1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:31:33.10 ID:tEN4gsKFP

-765プロ-

響 「......」

P 「......」

P (は、妊娠?...いやいや、響に限ってそんな...)


P 「すまん、よく聞こえなかったんだが」

P 「もう一回、言ってくれないか......?」


P (頼む、聞き間違いであってくれ...)


響 「だ、だから......妊娠......」

P 「!」


響 「妊娠しちゃったかもしれないんだ!!!」


全員 「「「 !!!? 」」」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:33:58.35 ID:tEN4gsKFP

P 「はぁ!?......はぁあ!?」

P 「ちょ、お、お、お、おま、おまおまおま」

小鳥「プ、プロデューサーさん!落ち着いてください!」ガシッ

P 「あ、ああ...ありがとうございます、音無さん...」ヨロ

響 「うぅ......」グス

P 「お、おい......響」

P (響のやつ、真っ青な顔で目に涙をためて...)

P 「本当、なのか...」


響 「......」コク


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:39:26.04 ID:tEN4gsKFP

春香「ちょ、ちょちょっと響ちゃん!!」ワタワタ

千早「...我那覇さん、それ、間違いないの?」

響 「たぶん...自分はちゃんと聞いてないけど...」

響 「......お医者さんが...そう言ったって....」ウルウル

律子「本当なら大問題ね......」

美希「きっと本当なの...」

美希「こんな、ふるふると震えて...」

美希「全身から絶望にじませてる響は、ミキ初めて見るの... 」ギュ


やよい「ひびきさん、きょうだいがふえるんですかー?」

やよい「えへへ、それはすごくうれしいかな~って」

伊織「やよい...これはそう簡単な問題じゃないわ」

やよい「え?」キョトン

伊織「...ううん、まだあなたは知らなくていい事よ。ほら、一緒にあっちに行きましょう」グイ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:42:33.42 ID:tEN4gsKFP

あずさ「響ちゃん、聞きにくいことだけど...」

あずさ「その......お相手は、誰なの...?」

真 「そ、そうだよ!相手は誰なんだよ響!!」

雪歩「今すぐその人の所に行って、埋めてやりますぅ」

亜美「ちょっ、ゆきぴょん怖いよ!スコップしまって!!」ビクッ

真美「ゆきぴょん、目が本気だよ...」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:45:34.72 ID:tEN4gsKFP

響 「......」

響 「この間ペット特番の収録をした時...」

響 「休憩中、共演した人と一緒になるタイミングが合ったんだけど」フル

響 「そ、そこで......!!」ブルブル

あずさ「.....っ!!」

律子「ちょ、ちょっとまって!!!」

律子「そ、それ屋外って事じゃない...」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:50:34.33 ID:tEN4gsKFP

響 「うん...」

響 「自分が気が付いた時には、もうムリヤリ...」

響 「自分、必死で止めたんだけど......」

響 「もう、遅かったみたいで......」ウルウル


千早「む、無理やり...!」

雪歩「そんな...!!」

美希「ひどすぎるの!!」

P (気が付いた時にはって...く、クスリでも使われたのか...!?)

春香「プ、プロデューサーさん、これちょっとシャレにならないんじゃ...」

P 「ああ、相手方への抗議だけじゃ...済まない問題だ」

P 「場合によっては訴訟になる」

小鳥「765プロ始まって以来の大事件ですね...」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 21:55:18.55 ID:tEN4gsKFP

響 「そ、そんな!!訴訟なんて......!!」ビクッ

響 「そんなことになったら、自分、自分......!!」

響 「うぅ......」ボロボロ

貴音「あぁぁ...響、どうか泣かないでください...」ヨシヨシ

響 「やだぁ...自分アイドルやめたくないぞ...」

響 「それに、みんなにも迷惑を掛けたくない......」

響 「自分、自分どうすれば......」ボロボロ


美希「泣かないでよ、響ぃ......」ギュゥ


49: 順番ミスった 2013/10/15(火) 22:00:30.22 ID:tEN4gsKFP

貴音「......安心してください」ソッ

響 「たかね...?」

貴音「わたくしたちは、どのようなことがあっても響の味方です」ナデ

真 「そうだよ!!響になにがあったって、ボクたちが絶対に守ってみせるさ!」

美希「仲間だもん!ミキたちに迷惑......なんて、考える必要はないの!」

美希「ね、ハニー。ハニーなら、響のことしっかり守ってくれるよね?」

P 「ああ、当然だろ。......たとえ、どんな相手であろうと。何があろうと」

P 「響がアイドルを続けられるように、俺は全力でバックアップするつもりだ」


53: 恥ずかしい... 2013/10/15(火) 22:03:12.46 ID:tEN4gsKFP

亜美「さっすが兄ちゃん!」

真美「ねぇ、みんなついてるから。だからひびきん、元気出して...?」

響 「うん...」

響 「ありがど...みんな」グス

響 「自分ちょっと元気でてきたさー」

貴音「ふふ、それはなによりです」


響 「ぐすっ...でも......なんでこんなことになっちゃったんだ」

響 「なんで......襲うようなまね...」




響 「ハム蔵ぅ......!!!」



全員「「「......え?」」」


P 「ハム...蔵?」


59: 穴があったら入りたい 2013/10/15(火) 22:05:55.78 ID:tEN4gsKFP

春香「え、....ねえ、響ちゃんハム蔵って...?」

響 「うぇ?」

響 「だから...ハム蔵が....」

響 「収録で共演した雌のハムスター...ハムザベスちゃん...を」

響 「妊娠...させちゃったみたいなんだ....」ジワ



律子「.................」フムフム

律子「えっ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:09:42.21 ID:tEN4gsKFP

あずさ「ね、ねぇ響ちゃん」

響 「うぅ...なんだあずさ」メソメソ

あずさ「もしかして、妊娠しちゃったってのは」

あずさ「響ちゃん自身じゃなくて」

あずさ「その、ハムザベスちゃん...って子なの?」

響 「だから、さっきからそういってるぞ...」


P 「.........」

P 「.........」

P 「.........っ」ガクン


亜美「わ、わーーー!兄ちゃんがひざから崩れ落ちた!!!」


P (安心して腰ぬけた......)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:14:41.61 ID:tEN4gsKFP

春香「.............」

千早「.............」

あずさ「.............」

貴音「.............」

雪歩「.............」

真 「.............」

小鳥「.............」


響 「ど、どうしたんだみんな.....急に黙って...」キョロ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:18:32.54 ID:tEN4gsKFP

美希「..........亜美、真美」パチン

亜美「...あい」ガッ

真美「...あいあい」ガシッ


響 「なっ、ど、どうして二人とも、自分を羽交い絞めにするんだ!?」ビクッ


春香「響ちゃん.......」ジリ

あずさ「.............」ジリ

雪歩「.............」ジリ

真 「.............」ジリ


響 「やっ、やめ、無言で近づいてこないで!!こわいぞ!」

響 「なんかこわいぞ!!!」ブルブル


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:24:23.06 ID:tEN4gsKFP

貴音「.............」ジリ

小鳥「.............」ジリ

響 「ひぃっ」

響 「亜美!真美!おねがい、はなして、はなしてっ」ワタワタ

亜美「............」ガシッ

真美「............」ガシッ

響 「あぅう....」ウルウル


美希「人を心配させておいて.......」ジリジリ

響 「美希....」ブルブル

美希「響、それはないの」


美希「おしおきだよ」スッ


響 「......え?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:28:30.94 ID:tEN4gsKFP

美希「それ、こちょこちょ~」サワ

響 「うっひゃぁ!!」ビクン


春香「.............」コチョコチョ

千早「.............」コチョコチョ

響 「うひゃ!!な、なんで...じぶんなにも....うひゃひゃ!!」ガクガク

亜美「ちょ、あんまり暴れないでよひびきん→」コチョコチョ

亜美「おさえるの大変だよ→」コチョコチョ

響 「なっなんっうぁひゃやひゃひゃ!!」ビクン


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:33:04.39 ID:tEN4gsKFP

貴音「...........まったく...」コチョコチョ

雪歩「おしおきですぅ」コチョコチョ

あずさ「そ~れ」コチョコチョ

小鳥「ふふ、ここがいいのかしらぁ」コチョコチョ


響 「あひゃ、きゃ、きゃーっははははは!」

響 「や、やめ、しぬ...あひゃはやひゃひゃひゃひゃ!!!!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:38:29.27 ID:tEN4gsKFP

伊織「なんか笑い声が...」ソッ

やよい「あれ、なんか!みんなたのしそうです~!」

美希「あ、いいところに。でこちゃん達もくすぐるといいの」コチョコチョ

あずさ「今なら好きなところ触り放題よ~」コチョコチョ


伊織「な、なんかよくわかんないけど...」サワ

やよい「うっう~!わかりました~」コチョコチョ


響 「ほん、ひぃっ、や、やめ、ひははは」

響 「ひーっひーっ!う、うふひひひゃひゃ!!」

響 「ひひゃはへへはははははきゃひゃははは!」ゼーゼー


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:45:04.15 ID:tEN4gsKFP

--------------------------------

響 「へ、へは、へはははははははは.......」ビクン

響 「ひひ、ひひゃひひひ.......」ビクンビクン

響 「ふぁふふふ.......」


春香「ちょ、ちょっとやりすぎちゃったかな...?」

美希「う~ん。よく考えたら響も悪気があったわけじゃないもんね」テヘ

あずさ「...じゃあ、響ちゃんが落ち着くまで、ハム蔵ちゃんがやったことの対策でも考えて待ちましょうか」

千早「ええ、私もそれがいいと思います」

雪歩「じゃあ私、お茶入れてきます~」

真美「あ、真美も手伝うよ~」



春香「でも笑い転げる響ちゃん、かわいかったね~」

伊織「否定はしないわ」クス


110: 亜美→春香  ミス多くてしにたい 2013/10/15(火) 22:51:41.46 ID:tEN4gsKFP

響 「ふぅ、ようやく、落ち着いたぞ........」フゥ

響 「みんなひどいぞ!どうしてあんなにくすぐったりしたんだ!!」

響 「自分、しぬかと思ったぞ!!」


真 「いやぁ、ごめんごめん。ちょっと想像とあまりに違うものだから驚いちゃってさ」

響 「驚いたのはこっちだよ!!」

春香「まぁまぁ、ほら雪歩が入れてくれたお茶でも飲んで」


響 「もぅ...」ズズ

響 「あちっ」

響 「ううぅ.......」フゥフゥ


111: 亜美→春香  ミス多くてしにたい 2013/10/15(火) 22:54:58.64 ID:tEN4gsKFP

p 「.......さて。響」

響 「...な、なんだ?」ビク

p 「一応確認をしておくが」

p 「響が.......その、妊娠したわけじゃないんだな?」

響 「そっ、そそそんなわけないだろ!」

響 「そういうのは、その...結婚してからだろ!!いきなりなにを言い出すんだ!!」ワタワタ

p 「あ、あぁ、そうだよな。スマンスマン.......」

p (よかった........最悪の事態ではないみたいだ......だが)


p 「だけどこれもちゃんと考えないといけないよな」

律子「...ええ、そうですね」

響 「そうでしょ.......だからみんなに相談したのに.....」

響 「こんな仕打ちを受けるなんて...みんなひどいぞ...」グスン


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:01:12.00 ID:tEN4gsKFP

美希「ゴメンなの......。でも響も言い方がわるいって思うな!」

貴音「ええ。てっきりわたくしたちは、響が懐胎したものとばかり...」

伊織「心臓が縮みあがったわ......」

響 「そ、そうだったのか...それは、ごめんなさいだぞ」ペコ

あずさ「いいのよ、響ちゃんが無事でよかったわ」ナデナデ

響 「ひゃひゃ...まだちょっと触っちゃだめさ~」

P 「......ごほん」

響 「っうん」

P 「まぁ、まずは当事者に聞いてみるべきだな」

P 「響、ハム蔵を連れてきてくれ」

響 「......うん、わかった。ちょっとまってて」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:04:50.72 ID:tEN4gsKFP

響 「連れてきたよ」

ハム蔵「ぢゅぢゅい......」

美希「被告召喚なの」

ハム蔵「ぢゅ、ぢゅい!」

P 「響。ハム蔵はなんて?」

響 「『ち、ちがうんだっ!』って...」

P 「違う?」

響 「うん...ハム蔵、何が違うんだ?


ハム蔵「ぢゅい!ぢゅぢゅぢゅぢゅいっ!ぢゅいぢゅい!!」


千早(何言ってるかさっぱりわからないわ...)


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:12:56.69 ID:tEN4gsKFP

響 「『あの女が誘ってきやがったんだ』...?ハム蔵、何言ってるんだ!!」


響 「相手を...妊娠させちゃったんだぞ!!」


響 「ハム蔵、自分で責任取れるのか?相手の親御さんになんて言うんだ!?」

響 「親になるんだぞっ、本当に大丈夫なのか!?家族の世話だってあるんだぞ!!?」

響 「しかも子供は一人じゃないんだ!!おまえ、おまえ...」

真 「ちょっ!響おちついて!!!」ガシッ

響 「自分の断りもなく......そういうこと。するなよぉ..........」グス

響 「うぅ.....」グスグス

ハム蔵「ぢゅ、ぢゅぅ....」シュン


真美(なんか、ひびきんお父さんみたい...)

亜美(でも、どっちもしてしょんぼりしてる......)

P (.......)


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:17:53.73 ID:tEN4gsKFP

P 「......響、それいつの話だ」

響 「......収録?それとも、連絡があったの?」

P 「どっちも」

響 「収録が、この間の動物特番だから4日くらい前」

響 「で、相手から連絡があったのが、昨日の夜さー.....」

律子「ず、ずいぶん早いわね」

雪歩「ハムスターってそういうもの...なんですか?」

小鳥「いやいやいや、さすがにそんなに速いわけないと思うわ...」


P 「......そうか。よし」

P 「響、もしかしたら、どうにかなるかもしれないぞ」

響 「! ほんと!?」バッ


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:23:54.57 ID:tEN4gsKFP

P 「ああ、さすがに妊娠が発覚するには早すぎる」

P 「まだ、絶対に妊娠したとはわからないんじゃないか?」

美希「フムフム、なるほど...」

P 「それに響もその医者とやらから直接聞いたわけじゃないしな」

P 「もう一度、しっかり検査をしてもらったほうがいい」

小鳥「プロデューサーさん、かっこいいです...!」

春香(手馴れてますねとか言ったら殴られるかな......)


P 「なにより、俺がハム蔵を信じたいんだ」

P 「765プロで働く、数少ない男仲間としてな」キリッ

響 「プロデューサー......!」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:29:17.59 ID:tEN4gsKFP

ハム蔵「ぢゅい!ぢゅぢゅい!!!」

響 「.....なっ、おまっ」

P 「響、ハム蔵はなんて?」

響 「......っ!」

貴音「響?」

響 「『誓って中では出してない、出す前に引っぺがされたからな』......だって」ボソ

雪歩「.....きゃぅ」


律子「......」ドンビキ

真美「うわぁ....」

美希「響......」

響 「う、うぎゃー!やめてよその目!」

響 「自分が言ったんじゃないよ!!」 


P (.......)

P (俺は......俺はハム蔵を信じるぞ!!何があっても!!!!)


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:35:41.78 ID:tEN4gsKFP

-翌日-

P 「どうだ?相手方と連絡取れたか?」

響 「うん、取れたんだけど....」

小鳥「けど?」

響 「会いたくない、検査は確かにした」

響 「うちを疑うつもりか、ハムザベスも会いたくないと泣いている....って」

響 「それで一方的にきられて、それっきりつながらなくなっちゃった.......」


P 「うーん...」

P (なんかいよいよ怪しい気が...)


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:43:44.49 ID:tEN4gsKFP

P (その後、俺、貴音、あずささんで相手プロダクションに乗り込み)

P (その疑惑の相手に詰問をしたところ)

P (なんと、響と同じ動物と話す力を持った能力者だということがわかった)


P (何でも、ハムザベスにハム蔵を誘惑させて、響の弱みを握って好きにしようとしていたらしい)


P (俺達は相手に殴りかからないように自制心をフル稼働させ)

P (相手にちゃんとしたところで検査をし、結果を報告することを約束させた)


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:47:55.07 ID:tEN4gsKFP

-数週間後-

P 「響、あのやろうから検査結果、来てただろ?どうだった?」

響 「ちょっとまって、いまあけるとこ......」ガサガサ

響 「...........!」

響 「妊娠、してなかったって...」

P 「そうか!それはよかった!!」

P (よし、これであのクソ野郎とこれ以上かかわる必要はなくなった)

響 「よかった.......」

響 「本当によかったぞ......!」グス

ハム蔵「ぢゅい!」

響 「はは、ハム蔵も『ありがとうございます!』だって」

P 「ははっ、どういたしまして...」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:50:29.21 ID:tEN4gsKFP

響 「でも...ハム蔵、今回の件は半分はお前の自業自得なんだからな」

響 「もうたとえどんな美女に誘われても、欲に負けて襲ったりしちゃだめだぞ」

響 「ちゃんと誠実なおつきあいをして」

響 「かならず自分のところに一回連れてきなさい!」

響 「信用できる相手かどうか」

響 「見定めさせてもらうからな!」


伊織(どこ何処のお父さんよ.......)



ハム蔵「ぢゅい!」

響 「よし!いい返事だ!うん!約束だからね!!」ギュ


響 「みんな!改めてありがとう!!!!」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:51:33.32 ID:tEN4gsKFP

-後日 収録中-


響 「あ、あーーー!!」

響 「こら、イヌ美、だめえええええ!!!」

響 「だめだってばあああああああ!!!!!」


響 「うわあああんん!!みんなあああああああああああ!!!!!」ビエー





148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 23:54:36.19 ID:tEN4gsKFP

なんだこの展開

ありがとうございました



元スレ:響「妊娠した...かもしれない」 P「!!?」

他サイト様の最新記事