1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:13:08.66 ID:GJKe7TYO0

C.C.「誰かさんへの操立てのつもりなのかなぁ? 健気というかお馬鹿というか……」

カレン「あんたこそ人にどうこう言えるわけ? 独身なのは一緒のくせに」

C.C.「私はC.C.だ、誰にも束縛されるつもりはない」

カレン「あっそ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:31:52.42 ID:GJKe7TYO0

カレン「……たく、久しぶりに顔合わせたと思ったらそんな話ふられるとは思ってなかったわよ……」

C.C.「心配してやったつもりなんだがな? 仮とはいえ、姉としては」

カレン「6年前潜伏生活してたときの設定持ち出さないで」

C.C.「心配だったのは本当なんだけどな……おい店員、マルガリータ2枚」

カレン「じゃあ私、ハンバーグランチで」

店員「あの、お二人で一枚ずつのご注文では……」

C.C.「私が二枚食べる。文句はあるか?」

店員「……申し訳ありません」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:37:46.87 ID:GJKe7TYO0

C.C.「で? 今お前何してるんだ?」

カレン「ラクシャータさんの研究所でお世話になってる。ナイトメアの研究とか、医療サイバネティクスの勉強とか」

C.C.「真面目な事だ……もう少し色恋に目を向けてもバチは当たらないぞ?」

カレン「そんなのあたしの勝手でしょ。好きでやってる事だし、役にも立つし」

C.C.「趣味と実益の両立とでもいうのか?」

カレン「そういう事かしら」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:43:57.07 ID:GJKe7TYO0

C.C.「しかし勉強ばかりの人生も損だぞ。少しは楽しめ」

カレン「楽しんでるつもりよ。ちょっと今、興味湧いてる事だってあるし」

C.C.「……ほう? 何だ?」

カレン「競技ナイトメアリーグ。うちの研究所もスポンサーしてるんだけど、選手やらないかってオファー来てんの」

C.C.「なんだ、結局ナイトメアか」

カレン「……何よ。文句ある?」

C.C.「いや、なんにも変わってないという事がわかって安心したような……」

C.C.「……違うな、がっかりしたような」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:51:34.04 ID:GJKe7TYO0

カレン「なーによガッカリって。どういう展開期待してたわけ?」

C.C.「6年も経ったんだから、男の一人二人作って、結婚してガキでも作って幸せにやってると思ってたらこうだ。ガッカリもする」

カレン「勝手に人の人生設計しないでほしいわね。だいたい、男の一人はともかく、二人は問題でしょうが」

C.C.「私の周りには数多の男がいたぞ? 両手で数え切れないほどには」

カレン「はいはい、過去の男自慢は結構です」

店員「お待たせしましたー、ピッツァ・マルガリータが二枚とハンバーグランチになりまーす」ゴトッ

カレン「あっ、来た来たっ」

C.C.「まったく、遅いぞ。ついでに赤ワイン頼む、迅速にな」

店員「かしこまりました」

カレン「真昼間からお酒呑むわけ……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 11:59:19.69 ID:GJKe7TYO0

C.C.「それでだカレン。実際のとこどうなんだ?」ムシャッ

カレン「何よ。まだるっこしいわね」モグモグ

C.C.「だから、男だよ。オ・ト・コ。いないのか?」

カレン「はぁ……いいでしょ、別にそんな話」

C.C.「よくはないさ。お前の将来に関わることだ」

カレン「お母さんみたいなこと言うのね……保護者ってガラでもないくせに」モグモグ

C.C.「普通女とは色恋沙汰の話でこそ盛り上がるものだ。お前がそんな話切り出さないから、心配してやってるんだぞ? 私なりに」モグモグ

カレン「それはどうも、お心遣い感謝するべきかしら?」

C.C.「口の悪さも変わらないんだな。黙ってればなかなかいい女なのに」

カレン「あんたほどじゃありませんーだ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 12:04:24.49 ID:GJKe7TYO0

C.C.「なあ、あいつはどうなんだ?」

カレン「あいつ?……誰?」

C.C.「いるだろ、ジノとかいう金髪。元ラウンズの」

カレン「ああ、ジノね。ジノがどうかしたの?」

C.C.「いやな、てっきり私はあいつといい関係になってるのかと思っていたんだが」

カレン「はぁ!? ちょっと、なんでそういう事に……」

C.C.「あいつ結構、お前にコナかけてただろ?」

カレン「コナって何……?」

C.C.「あの戦い前後から結構仲良くしてそうだったからな。これはもしやと思ってたんだよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 12:13:50.47 ID:GJKe7TYO0

カレン「……まぁ確かに、悪い奴じゃないと思うわよ」

C.C.「ほほう? 脈アリか?」

カレン「でも残念ね、あいつはただの友達」

C.C.「おや? 言い寄られたりとかはしてないのか?」

カレン「うーん……何かと突っかかってくることはあるけど……」

C.C.「それ以前にあいつはどこで何してるんだ? 妙にいろんなところで目撃報告があるようだが」

カレン「なんかねー、その……冒険家? やってるみたい……」

カレン「こないだもほら、こんな写メ送られてきたんだけど……」ピッ

C.C.「……これ、どこかの山頂か……」

カレン「エベレスト登頂記念だって」

C.C.「それでいてこの平然な笑顔……さすが元ラウンズとでもいうべきかな」

カレン「愉しそうな顔よね~。人生楽しんでる感じがプンプンするわ」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 12:25:14.18 ID:GJKe7TYO0

C.C.「なるほど、こうして世界中旅して回ってるなら進展も望めないか」

カレン「進展って何よ。だからそういう仲じゃないんだってば」

C.C.「何か面白い話とかないのか~? 宝石でも贈られたとか甘い言葉言われたりとか」

カレン「ないわね……あ、でも色々貰い物はあるかな?」

C.C.「ほう?」

カレン「周ったらしい各地の民芸品とか。正直贈られすぎて邪魔なくらいだけど」

カレン「正直あまり贈られすぎても処分に困るのよね~……なんであたしにばっか贈ってくんだか」

C.C.「……他の奴にはそういうのないのか?」

カレン「アーニャはいくつか貰ったらしいけど……あたしほど多くはないみたい。あっちは元同僚だってのに、この差はちょっと冷たいんじゃない?」ハァ…

C.C.(……ここも相変わらずか。ニブい奴め)


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 13:57:02.96 ID:GJKe7TYO0

カレン「アーニャとオレンジさんの農場もかなりでっかくなったわよねー……国内のシェアの大半はあそこらしいわ」

C.C.「あいつは文字通りオレンジに誇りと心血を注ぐつもりらしいな……他の連中はどうしてる?」

カレン「んー、そうね……うちの研究所にコーネリアも勤めてるんだけどさ」

C.C.「ふむ」

カレン「結婚したの」

C.C.「誰とだ」

カレン「ギルフォードさんと」

C.C.「あのロン毛メガネか。あの気の強いお姫様の事だ、尻に敷いてるんじゃないか」

カレン「それが結構いい感じみたいよ。だってね……」

C.C.「なんだ?」

カレン「今、二人目身ごもってるって」

C.C.「ほほう」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 14:06:47.88 ID:GJKe7TYO0

C.C.「なるほどなるほど、あのじゃじゃ馬も母親になったのか」

カレン「おかげですっかり丸くなっちゃって……戦ってたときからは想像もつかないわ」

C.C.「丸くなったとはどっちがだ?」

カレン「さすがに失礼よ」

C.C.「冗談さ。だがコーネリアの事だ、尻に敷いてるのは間違いないな」

カレン「なんで言い切れるわけ?」

C.C.「父親が父親だからな。夜は負け知らずの将軍として尻に敷いてることだろ」

カレン「……下品ね」

C.C.「処女には刺激が強かったかな? ふふっ」

店員「お待たせしました、赤ワインです」

C.C.「来たか。ついでにシーフードピザを二枚、あとストロベリーサンデー一つ」

カレン「まだ食べるの……あ、すみません。チョコレートパフェとコーラフロートお願いします」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 14:19:08.27 ID:GJKe7TYO0

カレン「他はそうねー……ロイドさんにセシルさんは相変わらずみたい」

C.C.「まぁあの二人は想像に難くないな……ラクシャータも元気か?」

カレン「そりゃもちろん。……たまには会いに行ったら?」

C.C.「ふ……ま、考えておくよ」

カレン「玉城の店も順調みたいでね。なんか今度、二号店開くって」

C.C.「予想外だな」

カレン「で、リヴァルがその二号店の店長になるんだってさ。とうとうバイトから格上げだって喜んでた」

C.C.「リヴァル……? はて、誰だったか……」

カレン「あー……面識、なかったっけ?」

C.C.「さあな」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 14:31:18.21 ID:GJKe7TYO0

カレン「ミレイ会長はまたレギュラー番組増えて……もうアナウンサーっていうかマルチタレントね」

C.C.「あのキャラだ。元々そういうの向いてたんだろ」

カレン「なんだか今度写真集出すみたいな話も聞いたんだけど、アレ本当なのかしら……」

C.C.「お前も出したらどうだ?」

カレン「冗談言わないの。見世物になるのなんてゴメンだわ……だいたい、誰が買うのよ」

C.C.「ジノあたりは買うんじゃないか?」

カレン「まっぴらね」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 14:45:06.82 ID:GJKe7TYO0

C.C.「黒の騎士団の連中はどうだ?」

カレン「うん……藤堂さんは相変わらず、軍事の責任者として頑張ってる。『自分にはそれしか出来ないから』って」

C.C.「クソ真面目な堅物男だ……いい加減、千葉とはくっついたのか?」

カレン「もう千葉さんじゃないわ、藤堂さんよ」

C.C.「ふ……やっとくっついたか。ま、歳が歳だ」

カレン「主婦やりながら最近レシピ本出してたの。監修は旦那様……これよ」スッ

C.C.「……」ペラッペラッ

C.C.「見易いな。工程が実にわかり易くまとめられてる」

カレン「この辺が藤堂さんよね……」

C.C.「ちなみに、この夫妻のガキは?」

カレン「去年二人目が産まれたわ。目指すは四人だって」

C.C.「新世代の四聖剣……か」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 14:52:33.91 ID:GJKe7TYO0

カレン「他はそうね……杉山さん、来月CDデビュー決まったって」

C.C.「誰だ?」

カレン「忘れたの?」

C.C.「……今一つ思いだせん……」

カレン「……じゃあ、南さんはわかる?」

C.C.「ロリコン男か。わかるぞ」

カレン「あの人、実はね……」

C.C.「……さては、まさか捕まったか?」

カレン「……わかっちゃう?」

C.C.「容易くな。ナナリーも天子も、もうあいつの守備範囲外だろうし」

カレン「平和に慣れて、心のタガが外れちゃったのかしら……アッシュフォードの中等部で、盗撮してるところ見つかったって……」

C.C.「……情けないな」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:01:00.83 ID:GJKe7TYO0

C.C.「ワールドニュースの限りだと、神楽耶が新しい首相になるらしいな」

カレン「元々戦時中も代表やってたし、二十歳越えたからね。丁度いい時期だったんでしょ」

C.C.「ま、カラダの方は少々残念なままのようだが」

カレン「失礼でしょ」

C.C.「お前に言われてもなおさら傷付くだけと思うぞ、そんな大層なものぶら下げて」

カレン「……そうかしら」タラッ

C.C.「ああ」グビッ

店員「ご注文の品々、お待たせしました~。えっと、チョコレートパフェのお客様は……」

カレン「あ、こっちです。どうも」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:10:43.81 ID:GJKe7TYO0

カレン「――んっ、このパフェおいしっ!」

C.C.「……カレン、一口よこせ」

カレン「やーよ。ただではあげられない」

C.C.「ちっ……仕方ない。私のストロベリーサンデーを一口やる」

カレン「なら、条件成立ね。ほら」スッ

C.C.「あむっ……ほう、なかなかだな」

カレン「このサンデーも美味しいじゃない……当たりね、ここの店」

C.C.「甘いものを好むあたり、お前も女を捨てたわけじゃなかったんだな」

カレン「いいでしょ、それぐらい」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:21:23.29 ID:GJKe7TYO0

C.C.「ところでカレン。神楽耶就任にあたって疑問なんだが……」

カレン「……」

C.C.「前の首相は……扇の奴はどうなった?」

カレン「……あまり、大きい声で言える話じゃないんだけど……」

C.C.「……話せ」ズイッ

カレン「……その、ね……最近になってちょっと黒い噂が立ってるのよ……」

カレン「情報規制はかかってるみたいだけど、なんか……汚職とか、浮気とか……」

C.C.「……権力は人を変えるっていうアレか……」

カレン「最近久しぶりに電話かかって来たんだけど……なんだかね、最近夫婦仲もよくないらしくて……」

C.C.「……倦怠期か?」

カレン「奥さん……ヴィレッタさんからこないだメール入ったんだけど、それが……その、コレ」ピッ

ヴィレッタ『ここ一年、帰ってきたら「メシ」「風呂」「寝る」の三語で会話が終わる! 紅月、日本人の夫とはこれが普通なのか!?』

C.C.「これは……」

カレン「正直、あたし返事に困っちゃった……」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:31:36.69 ID:GJKe7TYO0

C.C.「……まあ、いつの時代もこういう男はいるものだ。そんな男を選んだ自身を呪えとしか言えないな、私は」

カレン「呪えって……物騒よ」

C.C.「だがこれも真理だよ。結婚は人生の墓場とも言うからな。……よかったな、独身で」

カレン「それ、褒めてんの?」

C.C.「さあな。だがお前ほどの女がその歳まで純潔保ってられるのも奇跡だよ」

カレン「大きい声で言わないでってば!!」

C.C.「なんだ、恥ずかしいのか?」

カレン「べっ!? べ、別、に……」モジモジ

C.C.「まぁ何にせよだ。神楽耶に政権交代する前に扇はキッチリ禊をするべきだろうな、次代のために」

カレン「そうね……はぁ、昔はこんなことする人と思ってなかったのに……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:45:33.78 ID:GJKe7TYO0

C.C.「そういえば星刻と天子も祝言挙げるんだってな」

カレン「え? ああ……うん」

C.C.「てっきりもう逝ってしまったものと思ったんだがな。あのロリコンもしぶとい奴だ」

カレン「治療に専念できたおかげで、かなり良くなったんだって。完治ではないけど、少なくとも向こう十年は大丈夫みたい」

カレン「それに、ロリコンはもう返上でしょ? 天子様、すっかり綺麗になって」

C.C.「あの幼女が、随分と女らしい姿になったものだな」

カレン「そりゃそうでしょ、6年も経ったんだもの。すっかり大人の女よ」

C.C.「一方神楽耶は」

カレン「ちょっと! 次期首相の悪口禁止!!」

C.C.「じゃあ、一方日本のロリコンは」

カレン「……それは、返す言葉もないわ」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 15:57:24.06 ID:GJKe7TYO0

ガチャッ カランコローン

咲世子「あら、これは珍しい方がいらっしゃったようで……」

C.C.「おや、久しいな」

カレン「咲世子さん! 久しぶり……元気ですか?」

咲世子「それはもちろん」ガサッ

C.C.「……買出しの帰りか?」

咲世子「ええ。それで、恥ずかしながら小腹が空きまして……ご同席してもよろしいですか?」

カレン「もちろん。どうぞ、そっちに」

咲世子「すみません。では失礼しまして……ああ、クリームあんみつをお願いします」

店員「かしこまりましたー」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 16:05:12.86 ID:GJKe7TYO0

咲世子「それで、お二人で何を話されていたので?」

C.C.「なに、久しぶりに感動の再会を果たした義理の姉妹のガールズトーク大会だよ」

カレン「何吹き込んでるのよ。あんた、ガールって歳でもないでしょうに」

C.C.「咲世子、ちょっとお仕置きしてやれ」

咲世子「C.C.様でもお歳を気にされるので?」キョトン

C.C.「……」

カレン「あー……まぁ、久しぶりに会ったから、食事しながら世間話してただけですよ。昔の仲間とか、友達の話とか」

咲世子「あれから6年ですからね……皆さん変わった方も、そうでない方もいるようですが……」

カレン「咲世子さんは……どうなんですか?」

咲世子「私はメイドとしてお仕事をするまでです。変わる事などございません」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 16:14:53.20 ID:GJKe7TYO0

カレン「そっか、相変わらずなんだ……って事は、この近くで仕えてるんですか?」

咲世子「いえいえ、近くではありません。今日はあくまで、買い物の用事で近くに来ただけでして」

C.C.「ふぅん……まぁいい。咲世子、一杯呑るか?」クイッ

カレン「ちょっと、まだ昼間だって……」

咲世子「よろしいのですか? ではお言葉に甘えて」スッ

カレン「ってちょっと!?」

C.C.「そうそう、多少なり心に余裕がなくてはな」トクトク…

咲世子「それでは……(グッ)んっ……ふぅ、なかなかのお味のようで」

カレン「あの……仕事中に、いいんですか?」

咲世子「それなりに耐性はあるつもりです。それに、鍛えておりますので」

C.C.「お前もどうだ?」

カレン「昼間っからお酒は呑まない。コーラで十分」

C.C.「ガキだな」

カレン「うっさいわね」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 16:30:29.01 ID:GJKe7TYO0

店員「クリームあんみつのお客様~、お待たせしました~」

咲世子「お待ちしてました、ありがとうございます」

カレン「……なんか、咲世子さんってさ」

咲世子「はい?」

カレン「あんみつとか、和菓子食べる姿がすごく似合ってますよね」

咲世子「あらぁ、お褒めに与り光栄です♪」

C.C.「あんみつにワインの組み合わせも斬新だけどな」

カレン「あんたが飲ませたんでしょうが!」

咲世子「うふふ、仲がよろしい事で」

カレン「だっ!? 誰がこんな女と!!」

C.C.「ふふっ、そうだろ? 義理とはいえ姉妹だからな」

カレン「だーもう、いい加減いいでしょ!! 昔の設定は!!」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 16:55:51.66 ID:GJKe7TYO0

C.C.「ところで聞いてくれ咲世子。カレンの奴な、24にもなってまだ独身どころか処女なんだそうだ」

咲世子「あらまあ、それはそれは」

カレン「ちょっと!! C.C.!?」

C.C.「一時ながら姉をやった者としてはさすがに少々心配でな。お前、どう思う?」

咲世子「私としては……そこまで気にする事でもないかと」

C.C.「ほう? 咲世子は寛大だな」

咲世子「いえ、やはり心から惚れこんだ殿方のために純潔を保つというのもまた、古来よりの日本女性の矜持でもありますから」

咲世子「そう考えればカレンさんはまさに日本女性として、大和撫子として正しい道を歩んでいるかと」

カレン「え? え、えへへ……///」

C.C.「……だから言ってるんだよ。このままだとお前、たぶん一生涯処女だぞ?」

カレン「ぐっ……」

C.C.「素材はいいのに持て余してるも同然だ。相手を見つける事もないまま枯れゆくのが、果たして本望か?」

咲世子「……そうですねぇ。女として生まれた喜びを知らぬうちに散ってしまうのは悲しい事です」

カレン「……だって……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 17:09:06.16 ID:GJKe7TYO0

C.C.「やっぱり、忘れられないか? あいつの事が」

カレン「……」

C.C.「まさか、初恋だったのか?」

咲世子「初恋は実らない……そう言いますからね」

カレン「……あたしは……その……」

ピロリン♪

カレン「? あ、メール……ん?」

ジノ『やあカレン! 今回の俺の冒険譚をお送りするよ!』

ジノ『今回はナイル川をボートで下ってきたんだ。いやーさすが世界最長の川、すっごいなぁ!』

ジノ『もちろん今回も流域周辺で手に入れたお土産があるんだ。ちゃんと贈るから楽しみにしててくれよ!』

ジノ『では引き続き今度はアマゾン川制覇に挑戦してみるよ。それじゃあ、次の冒険譚をお楽しみに! ―END―』

カレン「はぁ……またいつもの報告か。あ、で……なんだったっけ?」

C.C.(この通り、好意にはニブい様子なんだ)ヒソヒソ

咲世子(はぁ……やはりあの方に似ておりますねぇ……)ヒソヒソ

カレン「……ちょっと、何ヒソヒソ話してるの? 感じ悪いわよ」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 17:26:48.33 ID:GJKe7TYO0

C.C.「まあなんだ……いつまでも想い続けるのもいいが、想いとは過ぎると呪縛となるぞ?」

カレン「それくらいわかってるわよ……けど……」

咲世子「ですが、それほど思われるとは幸せ者です。どなたとは言いませんが」

カレン「……あのさ、C.C.」

C.C.「ん?……なんだ」

カレン「今更なんだけどさ……あのとき、酷いこと言って……ごめん」

C.C.「何を謝る事がある。もう時効だよ」

カレン「それでも……ごめん」

C.C.「いいんだよ。もう、済んだ事だ。……言ったろ、お前の勝ちだって」

カレン「違う……だって、あたしは……彼の側には……」

咲世子「カレンさん。もうよいのです」

カレン「……ごめん、ちょっと席外すね」ガタッ

C.C.「トイレか?」

カレン「……そんな、とこ」

C.C.「ああ……急がなくていいからな」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 17:35:27.92 ID:GJKe7TYO0

―――――
―――――――

カレン「……」

カレン「わかってるわよ……もう、終わった恋だって……」

カレン「知らないうちに始まって……気付いたら、終わってた恋だったってくらい……」

カレン「……わかっ、てる……のに……」

カレン「他の人なんて……好きに、なれないよ……」

カレン「だって、今でも……あなたが好きなんだよ……ルルーシュ……」

カレン「うっ、うぅっ……うえぇぇぇ……」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 17:44:20.74 ID:GJKe7TYO0

C.C.「……さて咲世子。どう思う?」

咲世子「厄介ですねぇ。あまりにあのお方の印象が強く焼きついてしまっているようです」

C.C.「だから言ったろ、このままじゃ生涯処女だって。……あいつはカレンの幸せを願ってたというのに」

咲世子「よき殿方が見つかれば一番良いのですが……いささかハードルが高すぎるでしょうか」

C.C.「体力的側面でみればむしろハードルは低いんだけどな」

咲世子「どうしましょう? 色恋沙汰はC.C.様の方が得手ではないですか?」

C.C.「……そうだな。少々リミッターを外してやろうか」スッ

咲世子「なるほど。多少は勢いも必要という事で」

C.C.「そういう事さ……ふふっ、さて。どうなるかな」トクトク…


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:08:27.00 ID:GJKe7TYO0

カレン「……ごめん、お待たせ」テテテッ

C.C.「いや、予想よりは早かったよ」

カレン「ん?……あれ、あたしのコーラ……増えてない?」

C.C.「店員に頼んで足してもらったんだよ。気にするな、これはおごりだ」

咲世子「ええ、話のお供には少々量が少ないと思いましたので」ニッコリ

カレン「……そうなんだ。ありがと」

咲世子「ところでカレンさん。星刻様と天子様の婚礼の儀には出席なさるのですか?」

カレン「え? ああ、招待状なら貰ってますけど……ただ、国家元首の結婚式にあたしが出ていいのかって……」

C.C.「遠慮するような間柄でもないだろう? それに、結婚式のもう一つの顔は出会いの場だ。いい相手が見つかるかもしれんぞ?」

咲世子「私も行くつもりですよ。篠崎流を絶やさぬためにも、お相手は必要ですから」

カレン「うーん……どうしよっかなぁ……」ズズズッ…

カレン「!? ぶふっ、ケホッ、ケホッ……」

C.C.「おや? どうした、カレン?」ニヤニヤ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:20:05.01 ID:GJKe7TYO0

カレン「な、何、このコーラ……変な味する……ハァ、それに……なんか……」

咲世子「あらら、随分効きが早いようで」

カレン「はぁっ、はぁ……ちょっと……一体、何入れたの!?」

C.C.「これだ」つ赤ワイン

カレン「!? お酒!? あ、あんたねぇ……!!」

C.C.「深く考えるなよ。カクテルとでも思えばいい」

カレン「そんなの! な、何考えて……うぅっ」フラッ

C.C.「……もうグロッキーか。こいつ、アルコール耐性低いな」

咲世子「このワインのアルコール度数は……あら、結構高めだったようです」

カレン「はぁ……はぁっ……あ、熱い……」

C.C.「……弱ったな。ここまでとは思わなかった。多少陽気になって一歩踏み出せればと思ったんだが」

咲世子「……店を出て介抱しましょうか?」

C.C.「いや……今出てもマズい気がする。落ち着くまで待とう」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:31:32.75 ID:GJKe7TYO0

カレン「はぁっ……はぁ……」

C.C.「予想以上に酔ってるな……たった一口しか飲んでないのに」

カレン「あつい……体、熱い……」プチップチッ

咲世子「脱いではいけませんカレンさん、他のお客様もいるのです。お水、飲みますか?」

カレン「う、うん……」ゴクッ

カレン「はぁ……はぁ……」

C.C.「……落ち着いたか?」

カレン「……はぁ……」

咲世子「申し訳ありません。余計な真似をしてしまいまして……」

カレン「うっ……うぅっ……」グスッ

C.C.「……カレン? どうした、お前……」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:41:48.11 ID:GJKe7TYO0

カレン「うっく……うえぇぇぇん……C.C.……ごめんね、C.C.……」

C.C.「お、おい……何を謝って」

カレン「わたし……C.C.に嫉妬してた……うらやましかったの、あんたがぁ……」グスグスッ

カレン「だ、だって……あんたは、彼に……ルル―――」

咲世子「あーはいルルさんですね? ルルさんがどうかされましたか?」

C.C.(ナイスだ咲世子! 今の世界、公共の場でルルーシュの名前はタブーだからな)

カレン「――に、必要とされてて……わたし、は……必要とされなくて……」グスッ

カレン「例え、地獄の道でも、一緒に付き添えるあんたが……うら、やましかったのよぉ……うえぇぇ……」グスッグスッ

C.C.「……そうか。わかった、わかったから泣くな」

カレン「ほ、本当は……わたしも、一緒にいたかった……同じもの目指してるって、信じたかったんだよぉ……うぅっ……」グスッ

C.C.(なるほど。普段気丈でいる分、酔っ払うと弱い側面が一気に出るか……泣き上戸とは、これはこれで厄介だな)


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 18:57:32.69 ID:GJKe7TYO0

カレン「わたしね……C.C.、あんたみたいになりたかった……」グスッ

C.C.「……そうか」

カレン「あんたみたいに、いつも彼の隣にいられる人になりたかった……ナナリーみたいに、彼の心を支えられる人になりたかった……」

C.C.「ああ」

カレン「でも、なれなかった……! なれなかったのよぉ……うえぇ……」グスグスッ

カレン「わた、し……C.C.にも、ナナリーにも……シャーリーみたいにも、なれない……!!」

C.C.「……そうだな。お前はカレンであって、私でもナナリーでもない。他の人になんてなれっこない」

C.C.「でもいいんだよ。カレンは、カレンのままで」ナデナデ

カレン「でも……でもぉっ……」ギュッ


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:07:59.19 ID:GJKe7TYO0

カレン「……ねぇ、C.C.……」

C.C.「うん?」

カレン「わたしね……ルルーシュが好き……」

C.C.「……知ってるよ」

カレン「彼が好きで……ずっと好きで……今でも、忘れられなくて……」グスッ

C.C.「……そうか。それほど想われるとは、あいつは幸せ者だな」

カレン「もう逢えないってわかっていても……もう一度、逢いたくて……」

C.C.「……うん」

カレン「いつもね、夢に現れて……笑いかけてくれるのに、目が覚めるといなくって……」グスッ

C.C.「そうか……まったく、残酷だな。あいつは」ナデナデ

カレン「もう一度、もう一度だけでいいの……あの人に、逢いたいんだよぉ……」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 19:58:44.04 ID:GJKe7TYO0

C.C.「……なぁカレン。お前さっき、私になれないって……そう言ったよな」

カレン「……うん……」グスッ

C.C.「私も、お前にはなれない。私だけじゃないさ。咲世子も、ナナリーも、シャーリーだって、お前みたいにはなれない」

C.C.「私達が出来たのは、あいつが選んだ道に付き添うだけ。あいつが道を外したときに、あいつを引っ叩いてやる事なんて出来ない」

咲世子「はい」ニッコリ

C.C.「あいつを引っ叩けたお前は、それだけあいつを真正面から見れたという事だよ。……誇りに思っていい」ナデナデ

C.C.「だから言ったんだよ。あの時、お前の勝ちだって……戦いだけじゃない、一人の女としてな」

カレン「それ、でも……わたし、求められることも……止めることだって、出来なかった……」グスグスッ

C.C.「……いいや。あいつはお前を求めてたよ……きっと、誰よりもな」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:12:40.48 ID:GJKe7TYO0

C.C.「昔言わなかったか? 『あいつは、最も大事な女を遠ざける』って」

カレン「……うん」

C.C.「あいつが計画を決意したとき、既にナナリーはいないものと思ってた。そしてあいつは、お前を巻き込まないことを決めたんだ」

C.C.「少なくともあのとき……お前はあいつにとって、一番大事な女になっていたのさ」

カレン「……そう、かなぁ……」グスッ

C.C.「そうさ。……いや、むしろもっと前から大事だったのかもな」

C.C.「あいつ、守りたいものを遠ざける割にはな? 信じた者や、自分をわかってくれる者は手の届くところに置きたがるクセがあるんだよ……矛盾だろ?」

C.C.「それが私であり、ナナリーであり、枢木であり……そして、お前だ」

C.C.「かつて親衛隊長に選んだのも、紅蓮を託したのも、全てそういった理由かも知れないな……まったく、不器用な坊やだよ」

カレン「バカだよ……そん、なの……う、うぅっ……」

C.C.「だからさ……誇れ。あいつをそれだけ想って、あいつに想われたことをさ」ナデナデ


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:26:40.72 ID:GJKe7TYO0

カレン「ねぇ……C.C.は、彼のこと……好き?」

C.C.「……ああ。好きだよ」

カレン「彼と……寝たの?」グスッ

C.C.「……カレン。いい事を教えてやろうか」

カレン「うん?」

C.C.「私は確かにあいつのベッドで寝た事はある。というか、あいつのベッドは私が占拠してた」

咲世子「道理でベッドに長い髪が散乱していたわけです」

C.C.「だがお前が言ったような意味で寝たことは、一度もないよ。最後まで、貞淑だった」

C.C.「あいつは悪名にまみれながらも、自分の筋と貞操は貫き通した。綺麗な体のまま逝ったよ」

カレン「嘘……つかない?」グスグスッ

C.C.「悪い冗談は嫌いなんだよ。……信じられないか?」

カレン「……ううん」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:38:22.55 ID:GJKe7TYO0

カレン「ごめんね……疑ったり、八つ当たっちゃって……ごめんね……」

C.C.「謝るな。……謝るのは私の方だ。あいつに遠ざける生き方を教えたのは、私だからな」

カレン「それでも……ごめん……ね……」

C.C.「まったく……だが、あいつのことを想うならなおさらだ。誰か見つけて、幸せになって……空の上に、笑顔を見せてやれ」

カレン「無理……だよぉ……好きすぎて……他の人、好きに……なれないのぉ……」グスッ

カレン「だから……もう一度だけで、いい、から……逢い、た……ぃ……」

C.C.「……カレン?」

カレン「すー……すー……」zzz

咲世子「……眠ってしまわれましたね。酔いに加え、泣き疲れたのでしょう」

C.C.「……そうか。やれやれ、見た目は立派になっても、心の中は子供のままみたいだな」


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 20:51:53.09 ID:GJKe7TYO0

C.C.「これだけ想ってくれる女をほっぽってあんな事しでかすとは……まったく、酷い男と思わないか? なぁ咲世子」

咲世子「そうですね……あの方最大のミスかと思います」

C.C.「この国の歌にもあったよなぁ。確か、ウサギは……」

咲世子「寂しすぎると死んでしまうんですよね」

C.C.「ああ……だが、死なせるわけにはいかないよな?」

咲世子「もちろんです」

C.C.「よし、とにかく店を出るぞ。咲世子、カレンを担いでやれ」

咲世子「心得ました。……さて、平行して」ピピピッ

C.C.「おい、会計頼む。……ああ、あとテイクアウトでこれこれこのピザ、合計5枚。悪いが急ぎで頼む」

店員「あ、ありがとうございます……」

咲世子「もしもし、カレンさんのお母様ですか? 私、篠崎咲世子と申します。突然申し訳ありませんが、ご息女の事で――」

C.C.「大荷物のところ悪いな、咲世子。土産物で手が塞がってしまった……きついか?」

咲世子「いえ、まったく問題ありません」


234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:06:46.66 ID:GJKe7TYO0

―――
――――――
―――――――――

カレン「……ん……」

咲世子「お目覚めですか?」

カレン「あれ……わた、し……」ボーッ…

C.C.「おはようカレン。……おはようといっても、もう夜だけどな」

カレン「……C.C.? あれっ……ここ、ファミレスの中じゃ……痛っ!?」ズキッ

咲世子「無理をなさらず。さぁ、お水をどうぞ」スッ

カレン「あ、ども……何? どこよ、ここ? なんか、頭ガンガンする……」

咲世子「ここは今の私の奉公先です」

カレン「奉公先って……何が、どうなって……」ゴクッ

咲世子「店内で酔って寝てしまわれて、そのままにするわけにもいきませんのでご案内させて頂きました」

咲世子「このたびは申し訳ありません。ほんの悪戯心だったのですが、あんな事になるとは夢にも思わず」ペコリ

C.C.「まぁなんだ、悪く思うな。お前がああも酒に弱いとは思わなかったんだ」

カレン「~~~……カッコ悪いトコ見られたってわけね……」ブスッ


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:41:44.14 ID:GJKe7TYO0

カレン「ごめんなさい、咲世子さん。もう大丈夫だから……」

咲世子「いいえ、元はこちらが原因ですから。ご迷惑代わりに、ご夕食をご馳走させて頂きます」

カレン「いえ、でもお母さんも待ってるし……明日、仕事早いし」

咲世子「それでしたらご心配なく。お母様にもラクシャータ博士にも、すでに連絡は差し上げております」

カレン「仕事はやっ」

C.C.「というわけでカレン、起きられるなら起きろ。夕食にするぞ」

カレン「……なんであんたが仕切るわけ?」

C.C.「私がC.C.だからさ。咲世子、問題あるか?」

咲世子「いえ、まったく問題ありません」

カレン「……それじゃあ、お呼ばれになります……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:46:22.02 ID:GJKe7TYO0

――――――
――――
――

咲世子「お待たせしました。本日のメニューはこちらになります」ズラリッ

カレン「うわ、すっごい豪華……こんなの久しく見てないかも」

咲世子「全力を出させていただきました」

C.C.「咲世子、チーズフォンデュは?」

咲世子「こちらに」ゴトンッ

カレン「あんだけピザ食べてまたチーズ?」

C.C.「そしてまたピザも食べる」ガサッ

カレン「まだ食うか! っていうかそれ……」

C.C.「さっきの店のテイクアウトだ。ピザは別腹だろ?」ムシャムシャ

カレン「あんただけよ、そんなの」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:50:28.03 ID:GJKe7TYO0

カレン「うん、すっごい美味しい! 咲世子さんって、本当に何でも出来るんですね」モグモグ

咲世子「いえ、まだ修行不足です。さすがに分身や気孔波などは出来ませんし」

C.C.「出来たら人間辞めているよ、それは」

カレン「あ、あはは……」

咲世子「うふふっ」

カレン「……」

C.C.「……」

カレン「あの、咲世子さん?」

咲世子「はい?」

カレン「さっきから、他の人の姿が見えませんけど……今の、奉公主って……誰なんですか?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 21:55:12.82 ID:GJKe7TYO0

C.C.「……まぁ、気になるよなぁ? そこは」

咲世子「仕方のない事ですね」

カレン「もったいつけないで教えて。……誰なの? あたしの知ってる人?」

咲世子「……そうですね……」チラッ

C.C.「……ああ」ムシャッ

カレン「……C.C.も、知ってるんだ……あたしの、知らないこと……」

咲世子「申し訳ありません。決してカレンさんを仲間はずれにというわけでないということは明言させて頂きます」

C.C.「ここの場所は世間には知らせてないんでな。情報漏洩を食い止めるには仕方がなかった」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:00:40.00 ID:GJKe7TYO0

カレン「情報漏洩って……まさか!?」

咲世子「……」

C.C.「……そりゃあ、気付くよなぁ。流石に……」

カレン「……あの計画の事で、まだ何かあったの!?」

咲世子「」

C.C.「……ニブいのもここまでいくとわざとらしいぞ。もう気付いてるんじゃないのか?」

カレン「えっ?」

C.C.「教えてやれ、咲世子」

咲世子「はい。我が主は変わらず……ルルーシュ様です」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:07:04.24 ID:GJKe7TYO0

カレン「……嘘よ」

咲世子「本当です」

カレン「嘘っ!!」

C.C.「咲世子が嘘をつくと思うのか?」

カレン「思わない……けど、でも!! 彼は6年前のあの日……し、死んだじゃない……」

C.C.「……」

カレン「あたしの目の前で、『ゼロ』に……胸を貫かれて、血をいっぱい流して、死んだじゃない!!」

咲世子「……」

カレン「生きてるはずない! ないのよ……だって……」

C.C.「落ち着け、カレン」

カレン「どう落ち着けっていうの!? なによ……また、あたしを騙してたっていうの!?」

C.C.「いいから聞け。……お待ちかね、タネ明かしの時間だ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:14:47.58 ID:GJKe7TYO0

C.C.「事の始まりは6年前のあの日、ゼロ・レクイエムの成就の瞬間まで遡る」

カレン「……ルルーシュが、死んだ日……」

C.C.「あの日、ルルーシュの胸を貫いた『ゼロ』……だが、情を消しきれなかったんだろうなぁ。狙いが僅かに逸れ、急所を外してしまったんだ」

カレン「……」

C.C.「なぜかはわかるな?……さすがに、今のゼロの正体ぐらい気付いてるんだろ?」

カレン「今のゼロは、スザク……」

C.C.「そうだ。あいつに残っていた情が、計画最後の最後でイレギュラーになってしまった」

C.C.「そして時を同じくして、全てに気付いた者がいる……それがナナリーだ」

カレン「!! じゃあ……」

C.C.「ああ。まだ僅かに息のあったルルーシュの延命を、ナナリーが望んだんだよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:26:40.31 ID:GJKe7TYO0

C.C.「ナナリーの願いに、スザクは応えないわけにはいかなかった。あいつもナイトオブセブンとしてナナリーの近くにいたからな、その望みの本質を知らないわけはない」

咲世子「そして私達は瀕死のルルーシュ様をお運びし、緊急手術を行ったわけです」

C.C.「急所を逸れたとはいえ、心肺機能へのダメージは甚大だった。急を要した私達は……ラクシャータに助力を乞うた」

カレン「!? ラクシャータさんも噛んでたっていうの!?」

C.C.「あいつは医療サイバネティクスの権威だからな。緊急用の人工心肺と、そのノウハウを教えてもらったよ」

咲世子「治療には長い時間を要しました。なかなか意識がお戻りにならず……目覚めたのは、3年前です」

カレン「……でも、ナナリーもラクシャータさんも……ロイドさん達だって、一言も……」

C.C.「考えてもみろ。ナナリーは今や共和制となったブリタニアの元首だぞ? それとゼロが組んで、時の悪逆皇帝蘇生を行っていると知れたら……」

咲世子「積み上げたものが全て無に帰してしまう。そのため、関わった我々は口を噤むしかなかったのです」

C.C.「お前が、愛するルルーシュに対する罵倒に耐えて生きているのと同じ……そう思ってほしい」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 22:42:39.09 ID:GJKe7TYO0

C.C.「目覚めてからのあいつの焦燥ぶりは見ものだったよ。『イレギュラーにも程がある』『これでは計画が台無しだ』なんて、随分取り乱してたよ」

咲世子「なかなか食事もお摂りにならず……仕方がないので、拘束して点滴を打たせて頂いた事もあります」

カレン「そんな……」

C.C.「そんなあいつを生かしたのは……もちろん、ナナリーとスザクだな」

咲世子「ナナリー様の切な願い出の前に、とうとうルルーシュ様も折れました」

C.C.「そしてスザクと話し合い、あいつはもう一人のゼロとして、影から世界を正すことを決めたんだよ」

カレン「もう一人の……ゼロ……」

C.C.「あいつは少しずつリハビリをしながら、裏の情報関連の仕事を一手に引き受けていたんだ」

咲世子「ただし、この敷地……屋敷の外へは一切お出になっておりません。御自身は日の当たる場所に出てはならないと譲らないのです」

C.C.「ふふ……頑固だろう? あいつなりの責任の取り方だそうだ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:23:34.68 ID:GJKe7TYO0

C.C.「さて、そして私は電子情報だけではわからない生の情報を得るため……目として世界を旅してたってわけさ。納得したか?」

カレン「……バカじゃないの……」

C.C.「ああ、バカだよ。大バカさ……けどな、カレン」

C.C.「お前は、そんな頑固で、イレギュラーに弱くて、ヘタレで、器用なくせに不器用で……でも、変なところで優しい。そんなあいつに惚れたんだろ?」

カレン「……そうよ……だから……どうして、何も教えてくれなかったのよ! あたしだって……」

咲世子「先ほど申し上げた通りです。世界の混乱を防ぐため……何より、ルルーシュ様がそう望まれたので」

カレン「どうして!!」

C.C.「あいつはお前達が幸せに暮らせる世界を願った。そんな世界に、自分はノイズにすぎない……計画の前から、そう思ってたそうだ」

カレン「ノイズって……」

C.C.「あいつはいくつも大切なものを失ってきた。……失い続けた。自分では、生きて誰かを幸せになど出来ない……そう思ったのかもな」

咲世子「幸せになってほしい方には、自分が関わるべきではない。それが、ルルーシュ様の結論だそうです」

C.C.「ラクシャータに口止めしたのもそのためだ。……私達が話せるのは、このくらいだよ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:33:24.77 ID:GJKe7TYO0

カレン「……咲世子さん。今回の事に関わってるのって、全部で何人?」

咲世子「私にC.C.様、ナナリー様にスザ……いえ、ゼロ様。ロイド博士にセシル女史。ラクシャータ博士とニーナさん」

咲世子「そしてジェレミア卿……もしやすると、アーニャさんも知ってらっしゃるかもしれませんね」

C.C.「まぁアーニャはな……オレンジ君にべったりだから、あいつが口止めすれば遵守するだろうさ」

C.C.「知ったところでどうするつもりだ? 殴ったところで解決する問題でもないだろ」

カレン「それでも、爪弾きにしてくれたのはムカつくもの。落とし前ぐらいつけさせてもらうわ」

咲世子「話し合いで解決されるべきでは……とはいえ、電話は通話記録が残りますのでおやめ下さいね」

カレン「そうね、今度有給でも貰って落とし前ツアーとしゃれこむわ」

C.C.「元気のいい事だ……ところで、カレン」

カレン「何よ」

C.C.「お前の選ぶ道は二つある。一つはルルーシュの意思を尊重し、あいつへの想いを胸に平和を謳歌する事」

C.C.「もう一つは、想いのままに、玉砕覚悟で茨の道を切り拓くことだ……さぁ、お前はどうする?」

カレン「……あたしは……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:40:26.31 ID:GJKe7TYO0

―――――――――
――――――
―――

―地下にあるルルーシュ専用CIC―

ルルーシュ「……カレンは帰ったか……」

ルルーシュ「それでいい……咲世子達が連れて来たと聞いた時は冷や冷やしたが、君はもう……俺に関わるべきじゃない」

ルルーシュ「口止めにはラクシャータも協力してくれるだろう……もっとも、カレンが情報を漏らすとも思えないが」

ルルーシュ「……幸せにな、カレン。君には……いつか、ふさわしい相手が……」

ピピッ

ルルーシュ「ん?……咲世子にC.C.か」

C.C.『ルルーシュ、待たせたな』

咲世子『ルルーシュ様、お食事をお持ちしました。入ってもよろしいですか?』

ルルーシュ「ああ。今ロックを外す」(ピッ)

ルルーシュ「……よし、入ってくれ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/13(金) 23:51:12.65 ID:GJKe7TYO0

ガシュ-ッ

C.C.「よう。ちょっと見ない間にやつれて……は、ないようだな」

ルルーシュ「ふん……やるべき事があるんだ。もう命を捨てるわけにもいかないんだろう?」ギシッ

C.C.「……足はまだ動かないか。辛いか? 車椅子生活は」

ルルーシュ「これも報いだよ……だが、ナナリーはずっとこんな生活に耐えてきたんだ。ならば俺が弱音を吐くわけにもいくまい」

咲世子「……」

ルルーシュ「なんだ咲世子……お前はもう見慣れたものだろう?」

ルルーシュ「待ってくれ、今そっちに――」ウィィン

咲世子「……」グッ

バサァッ! ベリベリッ…

カレン「……久しぶりね。ルルーシュ」

ルルーシュ「なぁっ!? ば、バカな……なぜカレンがここに!?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 00:02:27.02 ID:GJKe7TYO0

C.C.「くっ、ぷくくっ! どうした、頓狂な声を上げて?」

ルルーシュ「だ、黙れ!! なんだこれは、確かにカレンはさっき……」

カレン「監視カメラで帰るトコ見てたでしょ? あれが咲世子さんよ」

C.C.「敷地内は全面的に監視されている……だが僅かながら、それが届かない場所がある」

C.C.「それが浴室と女子更衣室。ウブなお前は紳士がノゾキをしては云々といってそこにはカメラを設置しなかったんだよなぁ?」

カレン「それでシャワー浴びるフリして咲世子さんがあたしに、あたしが咲世子さんに変装したの。背格好も近いから割とすんなりイケたわ」

C.C.「割とチープな手だが、お前の純情さが仇になったな? それとも、咲世子に変装するマスクまでは思い浮かばなかったか?」

ルルーシュ「ぐ……うぐっ、お前達、俺を騙したのか!!」

カレン「騙したのはそっちでしょ!! 生きてるなら生きてるって言いなさいよ、この頭でっかちの大バカモヤシ!!」

ルルーシュ「も、モヤシ!?」

C.C.「少なくとも今は否定できないだろ? かつてに輪をかけて体力ないんだから」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 00:19:54.11 ID:Ss53w9rH0

カレン「監視で知ってるとは思うけど、全部聞かせてもらったわ」

ルルーシュ「ぐ……うぅ……」タジッ

カレン「あのときは最後の最後で気付いたけど、今にして見てもとんでもないバカな計画ぶち上げてくれたものよ」

カレン「確かに平和にはなったかもしれない。けどね……こっちがどれだけ辛かったと思ってるのよ」

ルルーシュ「……他に方法はなかった!! 世界の混乱を鎮めるには、俺自身を人柱とするしか――」

カレン「それが思い上がりだっていうのよ!! 一人で全部背負って、みんな敵に回して……全部自分から捨て去って!!」

ルルーシュ「しかし!! 俺が起こした混乱なんだ、俺がけじめをつけるのが筋だろう!!」

カレン「そうね、その精神は買うわ。けどやっぱり、冷静に考えれば酷いものよ。決して褒められたものじゃあないわ」

ルルーシュ「う……ぐ、く……」

カレン「かろうじて生き残ったら残ったで……こんな……こんな姿になっちゃって……」

ルルーシュ「……これが……これもまた、俺の業なんだ……」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 00:29:19.66 ID:Ss53w9rH0

ルルーシュ「……だがカレン、君は帰るべきだ。俺に関わっても、もう……」

カレン「……イヤよ」

ルルーシュ「バカを言うな!! 俺は君のために言って――」

カレン「お断り!!」

C.C.「諦めろ、ルルーシュ。こいつの意思の固さはお前が一番よく知ってるだろう?」

ルルーシュ「しかし!!」

カレン「うるっさい!! しかしもカカシもないの!!」

カレン「何よ、自分じゃ誰かを幸せにできないって!! 誰が決めたってのよ、そんな事!!」

ルルーシュ「俺はただ、事実を言って――」

カレン「言い訳なんて聞かない。いいからあたしの話を聞きなさい!!」

ルルーシュ「ぐっ……は、はい……」

C.C.(くくっ……情けない奴)プークスクス


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 00:40:46.15 ID:Ss53w9rH0

カレン「……ルルーシュ。面と向かって言うのは初めてだけど……あたし、あなたが好きなの」

ルルーシュ「……ああ」

カレン「学園でキスした時の事、覚えてる? あの時は決別する意味でキスしたけど……そのときに、気付いたの。どうしようもなくあなたが好きだって」

ルルーシュ「ああ……」

カレン「あなたの目が、もう道が交わらないって語ってて……諦めるしかなくって。それで、あなたの非道を止めたくて、必死に闘って……」

カレン「あなたがスザクに刺されたとき、悲しくて、後悔して……決意を、無駄にしたくなくって……真実は、胸に伏せて……ずっと生きてきた」

カレン「でもね……今でもあなたが好きなの。好きすぎて、他の人なんて好きになれないのよ!!」

ルルーシュ「今いないだけだろ!? いずれ、きっと素敵な人が……」

カレン「いいえ、ないわ!! 断言する。あたしはこの先、あなた以上に誰かを愛するなんて出来ない」

カレン「だからさ、あたしの心を奪った責任、取りなさいよね」

ルルーシュ「せ、責任……? 何を言って……」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 00:49:07.13 ID:Ss53w9rH0

カレン「いつか夢に出たあなたが言ってたの。『何も諦める事はない。君は望むものを全て手に入れればいい』って」

ルルーシュ「……なら、なおさら―――」

カレン「でもね、たった一つだけ手に入らないと思ってた……もう手に入れる事は出来ないって、諦めてたわ」

カレン「それが手に入るチャンスを掴んだんだもの、あたしはもう諦めない!!」

C.C.「……」ニヤニヤ

カレン「だから言わせてもらうわ……あたしは――」

カレン「紅月カレンは、ルルーシュ……あなたを手に入れる!!」

ルルーシュ「……はぁっ!?」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:03:49.39 ID:Ss53w9rH0

カレン「あなたが足を失ってるなら、あたしが支える足になる!!」

ルルーシュ「いやカレン、何を言って――」

カレン「あなたが寒いと思うなら、あたしがこの体であっためる!!」

ルルーシュ「待てカレン、落ち着――」

カレン「あなたがあたしを幸せに出来ないなんて嘆くなら……あたしが、あなたを幸せにしてやる!!」

ルルーシュ「……あ……」

カレン「だから……代わりにあたしの人生をあげるから、あたしのものになってよ///」

ルルーシュ「……」

カレン「……もう言い訳なんて聞かないわ。あたしがあなたを幸せにしてあげる……だから、覚悟しなさい」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:13:34.01 ID:Ss53w9rH0

C.C.「くっ、くくくっ……」

ルルーシュ「まったく、強引すぎる……」

C.C.「流石だよカレン……愛の告白からそのままプロポーズなんてなぁ」

ルルーシュ「ショートカットなんてもんじゃない……だいたい、そんなのはむしろ男の言うべき台詞じゃないのか」

カレン「あんたがいつまでも女々しくしてるからいけないのよ……で、どうなの?」

ルルーシュ「どうって」

カレン「だから……その、返事……」モジモジ

ルルーシュ「言い訳は聞かないんじゃなかったのか?」

カレン「返事を聞かないとは言ってない!!」

ルルーシュ「屁理屈だな」

カレン「あ、あんたほどじゃ……」

ルルーシュ「……はいはい」クスッ


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:28:49.95 ID:Ss53w9rH0

C.C.「で、どうするんだルルーシュ? 断れる空気でもなさげだが」

ルルーシュ「ふん……まったく、今日はイレギュラーばかりが起きる……」

カレン「じゃあ、そのイレギュラーにどう対応してくれるわけ?」

ルルーシュ「……よし。ならば、先程の言葉を挑戦状と受け取ろう」

カレン「……え?」

ルルーシュ「カレン。俺を幸せにすると言ったが……その言葉に二言はないんだな?」

カレン「……そうよ。たとえ難しかろうと、やり遂げてやるわ」

ルルーシュ「フッ、いいだろう……ならば、全力で俺を幸せにしてみろ。出来るものならな!!」

ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる……カレン、俺のものになれ!!///」バッ!

カレン「!!……うんっ!! 絶対に、幸せにしてあげるから!!」ウルッ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:37:30.44 ID:Ss53w9rH0

C.C.「ふふっ……かれこれ6年、いや7年か? まったく、永かったな」

ルルーシュ「ふん……ただし、一筋縄でいく事はないだろう。カレン、覚悟しておけ」

カレン「誰に向かって言ってるのよ、この、モ、モヤシ……男……」グスッ

ルルーシュ(……相変わらず、強気な割には涙脆い……)

カレン「……リハビリ、あたしも手伝うから。通いでも、時間作って必ず来るから」

ルルーシュ「……ああ。ただし、無理はするなよ」

カレン「しないわよ……今までの方が、ずっと無理してたんだから」

C.C.「時にルルーシュ。三番目の足は動くのか?」

ルルーシュ「……は? 三番目?」

C.C.「これだ」ニギッ

ルルーシュ「ほわぁっ!? ど、どこを触って……」

C.C.「ふむ……ココは回復が早いようだな。ふふっ、さすがはシャルルの血だ」

ルルーシュ「……C.C.ウゥゥゥゥーーーッ!!!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:46:14.59 ID:Ss53w9rH0

C.C.「気をつけろよ、カレン。私の予想だと、夜のルルーシュはきっと暴君だぞ?」

カレン「暴君って、何……」

C.C.「撃墜されても知らないぞって事さ」

ルルーシュ「待てC.C.、俺の体力でカレンに勝てると思うのか!!」

C.C.「心配不要だ。かつてシャルルもそうだったんだ……多分だが、一度経験さえすれば覚醒するタイプだろ、お前」

ルルーシュ「しっ……知るものか、そんなもの!!」

C.C.「ふふっ!! まぁ、真相は今夜ってところだな。頑張れよ?」

カレン「ルルーシュ……あ、あたし……頑張るから!!///」

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(覚醒って……いったいどうなってしまうんだ……俺は……)


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 01:54:24.40 ID:Ss53w9rH0

―そんなこんなで夜、寝室―

カレン「……はい、清拭……終わったわよ」

ルルーシュ「すまないな。俺の足が動かないばっかりに……」

カレン「気にしないで。好きで、やったことだから……」

ルルーシュ「ああ……」

カレン「……///」

ルルーシュ「……///」

ルル・カレン「「あのっ!!」」

カレン「あっ……ごめんなさい」

ルルーシュ「いや……その、先に言ってくれ」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:02:16.65 ID:Ss53w9rH0

カレン「あのね……こ、この歳でちょっと……恥ずかしいかもしれないんだけど」

ルルーシュ「……うん?」

カレン「わたし……その、こういう事……は、初めて……なの……」

ルルーシュ「……そうか」

カレン「だから、なんていうか……あんまり、巧く、出来ないかもしれない……けど……」

ルルーシュ「……俺もだ」

ルルーシュ「俺も……その、初めてっていうか……ど、童貞で……///」

カレン「うん……そう、聞いた……」

ルルーシュ「それに、俺……足がこんな状態だから、その……任せる形になると思う……だから、その」

ルルーシュ「……やさしく、してください……」

カレン「……がんばる……だから、その……よろしく、お願いします……」

ルルーシュ「……こちらこそ……けど、せめて……キスくらい、こっちからさせてくれないか……?」

カレン「……はい……///」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:13:03.11 ID:Ss53w9rH0

ルルーシュ「じゃあ……んっ」チュッ

カレン「んっ……ぅん……」

ルルーシュ「……自発的にキスするのも、カレンが初めてだな……」

カレン「そう、なんだ……///」



カレン「ん……はぁっ……」

ルルーシュ「ふぅ……ぅ、ん……」チュッチュウッ…

カレン「や、だめ……そこばかり舐め、ちゃ……ぁ……!!」

ルルーシュ「じゃあ、どこを舐めればいいんだ……? 教えて……」

カレン「ば、かぁ……っ……あ……!」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:21:59.82 ID:Ss53w9rH0

ルルーシュ「はぁっ……ここが、カレンの……大事な……」ドキドキ

カレン「あぁ、すごい……こんな大きくなるんだ……はぁ……」ドキドキ

ルルーシュ「……ここに、俺のが……」スッ

カレン「!? ひゃぁっ!? な、何、して……」

ルルーシュ「あ……もしかして、痛かったか!? その、すまない……」

カレン「……うぅん、大丈夫……でも……わたしも」チロッ

ルルーシュ「!? おぁあっ!?」ビクッ!

カレン「ふふ……お返し」

ルルーシュ「なら、こっちだって……」

カレン「……あっ!? ぁ……ふぁあ……っ……」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:31:18.21 ID:Ss53w9rH0

カレン「はぁ……ぁ……ルル……シュ……わたし、もう……変……」

ルルーシュ「ああ……俺も、痛いくらいだ……」

カレン「じゃあ……その……」

ルルーシュ「……うん……もう、カレンが欲しい……」

カレン「……それじゃあ……ぇと……ここに……こう、して……」スッ

ルルーシュ「ぁあ……こ、こんな……これが、女の、感触……」

カレン「――っ!! い、痛……ぁ……っ」ビクッ!

ルルーシュ「はぁーっ、はぁーっ……だ、大丈夫か?」

カレン「~~~!!……ふぅ……ぅぅ……」ビクッビクッ

ルルーシュ「やっぱり、その……やめようか?」

カレン「……うぅん、大丈夫……はぁ、思ってたよりは……痛くないから……」ニコッ

ルルーシュ「そうか……でも、無理はするなよ?」ハァハァ

カレン「うん……これで、お互い……大人に、なったね……///」ハァハァ


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:42:18.77 ID:Ss53w9rH0

カレン「じゃあ……動く、よ……? はぁ……」

ルルーシュ「ああ……ゆっくりでいいから……」

カレン「ふぅ……ぅん……っ……ぇっ!?」

ルルーシュ「はっ……ああ……ぁ、あっ?!」

ルル・カレン「「―――!!」」ビクンッ!

カレン「……っ……はっ……い、今の……なに……」ビクビクッ

ルルーシュ「はぁーっ、はぁーっ……こんな、簡単に……」ビクッ

カレン「はぁ……るるぅ……しゅ……きもち、いぃ……?」トロン…

ルルーシュ「ぅ……ああ、でも……」

カレン「……まだ、大きいまま……」

ルルーシュ「はぁ……全然、足りない……もっと、もっとカレンが欲しい……」ギンッ

カレン「ぁぁ……うん……いい、よ……もっと、いっぱい……いっぱい、しよ……?」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 02:52:00.22 ID:Ss53w9rH0

カレン「ぁ……はぁ、ぅ……うぅん……」ギシッ

ルルーシュ「ふぅ……はぁ、ああっ……」

カレン「……ゃ……う、ぁはっ……! あ、ひゃぁ……!!」

ルルーシュ「くっ……は、はぁ……うっ、くぅっ!!」ビクッ!

カレン「ぅん……ふ、ぁあ……ルル……シュ……だい、すき……」ギュウッ

ルルーシュ「カレン……もっと……もっと……ぉっ!!」ガシッ!

カレン「えっ……っ!? ひゃ、ぅうあぁ……っ!!」

カレン「―――!!~~~ッ!!!」

カレン「……っ……ぁ……」
―――――――――――
―――――――
―――


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:03:45.60 ID:Ss53w9rH0

―――
―――――
―――――――ー

チュン…チュンチュン…

カレン「……ん……」

ルルーシュ「……おはよう、カレン」

カレン「あ、ルルーシュ……おは、よう……」ポーッ

ルルーシュ「寝癖がすごいぞ。ほら、シャワー浴びてくるといい」

カレン「うん……ひゃっ!?」ガクッ

ルルーシュ「どうした!?」

カレン「あ……腰が、その」

ルルーシュ「……昨夜、さすがに頑張りすぎてしまったか?」

カレン「……///」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:15:48.00 ID:Ss53w9rH0

カレン「……あんなに激しいなんて、思わなかった……」

ルルーシュ「ごめんな。その……初めてなのに、無理させて」

カレン「……いいの。少し痛かったけど……なんか、凄かったし///」

ルルーシュ「あ、そうか……俺も、こう……凄く、よかった……」

カレン「……でもねルルーシュ。一つ言っておくわ」

ルルーシュ「ん?」

カレン「……あなたと結ばれて、わたし……今、すっごく幸せよ?」

ルルーシュ「!……ふっ、そうか」

カレン「うん。あなたは、ちゃんと誰かを幸せに出来る人だよ……///」

ルルーシュ「……君のおかげだ。ありがとう……カレン」チュッ


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:25:02.14 ID:Ss53w9rH0

―その頃のCIC―

C.C.「どうだ? 録画と編集状況は」

咲世子「完璧です。いい画が録れました」ピッ

C.C.「これでルルーシュももう坊やを卒業か……幼き頃より知ってる身としては、感慨深いよ」シミジミ

咲世子「あら、母親の心境ですか?」

C.C.「似たようなものかな。ちゃんとプロテクトをかけておけよ、永久保存版にしよう」

咲世子「そうですねぇ。いつの時代も記念は取っておくものですから」

C.C.「よし、じゃあ保存用と観賞用に急いでコピー取ろう」

咲世子「お任せください」カタカタカタッ


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:33:49.90 ID:Ss53w9rH0

~数年後~

ナナリー「……ふぅ。これで残務もだいたい終わりましたね」ドサッ

ゼロ「お疲れ様、ナナリー。何か飲み物でも飲むかい?」

ナナリー「いえ、大丈夫です。……それより、私達しかいないのですし……仮面、外してもいいんですよ?」

ゼロ「そうもいかないよ。僕は存在しない人間だ。だから、存在を示すこの記号は外せない」

ナナリー「頑固ですね。お兄様みたいです」

ゼロ「僕は彼とは別物だよ。もうその辺はわかってるだろ」

ナナリー「うふふっ……はい」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:40:22.24 ID:Ss53w9rH0

ナナリー「ところでスザ……」

ゼロ「違う、間違っているよ。僕はゼロで、それ以上でも以下でもない」

ナナリー「……ゼロ。こんなフォトメールが送られてきたんですけど」

ゼロ「誰からだい?」

ナナリー「咲世子さんから。ほら、見て下さい」

ゼロ「!!……へぇ、子供かぁ……」

ナナリー「先日産まれたそうです。お兄様とカレンさんの赤ちゃん♪」

ゼロ「そうか~……ちゃんと、生きてる意味を見出せたんだね」

ナナリー「よかったです……お兄様が生きて、こうして笑ってくれる……こんなに嬉しい事はありません」

ゼロ「……そういえば、明日はスケジュールに空きがあるね」

ナナリー「だったら、会いに行きたいです!!」

ゼロ「言うと思ったよ。すぐに準備を進める」

ナナリー「お願いします」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 03:58:24.07 ID:Ss53w9rH0

ナナリー「……ねぇ、ゼロ」

ゼロ「なんだい?」

ナナリー「未来を創っていくって、とても楽しい事ですね」

ゼロ「……うん」

ナナリー「よろしければ……私達も、作ります? 未来」

ゼロ「ぶふっ!! な、ナナリー!? 本気で言ってるのかい!?」

ナナリー「ふふっ……冗談です♪」

ゼロ「……そっか。そうだよね」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/14(土) 04:06:30.41 ID:Ss53w9rH0

―ルルーシュ達の邸宅―

ルルーシュ「なんだかんだで、俺が父親になるなんて……あの頃は考えもしなかったな」

カレン「まだ実感ない? パ~パ」

ルルーシュ「いや、自覚ぐらいあるさ。この子は俺が、必ず守ってみせる」

カレン「俺『達が』……でしょ?」

ルルーシュ「……そうだな。うん、そうだよな」

カレン「……ねぇ、ルルーシュ。訊いていい?」

ルルーシュ「何を?」

カレン「あなたは……今、幸せ?」

ルルーシュ「……答えのわかってる質問なんて、意味がないぞ」クスッ

カレン「いいから、答えてよ」

ルルーシュ「負けを認めるようなのは癪だが……そんなもの、答えは最初から決まっている」スッ

カレン「あっ……」

ルルーシュ「ああ……俺は今、とても幸せだ」チュッ

~おしまい~



元スレ:C.C.「お前まだ独身処女だったのか」カレン(24)「うっさいわね」

他サイト様の最新記事