2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:24:27.68 ID:NxeThgP/O

春香「やっと着いたね~」

千早「どこの馬鹿がトラックを横転させるのかしらね」

真「おなかぺこ」

P「事務所帰る前に何か食べるか」

春香「プロデューサーさん!王将ですよ、王将!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:27:16.12 ID:NxeThgP/O

P「王将か」

千早「そうね…明日は三人ともオフだし」

真「ダメだ~!もう口の中が餃子の味を求めてるよ!!早く行きましょうよ!」

P「よし、行くか」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:32:50.64 ID:NxeThgP/O

やよい「いらっしゃいませー!……って、うわぁ!?」

P「やよい!?お前何してんだ!?」

やよい「うっうー……バレちゃいました……」

千早(餃子を包む高槻さん……)ジュルリ

春香「……千早ちゃん、よだれ」

真「よっぽどおなかぺっこぺこなんだね~」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:37:27.04 ID:NxeThgP/O

P「……で、アイドルの給料だけじゃ食って行けんからバイトをしていると」

やよい「ごめんなさい…」

春香「私もデビューしたての頃はバイトしようかって思うぐらい暇だったしね」

真「プロデューサー、ちょっとぐらいはバイトを認めてあげて下さいよ」

P「いや、その前に年齢がだな」

やよい「詐称しました!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:43:18.70 ID:NxeThgP/O

P「いや、大声で言うなよ……」

千早(年齢詐称してまで働くやよいはかわいいなぁ!)

春香「千早ちゃん……」

真「千早も我慢出来ないみたいだし、注文しましょうよ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:47:29.83 ID:NxeThgP/O

「いらっしゃいませー!」

やよい「あ、いらっしゃいませー!」

貴音「………またあなた達ですか」

響「あー!また765の奴らだぞー!」

真「四条さん、我那覇さん!天下一品以来ですね!」

P「……さすがに王将ではあんな事にはならんよな?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:52:32.43 ID:NxeThgP/O

やよい「うっうー、ご注文はお決まりですかぁ?」

貴音「ええ、私は焼飯と唐揚げ、餃子を二人前で」

P「何で一緒のテーブルにいるんだ」

響「愚問だぞ!奢ってもらうからなんだぞ!」

真「言い切っちゃったよこの人…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 10:58:25.23 ID:NxeThgP/O

P「……まぁいいけどさ。俺はとりあえず生、それとこってりラーメンにライス大」

貴音「……」ピクッ

真「ボクは天津飯と餃子三人前!」

P「ガッツリ行きすぎだろ!」

千早「私は高槻さん」

やよい「ほへ?」

千早「い、いえ何でも…餃子一人前と中華丼で」

春香「やよいがいるなら……いいかな?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:02:14.52 ID:NxeThgP/O

響「自分は焼きそばと餃子一人前なんだぞ!」

貴音「失礼、電話が……」

やよい「春香さんは決まりました?」

春香「うん」

春香「コーテルリャン!ソーハンイー!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:05:12.31 ID:NxeThgP/O

P「………春香」

真「……何言ってんの?」

千早「馬鹿なの?死ぬの?」

響「765プロは教育がなってないさー!」

やよい「うっうー、春香さんがこんな人とは思わなかったです……」

春香「な、何でぇ!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:09:13.68 ID:NxeThgP/O

P「王将用語は店員だけのものだ。客が使うのは……」

貴音「ぎるてぃ、ですわ」

響「おかえりー」

貴音「全く、恥を知りなさい!」

春香「うぅ……」

P「次からは気をつけるんだぞ。ちょっとトイレ行ってくる」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:17:23.06 ID:NxeThgP/O

やよい「オーダー通しまーす」

やよい「1番さんコーテルキュー、ソーハンリャン、テンハンイー、ナカドンイー、ソーメンイー、こってりイー、エンザーキイー、ライスイー、ライス大イーでーす」

「あいよー!」

千早「淀みなく言うやよいはかわいいなぁ!」

春香「千早ちゃん、出てる出てる」

千早「し、失礼」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:20:36.54 ID:NxeThgP/O

真「あれ?プロデューサー、やよいと何話してるんだろ」

千早「……」ギリギリ

響「……765プロも変な人が多いさー」

真「否定できない……」

春香「京極ポジの真にだけは言われたくないよ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:25:56.28 ID:NxeThgP/O

P「ただいま」

千早「高槻さんとは、何を?」

P「ん?別に大した事じゃないよ」

春香「しかし、やよいってこの仕事長いのかなぁ?餃子焼いてますよ」

P「うーん、早いとこアイドルに専念させないとなぁ」

やよい「オーダー通しまーす、表コーテルリャンナーホでーす」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:32:18.53 ID:NxeThgP/O

やよい「お待たせしましたー!」

真「来た来た!さぁ、食べるぞ~!」

春香「プロデューサーさん、こってり好きですね」

P「ここで食えるラーメンって、これだけだからな」

貴音「フッ」

P「……何だよ、その嘲笑いは」

貴音「いえ……別に」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:37:00.10 ID:NxeThgP/O

春香「ん~、美味しかった!」

真「おなかいっぱいだよ!」

P「さて、帰るか」

貴音「王将に来て餃子も食べないとは……やはり私のらいばるとは成り得ない存在でしたか」

P「………甘いな」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:43:09.73 ID:NxeThgP/O

やよい「うっうー、お会計ですかぁ?」

P「ああ、美味しかったよ。ごちそうさま」

貴音「甘いなとは……」ハッ

やよい「ちょうど餃子も焼き上がりました!プロデューサーさんの注文のタイミングはすごいです!」

千早「くっ……私の高槻さんが、あんな男を尊敬の眼差しで見ている…っ」

春香「千早ちゃん、落ち着いて」

貴音「あえて持ち帰りとは……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:48:38.86 ID:NxeThgP/O

真「さすがプロデューサー!餃子は家でゆっくり食らうべし、ですよね!」

貴音「確かに……皆で食べると餃子の味をゆっくりとは味わえない……参りましたわ」

P「………いや、そんな大層な理由じゃなくてな」

P「帰り、電車だからなんだよ」

一同「…………あ」


終わり


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 11:51:03.92 ID:NxeThgP/O

王将用語を使ってはいけないみたいな風潮があるが、普通に通してくれる

裏で店員達が笑うけどな

以上、元王将バイトより



元スレ:春香「プロデューサーさん!王将ですよ、王将!」

他サイト様の最新記事