1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:06:12.12 ID:hS7xE/Yf0

千早「美希の誕生日とのことですが、私こういうことに慣れていなくて…」

P「うん、それでそれで?」

千早「何をプレゼントしたらいいのかプロデューサーに相談しにきたんです」

P「そっかー」

千早「プロデューサー!ちゃんと話を聞いてください!私は真剣に悩んでいるんです!」

P「うん、どうやって俺の家に侵入したのかな」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:09:03.95 ID:hS7xE/Yf0

千早「そんなことはどうでもいいんです!プロデューサー!」

P「どうでも良くないぞ」

千早「だいたいプロデューサーと一緒に入ったじゃないですか」

P「そんなはずは、帰宅した時は俺一人だったし」

千早「壁づたいにプロデューサーを追いかけていたら入れたんです」

P「ステルスはやめなさい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:15:06.18 ID:hS7xE/Yf0

P「うん、今日は帰ってくれないかな」

千早「そういうわけにも行きません、美希の誕生日に何もしてあげられないなんて…人間のクズです」

P「俺的にはストーキングするアイドルはクズすれすれだと思うな」

千早「あーもう、今の発言でちーちゃん傷ついちゃいました。お泊りします」

P「そうか。帰れ」

千早「んあー」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:20:49.06 ID:hS7xE/Yf0

千早「さて、本題に入りましょう」

P「千早って時々俺の話聞いてくれないよね」

千早「プロデューサーは何時になったら私と結婚してくれるかという話ですが」

P「うん、美希かわいそうだと思うな」

千早「んなものプロデューサーの家に侵入する口実です」

P「最初の頃の綺麗なちーちゃんに会いたいなー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:24:37.31 ID:hS7xE/Yf0

千早「だいたい酷いじゃないですか!プロデューサー!」

P「何が」

千早「私が一大決心して胸のコンプレックスを話しに行った時」

P「ああ、そんな話もあったな」

千早「『俺が、うへへ、も、揉んで大きくしてやるよ、うへへ』って言って揉みしだいてくれたじゃないですか」

P「まな板をどうやって揉むというのか」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:26:53.30 ID:hS7xE/Yf0

千早「あ、あの時のことを思い出すだけで…」

千早「ん…」

千早「んあ゛ああっ」

千早「」

P「い、イッてる…」

P「なお、私は清廉潔白です」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:31:38.94 ID:hS7xE/Yf0

千早「こんな体にした責任…とってくださいね、ふふっ」

P「こんなにかわいらしくない、ふふっは初めてだよ」

千早「結婚式は何時にしますか?」

P「わかったわかった、決めておくから今日は帰れ」

千早「私は和式の方がいいと思うんですが」

P「だから話を聞けって」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:34:56.04 ID:hS7xE/Yf0

P「とりあえず俺風呂タイム取っていいかな?」

千早「分かりました、お伴します」

P「いいです、やめてください」

千早「おっぱいスポンジしてあげますよ?」

P「まな板擦り付けられて興奮する性癖は俺にないんだよなぁ」

千早「んあー(憤怒)」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:41:32.49 ID:hS7xE/Yf0

P「はぁ、いいお湯だった」

千早「では私も入ってきますね」

P「自分の家で入って欲しいってぴーちゃん思うな」

千早「覗かないでくださいね…ふふっ」

P「あ、はい」

千早「覗くなよ!絶対覗くなよ!大事なことなので二回言いました!」

P「あ、はい」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:44:27.50 ID:hS7xE/Yf0

千早「…ホントに覗かないんですね」

P「お前が言ったんじゃないか」

千早「普通の男の人はこんなに色白で可愛くてグラマーなちーちゃんがいたら覗くと思うんですが」

P「あれ?壁が一枚増えてる?」

千早「んあー!んあー!(激怒)」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:48:40.52 ID:hS7xE/Yf0

P「千早、アイス買ってきてくれ」

千早「プロデューサー、美希の誕生日は11月ですよ」

P「せやな」

千早「寒くないんですか?」

P「千早を見てたら体が火照っちまってな(棒)」

千早「分かりました、72秒で買ってきます」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:52:02.52 ID:hS7xE/Yf0

千早「プロデューサー買って来ました」

千早「本当の意味は近藤さんも買ってきて欲しいということですよね」

千早「ふふっ、テレ屋さんなプロデューサー」

千早「大丈夫ですよ、ちーちゃんプロデューサーのことならなんでもわかりますから」

千早「だから」

千早「鍵開けてくださいプロデューサー」ガチャガチャガチャ

千早「んあー(悲哀)」ガチャガチャガチャ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 15:55:48.06 ID:hS7xE/Yf0

千早「プロデューサー」ガチャガチャガチャ

千早「開けてください」ガチャガチャガチャ

千早「さもないと」ガチャガチャガチャ

千早「歌いますよ」スゥー

千早「…あおいt」

P「すいません、近所迷惑なので歌うのだけは勘弁して下さい」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:00:03.36 ID:hS7xE/Yf0

千早「プロデューサー、チェーンも開けてください」

P「だって開けたらお泊りしちゃうじゃん?俺美希のプレゼント考える作業があるから」

千早「金色毛虫にはみかんの葉でもあげてたらいいじゃないですか」

\ひどいのー!/

P「あいつの出番はコレで終了やな」

千早「ですね」

\今日は美希の日なの!なんなのなの!なんなのなの/


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:03:52.12 ID:hS7xE/Yf0

千早「チェーン開けてください」

P「嫌です」

千早「入れません、プロデューサー」

P「もう帰れよ」

千早「グラマーなちーちゃんは胸がつっかえて入れません」

P「せやな」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:06:55.84 ID:hS7xE/Yf0

千早「試してみましょうか?」

P「おう、やってみやがれ」

千早「インフェル、ノッ!」

P「こいつ!チェーンかけてるっていうのに上半身侵入してきやがった!」

千早「くっ!」ニュルン

P「やべぇよ、やべぇよ…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:12:28.99 ID:hS7xE/Yf0

千早「ただいまです、プロデューサー」

P「おかえrチュッパチュッパ」

千早「もう、あんな意地悪はやめてくださいね?」

P「今度からチュッチェーンしててmチュッパも開けません」

千早「ちゃんと頼まれたもの買って来ましたよ?」

P「うん、人のセリフの時にチュッパキスしてくるのはチュやめてくチュパチュパチュッパ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:16:16.06 ID:hS7xE/Yf0

千早「そういえばコンビニで買い物してる時に美希へのプレゼント思いつきました」

P「ようやく本題に帰ってきたな」

千早「なんだとおもいます?」

P「わかりません」

千早「教えてあーげない、ふふっ」

P「マジで帰ってくれねぇかな」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:20:45.90 ID:hS7xE/Yf0

千早「さて、なんでしょう」

P「んー、俺が美希とデートする約束とかどうだ」

千早「…」

P「すいません、ハイライトさん帰ってきてください」

千早「次ふざけたこと抜かしたら耳元でインフェルノーしますからね」

P「はい、すみません、鼓膜だけは許してください、オナシャス」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:26:57.99 ID:hS7xE/Yf0

P「いい加減教えてくれよ」

千早「ふふっ、教えて欲しいですか?」

P「そんなに聞いてほしそうな顔しといて何を言うんだお前」

千早「どーしようかな?ふふっ」

P「ちーちゃんはカワイイなぁ(憤怒)」

千早「んあー(照れ)」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:34:07.40 ID:hS7xE/Yf0

千早「それではお教えしましょう、プロデューサー」

P「うん、頼む」

千早「赤ちゃんです」

P「は」

千早「私とプロデューサーの赤ちゃんを美希にプレゼントしましょう」

P「お前マジで正気で言ってんのか」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:40:36.79 ID:hS7xE/Yf0

千早「目と目が合う瞬間好きだと気づいたわけじゃないですか」

P「お前、最初の頃『ま、どうでもいいですけれど』って俺のこと扱ってなかったっけ」

千早「あなたは今どんな気持ちでいるの?」

P「マジで帰って欲しいという気持ちだよ」

千早「戻れない二人だと分かっているけれど少しだけこのまま瞳そらさないで」

P「うん、こんな馬乗りの態勢にされてこのままだったら俺は社会に戻れなくなるよ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:51:05.15 ID:hS7xE/Yf0

千早「では、美希へのプレゼント作り開始しましょうか」

P「うん、美希にバレたらぴーちゃん殺されちゃうと思うな」

千早「どうせ、いつかはすることだったんです。少し早まっただけですよ。プロデューサー?」

P「いや、将来的にもしないからね?」

千早「往生際が悪いですよ?プロデューサー」

P「完全にお前悪役だよな」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:55:11.43 ID:hS7xE/Yf0

P「ああ、もう、ほいっ」

千早「ああっ!何するんですかプロデューサー!」

P「千早は軽いな、ちゃんとめし食ってるか?」

千早「降ろしてください!セクハラです!」

P「ふはは、ほら高い高い」

千早「んあー」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 16:59:26.21 ID:hS7xE/Yf0

P「それにしても本当に今日おかしいぞ、千早。どうしたんだ?」

千早「…」

P「何かあったのか?」

千早「…美希が…」

P「美希がどうした?」

千早「『今年の誕生日はハニーをもらうのー』って…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:03:29.68 ID:hS7xE/Yf0

P「…そんなのジョークに決まってるだろ?」

千早「嫌なんです!それがたとえ冗談だとしても!」

千早「私はプロデューサーのことが好きなんです!一時も離れたくないぐらいに!」

千早「ずっとプロデューサーに見てて欲しい!ずっと私の声を聞いてて欲しい!それなのに」

千早「他の人のところに行ってしまうなんて、考えた、だけでも」

千早「嫌なんです」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:06:50.28 ID:hS7xE/Yf0

千早「だから、無理矢理にでもプロデューサーを」

千早「お願いです、もうなんでもいいです」

千早「私にプロデューサーが傷をつけてください」

P「…」

千早「グラマーな私のからだを弄んでください!」

P「とりあえずグラマーいうのやめよか」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:11:43.37 ID:hS7xE/Yf0

P「申し訳ないけどできないよ、千早」

千早「…っ」

P「俺は千早のことがアイドルとして好きだよ」

千早「私はっ!」

P「千早」

千早「くっ・・・」

P「今は、俺は千早のことをアイドルとしてしか見れない」

千早「・・・もういいです、私が無理やり」

P「千早!ちゃんと聞いてくれ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:18:38.24 ID:hS7xE/Yf0

P「俺は『今は』っていっただろ?」

千早「…」

P「千早がこれからもアイドルとして歌っていってもうコレ以上自分を伝えきれないと」

P「もう疲れて引退するとなって普通の女の子に戻ってからでもいいだろ?」

千早「もしかしたら…そんな時にはプロデューサーはいないかもしれないじゃないですか…」

P「大丈夫約束する」

P「ずっとそばにいるから」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:22:13.90 ID:hS7xE/Yf0

千早「卑怯です、私…何も言えないじゃないですか」

P「こんな俺は嫌いか?」

千早「そういうところが卑怯だって言うんです!」

P「ははっ、ごめんごめん」

千早「約束ですよ…嘘ついたら針千本ですから…」

P「約束する」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:25:16.91 ID:hS7xE/Yf0

千早「…グスッ」

P「泣くな泣くな、そうだ、アイス買ってきてくれたんだったな、食おうか」

千早「バカですか?プロデューサー」

P「ヌッ」

千早「私は寒いですから、遠慮しておきます」

P「そ、そうか」

千早「あったかいものでも一緒に買いに行きませんか?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:29:00.31 ID:hS7xE/Yf0

P「そうだな」

千早「肉まんとかいいですね、ふふっ」

P「胸に入れるのか」

千早「んあー(威圧)」

P「すみません、許してください!なんでもしますから」

千早「じゃあ、私が買ってきた近藤さん使ってくれますか?」

P「マジで買ってきてたのか」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:36:42.45 ID:hS7xE/Yf0

P「とりあえず、今日は遅いから泊まっていくか?」

千早「はい、甘えさせて頂きますね」

P「近藤さんは使わんぞ」

千早「んあー(落胆)」

P「あのさぁ…」

千早「ふふっ、冗談ですよ、プロデューサー。じゃあ行きましょうか」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:44:49.27 ID:hS7xE/Yf0

千早「ふふっ、買い物楽しみです」

千早「プロデューサーはどうですか?」

千早「あまり最近は外に出ませんでしたから」

千早「少し冷えますね…あの、手を…」

千早「…プロデューサー」

「どこですか?」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 17:58:34.89 ID:hS7xE/Yf0

おしまいなの

以下美希におめでとうを言うスレなの



元スレ:千早「プロデューサー…ご相談したいことが」

他サイト様の最新記事