1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:20:32.73 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「ど、どうして…夕べはちゃんと自分の部屋のお布団に入って…」

デンワキテルサー デンワテルサー

雪歩「あ、響ちゃんの携帯…でも勝手に出ちゃって良いのかなぁ…」

デンワキテルサー デンワキテルサー

雪歩「こ、これってプロデューサーだよね…名前にハートマーク付いてるけど…」

雪歩「…もしもし」

P「おう、響。起きてたか。夕べはごめんな」

雪歩「え、いえ、大丈夫…ですけど」

P「なんだその喋り方。やっぱり怒ってるんだろ」

雪歩「あ、い、いえ。も、もう怒ってないさー」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:31:12.62 ID:IGNJ+2M1O

P「まぁいいや。今日はから10時ダンスレッスンだぞ。仕事は仕事だからな、ちゃんと来いよ」

雪歩「わ、わかってるさー」

P「じゃあ後でな」プツッ

雪歩「ど、どうしよ…うぅー、頭が働かないよ…シャワー浴びてこよう」パサッ

雪歩「…胸おっきい…腕も腰も引き締まってるし…私と全然違う…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:39:52.97 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「脚もキレイ…私より年下なのに…」
シャアアア

雪歩「響ちゃんは私の身体になってるのかなぁ…ちんちくりんだから恥ずかしいよぉ…」

雪歩「とにかくプロデューサーに話してみよう…響ちゃんと連絡先交換しとけばよかったなぁ…」

メールキテルサー メールキテルサー

雪歩「今度はプロデューサーさんからメール…勝手に見ちゃうけどごめんなさい」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:46:00.22 ID:IGNJ+2M1O

やっぱり怒ってるみたいだな
でも俺が愛してるのは響だ
雪歩のことなんか気にするな
じゃあ、またあとで


雪歩「えぇ!プ、プロデューサーさんと響ちゃんて…それより雪歩のことなんかってどういう意味…?」

雪歩「…確かめなきゃ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:52:58.01 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「お、おはようござ…おはようさー、はいさーい!」

P「お、おう、おはよう。珍しく遅刻せずに来たな」

雪歩「当たり前さー」

P「さっかの電話といい、なんか変だぞ?お前本当に響か?」

雪歩「えっ!?…じ、実は…雪歩なんですぅ!」

P「…おい」

雪歩「は、はい」

P「怒るぞ」

雪歩「えっ、あのぅ、そのぅ…」

P「当てつけがましくするのはやめろよ!」

雪歩「あ…ご、ごめんなさい」

P「まぁいい。その話はあとだ。レッスン終わらせてこい」

雪歩「…はい」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 06:58:54.44 ID:IGNJ+2M1O

P「…なんだ今日のレッスン内容は」

雪歩「…ごめんなさい」

P「手抜きにも程があるだろ」

雪歩(自分では上手くできたつもりなんだけどなぁ…)

P「事務所に帰るぞ。説教はそれからだ」
雪歩「はい…さー」

P「そこはさーを付けるとこだったか?」
雪歩(そんなの知らないよぅ…)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:07:44.24 ID:IGNJ+2M1O

P「戻りましたー」

雪歩「ただいまです…さー」

P「あれ?雪歩は?」

雪歩「なんでしょう?」

P「…」ジロッ

雪歩(そうだ…私はいま響ちゃんなんだよね…)


小鳥「体調が悪くて休むそうですよ」

P「そうですか…」

雪歩(響ちゃん…ずっと私の部屋にいるのかなぁ)

P「よし、じゃあ俺はやよいと営業に行ってくる。響は午後からオフだ」

雪歩「は、はい」

P「またあとでメールする」ボソッ

雪歩「…はい」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:14:18.35 ID:IGNJ+2M1O

ピンポーン

「どちら様ですか?」

雪歩「あ、お母さ…ゴホン…765プロダクションの我那覇響と言います。雪歩さんのお見舞いにきました」

「お見舞い?今朝はいつも通りに出かけて行きましたよ?」

雪歩「えっ?でも事務所には体調不良で休むって…」

「はぁ?あの子はそんな嘘を付く子じゃありません!あなた本当にプロダクションの方?」

雪歩「あ、えっと…し、失礼しました!」ダダッ


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:20:32.02 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「響ちゃんどこ行っちゃったんだろ…あ!ひょっとして自分の部屋に戻ってるかも!」

メールキテルサー メールキテルサー

雪歩「…プロデューサーさんからだ」

件名
響へ

本文
仕事終わった
18時に駅で待ち合わせな

雪歩「…でも響ちゃんの部屋に戻ってみなきゃ…」チラッ

雪歩「いま17時20分…」

雪歩「…駅へ行こう」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:27:24.61 ID:IGNJ+2M1O

P「おーい響ー!」

雪歩「あ、プロデューサーさん。待ちました…待った?」

P「いや、俺もいま着いたとこだ」ナデナデ

雪歩「あ、あうぅ…なんですかいきなり…」

P「なんですかって、頭撫でてるんだろ」ナデナデ


雪歩「は、恥ずかしいですぅ…」

P「また雪歩の真似かよ」

雪歩「…」

P「まぁいい、行くぞ」

雪歩「どこへ行く…さー?」

P「俺の部屋に決まってるだろ。明日は2人ともオフだから泊まってけよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:35:23.38 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「と、泊まっ…」

P「あぁ。まだ怒ってるみたいだからな。今日はいっぱい抱いてやるぞ」

雪歩「だだだ抱いて…!?」

P「なにキョドってんだよ。ほら行くぞ」ニギッ

雪歩(あ…手…)

雪歩(プロデューサーさんの手…)

P「晩飯は寿司でも取るかぁ!特上大サービスだ!」

雪歩(おっきくてあったかい…)

P「そういや今日の営業でやよいがな…」

雪歩(響ちゃん…ズルい…)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:42:35.68 ID:IGNJ+2M1O

~プロデューサーの部屋

~P「最近寒くなってきたなー。暖房入れるか」ポチッ

雪歩「…」

P「どうした?」

雪歩「…手」

P「手がどうした?」

雪歩「…繋ぎたい」

P「怒ったり甘えたり忙しいやつだなぁ。ほら」ニギッ

雪歩「えへへ…」

P「響」

雪歩「はい?」

チュッ

雪歩「!!!!!!!!!」

P「なんだその顔は」

雪歩(キキキキキスしたぁ!キスしちゃったぁ!)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:50:13.17 ID:IGNJ+2M1O

P「夕べは悪かったな、あんなこと言って」

雪歩(どうしよどうしよどうしよ)

P「雪歩なんかと比べちまって」

雪歩「!…雪歩…なんかと?」

P「お前が突っかかってくるもんだからさ。"雪歩みたいに女の子らしくしろ!"なんて言っちまったけど」

雪歩「…」

P「勢いで言っただけだからな」

雪歩「…雪歩のこと好きってわけじゃ」

P「ん?まぁアイドルとしては頑張ってると思うけどな」

雪歩「うん…」

P「女としては微妙かな」

雪歩「び…みょう?」

P「ハッキリ言えば苦手なタイプだ。いろいろ面倒くさそうだし」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 07:56:32.39 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「…そう…ですか…」

P「だからもう気にすんな!」

雪歩「…クスッ」

P「お、やっと笑ったな」

雪歩「プッ…アハハハ!確かに面倒くさいさー!」

P「お、響らしくなってきたな。よし、寿司食べようぜ」

雪歩「アハハハ!笑いすぎて涙出てきたさー!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:02:34.02 ID:IGNJ+2M1O

P「おいおい。それはさすがに雪歩が可哀想だろ」

雪歩「ん?ごめんごめん。さて、食べるさー」

P「おう!たらふく食べろ!」

雪歩「言われなくても食べるさー!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:07:13.78 ID:IGNJ+2M1O

P「ふぅ…腹いっぱいだ」

雪歩「わた…自分もさー」

P「よし、じゃあ先にシャワー浴びてきな。その間に仕事片付けとくから」

雪歩「え?う、うん」

P「一人で入れるよな?」

雪歩「あ、当たり前さー!」

P「ハハッ。いつもは一緒に入りたがるくせに」

雪歩「え!?そ、それはまた今度…」

P「はいはい。さて、仕事仕事」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:13:41.21 ID:IGNJ+2M1O

シャアアア

雪歩(グスッ…グスン)

雪歩(うぅ…私って面倒くさいやつだったんだ…)

雪歩(おまけにひんそーでちんちくりんで…)チラッ

雪歩(綺麗な身体…)

雪歩(…響ちゃんがズルいから…いけないんだよ?)

雪歩(響ちゃんがズルいから…それに私が面倒くさいやつだから…)

雪歩(仕方ないんだよ…もう)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:18:52.04 ID:IGNJ+2M1O

P「お、出たか。よし、じゃあ俺も浴びてくるかな」

雪歩「仕事は?」

P「片付いたよ。あずさにランドセルは有りだよな?」

雪歩「はいっ!?」

P「いや、そういう企画書をだそうと思うんだけど」

雪歩「…個人的な趣味?」

P「バ、バカ!な、なに言ってんだよ!アハハ、響はお馬鹿さんだなぁ!さて、シャワーシャワー」

雪歩「…ごゆっくり」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:26:44.29 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「…ハァ」

プルルー プルルー

雪歩「プロデューサーさんの携帯だ…萩原雪歩…」

雪歩「響ちゃん…」

ガチャ

雪歩「…もしもし」

響「…雪歩?」

雪歩「…違うさー」

響「は?冗談はやめるさー!それになんで雪歩がプロデューサーの携帯に!」

雪歩「雪歩はあなただよ。私は我那覇響」
響「えっ?ゆ、雪歩?」

雪歩「おやすみ雪歩…」ガチャ

雪歩(面倒くさいから拒否設定しとくね、雪歩)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:30:56.07 ID:IGNJ+2M1O

P「ふぅ、さっぱりした」

雪歩「…うん」

P「…響…こっち来い」

雪歩「…うん」スタスタ

P「可愛いよ響」チュッ

雪歩「…うん」

P「ハハッ。否定しないのかよ」

雪歩「クスッ…うん」

P「電気消すぞ」

雪歩「…はい」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:37:18.23 ID:IGNJ+2M1O

雪歩(は、恥ずかしいよぅ…)

P「どうした?」

雪歩「な、なんでもないさー…」

P「響…」

雪歩「ん…だ、ダメですぅ…」

P「もう雪歩の真似は止めろよ」

雪歩「…はい…あ…んん…」

P「また胸が大きくなったか?」

雪歩「し、知らないさ…ぁ」

P「それに感じやすくなってる」

雪歩(こ、こんなに気持ちいいの…?)

P「もうこんなに濡れてる」

雪歩「あ!ダメ!あぁ…ん…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:46:29.68 ID:IGNJ+2M1O

雪歩(響ちゃん…こんなに気持ちよくして貰ってたんだ…)

P「ほら、足開けよ。舐められるの好きだろ?」

雪歩(やっぱりズルい…)

P「ここも感じやすくなってるのか?」

雪歩「ん!アァ!…ァ」

P「いい声だよ。響のそういう声はたまらない」

雪歩(響の…私じゃなくて響ちゃんの…)

P「今度は響が舐めてくれ」

雪歩(もう私が響なんだから…)

P「う…今日はいつもより…激しいな」

雪歩(この人のためになんだってやるんだ)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 08:53:15.28 ID:IGNJ+2M1O

P「ハァハァ…ヤバい、口でイッちまうよ…」

雪歩「クチュクチュ」

P「く…響…入れるぞ」

雪歩「ジュルジュル」コクッ

P「えっと…ゴム…」

雪歩「大丈夫…だから」

P「え?」

雪歩「今日は大丈夫だから」

P「おいおい。本当かよ?」

雪歩「うん」

P「じ、じゃあ中に出しても…」

雪歩「うん」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:00:28.07 ID:IGNJ+2M1O

P「な、生で入れるぞ?本当に良いんだな?」

雪歩「クスッ…大丈夫さー!」

P「じ、じゃあ…う…やべぇ」

雪歩「あ…ハァ…入って…る」

P「響…響ぃ!」

雪歩「気持ちいい…気持ちいいよぉ!」

P「くそ…もうイキそうになってきた」

雪歩「いいよ…ん…イッてもいいよ」

P「ハァハァ…イクう!」

雪歩(あ…お腹の中があったかい…)

P「ハァハァ…」

雪歩(ごめんね響ちゃん…だった人)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:05:55.85 ID:IGNJ+2M1O

P「ハァハァ…生ヤバいな」

雪歩「フフ」

P「もし出来ちまったら…」

雪歩「たら?」

P「ちゃんと責任取るからな」

雪歩「…うん」

P「響のこと本当に好きだからさ」

雪歩「…うん」グスッ

P「泣くなよー」

雪歩「自分も大好きさー!」ギュッ

P「響…もう一回しよっか」

雪歩「うん」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:11:32.92 ID:IGNJ+2M1O

チュンチュン

雪歩「プロデューサー!起きるさー!」

P「う…いま何時?」

雪歩「7時前さー」

P「お前そんなに寝起き良かったっけ?」

雪歩「き、気の持ちようさー!」

P「誰かさんが4回もおかわりしたせいで疲労困憊なんですが」

雪歩「いや!あれはその…」

P「ちゃんと起きるからもうちょっと寝かせてくれ」

雪歩「でも…」

P「大丈夫さー」

雪歩「フフ。じゃあ先に出るさー」

P「おう。あとで事務所でな」

雪歩「はいさーい!行ってきまーす」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:18:51.68 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「どこかで朝ご飯食べていこうかな~。あ…」

響「…」

雪歩「お、おはよう」

響「なに考えてるさー!」

雪歩「ご、ごめん!プロデューサーさんに話を聞いてもらおうと思って…」

響「プロデューサーは?」

雪歩「まだ寝てる…」

響「起こしてやるさー」

雪歩「あ、あとで事務所に来るから、先に行ってよ!」

響「自分らのことちゃんと話たんだろうね?」

雪歩「も、もちろんだよ!だから事務所で待ってよ!」

響「わかったさー…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:24:51.12 ID:IGNJ+2M1O

雪歩(私の身体…)

響「参ったさー!部屋に帰っでもあの子ら全然懐かないし!」

雪歩(やっぱりひんそーでちんちくりん…)

響「本当にプロデューサーと何もしなかった?」

雪歩「し、してないですぅ!」

響「むー」

雪歩「…」

響「この時間は駅が混雑するから嫌いさー!」

雪歩「響ちゃん、いつもゆっくりだもんね」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:31:36.65 ID:IGNJ+2M1O

「間もなくー、一番線に電車が参りますー」

雪歩(変われるかなぁ、私)

雪歩(面倒くさいやつじゃなくなるかぁ)

「白線の内側まで下がってお待ち下さいー」

響「窮屈さー!身動き取れないさー」

雪歩「お父さんお母さんごめんなさい…」
響「なにブツブツ言ってるの?」

雪歩「ごめんなさい響ちゃん…」トン

響「え…?」

雪歩「バイバイ、雪歩」

グシャァァァ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:39:30.64 ID:IGNJ+2M1O

P「おはようございまーす」

小鳥「…」

P「ん…みんなどうしたの?」

亜美「ゆきぴょんが…」

P「雪歩がどうした?」

美希「駅のホームから落ちたの…」

P「は?は?」

小鳥「…即死だったそうです…一緒にいた響ちゃんが駅で事情聴取を受けています」
P「…な、何の冗談だよ!ふざけんな!」
小鳥「駅では何も無かったですか?」

P「いや…人身事故があったみたいですけど、月曜日のこの時間ならよくあることだし…タクシー拾ってきました」

小鳥「響ちゃんを迎えに行ってあげて下さい」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:43:51.14 ID:IGNJ+2M1O

P「雪歩のご両親には?」

小鳥「私には…無理です…ごめんなさい」ダダッ

P「あ、小鳥さん!」

あずさ「ご両親には警察から連絡があるはずです…」

P「あずささん…」

あずさ「事務所は私が見ておきますから、プロデューサーさんは駅に」

P「わかりました。お願いします」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:49:37.85 ID:IGNJ+2M1O

「若い女の子だったらしいぜ」

「マジかよ。可哀想に」

P「…雪歩…マジだったのかよ…」

警察「ここからは立ち入り禁止です」

P「いや、萩原雪歩と…我那覇響の関係者です」

警察「ではあちらにどうぞ」

P「どうも」スタスタ

雪歩「グスッグスッ」

P「響…」

雪歩「…プロデューサー…ウワァァン!」

P「よしよし。お前も辛かったな」

刑事「おたくは?」

P「この子と雪歩の上司です」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 09:55:41.87 ID:IGNJ+2M1O

刑事「そうですか。ずっと泣きっぱなしで会話にならなくてね」

P「亡くなったのは萩原雪歩で間違いないんですか?」

刑事「ええ」

P「く…雪歩…」

刑事「我那覇さんが落ち着かなければ話ができませんから、一度お引き取り下さい」
P「…なんであんたはそんなに落ち着いてんだ!?人が死んでるんだぞ!」

刑事「悼む気持ちはありますが、月曜日のこの時間ではよくあることでしてね」

P「…ちくしょう!帰るぞ響!」

雪歩「う、うん」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:00:52.14 ID:IGNJ+2M1O

P「戻りました…」

雪歩「おはようございます…」

あずさ「おかえりなさい…おはよう響ちゃん」

P「あずささん、ありがとうございました。みんなは?」

あずさ「お家に帰しました…お仕事にならないでしょうから…」

P「そう…ですか」

あずさ「私も…ウッ…失礼してよろしいでしょうか…ヒック…」

P「…はい」

雪歩「あずささん…」

あずさ「また明日…」ダダッ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:05:40.21 ID:IGNJ+2M1O

P「お前も帰れ」

雪歩「…どこに?」

P「自分の部屋にだ」

雪歩「一緒にいたい…」

P「1人になりたいんだ…」

雪歩「私はなりたくない…」

P「こんなときに面倒くさいこと言わないでくれ!」

雪歩「あ…ごめんなさい…それじゃ、また」バタン

P「…雪歩…あんなに頑張ってたのに…やっと観客の前で笑えるようになってきたのに…ウゥ…」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:16:08.55 ID:IGNJ+2M1O

3日後

P「伊織まで…」

小鳥「これで4人目ですね…」

真「みんな…辞めてっちゃいますね…」

P「多感な時期ですからね…それだけショックも大きいんでしょう」

雪歩「じ、自分は雪歩のぶんまで頑張るさー!」

P「あぁ。そうすれば雪歩も喜ぶさ」

プルルル プルルル

小鳥「はい、765プロダクションです。え!はい…そうですか…」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:22:04.81 ID:IGNJ+2M1O

小鳥「はい…こちらこそお世話になりました…」

P「…」

小鳥「千早ちゃんのお母様からでした…」

P「5人目…か」

真「寂しくなりますね…」

小鳥「雪歩ちゃんは…みんなから好かれていましたから…」

P「…そうですね」

雪歩(そんなことない…)

春香「私…今日は帰りますね」

P「でも午後から営業が…」

春香「ごめんなさい…」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:25:43.93 ID:IGNJ+2M1O

小鳥「また…来てくれるでしょうか…春香ちゃん」

P「…そう信じてます」

雪歩「…自分はボーカルレッスン…だよね?」

P「そうだったな。そろそろ行くか」

雪歩「うん」

真「頑張ってね」

雪歩「ありがとう!行ってくるさー!」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:29:57.61 ID:IGNJ+2M1O

P「響…」

雪歩「ん?」

P「今日は泊まってけ」

雪歩「うん…」

P「俺は雪歩の実家に行くから、ちゃんとレッスン受けてくるだぞ」

雪歩「大丈夫さー」

P「じゃあ、またあとで」ナデナデ

雪歩「えへへー」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:38:21.70 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「それから私は、我那覇響として生きるようになった

精一杯元気に振る舞うようになったし、ダンスもたくさん練習した

プロデューサーさんともたくさん愛しあった

だけど、みんなは違った

雪歩が死んでから1ヶ月後には、765プロには私しかいなくなっていた

プロデューサーさんのために、いままで以上にレッスンに励んだ

だけど…

ダンスの下手な我那覇響では、やっぱりダメだった

そして765プロは廃業されることになった

だけど…

神さまはいた


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:42:37.64 ID:IGNJ+2M1O

P「妊…娠」

雪歩「そうさー!」

P「マジ…だよな?」

雪歩「あたり前さー!」

P「そっか…」

雪歩「これからもずっと一緒さー!!」

P「よし…わかった!約束通り責任は取る!」

雪歩「ホントに!?」

P「あぁ、結婚しよう、響!」

雪歩(やったー!!!)

P「ただ…頼みがある」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:46:40.01 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「なんだい?」

P「生まれてくるのが女の子なら…」

雪歩「なら?」

P「雪歩って名付けたい」

雪歩「え…」

P「頼む」

雪歩「…わかった…男の子なら?」

P「響の好きな名前を付けていい」

雪歩「…うん」

P「雪歩でいいんだな?」

雪歩「だ、大丈夫さー!」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:53:05.34 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「少しづつ大きくなってゆく私のお腹

男の子が産まれることを祈り続けた

でも、何故だろう

6ヶ月をすぎた頃から、女の子が産まれてくるという確信を持つようになった

雪歩と名付けられるはずのその子…

それはやっぱりプロデューサーさんと響ちゃんの子供

私の子供だとは、思えなかった…


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 10:57:52.76 ID:IGNJ+2M1O

オギャァ オギャァ

雪歩「ハァ…ハァ…」

医師「よく頑張りましたね!元気な女の子ですよ!」

P「響!よく頑張ったな!偉いぞ!」ナデナデ

雪歩「えへ…へ」

P「こんにちは雪歩!俺がパパだぞ!」

看護士「あらあら。もうお名前を決めてたんですか?」

P「えぇ、ずっと前から。な、響」

雪歩「うん…」

看護士「お母さんに似た美人さんになりますよ、きっと」

P「はい!」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:04:57.67 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「看護士さんの言葉通り、雪歩は響ちゃんそっくりに成長していった

外見だけじゃなく、天真爛漫なところも

私が無理して身に付けた…

いえ…身に付けたつもりになっていたものを、雪歩は始めから持っていた

犬を怖がるところだけは、なぜか私に似ていた

それが無ければ、きっと愛せなかった…

そして15年半が過ぎ、雪歩は高校の入学式を迎えた


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:10:03.73 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「雪歩ー、早く早く!」

「待ってよお母さん!」

雪歩「もう!なにも入学式の日まで寝坊しなくてもいいじゃない!」

「仕事忙しいんだから仕方ないじゃない!お母さんも元アイドルなんだからわかるでしょ?」

雪歩「雪歩と違って売れなかったからわかりません!」

「プッ…」

雪歩「失礼ねー!プロデューサーの手腕の問題さー!」

「はいはい。行こ!」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:17:49.96 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「ちゃんとシートベルト閉めた?」

「オッケー」

雪歩「しゅっぱーつ」

「ふわぁ…」

雪歩「少し寝てたら?」

「大丈夫ー」

雪歩「あー、遮断機閉まっちゃう!ここ長いのよねー」

「大丈夫さー」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:26:52.99 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「えっ?ゆ、雪歩?」

「雪歩はあなたさー」

雪歩「響…ちゃん…ウソ!」

「自分は雪歩。あなたも雪歩」

カンカンカンカン

雪歩「く、車が勝手に…」

「それは大変さー」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:29:15.23 ID:IGNJ+2M1O

雪歩「やめて響ちゃん!お願い!」

「響はあなたさー」

雪歩「止まって…止まって!」

「あなたも響、自分も響」

カンカンカンカン

雪歩「あなたも死ぬわよ!」

「死なないさー」

雪歩「…え?」

「神さまはいるから、ね」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:37:42.58 ID:IGNJ+2M1O

カンカンカンカン

「間もなくー、踏切に電車が参りますー」

雪歩「ド、ドア…なんで!?なんで開かないの!?」ガチャガチャ!

「遮断機の後ろに下がってお待ちくださいー」

雪歩「い、いや…こんなのいやぁ!」

カンカンカンカンカンカンカンカン

「雪歩はプロデューサーと自分の子供さー」

雪歩「あ…うぅ」

「古い雪歩と古い響は」

雪歩「あ………」

「一緒に消えるさー」

グシャァァァ


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:45:11.62 ID:IGNJ+2M1O

刑事「あなたは…」

P「あ…」

刑事「…お悔やみ申し上げます」

P「…よくあることなんでしょう?」

刑事「…ご遺族に対して申し上げることではありません」

P「…クソ!」

刑事「娘さんは奇跡的に軽い打撲だけで済んだようですね」

P「…えぇ…響の…母親の身体が守ってくれたんだってみんなが言ってます」

刑事「…お悔やみ申し上げます」


P「娘のところに行きますので、失礼します」

刑事「お大事ににとお伝えください。落ち着いたら事故の際の様子を聞かせて欲しいとも」

P「…はい」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:49:38.02 ID:IGNJ+2M1O

P「雪歩…」

「パパ…」

P「辛かったな…」

「ママが…守ってくれた…」

P「あぁ…ママはお前が大好きだったからな」

「うん…」

P「パパはいろいろ行かなきゃいけないところがあるんだ。1人で大丈夫か?」

「大丈夫」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 11:58:01.11 ID:IGNJ+2M1O

P「またあとで来るからな」ナデナデ

「えへへー」

P「フフ。じゃあ看護士さん、雪歩を頼みます」

看護士「はい。いってらっしゃい」

「いってらっしゃい」

バタン


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 12:03:39.93 ID:IGNJ+2M1O

「間もなくー、また電車が参ります」

看護士「え?」

「カーンカーンカーンカーン」

看護士「雪歩ちゃん?」

「え?クスッ…何でもないです」

看護士「?」

「…いってらっしゃいパパ」



「なんくるないさー」





おわり


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 12:05:51.83 ID:IGNJ+2M1O

終わりです

ホントは雪歩好きなのに…

気が付いたらこうなってた…

ベタベタな展開とオチでスマンかったwww


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/23(水) 12:07:38.95 ID:HmF0i5+d0


何か世にも奇妙な物語に出てきそうな感じだった



元スレ:雪歩「響ちゃんの身体と入れ替わってる…」

他サイト様の最新記事