらぁっ…!///」モジモジ

ミカサ「ああっ、エレンのエレンの角度が上がっていく…なんて逞しい///」サワサワサワサワ

愚息「幼馴染が初陣とは、大将も罪な男だな」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:29:23 ID:3R2I3CxU

エレン「やっ、らめぇっ…そんな触り方されたらぁっ…!///」モジモジ

ミカサ「ああっ、エレンのエレンの角度が上がっていく…なんて逞しい///」サワサワサワサワ

愚息「幼馴染が初陣とは、大将も罪な男だな」ムクムクムク


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:31:01 ID:3R2I3CxU

アルミン「…んぅ…? エレン、急に騒いで、どうしたの…?」ゴシゴシ

エレン「アルミン!?助けてくれ!」

ミカサ「させない!」ドスッ

アルミン「うっ」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:32:49 ID:3R2I3CxU

エレン「アルミンっ!アッ!」ビクン

ミカサ「ごめんなさいアルミン…これはせめてもの手向け」サワサワ ソッ

エレン「ミカサっ!なにアルミンの顔に布掛けてんだよ!縁起が悪いだろ!」

ミカサ「あれはクリスタのハンカチ…とてもクリスタな匂いがする」サワサワ


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:34:59 ID:3R2I3CxU

エレン(クリスタのハンカチだって?)チラッ

アルミン「デュフフ…クリスタぁ…駄目じゃないか僕の布団に入ってきたりして…」マクラダキシメッ

エレン(なにあれきもちわるい)

ミカサ「ここで、皮を剥こう」ムキッ

愚息「クールビズ」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:37:47 ID:3R2I3CxU

エレン「おまっ…もっと優しく剥けよっ…痛いだろうがぁ…(涙目)」

ミカサ「ごめんなさい…その分気持ちよくなれるよう努力する」レロレロ

エレン「おおおおおおおっ!?」ガクガク

愚息「敏感肌の俺には地獄だぜ」ビクンビクン


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:41:16 ID:3R2I3CxU

ミカサ「ああ…脈打っている…エレンのエレンが脈打っている…はぁ…」レロンレロン

エレン「あああっ!そこは弱いんだよミカサァ!やめっ、めぇええええ!」ビクンビクン

愚息「大将…初めての相手がテクニシャンとは、幸運だな」

アルミン「んぅ…うるさいなぁ…ごめんねクリスタ、またライナーが騒いでるみたいだ…むにゃむにゃ」スーハースーハー


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:45:24 ID:3R2I3CxU

エレン「ミカサおまえ、うますぎ…どこで、こんな…アッ!」

ミカサ「あの日から毎晩あなたのことを想ってシミュレーションを繰り返していた。その賜物」チロチロチロチロチロチロ

エレン「おああああ舌の先っちょだけを使って!触れる面積が小せえせいで何でもいいや!」

愚息「おおうたまんねえたまんねえ。できたら乳で挟んでほしいぜ」

アルミン「あぅ…だめだよクリスタ…そんな欲張っちゃ…ふひひ…」コヒューコヒュー


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:48:13 ID:3R2I3CxU

エレン「やべえっ、ミカサ!もう無理!出ちまう!」

ミカサ「わかった」ジュポッ

エレン「ファッ!?」

ミカサ「ふぁあふぇふぇん、ふぁふぃふぇ」ジュッポジュッポ

エレン「お前…口ん中で受け止めるってのか!」アウッ

愚息「超絶美人の巨人に食われたなう」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:52:03 ID:3R2I3CxU

ミカサ「ふぁあ、ふぁふぃふぇ」ジュッポジュッポ

エレン「くそっ、上等だ!いくぞミカシャぁあああああああああああああああああ!!」

愚息「合点承知ぃぃいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!」ドビュルルルルルルウ

ミカサ「がぼっ!?」

アルミン「ああっ、クリスタぁん!乳首舐めちゃらめええええええええええええええええ!!」ドビュルルルルルルウ


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:54:53 ID:3R2I3CxU

エレン「はあっ、はあっ、はあっ…」

ミカサ「……」ゴックン

愚息「~深刻なエラーが発生しました~」シュゥゥン…

アルミン「むふふ…良かったよぅクリスタ…」ハラリ


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 20:57:08 ID:3R2I3CxU

エレン「はあっ…はあっ…悪いなミカサ、大丈夫か」

ミカサ「実に美味だった」ツヤツヤ

エレン「そうか…ああ、駄目だ。何も考えられん…寝るわ」ゴソッ

ミカサ「待ってエレン。一番大切なことをしていない」グイグイ

アルミン「あれ…?クリスタ…?どこに行ったの?」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:00:04 ID:3R2I3CxU

エレン「んだよ?これ以上何を…」

ミカサ「まだ私の中に入ってもらっていない」クパァ

エレン(うぇ…なにこれ。女のそこってこんなに…)

ミカサ「ほらほらエレン。攻めをやりたいと言っていたはず」

エレン「いや…いいよもう。寝たいし」

アルミン「君は…ライナー?どうして君が…僕は、クリスタとにゃんにゃんしていたはずなのに」ビクッ


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:01:47 ID:3R2I3CxU

ミカサ「ならエレン、私のおっぱいを揉もう。そうすれば活力も湧いてくる」

エレン「頼もう」

ミカサ「御意」

アルミン「ちょっと…何で顔を赤らめているんだよ…っ!なっ、放してくれ!なんで服を脱がすんだ!」ジタバタ


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:04:54 ID:3R2I3CxU

エレン(ミカサのおっぱいか…身長高いし、きっと巨乳なんだろうな)ワクワク

ミカサ「…」ヌギヌギ

エレン(ミカサと風呂入ったのなんて五年も前だし、今どうなってんだろ)ワクワク

ミカサ「…」ファサァ

アルミン「やめっ、やめてよライナー!僕はっ、僕にそっちの気はないんだっ!はぅっ!」ビクン


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:07:21 ID:3R2I3CxU

ミカサ「さあ、エレン」

エレン「お、おう!…おう?」

ミカサ「どうしたの」

エレン(何でこいつ…胸板なんだよ…)

アルミン「僕みたいなチビよりも相応しい人がライナーにはいるよっ!ジャンとか!」バタバタ


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:10:11 ID:3R2I3CxU

エレン(こんなんじゃ俺の愚息も…)

愚息「ないわー…二重の意味で」

ミカサ「…エレン」

エレン(腹筋もすげえし…顔は綺麗なのに、これじゃ昂るものがないんだが…)

アルミン「マルコは王に身を捧げるために憲兵団に入ろうとしてる!彼の方が素養があるよ!」ミブリテブリ


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:12:07 ID:3R2I3CxU

ミカサ「揉んで」グイッ

エレン「おまっ!?」モミ?

ミカサ「エレンを(性的に)飢え死にさせるわけにはいかない」グイグイ

エレン「うっ…うぅ…」シクシクモミ?モミ?

アルミン「アッーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:13:45 ID:3R2I3CxU

アルミン「ああっ!」ガバッ!

エレン「アルミン!」パァァ

ミカサ「チッ」

アルミン「はぁっ、はぁっ、夢…夢か。ああ、良かった…本当に…」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:16:19 ID:3R2I3CxU

アルミン「って、あれ…ミ、ミカサ!?何でここにいるの!?エレンも、なんで二人とも半裸なの!?」

エレン「えっ、とだなアルミン。これには深いわけが…」

ミカサ(空が白み始めている…潮時か)

ミカサ「アルミン。そこに落ちているクリスタのハンカチをあげよう」

アルミン「わかった。君がここにいたことは黙っておくよ」


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:18:26 ID:3R2I3CxU

ミカサ「そういうわけだからエレン。また今夜…楽しみにしている///」

エレン「あ、ああ…(あの胸板と腹筋見たらもうなぁ…)」

アルミン(クリスタのハンカチ…クリスタのにおいだ…あれ、僕のパンツが濡れてる…まさかライナーの夢で!?)ガーン


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:20:24 ID:3R2I3CxU

ミカサ「では///」バタン

エレン「ああ…(何であいつおっぱいないんだよ…ああ…)」ガックリ

アルミン「エレン…落ち着いて聞いて欲しいんだ」

エレン「どうした、アルミン」

アルミン「…僕は、ホモかもしれない」

エレン「ファッ!?」

~おわり~


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 21:22:54 ID:3R2I3CxU

お粗末様でした!
お分かりの人もいるかと思いますが、ペトラ夜這いの過去話です。
玉揉みとかフ〇ラとかやり逃したのでそれだけのために書きました



元スレ:エレン「ミカサに夜這いをかけようと思った」

他サイト様の最新記事