3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:14:09.16 ID:4TtRPytP0

凛「前回はたくさんのお便りとこんにゃくをありがとう」

凛「おでんに五目に金平に…」

凛「みんなでおいしく頂きました」

凛「…それでも山のように残ってるけどさ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:16:17.48 ID:4TtRPytP0

凛「あんまりプロデューサーをいじめるのはやめてあげてね」

凛「じゃあ最初は独り言のコーナー、いくよ」

凛「昨日のおでんパーティ、聞いてくれる?」

凛「こんにゃくが何故か大量に届いたからさ、おでんを皆で食べたんだ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:19:29.62 ID:4TtRPytP0

凛「ちひろさんが用意してくれてね。いくつか鍋を使って、大人数でおでんを囲むんだよ」

凛「その鍋は私の他に、奈緒と加蓮、かな子と法子と、楓さん」

凛「寒くなってきたしね、熱々のおでんはいい物だよ」

凛「そう言ったらさ…楓さんが、そーでんな、って」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:21:45.12 ID:4TtRPytP0

凛「普段なら耐えられたんだけど。控えめにポツリって言うの」

凛「奈緒がこんにゃく落として火傷しそうになってたよ」

凛「久しぶりにウケたのが嬉しかったみたいで、更に笑う事になっちゃった」

凛「楓さんのギャグ好きには毎回驚くなあ…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:24:28.01 ID:4TtRPytP0

凛「でも、熱狂的っていえば法子だよ」

凛「きつね揚げを取ったと思ったら、私の肩を叩いたの」

凛「どうしたの? って聞いたら、いきなりドーナツ乗せてさ」

凛「こうすればもっと素敵だと思わない? って」

凛「たまにはドーナツ以外を主食にご飯食べようね、法子」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:30:46.10 ID:4TtRPytP0

凛「かな子は最近、体重を気にしてるんだ」

凛「肉はあんまり食べたくないらしくて、巾着ばっかり食べてた」

凛「それが気に入ったのか、他の鍋にも巾着を食べに行ってたね」

凛「そこに、加蓮がこんなこと言っちゃうわけ」

凛「そんなに巾着ばっか食べてると、かな子までもちもちするよ? だって」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:39:07.64 ID:4TtRPytP0

凛「かな子の、逆転ホームラン打たれたピッチャーみたいな顔…」

凛「ふふふっ…思わずこんにゃく薦めちゃったな」

凛「皆も、誰かとお鍋囲んでみてね」

凛「きっと身体も心も温まるよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:41:48.63 ID:4TtRPytP0

凛「さて。次のコーナーは…」

<ヤミニノマレヨー

凛「あ、あれ。まだ早いよ?」

<ナント、チカイノトキハボウキャクノカナタカッ!?

凛「あはは。ううん、大丈夫だよ、そこに座って?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:45:53.01 ID:4TtRPytP0

凛「紹介するよ。今日のゲストは個性豊かなアイドル、神崎蘭子」

蘭子「ふぁーはっは! 今宵は世話になるぞ、冷徹なる騎士よ! (今日は宜しくお願いします、凛さん!) 」

凛「うん、こちらこそよろしくね蘭子」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:53:20.20 ID:4TtRPytP0

凛「蘭子は私の後輩になるアイドルでね。とても特徴的な口調で話すんだ」

蘭子「我が言霊を解するのは至難…紐解くのは選ばれし者のみ (ちょっと分かり難いですよね…分かってくれるのプロデューサーさんぐらいだし) 」

凛「まあね。でも私だって最近は、結構分かるようになったんだよ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 23:56:11.41 ID:4TtRPytP0

蘭子「真か!?欣喜たる真実! (ホントですか!? 嬉しいなー!) 」

凛「もちろん。蘭子にはお世話になってるし、恩返ししなくちゃね」

蘭子「戯れよ…それは真理である (そんなこと…当然のことしてるまでです) 」

凛「ううん。蘭子はいろんな人のお手伝い、してくれるから。助かってるの」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:00:42.00 ID:7Ln00oUJ0

蘭子「ふ…我の使命は果たされるべき理なるぞ (えへへ…照れますよー) 」

凛「しっかりしてるからね。千枝や光が、遊び相手になってくれるって言ってたよ」

蘭子「我が秘められたる力は、彼女等に活力を与えうるわ! (あの子達なら、私も一杯遊べますから!) 」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:05:25.62 ID:7Ln00oUJ0

凛「うんうん、着実に蘭子は良いお姉さんしてる」

蘭子「しかし…偶像の歯車は時として噛み合わぬときもある… (でも…アイドルとしてはまだまだ失敗ばかりで…) 」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:08:52.77 ID:7Ln00oUJ0

凛「そういえば、蘭子は絵が得意らしいけど?」

蘭子「な、如何にしてその信託を得た!? (な、なんで知ってるんですか!?) 」

凛「プロデューサーが楽しそうに言ってたよ」

蘭子「うぐぐ…何たる不覚! 下僕の首輪を付け忘れるとは… (うう…しまった…プロデューサ―に釘刺し忘れたぁ…) 」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:17:38.93 ID:7Ln00oUJ0

凛「ほら、そんなに落ち込まないでさ。お絵かき対決しよう」

蘭子「形象を現に? (お絵かき対決ですか?) 」

凛「そう。プロデューサーの似顔絵を描いて、このシュークリームがどちらの物かはっきりさせよう」

蘭子「成る程…故に片割れの天使か… (そっか…だからシュークリーム一つだけなんだ) 」

凛「はい、スケッチブックと筆記用具ね」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:23:50.05 ID:7Ln00oUJ0

凛「よし。じゃあ、その間にこの曲を聴いてもらうよ」

凛「華蕾夢ミル狂詩曲~魂の導~」

凛「どんな曲かは、聴けばきっと分かると思う」

凛「彼女の本当の姿が垣間見える瞬間。見逃さないで」

蘭子「いざ、始まらん! 享楽の夢物語よ! (よーし、お絵かき対決、いきますよー!) 」

凛「では、スタートで!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:28:25.12 ID:7Ln00oUJ0

凛「できた? 蘭子」

蘭子「…既に時は満ちた (で、できました…) 」

凛「うん。なら、せーので見せよう」

蘭子「騎士の号令が、魂の高揚を呼び起こす…! (き、緊張するー…) 」

凛「…せーのっ」

蘭子「星の瞬きっ! (はいっ!) 」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:32:10.47 ID:7Ln00oUJ0

凛「おお…」

蘭子「ふわ…」

凛・蘭子「か、恰好良い…」

凛「ホントに上手いんだね、蘭子は」

蘭子「これは神の授けし匠! 騎士の才子には叶わぬ! (とんでもないですよ! 凛さんのすごくかっこ良いです!) 」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:36:05.99 ID:7Ln00oUJ0

蘭子「騎士よ、我が頼みを聞け! (凛さん、お願いです!) 」

凛「な、何かな?」

蘭子「その絵画を…譲り渡してほしい! (その絵…是非ください!) 」

凛「ええ!? もちろん良いけど…こんなので良いの?」

蘭子「天が裂け、地が震える! (ありがとうございます! 嬉しいなー!) 」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:41:14.26 ID:7Ln00oUJ0

凛「なら、蘭子の絵は私が貰って良いかな?」

蘭子「必然のさだめ…汝の望みのままに (もちろんですよ!) 」

凛「ふふ。ありがと、蘭子」

蘭子「相利共生の戯れ! (お互い様ですから!) 」

凛「そうだね…そうかもね」

蘭子「極楽の園へいざなわん! (この絵、家宝にしますー!) 」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:45:06.98 ID:7Ln00oUJ0

凛「ほんと…蘭子は素直で可愛いよね。シュークリーム頬張る姿は特に」

凛「絵もこんなに上手いなんて予想してなかったな」

凛「ただ…この絵」

凛「なんで白馬に乗った王子様みたいな姿なんだろう…」

凛「うーん…謎かも」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:49:01.71 ID:7Ln00oUJ0

凛「さて、今日も一杯お便りが届いてるよ。でもこんにゃくはいらないよ?」

凛「まずはペンネーム、わかるわさんから」

凛「Pが年上好きって本当?」

凛「そこを掘り下げられても…」

凛「子供が多い事務所だから、誰かに甘えたくなる時も多いと思うよ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:53:21.52 ID:7Ln00oUJ0

凛「次はペンネーム、罪の数だけ兎跳びさんから」

凛「Pはもげろ」

凛「またプロデューサー…」

凛「そしてもげろって何が…?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 00:57:07.37 ID:7Ln00oUJ0

凛「…次ね。ペンネーム、穴掘って埋まってますぅさんから」

凛「凛ちゃんの好きな花はなんですか?」

凛「やっとまともな質問が来たね…」

凛「そうだね…実家が花屋だから、いろんな花が好きだけど…」

凛「アマリリスやコスモスなんか好きだよ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:01:38.97 ID:7Ln00oUJ0

凛「アマリリスは真っ赤な唇みたいな花でね」

凛「コスモスは落ち着いた雰囲気が好きだな」

凛「綺麗な花や、面白い形の花まで、たくさんあるからね」

凛「いつか、もっと綺麗な花を咲かせてみたいな」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:06:53.99 ID:7Ln00oUJ0

凛「次はペンネーム、ドームですよドーム!さんから」

凛「ぶっちゃけPのことどう想ってんの?」

凛「……」

凛「…えー…と、さ」

凛「…あー、うん」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:11:00.28 ID:7Ln00oUJ0

凛「もちろん、大切なパートナーだよ?」

凛「いつも気に掛けてくれるし、仕事見つけてくれるし」

凛「でも、ラブじゃないよ。アイドルとプロデューサーなんだから」

凛「そんなアイドルが居たら見てみたいよ」

凛(……なんでスタッフ一同こっちを見てくるんだろう)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:14:00.93 ID:7Ln00oUJ0

凛「はいはい、次だよ。ペンネーム、うっうー! さんから」

凛「どうしたら凛さんみたいに大人っぽくなれるんですか?」

凛「うーん…大人っぽく、か」

凛「私、そんなに大人っぽくないよ」

凛「…中身だって子供のまま」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:18:16.91 ID:7Ln00oUJ0

凛「あえて言うとしたらね、きっと前を向き続ける事だと思う」

凛「子供だと、いろんなことから逃げたって良いんだけど」

凛「次第に、逃げちゃいけない問題だって見えてくる」

凛「そこから、逃げちゃいけない。諦めちゃいけないんだ」

凛「それが、大人になる秘訣…かな。偉そうに言っちゃったけどね」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:23:26.15 ID:7Ln00oUJ0

凛「だから、うっうーさんも頑張れば、大人みたいに褒められたりするときがくるよ」

凛「それまで諦めないようにね」

凛「たまには一休みしてみよう」

凛「私も休み休み頑張っていくからさ。うっうーさんも、一緒に頑張ろう」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:31:32.95 ID:7Ln00oUJ0

凛「…さて、時間が迫ってきたね」

凛「お便りはいつでも募集中。××までお願いします」

凛「それじゃあ、今日はここまで」

凛「今日も明日も、あなたに良い一日がやってきますように」

凛「また、ね」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 01:39:17.39 ID:7Ln00oUJ0

支援ありがとうございます

次も見かけたらよろしくお願いします

では書き溜めに戻ります



元スレ:凛「Linkラジオ、まだまだ続くよ」

他サイト様の最新記事