1: ◆p03Oqrq3Q6 2016/01/28(木) 15:19:27.73 ID:2llJZSOSO

これはNTRではない


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:20:33.84 ID:DJWX5L7i0

司令官「しらああああああああゆきいいいいいい!大変だ!」

白雪「どうしたんです?」

司令官「ふ、ふ、ふ、吹雪が、おおおお男と歩いてた!」

白雪「吹雪ちゃん彼氏できたらしいですよ。それはもう嬉しそうにはしゃいじゃって…みてるこっちも嬉しくなっちゃいました」

司令官「」

白雪「司令官?司令官?どうしたんです?」

司令官「どうした?って、そりゃ聞きたいのはコッチだよ!何で俺以外に男がいるんだ!?」

白雪「それは世の中の男性は司令官だけではないですから」


3: ◆p03Oqrq3Q6 2016/01/28(木) 15:21:36.70 ID:DJWX5L7i0

司令官「うわぁぁぁショック!!」

白雪「司令官、もしかして吹雪ちゃんのこと好きだったんですか?」

司令官「ん?いや別に」

白雪「じゃあなんでショックを受けるんですか?吹雪ちゃんのこと応援してあげましょうよ」

司令官「だってさぁ、艦娘は提督のモノみたいな風潮あるじゃん?なんか他人に奪われたみたいで不快だなぁ」

白雪「せめて機密情報が漏れたらまずい…とかにしてくれませんか?」

司令官「漏れるような機密なんてないだろうが。少女がどうやって艦娘になるのか、武装や改修や妖精の存在だってわからないままなんだからな!」エッヘン

白雪「威張らないでください」


4: ◆p03Oqrq3Q6 2016/01/28(木) 15:23:16.25 ID:DJWX5L7i0

司令官「そんなことより!こんな調子じゃ吹雪以外にも男の影が見えてもおかしくない…はっ!?」

白雪「?」

司令官「ま、まさか!?白雪も彼氏持ちか!?“白雪姫と七人の彼氏”か?曜日ごとに取っ替え引っ替えして最後は金持ちの王子のところへ行くのか!?」

白雪「司令官は私をなんだと思っているのですか……残念ながら私にはそういった経験はありません。デートとか憧れますけど」

司令官「白雪は真面目そうだからなぁ。うんうん、汚れてなくて結構結構」サワリ

白雪「恋人がいる女の人を汚れてるって考えはどうかと思いますよ」ペシッ

司令官「うっせー。自分達だけイチャイチャ楽しみやがって!こうなったら!」ダダッ

白雪「え?ちょっ!?どこへ行くんですか、司令官!」

司令官「吹雪のデートを邪魔して仲を引き裂いてやる」ダッシュ

白雪「うわぁ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:24:16.32 ID:DJWX5L7i0

吹雪ちゃんデート中

吹雪「それでウチの司令官ってば…」

吹雪彼氏「ははっ、でも艦娘に無理な戦闘はさせないんでしょ?いい上官じゃないか。僕もそんな提督を目指したい」

吹雪「貴方ならきっとなれますっ!私ももっと頑張らなきゃ」

吹雪彼氏「もう、吹雪ちゃんはいつも頑張りすぎだよ。僕といる時くらいは力をぬいて」ギュッ

吹雪「あっ……えへへ」///


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:25:14.31 ID:DJWX5L7i0

モノカゲ

司令官「どう思う?」

白雪「ん〜、上官のこととはいえ、デート中に他の男性について話すのはNGだと思います。吹雪ちゃんには後でさりげなく教えておきますね」

司令官「そういうことじゃねぇよ!なんだよあの男!どこの馬の骨だ?」

白雪「士官学校の方でしょうか?真面目そうな方ですね。見習士官として演習や訓練のお手伝いをして下さる人が多いので、私達くらいの年齢だと意気投合しやすいんですよ」

司令官「かぁぁあっ!部活気分かよ!?」

白雪「皆命がけで戦ってるんですよ。そんな言い方やめてください」めっ!

司令官「ううっ、わかってるよ。俺だって艦娘の安全を最優先で作戦立ててるんだから」

白雪「だからこそ、吹雪ちゃんだって司令官のために「頑張ります」って言ってくれるんじゃないですか」

司令官「うう、そうだけど、そうだけど…だがっ!」

白雪「あっ!?どこへ?」

司令官「うわあああああぁぁぁぁっ、やっぱ許せん。勝手に彼氏作ることは、司令官が許しません!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:26:28.88 ID:DJWX5L7i0

吹雪「〜♪」
吹雪彼氏「♪」コイビトテツナギ


「待てぇぇい!!」


吹雪「きゃっ!?」

吹雪彼氏「なんだっ?」

怪人(司令官の変装)『わはははははは!我が名は深海怪人!深海首領の命令により、そこの艦娘を抹殺するぅ!』

吹雪「な、何?何?私あんなの知らない」

吹雪彼氏「吹雪ちゃん!あぶない!下がって」

怪人『わはは。そこの男、その娘をさしだせばお前は見逃してやろう』
司令官(くくく、みっともない所を晒させて破局に追い込んでやる)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:31:31.66 ID:DJWX5L7i0

吹雪彼氏「そうはいかない。お前達の好きにはさせないぞ、深海怪人!」

怪人『へ?』

吹雪「彼氏さん?」

吹雪彼氏「吹雪ちゃん、だまっててごめん。でも、君を守るために……見てて、僕の…」


吹雪彼氏「変身!」キラーン

仮面軍人「……」


怪人『 』

吹雪「あ、あれは…鎮守府でも噂になっている仮面軍人?まさか…彼氏さんが!?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:32:30.69 ID:DJWX5L7i0

仮面軍人「行くぞ」バキッ

怪人『いでぇっ!?』

仮面軍人「はあっ!!」ドガッ

怪人『ヴエッ』

仮面軍人「はぁぁぁぁぁ……でやぁぁぁっ!!」必殺キック

怪人『おいへげぇぇぇっ!?』

ちゅどぉぉぉぉん




吹雪彼氏「…」

吹雪「彼氏さん…」

吹雪彼氏「ごめん、不気味だよね。こんな力… 僕、もう吹雪ちゃんとは…」

吹雪「彼氏さん…っ!!」ギュッ

吹雪彼氏「!?」

吹雪「おんなじですね、私達。私は海を、貴方は人知れずこの街を…誰かを守っているんです。その力を不気味だなんて言わないでください…っ」ギュウッ

吹雪彼氏「吹雪ちゃん…」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:33:29.24 ID:DJWX5L7i0

司令官「吹雪は天使だなぁ」ボロボロ

白雪「司令官はとんだピエロですけどね」

司令官「それにしても仮面軍人め。次こそは息の根をとめて大深海首領のまえにその首さらしてくれる…」

白雪「いつ秘密結社深海の怪人になったんですか……その大深海の首領、劇場版だと世界の破壊者がやってませんか?」

白雪「ともかく、もう吹雪ちゃんの邪魔しちゃダメですよ」

司令官「ぐぬぬ。艦娘に彼氏なんて認めない、認めないんだからぁ」

白雪「司令官が認めようと認めまいと、彼氏持ちには彼氏がいるんですよ?」

司令官「俺はあと何回、あの娘とあの装備を寝取られればいいんだ…」

白雪「そもそも寝取られてないですよね。司令官のものじゃないんですから」

司令官「ケ、ケッコンとかあるし」

白雪「司令官、だれともケッコンしてないじゃないですか」

司令官「これからするかもしれないだろ。ケッコンにはなぁ、破瓜の血痕の意味もあるんだぞ(多分)。中古品じゃダメなんだよ!!」

白雪「さすがにその考えは最低ですよ…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:34:15.81 ID:DJWX5L7i0

別の日

司令官「白雪っ!」

白雪「はい?外で大きな声を出してどうされました?司令官?」

司令官「みろ!雪だ!雪が降ってるぞ!」

白雪「わぁ、寒いと思ったら…」

司令官「積もるかな?積もるかなぁ?」

白雪「あの?司令官?寒いので鎮守府の中に入りませんか?」

司令官「何の!こんな時こそ、身体を鍛えるんだ!」フンッフンッ

白雪「上半身裸で竹刀を振り回さないでください。見てるこっちが寒くなっちゃいますよぅ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:36:17.67 ID:DJWX5L7i0

司令官「よし、白雪もセーラー服を脱いで乾布摩擦だ。あったまるぞ! ブラの着用は許可する!」

白雪「あ、憲兵さんに連絡いたしましょうか」

司令官「残念だが憲兵隊は出動できない。昨日、俺を捕まえにきた奴らは返り討ちにしてやったからな。今頃病院だろう」

白雪「それ、公務執行妨害なんじゃ… というか、昨日も憲兵沙汰を起こしていたんですか…」

司令官「うむ、吹雪に白でなくピンクのパンツ(フリル付)をはくように命令したところ、嫌がって屯所に駆け込まれた。頭の固い陸の憲兵どもめ、たかだかパンツ程度で騒ぎたてやがって、全員のして説教してやった」

白雪「あれ?悪いのは司令官ですよね?」

司令官「俺は悪くねぇ、俺は悪くねぇ!」

白雪「もぅ…あんまり吹雪ちゃんを困らせないで下さいね。それから、鍛錬もいいですが風邪をひかないうちに切り上げてくださいね」

司令官「ふんっ、俺がこれくらいで風邪ひくかよ」フンッフンッ

白雪「私は中に入りますけど、無茶はしないで下さいよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:37:05.33 ID:DJWX5L7i0

翌日

司令官「しらぁぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃ」

司令官「がぜびいだぁぁぁぁ」ゴホッゴホッ

白雪「だからあれほど言ったじゃないですか!?」

司令官「ぐるじぃぃぃ。ノドがいだいぃぃ、鼻水が止まらないぃぃ」ズビビーッ

白雪「今日は執務はお休みしてください。さぁ、少々防寒が薄い気がしますから、温かくして布団に入って… 今、お粥を作ってきますから、それを食べたら薬を飲んで寝て下さいね」

司令官「白雪ぃぃ、俺の白雪ぃぃ…」

白雪「司令官の所有物になったつもりはありませんっ」

司令官「ごの…ごのだだがいが終わっだら…」

白雪「はいはい…まずは風邪との戦いに勝利してくださいね」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:38:07.44 ID:DJWX5L7i0

白雪「はい、司令官、お粥ですよ〜」

司令官「ふぃら雪、りょふぉりうまいなぁ、もぐもぐ」

白雪「病人なんですからゆっくり食べてください」

司令官「ふぅ。ごぢぞうざまぁ。ぢょっど楽になっだぁ」

白雪「まだ声ガラガラですね。さ、次はお薬を飲んでください」

司令官「苦いのやだぁ」

白雪「めっ!ちゃんとお薬飲まないと良くなりませんよ」

司令官「ごっくん」

白雪「さぁ後はゆっくりお休み下さい」

司令官「うん…」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:39:21.72 ID:DJWX5L7i0

司令官「しらぁぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃ! うーんうーん…」

白雪「司令官、寝言でも私の名前を呼んでます…」

司令官「うーん…」

白雪「ん…」ピトッ

白雪「熱は下がってるみたいですね」

司令官「うーん…しらぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃ…」

白雪「大丈夫ですよ。貴方の白雪がついていますから…」ナデナデ





司令官「しらぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃ!治った!風邪治ったぜ!」バッチリ!

白雪「大事に至らなくて良かったですね。」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:40:00.38 ID:DJWX5L7i0

ある日

司令官「ん?あれは…!」



白雪「…」フフッ
男「…」
白雪「…」キャッキャッ
男「…」



司令官「」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:41:33.53 ID:DJWX5L7i0

司令官「し、白雪まで男と…あんなに楽しそうに…」

司令官「この前は俺の看病してくれたのに…」

司令官「くそ、許せん…許せん……俺の所有物に手を出しやがって」

司令官「…………」



白雪「えへへっ」ニッコリ



司令官「あの白雪が、いつも一歩下がってついてくる感じの白雪があんな笑顔を…」

司令官「…あの男はそういう存在で、白雪はその隣にいるってことか」

司令官「くっ…… ん?あれは?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:42:26.07 ID:DJWX5L7i0

白雪「きゃぁあああっ」

男「なんだ貴様らは!?」


提督(画面の前の白雪嫁艦提督)1「艦娘は提督だけのもんだぁ」

提督2「モブ男反対!オリキャラ氏ね」

提督3「さすがに不快だわ。ネトラレとか腹立つんで」


白雪「いやぁぁぁっ」

男「くっ、勝手なこといって…」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:43:01.32 ID:DJWX5L7i0

司令官(ふん、彼らの言うことは間違っては……)



白雪「うぅ」ブルブル



司令官「……」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:44:13.51 ID:DJWX5L7i0

司令官「待てぇぇい!!」

白雪「え?」

提督1「なんだぁ」

司令官「邪魔するのは野暮だぞ」

白雪「し、司令官?」

男「あれが白雪ちゃんの…」

提督2「お前も提督のくせに、見知らぬ奴に寝とられて悔しくないのか」

提督3「どうせエアプだろ。許せんな!」


司令官「だまれぇぇ!貴様らこそ提督じゃねえ!」キュイィン



司令官「しらああああゆきいいいいいい!」

白雪「は、はい」

司令官「幸せになれよな」

白雪「司令官?」


一 艦娘の幸せを願う時、人は真の提督となる 一


司令官「変身!」

仮面軍人アドミラル「…これが真の提督の力か」

提督たち「ひいいいっ」

仮面軍人アドミラル「うおおおっ!!やってやる!」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/28(木) 15:45:42.93 ID:DJWX5L7i0

その後、鎮守府執務室


白雪「司令官、それでは本日はお先に失礼します」

司令官「ああ、お疲れさん。この後はデートか?」

白雪「えっ…と、はいっ!」///

司令官「楽しんでこいよ」



司令官「…」

加賀「どうされました提督?」

司令官「加賀よ、加賀よ、加賀さんよ?世界で一番美しいのは誰だ?」

加賀「五航戦の子たちでないことは確かね」

司令官「仲良くしろよ」

加賀「いったいどうしたの?突然変な事を言って」

司令官「恋する女の子は可愛いってこと」キラッ





加賀「提督…」

司令官「ん?どうした?惚れたか?」

加賀「急に爽やかなセリフはやめて。気持ち悪いですよ」

司令官「」

おわり



元スレ:司令官「しらあああああゆきいいいいい!吹雪が男と歩いてるっ!」

他サイト様の最新記事