1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 11:32:08.63 ID:6DfTrJJCo

P「またお菓子食ってるのか」

かな子「美味しいですっ!プロデューサーさんも食べますか?」

P「俺はさっき昼飯食ったところだから、遠慮しとくよ」

かな子「そうですか・・・・・・。こんなに美味しいのに」ショボン

P「かな子もほどほどにしておかないと、太るぞ」アハハ

かな子「・・・・・・私ってそんなに太ってます・・・か?」ショボン

P「俗に言うぽっちゃり系だな」

かな子「あっ、前から言おうと思っていたんですけど・・・・・・」

P「どうしたんだ?」

かな子「私が太って見えるのって、気のせいですよね?」チラッ

P「・・・・・・」

かな子「どうして目を逸らすんですかっ!」

P「いや、だってなー」

かな子「私の周りの子が、みんな細すぎると思いますっ!」モグモグ

P「そ、そうかなー」

かな子「なので、相対的に私が太く見えるんです」モグモグ
かな子「ボーダーの服を着ると、太く見えますよね?アレと一緒ですっ!」

かな子「目の錯覚ですっ!」

P(言い切った)
P「ま、まあ、かな子の個性というか魅力とも言えるしな。うん」

かな子「ん~♪」モグモグ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 11:32:56.72 ID:6DfTrJJCo

P「幸せそうだなー」ジー
P「あっ!そうそう、かな子?」

かな子「・・・・・・」ゴックン
かな子「どうしたんですか?」

P「女子寮のかな子の部屋って2人部屋だよな?」

かな子「あれ?そうなんですか?」

P「他の部屋より広いはずだ。そこで少しの間だけでいいから、相部屋をお願いしたいんだけど、いいか?」

かな子「はいっ!大丈夫ですよ」ニコニコ

P「じゃあ今日の夕方にでも卯月が部屋を尋ねると思うから、よろしくな」

かな子「卯月ちゃんかー。楽しみだなぁ~」モグモグ



ーーー女子寮ーーー



ピンポーン

かな子「はーい」

ガチャ

卯月「こんばんわ!かな子ちゃん」ニコニコ

かな子「いらっしゃい!さ、入って入って」ニコニコ

卯月「ごめんね、無理を言っちゃったみたいで・・・・・・」アセアセ

かな子「全然大丈夫だよ!私も1人より2人の方が楽しいよっ!」

卯月「わぁーっ!」キラキラ

かな子「卯月ちゃんの引越しパーティーに、たくさんケーキ焼いたのっ!」ニコニコ

卯月「ありがとう!かな子ちゃん」ニコニコ

かな子「さ、座って座って」

卯月「お、お邪魔します!」

かな子「おかえりっ!」ニコニコ

卯月「・・・・・・た、ただいま!」ニコニコ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 11:33:41.99 ID:6DfTrJJCo

ーーー事務所ーーー



P「かな子の部屋はどうだ?」

卯月「かな子ちゃんは優しいですし、毎日が楽しいです!」ニコニコ

P「良かった良かった」ニコニコ



ーーー1か月後・事務所ーーー



ガチャ

かな子「おはようございますっ!」

卯月「おはようございます!」

P「2人とも、おはよう」

ちひろ「揃って出社なんて、本当に仲良しね」フフッ

卯月「はい!」ニコニコ

かな子「プロデューサーさん?お仕事まで、まだ少し時間ありますよね?」

P「んー、そうだな」

かな子「じゃあ、卯月ちゃん!お菓子食べよっかっ!」

卯月「あっ、今日は、私・・・その・・・・・・」アセアセ


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 11:34:12.07 ID:6DfTrJJCo

かな子「ん?どうしたの?」キョトン

卯月「その・・・お腹いっぱいだから・・・・・・痛っ」アセアセ

P「ん?」ピクッ
P「卯月?ちょっと・・・・・・」

卯月「ぷ、プロデューサーさん?どうしたんですかかか?」オドオド

P「ちょっと口開けてくれるか?」

卯月「どどど、どうしてですか?」アセアセ

かな子「本当にどうしたの?卯月ちゃん?」シンパイ

卯月「ほほ本当に、なんともないですよ!プロデューサーさん!」アセアセ

P「いいから、早く」

かな子「卯月ちゃんが嫌がってますっ!やめてあげてくださいっ!」キッ

P「かな子・・・・。これは卯月の為なんだ」

かな子「へ?」キョトン

P「卯月。かな子の為にも、口を開けるんだ」

卯月「・・・・・・は、はい」ショボン
卯月「あー」

P「ちひろさん、懐中電灯を」

ちひろ「どうぞ」パシッ

P「うーん、やっぱりか・・・・・・」カチッ

かな子「卯月ちゃんのお口の中に、何かあるんですか?」フシギ

卯月「うっ、うぅー」ショボン

P「・・・・・・虫歯だ」
P「今日の仕事帰り、歯医者に行くぞ」

卯月「嫌ですっ!」

P「駄目だ。虫歯は放っておくのが、一番駄目なんだ」

卯月「んー、かな子ちゃーん」ウルウル

かな子「仕方ないよ。歯医者さんが終わったら、一緒にお菓子食べよ?」

P「・・・・・・」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 11:34:40.54 ID:6DfTrJJCo

ーーー歯医者後ーーー



卯月「痛いです・・・・・・」サスリサスリ

P「お菓子の食べ過ぎだ」

卯月「あっ!かな子ちゃんには・・・・・・」

P「分かってるよ」

卯月「ほっ」

P「それでな、これからも虫歯が増えても困るし、勝手で悪いが別の部屋を手配した」

卯月「そっ、そうですか・・・・・・」

P「悪いな。かな子には俺から話しておくよ」

卯月「は、はい」ショボン



ーーー



かな子「えぇーっ!」

P「という訳なんだ、すまんな」

かな子「寂しくなりますね」ショボン

P「それについては大丈夫だ」
P「これも勝手に決めて悪いんだが、また相部屋を頼みたいんだ」

かな子「ほ、本当ですかっ!?」

P「あぁ、いいか?」

かな子「もちろんですっ!次はどんな方なんですか?」

P「明日の楽しみだ」ニコニコ

かな子「私のスイーツ、食べてくれるかなぁ~♪」ポワワーン


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:10:18.31 ID:6DfTrJJCo

ーーーかな子の部屋ーーー



かな子「もうそろそろかな?誰が来るんだろう」ワクワク
かな子「渾身の手作りケーキも完成したし、喜んでくれるといいなぁ~♪」ワクワク

ピンポーン

かな子「はーい」ドキドキ

ガチャ

凛「あっ、こんばんわ」ペコリ

かな子「こ、こんばんわ!」アセアセ
かな子「もしかして・・・・・・」

凛「はい、今日から1ヶ月だけお世話になります」ペコリ

かな子「あっ、そんなにかしこまらないで」アセアセ
かな子「私の方が緊張しちゃうし」アハハ

凛「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えて」

かな子「あっ、入って入って」アセアセ

凛「お邪魔します」


ーーー


凛「なんか、すごいですね」

かな子「リラックス、リラックス」ニコニコ

凛「あっ、すみません」
凛「この料理は、どうしたの?」

かな子「り、凛ちゃんの為に用意したんだよっ!」アセアセ

凛「すごいね」

かな子「それほどでも」テレテレ
かな子「あっ、凛ちゃんってスイーツとか食べる、よね?」チラッ

凛「普通に食べるけど・・・・・・」

かな子「良かったっ!じゃあ食べよっか」ニコニコ

凛「う、うん」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:10:46.81 ID:6DfTrJJCo

ーーー


かな子「ん~♪美味しい」モグモグ
かな子「そういえば、どうして1ヶ月だけ?」

かな子「凛ちゃんって、確か実家通いだよね?」

凛「仕事が増えてきて、事務所に来る事も多くなったから、近くの方が楽だし」モグモグ
凛「けど両親が許してくれなくて・・・・・・」

かな子「へー、大変だね」モグモグ
かな子「でも、ちゃんと説得できたんだねっ!」ニコニコ

凛「あっ、まだ説得はできてない」

かな子「えっ?でも・・・・・・」モグモグ

凛「同じアイドルの子と相部屋で1ヶ月間、何ともなければ許してくれるって」

かな子「そっかー。じゃあ一緒に頑張ろうねっ!」モグモグ

凛「う、うん」

かな子「あれ?ケーキ美味しくなかった?」ショボン

凛「ううん、美味しいよ」

かな子「けど全然食べてないよ?」ショボン

凛「あんまり食べると、太るから」

かな子「そっか、そうだよね」モグモグ
かな子「私達、アイドルだもんねっ!」モグモグ

かな子「太らないようにしないとねっ!」モグモグ

凛(すごい美味しそう・・・・・・)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:11:12.60 ID:6DfTrJJCo

ーーー1か月後・事務所ーーー



ガチャ

凛「おはよう」

P「おう!おはよう」
P「そういえば、もうすぐ1ヶ月だな」

凛「そうだね」

P「なんともなさそうで、安心した・・・・・・よ?」

凛「どうしたの?プロデューサー」

P「いや、気のせいか?」ジー

凛「そ、そんなに見つめないでよ」///

P「凛、ちょっと脱いでみ?」

凛「えっ?」///

P「さ、服を脱ぐんだ」

ちひろ「なに言ってるんですかっ?」バシッ

P「痛っ!」
P「何するんですかっ!」

ちひろ「プロデューサーこそ、何言ってるんですかっ!」ワナワナ
ちひろ「見てください!凛ちゃんが、こんな・・・にも、怯えて・・・・・・」

凛「ぷ、プロデューサーがそう言うなら・・・いいよ」シュルリ

ちひろ「こんな所で脱がないで!」アセアセ

P「あっ!ちひろさんが、代わりに計ってくださいよ」

ちひろ「え?何をですか?」

P「いや、凛がちょっと太った気がしたんですよ」

ちひろ「随分と失礼な事を、堂々と言いますね」

P「公表プロフィール詐称とか言われる方が、嫌じゃないですか?」

ちひろ「まあ、確かに」
ちひろ「じゃあ、凛ちゃん。こっちで計りましょ」

凛「う、うん」ショボン


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:11:39.78 ID:6DfTrJJCo

ーーー


ガチャ

P「どうでしたか?」

ちひろ「・・・・・・」チラッ

凛「ふ、増えてたよ・・・・・・」ガックリ

P「そうか。どれぐらい増えてたんだ?」

凛「・・・・・・2キロぐらい、かな?」

ちひろ「6kg増えてました」

凛「っ!?」

P「やっぱりか。理由は・・・・・・、言わなくてもいいか」

ちひろ「まあ、仕方ないですよね」



ーーーかな子の部屋ーーー



かな子「もう1ヶ月も経っちゃったんだね」ショボン

凛「今まで、ありがとうね」

かな子「いえいえ。お父さんとお母さん、説得できるといいねっ!」ニコニコ


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:11:45.63 ID:Ndp/I96ho

ちひろ「凛ちゃんも大変ですね」

P「そうですね。凛の場合は多少増えても、標準体重ですから」

ちひろ「そうですね。多少肉付きがある方が、男性は好きという人も多いですしね」

P「だけど、この調子でかな子と関わるとヤバイですけどね」

ちひろ「まあ、1ヶ月で6キロですからね」

P「凛も、目の前であんなに美味しそうに食べられたら、耐えられないでしょうし」チラッ


かな子「我ながら美味しいー」モグモグ


ちひろ「幸せそうですね」チラッ

P「こっちまでお腹空いてきますね」

ちひろ「あっ!忘れてた」

P「どうしたんですか?」

ちひろ「急な事で申し訳ないんですが、女子寮に1ヶ月だけ入れてもらえませんか?」

P「・・・・・・え?アイドルになるんですかっ?!」

ちひろ「違いますよ。今住んでいるアパートが、改築するからですよ」

P「それじゃあ、これを機に引っ越せばいいんじゃないですか?」

ちひろ「嫌ですよ!せっかく事務所に近くて、安くて、綺麗なアパートを見つけたんですから」
ちひろ「それに改築後も住んでくれるなら、家賃も値上げしないっていう好条件なんですよ!」

P「まあ、1ヶ月だけ住むのに、礼金払うのも馬鹿らしいですしね」

ちひろ「まったくですね」

P「入れてあげたいのはやまやまなんですが、今は空き部屋が無くてですね」

ちひろ「相部屋でもいいです!」ガタッ

かな子「それなら、私の部屋が空いてますっ!」モグモグ

P「なんだ、聞いていたのか」

ちひろ「かな子ちゃんは、こう言ってくれてますけど・・・・・・」チラッ

P「うーん、部屋主のかな子が言うならいいんじゃないですか?」

ちひろ「やった!」ニコニコ
ちひろ「それじゃあ、宜しくね!」ギュ

かな子「はいっ!私も凛ちゃんが居なくなっちゃって、寂しかったんですっ!」

P「大丈夫・・・・・・か?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:12:16.78 ID:Ndp/I96ho

ーーーかな子の部屋ーーー



ちひろ「お邪魔します」ガチャ

かな子「どうぞ、どうぞっ!」

ちひろ「・・・・・・すっごい綺麗ね!」キラキラ

かな子「頑張ってお掃除しましたからっ!」

ちひろ「部屋もそうだけど、壁紙とかお金かかってるわね」ウーン

かな子「そうですか?あまり気にした事ありませんけど」

ちひろ「あれ?この袋って、お米?」ガサッ

かな子「それは砂糖ですよっ!」ニコニコ

ちひろ「え?30キロって書いてあるけど・・・・・・」

かな子「はいっ!」ニコニコ

ちひろ「じゃあ、隣の同じ袋は?」

かな子「薄力粉ですっ!」ニコニコ

ちひろ「・・・・・・じゃあ一番奥にあるのが、お米かな?」

かな子「あっ、それはグラニュー糖ですっ!」
かな子「三温糖もありますっ!」ニコニコ

ちひろ「お米買ってくるわね」ガチャ



ーーー



かな子「どうして、そんなにお米に拘るんですか?」

ちひろ「一番コストパフォーマンスが高いからよ。お腹に溜まるでしょ?」

かな子「すみません、お料理作ってもらっちゃって・・・・・・」

ちひろ「いいのよ。私が無理を言って住まわせてもらってるんだし」
ちひろ「それよりも、かな子ちゃんはいつも何を食べているの?」

かな子「お菓子ですっ!」モグモグ

ちひろ「そうじゃなくて、朝ごはんとかお昼ご飯は?」

かな子「・・・・・・」ウーン

ちひろ「・・・・・・冷蔵庫を見た時に、なんとなく想像はついてたけどね」モグモグ

かな子「へ?」

ちひろ「普通の家の冷蔵庫に無塩バターが1ダースあったり、牛乳が5リットルあったりはしないのよ」

かな子「へー」モグモグ


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:12:46.44 ID:Ndp/I96ho

ーーー1週間後・事務所ーーー



P「へー、ちひろさんって料理上手なのか」

かな子「そうなんですよっ!ご飯がとっても美味しいですっ!」モグモグ

P「かな子がご飯食ってるなんて、なんか新鮮だ」ジー

かな子「ちひろさんが料理をしてくれるんで、私はスイーツでお返ししてますっ!」ニコニコ

P「ちひろさん、大丈夫かな・・・・・・」ボソッ

かな子「この卵焼きも美味しい♪」モグモグ



ーーー1ヶ月後・事務所ーーー



ちひろ「おはようございます」ガチャ

P「おはようございます!」
P「新しいアパートはどうですか?」

ちひろ「ええ、とても気持ちいいですね・・・・・・甘い匂いもしませんし」

P「そ、そうですか」アセアセ

ちひろ「これで私の肝臓も安心してくれますよ・・・・・・」

P「だ、大丈夫ですか?」アセアセ

ちひろ「大丈夫・・・・・・ですけど」

P「けど?」

ガシッ

ちひろ「体重が・・・体重がっ!」ウルウル

P「あ、あー、なんとなく想像はしてましたけどね」
P「ダイエット、頑張ってくださいね」ニコニコ

ちひろ「うぅ・・・」ウルウル


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:13:25.73 ID:Ndp/I96ho

ーーー翌日・事務所ーーー



P「うーん」

ちひろ「どうしたんですか?」

P「凛もちひろさんも体重が増えたじゃないですか」

ちひろ「うっ・・・・・・せっかく忘れようとしてたのに」ショボン

P「けどかな子は太った気配がないなと思いまして」

ちひろ「そう言われてみれば・・・・・・」ウーン

P「せっかくですし、かな子も体重測定してみましょうか」
P「もうすぐ来ると思いますし」

ちひろ「そうですね!私よりたくさん食べてましたし、きっと太ってますよ!」ワクワク

P「なんで嬉しそうなんですか」ハァ

ガチャ

かな子「おはようございますっ!」モグモグ

P「お、おはよう」

ちひろ「かな子ちゃん!ちょっと、こっちに」

かな子「ん?どうしたんですか?」テクテク

バタン

P「うーん、変わったようには見えないけどなー」


ーーー


ちひろ「・・・・・・」

かな子「ふふっ!」ニコニコ

P「・・・・・・随分と上機嫌だな」

かな子「プロデューサーさんっ!だって体重が3キロも減ってたんですよっ!」ニコニコ

P「おっ、おー、おめでとう」パチパチ

かな子「えへへ。これで気兼ねなくスイーツが食べられますっ!」モグモグ

P「・・・・・・そうだな」
P「ちひろさんは、テンション下がり過ぎでしょ」

ちひろ「えぇー。なんでですかー」ウルウル

P「ほら、食べても食べても太らない人って居るじゃないですか」ニコニコ
P「体質ですよ!体質」

ちひろ「不健康ですよ!」ビシッ

P「負け惜しみは見苦しいですよ」


かな子「バウムクーヘンもおいし~♪」ウットリ


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:13:51.59 ID:Ndp/I96ho

ーーーある日・事務所ーーー



かな子「おはようございますっ!」

ちひろ「おはよう、かな子ちゃん」

かな子「あれ?プロデューサーさんは・・・・・・」キョロキョロ

ちひろ「今は営業に行ってるはずよ」

かな子「せっかく、新作のオリジナルケーキを持ってきたのに・・・・・・」ウーン
かな子「あっ!ちひろさんも試食しますか?」

ちひろ「え、遠慮しておくわ」アセアセ

かな子「そうですか・・・・・・残念です」ボフッ
かな子「んー、やっぱり美味しいっ!モグモグ

ちひろ「あれ?プロデューサーに渡すんじゃなかったの?」

かな子「ケーキも時間が経つと味が落ちちゃいますからねっ!」
かな子「プロデューサーさんには、作りたてを食べてもらいたいですから」モグモグ

ガチャ

杏「おはよー」ファーア

ちひろ「あら、自分で事務所に来るなんて珍しいわね」

かな子「おはようっ!杏ちゃん」モグモグ

杏「あー、またケーキ食べてるんだ」

かな子「杏ちゃんも食べる?」ニコニコ

杏「うーん、あー、うん。食べる」ボフッ

かな子「じゃあ切り分けるね」ガサゴソ

ちひろ「私もちょっと休憩しようかしら」

かな子「はっ!ケーキ食べますか?」ワクワク

ちひろ「す、少しだけいただこうかしら」アセアセ

かな子「はいっ!」パアァ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 14:15:33.36 ID:Ndp/I96ho

ちひろ「そういえば、2人ともこういう噂があるんだけど、知ってる?」

杏「うん。知ってるよ」グデー

かな子「はい、杏ちゃんの分」

杏「ありがとう」モグモグ
杏「うまー」グデー

かな子「でしょっ!」
かな子「それで、どんな噂なんですか?」モグモグ

ちひろ「・・・・・・あなた達が住んでる女子寮の事なんだけど、ある部屋が呪われてるらしいのよ」

杏「へー」モグモグ

かな子「それは大変ですねっ!」モグモグ

ちひろ「その呪われてる部屋に1歩でも入ると・・・・・・」

杏「へー」モグモグ

かな子「おいし~♪」ウットリ

ちひろ「体重が激増するのよ!」ビシッ

杏「・・・・・・まあ、杏には関係ないし」モグモグ

ちひろ「あなた達・・・・・・他に感想はないの?」

かな子「うーん」モグモグ


かな子「その部屋には住みたくないですねっ!」ニッコリ


ちひろ「ごめん、話す相手を間違えたわ」

おわり



元スレ:かな子「目の錯覚ですっ!」

他サイト様の最新記事