1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:25:33.19 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「ねえ、知ってる?」








愛海「『ブラジャー』の正式名称は『ブラインドジャスティス』。つまり『ブラジャー』は『見えない正義』なんだよ。」

モバP(以下P)「(真顔で何言ってるんだろう、この子……)」カタカタカタ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:26:17.81 ID:FXCFTIfc0

愛海「プぅーロデュぅーサぁー、最近私好みの仕事が来ないんだけどぉー、なんとかしてよぉー。仕事してないで聞いてよぉー。」グデー

P「色々取ってきてるから文句言われる筋合いはありません。…てか仕事しなきゃお前の仕事も取って来れんだろ。」カタカタカタ

愛海「私好みの仕事が欲しいって言ってるのぉー。」グダー

P「お前好み?例えば?」

愛海「えー…それを言わせるのかぁー。長い付き合いだから察してよぉー。…あ、じゃあ当ててみてよー。」グググッ…

P「ふむ……」





愛海「女性の柔らか成分を補給する仕事がしたいです。」キリッ

P「自分から言ってんじゃねーか。」

愛海「…あ!今思い付いた!『笑ってはいけない巨乳アイドル24時!罰ゲームは愛海さんからマッサージ!!』ってのはどうかな!?」ガタン!

P「深夜番組でも露骨過ぎるタイトルだな。」カタカタカタ

愛海「いいじゃんいいじゃん!プロデューサーも揉めるかもしれないよ?」

P「」ピタッ





P「…いや、炎上間違いないだろ。」カタカタカタ

愛海「一瞬迷ったでしょ。」




P「てか、お前は所属してるアイドルは粗方揉んだんじゃないのか?」

愛海「バカ言うんじゃないよプロデューサー!この棟方愛海が楽園天国に訪れて指をくわえて見ているだけだと本気で思ってる!?所属アイドル×2個の、エベレストから公園の砂山まで存在しているこの事務所だよ!?ちゃんとアイドルに自己紹介しながらトランスミッションを試したんだから!!」




P「トランスミッション?」

愛海「イエ~ス。ユースィー?」

P「アイ ドン ノー。」カタカタカタ




P「……よし、それなら今まで揉もうとして苦労したエピソードを何個か教えてくれよ。何かの企画に使えるかもしれんし。」ッターン!

愛海「苦労したエピソードかぁ…」ムムゥ…




愛海「……揉むのを回避された話になるけどいい?。」

P「構わん構わん。」

愛海「じゃあスカウトされて事務所来た時の話になるんだけど……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:26:59.79 ID:FXCFTIfc0


【vs.木場真奈美】


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:27:36.24 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「始めまして北海道を散歩してたらスカウトされた棟方愛海と申します。いやー北海道は寒くて寒くて手が凍っちゃうほどなんですよ。溶かすには人肌で温めるのが一番で……おっと手が豊満なバスト88cmに吸い込まれていくー!!」ヒュバッ!!


ガシッ!!




愛海【バカな…!この棟方愛海が、首根っこを捕まれるだと……!?】プラーン




真奈美「…随分面白い子を拾ってきたな、君は。」

P「まぁね。」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:28:12.40 ID:FXCFTIfc0

愛海「……あれから『おっと足が滑ったぁ!』や『よーし、サイコクラッシャーの練習だぁー!』も試したけど……全部首根っこを捕まれて返品された次第です。」

P「あったなぁ、そんな事。」シミジミ

愛海「揉みたくても揉めないそんな世の中はポイズンだよ。」

P「状況的にはお前がポイズンだよ。」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:28:40.58 ID:FXCFTIfc0


【vs.片桐早苗】


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:29:11.57 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「はぁ…いつ見てもでかいなぁ……」

早苗「?どうしたの愛海ちゃん。」ボイーン

愛海「……でかいなぁ。」ハァ…




『愛海よ…愛海よ……』




愛海「(あ、貴女は私の心にひっそり住んでる乳神様!!)」


乳神『欲望のまま、目の前にある山の形を確かめるのです。』


愛海「(で、ですが!相手は元警察官…私のような一般素人が突っ込んだ所で結果は目に見えて……)」


乳神『やらずに後悔するより、やって後悔する方がいい……涼宮さんのクラスの美人で委員長な宇宙人が言っていましたよ。』

愛海「(その人存在を消されましたよね?)」


乳神『……さあ、行くのです。その先にある、たわわで柔らかでフェスティバルを求めて……』

愛海「(……はい!やります!!消される覚悟を胸に秘め…参ります!!)」キリッ!


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:30:03.52 ID:FXCFTIfc0

愛海「早苗さん!!」ガバッ!

早苗「お、どったの?」キョトン

乳神『頑張りなさい、愛海…!!』




愛海「ヘヘッ…誰がテメェなんか……」ユラ~…

早苗「?」

乳神『?』





愛海「テメェなんか怖かねぇッ!野郎ブッ揉みしだいてやるぁぁぁ!!!」グオッ!!

早苗「ほぅ。」スッ…

乳神『あ、これアカンやつだ。』


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:30:48.57 ID:FXCFTIfc0

愛海「……いやー、乳神様がくれた鋼の冒険心じゃ大いなる遺産は手に入らなかったよ。事務所の端から端まで飛んでって頭が晴れ晴れユカイになったし。」

P「よく生きてたな。」

愛海「……正直、その後の記憶がない。」

P「(…打ち所が良かったのか、悪かったのか……)」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:31:39.89 ID:FXCFTIfc0


【vs.兵藤レナ】


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:32:49.88 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「レナさーん!揉ませてー!!」ウッヒャー!

レナ「あらやだ凄くストレート…その心意気は好きだけど。」



レナ「…そうね、私にポーカーで勝てたら揉ませてあげるわ。」フッ…

愛海「ほんとに!ほんとのほんとだね!!」ズイッ!


レナ「でも、ただの勝負じゃ面白くないわね……普通は掛け金が無くなったら衣服や身に付けてる物を賭け金として徴収するのだけれど…事務所でやったらプロデューサーに怒られそうだし。」

愛海「合法的に脱がせるなんて神の考えたシステムですね。」ニッコリ



レナ「…そうだ!ポーカーの役の差分によってペナルティーを設けましょう。」

愛海「ペナルティー?」

レナ「ワンペアとスリーペアだとスリーペアの勝ちだけど…ワンペアよりスリーペアの方が役が2つ上って事は分かるよね?」

愛海「うん。」

レナ「だから…そうね、この場合で私が負けたら衣服を二枚脱ぐわ。」

愛海「!!?」ガタガタッ!!

レナ「勝ち続けて一糸纏わぬ姿の私を負かせた場合、柔肌を直接揉むことが出来る……どう?」フフッ!


愛海「受けて立ちましょう!立たせてもらいましょう!!」ガォォォン!!

レナ「じゃ、交渉成立ね。」ニコッ




愛海「…あれ?じゃあ私が負けた場合は全裸の私がレナさんに揉まれるの?」

レナ「ルール上、服は脱いでもらうけど…私にそういう趣味は無いから。……そうね、全裸にした後に私が勝ったら…」パチン!



コツコツ…ガチャッ





清良「………」ニコニコ

レナ「その差分、お尻から座薬型栄養剤を飲んでもらおうかしら。」ニッコリ




愛海「」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:33:25.06 ID:FXCFTIfc0

愛海「……全裸で座薬は初体験だった。R-18ってのはあの状況に使われる言葉なんだとつくづく思った。」

P「お前ら事務所で何やってんの?」



P「…いや待て、そのルールを聞いた時にやっぱり止めるとか言わなかったのか?向こうの後出しペナルティーなんだから断る権利ぐらいあるだろ。」

愛海「…プロデューサー。目の前に豊満ボディーの全裸揉み揉みの権利がいただけるなら、多少のリスクは承知しないといけない……棟方家ではそういう掟なんだ。」

P「お前の両親は普通だった気がしたんだがな。」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:34:05.40 ID:FXCFTIfc0


【vs.高橋礼子】


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:34:51.57 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




礼子「~~♪」

愛海「礼子さんに小細工などしても敵わぬのは分かりきった事…なれば!正面突破に勝機有り!!」キラーン!

愛海「若さという強い力があれば礼子さんにも一歩及べるはず空も飛べるはず!!」ババッ!


ダダダダダダダッッ!!



愛海「お山の彼方へさあ行こうー!」ズヒョーン!!

礼子「!」サッ…


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:35:54.09 ID:FXCFTIfc0

P「……結果は?」

愛海「カウンターの要領で揉み返された。」

P「oh…」

愛海「腰が飛んでく程のテクニシャンだったので、今も弟子入り志願がてらにアルプス山脈に飛び込んでいます物理的に。」

P「そっかー。」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:36:40.94 ID:FXCFTIfc0


【vs.千川ちひろ】


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:37:49.97 ID:FXCFTIfc0

愛海「……あ、これ失敗…って言うのかな?」

P「柔らか登山欠乏症の時のアレか?」

※詳しくはシンデレラ劇場563話を参照



愛海「あの後、揉もうとした私の前で代わりの人を明日紹介するって言ってたじゃん?」

P「そこまでは俺も目の前で聞いてた。」

愛海「そして次の日、ルンルン気分で出社したんだけど……あー…プロデューサー知ってるかなぁ……」

P「ボディービルダーの女性でも来たのか?」










愛海「…牛頭馬頭って知ってる?」

P「ちょっと待て。」


※牛頭馬頭:地獄の亡者を責め苛む獄卒




愛海「ちひろさんの人脈にはマジでビビった。牛の頭と馬の頭だよ?しかも首の下は何故か女体になってるんだもん。揉んでて複雑な気持ちになったよ。」フゥ…

P「揉んだのかよ。無敵だなお前。」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:38:31.60 ID:FXCFTIfc0


【vs.浜口あやめ】


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:39:56.07 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「(NINK●にNARUT●…忍者に関する書物には全て目を通した。これであやめちゃんの胸の上にある螺旋丸を空圧拳できるはず……!!)」グッ!




…シュタッ!



あやめ「…ドーモ。アツミ=サン。ニンジャアイドルです。」

愛海「ドーモ。ニンジャアイドル=サン。登山家です。」



愛海「……はぁ!?」ビクッ!!



あやめ「…ハイクを詠め。」ギロッ

愛海「へぁッ!!?」ビクッ!!!








愛海【お、落ち着け愛海!!ここで安易に『アイエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?』なんて定型文を叫んだら死亡が確定する!!ここは……ハイク!!そう、ハイクを詠めば…!!】ピコーン!






愛海「……し、」

あやめ「?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:40:46.44 ID:FXCFTIfc0

下着ドロ

ブラ見て分かる

性癖よ


見えぬ正義も

ここでは無力か


by愛海


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:41:39.65 ID:FXCFTIfc0

あやめ「…………」

愛海「(…鑑定や、如何に…?)」ドクン…ドクン…












あやめ「………」スラッ

愛海「無言で抜刀したー!!」ガビーン!


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:42:24.81 ID:FXCFTIfc0

愛海「……危うくR-18Gになる所だったよ。竹光でも尻に刺さると痛いのなんの…」フゥ…

P「よく無事だったな…いろんな意味で。」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:43:06.36 ID:FXCFTIfc0


【vs.藤原肇】


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:46:14.83 ID:FXCFTIfc0

《肇ちゃんの実家・陶芸品作る場所》




肇「(最近おじいちゃんと一緒に茶器を作ってなかったから凄く新鮮な気分…)」クスッ




ススッ…ススッ…ススッ…




肇「(…?今日は私とおじいちゃんしかいないはずなのに後ろからロクロを回す音が…)」クルッ









愛海「手で作る茶器と言う物は全く同じ物が存在しない…それは女性のみが持つことを許された二つの山脈のように。」ススッ…ススッ……

肇「!?」


愛海「そしてこの回転を使い、作れる物は茶器だけではない……」ススッ…ススッ……ピタッ



愛海「さて…今日は肇さんのお祖父様に見ていただきたい陶器を御持ちした次第です。」ササッ



シュルシュル…コトッ


愛海「陶器『藤原肇山脈』」スッ…

肇「!?」

肇祖父「………」



愛海「陶器で女性の柔らかな部分を再現するのは苦労しました。肇さんと全く同じ形を作るのなら尚更…」フゥ…

肇「な、なんで愛海ちゃんが私の胸の形を知って…!?」

肇祖父「……」ジィー…

肇「おじいちゃんもじっくり見ないでー!!」


愛海「あ、ひっくり返すとお茶碗になります。」

肇祖父「…」クルッ

肇「お、おじいちゃん触らないで!!///」カァァ…


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:50:07.86 ID:FXCFTIfc0

P「……で、その後は?」

愛海「肇さんに釣り上げられた後、田んぼに沈められた。」

P「アイツもアグレッシブになったな。」

愛海「でも肇さんのおじいちゃんと仲良くなった。今度陶芸の教室やるからサポートしてほしいって。」

P「すげぇなお前。」







P「……で、藤原肇山脈は今どこに?」

愛海「肇さんのおじいちゃんが家宝にするって。」

P「家宝…か。……来月辺りに肇の家に家庭訪問行くか。」

愛海「………………」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:50:54.82 ID:FXCFTIfc0


【vs.小早川紗枝】


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:51:50.35 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




愛海「(紗枝さんは十分成長の余地有りにも関わらず柔らか如意ヶ岳を気にする和服少女。なれば!この棟方愛海が全指全霊で文字通り山に大を浮かべましょう!!)」シャキーン!

愛海「というわけで紗枝さーん!愛海ワキワキスペシャルを受けるとどんなオヤマも富士山越え間違い無しだよ!!さぁ!さぁ!!マッサージの許可を!!!」ズイズイズズイ!!






紗枝「………」ニコニコ




愛海【無言の笑顔!?これは一体何を……】



紗枝「…相手に要求を飲んでもらう場合、うちの要求にも答える…それが筋だと思われまへんか?」ニッコリ

愛海「(あ、たぶん地雷踏んだんだ。)」


紗枝「せやけど、熱意は本物とお見受けしますゆえ…1つ、うちの願いを聞いてくれへんやろうか?そしたら、愛海はんの願いを聞きますえ。」ニコニコ

愛海「(あれ?意外に好感触?)」

紗枝「うちの願いは、この紙に書いてある物を持って来る…ただそれだけどす。」スッ…

愛海「なーんだ、ただの買い物じゃん。大丈夫大丈夫、私にかかればどんな物でも…」パサッ


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:53:07.28 ID:FXCFTIfc0

・仏の御石の鉢


・蓬莱の玉の枝


・火鼠の皮衣


・龍の首の珠


・燕の産んだ子安貝


・ヘレンの国籍


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:54:20.03 ID:FXCFTIfc0

愛海「……かぐや姫フルコースでした。」

P「なんか変な物が混じってるぞ。」

愛海「初めの5つは揃ったけど最後のヘレンさんだけ無理だった。謎すぎるよあの人。」フゥ…

P「なんで難題5つはクリア出来てヘレンはダメだったんだよ。」








P「(まぁ、もし揃ったとしても…『聞く』とは言ったが『許可する』とは言ってないからなぁ……)」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:55:02.96 ID:FXCFTIfc0


【vs.大和亜季】


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:56:05.75 ID:FXCFTIfc0

《事務所》




亜季「~♪」スタスタ


愛海「(元グリーンベレー…元コマンドー部隊…元プロデューサーに一日中筋トレをさせ続けた女…等と様々な噂と柔らか戦車を所持するダイナマイトソルジャー。)」

愛海「(危険すぎる相手…だが!あの戦車を大破できるのであれば何発殴られようが刺された傷を蹴られるレベルの痛みを負おうが…耐えてみせる!!)」ゴォゥ!


ババッ!!





愛海「退かぬ!媚びぬ!揉みしだく!」カッ!!

亜季「!」ヒュッ!


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:57:06.28 ID:FXCFTIfc0

愛海「……退いたし媚びたし土下座した。内臓が破壊されるかと思ったね。」ホッコリ

P「命は投げ捨てる物ではない…」ホロリ…


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:58:06.11 ID:FXCFTIfc0


【vs.不思議な光】


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:59:20.92 ID:FXCFTIfc0

《事務所・屋上》




キャーキャー!!



こずえ「…あつみ……おむね…さわるのぉ…?」キョトン

愛海「あのね、大きさじゃないんだよ?」ワキワキ

仁奈「愛海お姉さん、な…何しやがるのでごぜーますか…?」ブルブル…

愛海「みんなが楽しくなることだよー。」ワキワキワキ

千枝「千枝…大人になれますか?」ドキドキ

愛海「なれるなれる。大人の階段登るし、君はもうシンデレラだし。」ワキワキワキワキ

ちひろ「(は、早く清良さんを呼ばないと…!)」アタフタ!









その時空から、不思議な光が降りてきたのです。



ア、アレハダレダー?

ダレダ?ダレダ?

ダレナンダー!?




愛海【チィ!ウサミン星人か…だが舐めるなよ?腰の部位破壊した後に胸板に乗ったウサギ餅を堪能させてもらおう!返り討ちじゃけんのぅ!!】クイッ


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:00:33.09 ID:FXCFTIfc0



クラリス「…悔い、改めよ。」



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:01:55.72 ID:FXCFTIfc0

愛海「……何故か光に当てられたちひろさんが灰になって消えた。」

P「完全に流れ弾じゃねえか。」

愛海「でもその翌日には事務所にいたけどね。」

P「……………」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:03:10.37 ID:FXCFTIfc0

愛海「………失敗って言ったらこれくらいかな。記憶を辿ればまだ出てきそうだけど精神的にキツい。」グヌヌ…

P「なるほどな~…」キュキュッ

愛海「お!プロデューサーが今書いてるのって私に合う仕事のプロット!?どんなや……」バッ!








『触ってはいけない美少女アイドル24時!触れたらお尻がさぁ大変!!』







愛海「…私のお尻が一体どうなっちゃうの……?」プルプル…

P「美少女で自分だと解釈するポジティブな心は大事にしておけ、愛海。」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:04:38.86 ID:FXCFTIfc0

愛海「…ルール!ルール説明を求める!!」

P「読んで字の如く。お前の好きな山が雪崩れ込むから我慢し続ければ欲しいものをなんでもくれてやる。失敗したら罰ゲームで尻に…」

愛海「女の子に尻バットはクレームくるでしょ。」



P「……尻に竹光。」

愛海「やめてください しんでしまいます。」





P「ま、詳しい内容は飯食いながら考えるとして今日は帰るか。送ってくぞ。」バサッ

愛海「あ、よかった。拷問なんてなかったんだ。」フゥ…

P「ほーら、行くぞ愛海ー。」ガチャッ…

愛海「はーい。」タタタタタッ…



ギィー、バタン









???「………」ニヤリ


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:05:28.13 ID:FXCFTIfc0

《翌朝・事務所前》




P「(あれから愛海と企画を話し合ったが…ダメだな、アイツの暴走を止めれなくなる。)」ハァ…

P「おはよーございまー……」ガチャッ



ちひろ「プロデューサーさん!昨日はありがとうございましたー!」ニッコリ

P「…え?昨日……ああ、ちひろさんの分の事務仕事ですか?あれはついでにやっただけで…」

ちひろ「いえいえ、そちらではなく机に置いてあった……」ピラッ…

P「ん?その企画書の表紙は俺が……」スッ…












その日……プロデューサーは思い出した。


ちひろに弱味を握られる恐怖を……


事務所の中に忘れていた企画書を……


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:06:30.83 ID:FXCFTIfc0


『触ってはいけないプロデューサー24時!触れたら望みを1つ叶えましょう!!』


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:07:43.93 ID:FXCFTIfc0

ちひろ「まさかプロデューサーさんがこんな企画書を考えていたなんて…」ニヤニヤ


P「……はぁ!!?」


ちひろ「遊びだとしてもこんな企画書を立案しようとしていたなんて部長が知ったらどんな処罰が下されてしまうのか…」オヨヨ…

P「いやいやいや!明らかに書き直した後があるし…そもそもそんな企画書の表紙だけで何を…」

ちひろ「似たような事を考えていたのが露呈されたら困るのは誰でしょうか?表紙だけ…それだけでも十分破壊力のある企画書ですね。」ニッコリ

P「ぐ、ぬぅ…」




ちひろ「(ちーひっひっひっ!プロデューサーと愛海ちゃんが面白そうな話をしていたから黙って聞いていましたが…財布の口が二年くらい前に買ったまま忘れられたジャムの瓶の蓋のように固いプロデューサー……これでドリンクの収益を一気に増やせる!!)」キラーン!




ちひろ「さあ!これを公にされたくなければ毎月スタドリエナドリ1ケースずつ購入しなさい!!」チーヒッヒッヒッヒッ!!

P「グッ…ドリンクは自分用で間に合ってる!」

ちひろ「そんな事言える立場ですかー?これが私の手違いで部長やアイドル達に漏れたらどうなるか…」ニヤニヤ

P「グヌヌ…」ギリッ…

ちひろ「さあ?早くしないと朝から仕事が入ってるアイドルの子達が来ちゃいま…」






ガチャッ


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:08:36.40 ID:FXCFTIfc0

部長「おお、プロデューサー君ここにいたのかね。」

P「部長!?」

ちひろ「え、部長!?」



ちひろ【何故部長がこんな朝早く…いや、これは好機!ここでヒッソリと企画書の存在を部長に臭わせれば……】ニヤリ



ちひろ「部長、プロデューサーの企画書の件についてお話が…」

P「ち、ちひろさん!?ちょっと待って…」






部長「そうそう、企画書の件なんだが…『触ってはいけないプロデューサー24時!触れたら望みを1つ叶えましょう!!』タイトルは改編した方がいいが、実に素晴らしい内容じゃないか。」




P「……え?」

ちひろ「……へ?」



部長「普段から仕事に追われ、疲労の溜まったアイドル達に御褒美をあげたい…だが普通に渡すとしても遠慮する子が出てしまう。そこで仕事という形式に…君への罰ゲームという形にすればアイドルの子達も心置きなくお願いできる……素晴らしい心掛けだ。君に対する常務の評価も高い…きっと許可してくれるだろう。」



P「………はぁ。」

ちひろ「………え?」



ちひろ「(え?え?一体何が……)」キョトン

P「(ちひろさんの悪ぶった自作自演かと思ったが…この反応からして違うっぽいな。じゃあ一体誰が……)」




部長「しかし放送するにあたって君の顔を出してアイドルに触るのは難しいな……ここはプロデューサー役を俳優…いや、女優に立てて……」フム…


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:09:13.59 ID:FXCFTIfc0


「その必要は無いわ。」ファサ…


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:10:13.50 ID:FXCFTIfc0

部長「おお!のあ君。君の言った通りP君はここにいたよ。」

のあ「……………」

P「」

ちひろ「」




P「…のあ、何故ここに……」

部長「彼女が忙しい君の代理として企画書を持って来てくれたのだよ。…それでのあ君、必要ないと言うのは?」

のあ「企画書の39ページ目。」スッ…

部長「ふむ……『今のテレビにはリモコンで投票を可能とする機能が付いている…それを使い、このシチュエーションに出くわしたら触るか触らないか……視聴者が決める事が出来る。』…ほぅ!つまりプロデューサーの意思ではなく視聴者の意思が反映されると!」

のあ「視聴者視点…Pはそこに目を付けたと言ってたわ。」

部長「ほぅ!ほぅ!!素晴らしい!!他の改善点は後々話を詰めていこう!」バサッ!

部長「では諸君、また会おう。」




ギィィ…バタン


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:11:14.04 ID:FXCFTIfc0

P「……のあ。」

のあ「…1つ、貸しよ。」フッ…


ちひろ「クッ…あと一歩の所で……そもそもなんでのあさんが企画書の内容を作成でき…」ブツブツ…

のあ「ちひろも、飲み友の牛頭馬頭が愛海のテクニックで陥落されたからってPに当たるのは筋違いよ。」

ちひろ「…え?いや、そんなつもりは……あの二人陥落されたんですか!?」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:12:27.27 ID:FXCFTIfc0

P「…のあ、1つ聞きたい。」

のあ「…何かしら?」ファサ…




P「お前よく39ページ以上ある量の企画書を作れたな。しかも流れからして一晩で。」

のあ「成せば成る、そういうものよ。」フッ…

P「…あのスピードを今後求められると困るんだが。」

のあ「……成せば成る、そういうものよ。」

P「そうかなぁ…」









後日この企画が通りプロデューサーが出演したこの番組は、出演したアイドルの調子がすこぶる良かったためか視聴率30%を超える大ヒット番組になったという。





愛海は願いの全てを却下され、枕を濡らしたという。








終わり


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:13:32.28 ID:FXCFTIfc0

スターライトステージのパステルイベントを走って4桁ギリギリに滑り込んだ紗枝Pです。

2人お迎え出来たのはいいけど、どうすればいいんだ…

混ぜてスターランクを上げるべきなのか、それとも観賞用で1枚を特訓せずに保持するべきなのか……



アニメが終わった今、次はイメージDVDみたいな感じで全アイドルが出てくれる事を祈ります。

散歩してる風景とか!祭りを楽しんでる姿とか!!シスター・プリンセスRePureのキャラクターDVDみたいな感じで!!!





お付き合い、ありがとうございました!



元スレ:愛海「超個人的なドリームフェスティバル!…再演!!」

他サイト様の最新記事