1: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:37:26.78 ID:KCMfwFFt0

みほ「優花里さんがぁ、優花里さんが怖いぃ!」ガタガタ

優花里「誤解です! 誤解であります!」

みほ「優花里さんに犯されるぅ!」ブルブル

優花里「やめてください!」


2: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:37:55.19 ID:KCMfwFFt0



3: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:38:54.95 ID:KCMfwFFt0

優花里「ご、誤解なんですよ……」

みほ「そうなの……?」

優花里「はい!」パアァ

みほ「じゃああの本は、優花里さんのじゃないの?」

優花里「いやまぁ、それはその、わたしのものなのですが~……」

みほ「犯されるぅ!優花里さんに犯されるぅ!」ガタガタ

優花里「ち、違うんです!」


4: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:39:57.34 ID:KCMfwFFt0

みほ「あのね、優花里さんも年頃の女の子だから、こういう事に興味を持つ事だってあると思うの。だから私、それ自体は全然否定しないよ?」ビクビク

優花里「……はい」

みほ「そういう本を読んだりしてみたくなる事も、全然悪い事だとは思わない……」ブルブル

優花里「……あの、西住殿」

みほ「な、なにかな!?」ビクゥッ

優花里「なんで距離をとるんでありますかぁ?」ナミダメ

みほ「怖いもん! 犯されるもん!ガタガタ

優花里「許してくださいぃ!」ナキッ


5: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:41:17.60 ID:KCMfwFFt0

みほ「とってもマニアックな方法で犯されそうだもん!」

優花里「し、しませんよそんなこと!」

みほ「無線コードで縛り上げられて
『ふふ、西住殿の喘ぎ声、皆さんに聞かせて差し上げますかぁ?』とか言われながら犯されるんだ……!」フルフル

優花里「抜粋は勘弁してください! さっきの本から抜粋するのは、どうか後生でありますぅ!」アタマサゲ


7: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 19:55:17.35 ID:KCMfwFFt0

みほ「戦車の知識を活かしたマニアックな言葉責めとかするんじゃないの……?」

優花里「そんなことしません! やめてください!」

みほ「『うさぎさんチームの皆さんが西住殿のこんな姿を見たら、どう思うんですかねぇ』とか言いながら犯すつもりなんだよね?!」

優花里「だから抜粋はちょっと! 音読しないでください!」

みほ「優花里さんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


12: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:00:04.77 ID:KCMfwFFt0

みほ「とにかく、そういうマニアックなプレイをしようとしてるんだよね……?」

優花里「違います! そんなことは全くございません!」

みほ「さ、さらにマニアックってことなの……?」ガクガク

優花里「違いますって! といいますか、さっき西住殿がおっしゃったのは、ゆかみほものの中では全然マニアックの範疇じゃありませんって!」

みほ「……え?」

優花里「……あ」


みほ「……あ、あれくらいのことは、基本なんですね?」

優花里「な、なんでもありません! さっきの言葉に特に深い意味はありません!」

みほ「えっと、正直さっきのでもかなりエグいところを抜粋したつもりだったんだけど……」

優花里「聞いてください! さっきのは間違いなんです!」

みほ「もうあれくらいじゃ満足できないってことなんだね……?」

優花里「やめてください!」


みほ「優花里さんがどんどん遠くに行ってしまう……」

優花里「遠くに行ってるのは西住殿じゃないですかぁ……現在進行形で物理的に距離とってるじゃありませんかぁ……」

みほ「だ、だって、犯されるかもしれないし……」

優花里「しません!」


13: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:01:16.19 ID:KCMfwFFt0

みほ「何度も偵察をお願いしたり、負担になっちゃってたのかな……
私、みんなのこと守りたいって思ってたのに、ダメだったのかな……」

優花里「やめてください! 重い感じにしないでください!」

みほ「戦車道は良妻賢母を育成する乙女の嗜みだったんじゃ……」

優花里「そ、そこまで言いますか?! というか、こういうことも仕方ないって、さっきおっしゃってたじゃないですかぁ?!」

みほ「私、泣いちゃいそう……。で、でも、プレイ的な見地から言えば泣き顔も興奮ポイント、だったり……?」

優花里「やめてください! 嗜好を探さないでください!」


14: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:01:53.78 ID:KCMfwFFt0

みほ「だ、だって、さっき言ったくらいのは基本マニューバなんだよね?」

優花里「全くの誤解です! さっきの発言は取り消させてください!」

みほ「だとすると、相手のトラウマを抉ったり、
踏み込まれたくないところに踏み込んだりして、相手を泣かせる……
その、そういう風な戦術を取らざるをえないってことなのかな……?」

優花里「ええっ?! と言いますか、どうしてちょっと協力的なんですか!?
さっきまで犯される! とひたすら怯えてましたのに」

みほ「さ、逆らったらきっと、もっとひどい目に……」

優花里「そ、そういうことですか! いや、そんなつもりは毛頭ございません!」


15: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:02:36.02 ID:KCMfwFFt0

みほ「だ、だったら面と向かって言ってください……」

優花里「……何をでしょうか?」

みほ「『私は西住殿を犯したいとは思っておりませんし、思ったこともございません』って」

優花里「何ですかその宣言!?」

みほ「明言してくれないと信用できません! 獣と一緒のチームにはいられないから!」

優花里「ケモノだなんてあんまりですよぅ!」


16: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:03:24.07 ID:KCMfwFFt0

みほ「と、とにかく、言ってもらえたら安心できるかもしれないから……」

優花里「……うーん……」

みほ「や、やっぱり虚偽の申告はできませんか?」ビクビク

優花里「虚偽ではございません!」

みほ「いいの! 私、優花里さんを嘘つきにしたいわけじゃないから!」

優花里「その感じやめてください!」

みほ「優花里さんにその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私、優花里さんの嗜好と向き合います! それが私の友人道だと思うから!」

優花里「あぁ、あぁ、言います! 言いますからすごい決意みたいにしないでください!」


17: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:04:07.69 ID:KCMfwFFt0

優花里「え、えぇっと、なんでしたっけ……『私は』……」

みほ「『私は西住殿を犯したいとは思っていませんし』

優花里「そ、そうでしたね。『私は西住殿を』。ん……」

みほ「……ど、どうしました?」ビクビク

優花里「あ、あの、一応、一応確認なんですが……?」

みほ「な、なんですか?」

優花里「こ、この『犯す』の適応範囲とは……?」

みほ「!!」

優花里「い、一応であります!!」


18: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:06:51.48 ID:KCMfwFFt0

みほ「そ、それはつまり範囲によっては……」

優花里「一応です! 存外に二人の間で見解が食い違っているかもしれません!」

みほ「範囲によってはありえるってこと?」

優花里「いやですから、あくまで確認です!」

みほ「そ、そっか。優花里さんの基準は平均的じゃないから……」

優花里「逸脱しているみたいに言わないでくださいよぅ」


19: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:07:34.79 ID:KCMfwFFt0

優花里「えーと、では少しずつ確認していきますね?」

みほ「う、うん。えっと、ここでの『犯す』の適応範囲が広ければ広いほど、その……」

優花里「……はい」

みほ「優花里さんがさっきの宣誓をすることが困難になると」

優花里「いやまぁ、恐らくといいますか、確実に大丈夫だと思われますが!!」

みほ「うん、そうだね!」

優花里「えー、じゃあ『犯す』の基準決め開始です!」

みほ「まずは『キス』!」

優花里「えッ!?」

みほ「えッ!?」


20: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:17:52.56 ID:KCMfwFFt0

優花里「停止! 一旦停止で!」

みほ「怖い怖い怖い怖い!!」

優花里「誤解です! いたって普通の行為です! キスすることだってあります! 友人同士で!」

みほ「しないしないしない怖い怖い怖い」

優花里「わ、私たちの話ではありません! 一般的にです! 海外の文化を取り入れた学校も多い中、同性間でのキスは挨拶の範疇です!」


21: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:18:21.65 ID:KCMfwFFt0

みほ「他校との挨拶でもないよ……」

優花里「ええとあれですよ? ここで言うキスというのは唇同士のものですよ? 『下の口同士で』とかそういうことを言ってるんじゃありませんよ?
 だから私はOKと考えたんです」

みほ「当たり前だよ…… 今言った方がOKだったら、もう本当に絶交するしか……」


22: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:19:04.06 ID:KCMfwFFt0

みほ「あの、つまり、キスが基準だとアウトなの?
 だよね? えっと、やっぱり言わなくてもいいです……」

優花里(これは戦術的劣勢ですね……)

みほ「うーん……その、もういっそのこと聞いてしまいます……
 えっと、どのラインだったらさっきの宣誓ができますか?」

優花里「……えー?」

みほ「あ、優花里さんが決めてくれていいよ。それを聞いて対応するから」

優花里「……は、い…」


23: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:19:36.66 ID:KCMfwFFt0

(3分後)

優花里「……」

みほ「……」ドキドキ

優花里「……あの」

みほ「ひっ!?」ビクゥッ

優花里「そ、そこまで怯えなくても!」

みほ「ご、ごめんね? ちょっと驚いちゃって。ごめんね! だから犯さないで……」

優花里「やめてください!」

みほ「……その、長考の時点で今度ばかりは本当に……」

優花里「言います! 今すぐ言いますので!」


24: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:20:09.69 ID:KCMfwFFt0

優花里「え、えーと……」

みほ「どうぞ言ってください! ドーンと!」

優花里「えーと……」

みほ「もう驚かないから!」

優花里「えー……恐らく、何をラインにしても、その、不可能です……」

みほ「え」

優花里「あの、だって、したいですし……」

みほ「うわああああああやっぱり本当なんだぁぁぁぁ!!!」

優花里「も、申し訳ありません!!! でも、したいんですよぉぉぉぉ!!」


25: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:20:45.76 ID:KCMfwFFt0

みほ「最初の認識で合ってたんだ……。 最初のリアクションがむしろ正解だったんだ……!」

優花里「すいません! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとか是非ともやらせていただきたいです!」

みほ「そんなこと聞いてないよ! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

優花里「し、静かにしてください!! 犯しますよッ!?」

みほ「ほ、本性出してるぅぅぅぅ!!!」


27: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:26:37.86 ID:KCMfwFFt0

みほ「戦車の中でのプレイは?」

優花里「基本」

みほ「電撃戦と書いて?」

優花里「デンマ責め」

みほ「装填したいのは?」

優花里「西住殿のあそこ」

みほ「征服欲は?」

優花里「正義」

みほ「こわいよぉぉぉ! 優花里さんが怖いよぉぉぉ!」

優花里「う、うるさいです! 下着を口に詰めますよ!?」

みほ「なにそれ!?」

優花里「よくあるんです!」

みほ「よくあるんだ!?」


28: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:27:28.34 ID:KCMfwFFt0

優花里「色々装着したまま車長をさせたりしたいです!」

みほ「急にどうしたの!?」

優花里「す、すいません、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃいまして……」

みほ「怖いよ! そんなこと思ってたなんて怖い!」

優花里「無線で他の車両へ指示を出している時にリモコンでいじりたい!」

みほ「やめて、怖い!」

優花里「こういう時車長の皆さんは、聞く取りにくかったからもう一度とひたすら聞いてくる!」

みほ「細かな設定とか怖い!」


29: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:28:14.25 ID:KCMfwFFt0

優花里「うわあああ願望出ちゃいますぅぅぅ!!」

みほ「落ち着いて! もうやめてよう!」

優花里「他の方が目を話した隙に砲塔内でキスしたいです!」

優花里「ボコを抱きしめている時にさらに後ろから胸を揉みたいです!」

優花里「あと一緒にお風呂に入りたいです!」

みほ「最後のは普通のことなのに、やっぱり怖い!」


30: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:29:35.66 ID:KCMfwFFt0

優花里「そういうことですから! よ、よろしくお願いします!」

みほ「な、何をヨロシクするんですか……?」

優花里「……じゃ、じゃぁ私、帰りますので! ここで一時的撤退です!」

みほ「このタイミングで引き上げられるともっと怖い……。
  それになにをヨロシクすればいいんですか……?」

優花里「さ、さよなら!」ダッ

みほ「そんな……優花里さん、明日から絶対何か仕掛けてくるよ……」
  「本当に、本当に怖いよぅ……」
  「どうしてあんな本見つけちゃったかなぁ……」
  「沙織さんや華さん、麻子さんにはなんて言おう……ううん、言えない……そうだ、アンチョビさんだったら他校だし、親身なって聞いてくれるかな……」


~~~~~


アンチョビ「お~い、ペパロニ、入るぞ! うわ、あいつまた散らかしっぱなしにして、全く。漫画なんか広げたまんまじゃないか。しょうがないやつだな……」
アンチョビ「……ん?」

アンチョビ「ドゥーチェ、総受け合同……?」


31: ◆6HEVAW8/as 2016/01/21(木) 20:32:59.93 ID:KCMfwFFt0

おしまいです
思いついてノリと勢いだけでパロった
途中でバレてるようにうづりんパロを参考にしてます
万能だと思うのでみんなも好きな作品・CPでやろう

なんかガルパンSS他にも読みたいなって気分なら、この間書いたものもあるのでよかったら
梓「私が隊長代理ですか?!」http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450865891/

じゃあhtml出してきます



元スレ:みほ「優花里さんがゆかみほもののエロ本隠し持ってた……」

他サイト様の最新記事