1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:18:05.55 ID:0GsnCI4So

未央「…………」

凛「…………」

卯月「…………」

未央「……そうだよ、たぶん」

凛「だよね」

卯月「あの……プロデューサーさんのアレって何の話なんでしょうか?」


未央・凛「…………」


未央「しまむー……」

卯月「す、すみません」

凛「はぁ……未央、教えてあげて」

未央「うん。それでしぶりん、アレって何の話?」

凛「!?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:18:36.38 ID:0GsnCI4So

卯月「未央ちゃんもわかってなかったんですか!?」

未央「あははー、いきなりアレって言われてもわかるわけないよね☆」

卯月「駄目ですよ未央ちゃん。凛ちゃんが何とも言えない顔になってるじゃないですか」

未央「あー、しぶりん。めんごめんご」

凛「いや……まぁ、私もいきなりだったし……うん」

未央「えっ……いや……うん」



凛「…………」

未央「…………」



卯月(えっ……何なんですか、この空気……)

卯月「え、えっと……それで何の話なんですか、凛ちゃん?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:18:57.71 ID:0GsnCI4So

凛「うん、アレって言うのはこっちを勘違いさせるやつ」

未央「あー……アレね。納得納得」

卯月「あー……アレですね。やっぱりわざとなんでしょうか」

凛「そうなんじゃないかな。一度だけじゃないしね」

未央「だよねぇ、この間もそうだったし」

卯月「この間…………それってこの前の遊園地のことですよね」ハイライトオフ

未央「しまむー、しまむー。笑顔笑顔」

卯月「そう…………あの日――」

未央「あれ? しまむー聞いてる? 何か黒いオーラが見えるんだけど――」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:19:23.86 ID:0GsnCI4So

―回想―

卯月「うぅ……プロデューサーさんとデートなんて……緊張して早く来すぎちゃいました」

卯月「今日の服、おかしくないですよね?」

卯月「でもプロデューサーさんもいきなり誘ってくれるなんて……はうぅ……」

卯月「時間があればしっかり準備できたのに……」

卯月「と、とにかくちゃんとママに見てもらいましたし大丈夫なはずです!」



卯月「…………下着もお気に入りのにしましたし、島村卯月、頑張ります!」ポンポン



卯月「あっ、プロデューサーさ――」クルッ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:20:00.31 ID:0GsnCI4So

凛「やっぱり卯月だ」












卯月「凛……ちゃん?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:20:27.58 ID:0GsnCI4So

凛「……今日の卯月、かわいいね」

卯月「本当ですか? ありがとうござます♪ えへへ」

凛「それで、もしかして今日って……」

卯月「はい、実は今日…………って……凛ちゃんも今日はばっちり決まってますね」

凛「…………そうかな?」

卯月「…………はい」

凛「…………誰かを待ってるみたいだけど、待ち合わせってプロデューサーと?」

卯月「…………はい」

凛「ふーん」

卯月「もしかして……」




未央「あれー? しまむーにしぶりん?」

卯月・凛「!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:20:57.36 ID:0GsnCI4So

未央「二人してどうしたのさ、こんなところで」

卯月「未央ちゃん……」

凛「未央……」

未央「うん? どうしたどうした?」

卯月「凛ちゃん、私、今確信しました……」

凛「私もだよ、卯月……」

未央「なになに? 二人して落ち込んじゃって」

凛「未央、今日の待ち合わせってプロデューサーと?」

未央「そうだけど…………ってまさか……」

卯月「私もです……」

凛「私も……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:21:25.82 ID:0GsnCI4So

未央「またかっ、あんにゃろう……」

凛「私たちもいつになったら学習するのかな……」

卯月「未央ちゃん、何か荷物多いですね」

未央「えっ、あっ、うん……実は今日早く起きてお弁当を……ってなんでもないよ?」

凛「その誤魔化し方どうなの……」

未央「そ、そんなことよりさ、こうなったら今日はどうする? このまま遊ぶ?」

卯月「そう……ですね……どうしましょう、凛ちゃん」

凛「まぁせっかく来たんだし……遊んでいこうか」

卯月「そうですね…………あっ、プロデューサーさんが来たみたいですよ?」

未央「おっ、ホントだ。……手を振ってるね」

凛「ほら、未央……振り返してあげなよ……」

未央「えっ……いや…………さすがに無理だよ……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:21:53.47 ID:0GsnCI4So

卯月「………………どうしましょう」

凛「…………どうしようと言われても」

未央「…………どうしようもないよね」














卯月「でも…………一緒に居るみくちゃんたちの目が死んでますよ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:22:14.92 ID:0GsnCI4So

未央「みくにゃんたちも今日はオシャレだね……あれは前川さんかな?」

凛「うん……李衣菜も音楽聴いてるけど聴いてないように見えるね……」

卯月「あの団体でプロデューサーさんだけ笑顔で逆に怖いです……」

未央「たぶん待ち合わせ場所に来る前にエンカウントしちゃったんだろうなぁ」

卯月「あっ……一緒に居る友紀さんがビール飲みながら来てますよ」

凛「自棄酒……だね」

未央「今違う道から来た美嘉ねぇも状況を把握したみたいだよ」

凛「立ち止まって真顔になってるね」

卯月「プロデューサーさんはこの状況に何も疑問を持ってないみたいですね」

凛「いつものことだよ」

未央「これで今日の犠牲者は7人か……」




凛・卯月・未央「はぁぁぁぁっぁぁ」(重い溜息)

―回想終わり―


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:22:51.45 ID:0GsnCI4So

卯月「結局プロデューサーさんはみんなで遊ぶ気だったみたいですが……」

凛「うん……何でか知らないけどわざわざ二人っきりになって誘ってたみたいだね」

未央「二人っきりなんて、そりゃあ勘違いもするよ、もう!」

卯月「でもみんなが誘われたことを黙っていなければ事前にわかったかもしれませんね」

未央「…………お、おう」

凛「…………だよね」

未央「そ、それにしてもよくあの面子のスケジュール調整できたね!?」

凛「それは……プロデューサーって無駄に有能だから……」

卯月「でも楽しかったですよね」

凛「うん…………みんな自棄になって絶叫系しか乗らなかったけどね」

未央「まぁお酒飲んでたユッキーは結局乗らないで最後まで飲んでただけだったけど」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:23:35.02 ID:0GsnCI4So

卯月「でも楽しかったです」

未央「う、うん……でもその台詞は笑顔で言おうか? ね、しまむー?」

卯月「え? 私、笑顔ですよ?」ニッコリ

未央「ヒィッ!? た、助けてしぶりん!?」

凛「ちょっ!? み、未央!? 私を盾にしないで!?」

未央「だ、だって怖いもんっ!」

凛「そ、そういえばあのときのお弁当おいしかったよ、ね、卯月?」

卯月「はいっ、未央ちゃんが作ってきたお弁当おいしかったです」

未央「そ、そう? えへへ……何か照れちゃうね」

凛「胃袋から攻めるのもひとつの手だしね」

未央「そうそう、プロデューサーって普段碌なもの食べてないだろうから……はっ」

卯月「…………」ニッコリ

未央「チ、チガウヨ? タマタマデスヨ、ホントデスヨ」

凛「まったく……人を盾にするから怖い目に遭うんだよ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:24:07.98 ID:0GsnCI4So

未央「だって、こういうときじゃないと食べてもらえないだろうし……」

卯月「あー、たしかに」

凛「まゆや響子がお弁当作ってきた日に限って、プロデューサーも作ってくるんだよね」

未央「まるで作ってくるのを知っているかのようなタイミングだよね」

卯月「そうですね、まるでエスパ――」

未央「しまむー、それ以上言うと来ちゃうから」

卯月「来ちゃう? 何がですか?」

凛「プロデューサーに理由を聞いたら、たまたま安かったからまとめ買いしたとかだからね」

卯月「あの未央ちゃん……何が来るんでしょうか……」

未央「ユッコ」

卯月「あっ」

凛「普通に作ってくるって言っても遠慮するからね、プロデューサーは……って聞いてる?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:25:00.27 ID:0GsnCI4So

未央「そもそも何で今更この話題?」

卯月「そうですね、この話題は第28回NG会議でやりましたよね?」

凛「いや、NG会議ももう50回やって何ひとつ進展してないでしょ?」

未央「うむむ……言われてみれば」

卯月「で、でも少しは進展してますよ? 例えばプロデューサーさんの家の場所とか調べましたし」

凛「まぁ、それくらいはね? でも他のみんながどこまで被害……進展してるか知ってる?」

未央「しぶりんしぶりん、誤魔化せてない誤魔化せてない」

凛「そこでみんなに独自調査してみた」

卯月「凛ちゃん……もしかして暇だったのかな?」

凛「それがその結果だよ」ドンッ

未央「うわぁ……結構な数だね」

凛「うん、そう思って事前にいくつかピックアップしてみた」キリッ



卯月「凛ちゃん……やっぱり暇だったんですね……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:25:19.24 ID:0GsnCI4So

凛「じゃあまずは一通目、PN『ロックなアイドル』さんからいただきました」

未央・卯月「なんでラジオ風!?」

凛「NGのみなさん、ニュージェネっすー。はい、ニュージェネっすー」

未央・卯月「独特な挨拶まで!? しかもダサいしそんなの流行らない!」

凛「……」チラッ

未央・卯月「……?」

凛「……? ニュージェネっすー」

未央・卯月「私たちまで挨拶求められてる!?」ガビーン

凛「どうかしたの、二人とも?」

未央・卯月「にゅ、にゅーじぇねっすー……」

凛「えっと……この前、こんなことがありました……」

卯月「他に聞いている人が居ないのに挨拶する必要あったんでしょうか……」

未央「し、しぶりんの中ではあったんだろうね……ってとりあえず聞いてみようか」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:25:59.30 ID:0GsnCI4So

―回想―

李衣菜「うーん、やっぱりこのライブに行きたいなぁ」

李衣菜「でもチケット手に入れられなかったし……はぁ」

P「おっ、居た居た。李衣菜、ちょっと良いか?」

李衣菜「はい? 私に何か用ですか、プロデューサー?」

P「この前李衣菜が行きたいって言っていたライブあるだろ?」

李衣菜「ええ、結局チケットは手に入らずプレミアになってますけどね」

P「そのライブのチケットなんだけど、知り合いに当たってみたら手に入ったぞ!」

李衣菜「ホントですか!? 凄いじゃないですか!」

P「はっはっはっ、伊達にプロデューサーをしとらんよ、はっはっはっ」

李衣菜「そ、それでわざわざ私に言ってきたってことは……」

P「ああ、李衣菜にあげようと思ってな。ほら」

李衣菜「うわぁ……ホントだ! ……あれ、これ2枚ありますよ?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:26:26.99 ID:0GsnCI4So

P「2枚手に入ったらからな。これで一緒に行けるぞ!」

李衣菜「!? い、一緒に!?」

P「ああ! ただ終電逃して、もし向こうに泊まることになったら自腹になるけどな」

李衣菜「と、泊まる!? そ、そんなまだ早いですよっ!?」

P「うん? まだ早いって何が?」

李衣菜「い、いえ……何でもないです……ライブに行ってお泊り……ろ、ロックですね///」

P「何だかよくわからんが……とにかく2人で楽しんで来い」

李衣菜「はいっ!」








李衣菜「……はい?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:27:02.70 ID:0GsnCI4So

李衣菜「あの……2人ってどういう?」

P「ん? だって行きたかったんだろ? 李衣菜と……」

李衣菜「私と……?」



P「夏樹」

李衣菜「なつきちー!?」



P「ん? 違うのか?」

李衣菜「いや、そりゃあ……なつきちも行きたがってましたけど……」

P「だろ? 何か問題でもあったのか?」

李衣菜「いえ……何でもないです……」

P「じゃあ夏樹には李衣菜から渡してやってくれ」

李衣菜「……はい……わかりました……」

P(なんでテンション下がってんだろう?)

―回想終わり―


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:27:32.28 ID:0GsnCI4So

未央「なるほど……だからりーなはあの日チケット持ったまま死んだ目を……」

卯月「というかコレ、名前伏せる意味無いですよね? 名前出てますよ?」

未央「しまむー、そこは知らないフリをするのがお約束だよ?」

凛「…………」

卯月「凛ちゃん? どうかしましたか?」

未央「しぶりん? 続けないの?」





凛「プロデューサーとお泊り……ふーん」

未央「い、いや……泊まってないからね!? そもそも一緒に行ってもないし!」

卯月「り、凛ちゃん、一度深呼吸しましょう」

未央「というかしぶりんはこれ一度目を通してるんだよね!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:27:51.01 ID:0GsnCI4So

凛「まぁ……悪くないかな。ロックなアイドルさんにはNG特製ステッカーをあげるね」

未央・卯月「まだ番組続いてた!? ノベルティまであるの!?」ガビーン

凛「続いてPN『カリスマ★ギャル』さん」

未央「美嘉ねぇ……」


凛「NGのみんな、ニュージェネはー★ はい、ニュージェネはー」

未央・卯月「番組の挨拶が統一されない!?」


凛「…………」チラッ

未央・卯月「あっ……にゅ、にゅーじぇねはー……」

凛「みんな聞いてよー、この前の話なんだけど……」

未央「しぶりんの美嘉ねぇの物真似……すごく……似てない……」

卯月「あっ、凛ちゃんの顔が赤くなってます!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:28:17.65 ID:0GsnCI4So

―回想―

美嘉「はぁ……疲れたー」

P「おう、お帰り美嘉」

美嘉「あっ、プロデューサー居たんだ?」

P「居たとは酷いな」

美嘉「冗談だって★ この時間なら居ると思ってたし」

P「まぁ良いけど……こんなに遅くまですまないな」

美嘉「平気だって。遅いたってそこまででもないしね★」

P「あとは帰るだけか?」

美嘉「うん、莉嘉は泊まりのロケだし、荷物を取ったら帰るだけかな」

P「そうか……荷物は多いのか? 電車より車のほうが良いんじゃないか?」

美嘉「えっ」

P「ちょっと待っててくれ。えっと……」



美嘉「えっ」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:28:43.77 ID:0GsnCI4So

美嘉(そ、それってプロデューサーが送ってくれるってこと!?)

美嘉(く、車の中でふたりっきり……しかも夜景が綺麗だったら……!?)

美嘉(良い雰囲気になったらそのままなんてことも……!?)

美嘉(もし車の中がダメでも今日は家に親も莉嘉も居ないっ)

美嘉(ぷ、プロデューサーに家へあがってもらったり?)

美嘉(そ、そしてアタシの部屋にあがってもらったり?)

美嘉(お、大人の階段登ってみたり!?)

美嘉(…………行けるっ!!)




P「よし、じゃあ――」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:29:23.63 ID:0GsnCI4So

P「タクシー代これで足りるか? もし足りなかったら領収書貰っといてくれ」

美嘉「さ、先にシャワー浴びてきて良い?///」



P「はい? シャワー?」

美嘉「え? タクシー?」



P「別に構わないがそれなら家のほうが良いんじゃないか?」

美嘉「あっ、はい……そうですね」

P「あまり遅くならないうちに帰るんだぞ」

美嘉「あっ、はい……そうですね」

P「美嘉?」

美嘉「あっ、はい……そうですね」

P(なんでさっきから敬語なんだろう?)

―回想終わり―


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:29:46.53 ID:0GsnCI4So

未央「うーん、これは美嘉ねぇが勝手に勘違いしたパティーンだね」

卯月「そうですね、プロデューサーさんが送るとは言ってないですよね」



凛「カリスマ★ギャルさん……わかるよ……これは勘違いしちゃうよね」

未央・卯月「えっ!?」



凛「そんなカリスマ★ギャルさんにはNG特製Tシャツをあげるよ」

未央・卯月「ステッカーとの差!?」



凛「これと同様のお便りをたくさんの方からいただきました。ありがとうございます」

未央・卯月「他にも居るの!?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:30:12.96 ID:0GsnCI4So

凛「じゃあ次、PN『大正義キャッツ』さんからいただきました」

未央・卯月「あっ」

凛「NGのみんな、フレフレ、キャッツー!」

未央・卯月「お、おう」


凛「…………」

未央・卯月「?」


凛「えっと……聞いてよー、この前のことなんだけど……」

未央・卯月「挨拶スルー!?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:30:41.28 ID:0GsnCI4So

―回想―

友紀「ねぇねぇ! プロデューサー!」

P「おう、どうしたどうした」

友紀「あたし決めたんだ! 聞いてよ、あたしの覚悟!!」

P「ほう……ついにアイドルとして何か目標を決めたか?」



友紀「キャッツが優勝するまであたし禁酒するよ!」ドヤァ

P「あっ……ふーん」



友紀「今年こそキャッツが優勝するために、あたしができることを考えたんだ」

P「……それは今日からなのか?」

友紀「うん! こういうのは早いほうが良いからね!」

P「そうか……」

友紀「プロデューサー? そういえばメールで今日の予定聞いてきたけど何で?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:31:08.50 ID:0GsnCI4So

P「いや、そういうことならもう忘れてくれ」

友紀「うん? そういうことってどういうこと?」

P「あー、この前の約束を守ろうと思ったんだが……タイミングが悪かったな」

友紀「約束って……もしかして!?」

P「暇だったら飲みに誘うと思ったんだが」

友紀「ホントっ!?」

P「今までは口約束だけで飲みに行ったことなかったからな」

友紀「ぷ、プロデューサーっ!」

P「他の人は都合つかないみたいだから今日はふたりっきりになるけど」

友紀「あ、あたし暇だよ! ちょー暇っ! じゃあ飲みに行こっか!」

友紀(プロデューサーとふたりっきり! 酔った勢いで夜のプレイボールをっ///)



P「でも禁酒するんだろ?」

友紀「!?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:31:34.36 ID:0GsnCI4So

P「え? 禁酒するんだよな?」

友紀「!?」

P「友紀のキャッツ好きは知ってるからな、さすがに邪魔はできないな」

友紀「!?」

P「まぁ、欲を言えばアイドルとしての覚悟だったら良かったんだが」

友紀「!?」

P「とりあえずキャッツが優勝するまでお預けだな」

友紀「!?」







友紀「!?」

P(なんでさっきから逆転ホームラン食らったような顔してるんだろう?)

―回想おわり―


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:32:01.10 ID:0GsnCI4So

未央「あれ? ユッキーってこの前の遊園地のとき飲んでなかった?」

卯月「飲んでましたね、たしかに」

凛「美優さんからのタレコミによると、その日に自棄酒に付き合わされたみたいだよ」

未央・卯月「うわぁ……」

凛「しかも友紀が泣いて大変だったらしい……」

未央・卯月「うわぁ……」

凛「そんな残念な大正義キャッツさんには、NG特製ジョッキをプレゼント」

未央・卯月「うわぁ……」



凛「ちなみに楓さんや早苗さんとかは呼んでも居ないのに居たらしいよ」

未央・卯月「うわぁ……」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:32:27.60 ID:0GsnCI4So

凛「あとは……PN……」

卯月「凛ちゃん?」










凛「もう良いか、これはみくのやつだね」

未央「まさか飽きた!?」

卯月「なんでみくちゃんの番になって……」

凛「みくの内容は……」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:32:54.06 ID:0GsnCI4So

―回想―

みく「…………ねぇ、Pチャン」

P「んー? どうした」

みく「またスーツのまま寝たでしょ?」

P「あー、ちょっと仮眠したな。そこのソファーで」

みく「まったく、事務所には仮眠室があるんだから寝るならそこで寝るにゃ」

P「いやぁ、つい」

みく「ついじゃないにゃ。着たままだからスーツがしわになってるにゃ」

P「んん? あー、まぁ最悪予備は置いてあるから」

みく「Pチャン、とりあえず上を脱ぐにゃ!」

P「えっ、セクハラ?」

みく「ち、違うにゃ! 事務所にアイロンがあるからかけてあげるだけだから!」

P「えっ、みくが?」

みく「みくはこう見えても家庭的なのにゃ。アイロンがけなんて朝飯前にゃ」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:33:30.91 ID:0GsnCI4So

P「ほう……ならそういう路線で売り出すのも手か……」

みく「ああもう! 今は仕事は忘れて! ほら、脱いで!」

P「ほら……悪いが頼むな」

みく「みくに任せて! ちゃんと綺麗にするにゃ!」

P「まったく、こんなみくにゃんなら嫁に欲しいな!」

みく「!?」







みく「な、なら……ホントにみくをお嫁さんにしてくれる?///」

P「みく……」

みく「Pチャン……」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:33:56.79 ID:0GsnCI4So

P「まぁお約束のコントはここまでにして、仕事しないとちひろさんに怒られるな」

みく「コント!?」

P「ちひろさんは怒ると怖いんだぞ? いろんな意味で」

みく「Pチャンの……」

P「みく?」

みく「ぴ、Pチャンのッ……」

P「?」





みく「Pチャンのバカー!!」ダッ

P「!?」


扉バターン


P「いったい……なにごと?」

―回想おわり―


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:34:23.52 ID:0GsnCI4So

凛「…………」

未央「みくにゃんデレてますやん、結婚はダメだけど」

卯月「頷いていたら結婚してますよね、結婚はダメですけど」

凛「…………」

未央「おや? どうしたしぶりん。なんか怖いんだけど」

卯月「大丈夫ですか? 持っている紙が皺くちゃになってますけど」

凛「プロデューサーのスーツ……」

未央「あー、しぶりんもアイロンかけてアピールしたかったのかな?」

卯月「でも凛ちゃん、やったことあるんですか?」

凛「今練習中……でもそんなことで怒ってるんじゃないよ」

未央「あっ、練習はしてるんだ……」

卯月「じゃあ……何を怒っているんですか?」





凛「みくはプロデューサーの上着をアイロンかける前に匂いを嗅いだらしい」ギリッ

未央・卯月「は?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:34:57.44 ID:0GsnCI4So

凛「それだけじゃなく、着たりもしたって……書いてある……くっ」

未央・卯月「あっ、うん」

凛「羨ましいっ」

未央「しまむー、飴ちゃんあるけど食べる?」

卯月「はいっ、いただきます!」

凛「そんな最高の時間……感じたいよね」

未央「あっ、うん。そうだねー」

卯月「ですねー。おいしいです」

凛「それでふたりに提案なんだけど……」

未央「ほう?」

卯月「あっ、茶番はもうおしまいですか?」

凛「初めに卯月が言ったように誘われたら報告し合わないかな?」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:35:23.54 ID:0GsnCI4So

未央「ふむ。報告かぁ……その代わり邪魔はしないって前提ならOKかな」

卯月「はい、私もそれで構いませんよ? すぐにわかればダメージ少ないですし」

凛「良かった、とりあえずデートの勘違いに関しては大丈夫だね」

未央「よし! ニュージェネの結束は固いね☆」

卯月「はいっ」

凛「ふふっ、大げさだよ」




P「あっ、三人ともこんなところに居たのか」

凛「プロデューサー?」

卯月「私たちに何か用ですか?」

未央「なになにー?」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:35:53.66 ID:0GsnCI4So

P「このあと約束してた食事はこっちが場所決めていいかな?」

凛「うん」卯月「はいっ」未央「おっけー!」

凛・卯月・未央「!?」


P「よし、じゃあまたあとでな」スタスタ

凛・卯月・未央「…………」


凛「もしかして……ふたりともプロデューサーと約束してた?」

卯月「はい……凛ちゃんもですよね?」

未央「ニュージェネの結束は固いとはいったい……」



凛・卯月・未央「……」ニッコリ






凛・卯月・未央「ニュージェネ解散だっ!!」

―おわり―


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:36:42.00 ID:0GsnCI4So

(´・ω・`)寒い…


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 23:38:58.66 ID:qISfu9kbo

面白かった!
おつおつ



元スレ:凛「プロデューサーのアレってわざとだよね」

他サイト様の最新記事