1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:20:16.75 ID:zbb406G70

関連作:比企谷八幡「平塚先生のTバックを天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453561326/
関連作:比企谷八幡「平塚先生のネグリジェを天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453621886/

by ゴム屋おのでら


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:21:00.25 ID:zbb406G70

ある日、学校の調理室にて

由比ヶ浜結衣「ねえねえ、どうして私達部室じゃなくて調理室にいるの?」

雪ノ下雪乃「由比ヶ浜さん、これだって立派な奉仕部としての活動なのよ」

結衣「え、これが?」

比企谷八幡「ああ、お前みたく何か料理を作りたいって相談を持ちかける奴が今後も現れるかもしれないだろ?そのためにこうして調理室を借りて練習してるってわけだ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:21:34.38 ID:zbb406G70

結衣「へぇ〜そんなんだ。ところで、一体何を作ってるの?」

雪乃「天ぷらよ」

結衣「天ぷら?一体何の?」

八幡「ああ、ストッキングだけど」












結衣「えっ?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:22:17.96 ID:zbb406G70

雪乃「あら、どうかしたのかしら由比ヶ浜さん。突然黙り込んでしまったけれど」

八幡「どうしたんだ由比ヶ浜?いきなり固まっちまってよ」


結衣「ごめんヒッキー、もう一度言ってくれない?」

八幡「なんだよ、聞こえなかったのか?平塚先生のストッキングの天ぷらだよ」

結衣「っていやいやいや、おかしいしそんなの!!てゆうか、平塚先生のなのーーーッ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:22:54.24 ID:zbb406G70

雪乃「由比ヶ浜さん、突然大声を上げて一体どうしたというのかしら?ストッキングを天ぷらにして食べるのなんて世間の常識でしょ」

結衣「そんな常識聞いたことないからッ!!それに、なんで平塚先生のなの!?」

八幡「そこに平塚先生のストッキングがあったからだよ……」キリッ

結衣「何登山家みたいなこと言ってんの、ヒッキーキモい!マジでキモいーーーーッ!!!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:23:34.74 ID:zbb406G70

八幡「おい、そんなキモいキモい言うんじゃねえよビッチ!」

雪乃「由比ヶ浜さん、この男の肩を持つようなことをするのは誠に遺憾なのだけれど、比企谷君は何もおかしなことは言っていないわ。ちなみに。私の家でもよくネグリジェを天ぷらにして食べていたわよ」

八幡「そうだぞ。俺の家でもよくストッキングを天ぷらにして食ってるぞ!小町の大好物でもあるならな」

結衣「みんなおかしいしッ!!てか、小町ちゃんもなの〜〜!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:24:24.11 ID:zbb406G70

八幡「おかしなことを言うんだな由比ヶ浜は、ストッキングの天ぷらは一般家庭ではカレーと同等のポディションだと思うぞ」

結衣「そうね、由比ヶ浜さんの家ではストッキングの天ぷらを食べないのかしら?」

八幡「変わった家庭もあるんだな」

結衣「いや、変わってるの絶対に二人の方だから……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:25:03.33 ID:zbb406G70

八幡「お、そうこうしてる間にストッキングが揚がったようだな」

雪乃「そのようね。カラッとした綺麗なきつね色に仕上がっていて、いい匂いがするわね」

結衣「うわ、マジで天ぷらになってるし!」

八幡「こんな時のために、家からマイ醤油を持ってきといてよかったぜ」

雪乃「私も、わざわざこの時のためにマイ塩を持参してきたわ」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:26:08.09 ID:zbb406G70

八幡「そんじゃ……」

八幡・雪乃「いっただきまぁーーーす!」
パクッ

八幡「おお〜〜、天ぷらの熱々の衣のサクサク感とストッキングの筋っぽい歯ごたえが相まって食べご対応があるぞ!」モグモグ

雪乃「噛めば噛むほどに口の中で広がるストッキングの深みのある味わいが病みつきになるわね!」モグモグ

結衣「ちょ、二人して美味しそうに食べちゃってるし!!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:27:17.43 ID:zbb406G70

八幡「ほら、由比ヶ浜も覚める前に食えよ!熱々でスゲェ旨いぞ」っ

雪乃「そうよ由比ヶ浜さん、天ぷらはたくさんあるのだし、みんなで食べましょう」っ

結衣「私はそんなの食べないからね!てゆうか、どんだけ天ぷら作ったのッ!!」

八幡「遠慮すんなよ、こんなに旨いのにもったいないぞ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:28:02.26 ID:zbb406G70

ガラガラ

平塚先生「お前達、部室にいないと思えばこんなところにいたのか」

結衣「あ、先生!ヒッキーとゆきのんがぁーーーー!!」

平塚先生「二人がどうかしたのか?……って、なんだその香ばしい匂いは?何を作ったんだ?」

雪乃「天ぷらですけど、それも平塚先生のストッキングの」

八幡「先生も一つどうっすか?」っ

平塚先生「おう、そうかそうか……って、何だとぉぉぉぉーーーーーーッ!!!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:29:15.53 ID:zbb406G70

結衣「ほら、平塚先生もびっくりしてんじゃん!」

平塚先生「まさか職員室の私の机の上に置いておいたストッキングが見当たらないと思っていたが、お前達が天ぷらにしたのかッ!?」

八幡「まだ天ぷらにしてないのにとても芳醇な香りがして、思わず惹かれてしまいました……!」キリッ

結衣「それただの匂いフェチじゃん、ヒッキーの変態ッ///」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:29:56.83 ID:zbb406G70

平塚先生「お、お前達……なんてことをしてくれたんだ!!」ガクガク

雪乃「あら、平塚先生の様子が何か変ね」

平塚先生「そのストッキングは私のではないんだ!」

八幡「え?」










平塚先生「それはな…………、押尾学の何だよぉぉぉぉーーーーーーーーッ!!!」


三人「え、えぇぇーーーッ!!?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/27(水) 15:30:49.26 ID:zbb406G70

ヒッキーとゆきのんが口にしたのは、平塚先生のストッキングではなく、なんと押尾学のものだったのです!
何故平塚先生が押尾学のストッキングを持っていたのかというと、男欲しさに合コンをしていた平塚先生は、とある日東京の方で知人から合コンの誘いを受けて、そこにあの押尾学がいたようです!
相手が有名人ということもあり、男に飢えていた平塚先生は押尾学相手にも積極的にアプローチをかけ、半ば強引に連絡先を交換し、仲良くなったらしく、押尾学のストッキングフェチという性癖を知りお互いにストッキングを交換する仲にまでなったようです。

しかし、そのストッキングには押尾学の好きな"白い粉"が含まれており、平塚先生はすっかり白い粉の虜になってしまいました。なかなか男をゲット出来ないストレスから。白い粉に手を出してしまったようです。
このことが発覚し平塚先生と押尾学は逮捕され、ヒッキーとゆきのんは白い粉を絶つべく更正施設に通い社会復帰を目指しているようです。



結衣「ヒッキー、ゆきのん…………私待ってるからね!」ウルウル


END



元スレ:比企谷八幡「平塚先生のストッキングを天ぷらにしたら旨かった」

他サイト様の最新記事