1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:19:57 ID:B455fYN2

アルミン「」

エレン「なあ、お前もそう思うだろ?」

アルミン(何言ってんだコイツ)


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:21:33 ID:B455fYN2

エレン「そうと決まったらさっそく行ってくる!」

アルミン「ちょちょちょちょ!!待って!」

エレン「何でだよ!駆逐すんぞ!」

アルミン「今行ったらどうなると思う?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:23:31 ID:B455fYN2

エレン「んー・・・」

アルミン「今、アニの隣には数人の女子がいるよね?」

エレン「おう」

アルミン「そんな状態でエレンがさあ・・・」

エレン『なあ!パーカーのフードの匂い嗅がせてくれ!』

アルミン「なんて言ったら」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:25:10 ID:B455fYN2

エレン「え?おかしいか?」

アルミン「おかしいのは君だよエレン・・・」

エレン「わからねえよ!俺はお前がわからねえ!」

アルミン「完全にこっちのセリフ、それ」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:28:13 ID:B455fYN2

アルミン「・・・そこまで嗅ぎたいなら」

エレン「なにか考えがあるのか!?」

アルミン「いや!そういうことじゃなく、シンプルにさ」

エレン「シンプルに?」

アルミン「会話やスキンシップを通し、自然な流れでそれを切り出すんだ」

エレン「おー!なんかワクワクしてきた!」

アルミン「まず第一関門はアニの心を開くことだね・・・」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:31:48 ID:B455fYN2

~食堂~

ワイワイガヤガヤ

ミカサ「エレン、一緒に食べよう」

エレン「すまん!今日は用事があって・・・」

ミカサ「何の用事?」

エレン「えーっとだな・・・」

アルミン「アニに伝言預かっててさ!!それ伝えにいくんだ!!」

エレン(ナイスアルミン!)

ミカサ「・・・そう」

エレン「じゃあ行ってくるわ!」

タッタッタッ・・・




ミカサ「怪しい・・・」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:33:38 ID:B455fYN2

エレン「おっす」

アニ「・・・何?」

エレン「一緒に食べようかな、とか思ってさ」

アニ「珍しいね、アンタがそんなこと言い出すなんて」

エレン「隣、いいか?」

アニ「・・・フン、別にいいよ」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:35:31 ID:B455fYN2

エレン「~~~」

アニ「~~~」

ミカサ「・・・」

アルミン(ミカサがエレンを怪しんでる・・・これは不味いな・・・)

ミカサ「ねえ、アルミン」

アルミン「ん?何?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:38:45 ID:B455fYN2

ミカサ「あんなこと、前にもあった?」

アルミン「??」

ミカサ「エレンと、あの女狐・・・コホン、アニのこと」

アルミン「今日は伝言がどうのこうの言ってたけどなあ・・・」

ミカサ「・・・」

アルミン(うう、胃が、胃がぁ・・・)

ミカサ「確かに、エレンに限ってそんなことは・・・」ブツブツ

アルミン「さ!食べようよ!」

ミカサ「・・・」コクン


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:41:52 ID:B455fYN2

エレン「お前っていっつもそのパーカーじゃねえか?」

アニ「結構気に入っててさ、同じの2,3着あるんだけど」

エレン「へえ、そうなのか」

アニ「・・・」

エレン「ん?」

アニ「・・・・あ・・るか?」

エレン「ん?」

アニ「似合ってるか?///」

エレン「まあいつも通りって感じだな!」




エレン「痛え!」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:44:58 ID:B455fYN2

エレン「・・・でさあ、あいつ蹴ってきやがってよぉ」

アルミン「うん」

エレン「なんで蹴られたんだ?」

アルミン「・・・うん」

エレン「アニ、俺のこと嫌いになっちまったかなぁ」

アルミン(ハッキリ言って今すぐにでもOK貰える感じだよそれ!!!)


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:49:10 ID:B455fYN2

ミカサ「何、喋ってるの?」

エレン・アルミン「」

エレン「アニと少し口論になってよお・・・ハハハ」

ミカサ「アニは今どこ?」

エレン「いや、わかんねーけど」

アルミン「ミカサ?な、何しようとしてるの?」

ミカサ「肉を削ぐ準備」

アルミン「アウトォー!!!」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:53:36 ID:B455fYN2

~宿舎~

エレン「今日は大変だったなぁ」

アルミン「こっちのセリフだよ・・・」

エレン「ミカサのやつ、下手したら教官、いや巨人より怖かったぞ・・・」

アルミン「ま、まあバレないように気長にいこうよ・・・」

コニー「何話してんだ?」

エレン・アルミン「!!」

エレン(ア、アルミン、助けてくれ!)チラッ

アルミン「ね、ねえコニー」

コニー「なんだよ」

アルミン「野球しよ」

コニー「はあ??」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 22:58:25 ID:B455fYN2

~翌日~

エレン「なあアルミン!」

アルミン「なに?」

エレン「すげえこと思いついた!」

アルミン(嫌な予感が・・・)

エレン「今日の訓練、アニと組むよう頼むだろ?」

アルミン「う、うん」

エレン「そんとき嗅がせてくれって言ってみる!」

アルミン「」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:01:57 ID:B455fYN2

~訓練~

エレン「なぁアニ」

アニ「?」

エレン「今日、組もうぜ」

アニ「別にいいけど」

エレン(よしっ)

アニ「アンタの家族とやらは、怒らないのかい?」

エレン「家族?ミカサとアルミンのことか?」

アニ「どっちかって言うと、ミカサの方だけど」

エレン「なんでだよ」

アニ「こっちのセリフだよ・・・」

エレン「アルミンにもよく言われるけどよぉ、それ流行ってんのか?」

アニ「アンタねぇ・・・」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:08:24 ID:B455fYN2

~訓練後~

エレン「ふうー」

アルミン「ねえエレン」

エレン「ん?」

アルミン「まさかとは思うけど、嗅がせてとか頼んでないよ、ね?」

エレン「おう、訓練に必死だったからな」

アルミン(ふう、少し安心・・・)

エレン「少しずつ間は詰めてってる感じなんだけどな」

アルミン「だからって、明日にでも頼んでみる!とか言わないでよ!」

エレン「おう!」




アニ「・・・」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:12:50 ID:B455fYN2

~宿舎~

ミカサ「最近エレンが冷たい・・・」

クリスタ「ほんとぉ~?いつも淡々としてるから、そう思っただけとか?」

サシャ「ですね!パァン下さい!って頼んでも、なかなかくれませんもん!」

ユミル「黙ってろ」




アニ(エレンは、私の匂いに夢中なんだよっ!///)


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:22:14 ID:B455fYN2

アニ(・・・そんなわけ、ないだろ)

アニ(何を調子に乗ってるんだ私は・・・)

アニ「少し、外の空気吸ってくるよ」

クリスタ「う、うんっ」

ミカサ「・・・」

アニ(やっぱりアイツの隣には、ミカサが適任だよ)

ガチャッ

クリスタ「どうしたんだろ、アニ・・・」

ユミル(マジ天使)


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:34:09 ID:B455fYN2

~宿舎~ 

ジャン「マジミカサたんクンカクンカしたいうわああ」

ライナー「そこはクリスタだろ」

ベルリン「同意!」

マルコ「良い匂いしそうだよね~」

ライナー「ゆるふわピンクな感じだろうな、きっと」

フランツ「ハンナはねえー」

ベルト「黙れ」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:40:06 ID:B455fYN2

ジャン「サシャの芋臭さは異常www」

一同「www」

マルコ「以外とアニとか エレン「えっ!?」

ライナー「どうしたエレン?」

エレン「い、いやあ何でも!」

べル「・・・なんかあるなぁ~?」

エレン「なっ、何でもねーよ!」

ジャン「顔赤ぇーぞ!はっはっはっ!」

エレン「うるせぇ!・・・っ、ちょっと草むしって来る!」

ジャン「なんで草」

ガチャ

アルミン(ご、ごめんエレン、フォローできなかった・・・)


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:44:47 ID:B455fYN2

~宿舎・外~

エレン(はぁ~、ったく、なんであそこで反応しちまうかな・・・)

エレン「やっぱ、意識しちゃってんだな・・・」

アニ「なにが?」

エレン「うおっ!」ビクッ

アニ「そんなに驚いたかい?」

エレン「いや、偶然だな~と思ってよ」

アニ「本当、奇遇だね」

エレン「少し喋ろうぜ」

アニ「・・・いいけど」

エレン「って、なんでそっち向いてんだ?」

アニ(ニヤニヤが止まんないんだよ!この鈍感馬鹿!)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:53:01 ID:B455fYN2

エレン「~~・・・でよお、本当笑ったよ」

アニ「ふうん」くすっ

エレン「あ」

アニ「?」

エレン「お前の笑ったとこ、初めて見たかも」

アニ「ッ・・・悪かったね、氷の女で」

エレン「可愛いな、やっぱ」

アニ「えっ?」

エレン「あっ、いやあの~、何でもなくて、その」アセアセ

エレン「きっ、昨日さ・・・ アニ「ねえ、アンタってさ」

エレン「お、おう」

アニ「私の匂い、嗅ぎたいと思ったこと、ある?」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:56:11 ID:B455fYN2

エレン「えっ!」

アニ「・・・」じーっ

エレン「あ、あう・・・」

アニ「ある?」

エレン「そ、そのだな」

アニ「・・・別にいいよ」

エレン「!」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/22(土) 23:59:34 ID:B455fYN2

エレン「今なんて・・・」

アニ「いいよ、って言った」

エレン「・・・いつバレた?」

アニ「何が?」

エレン「俺がそのー・・・お前の匂い嗅ぎたいっ、てさ」

アニ「アンタとアルミンが喋ってんの、聞いたんだよ」

エレン(バレてたのか・・・)

エレン「引いたろ、正直」

アニ「・・・」


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:06:53 ID:w2O/Xd6c

アニ「それこそ、引くかもしんないけどさ」

エレン「おう」

アニ「・・・高揚した」

エレン「っ!」

アニ「本当に私?って思ったけど、そうだとしたらって考えたら」

エレン「・・・」

アニ「高揚というより・・・興奮、かもね」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:12:03 ID:w2O/Xd6c

エレン「じゃあ・・・いい、のか?本当に」

アニ「いいって言ってるだろう?・・・好きにしなよ」

エレン「ちょっと、ここじゃあし難いな・・・」

アニ「あっちの方、小屋あるけど」

エレン「じゃ、行くか」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:15:49 ID:w2O/Xd6c

~小屋~

エレン「へえ、こんなとこあったんだな」

アニ「割と小奇麗だね」

エレン「誰に教えてもらったんだ?」

アニ「ハンナ」

エレン「何に使うんだ?こんなとこ」

アニ(情報元がハンナの時点で察しろよ)


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:19:21 ID:w2O/Xd6c

アニ「じゃあ、いいよ」

エレン「・・・おう」ゴクッ

アニ「服、脱ぐよ」

エレン「えっ」

アニ「えっ」

エレン「むしろそっちのがメインっつうか、あの」

アニ「・・・ふふっ」

エレン「そ、そのスマン」

アニ「なんか・・・アンタらしいね、服だったとは」


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:25:40 ID:w2O/Xd6c

エレン「じゃあ、失礼しますっ」ぎゅっ

アニ「っ・・・」

エレン(念願のフード・・・)

アニ(まさか、こんな日が来るとはね・・・)

エレン「すーっ、はーっ」

アニ「ん、ふっ・・・くすぐったいね、これ・・・」

エレン「・・・」

アニ「あ、く、臭かった?」

アニ(うう、最悪だ・・・)



エレン「めっちゃ良い匂いだ・・・」


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:31:38 ID:w2O/Xd6c

エレン「なんかシャンプーの匂いとか甘い匂いとか色々混ざって・・・」

アニ「説明しなくていいから、その、恥ずかしい・・・///」

エレン「続けるぞっ」

アニ「耳元でっ、囁くなぁ・・・」

エレン「すーっ」

アニ「ふくっ、うっ、あ・・・」

エレン「はぁっ、はぁっ」

アニ「くすぐったっ、はっ、んっ」

エレン「そ、その」

アニ「あえっ、何?」

エレン「やっぱり、そのー・・・」

アニ「・・・?」

エレン「服、脱がしていいか?」


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:35:51 ID:w2O/Xd6c

アニ「もう、こんなとこ見られたんだから、好きにしなよ・・・」

エレン「おう・・・脱がすぞ」ぐいっ

アニ「地味に恥ずかしいもんだね」すぽっ

エレン「それにしても良い匂いだな・・・」

アニ「もう、分かったからっ・・・///」

アニ(これ以上惚れさせないでよっ・・・)


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:40:49 ID:w2O/Xd6c

エレン「はぁっ、はぁ」

アニ「髪っ、嗅ぐなあ・・・」

エレン「すーっ、はっ」

アニ「あ、脇は駄目だって・・・」

エレン「全然変な匂いしねえからっ」

アニ「そういうことじゃ、ないんだけどっ・・・」

エレン「・・・」

アニ「・・・どうしたんだい?」

エレン「・・・俺って、こんな変態だったのか・・・」

アニ「ふんっ・・・今更、何言ってんだい」

エレン「アニっ!」がばっ

アニ「言っとくけど、私以外にやったら、殺すからっ・・・」


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:44:19 ID:w2O/Xd6c

~暫くして~

エレン「はーっ、今日はありがとな」

アニ「まさかアンタがこんな嗜好を持ってたとは知らなかったよ」

エレン「なんかスマン」

アニ「いいよ、むしろ私も・・・」



ミカサ「ねえ」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:53:43 ID:w2O/Xd6c

エレン「!!」

アニ「・・・何?」

ミカサ「私のエレンに何してるの?」

エレン「私のって何・・・ ミカサ「黙ってて」

アニ「アンタとエレンが絶対にし得ないことだけど?」

ミカサ「・・・」イラッ

エレン「何でそんな喧嘩腰・・・ アニ「黙ってて」


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 00:58:24 ID:w2O/Xd6c

ミカサ「とにかく私は今、すごくイライラしてるので、これ以上、怒らせない方がいい」
 
アニ「エレン」

エレン「えっ?」くるっ

アニ「ん」ちゅっ

ミカサ「」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 01:02:58 ID:w2O/Xd6c

アニ「・・・こういうことだよ」

エレン「」ぽけー

ミカサ「っ・・・!!」

エレン「」ぽけー

ミカサ「行こう、エレン」

エレン「」ぽけー

ミカサ「・・・今度は許さない」エレングイッ

エレン「」ぽけー

アニ「ふんっ」


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 01:08:10 ID:w2O/Xd6c

タッタッタッ・・・

アニ「っていうか、これどうすんだよ・・・」

アニ「替えのパンツとか持ってきてないし・・・」

アニ「びっしょ濡れじゃん・・・」

アニ「あ~あ・・・」



アニ「エレン嗅ぎ回したい・・・」

END



元スレ:エレン「アニのパーカーのフードの匂い嗅ぎたい」

他サイト様の最新記事