1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:21:46.77 ID:Al1UWiS90

凛「第2回、渋谷凛のラジオ、Linkが始まるよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:27:35.75 ID:4TtRPytP0

凛「前回はたくさんのお便りありがとう」

凛「おかげで第2回もこうして無事に放送できます」

凛「それじゃさっそく。凛の独り言」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:29:08.53 ID:4TtRPytP0

凛「今日は、私がアイドルになった馴れ初めでも話そうかな」

凛「アイドルになるきっかけは人それぞれだけど…」

凛「私の場合、ちょっとおかしな経緯だね」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:31:46.07 ID:4TtRPytP0

凛「その日、私は町を歩いてた」

凛「学校は午前で終わったから、あてもなくぶらぶらしてたんだ」

凛「朝の占いでさ、運命の出会いがあるよ、なんて」

凛「もちろん信じてなかったけど、気まぐれだよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:36:25.18 ID:4TtRPytP0

凛「人込みの中、色んな人がいて、色んな所に向かってる」

凛「その内、目の前から男の人が歩いてきて」

凛「まっすぐこっちに向かってきたんだ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:38:22.99 ID:4TtRPytP0

凛「端正な人でね、おろしたてのスーツが眩しかった」

凛「100m先から君の事見てたんだ、って言い出すの」

凛「名刺見ながら笑っちゃったよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:40:10.49 ID:4TtRPytP0

凛「取りあえず、アイドルになる気があったらここに来て」

凛「そう言って男の人はまた歩いていった」

凛「まさか、本当に運命の出会いになるなんて、思ってもみなかったな」

凛「次の休日に、事務所へ行ったんだ。なってみたかったから。アイドル」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:42:02.52 ID:4TtRPytP0

凛「事務員さんが出てきてね、かわいい人なんだよ、うちの事務員さん」

凛「早速面接して、プロデューサーが付くんだけど」

凛「これが、私の人生を変えてくれた人なんだ」

凛「私に声をかけてくれた男の人が、プロデューサーだったんだよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:44:54.65 ID:4TtRPytP0

凛「仕事一辺倒かと思ったら、すごく気が利く人でね」

凛「公私の違いが大きくって、別人みたい」

凛「さっきまで大物監督と話してたのに、次の瞬間猫と戯れてたりするからね」

凛「とにかく、とっても変な人」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:49:11.87 ID:4TtRPytP0

凛「最初はそう思ってたんだけどね」

凛「だんだん、内側が見えてくるんだ」

凛「仕事中とプライベートの姿を見比べてみたりするとさ…」

凛「とっても魅力ある人だったんだ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:51:44.73 ID:4TtRPytP0

凛「…ふふ。食事した時、同じ事をプロデューサーに言われたなあ」

凛「お前は魅力あるアイドルだ。声をかけてよかった」

凛「まだまだこれから、だよ。プロデューサー?」

凛「一杯迷惑かけるけど、よろしくね」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:54:14.43 ID:4TtRPytP0

凛「次は凛のアンコールだよ」

凛「2曲目はこれ。TOKIMEKIエスカレート」

凛「もう、曲名からして女の子って感じ」

凛「うちのアイドルの一人、城ヶ崎美嘉の曲だよ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:56:58.31 ID:4TtRPytP0

凛「美嘉は、モデルとしても有名だから、知ってる人は多いよね」

凛「妹さんよりデビューは遅れたけど、可愛いんだ」

凛「小悪魔系っていうのかな。明るくて、大人っぽくて」

凛「でも、実は誰より乙女なんだよね」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 09:58:37.82 ID:4TtRPytP0

凛「この前はね、ファッション雑誌と料理本に囲まれながら唸ってた」

凛「何をしてるのかと思ったら、プロデューサーと買い物に行くんだって」

凛「いつもの私服で良いじゃんって言ったら、いつもと同じじゃ駄目じゃん!」

凛「ってさ。そうだよね、折角のお出掛けはおめかししたいよね」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:03:28.32 ID:4TtRPytP0

凛「そんな彼女にピッタリの曲がTOKIMEKIエスカレート」

凛「恋する女の子の、揺れ動くトキメキを、可愛く歌い上げるよ」

凛「それじゃあ、聴いてみようか」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:06:58.90 ID:4TtRPytP0

凛「…もう女の子全開だよね。私じゃこんな風にはできないな…」

凛「でも、負けられないよ。同じく、アイドルでありライバルだから」

凛「そんな彼女と、今日はお話しようと思ってるんだ」

凛「今回の御花シンデレラ、ゲストは城ヶ崎美嘉。どうぞ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:12:01.57 ID:4TtRPytP0

美嘉「ちょっとちょっと凛!」

凛「…どうしたの?」

美嘉「あんま可愛い可愛い言うのやめようよ…」

凛「事実だからさ」

美嘉「ちょー恥ずかしいじゃん…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:15:41.54 ID:4TtRPytP0

凛「プロデューサーも可愛いっていつも言ってるよ」

美嘉「え、それ本当!?」

凛「本当。私が聞いた限りでは週2回くらいで」

美嘉「へ、へえ~。まあ、伊達にモデルやってないしさ☆」

凛(急に得意げになる美嘉も可愛い)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:18:48.20 ID:4TtRPytP0

美嘉「でもでも、凛だって可愛いじゃん☆」

凛「私が?」

美嘉「ほら、この前なんかさあ…」

凛「…ちょっと待った」

美嘉『に、にょわ~…凛ちゃんだにぃ?』

凛「忘れよう、それは」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:26:52.97 ID:4TtRPytP0

美嘉「あの後、もうきらりがテンション最高だったしさ!」

凛「…悪夢だったよ」

美嘉『にょわー! 凛ちゃんもハピハピすぅ! きらりんぱぅわー☆Ξ』

凛「あの時、杏がたまたま出勤してなかったらと思うと…」

美嘉「まあ、のちに杏は犠牲になったんだけどね☆」

凛「今度、飴でもごちそうしとくよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:29:22.56 ID:4TtRPytP0

美嘉「凛のク―ルな可愛さ…っていうのかな、そーゆーとこ好きだよ☆」

凛「別に、無愛想なだけじゃない?」

美嘉「またまたー。実は内面は乙女チックなんでしょ~?」

凛「わ、私は美嘉じゃないから」

美嘉「そんなこと言ってー。凛はツンデレさんだね☆」

凛「誰がツンデレ…」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:33:09.32 ID:4TtRPytP0

美嘉「プロデューサーに甲斐甲斐しいしさ☆」

凛「プロデューサーが事務所でだらしないだけ」

美嘉『ネクタイ曲がってる。ハンカチ持った? いってらっしゃい。営業、気をつけてね』

凛「……」

美嘉「これもう、お嫁さ…」

凛「無いよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:35:46.02 ID:4TtRPytP0

美嘉「ま、凛がそういうなら、そういうことにしとこうかな☆」

凛「ほんと、無いからね」

美嘉「んじゃ、あたしがもらっても良いよね?」

凛「それは駄目」

美嘉「凛は我がままだなー。妹の莉嘉みたい☆」

凛「子供じゃないから!」

美嘉「あははは!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:50:01.16 ID:4TtRPytP0

凛「…美嘉は小悪魔だよ」

凛「でも、あれですごく女の子らしいから」

凛「…負られないよ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 10:58:05.48 ID:4TtRPytP0

凛「今回からお便りを紹介するよ」

凛「まずはペンネーム、凛ちゃんラブさんから」

凛「ふふ、恥ずかしいな」

凛「凛ちゃんのPの嫌いな物を教えてください、か」

凛「うーん…嫌いな物、か」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:05:12.33 ID:4TtRPytP0

凛「たしか、こんにゃくが嫌いみたい」

凛「なんでだろうね? 別に癖もないんだけど」

凛「感触かな…そりゃ、ぷるぷるしてるけどさ」

凛「不思議な好みもあるよね」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:09:58.67 ID:4TtRPytP0

凛「次のお便りはペンネーム、凛ちゃんの守護神さんから」

凛「あはは、私は結構愛されてるのかな?」

凛「えっと…Pは防御力いくらですか?」

凛「いや、知らないよ…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:13:37.13 ID:4TtRPytP0

凛「結構高いんじゃないかなあ…」

凛「…まあ、ガードはかなり固いけどさ」

凛「うーん、とりあえず999ぐらいにしとこう」

凛「ラスボスぐらいに違いないよ」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:20:09.17 ID:4TtRPytP0

凛「次はペンネーム、蜂の巣さんから」

凛「Pの弱点はどこですか?」

凛「なんでプロデューサーの質問ばかりなんだろう…」

凛「弱点、弱点か…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:25:08.77 ID:4TtRPytP0

凛「多分、無いと思うよ?」

凛「事務所でいろいろされてるけど、簡単には動じないよ」

凛「皆の脇くすぐりも、バナナの皮も効かなかったし」

凛「事務員のちひろさんによると、お酒も強いらしいね」

凛「ほんと、何が弱点なんだろう…」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:29:10.08 ID:4TtRPytP0

凛「…あ。きらりのさ、きらりんぱわー? あれは効いたね」

凛「全力でぶつけた時はしばらく起き上がらなかったんだ」

凛「…これはなんか違うね」

凛「まあ、そのうち誰かが見つけると思うよ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:31:54.97 ID:4TtRPytP0

凛「続いてのお便りはペンネーム、今日は闇夜ですねさんから」

凛「Pの弱点属性はなんですか?」

凛「いやさ、するなとは言わないけど…なんでPの質問ばっかりなの」

凛「しかも弱点属性って…モンスターじゃないんだから」

凛「それでも答えるけど」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:38:48.54 ID:4TtRPytP0

凛「料理は好きで、水泳も人並み、暴風警報無視するし、雷は平気」

凛「牛乳にも氷いれて、芝生で寝っ転がるの好きみたい」

凛「うん、ないんじゃない?」

凛「あ、でも川島さんや和久井さんとかに世話を焼いてるし」

凛「ふふ…年上属性なのかな、プロデューサーは」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:42:57.08 ID:4TtRPytP0

凛「第2回も無事、お終い」

凛「お便りは××まで。プロデューサー以外の質問受付中だよ」

凛「今日も良い1日を」

凛「それじゃ、また」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 11:47:38.00 ID:4TtRPytP0

支援ありがとうございます

次も見かけたらよろしくお願いします



元スレ:凛「ラジオLink、続くよ」

他サイト様の最新記事