1: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:38:19.98 ID:Qf7Unaa10

二○○○ 食堂
提督「…」

大井「…」



カレー「」



提督「…」

大井「…あの」


2: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:39:11.08 ID:Qf7Unaa10

提督「何だ」

大井「何だじゃないですよ、何やってるんですか。夕食には遅すぎますよ?」

提督「見ての通りだ。カレー食ってる」

大井「の割には…」



カレー「」ホトンドテツカズ



大井「完全に冷めてますよね、これ」

提督「…聞け。これには訳がある」

大井「何ですか」


3: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:40:05.95 ID:Qf7Unaa10

提督「まず、俺は今日一日、機嫌が悪かった」

大井「見るからにイライラしてましたね。駆逐の子が怖がってましたよ」

提督「横須賀から視察に来やがったジジイのせいだ。あの野郎、大将だからって調子に乗りやがって要らぬことをうだうだ…」アーダコーダ

大井「…あの、長引くならもう下がってもいいですか? さっさとお風呂に入って休みたいので」

提督「まあ待て」

大井「チッ …で?」

提督「腐っても上官だし殴り倒すわけにはいかん。ましてや部下に八つ当たりするわけにもいかない。結果、こいつに手が出た」コト

大井「ガムですか」

提督「ガムです」フンスッ

大井「」イラッ


4: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:40:51.61 ID:Qf7Unaa10

提督「今日一日で1ケース空にした」

大井「そのまま腹下せば良かったのに」(食べ過ぎは体に毒ですよ)

提督「本音と建前がひっくり返ってるぞ。まあ、そんな訳で一日ガムを噛みまくった結果……」

大井「何ですか」

提督「…猛烈に顎が痛い」

大井「知りませんよそんなこと!」

提督「マジで痛いんだって。モノも食えないレベルで」

大井「我慢しなさいよそのくらい! 大体、スルメじゃあるまいしカレーに苦戦する要素なんて無いでしょう!?」

提督「現代っ子は顎が弱いんだよ!!」ダンッ

大井「開き直った…!?」

提督「…おほん。で、ここからが本題だ。お前に頼みがある。このカレーを…」

大井「…」


5: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:41:24.43 ID:Qf7Unaa10



提督「俺の代わりに、噛んでくれ」



6: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:42:13.84 ID:Qf7Unaa10

大井「」

提督「どうだ」

大井「」

提督「おい」

大井「…はっ、いけない。北上さんがお風呂で待ってるわ」

提督「気でも狂ったか大井。北上は今佐世保だ。そしてここはリンガだ」

大井「トチ狂ってるのはそっちでしょう! 何なんですか代わりに噛めって!?」

提督「何ですかも何も、文字通り咀嚼しろって意味だが」

大井「あぁ、もう……じゃあ百歩譲って私が提督のカレーを咀嚼したとして、それからどうするんですか。代わりに食べればいいんですか。私、もう夕飯は食べましたよ」

提督「馬鹿言え、そんなことしたら俺の飯が無くなるだろ」

大井「チッ……馬鹿が馬鹿とか言うんじゃないわよ」

提督「そうじゃなくて、ここまできたら後はもう決まってるだろ」ニタァ

大井「」ゾクッ


7: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:43:02.37 ID:Qf7Unaa10

提督「Mouth to moutまてまて早まるな大井」

大井「提督の死体は夜、秘密裏に泊地近くへ投棄します。表向きには深海棲艦による奇襲で命を失ったことにしますので、名誉は守られます。良かったですね」カチャリ

提督「落ち着け。話し合おう。まずはその物騒なモノを下ろせ」

大井「十四年式です。酸素魚雷ほどじゃないけど、素敵でしょう?」

提督「だがそいつで俺を殺してみろ。余計に陸軍との仲がややこしくなるぞ。今の時代、銃弾を調べれば一発で…」

提督「……ハァ 仕方ない、無理にとは言わんさ」

大井「分かれば良いんです、分かれば」スッ…

提督「仕方ないから、利根にでも頼むか」


8: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:43:42.74 ID:Qf7Unaa10

大井「っ」ビク

提督「ああ、筑摩でも良いかもな。あいつなら利根を人質にすればすんなり…」

大井「そ、それは…駄目です」アセアセ

提督「ほう、何故だ?」ニヤニヤ

大井「ほ、他の娘を巻き込むわけにはいきませんっ!」

提督「でもなー大井が嫌って言うなら、心ある者として無理強いはできないしなーやっぱり」チラッチラッ

大井「…」

大井「…すか」ボソッ

提督「ん?」

大井「本当に、自力で食べられないんですか。どうしても、無理ですか」

提督「うん」b

大井「…」


9: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:44:48.20 ID:Qf7Unaa10

大井「…ふぅ」

 ガラッ ストン

提督「大井?」

大井「…」カチャカチャ パク モグモグ

大井「…ん!」

提督「」

大井「ん!」プルプル

提督(こ、これは……)ジー

大井「んー! んー…」ング

提督「あ」

大井「っ…もう! 食べるんですか、食べないんですか?!」

提督「す、すまん」

大井「もう…次はありませんからね?」


10: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:45:27.87 ID:Qf7Unaa10

大井「…」ハム モグモグ

大井「ん!」

提督「では…いただきます」ズイ

大井「」ドキドキ

 ちゅ

大井「ッ」ビク

 ぢゅるっ ぢゅっ

 ごくん

大井「あ…」

提督「…ふぅ。まずは一口」

大井(そう…まだ…)ポー

提督「どうした、大丈夫か? 無理はしなくても」

大井「だ、大丈夫ですっ!」パクッ

大井「ん」

提督(全然噛んでないけど、まあ良いか)


11: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:46:21.04 ID:Qf7Unaa10

 ちゅ ちゅる

大井(あ、舌が…)

 ちゅるっ ちゅるっ ちゅっ

「「…ぷはあ」」

提督「こ、これは中々…」

大井「…」

提督「大井?」

大井「…おいしい?」トローン

提督「っ!!」ドキューン

提督「そ、そうだな…よく分からなかったから、もう一回」

大井「仕方ないわね…」パク モグモグモグ…

提督(今度はめっちゃ噛んでる)


12: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:47:09.15 ID:Qf7Unaa10

大井「ふぁい」ズイ

提督「おっと」ダキッ

大井「んー…」ジー

提督(これは…)

大井「…」キラキラ

提督(完全にスイッチ入ったか…のか?)

 ちゅっ ぢゅ~…

大井「ん…んっ」

提督(見たことない顔…)

提督「…」ギュッ

大井「ふ、はっ、…提督?」


13: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:48:18.42 ID:Qf7Unaa10

提督「…」

大井「あの、離していただかないと、まだカレーが」

提督「ラップ掛けて、明日の朝食う」

大井「金曜日が終わっちゃいますよ」

提督「構わんさ。その頃にはもう顎も治ってるだろ」

大井「…」

提督「…なあ。何で今日、俺がムカついてたか分かるか」

大井「横須賀から来た奴、のせいでしょ?」

提督「奴の案内を押し付けられたんだよ。そしたら、見回りの最中にこいつを見られてさ」スッ



指輪「」キラキラ


14: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:49:09.48 ID:Qf7Unaa10

一○○○ 泊地廊下
スタスタ
大将「前線でさぞかし荒れているだろうと心配していたが、案外平和なものじゃないか」

提督「出張っていない連中はこんなもんですよ。四六時中片意地張ってちゃ、息が詰まっちまいます」

大将「それもそうか。ただ、緊張感だけは欠かしてはならん。分かるな」

提督(殿上人が知った口利きやがって…)「ええ、そうですね」

大将「時に、その指輪だが」

提督「あ、これですか」スッ

提督「お察しの通りですよ」

大将「そうかそうか。それはめでたい。で、相手は? 君の所なら、扶桑か?」

提督「いやあ扶桑なんて私には勿体無い」

大将「そんなことはあるまい。大局が見えているのならば、戦艦や空母を選んで然るべきだ。第一、駆逐艦や巡洋艦などに貴重な指輪を渡しても…」

提督「」イラッ


15: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:50:06.70 ID:Qf7Unaa10

提督「ははは。じゃあ、雷巡を選んだ私はまだまだ未熟ですな」

大将「雷巡…この泊地に雷巡は…」

提督「だいぶ前にそっちから寄越したじゃないですか」

大将「…ああ、そう言えば。何、それを選んだだと?」

提督「何か問題でも?」

大将「…余計なことを」

提督「あ?」

大将「元々こっちで評判が悪かったからそっちに遣ったと言うのに。そんなことをして、またつけ上がったらどうするのだ。第一、あんな金ばかり掛かる船に目を掛ける必要など」

提督「…」ガサゴソ

大将「ない…何をしている」

提督「お気になさらず」ヒョイパク ヒョイパク

提督「」クッチャクッチャ…

大将「き、君、それを止めないか」

提督「」クッチャクッチャ

提督「…何でしょうか、将軍どの?」ギロッ

大将「ひっ…ふ、不愉快だ! もういい、私は帰る!」


16: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:51:15.04 ID:Qf7Unaa10


大井「……馬鹿じゃないの」

提督「お前もそう思うだろ? 大体あの」

大井「アンタのことよ!」ゴッ

提督「痛」

大井「自分の立場くらい、自分で分かってるわよ! 北上さんと離されて、ここに飛ばされた理由も、上官達にどんな目で見られてるかも、陰で他の娘達に何て言われてるかも。今更言い訳なんてする気は無い。それなのに、どうして私なんかのために、上に楯突いたりするの? 危ない橋を渡るの? どうして…」

大井「どうして、私なんかに、こんなものまで……」スッ


17: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:51:54.29 ID:Qf7Unaa10

指輪「」



提督「そんなに大したことか? 命懸けで戦ってるお前達に比べたら、なんてことは無い」

大井「でも」

提督「聞け。俺は、褒められた人間じゃない。すぐにカッとなってしまうし、無茶苦茶言ってお前達を何度三途の畔に立たせたか知れん。だが…本当に取り返しの付かないところまで行きかけると、決まってお前が横っ面張って止めてくれた」

大井「馬鹿な作戦で死にたくないだけ」

提督「自分が無傷でも?」

大井「そんなの」

提督「人の本心なんて、誰も分からんさ。ただ、俺はお前を信じて指輪を渡した」

大井「…」

提督「それで、十分だろ? そして信じたとおり、お前は応えてくれた」

大井「…」


18: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:52:41.75 ID:Qf7Unaa10

大井「…で、その『信じた相手』に、食べ物を口移しさせるの」フフッ

提督「だってこうでもしないと、お前手出したら撃とうとするだろ」

大井「執務中にセクハラしてくるのが悪いのよ。まあ執務後に、誰も居ない所ならちょっとは…」

大井「! しまっ」

提督「ほう」ニヤニヤ

大井「ち、違いますこれは言葉の綾で」

提督「ちなみに俺はいつでもウェルカムだ」

大井「そんなこと聞いてないわよ! …でも、じゃあ、その」

提督「どうした?」

大井「このカレー、明日の朝食べるんでしょう?」

提督「ああ」

大井「じゃあ、その時…また、私を呼んで」

提督「!」

提督「…喜んで」ニッ


おしまい


20: ◆eXipHdytqM 2015/03/30(月) 23:57:03.43 ID:Qf7Unaa10

何か言われる前に全弾投下

大井っちはレズじゃないよ。ただちょっと、信頼した相手に色々依存しちゃうだけだよ

ちなみに嫁は川内です

ここまでご覧頂き、ありがとうございました



元スレ:大井「…馬鹿じゃないの」

他サイト様の最新記事