1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:06:41.23 ID:DnFcKhU90

真美「うあー、すごい雨っしょー」

P「あぁ、電車も止まってるし道路も水浸しだからな」

真美「じゃあ今日は事務所に泊まるYO!」

P「そうだな……親御さんには俺から連絡するから途中で代わってくれよ」

真美「りょーかーい、兄ちゃんに襲われちゃうーって言っちゃうもんねー」

P「こら!変なこと言わないの!」

ザー……

P「それにしてもホントすごい台風だな」

真美「ゲームも飽きちゃったしタイクツだよー」

P「そうだなぁ……メシ、といってもカップめんも食べ終わっちゃったからなぁ……」

真美「兄ちゃん遊ぼうよー、ひまだよー」

P「よし、それじゃ真美、台風ごっこでもしようか?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:17:16.45 ID:DnFcKhU90

真美「台風ごっこってなにさ」

P「日本列島を真美に見立てて、そこを台風が通過していく遊びだ」

真美「へー、意味わかんないっしょー」

P「ちなみに台風は俺の手だからな」

真美「??」

P「つまりだ、真美がソファに寝転がる、これで日本列島が完成だ」

P「そこを、台風に見立てた俺の手が通過するわけだな」

P「台風は1号から順に通過していくから、真美が何号までガマンできるか頑張る遊びだ」

真美「うーん……イマイチ意味が分かんないっしょ……」

P「試してみるのは簡単さ、やってみるか?」

真美「どーせひまだしね!やってみよー!」

P「よし来た、それじゃソファに寝てくれるか?」

P「あっ、上はシャツだけになってくれよ、下はスパッツのままでいいからな」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:27:50.54 ID:DnFcKhU90

【台風1号】

P「それじゃ始めるぞー」

P「真美の左足先に台風が……」コチョコチョ

真美「あははっ、く、くすぐったいよー」

P「足の甲を……」サワサワ

真美「あはははははっ」バタバタ

P「こらこら、バタバタしないの」

真美「だ、だってくすぐったいんだもん」

P「まぁいいか、そのまますねに……」サワサワ

真美「あはははっ」

P「膝を……なぞるように……」コチョコチョ

真美「に、にいちゃん膝だめ!あははははははっ」バタバタ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:34:57.57 ID:DnFcKhU90

P「太ももへ移動……」サワサワ

真美「あっ……」

P「柔らかいももをゆっくりと北上……」フニフニ

真美「に、にいちゃんなんで太ももだけふにふにするの……」

P「そりゃ台風だから、手の動きは気まぐれ自然現象さ」フニフニ

真美「ん……」

P「そのまま台風1号は去っていきましたとさ」スッ

真美「こんなの余裕っしょー」

真美「ちょっとくすぐったいの我慢すればいいんだもん」

P「ほう?今はまだ足先から太ももだけで終わったからな」

真美「全然簡単だもんねー」

P「おや、次の台風が発生したようだ」

【台風1号 終わり】


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:44:30.92 ID:DnFcKhU90

【台風2号】

P「今度の台風は真美の右手に発生だ」コチョコチョ

真美「ふふっ……ふふふふっ……」プルプル

P「なんだよー、くすぐったいなら我慢しなくてもいいんだぞー」

真美「だ、大丈夫……あははっ」

P「そのまま進路を腕に沿って……」コチョコチョ

P「二の腕から……」コチョコチョ

P「おっと!ここで真美の腕が上がるアクシデントが!」グイッ

真美「きゃっ!」

P「そのまま台風は腋の下へ……」コチョコチョ

真美「あふっ……に、兄ちゃん腋……」

P「真美の腋ってスベスベなんだな」サワサワッ

真美「に、兄ちゃん腋……なんかゾクゾクするよぅ……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:57:05.26 ID:DnFcKhU90

P「おっ、どうした?」サワサワ

真美「に、兄ちゃんさっきから腋の下ばっかり……///」

P「すごいよな、このスベスベ感」サワサワ

真美「あうぅ……」

P「と、腋はこの辺にして、肩からうなじへ……ん?」

P「真美?ブラ紐が無いみたいなんだが……」

真美「雨でぬれたからブラ脱いじゃったんだもん……」

真美「このTシャツだって着替えたから着てるんだし……///」

P「そ、そうか……これはますますこの後の進路が楽しみになるな」

真美「に、兄ちゃん……」

P「ま、2号はこのままうなじへ針路をとって……」コチョコチョ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:01:44.88 ID:DnFcKhU90

P「真美の首筋はホント透き通ってるよな……」ナデナデ

真美「兄ちゃん……///」

P「どうした?顔赤いぞ?」

真美「だってこの姿勢……兄ちゃんの顔近いし……///」

真美「こ、こんな格好でうなじ撫でられたら恥ずかしいよぅ……///」

P「ははっ、真美はかわいいな」ナデナデ

P「真美はこうやって俺にうなじ撫でられるのイヤか?」

真美「ううん……嫌じゃないよ……恥ずかしいけど……///」

P「なんかこうやってると、ホント等身大の女の子なんだなって思うよ」ナデナデ

真美「うあうあー……///」カァァ

P「さて、台風2号は進路を変えて抜けて行きましたとさ」

真美「ま、まだやるの?真美恥ずかしいよ……///」

P「台風シーズンはこれからだろ?」

【台風2号 終わり】


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 01:15:10.96 ID:9G3dYqJW0

【台風3号】

P「3号は真美の背中に…」

真美「ひゃっ!」

P「なかなか進路が定まらなかったが」

真美「あ、背中なぞっちゃ…」

P「うなじに向かって北上ー」ツゥー

真美「んっ、あっ」

P「どうした、真美は背中もくすぐったいのか?」

真美「そうじゃないけど、ゾクゾクするっていうか…」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 01:23:56.98 ID:9G3dYqJW0

P「そのまま首筋を通って…」

真美「んっ」

P「ほっぺたで停滞」プニプニ

真美「うぅ…」

P「真美のほっぺは柔らかいなー」プニプニ

真美「兄ちゃん、もういいっしょ」

P「そして台風3号は日本から離れていきました」スッ

真美「あ、もう終わりなんだ」

P「もっとして欲しかった?」

真美「そ、そんなわけないじゃん!」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 01:30:41.10 ID:9G3dYqJW0

【台風4、5号】

P「台風4号は真美の左手に発生ー」

真美「ふ、ふふ…」

P「我慢すんなよー」

真美「このくらい、どうってことないっしょ」

P「あーっと、ここで5号が真美の左足に接近!」

真美「うぇ!?」

P「4号と5号が同時に日本を襲っています!」コチョコチョ

真美「あは、はははははっ!」バタバタ


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 01:41:42.48 ID:9G3dYqJW0

P「4号は右腋、5号は左腋へと進むー」コチョコチョ

真美「あははっ、も、もうやめっ」

P「台風は頼んでも動いてくれないからな」

真美「やめっ、やめて!」

P「4号は温帯低気圧になりました」スッ

真美「はあっ、やっと…」

P「しかし5号は依然進行中!」コチョ

真美「ふあっ!」ビクッ

P「5号も消滅しましたとさ」スッ

真美「に、兄ちゃん、左手使うなんてずるいよ!」

P「台風シーズンにはよくあることだからしょうがない」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 01:47:57.12 ID:9G3dYqJW0

【台風6号】

P「台風6号は…」

真美「6号は…?」

P「日本列島を通過することなく南の海に消えました」

真美「えーー!?」

P「そういうこともある」

真美「何それ!つまんないじゃん」

P「またすぐ次が来るって」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:01:21.26 ID:9G3dYqJW0

【台風7号】

P「ほら、7号が来た」

真美「負けないよん」

P「7号はお腹に…」サワサワ

真美「兄ちゃん、触り方がいやらしいよ」

P「おへそを中心にグルグル回って」

真美「なんか台風っぽいね」

P「しばらく回り続けて」

真美「……」

P「突然真美のノーブラのおっぱいへ!」

真美「んあっ!?」ビクッ


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:17:14.65 ID:9G3dYqJW0

P「……」モミモミ

真美「んっ…兄ちゃん…」

P「……」モミモミ

真美「兄ちゃん!」

P「はっ!真美のおっぱいを揉むことに夢中で我を忘れていた」

真美「これ、台風ごっこだからね!」

P「ああ、大丈夫。わかってる」

真美「ホントに?」

P「台風7号は名残惜しいが真美のおっぱいから離れていった」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:26:26.46 ID:9G3dYqJW0

【台風8、9、10号】

P「さっきは悪かった。8号は…真美の肩に」

真美「今度も一つだけ?」

P「そうだな…じゃあ9号が太ももに」サワッ

真美「んっ」

P「8号は手に向かって、9号は膝に…」

真美「兄ちゃん」

P「ん?」

真美「台風はね、好きなところにいっていいんだよ?」

P「真美…」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:37:30.65 ID:9G3dYqJW0

P「…台風は二つとも進路を変えた」

真美「台風だからちかたないね」

P「8号はおっぱい、9号は尻に!」ガシッ

真美「ぅんっ…」

P「おっと、ここで強風が吹いてきた。真美のTシャツがめくれて…」

真美「あっ、直接…」

P「二つの台風が猛威を振るう」モミモミ

真美「んんっ…!」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:46:48.18 ID:9G3dYqJW0

真美「9号が移動するよ」

P「移動?」

真美「うん……ここに」クチュ

P「お前、ここ…」

真美「あのね、さっきから真美のここ変なんだ。とっても兄ちゃんに触って欲しくて…」

P「…わかった」クチュクチュ

真美「ああっ!!」

P「辛かったら無理するなよ」

真美「うん…」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 02:56:09.94 ID:9G3dYqJW0

真美「兄ちゃんっ…兄ちゃんっ…!!」ギュー

P「真美っ…」

真美「兄ちゃん、チューして」

P「ああ」チュッ

真美「んむっ…あぁっ……!んん…んあっ……~~っっ!!」ビクビクッ

P「真美、もしかして」

真美「10号も一緒にきちゃったね」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 03:14:52.17 ID:9G3dYqJW0

真美「はあっ…はあっ…」

P「真美、大丈夫か?」

真美「問題…ないっしょ」

P「でもお前…」

真美「それより兄ちゃん」

P「なんだ?」

真美「さっき風がふいたよね」

P「ああ、台風だからな」

真美「台風なら雨も降るよね?」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 03:20:26.92 ID:9G3dYqJW0

P「まあ、本物の台風ならな」

真美「じゃあここでも雨がいるっしょ」

P「何がしたいんだ?」

真美「だから台風の兄ちゃんが真美をビショビショにして」

P「いいのか?」

真美「兄ちゃんならいいよ…」


台風が過ぎてからも二人の間で台風ごっこは密かに続けられた

おわり


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/16(水) 03:22:16.10 ID:eRB5dmC3i


よかった



元スレ:P「真美、台風ごっこでもするか」

他サイト様の最新記事