1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 00:26:55.08 ID:QXTUQpJr0

提督「え?」

長門「え?では済まされないぞ?提督も墜ちたものだな」ハァ……

提督「はぁ、そうですか」

長門「……提督、これを見てみろ」ツンツン

提督「はい?電のパンツがどうかした?」

長門「本当に墜ちたものだな……いいか……?」








長門「これは文月のパンツだ!!」ドンッ!!

提督「なっ……!!なにぃ!?」ガーンッ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 00:31:38.54 ID:QXTUQpJr0

長門「ここにあるのは暁、響、雷、文月のパンツだ!!」

提督「ぬぅ……」

長門「提督もまだまだだな……」

提督「くぅ……不覚……!!」ガクッ

長門「……安心しろ、提督」ポンッ

提督「長門……」

長門「電のパンツならここにあるぞ」ゴソゴソ

提督「流石長門さん!!」キラキラ

長門「ところでこれをどうするのだ?」

提督「食べます」

長門「素晴らしいな!!」ガシッ

提督「だろっ!!」ガシッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 00:40:48.75 ID:QXTUQpJr0

長門「どう食するのだ?」

提督「しゃぶしゃぶだよ」

長門「成る程……しかしそれでは脱ぎたての素材が台無しに」

提督「脱ぎたてとはよく見破ったな、しかしもう出汁を用意してある」ガタガタ

長門「ほう」

提督「四人の汗、髪の毛、よだれ、を3日煮続けた出汁だ」

カパッ

ホカホカ

長門「なっ……なんと香ばしい香りなんだ!!鍋の中で独特なカルテットを奏でている!!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 00:48:47.46 ID:QXTUQpJr0

提督「そしてこれが付けダレだ。味見してみるか?」コトンッ

長門「うむ……」ペロッ

長門「っ……これは……しょっぱさの中に包まれた苦味……!!なのにほんのり甘くとろける……!!まさかっ!!」

提督「聞いて驚くな……?……四人のお小水……さ」ニヤリ

長門「おおおおおおおおおおおおおおっ!!キタァァァァァァァァァァ!!」ガタッ!!

提督「ちょ、落ち着け!!隣は暁達の部屋だぞ!!」

長門「う、うむ……すまない、取り乱したようだ」

提督「しかし……本人達の隣の部屋でこんな鍋パーティとは……ヤバイな」

長門「彼女達にバレたりしたら大変だろうな……」

提督「だがそれがいいのさ!!ヒャッハァァァァァァァ!!」ガタッ!!
長門「だがそれがいいのさ!!ヒャッハァァァァァァァ!!」ガタッ!!


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 00:58:03.28 ID:QXTUQpJr0

提督「じゃあ……始めるか……」

長門「よし……いいぞ……」

提督「最初はグー!!じゃんけんポンッ!!」チョキ
長門「最初はグー!!じゃんけんポンッ!!」パー

提督「やったあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガタッ!!
長門「あああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガクッ

提督「じゃあ電は俺の物だ!!」

長門「ふっ……、なら私は響だ!!」

提督「きたねぇぞ長門!!」ビシッ

長門「ふふっ……あの冷静さの中の真実を……パンツから見付けてみせよう……か」

提督「よし……」

長門「ちょっと待て!!手を組んでからだ!!」グググ……

提督「それ負けフラグなんですよねー」

長門「よ、よしっ!!やるぞ!!」

提督「最初はグー!!じゃんけんポンッ!!」グー
長門「最初はグー!!じゃんけんポンッ!!」パー

提督「いやああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガクッ
長門「っしゃあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガッツポーズ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 01:18:25.22 ID:QXTUQpJr0

提督「俺は電と暁に」

長門「私は響と雷だな」

提督「それでは……」

長門「そうだな……」

提督「いっただきまーす!!」
長門「いっただきまーす!!」

提督「投入~!!」シャブシャブ

長門「素晴らしい!!素晴らしいぞ!!」シャブシャブ

提督「よしっ、こんなもんだな」

長門「では早速いただこう!!」ハァハァ

提督「……」スクッ

長門「提督?」

バシンッ!!

長門「なっ……!!」

提督「馬鹿野郎!!シミのとこから食ってどうする!!」

長門「……」

提督「そんな濃い場所から食ったら他の味が分からないだろ!!」ドンッ!!

長門「っ……!!私はなんて過ちを……!!」ガクッ

提督「過ちなんか今から正せばいいんだ……な?」

長門「……ああ!!そうだな!!」ガシッ


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 01:44:46.64 ID:QXTUQpJr0

提督「もぐもぐ……」

長門「くちゃくちゃ……」

提督「……ごくっ」
長門「……ごくっ」

提督「……」

長門「提督……涙が……」

提督「お前も出てるぞ……」

提督「美味すぎる!!」パアァ
長門「美味すぎる!!」パアァ

提督「付けダレの味が濃いから控え目な電は味が消えると思ったがこれは凄いぞ!!まるでクラスの目立たない女子は実は淫乱クソビッチだったような衝撃だ!!」

長門「響は一口噛み締める毎に歴戦の記憶が蘇る……英雄の味だ!!これが響なのか!!いい響きじゃないか!!」

提督「これ……やばいな」ガクガク

長門「シミの所を食べたら……」ガクガク

提督「うっひょおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ガタッ!!
長門「うっひょおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ガタッ!!


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 01:58:34.07 ID:QXTUQpJr0

バァンッ!!

暁「うるさーい!!」

提督「」
長門「」

暁「ってくさっ!!なにこれ!!」

提督「あーあー、お子様には分からんよ。ほら帰った帰った」

暁「お子様いうなぁー!!」

提督「仕方無いなぁ、ほらみかんあげるから部屋に戻んな」

暁「わーい!!って!!また子供扱い!?」

バタンッ!!

提督「……とんだ邪魔が入ったな」

長門「少し匂いが逃げてしまったな」

提督「なに、気にすることはない」

長門「では……いただこう!!」

提督「ああ、この時を待ってたぜ!!」


提督「レッツパァァリィィィィィッ!!ヒャッハァァァァァァ!!」ガタッ!!
長門「レッツパァァリィィィィィッ!!ヒャッハァァァァァァ!!」ガタッ!!ドタンッ!!

提督「大丈夫か?立てるか?掴まれよ」

長門「すまない……」ガシッ


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 02:18:20.37 ID:QXTUQpJr0

提督「はむっ!!」

長門「あむっ!!」

提督「……」

長門「……」

ドサッドサッ

2時間後

提督「……はっ!!」

長門「……どうやらあまりの美味しさに気絶してしまったようだ……」

提督「危険だな……よし、暁と雷は取っておこうか」モグモグ

長門「あぁ……」モグモグ

提督「行くぞ、付いてこい」モグモグ

長門「何処へ行く」モグモグ

提督「……狩りだよ」モグモグ

長門「……!!」モグモグ

提督「また暁達ででいいか?」モグモグ

長門「もちろんだとも!!」モグモグ


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 02:29:16.35 ID:QXTUQpJr0

ギイィ……

提督「……おー、寝てる寝てる」モグモグ

長門「ハァハァ」モグモグ

提督「……襲うなよ?」モグモグ

長門「無論だ……」モグモグ

提督「襲うならレイプ!!」ガシッ
長門「襲うならレイプ!!」ガシッ

暁「んー……」

提督「しーっ!!」モグモグ

長門「……」モグモグ

提督「いいか、素材は鮮度が命だ……」モグモグ

長門「つまり……?」モグモグ

提督「脱がせるぞ」モグモグ

長門「!!」ゴクッ!!

提督「……無理か?」モグモグ

長門「いや……やる、やらせてくれ」

提督「暁を頼む、俺は響をやる」モグモグ

長門「うむ……」

提督「手本だけは見せてやろう……」ガッ

ズルッ!!

長門「なっ!!大胆過ぎる!!」

響「んっ……すぅ……」

提督「ちまちまやるより一気にやるんだ、肌に触れている時間が短くなるからな。ほら、パンツとパジャマの下ゲット」モグモグ

長門「よ、よぅし!!」ハァハァ


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 02:42:41.04 ID:QXTUQpJr0

長門「……」ガッ

スルッ

長門(んはあああぁぁぁぁ!!いい匂いだああああぁぁぁ!!お小水と汗のハーモニーだああああぁぁぁ!!)クンカクンカ

スルルッ……

提督「馬鹿ッ!!遅すぎだ!!」もっと

長門「え?」

提督「隠れろ!!」モグモグ

長門「あ、あぁ!!」


ムクッ
暁「んんっ……おしっこ……、あれ……?やだっ!!なんでズボン脱いでたの!?」

暁「んもぅ、これじゃレディ失格だわ……、おしっこおしっこ……」パタパタ

ガチャッ
バタンッ

提督「嬉しい誤算だなあ……」
長門「ゆっくりというのもいいだろう?」

提督「暁たんのしみしみおぱんちゅキタコレエエエエエエェェェェェェェ!!!!」ガタッ!!
長門「暁たんのしみしみおぱんちゅキタコレエエエエエエェェェェェェェ!!!!」ガタッ!!


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 23:07:43.32 ID:PGx/ggLuO

ガチャッ
バタンッ

暁「うぅ……寒い……」パタパタ

暁「よいしょ……っと」ポスンッ

暁「……」



長門「寝たようだな」

提督「よし、go」

長門「……」ガッ

ズルッ!!

提督「どうだ」

長門「……拭き残しバッチリ」グッ

提督「流石暁、いい仕事してますねぇ~」

長門「次は雷だな……ふんっ!」ズルッ!!

長門「これは下ろし立てか……」スンスン

提督「くっ……しかしパンツのシミも新しい!新鮮だ!!」グッ

提督「電は……!」ズルッ!!

提督「おほぅ……鼻腔をくすぐるいいにほひ……」クンカクンカ

長門「電のパンツは小さく名前が書いてあるな」

提督「修学旅行で無くしたら公開処刑だな!」

長門「恥ずかしいな!」

提督「……では戻るとしよう」ポッケズポッ

長門「ああ!」ポッケズポッ


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 23:31:56.87 ID:QXTUQpJr0

長門「仕事した後のパンツは最高だな」モグモグ

提督「これかけるか?」スッ

長門「塩か」

提督「余ったので四人の汗から作りました」モグモグ

長門「ほうほう」パッパッ

提督「はぁ……雷も美味しいなぁ……全身が雷食らったみたいにビリビリするよ」カンゲキ

長門「響のシミは安定した味だ、しょっぱすぎない健康の味だ、また気絶しそうだが……」ペロペロ

提督「そうだ、ウォッカの響割りでも飲むか?」

長門「電割りで頼む」

提督「はいよ」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 23:42:23.55 ID:QXTUQpJr0

チュンチュン

提督「……んぁ」

長門「……朝か」モグモグ

提督「ん……」モグモグ

ギャーギャー

提督「隣が騒がしいな」

長門「暁達に何かあったのか!?」



バァンッ!!

長門「どうした……っ!!」

暁「パンツがなくなったあああぁぁぁぁ!!」ワンワン

響「流石にこれは……恥ずかしいな」カアァ……

雷「昨日下ろしたばっかなのにぃー!」プンスカ

電「うぅ……!!」カアァ……!!

長門(何っ!?それは大変だっ!!くそっ、誰がそんな酷いことを……!!許せんっ!! )ワナワナ

長門「皆可愛い……!!食べてしまいたい……!!」ワナワナ

暁「……?」

長門「い、いや!なんでもないぞ!!」ブンブン


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 23:50:32.37 ID:PGx/ggLuO

提督「大丈夫かー?」ヒョコッ

暁「わ゛あああああっ!!」ビクッ!!

長門「提督、どうやら暁達の下着が無くなったと……」ヒソヒソ

提督「何?下着が?それは許せないな、心当たりは?」

暁「……そういえば昨日トイレ行こうとしたら何故かズボンとパンツ下ろしてたわ……」

提督「ふむふむなるほど……」メモメモ

暁「助けて司令官……!!怖いよぉ……」ギュッ

提督「よし、任せろ!!パンツ盗んだ犯人は俺がギタギタにしてやるからな!!」ドンッ!!

雷「司令官かっこいいわー!!」パチパチ


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 00:07:03.77 ID:vUa3jL0Y0

提督「長門、部屋に来い、作戦会議だ」

長門「はい」



睦月「あっ!」

如月「どうしたの睦月ちゃん」

睦月「ほら、提督の部屋見て!」ピンッ

如月「長門さんと言い合いになってるわね」

睦月「きっと次の出撃の作戦会議だよ!提督と長門さんが頑張ってくれるから私達も頑張らなきゃって思うの!」

如月「そうね睦月ちゃん、私達が安心して戦えるのも、あのお二人のおかげ……」

睦月「よーっし!ドックまで競争だよ!!」ダッ!!



提督「何言ってんだ!!睦月だろ!!絶対美味いだろパンツ!!」バンッ

長門「これだからロリコンは!!文月の方が美味しいに決まってる!」バンッ!!

提督「お前!!昨日こっそり文月のパンツポケットにしまっただろ!」

長門「それは関係ないだろ!!」

提督「……なら二人を食しに行こう!!それなら文句無いな!!」

長門「無論だ!!」ガシッ


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 11:22:22.42 ID:vUa3jL0Y0

洗濯室

バァンッ!!

提督「鳳翔!洗濯はもうしたか!?」

鳳翔「まだですよ?」

提督「行けぇ!!長門!!」

長門「任せろ!!」ダッ!!

鳳翔「え?何?何ですか?」

提督「ちょっと洗濯物の中に大事なものが入っていてな」

長門「これじゃない、これでもない……、曙のパンツ……は持っていこう!!」ズポッ

長門「あ……あったぞ!!」ズポッ

提督「よくやった!失礼しましたーっ!!」ダッ!!

鳳翔「提督もまだお若いのですね、あんなに走り回って」クスクス


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 21:36:29.90 ID:vUa3jL0Y0

ジュワアアアァァァ……

長門「提督、何を作っているんだ?」

提督「今日は天ぷらだよ」ジュワアアアァァァ……

長門「ほうほう」

提督「よし、完成。食べるか?」

長門「勿論だ」



提督「ほら、文月」

長門「ありがたい……いただこう」
サクッ

長門「なっ……この味……、天ぷらとは思えないさっぱりとした味わい!それでいて形容しがたい旨味!!」

提督「油に睦月型の秘伝の出汁を混ぜたんだ」

長門「ふふっ、成る程。ところでそよ秘伝の出汁とは」
提督「秘伝なので教えません」サクサク


61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 23:53:41.43 ID:vUa3jL0Y0

ある日

提督「長門ー、俺凄い技手に入れたわ」

長門「どんな技だ?」

提督「んー」

ギイィ

提督「あそこ、廊下の曲がり角に皐月がおるじゃろ?」

長門「ああ、いるな」

提督「見てろよ?」

タッタッタッ

提督「おーい皐月ー」

皐月「ボクを呼んだかい?」

提督「何してんだ?」

皐月「待ち合わせだよ?」

提督「そうかそうか、じゃあな」

タッタッタッ

バタンッ

長門「何をして来たのだ?」

提督「はいこれあげる」

長門「なっ!?皐月のパンツ!!暖かい……脱ぎたてほやほやじゃないか!!」ハァハァ

提督「凄いだろー凄いだろー、ずっと練習してたんだぜー」

長門「あれをやるのか……?」ワナワナ

提督「当たり前じゃないか……!!」ワナワナ

提督「駆逐艦狩りじゃああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!いやっふううううううううぅぅぅぅぅぅぅ!!」ガタッ!!
長門「駆逐艦狩りじゃああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!いやっふううううううううぅぅぅぅぅぅぅ!!」ガタッ!!


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 00:07:29.33 ID:w8mv8H0T0

長門「提督!!私にもそのまま技を教えてくれないか!?」ハァハァ

提督「はいこれ」パサッ

長門「これは?」

提督「説明書だよ、それ見れば出来るようになるから」

長門「こんなものなのか……なんだかがっかりだな」ペラペラ

提督「まあ俺が1ヶ月も掛かったんだから長門は1年ぐらい」
長門「ほっ」ヒュンッ

提督「……ん?」

長門「提督のパンツを取ってしまった」ヒラヒラ

提督「返してええええぇぇぇぇぇ!!」ウワアァン


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 00:15:19.41 ID:w8mv8H0T0

提督「俺はあっちにいく!長門は中庭だ!!」ダッ!!

長門「了解した!!」ダッ!!

中庭

長門「今晩のおかずはどこだー?……って」

大潮「くー……」

長門「大潮がベンチで寝ているな……」キョロキョロ

長門「脱がすよりこうだな……スカートめくり……」ガッ

陸奥「何してるの長門」

長門「わっ!?」ビクッ!!

陸奥「ごめんね、驚かせた?」

長門「あ、いや……」ドキドキ

陸奥「あらあら、こんなところでお昼寝?」

長門「あ、ああ!いい寝顔だな!」

陸奥「そうね」クスクス

長門「私はもう行かねばならない!話があるならまた後でな!!」タッタッタッ

陸奥「……?」

大潮「すー……すー……するぅ……」ムニャムニャ


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 00:29:47.15 ID:w8mv8H0T0

長門「……大潮のパンツ……いい匂いだな」スンスン

長門「ん?あれは……雪風に潮だな」



雪風「あっ!長門さんこんにちは!!」ペコリ

潮「こんにちは」 ペコリ

長門「ああ、遠征帰りか?」

雪風「はい!」ニコッ

潮「資材いっぱい持って帰ってきました……」

長門「そうか、お疲れ様、じゃあ私はこれで」

雪風「はい!」

潮「お疲れ様です」ペコリ



長門「……ちょろいな二枚ゲットだ」モグモグ


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 00:45:01.99 ID:w8mv8H0T0

長門「なにか足りない……駆逐艦だけでは……」

長門「……そうか!!」



北方海域

長門「ほーらおいでー」

ほっぽ「カエレ!!」

長門「怖くないよー」

ほっぽ「カエレ!!」

長門「ほーら、あめちゃんあげるー」スッ

ほっぽ「カエレ!!」ペロペロ

長門「ゼロもあげるよー?」

ほっぽ「ゼロ……!!ホシイ……」

長門「お姉さんに着いてきたらあげる」

ほっぽ「ツイテク!ゼロクレ!!」

長門「こっちだよ」



提督「よくやった長門!!」

長門「私にかかればこんなもんだな」

ほっぽ「……」

提督「収穫は?」

長門「大潮、雪風、潮、北方凄姫だ」

提督「こっちは舞風、初春、朝潮だ」

長門「勝った……」

提督「くっ……!!負けた……さて、料理の準備を」

ほっぽ「ゼロオイテケ」

提督「はい、零あげる」スッ

ほっぽ「ブーン」トテトテ

提督「飼うか、いい出汁とれるぞ」

長門「賛成!」ハァハァ

提督「変なことはするなよ?」


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 09:10:01.86 ID:TyczEZgZO

長門「よーしよしよし」ナデナデ

ほっぽ「ハナシテ!!」イヤイヤ

提督「今日はステーキだぞー」コトンッ

長門「おおぉ!!この香ばしい匂い……嗅ぐだけで幸せになる……!!」クンカクンカ

提督「雪風だからな、俺は初春だ」コトンッ

長門「な、なんと上品な香り!!初春そのものをパンツが包み込んだのかと思うほどだ!!」

提督「ソースが決め手だな、雪風のは汗だけ、俺のは初春の汗、お小水、垢を混ぜ合わせた……そう、初春の全てを混ぜた特製ソースだからな」ハハハ

長門「卑怯だぞ!!」バンッ!!

提督「なら自分で作ってみるといいさ」モグモグ

長門「……そう、だな……」

提督「ほっぽちゃんも食べる?」スッ

ほっぽ「アムッ……!?ペッペッ!!」

長門「あー、もったいない」ヒョイパク

ほっぽ「イラナイ、フツウノガイイ」

提督「なら何か作ってみるかなー」





ほっぽ「アムアム……ウマイナ!!」パアァ

長門「まともな物も作れるんだな」

提督「まあオムライスくらいはね?」


83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 21:03:03.19 ID:w8mv8H0T0

ほっぽ「クー……スー……」ムニャムニャ

提督「寝てしまったな」

長門「だな」

提督「部屋を暑くしろ!汗をかかせるんだ!!」

長門「エアコンよし!ストーブよし!掛け布団もたくさん掛けた!寝る前の生姜湯もよし!」

提督「後は汗を拭くだけだな!」

長門「楽しみだな!!」



ほっぽ「ンー……」ダラダラ

提督「ヒッヒッヒッヒ」ゴシゴシ

長門「うおおおぉぉぉ……!!」ギュゥゥゥゥゥゥ……!!

ポタポタ……

提督「よく出すねぇ」ゴシゴシ

長門「そうだな」ギュゥゥゥゥゥゥ……!!

ほっぽ「……ン」ムクッ

提督「どうしたの?」

ほっぽ「トイレ……」

長門「私がついて行こう、こっちだ」

ほっぽ「……」トテトテ

提督「頼むぞ」グッ

長門「任せろ」グッ


85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 21:42:52.24 ID:rhFmiI/3O

しばらくして

ガチャッ

ほっぽ「……」ウトウト

提督「採れたか?」

長門「この通り」チャポチャポ

提督「よくやった!」

ほっぽ「……」ウトウト

提督「ああ、ごめんね。眠いよね?ぐっすり寝な」





ガチャッ

長門「提督、朝だぞ」

提督「……そうか!!長門朝一番搾ってこい!!」

長門「……あぁ、お小水か……任せろ、……起きろ」ユサユサ

ほっぽ「……」ムクッ

長門「トイレに行くぞ」

ほっぽ「……」コクッ

提督「いってらー」


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 21:54:14.55 ID:w8mv8H0T0

提督「何?艦娘のパンツが無くなっただと?」

大淀「はい、駆逐艦数隻が被害にあったようです。第六駆逐隊は二枚だそうですが」

提督「ふむ……謎だな。パンツが無くなるとは……」

長門「ああ、意図が分からん、何か情報は無いのか?」

大淀「暁が夜中一度起きたらズボンが脱げていたと……それだけです」

提督「よし、こっちでも調べてみよう」

大淀「ありがとうございます、では失礼します」

バタンッ

長門「出てきていいぞ」

ほっぽ「イイノ?」ヒョコッ

提督「はぁ……何でもう知られてるんだ?」

長門「全く不思議だ。まるで異変の様だな」

提督「本当本当」ウンウン

ほっぽ「オナカスイタ!ナンカツクレ!」グギュルルル

提督「おにぎりでいいか、長門は?」

長門「雷を頼む、茹でて、味付けは塩だ」

提督「はいよ」


88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 22:13:42.07 ID:w8mv8H0T0

提督「舞風……これが本当の踊り食いなんだな……舌の上で天使がダンスを踊っていたよ……」シミジミ

長門「やはり……痺れる味わいだったな……ご馳走さま」ビリビリ

ほっぽ「ゲプッ」ポンポン

提督「こら、汚いぞー」ナデナデ

ほっぽ「サワルナ!」イヤイヤ

長門「今日はまた狩りにいくのか?」

提督「いや、今日はやめた方がいい。あんな話を聞いた後だからな……」

長門「そうか……」

提督「って言うと思ったか?」

長門「流石提督だ!!」ガタッ!!


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 23:04:05.82 ID:w8mv8H0T0

提督「でも今日は1枚だけだな」

長門「そうか……」

提督「仕方無いさ、取れないよりはマシだろう?」

長門「それは……そうだな」

提督「じゃあ誰がいいか……せーので言うか」

長門「それはいいな、行くぞ、せーの!」

提督「漣!!」
長門「漣!!」

提督「流石長門だな」ガシッ!!

長門「提督こそ流石だ」ガシッ!!

ほっぽ「バカジャネエノ?」

提督「子供には早い話だからね」ナデナデ

ほっぽ「サワルナ!!」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 23:26:34.96 ID:w8mv8H0T0

廊下

曙「でさ、パンツが無くなってたの」

漣「曙も?漣は大丈夫かなぁ」

曙「分からないけど気を付けないとね……って」

提督「曙に漣、何してんだ?」

曙「あんたでしょ!パンツ盗んだの!!」

長門「」ギクッ

提督「いやいや、俺じゃないから」

曙「クソ提督以外に誰が盗るのよ!!変態!!」

漣「曙!まだご主人様が盗ったって決まってないでしょ?」

曙「絶対こいつよ!!がるるる!!」ムキー!!

提督「証拠は?」

曙「顔!!」

提督「ぷっ」

曙「何がおかしいのよー!!」

提督「まあ頑張れよ」

長門「気を付けてな」ヒュンッ

漣「はーい」



提督「……手に入ったか?」

長門「曙と漣、両方だ」

提督「よし、とりあえず被るか、俺は曙」スポッ

長門「イチゴは私だな?中々かわいいな」スポッ

提督「あぁ……いいにおいがするぅ……」クンカクンカ

長門「ほのかに甘い香りがするな……」クンカクンカ


93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 23:27:22.85 ID:uL35hhSY0

弥生「司令官……どこに行ったんだろう……」キョロキョロ

弥生「遠征の資材を確認してほしいのに」テクテク

提督「今日の午後はどうする?」

弥生「あっ、しれ」クルッ

長門「そうだな……北方凄姫の出汁を作らないか?」

提督「いいねぇ、腕がなるよー」

長門「私も手伝うぞ」

ペチャクチャ

弥生「…………え……?」ボーゼン

睦月「あっ!!弥生ちゃん!!」タッタッタッ

卯月「探したよ!何してたぴょん!!」

弥生「今……司令官と長門さんが……パンツ被ってたような……」

睦月「ええっ!?」

弥生「て」


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 23:32:51.48 ID:uL35hhSY0

途中送信

弥生「……いや、それはないよね……うん。なんでもないよ……」

卯月「弥生疲れてるぴょん?遠征続きだから休んでも」

弥生「大丈夫だから……心配しないで……」





提督「さっき弥生がいたな」

長門「ああ、この通りだ」スッ

提督「甘いな」スッ

長門「それは……!!」

提督「さらし……だよ」シュルシュル

長門「おおおおおっ!!提督はついに人間を辞めたか!!」

提督「パンツ盗る時点で人間の域超えてるよねー」


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/15(日) 23:42:31.18 ID:uL35hhSY0

グツグツ

提督「フンフンフーン♪」

ほっぽ「」ジーッ

提督「おっ、どうしたの?」

ほっぽ「ナニツクッテンノ?」

提督「ほっぽちゃんの出汁」グツグツ

ほっぽ「ダシ?」クビカシゲ

提督「少しどう?」

ほっぽ「ズズ……ウエッ!!」ゲー

提督「これね?ほっぽちゃんの汗とお小水と髪の毛とから作ったんだよ」

ほっぽ「……」

提督「ほっぽちゃんを食べるんだよぉ?」

ほっぽ「」ビクッ

提督「やれ」

長門「ああ」

ほっぽ「コナイデ……コナイデッテ……イッテルノ……!!」イヤイヤ

長門「大丈夫さ、平気平気」ニタニタ

ほっぽ「ヤダ……!!ヤダ!!モウカエル……!!」ウルウル

長門「逃げられんぞ?」ガシッ

ほっぽ「ウワアアアァァァァァン!!モウカエル!!カエルウゥゥゥゥゥゥゥ!!」ポロポロ

提督「行け!!採れ!!」

長門「涙ゲット!!」


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 07:48:25.40 ID:MjV6fF6D0

提督「よーし、早速入れるか」

ほっぽ「ヒグッ……グスッ……!!」ポロポロ

長門「嘘だから、ごめんな?泣き止んでくれ、ほら飴をやろう」スッ

ほっぽ「……」ペロペロ

カッ!!






長門「……何だ!?今の光は!!」

提督「完成した……最高の出汁が……」

長門「少し味見してもいいか?」

提督「いいぞ」

長門「……」ペロッ

バタンッ

提督「長門!?長門─────ッ!!」


110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 19:45:08.58 ID:MjV6fF6D0

長門「もう少しで天国へ逝くところだったぞ」

提督「そんなに美味かったか」

長門「ああ、もう言葉では言い表せん」

提督「料理が楽しみだな……」ペラペラ

長門「何読んでるんだ?」

提督「報告書……みたいなものだよ、いやぁ、他の鎮守府でもこういうのが流行ってるんだなって」ペラペラ

長門「ははは、全く変態ばかりだなぁ」

提督「本当困っちゃうよねぇ、はははっ!……さて」パサッ

長門「どうした?」

提督「実は天津風に1週間パンツ履き替えるなって言ってあるんだ、それの回収だよ」

長門「私もいこう」

提督「むんむんおぱんつうっひょおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉっ!!」ガタッ!!
長門「むんむんおぱんつうっひょおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉっ!!」ガタッ!!


113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 23:26:15.66 ID:MjV6fF6D0

中庭

提督「天津風ー」

天津風「司令官」

提督「お前は大丈夫だったか?」

天津風「当たり前でしょ、1枚も盗られてないわ」

提督「そうか……」

天津風「それで……いつまで履けばいいの?早く替えたいんだけど」

提督「部屋に戻ったら変えていいよ」

天津風「そう……」

長門「戻るときも気を付けろ、いつ盗られるか分からないからな」ヒュンッ

天津風「ええ、そうします」

提督「じゃあ」

天津風「……」



時津風「あれ?しれぇと何話してたの?」トテトテ

天津風「時津風、……には関係ないわ」

時津風「教えてよー!!」

ヒュオオオオォォォォ……

天津風「んっ……いい風……」

時津風「」ポカーン

天津風「どうしたの?」

時津風「天津風……パンツは?」

天津風「え?パンツがどうし──────ッ!!?」ドキッ!!

時津風「履き忘れー?」

天津風「そんなわけないでしょ!!いつの間に……?」カアァ……




提督「おいコラ!!嗅ぐのは俺からだろ!!」

長門「何言ってる!!盗ったのは私だぞ!!」


提督「じゃあ半分こだ」

長門「そうだな」ビリッ

提督「くんかくんかすぅーはぁーすぅーはぁー!!」クンカクンカ

長門「もぐもぐくちゃくちゃじゅるっ……!!」 モグモグ

提督「幸せぇ……」パアァ……
長門「幸せぇ……」パアァ……


114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/16(月) 23:41:51.85 ID:MjV6fF6D0

次の日

提督「お腹壊しました」ギュルルルル

長門「昨日夜にパンツ8枚も食べるからだ」

提督「違う!!パンツ6枚にスパッツ2枚だ!!」クワッ!!

長門「威張るな!!」

提督「あー……パンツ食べたいなぁ……」ギュルルルル

長門「今日は駄目だ」キッパリ

提督「パンツパンツパンツパンツパンツパンツパンツパンツパンツパンツパンツ……」ブツブツ

長門「……うるさいぞ」

ほっぽ「オカユツクッタ」カチャカチャ

長門「ほっぽ、お前料理できたのか?」ナデナデ

ほっぽ「サワルナ!!コレハテイトクノツクッテルトコロイツモミテタカラマネシダケ」カチャカチャ

ほっぽ「クエ、アーン」スッ

提督「あー……もぐもぐ……パンツの方が美味しい…… 」

ほっぽ「モンクイウナ!モウイッカイアーン」カチャカチャ スッ

長門「しっかり食べろ、今日の分のパンツは私に任せておけ」


118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 16:46:46.95 ID:OcVAlKBA0

廊下

長門「今日は……磯波、綾波、朧か……」

大淀「長門さん少し聞きたいことがあります」

長門「大淀、どうした?」

大淀「提督がパンツを盗んでいるのでしょうか?」

長門「……いや、それはないだろう。私は常に提督といるんだぞ?そんな素振り一回も見たことがない」

大淀「いえ、しかし……」

長門「大丈夫だ、私を信じろ大淀」ポンッ

大淀「……分かりました、よろしくお願いします」

長門「ああ」



長門「さてと……」

綾波「長門さん、用事って何ですか?」

長門「ん?……ああ、そうだ。この前頼んだ物は?」

綾波「零式艦戦52型のぬいぐるみですよね?ありましたよ。早く渡そうとは思っていたのですがー」ゴソゴソ

長門「ありがとう」ヒュンッ

綾波「これですよね?」スッ

長門「これだこれだ。ありがとう」

綾波「……それ、どうするんですか?」

長門「欲しがってる人がいてね、あげるつもりなんだ」ポンポン

綾波「それは素敵ですね!早く渡してあげて下さい!」ニコッ

長門「ああ、ではな」


120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 18:51:11.70 ID:OcVAlKBA0

磯波「あの……」

長門「磯波、お前に渡すものがある」

磯波「……渡すもの、ですか?」

長門「前に約束した新しい装備の10cm連装広角砲と33号水上電探だ」

磯波「これでもっと……頑張れるでしょうか……?」

長門「勿論だ、これからも頑張ってくれ」ヒュンッ

磯波「ありがとうございます……!」ペコリ





長門「朧か」

朧「朧に何か用ですか?」

長門「最近報告書が適当になってきてないか?」

朧「そう……ですか……?ごめんなさい」

長門「そうすぐに反省出来るのは朧のいいところだな」ヒュンッ

朧「そうですか?」

長門「ああ、しっかり書けばこちらで確認がしやすい。頑張ってくれ」ポンッ

朧「頑張る!ありがとうございます!」ペコリ



長門「さて、ノルマ達成だな」


121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 19:21:15.92 ID:OcVAlKBA0

長門「ただいま戻ったぞ」

ほっぽ「カエセ!!」ポカポカ

提督「もう無理ですし」

長門「どうした?何かあったのか?」

ほっぽ「テイトクガホッポノパンツタベタ!!」

提督「美味しかったよ?」

長門「なっ!!羨ま……いや、最低だな」

提督「え?」

長門「ほっぽには替えの服や下着が無いんだぞ?」

提督「あっ」

長門「もうパンツ堪能できないのだぞ!!」バンッ!!

提督「俺は何てことを……!!」ガーンッ

長門「おーかわいそうに、パンツ盗られたのか、どれどれ」ピラッ

ほっぽ「オネーチャンニオコラレル……」

長門「それは大変だな……ほうほう」ジーッ

提督「お前は何スカートの中見てんだ」パァンッ


122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:01:58.41 ID:OcVAlKBA0

提督「そうか、そういえばほっぽちゃんもお姉ちゃんとかいるもんね」

ほっぽ「」コクッ

提督「一回帰ったら?」

ほっぽ「カエリカタワカラナイ」

長門「私が途中まで送ろうか」

提督「頼むわ」




長門「送ってきたぞ」

提督「ご苦労様」

長門「また来ると言っていた」

提督「そうか……楽しみだな」

長門「ああ」

提督「ご飯食べるか。今日は味噌汁だぞー」

長門「胸が熱いな……」





提督「さて、食べたら行くぞ!!」

長門「色々な駆逐艦が私達を待っている!!」

提督「俺達の戦いはこれからだっっ!!」ドンッ!!
長門「私達の戦いはこれからだっっ!!」ドンッ!!


終われ


124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:17:41.41 ID:OcVAlKBA0

提督「ここにろーちゃんを呼びました」

長門「ほう」

提督「そろそろ来るでしょう」

ガチャッ

500「てーとく、ろーちゃんただいま来ました!」

提督「あー、ろーちゃんようこそ。早速だけど……」
















提督「脱いでもらえる?」

500「はい?」


125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 20:55:34.56 ID:OcVAlKBA0

提督「あっちに着替えのスペースあるから」

500「ん……分かりました」

シャーッ

長門「何故着替えを?」ヒソヒソ

提督「なんか出汁にしたらうまそうやん?」ヒソヒソ

長門「なるほど、確かにいいかもしれない。駆逐艦以外の味も楽しみだ」ヒソヒソ

シャーッ

500「着替えました……どうですか?」

提督「どうだ?暁と一緒の服だがな」

長門「か、可愛い……!!」

500「えへへ……ダンケ!!です!!……ろーちゃんパンツなんて初めてですー」

提督「どうだ?」

500「履き心地いいですね!気に入りました!!もちろん洋服もですよ?」クルクル

長門「あれは?」

提督「勿論暁のだ。スク水は事前に用意したろーちゃん汁の中に染み込ませてくれ」グッ

長門「分かった」グッ


126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 22:54:59.09 ID:OcVAlKBA0

提督「パンツ気に入ったのね」

500「はい!気に入りました!」

提督「パンツって食べれるんだよ?」

500「ふぇ?そうなん……ですか?」クビカシゲ

提督「ああ、食べれるよー?」

500「んー……そんなことないですよね?嘘……ですよね?」

提督「いいや?これ見てみ?」パサッ

500「わぁ!他の鎮守府ですね!」ペラペラ

提督「ほら、皆パンツ食べたりしてるでしょ?」

500「うーん……確かにそうですね。日本って不思議です」フムフム

提督「食べてみる?」

500「……いや、ろーちゃんは……えっと……遠慮しておきますね……」

提督「長門ー、パンツの用意だ!」

長門「すぐに持っていく」

500「ねぇてーとく?聞いてる?」

提督「ついでに出汁もよろしくー」

長門「呂500のだな」

500「聞いてなーいっ!!」


127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 23:13:22.42 ID:OcVAlKBA0

グツグツ

提督「ほら食え、第六駆逐隊のしゃぶしゃぶだ」

500「やっぱり……こんなのおかしいですよ……てーとく……?」

提督「食えよ」

長門「食べれば私みたいになれるぞ?」

500「えっと……じゃあ……すこしだけ……ですからね?」

提督「じゃあ響をやろう、美味いぞー!」

500「あ、あはは……」シャブシャブ

500「……」ゴクッ

500「あむっ……」

提督「ほら、噛みきらないと」

500「ん……!!んんぅ……!!」プルプル

提督「ほらっ」

500「んぐ……ぶちっ……もぐもぐ…………」

提督「どう?」

500「ぅっぷ……美味しい……ですって……」

提督「そうかそうか、なら全部食べなよ。残さないでね?」

500「」


128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 23:24:45.89 ID:OcVAlKBA0

500「ごくっ……」

提督「本当に食べたのか……」

500「はぁ……はぁ……」

提督「美味しかった?」

500「……もう、食べられません……」

長門「私はもう一枚ずつ貰おうか」

提督「お前は少し自重しろ、またあとで行かなきゃならなくなるじゃないか」

長門「そうか……だが貰うぞ。第六駆逐隊が一番美味しいんだ」

500「てーとくは……好きなんですか……?」

提督「好きだよろーちゃんは嫌いかい?」

500「嫌い……好き……あれ?どっちだろう……」

提督「ならこれ食べてみな、あーん」

500「あー……あむっ、もぐもぐ……」

500(あれ?なにこれ……嫌じゃない……)

提督「美味しい?」

500「これ……なに……?」

提督「ろーちゃんの水着だよ?」

500「ろーちゃんの……」

提督「美味しい?」

500「これ……好きです……」

長門「墜ちたな」


129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 23:28:23.03 ID:OcVAlKBA0

500「ごくんっ!!」

提督「もう食べちゃったよ」

500「もっと……欲しいなぁ……」ウズウズ

提督「ならこの技を使うといいよ」スッ

長門「ああ、下着盗るやつか。あれは難し」
シュンッ

500「長門さんのパンツ……とれましまよ」ヒラヒラ

長門「なっ!!」

提督「これは長門以上だな。素晴らしい」


132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 23:53:47.99 ID:OcVAlKBA0

暁「まったく!みんなどこに行ったのよ!」

暁「レディーを置いていくだなんて信じられないわ!!」

500「あ……」

暁「あら、ろーちゃんじゃない。どうしたの一人で?迷子?道案内ならお姉さんに任せなさい!」ドンッ!!

500「パンツちょうだい……?」

暁「えっ?」

シュンッ

500「えへへ……」

暁「なっ!?あれ!?私のパンツ」

500「あー……はむっ……もぐもぐ……くちゃくちゃ……」

暁「え……?ちょ、ちょっと……」

500「ごくっ……ごちそうさまぁ!!」

暁「……ってかそれ私の服じゃない!!ないと思ったら貴方だったのね!!返しなさい!!」

500「ばいばーい」タッタッタッ

暁「……もしかしたらろーちゃんが黒幕……?大淀さんに知らせないと!!」


133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:19:39.05 ID:yxqH4tLM0

500「パンツ……パンツ……」テクテク

大淀「呂500さん!!」タッタッタッ

500「ん?」ヒュンッ

大淀「見つけましたよ!!あなたが今までの」
500「んぁー……あむっ……くちゃくちゃ……」

大淀「それは……っ!?いつの間に!!」

500「ちょっとすっぱい……ごちそうさまぁ!」タッタッタッ

大淀「こ、こら!!待ちなさい!!うぅ……恥ずかしくて走れない……」




提督「ろーちゃんもう駄目だな」

長門「ああ……」

500「あむあむ……もぐもぐ……」

提督「仕方ない、これを使おう」サッ

長門「それは?」

提督「まあ見てろ、ろーちゃん、これ美味しいよ!」

500「あーんっ!!む……?むぐっ!!ぺっぺっ!!」

提督「ろーちゃん!!」

500「……あれ?ろーちゃんは何を……何も思い出せないです……」

提督「どこから?」

500「パンツ……食べる前……」

長門「何を食べさせたんだ?」

提督「洗わずに1ヶ月放置した足柄の下着」

長門「それは正気に戻るのも不思議ではないな」

提督「はははははっ」
長門「はははははっ」


134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:33:33.90 ID:yxqH4tLM0

大淀「失礼します」

提督「大淀か、どうした?」

大淀「下着泥棒の犯人が分かりました……呂500……」

提督「大淀、お前は疲れてるんだ、部屋でゆっくり休みな」

大淀「その前に呂」
提督「いいからいいから!1週間休暇な!!」

バタンッ

提督「ふぅ……」

長門「流石力業だ」

提督「まあね」

呂500「てーとく、ろーちゃんそろそろ戻りたいです」

提督「あー、そうか……えー、長門、ろーちゃんの部屋から着替え持ってきてあげて、つまみ食いはするなよ」

長門「すぐに持ってこよう」


139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:42:59.92 ID:yxqH4tLM0

提督「今日は漣のおひたしだよ」

長門「ほう、おひたしか」

提督「ご飯はろーちゃんの汗4%溶けた水で炊きましたー、いただきまーす!ぱくっ」

長門「ふむ……汗のご飯は楽しみだが……まずは漣から……はむっ」





提督「キタコレェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!」ガタッ!!
長門「キタコレェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!」ガタッ!!

提督「俺はとんでもないものを見てしまった!!」

長門「かがくのちからってすげー!!」

提督「ご飯は……はむっはふっ!」ガツガツ

長門「うむ、あむっあふっ!」ガツガツ

提督「……幸せだ、頑張れる力が湧いてくる……」

長門「ああ……、日本語でもロシア語でも……何でもできる気がするな……」

提督「うまいっ!!」
長門「うまいっ!!」


140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:29:07.37 ID:yxqH4tLM0

提督「……」サラサラ

長門「珍しいな、仕事しているなんて」

提督「パンツばっかり考えてたら進まないからね。仕事が息抜きみたいなもんだよ」サラサラ

長門「しかしパンツのことを考えない提督はもう提督ではない気がするが」

提督「この仕事をやるのが提督の仕事なんですが」 サラサラ

長門「パンツいらないのか?」

提督「いらない」サラサラ

長門「せっかく大学芋ならぬ大学綾波を作ってみたのに」

提督「いただきまーす!!」パクッ


141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 01:36:57.69 ID:yxqH4tLM0

一方その頃

暁「むぅ……」

雷「でもろーちゃんが盗むなんて考えられないわ」

電「ろーちゃんはいい子なのです!そんなことはしないのです!!」

暁「本当にやられたのよ!!」

響「見間違いだろう?」

暁「違うわよ!!」

雷「ならろーちゃん本人に聞きにいきましょう 」

響「そうだな、それが一番早いと思う」

電「じゃあ、まずはろーちゃんを探すのです!」

暁「手分けして探すわよ!!」

オー!!


142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 09:20:31.41 ID:yxqH4tLM0

提督「あれ味付けどうしたの?」

長門「味付けか?綾波のお小水に汗に砂糖」

ガチャッ

バタンッ!!

500「ふぅ……」

提督「ろーちゃん?どうしたの?」

500「なんか暁さんとかに追われてて……匿って下さい……」

提督「おいでー」チョイチョイ

500「え、はい……失礼しますです」ペコリ

提督「ここに隠れな」

500「机のした……です?」

長門「ここなら探す艦娘もいないだろう」

500「……ダンケ、ですって!!」





ガチャッ

暁「司令官、ろーちゃん来なかった?」

提督「ろーちゃん?いや、来てないぞ?」

暁「ありがとう、見付けたら教えて!」

バタンッ



提督「とまぁ、こんな感じで」

長門「安心しろ」

500「はいっ!」


143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 16:29:36.54 ID:MUKjpsTiO

数時間後

提督「……ろーちゃん?」

500「はい?」

提督「そこ退屈じゃない?」

500「大丈夫ですよ!」

ガチャッ

長門「戻ったぞ、浦風浜風谷風……で大丈夫だな」

提督「十分十分、ありがとう。こっちも仕事終わったから」

長門「後は……暁の口のなかに足柄を放り込んだぞ。記憶の消去も完璧だ」

提督「よくやった長門、今日はすき焼きだ!」

500「すき焼き……!!」ヒョコッ

提督「ん?ろーちゃんも食べたい?」

500「はいっ!」

提督「足柄のストックは無い……普通のすき焼きにするか」

長門「残念だ……」


144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 16:43:49.46 ID:MUKjpsTiO

グツグツ

提督「出来たよ」

500「いただきまーす!!あむあむ……」ガツガツ

長門「そうがっつくな、まだ沢山あるぞ」

提督「……」ゴクリ

長門「久し振りだな……パンツ以外を食べるのも」ゴクリ

500「え?」

提督「はむっ!!」
長門「はむっ!!」

500「…………えっと、味は……って!!なんで泣いてるんですか!?」

提督「ぐすっ……聞かないでくれ……」ゴシゴシ

長門「くそっ……!!涙で肉が見えん……!!」ゴシゴシ

500「えと……美味しい、からですよね?」

提督「当たり前だろ!!」ドンッ!!
長門「当たり前だろ!!」ドンッ!!

500「ひっ!!」ビクッ!!


147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 20:05:10.46 ID:yxqH4tLM0

次の日

提督「パンツ食べるのはもう止めよう」

長門「何を言っているんだ」

提督「すき焼きで俺は目が覚めた、何であんなものを食っていたんだろうか」

長門「提督らしくないぞ、ほら。朝は朝潮のホイル焼きを作ってみたぞ」

提督「は?」

長門「えっ?」

提督「もう朝は食べたから……パンツは後で返しに行くぞ」ガタッ

長門「……提督、お前おかしいぞ?」

提督「ああ、おかしかったな……今まではな。おかしいのはお前だぞ長門」

長門「提督っ……!!」バンッ!!

提督「話は終わりだ」


148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 21:48:16.70 ID:yxqH4tLM0

しばらくして

提督「さーて、返した返したー」

長門「本当にいいのか……?」

提督「ああ、いいんだよ」

長門「……そんなの提督ではない!!私が知っている提督は……」ゴソゴソ

提督「もういい、お前も部屋に戻れ」

長門「……」グッ……

提督「さてと、仕事仕事……」







長門「正気に戻れえええええぇぇぇぇっ!!!!」パァンッ

提督「むぐっ!?」

長門「どうだ!!放置に放置を重ねた電のお漏らしおぱんつだ!!!!」

提督「……!!」

長門「……」

提督「……ごくっ!!」

長門「提督……!!」

提督「ありがとう長門……俺、自分見失ってたよ……」ギュッ

長門「提督っ!!」

提督「俺はとんでもないことをしていた……こんな俺でもまた付いてきてくれるか……?」

長門「当たり前だ!!どこまでも付いていくぞ!!」グッ

提督「ありがとう……!!なら取り戻しに行こう!!」グッ


提督「俺達のパンツをっ!!」ドンッ!!
長門「私達のパンツをっ!!」ドンッ!!

終われ


152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 23:05:25.60 ID:yxqH4tLM0

提督「ひゃああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」バンッバンッ!!

長門「うひょおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」バンッバンッ!!

提督「けけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけ!!」ケラケラ

長門「はははははははははははははははははははははははは!!」ゲラゲラ



提督「いやっふううううううううううううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」ガタッ!!
長門「いやっふううううううううううううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」ガタッ!!



提督「キタコレェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!」パァンッ!!
長門「キタコレェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!!!」パァンッ!!

























提督「今日の収穫は0です」

長門「……さっきのは?」

提督「ぬか喜びだよ」フッ


153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 23:24:59.57 ID:yxqH4tLM0

提督「……仕方ない、この響のおぱんつでストロガノフを作ろうか」

長門「ストロガノフ?食べたこと無いな」

提督「まずパンツを玉ねぎ、キノコで炒めます 」ジュワアアアァッ

提督「その後この第六駆逐汁で煮込みます」 コトコト

提督「仕上げに響のお小水をたっぷり入れます」ドボドボ

提督「響ストロガノフの完成です。どうぞ味見を」

長門「はむっ……、これは……死なない体になりそうなホットな味だ!!不死鳥の秘密はお小水にあったのか!!パンツのシミもスープと絡み合ってまろやかな味わいに!!響大好き提督なら絶対に味わうべき物だ!!」

提督「と言っていますが響好きの皆さん。是非作ってください。作れ」


155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 23:55:31.93 ID:yxqH4tLM0

提督「……駆逐艦以外の艦娘のパンツの味が気になる」

長門「駆逐艦以外は認めん!!」

提督「と言うわけでここに大鳳、瑞鳳、龍驤のパンツを持ってきました」

長門「そういうのなら私は認めよう……」

提督「しかし、出汁が無いな……」ウーム

ガチャッ

ほっぽ「マタキタ」

提督「あー、ほっぽちゃんようこそ」

長門「ほら、今日は52型の飴だぞ、イチゴ味だ」

ほっぽ「ワーイ!アッ、ソウダ。コレオネエチャンカラ」

提督「ん?」パカッ

ほっぽ「イマシンカイデハヤッテル」

提督「……タ級の潮……いらんな、まあありがとうね」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」イヤイヤ


156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 00:10:38.45 ID:+bWzxtHZ0

ほっぽ「ブーン」トテトテ

長門「こらこら、そんなに走り回ると危ないぞ? 」

提督「子供は元気なのが一番だよ」

ガチャッ

500「てーとく!オリョールから帰って……!?敵……!!」

提督「大丈夫大丈夫、ほっぽちゃんは敵じゃないから」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」イヤイヤ

500「そうなんですか……?」

提督「そうだとしても……ちゃんとしてあるから」



ちょっと前

ほっぽ「テイトクノトコキタ!!」ムフー

憲兵「おやおやまた来たのかい?いらっしゃい、持ち物はこっちで預かるよ」ニコニコ

ほっぽ「コレ!」コトンッ

憲兵「はい大丈夫だね、飴あげよう。いってらっしゃい」ニコニコ

ほっぽ「アリガトウオジサン!」タッタッタッ





提督「という連絡を憲兵さんから聞いた」

500「憲兵さん仕事してない!!」


161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 22:47:54.00 ID:+bWzxtHZ0

提督「よーしよし」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」イヤイヤ

長門「よーしよし」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」

500「いい子いい子」ナデナデ

ほっぽ「モット!」ムフー

提督「ずるいぞー!!」ビシッ!!
長門「ずるいぞー!!」ビシッ!!

500「へ?」ナデナデ

ほっぽ「テクニシャン……」

提督「俺も」
ほっぽ「サワンナ!」バシッ

提督「ひぇっ」

500「ろーちゃんと遊ぶ?」

ほっぽ「アソブ!!」ムフー



長門「分かるぞ、その気持ち」ポンッ

提督「味方はお前だけだよ……」


162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 23:47:04.33 ID:+bWzxtHZ0

500「そうしたら、ここをこうして……紙飛行機の出来上がり!」

ほっぽ「カミヒコーキ!カミヒコーキオイテケ!」ウオー

提督「今日は谷風、浦風のしょうが焼き風だ」ジュワアアアァ!!

長門「ほう、しょうが焼き」

提督「出来たぞ」



提督「どうだ?味は谷風7浦風3で作ってみたんだ、そこにしょうがを少し入れただけなんだが」

長門「もぐっ……ふむ、谷風のパンチが効いた味を浦風のまろやかさがうまくカバーしている、合わないようで合う組み合わせだ、しょうがのせいか体が熱くなるな」モグモグ

提督「ほう……はむっ、ん、美味いな……はいほっぽちゃんも」スッ

ほっぽ「イラナイ」キッパリ

500「駄目ですよそんなもの食べさせちゃ!」

提督「そんなものとは何だ!!!!」バアンッ!!
長門「そんなものとは何だ!!!!」バアンッ!!

ほっぽ「」ビクッ!!
500「ひっ!!」ビクッ!!


163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:04:39.10 ID:2pM9sC4I0

提督「はぁ……食った食った」

500「……」

長門「実にいい食事だった……」

500「ほっぽちゃんは何か食べたい?」

ほっぽ「オイシイモノ!!」

500「んー……でもほっぽちゃんは一応敵だから……どうしようてーとく」

提督「……しょうがないな、何か作るよ」





ほっぽ「ズゾゾー」

500「焼きそばですか?」

提督「うん、ソース焼きそば」

500「いいにおい……ろーちゃんにも作ってくれませんか?」

提督「いいよ、ついでにパンツ」
500「いらないです」

提督「アッハイ」


164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:18:39.97 ID:2pM9sC4I0

ほっぽ「スゥ……スゥ……」ムニャムニャ

500「くー……くー……」ムニャムニャ

提督「食べて遊んで寝る……子供だな」

長門「微笑ましいな」パシャパシャ

提督「さて……狩りに行くか」

長門「今日は誰を?」

提督「そうだなぁ……そういえば弥生とか卯月とか皐月とかまだ食べてないなぁ」

長門「そこを取りに行くのか?」

提督「ああ、今日は睦月型の出汁が余ってるからまた鍋にしようか」

長門「賛成だ」


165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:31:08.59 ID:2pM9sC4I0

ほっぽ「……」ムクッ

500「くー……」

ほっぽ「オキテ」ユサユサ

500「んっ……、んー……?」ゴシゴシ

ほっぽ「テイトクイナイ」

500「ぁ……本当だ……」ムクッ

ほっぽ「ドウスル?サガス?」

500「んー……でもほっぽちゃん外出て見付かったらまずいし……」

ほっぽ「……」トテトテ

ガチャッ

500「でもここに置いておくのも……って、あっ!待って!!」



バタンッ!!



洗濯室

提督「イエェェェェイ!!」ゴソゴソ

長門「いやっふうううぅ!!」ゴソゴソ

提督「くんくん、これは弥生か被っとこ」スポッ

長門「すんすん……これは長月か、これは……夕立、……これが卯月だな」ズポッ

提督「皐月ー、そっちにあるー?」ゴソゴソ

長門「いや……まだ見付からん、匂いはあるのだが」ゴソゴソ

ガチャッ

ほっぽ「イタ!!」

500「ほっぽちゃん!どこまで……行く……」

提督「あ」
長門「あ」

500「……ほっぽちゃん、ちょっと入り口までお散歩行こうねー」

ほっぽ「……?ウン」

バタンッ

提督「これまずくね?」

長門「ああ、まずいな」


166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:44:11.57 ID:2pM9sC4I0

ろーちゃんはパンツ食べてるのは分かるけど多分市販のやつだと思ってたってアレ




憲兵「で、何か言うことは?」

提督「サーセン」

憲兵「……さて、来てもらおうか」

提督「それだけは勘弁してください!!」

500「……」

ほっぽ「テイトクナンデオコラレル?」

500「変態さんだからだよ」

ほっぽ「ホー」

長門(私は助かった……よかった)

憲兵「まったく、この子は拉致してくるし、この前なんか……」




港湾凄姫「ホッポヲシリマセンカ?ワタシノイモウトナンデス」

憲兵「ほっぽさん……?」ペラペラ

港湾凄姫「ウミデアソンデイタラカンムスニサラワレタトキイタノデキタンデスガ」

憲兵「んー……ほっぽ……来客リストには書いてませんねぇ」ペラペラ

港湾凄姫「ドウシヨウ……アノコイマゴロナイテル……アノ、ネコカンサイキモッタコガイタラレンラククダサイ。コレレンラクサキデス」スッ

憲兵「港湾凄姫さんね、はい分かりました」サラサラ




ほっぽ「オネエチャン!!」

憲兵「この子が帰りがけに通ったからその時初めて知ったんだ。港湾凄姫に連絡するか……」

500「ほっぽちゃんもう帰っちゃうの?」

ほっぽ「オネエチャンシンパイ、ショウガナイ」


167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 22:57:10.06 ID:2pM9sC4I0

港湾凄姫「アリガトウゴザイマシタ!アリガトウゴザイマシタ!」ペコペコ

憲兵「いえいえ、この馬鹿がご迷惑をお掛けしました」

提督「馬鹿じゃねぇよ」

ゴチンッ

長門「余計なことを言うな」

港湾凄姫「ホッポ、アイサツ」

ほっぽ「マタクルカラネ、オネエチャン」

500「え?……うん!またね!」

憲兵「コレあげよう。ロリポップという飴だよ」

ほっぽ「オオキイ!」ペロペロ

提督「ほっぽちゃん、またね」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」
港湾凄姫「サワルナ!」

提督「」

港湾凄姫「カエロウホッポ」

ほっぽ「ウン、マタネー」ブンブン



提督「……ふぅ」

憲兵「さて、パンツについてはゆっくり話し合おうか」ポンッ

提督「ひぇっ……」


168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:07:26.72 ID:Zj8lbYg8O

長門「それから月日が流れた。提督は捕まり、パンツ泥棒の犯人は提督ということで騒ぎも収まった」

長門「ふっ、所詮提督など捨て駒……」



睦月「あっ、長門さんこんにちはー!」タッタッタッ

長門「うむ」シュンッ



長門「はむっ……もぐもぐ、これからは私が駆逐艦を美味しく味わう番だ!!」ドンッ!!

終われ


171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:40:03.75 ID:2pM9sC4I0

ガチャッ

提督「ただいま」

長門「随分早かったな」

提督「嫌気差したから脱走してきた」

ほっぽ「テイトク!」

提督「あー、ほっぽちゃんようこそ」ナデナデ

ほっぽ「サワンナ!」

提督「久々にパンツが食べたいなぁ」

長門「ならこれを、パンツを甘酸っぱく味付けした酢豚ならぬ酢パンツ!子日をふんだんに使用しました」

提督「だからスパッツなのかぁ……ん?酢パンツ……スパッツ……掛けたのか?」

長門「いや?とにかく食べてみてくれ」

提督「はむっ!……んんっ!?美味しいっ!!元気な子日の汗でむれむれのパンツが塩っぽいかと思ったが甘酸っぱさをより引き出している!!どうやって作った!?」

長門「秘密だ」

提督「クッソー!!」ダンッ!!


172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/20(金) 23:46:47.82 ID:2pM9sC4I0

提督「あーパンツ食いてぇ……」

長門「もう無いぞ」

提督「足りんわ~」

長門「……盗ってきてやろうか?」

提督「いや、自分で行くさ」

長門「それで、誰のを盗りに行くのだ?」

提督「んー……誰がいいかなぁ……誰がいいですか皆さん」

長門「誰に向かって聞いている?」

提督「ほらそこの人だよー」クイクイ


176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 00:13:42.74 ID:nvSG8Nwt0

提督「と言うわけで電と初春のを盗ってきました」

長門「これをどうするのだ?」

提督「初心に返って天ぷらにしようと思います」ジュワアアアァ……!!

長門「素材をそのままいただくか……流石提督らしい考えだ」

提督「……よし、揚げすぎはよくないからこれでよし」カチャカチャ

提督「いただきまーす!さくっ……んっ、初春は上品な味わいだな。なんというか熟成された味だね」モグモグ

長門「のじゃロリだからな、年季も……いや、関係無いか」

提督「さくっ、さくっ……」モグモグ

提督「電は安定してるな……、今日は普通に油だから前より味は落ちるが、その油でも全然味が落ちないんだから凄いよ」モグモグ

長門「第六駆逐隊はまるで女神だな」ウンウン


180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 10:27:39.01 ID:nvSG8Nwt0

長門「というより、大丈夫か?駆逐艦大半はお前にトラウマ持ったぞ、一部は気持ち悪いと言っていたな」

提督「そういう言葉もおかずになります」モグモグ

長門「流石だな、私がパンツを盗るからまた騒ぎになってる。動くなら気を付けてな」

提督「おう」

ガチャッ

バタンッ

提督「……」

電「……司令官さん……?」

提督「電じゃないか」

電「い……いやあああぁぁぁぁぁぁっっ!!」

提督「ちょっ」

響「電!?……っ、司令官……」

提督「おお響、元気だったか?」

響「ああ、今目の前にいる屑が消えてくれればもっと元気になるさ」

提督「厳しいなぁ」ケラケラ


186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 19:24:11.29 ID:12Hw1qc2O

提督「じゃあね」



響「電、大丈夫か?」

電「ぐすっ、……うん……」

暁「ち、ちょっと電!?」タッタッタッ

雷「司令官が来たって本当!?」

暁「あの変態!またパンツ盗みに来たのね!!」

雷「そういえばちょっと前からパンツが無くなってたのよね、司令官かしら」

暁「どっちに行ったの!?」

響「あっちだよ」

暁「あっちって……睦月たちが危ないわ!!」

雷「響は電のこと見ててあげて!!さあ行くわよ暁!!」タッタッタッ

暁「ちょっと待ちなさいよー!!」タッタッタッ


187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 19:44:15.81 ID:12Hw1qc2O

提督「おっ、卯月」

卯月「司令官……?」

弥生「動かないで、司令官」ガシャンッ

提督「……どうした?そんな12.7cm砲なんか向けて……あっ!反抗期ってやつ!?」

弥生「ふざけないで」

睦月「弥生ちゃんに……提督!?捕まったんじゃ」

提督「パンツ食べたいから逃げてきた」
ドオオオォン!!

弥生「空砲。二度目はないよ」ガシャンッ

提督「おおこわっ」

菊月「何だ今の音は……お前か、把握した。支援する」ガシャンッ

提督「お前ら……俺にそんなもの向けるのか」

弥生「司令官は捕まった、貴方は脱走犯なんだよ」

菊月「捕まえるのに手段は選んでられない……」

提督「はぁ……お前らも変わったな」

弥生「……」

提督「この熊さんなーんだ!!」バッ

弥生「……なっ!!私の……!!」

提督「スキあり!!」パシッ!!

弥生「あっ……!!」

提督「重っ!!……へへっ」ガシャンッ

菊月「くっ……」ガシャンッ

提督「いや、撃たねえよ。俺は血がきらいでね」ポイッ

菊月「……」

提督「これ菊月に返すよ、パンツとブラ」パサッ

菊月「……!!ふざけるな!!」ドンドンッ!!

提督「そんなもん当たらんわ!!パンツは貰ってくぜ!!あばよ!!」タッタッタッ

睦月「ふぇ!?睦月のパンツ!!」

卯月「うーちゃんもないぴょん!!」

菊月「くっ……あいつ本当に人間か!?」


189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 20:09:48.24 ID:12Hw1qc2O

提督「ふぅ……」

ドンッ!!

提督「あぶねっ!」

ドオオオォン!!

不知火「避けないでください」

提督「いや、避けるからね?」

不知火「避けなければ一発で逝けますよ」ドンッ!!ドンッ!!

提督「逝きたくないでーす!」ヒュンッ

提督「……あれ?不知火お前……」

不知火「不知火に落ち度でも?盗まれるのが分かっていて履いてくる馬鹿は」

提督「ほー」ペラッ

不知火「なっ……!!不知火を怒らせたわね……!!」ドンッ!!ドンッ!!

提督「いいもの見せてもらった!!ありがとう!」タッタッタッ



不知火「……準備はできてますか?……そちらに向かってます……はい」



提督「次はどこに行こうかなー」タッタッタッ

浜風「いた!!撃て!!」

ドンッ!!ドンッ!!ドンッ!!ドンッ!!

提督「うひゃあ!!えーと!!」タッタッタッ

ガチャッ
バタンッ

谷風「ちきしょーめ!!出てこーい!!」タッタッタッ

提督「……ふぅ」

足柄「ふふ……待っていたわ」

提督「足柄!!」

足柄「私の下着……前からずっと探していました。それがあんなことに使っていたとは……」ガシャンッ

提督「ちょ!三号はやめ!!」

足柄「勿論です。でも貴方には償ってもらいますよ」

提督「……逃げよう!!」ガチャガチャ

提督「あれ、扉開かない」ガチャガチャ

足柄「お願いしますね」

大和「本当にいいのでしょうか……」ガシャンッ

武蔵「相手は凶悪犯罪者だ、構わないだろう」ガシャンッ

提督「ちょっと待て!!……46cm砲?」

足柄「三号でなければ……いいのでしょう?」

提督「ちょ!!無理無理無理無理!!流石に死ぬから」
足柄「てーっ!!」

ドオオオオオオオォォォォォォォォン!!ドオオオオオオオォォォォォォォォン!!


190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/21(土) 21:48:08.82 ID:nvSG8Nwt0

長門「全員いるか!!」

吹雪「大丈夫です!!全員います!!」

長門「……提督」

長門(鎮守府の一部が吹っ飛んでしまったな……)

提督「げほっげほっ」

長門「生きていたか提督」

提督「死んでたまるか……」

長門「堪能はしたか?」

提督「もっと食べたかったが……もう戻るよ」

長門「そうか……」

提督「また会おう長門、皆(のパンツ)をよろしく頼む」



長門「……」

吹雪「長門さん、どうしたんですか?」

長門「何でもない」

長門(私がこれから……提督の想いを継ぎ、駆逐艦を堪能するからな!!)

終わる



元スレ:提督「ここに第六駆逐隊のパンツがあります」 長門「何を言ってるんだ」

他サイト様の最新記事