4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:06:09.99 ID:iIiBPBgO0

あずさ「……」

律子「言えてませんよ」

あずさ「……」

あずさ「きゃりーぱみゅぱむ」

あずさ「きゃりーぴゃみゅぴゃみゅ」

あずさ「…」

あずさ「かりー」

あずさ「……」

あずさ「…うぅ」ショボン

律子(かわええ)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:09:44.89 ID:iIiBPBgO0

律子「あずささん」

あずさ「なんですか律子さん」

律子「2週間くらい前に、洋服を買ったんですよ」

あずさ「はい」

律子「それで昨日営業が早く終わったからブラブラして、別のお店に行ったんですよ」

あずさ「はい」

律子「そしたらまったく同じ商品が3割引きで売られてたんですよ」

あずさ「あらあら」

律子「どう思います?」

あずさ「このおせんべいおいしいですね」パリパリ

律子「話聞いて」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:12:45.35 ID:iIiBPBgO0

あずさ「律子さん」

律子「なんですかあずささん」

あずさ「この前のオフに映画を観に行ったんですよ」

律子「なんてやつですか?」

あずさ「それは忘れたんですけど」

律子「忘れちゃったんだ」

あずさ「主演の方がとってもカッコよくてですね、外国の方なんですけど」

律子「なんて俳優さんですか?」

あずさ「それは知らないんですけど」

律子「どんな内容の映画ですか?」

あずさ「寝ちゃったからよく覚えてないんですけど」

律子「1000円払っちゃっただけなんだ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:17:02.07 ID:iIiBPBgO0

あずさ「この前、貴音ちゃんの真似をしてみたんですよ」

律子「ふむ」

あずさ「プロデューサーさんに向かって『あなた様~』って」

律子「…ふむ」

あずさ「うらやましいですか?」

律子「別に」

あずさ「本当ですか?」

律子「ええ」

あずさ「……」ショボン

律子「嘘です、うらやましいです」

あずさ「あなた様」

律子「はきゅん」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:21:04.28 ID:iIiBPBgO0

あずさ「律子さんにも何か言ってほしいな~」

律子「あんまり恥ずかしいのはパスで」

あずさ「アイドル時代にファンの皆さんに言ってた、『ダーリン』でお願いします」

律子「はぁ?」

あずさ「お願いします」

律子「……」

律子「…だ、だーりん……///」

あずさ「律子さん、これが何か分かりますか」スッ

律子「?」

あずさ「ボイスレコーダーです」

律子「わーっ!!!わーわーっ!!!!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:25:30.97 ID:iIiBPBgO0

律子「……」

あずさ「律子さんごめんなさい」

律子「……」

あずさ「ごめんなさいってばぁ~」

律子「……」

あずさ「……」

あずさ「…律子さん」

律子「……?」

あずさ(ごめんなさい)

律子(こいつ、直接脳内に…!?)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:30:24.21 ID:iIiBPBgO0

あずさ「お詫びになんでもしますからぁ~」

律子「…!」

あずさ「律子さぁ~ん」

律子「…言いましたね」

あずさ「へ?」

律子「なんでもするって言いましたね」

あずさ「は、はい…」

律子「じゃあ…」

律子「その豊満なおっぱいで私の顔をビンタしてください」

あずさ「ド変態じゃないですか」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:34:22.60 ID:iIiBPBgO0

あずさ「そ、それじゃいきますよ?」

律子「どんとこいです」

あずさ「え、え~い」プルーン

律子「……」ペチン

あずさ「おりゃぁ~」ドタプーン

律子「……」ペチン

あずさ「ま、満足しましたか?」

律子「あずささん」

あずさ「はい?」

律子「メガネのフレームが曲がってしまいました」

あずさ「あらあら~」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:38:00.07 ID:iIiBPBgO0

律子「絶景と引き換えに失ったものは大きいですね」

あずさ「律子さんってそんなに視力悪かったですっけ?」

律子「見えないことないんですけど、外したらボンヤリする感じです」

あずさ「あらあら」

律子「今メガネを外さなかったのも…」

あずさ「?」

律子「あずささんのおっぱいを目に焼き付けたかったからです」キリッ

あずさ「ボイスレコーダーの録音ボタン押したままだったわ~」

律子「わー!!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:42:28.68 ID:iIiBPBgO0

あずさ「ふふ、冗談です」

律子「驚かさないでくださいよ、まったく」

あずさ「この前ダイエット器具を買ったんですよ」

律子「唐突ぅ」

あずさ「あのー、なんでしたっけ?腹筋を鍛える…」

律子「アブトロニック?」

あずさ「そうそう!油トロトロ肉!」

律子「すっごい太りそうですね」

あずさ「それでその油トロトロ肉をさっそくお腹につけてですね」

律子「想像したらすさまじい光景だった」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:46:49.20 ID:iIiBPBgO0

あずさ「スイッチ付けたんですよ、ブルブルーって!」

律子「油トロトロ肉のね」

あずさ「だけど効果出ないんですよ~失礼しちゃう!」プンスカ

律子「…それどれくらい続けたんですか?」

あずさ「え?30分くらいですけど…」

律子「はぁ…そんなもんで効果出たら苦労しませんよ」

あずさ「そうなんですか~」

律子「そうです」

あずさ「あらあら~」ポリポリ

律子「痩せる気あるならおせんべいは6枚で我慢しましょうね」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:50:25.67 ID:iIiBPBgO0

律子「そういえば昨日、千早と晩ごはん行ったんですよ」

あずさ「あら、珍しいですね」

律子「行きたいところどこでも連れてってあげるって言ったんですよ、お給料出たばっかだったし」

律子「そしたら千早、どこに行きたいって言ったと思います?」

あずさ「どこかしら」

律子「コンビニでいいわ、ですって」

あずさ「あらあら」

律子「しかもわざわざローソンですって」

あずさ「律子さん」

律子「?」

あずさ「『ローソン』と書いた紙を昨日から準備していました」スッ

律子「ちくしょう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 20:55:09.96 ID:iIiBPBgO0

律子「本当に予知したんですか?」

あずさ「まさか、今朝千早ちゃんから聞いたんですよ」

律子「ああ…千早はともかく、あずささんも今日早かったですもんね」

あずさ「千早ちゃんうれしそうに話してましたよ、うふふ」

律子「ところであずささんはなんで早かったんですか?いつも迷って遅刻ギリギリなのに」

あずさ「今日はいつもより早く起きたので、余裕を持って新聞をポストに取りに行こうとしたんですね」

律子「はい」

あずさ「そしたらいつの間にか事務所に着いてしまいました」

律子「だからパジャマなんですね」

あずさ「うふふ」

律子「よく一人で生きてこれましたね」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:01:05.61 ID:iIiBPBgO0

律子「あずささんヘッドホンってどう思います?」

あずさ「ヘッドホンですか?」

律子「私、どうも耳に悪い気がして好きになれないんですよね」

あずさ「あー」

律子「イヤホンもそうですけど、曲の確認とかする度につけるじゃないですか」

あずさ「だいたいそうですねぇ」

律子「徐々に私の聴力が失われていると思うと気が気じゃなくて…」

あずさ「律子さん律子さん」

律子「?」

あずさ「そんなことないない」フリフリ

律子「あずささんがそう言うなら大丈夫だわ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:04:58.80 ID:iIiBPBgO0

あずさ「そういえば、おととい響ちゃんとご飯食べに行ったんですよ」

律子「それまた珍しい」

あずさ「沖縄料理のお店に行ったんですけど、お店の料理に響ちゃんが不満だったみたいで」

律子「あら」

あずさ「うんぐとぅぬうちなー料理じゃねーん! どぅーぬあんまーぬ方がもっと上手く料理できるぞ! くぅんどぅどぅーぬ家んかい遊びんかいちゅーんといいさー!」

あずさ「ですって!うふふ!」

律子「……」

あずさ「あら?」

律子「……」

あずさ「律子さん、今の笑うところですよ?」

律子「いや、そうじゃなくてですね」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:08:43.21 ID:iIiBPBgO0

律子「今の一回聞いただけで覚えたんですか?」

あずさ「?」

律子「なにが?みたいな顔しないでください」

あずさ「律子さん、一回聞いただけで今の言葉を覚えられると思いますか?」

律子「響に何回も聞いたとか?」

あずさ「違います」

律子「たまたま聞き覚えのある言葉だったとか?」

あずさ「いいえ、これです」スッ

律子「!!」

あずさ「ボイスレコーダーです」

律子「なぜ録音ボタンを押したんですか」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:12:25.92 ID:iIiBPBgO0

『うんぐとぅぬうちなー料理じゃねーん! どぅーぬあんまーぬ方がもっと上手く料理できるぞ! くぅんどぅどぅーぬ家んかい遊びんかいちゅーんといいさー!』

律子「ホントだ」

あずさ「えっへん」

律子「すごいのはボイスレコーダーですけどね」

あずさ「そのあと二人でショッピングに行ったんですよ」

律子「どんなお店に?」

あずさ「なんかあの…」

あずさ「パワーストーンのお店に」

律子「なぜ」

あずさ「響ちゃんが『沖縄のにおいがするさー!』って」

律子「あぁ……」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:16:05.27 ID:iIiBPBgO0

あずさ「それで買ったのがこのブレスレットです」

律子「いくらですか?」

あずさ「1260円です」

律子「よかった妥当で」

あずさ「でも、もう外しちゃおうかなって」

律子「なんでですか?」

あずさ「だって運命の人が現れるって言ったのに、全然効果が無いんだもの!」プンスカ

律子「あずささん」

あずさ「はい」

律子「まだ2日、そんな早く効果出ない」

あずさ「うふふ」

律子「うふふじゃなくて」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:21:26.69 ID:iIiBPBgO0

律子「そうそう、明日昼からお仕事もう一本入りましたんで」

あずさ「何のお仕事ですか?」

律子「老人ホームへの訪問です」

あずさ「あらあら」

律子「本当は春香と真で行くはずだったんですけど、他の撮影がズレこんじゃったみたいで」

あずさ「よーし、頑張っちゃうわよぉ」

律子「お願いします」

あずさ「やっぱりおじいちゃまおばあちゃまって運動不足の方が多いですよね?」

律子「まあそうでしょうね」

あずさ「じゃあ油トロトロ肉を貸してあげようかしら」

律子「胃もたれすごそうですね」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:25:36.78 ID:iIiBPBgO0

あずさ「油トロトロ肉なんですけどね」

律子「わざとなのかどうかもあやしくなってきた」

あずさ「実は1個分の値段で、もう1つ同じ商品が付いてきたんですよ」

律子「油トロトロ肉がね」

あずさ「だから母に1つあげたんです」

律子「お母さんなんて言ってました?」

あずさ「早くいい人見つけなさいって」

律子「もはや遺伝ですね」

あずさ「うふふ」

律子「うふふ」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:28:34.62 ID:iIiBPBgO0

律子「そういえばあずささん、この前」

あずさ「…シッ!」

あずさ「……そこに隠れているのは分かってるわよ、真ちゃん」

真「バレちゃあ仕方ないですね、あずささん」

あずさ「バレるに決まってるでしょう?殺気がダダ漏れよ」

真「あはは、あずささんにはかなわないなあ」

あずさ「ふふ」

律子「…っ!!」



あずさ「という夢を見ました~」

律子「まあ夢でしょうね」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:33:16.17 ID:iIiBPBgO0

あずさ「この前、雪歩ちゃんにお茶の淹れ方を習ったんですよ」

律子「へえ」

あずさ「飲んでくれます?」

律子「まあ雪歩に習ったんなら大丈夫でしょう」

あずさ「ティーバッグだけどおいしく仕上がるんですよ~」

律子「あずささんあずささん」

あずさ「はい?」

律子「それティーバッグじゃない」

律子「のりたまふりかけ」

あずさ「あらあら~」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:38:22.52 ID:iIiBPBgO0

あずさ「お茶を淹れるのって難しいですね」

律子「雪歩も想定外のミスだったと思いますよ」

あずさ「結局冷蔵庫のお茶になっちゃいましたね」

律子「いいんじゃないですか?おいしいし」

あずさ「律子さん律子さん」

律子「はい?」

あずさ「のりたまごはんおいしいですね」パクパク

律子「そうですね」モグモグ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:42:06.70 ID:iIiBPBgO0

あずさ「律子さんって弟さんいますよね」

律子「いえ、876プロに従弟が」

あずさ「あれ?弟さんじゃないんですか?」

律子「まあ弟みたいなもんですけどね、それがどうしたんですか?」

あずさ「女装してたっていうのを公表したあと、どうなったのかなぁと思って」

律子「なにも変わってませんよ、むしろ…」

あずさ「むしろ?」

律子「女装アイドルとして前よりも人気出てます」

あずさ「あらあら」

律子「楽しいからどうでもいいですけど」

あずさ「うふふ」

律子「うふふ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:46:32.75 ID:iIiBPBgO0

律子「ていうか同業者なんだからあずささんも知っててくださいよ」

あずさ「ごめんなさ…」

あずさ「!」

律子「だいたいこの業界は情報が第一なんですから、そのへんの自覚を持って…」

あずさ「律子さん律子さん」

律子「はい?」

あずさ「ごめんね☆」ペロッ

律子「ふざけないでくださいよ」

あずさ「あ…ごめんなさい」

律子「ちょっとトイレ行ってきます」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:50:43.12 ID:iIiBPBgO0

あずさ(春香ちゃんに教わった謝り方は失敗ね)

あずさ(んもう!春香ちゃんったら!)プンスカ

リツコ「オマタセシマシタアズササン」

あずさ「り、律子さんが小さくなってる!?」

リツコ「ホラオシゴトイキマショウ、ハヤクハヤク」

あずさ「いやんかわいい~」



あずさ「というところまで妄想しました」

律子「トイレ行ってる間に何を」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:54:08.12 ID:iIiBPBgO0

律子「そろそろ伊織たちが来る時間ですね」

あずさ「そうですね」

ガチャ

律子「お、噂をすれば」

あずさ「伊織ちゃん、亜美ちゃんおはよう」

律子「…アンタらあずささんがいることに対して驚きすぎでしょ」

あずさ「たまたま私が早く来たから、二人でお話してたのよ」

律子「え?二人で何を話してたかって?」

あずさ「それは…ねえ?」

律子「大人の秘密、ですよね」

あずさ「うふふ」


おわり


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 21:57:46.06 ID:iIiBPBgO0

というわけでおわりです
もっとあーささんSS増えていいのよ

年長者組はやっぱいいですね
ここに貴音か小鳥さんが入ったらまた違う感じになるんだと思います


それでは読んでくださってありがとうございました



元スレ:あずさ「きゃりーぱむぱむ」律子「言えてませんよ」

他サイト様の最新記事