4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:40:45.86 ID:+ggfuYH+0

淡「……………」

照「……………」ペラッ

淡「………………………」

照「………………………」ペラッ

淡「………テルー、ひまー」

照「そう」

淡「そう、じゃなくてさー。ていうかなんで今日は誰も来ないのー?」

照「菫と亦野は進路関係の用事。亦野は家の都合。そもそも、3年生は引退してるから部室に来ないことも多いし」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:41:18.88 ID:+ggfuYH+0

淡「そうだけどさー………今までなんだかんだで引退後もみんな集まってたじゃん」

淡「いきなり皆来なくなると調子狂うよー………」

照「虎姫含む各チームの新編成が決まるまではなんだかんだみんな来るよ」

照「けど、それ以降は忙しくなるし、特に進学組は」

淡「菫とタカミーだっけ?」

照「そう。亦野はもう就職先が目途ついてるらしいから」

淡「テルもでしょ?」

照「ん、話は大体纏まってきてる」

照「あとは、来年度最初の会議で決まるから」

淡「どのチームに行っても即戦力確実って話だしねー………って、そうじゃなくて」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:41:53.98 ID:+ggfuYH+0

照「?」

淡「二人しかいない時に、一人が本読んでるともう片方はどうしようもないんですけどー」

照「………もう少しで終わるから」

淡「ほんとー?」

照「うん。そしたら、何かしようか」

淡「じゃあ待ってるー。できるだけ早くしてねー」

照「虎姫以外の他のチームに混ざって打ってくれば?【竜】あたりとか」

淡「あそこいっつも殺伐としてるからやだー。弱いくせに目血走らせることだけ上手でさー。勝ってもめんどくさいだけだもん」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:42:58.63 ID:+ggfuYH+0

照「まあ、なかなか解放してくれないだろうね」

淡「各チーム根本的に考え方違うからねー」

照「仕方ないこと」

淡「………………………」

照「………………………」ペラッ

淡「そういえば、さ」

照「………?」

淡「菫って、あの後どうなったの?ほら、阿知賀のモコモコした人」

照「ああ………上手くいってるみたい。あの後、結構連絡とってたみたいだし」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:44:09.80 ID:+ggfuYH+0

淡「たまーに顔のぞきこんでみるとメールしながら口元緩んでるしねー。何も言ってないのにノロケられてる気分」

淡「かと思って、視線ずらせばあの二人だしさ」

照「亦野と渋谷?」

淡「そーそー。結局、くっつくのかくっつかないのかはっきりしてほしいんだよね」

照「くっつくとは思うよ。今のところそれ以外のビジョン見えないし」

淡「まあそうだけどさー。中学生か!!って突っ込みたくなるもん。もういっそ大胆にいけって言いたくなるよ」

照「どっちが?」

淡「………亦野先輩、かなぁ?タカミーがグイグイいくのってイメージできないし」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:45:35.13 ID:+ggfuYH+0

照「そこは同意。けど………」

淡「けど?」

照「ああいうタイプは、暴走したら歯止めが効かなくなると思う」

淡「………それは、ありそう」

淡「亦野先輩があんまりにも何もしなかったら、そうなるかもね」

照「うん。ほぼ間違いなく」

淡「………なんか、見てきたみたいな言い方だけど」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:48:08.98 ID:+ggfuYH+0

照「見たよ」

淡「どこで?」

照「………先月だっけな」

照「どっかのヘタレシャープシューターに詰め寄って、ノロケにしか聞こえない言葉でまくし立ててるどっかの松実さん」

淡「………うわぁ、その時いなくてよかった」

照「その後、あてられたのか亦野が顔真っ赤で渋谷と話してたけど、結局何もしないで渋谷が変なオーラ出してた」

淡「………あれ?割と秒読み段階入ってる?」

照「うん。導火線、あと1cmも残ってないと思う」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:51:04.74 ID:+ggfuYH+0

淡(いつでも避難できるようにしておこう)

照「淡も、この間阿知賀の話してなかった?」

淡「あー………ほら、阿知賀で鷺森?だっけ。部長の。それが、部活中に堂々愛を叫んだらしくて」

照「誰に?」

淡「顧問に」

照「………余計ディープな世界だと思うのは、気のせい?」

淡「気のせいだと思いたいけど、穏乃がその後のデロ甘空間に耐え切れなくなってSOSメールしてきたから確実だと思う」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:53:38.04 ID:+ggfuYH+0

照「なんでまた淡に」

淡「わからないけど、新子って子も様子がおかしくなったらしくて。部内に逃げ場なかったんじゃない?」

淡「ていうか、その直後急に音信不通になったのが微妙に怖い」

照「メールとかするんだあの子と」

淡「たまにねー。結局最後は「いつ再戦するか」って話になるけど。むしろするけど」

照「まだ逃げられてるの?」

淡「うん」

照「決勝の後、あんな真剣な表情でズイズイ詰め寄られたら仕方ないとも思うけど」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:55:14.66 ID:+ggfuYH+0

淡「だって悔しいじゃんかー!!くっそー、今度は絶対に勝つ!!100回、いや1000回勝つ!!」

照「阿知賀も今年の戦績で知名度上がって、廃部の心配はないみたいだから来年度も戦えるでしょ?」

淡「そうだけどさー!!そうだけどさー!!この悔しさをそこまで持ち越すのもさー!」

照「………まあ、頑張って」

淡「あーもう………ていうか、まだ読み終わらないのー?」

照「話しかけてきたからでしょ。もう少し」

淡「うー………」

照「………………」ペラッ

淡「………………」

照「淡は?」

淡「ふぇ?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:56:27.54 ID:+ggfuYH+0

照「淡は、そういう話はないの?」



淡「………………………………………」

照「………淡?」

淡「………………………」


(プツン)


淡「まー、無いわけじゃないけどねー」

照「………………へぇ」

淡「といっても、たぶん一方通行ですけどねー。何しろ相手が全く相手してくれないもので」

照「高鴨さん?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:57:45.78 ID:+ggfuYH+0

淡「なんであいつの名前が出るのさ。それとはジャンル違うじゃん」

照「そう」

淡「たとえばさー


  せーっかく、二人っきりでさ、
  せーっかく、そういう話になってもさ、
  本に夢中で構ってくれないし、
  それどころか、

  可愛い後輩の誕生日一つ思い出せない人ですしー?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 22:59:00.34 ID:+ggfuYH+0

照「………………………」

淡「………タカミーより先に、こっちの導火線気づいてほしかったんだけどねー」

照「………………淡」

淡「いいですよーだ。別に、期待してたわけでもないし」

淡「だって、いつもそうじゃん」



淡「麻雀以外じゃ、お菓子食べてる本読んでるかで」

淡「けど、その癖周囲の事把握してたりして」

淡「その癖、自分に向けられてる感情は全く持って気づかないで」

淡「あの時から、ずーーーーっと一緒」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:01:11.92 ID:+ggfuYH+0

照「………………………」

淡「それでもね、なんで私が諦めなかったと思う?」

照「………………………なんで?」

淡「これもそうだよ。あの日から、ずっと変わらない」

淡「テルに拾われたあの日から、全部テルに捧げるって決めてるんだから」

淡「そう簡単に諦めてあげられるほど、物わかりのいい子になった覚えはない」

照「………………………」

淡「だから、これからもずっと一緒だと思ってた」

淡「でも、タイムリミットが目に見えて迫りだして、そういうわけにもいかなくなったんだよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:05:21.38 ID:+ggfuYH+0

照「タイムリミット?」

淡「この時間も、もうすぐ終わっちゃう」

淡「そうでしょ?3年生さん」

照「………………」

淡「だから、覚悟決めて、本当なら部活終わった後に照だけ引っ張ってって、思いっきり炸裂しようと思った」

淡「けど、今日に限ってみんないなくて、その手間が省かれちゃって、タイミング見失ってさ」

淡「けど、けどね?わかってないとはいえ、さ。あんな質問されたらこっちもいろいろクるわけで」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:07:42.16 ID:+ggfuYH+0

照「………淡」


淡「テルが好き。大好き。宮永照を、愛してる。テル以外じゃ、ダメ」

淡「だから、だからさ」


淡「せめて、想いつづけることを、やめさせないで」




コツン

淡「………………?」

淡(頭に何か………なにこれ………箱?)

淡(白い包装に、黄色のリボン………)



照「誕生日おめでとう、淡」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:09:56.10 ID:+ggfuYH+0

淡「………………………………」

照「………誰かが誕生日の時って、」

照「いつもならみんなで一斉に渡してたけど、今日は二人だから」

照「正直、私もタイミング見失ってた」

淡「………なにそれずっこい」

照「なにが?」

淡「ほーんと、ずっこい。このタイミングで出しますかねー、ふつー」

照「………ここ逃したら、たぶん渡せなかったと思う」

淡「そーじゃなくてさ、もっと………早く、さ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:13:26.06 ID:+ggfuYH+0

淡「忘れてるもんだと思ってて、しかもあんな話した後に」




照「好きだよ」



淡「………」

淡「………………」

淡「What’s?」

照「淡って、そんなに英語発音よかったっけ」

淡「いやいやいや、いやいやいやいやいやいやいやいやいや、そうじゃなくて」

淡「え、ちょっと待って。話がポコポコ飛んでわからなくなってきた」

淡「え?つまり?どこの話につながるの?」

照「私も淡が好きだよってこと。別に話は飛んでないでしょ?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:16:03.92 ID:+ggfuYH+0

淡「………………………」

照「渡す時に纏めて言おうと思ってたから、目的は達成できたけど」

淡「………ふつーさぁ」

照「うん?」

淡「そーゆーこと、表情変えないで淡々と言いますかねー」

照「顔は生まれつき。それに、淡々としてるわけじゃないよ」

淡「どこが?」

照「淡の言ってた、タイムリミット」

照「それに一番焦ってるのは、私だよ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:16:58.66 ID:+ggfuYH+0

照「もうすぐ、私はプロに入って、どのチームに所属することになっても連戦の日々になる」

照「そうなれば、淡と会う時間を作ることだってなかなか難しくなってくる」

照「そう考えたら、どんどん怖くなった。今の時間が終わることが。離れ離れの時が来るのが」

照「だから、言っておきたかった。正直、本の内容覚えてない程度にはテンパってる」

照「私は、淡が思ってるよりずっと臆病で、ずっと弱くて、ずっと………淡の事を想ってる」

照「だから、今日こうして―――伝えようと、決めてた」

淡「………………」

照「それで………淡?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:18:07.70 ID:+ggfuYH+0

淡「え?」

照「ちょっと特殊な状況になっちゃったけど………返事、もらえる?」

淡「………………………やっぱさ」

淡「テルーってどっか抜けてるとは思ってたけど、ここまでだったかぁ………」

照「………………それって?」

淡「返事も何も、先に言ったのは私でしょ!!」

照「それでも、私は淡から返事を聞きたい」

淡「………あぁ、そうだった。テルーって結構わからずやでもあったんだ………」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:19:33.35 ID:+ggfuYH+0

照「そうかな」

淡「うん。間違いない。ずっとテルのこと見続けてきた私がそう判断したんだから間違いない」

照「………で、淡」

淡「………………はいはい。負けました」




淡「テルに拾われたあの日、あの時から私はずっと――――――――」

淡「テルが思ってるより、私はずっとずっと、テルのことが好き」

淡「離れてなんか―――やらないから」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:20:34.74 ID:+ggfuYH+0

―――――――――――――――――――――――――

同時刻。喫茶店『嘆夜雄』



菫「………それにしても」

尭深「え?」

菫「照の奴、今日はとことんわけがわからん」

尭深「まあ………びっくりはしますよね」




照『菫、亦野、渋谷。今日は部室に来ないで、放課後はそのまま帰って』

菫『は?それはいったいどういう………』

照『いいから。お願い』


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:21:57.21 ID:+ggfuYH+0

菫「大星の奴の誕生日だというから、いつものごとく全員で集まって祝う流れだと思っていたのだがな」

尭深「………一つしかないでしょう」

菫「何?理由を知ってるのか?」

尭深(来ないように指示した時、淡ちゃんの名前がなかった時点で察しつくと思うけど………)

尭深「………いろいろあるんですよ」

菫「?はぁ、そういうものなのか………?」

尭深(まあ、ここで察せるような人なら、松実さんが暴走するまで動かないなんてことはなかっただろうけど)

尭深(………それを目の当たりにしても動かない人もいるけど、ね)

尭深(今日だって、せっかく二人だけで帰るチャンスだったのに………あのヘタレ)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:23:01.09 ID:+ggfuYH+0

尭深「弘世先輩」

尭深(せっかくだから、)

菫「ん?なんだ」

尭深「先輩も、大概鈍いですよね」

菫「んなぁ!?」

尭深(ちょっと、八つ当たりさせてもらおうかな)




尭深(そういえば………)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:24:01.56 ID:+ggfuYH+0

尭深(宮永先輩も、随分と溜め込んでたみたいだし、普通に告白だけで収まるのかな………)

尭深(正直気づいてないのなんて淡ちゃんと弘世先輩だけなくらいだったし、実は相当キてるんじゃ………)

尭深(………これは、今日部室に近寄ったらアウトかな)

尭深(ある意味一番導火線短くなってたの、宮永先輩だしなぁ………)


尭深「………明日になればわかるかな」

菫「おい!!!ちょっと待て!!鈍いって何だ鈍いって!!説明しろ!!」

尭深(………この人は………もっといぢめちゃおうかな………)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:25:59.44 ID:+ggfuYH+0

――――――――――――――――――――――――――――

照「………ところで淡」

淡「何?」

照「さっき言ってた、導火線の話」

淡「うん。あの例えがどうかs」

ギュッ

淡「………ふぇ?」

照「自分だけ爆発寸前だったみたいに言ってたけど、さ」




照「こっちは、それ以上に限界なんだよね」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:27:01.90 ID:+ggfuYH+0

淡「………て、テルー?なんか、目が怖いんですけど………」

照「まるで私がニブチンみたいにまくし立ててくれたけど、私からすれば淡も大概」

淡「て、テル?なんで制服に手を………」

照「本当は、まだ我慢しようとおもってたけど」





照「ごめん、無理だから」

淡「ちょ、て、テルー!?あの、こういうことはまだ順番g」



照「いただきます」







フニャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア・・・・・・・

亦野「うお!?なんだ!?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:28:13.48 ID:+ggfuYH+0

―――――――――――――――――――――――――――

おまけという名の蛇足
―――――――――――――――――――――――――――


同日。阿知賀


灼「あ、は、ハルちゃん………」

晴絵「あ、お、おはよう、灼………」

灼「………………………………//////」

晴絵「………………………………///////」

イチャイチャイチャイチャイチャイチャ………………

宥「………………………………」

ミキミキミキッ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:29:06.26 ID:+ggfuYH+0

玄「お、おねーちゃん………あの………」

宥「なぁに?玄ちゃん」ニッコリ

玄「ひぅ!!!あ、あの………さっきから、雀卓に、ひ、ヒビが………」

宥「ああ、ごめんねぇ。ちょっと、ねえ」ニコニコ

玄「あ、あ、あの………」

宥「人が遠距離で、しかもとんでもない鈍感さんと、会うにも会えないのに」ニコニコ

宥「なんだかあったか~い人たちがいて、ちょっとあったかくなくなっちゃった」ニコニコ

玄(う、うぅ………ひ、弘世さん!!弘世菫さん!!おねーちゃんが限界なのです!!大至急、阿知賀までお願いします!!メーデー!!メーデー!!!!)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:29:49.26 ID:+ggfuYH+0

宥「そういえば」

玄「は、はい!!」

宥「穏乃ちゃんは?」

玄「………目下消息不明なのです」

玄「あの後、目を血走らせた憧ちゃんに追い詰められて、山中に逃げ込んだのが最後で………まだ、憧ちゃんの消息も………」

宥「そっかぁ………」


宥「うふ、うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ………」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/15(日) 23:30:24.57 ID:+ggfuYH+0

玄「」ビビビクンッ


宥「みんな揃って、幸せそうだねー………………うふ、ふふふふふ………」




玄(――――――拝啓、お母さん)

玄(私の知ってるお姉ちゃんが、どっかにいってしまいました)

玄(どうか、どうか―――――――――)



玄「助けてぇ!!!!!!!!!!!!」」




カン



元スレ:淡「鈍感」照「どっちが」

他サイト様の最新記事