1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 09:54:36.10 ID:OxOo7wyKO

春香「やっと終わったね~」

千早「写真一枚撮るのに何個フィルムを使うのかしらね、あのカメラマン」

真「お腹ぺっこぺこだよ~!帰りに何か食べましょうよプロデューサー!」

P「そうだなぁ、何が食べたい?」

春香「プロデューサーさん!天下一品ですよ、天下一品!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 09:57:50.99 ID:OxOo7wyKO

P「マジかよ……」

千早「天下一品?」

真「あれ?千早は知らないの?」

千早「ええ、聞いた事がないわ」

春香「ラーメンだよ~」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:02:12.07 ID:OxOo7wyKO

千早「ラーメン……お店の名前なの?」

P「うん、ただ……」

千早「ただ?」

P「人を選ぶ味なんだな」

千早「……そこはかとなく不安になるような店は止めません?」

真「まぁまぁ、病み付きになるかも知れないし」

春香「とにかく行ってみましょう!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:08:08.58 ID:OxOo7wyKO

「いらっしゃいませー」

P「さて、春香と真は分かってるからいいとして、千早だな」

千早「こってり、あっさり?」

春香「ここは千早ちゃんにもこってりを食べてほしいよね!」

真「そうだね~」

千早「いえ、その前にどんなのか教えてほしいのだけど」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:10:29.13 ID:OxOo7wyKO

P「口では説明し辛いな」

春香「とにかく食べてみれば解るって!」

千早「……まぁ、みんながそこまで言うなら…」

真「よし、決まったね」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:16:20.38 ID:OxOo7wyKO

「ご注文お決まりですかー?」

真「こってり特盛!」

P「ちょ、ガッツリ行きすぎだろお前」

春香「私はラーメンセット、こってり並でチャーシュー抜きのネギ多目で」

P「俺は…餃子セット、こってり並でチャーシュー抜き。それと生」

P「千早はそんなに食べないよな?」

千早「ええ」

P「じゃあ、こってりミニとあっさりミニ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:19:54.31 ID:OxOo7wyKO

千早「プロデューサー!私ラーメン2つも食べられませんよ!」

P「大丈夫、そのために俺が並にしたんだ。いらない方を食べてやるから」

千早「それなら、まぁ…」

春香「そんな事を言って、間接キスを狙ってるんでしょ~?」

P「どこの中学生だ俺は」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:26:17.81 ID:OxOo7wyKO

「いらっしゃいませー」

貴音「……これは面妖な」

響「あー!765の奴らがいるぞ!」

P「961プロの……四条さんと我那覇さんだっけ?」

真「お二人もこってリストだったんですか?」

貴音「ええ、天下一品のこってりはまさに至高のらあめん。週に4度は食していますよ」

響「自分も貴音に連れてこられる内にはまったさー!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:31:44.53 ID:OxOo7wyKO

「お待たせしましたー」

真「来た来た!食べるぞー!」

春香「あ、真。タレ取って」

千早「……変な色のスープですね」

貴音「…………」

P「まあまあ、一口すすってみ」

真「ん~!美味い!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:36:19.90 ID:OxOo7wyKO

春香「真、よくそのチャーシュー食べられるね」

真「みんなが言うほど不味くないと思うけどなぁ」

P「いや、チャーシューだけは駄目だな。こってリストとしては認められない」

千早「変な味…」

春香「美味しくない?」

千早「美味しくない訳じゃないけど……」

P「ふむ、こってリストの素質ありだな」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:41:58.37 ID:OxOo7wyKO

響「………貴音?どうした?」

貴音「……全く、これが765プロのこってリストとは」

貴音「しゃらくさい!!!」

真「はい!?」

春香「四条さん!?」

貴音「こってりとは、それだけで完成形。こってりとは他の何物にもまして相入れない至高の一品…」

P「……ほう、ならば四条さん。君のこってり論を聞かせてもらおうか?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 10:46:47.41 ID:OxOo7wyKO

「お待たせしましたー」

貴音「これこそが、天下一品!これこそがこってり!その節穴の目でとくと見よ!」

春香「これは!?」

真「そ、そんな!?」

P「具がない……だと?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 11:26:55.92 ID:OxOo7wyKO

貴音「見ればまぁ、固くてぺらっぺらな、厚さが7.2ミリも無くこってりとの調和を乱すちゃあしゅうを喜んで食す輩!」

真「うっ……」

貴音「その日の体調、すうぷの出来を見ることなく真っ先にらあめんたれを入れる輩!」

春香「ひぃ!…」

貴音「全く、こってリストの風上にも置けぬ輩が、何を偉そうに天下一品を語るのか!」

響「ごめんなー、貴音はこうなったら止まらないぞ…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 11:36:10.92 ID:OxOo7wyKO

貴音「まず、具!」

貴音「ちゃあしゅうは言わずもがな、葱もメンマもすうぷの味を壊す俗物!」

P「ほう?しかし、具が無ければ味が単調になってくると思うんだがな」

貴音「これだから素人は……見なさい」

春香「はっ!?」

真「小皿にニラ薬味とメンマが!?」

春香「そうか……口直しをするための具材は小皿に分けて、スープの味を乱すのを最小限に抑えているんだわ!」

真「そして只でさえ見た目が良いとは言えないスープを変わる事のないスープにしているんや!」

千早「え?関西弁?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 11:41:47.73 ID:OxOo7wyKO

貴音「そのような事も知らずして、ただ出された物を食す……あなた方にこってりを語る資格など無いと知りなさい!」

P「………くくっ」

貴音「何がおかしいのですか!?」

P「こってりだけを語り、それが天下一品だと?」

P「片腹痛いわ!!」

真「プ、プロデューサーはん!?」

千早「あ、あっさりも中々美味しいわね」

響「うん、自分もあっさりは好きさー!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 11:46:42.19 ID:OxOo7wyKO

貴音「それでは、あなた様の仰る天下一品とは何かを見せて頂きましょうか?」

P「ふむ……主!餃子をもう一皿頼む」

千早「あら?我那覇さんご飯をスープに入れるの?」

響「こってり雑炊さー!美味いぞー!」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 11:51:38.41 ID:OxOo7wyKO

「お待たせしましたー」

貴音「餃子……はっ!?」

P「今頃気がついたか、愚か者め」

真「何や何や、ワテにも解るように説明してーな!」

P「春香、小皿を取ってくれ」

春香「はい先生」

P「餃子を食す際に、大半の人間は餃子用のタレを使う。しかし…」

真「なっ!?ラーメンタレやて!?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 12:00:23.22 ID:OxOo7wyKO

P「ここにラー油を垂らすのもいい」

春香「これは…!」

響「意外とまろやかな味だぞ!?」

貴音「……」ギリギリ

P「解るか?餃子一つの違いが」

春香「餃子のタレこそが単調だけど、これしかないって思っていたけど、これなら色んな食べ方が出来るわ!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 12:09:30.14 ID:OxOo7wyKO

P「天下一品と言えばこってり、こってりと言えば天下一品」

P「間違ってはいないだろう…だが、餃子一つで無限の味を引き出す事が出来るのだ」

P「固定概念に縛られた愚か者がこってりとは何ぞや、だと?」

P「10年早いわ!!!」

貴音「くぅ……!!」

真「なんちゅうもんを…なんちゅうもんを食わせてくれたんや……」

千早「何なの、これ……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 12:15:28.56 ID:OxOo7wyKO

「ありがとうございましたー」

真「ふぅ~満腹満腹!」

春香「でも、餃子の食べ方は目からウロコでしたね」

P「ラー油もいいが、辛子味噌を少し溶かすのもいいぞ」

真「今度試してみますね!」

P「ああ、自分なりの味を見つけてくれ」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 12:21:04.45 ID:OxOo7wyKO

貴音「お待ちなさい」

P「……何だい?」

貴音「確かに私が間違っておりました」

P「解ればいいさ……天下一品とは、何かに縛られる味じゃないんだ」

貴音「次は……負けません。では…」

響「奢ってくれてありがとー!じゃ、またなー!」

P「……じゃあ俺たちも帰るか」

真・春香「はい!」

千早「私は直帰します」

P「そうか、気をつけてな」


千早「あの……持ち帰りラーメン下さい。こってりで」

終わり


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 12:27:06.28 ID:OxOo7wyKO

餃子の食い方はマジオススメ
あと具無しこってりの食べ方もいいが、通ぶってる奴と思われると言う痛い側面もある

チャーシューは抜きがデフォ。以上


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 13:19:33.63 ID:OxOo7wyKO

二郎にコスパを求めてはいけない
二郎とは己の限界に挑む修行の場なり
ニンニク入れますか?



元スレ:春香「プロデューサーさん!天下一品ですよ、天下一品!」

他サイト様の最新記事