1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 11:57:46.92 ID:JJB6omHC0

梓「今日も部活勧誘ビデオの撮影頑張りましょう」

律「えーとりあえずお茶にしねー?」

澪「おい。昨日はやる気あっただろ」

律「だって思いのほか撮影が大変なんだもん。楽に終わって練習もしなくていいと思ったんだけどなー」

澪「……『狐その尾を濡らす』」

律「何それ?」

澪「ことわざだ。物事のはじめは易しいけど終わりが困難な事の例え」

唯「なんでキツネ?」

紬「子狐が川を渡る時にね、はじめは尾を高く上げて渡ろうとするけどそのうち疲れて水に濡らしちゃう事を言ってるの」

唯「へー」

梓「ほら行きますよ律先輩」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:02:48.24 ID:JJB6omHC0

律「あ、その前にみんなに言いたい事が……」

紬「なあに?」

律「その尻尾の話で思い出したというかなんというか。あのな、えっと……」

澪「……言いにくい事なのか?」

律「ああ、まあ……実は……うんん……」

律「ええい! 説明するより見てもらった方が早い! これを見てくれ!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:09:48.01 ID:JJB6omHC0

律は後ろを向き自分のスカートをたくし上げた。

澪「ぶっ! 何やってんだよ!」

律「いいから見てくれ!」

梓「え……律先輩の腰から何かが……」

唯「うわっなにこれー」

律の腰、ちょうど尾てい骨の延長線上に細長い物体がぶら下がっていた。

紬「……シッポ?」

シッポとしか言いようのないモノ。
犬や猫のようなふさふさなシッポではなく、人間に尻尾が生えていたらこのような感じだろうという尻尾。
肌色で毛は生えていない。
律のお尻の割れ目をぴったり隠すくらいの長さだ。
下着はパステルイエローで可愛げのある感じだった。


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:19:35.96 ID:JJB6omHC0

澪「ど、どうしたんだよこれ!」

律「なんか最近生えてきた。病院に行って調べたら尻尾だって言われた」

紬「わ……」

唯「……ちょっとアレだね」

律「ああ。尻尾ってもっとかわいいもんだと思ってたけどぶっちゃけちょっとキモイよな」

唯「うん、あいや……キモカワ?」

律「無理すんな」

梓「病気とかではないんですよね?」

律「その辺は大丈夫らしい」

紬「ウィンナーみたい……」

澪「ムギやめろ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:26:50.71 ID:JJB6omHC0

律「あー言ったらすっきりしたわ。まあ尻尾生えちゃったけどこれからもよろしくな」

唯「りっちゃんは何があってもりっちゃんだよ!」

律「サンキュ。それじゃビデオの撮影するか」

紬「今日はあれをやりましょ。澪ちゃんが唯ちゃんをおんぶしてりっちゃんは梓ちゃんをおんぶするの」

紬「それで廊下を走っていくの!」

梓「ええっ!? 恥ずかしいですよ……」

唯「まあまあいいじゃないですか」

紬「それじゃあ準備にとりかかろー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:34:24.80 ID:JJB6omHC0

唯「澪ちゃんいくよー」

澪「ああ」

唯「ほっ」

澪「っよし」

律「ほら梓も」

梓「はい……んっ」

律「うっし。準備出来たぞムギー」

紬「それじゃあ廊下の端まで走って下さーい」

澪「端まで!?」

律「きついだろ……」

紬「頑張って!」

律「へいへい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:42:13.31 ID:JJB6omHC0

律「はっはっはっ」

律「くそー流石にきついな……」

律「梓なら軽くて大丈夫だと思ったんだけど」

梓「まわりの生徒が見てる……恥ずかしい」

律「疲れるよりましだっての! ……あ」

梓「……ん?」

律「……」

梓「あ、あの律先輩。何かが私のおしりにあたってるんですけど……」

律「スマン、私の尻尾だ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:49:53.00 ID:JJB6omHC0

律「さっきから何故か逆立ってるんだ」

梓「あ、ひゃっ、ちょ! 擦れる……!」

律「う、うおっ……!」

梓「やめて下さい!」

律「好きでやってるんじゃないわい! くおお……なんか尻尾がしびれてきた」

梓「んっ、ふっ……んんっ……あんまり揺らさないで下さい」

律「無茶言うなよ……それにこっちだってきついんだ……あっ……んっ……!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 12:58:57.66 ID:JJB6omHC0

梓「やだ……なにこれ……あふっ」

律「うああっ! バカ耳元で変な声出すな!」

梓「だ、だって……変な所に当たって……あんっ」

律「っ! ……うぅ、変な気分になってきた」

梓「んふ……ひゃ、あ……? あっダメッ! そこはっ」

律「どうした?」

梓「わ、私のパンツの中に尻尾が入っちゃいそう……!」

律「げ!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:06:56.80 ID:JJB6omHC0

梓「やだっパンツずらさないで!」

律「好きでやってんじゃねー! ……うおっ! 布じゃない感触が……」

梓「きゃああ!? ちょ、律先輩!?」

律「んな事言ったって早くゴールするしか……ぐっ」

梓「あっだめそんなに揺らしたら――」

ニュブブッ

律梓「アッ――?!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:14:58.51 ID:JJB6omHC0

梓「あ……あ……!」ガクガク

律「うおお……な、なんか生暖かいものに包まれてる……ってこれって!?」

梓「りつセンパイの……ばかぁ……////」

律「えええ!? いやスマン! おふっ////」

梓「あ、だめ、動いちゃやぁあ……っ」

律「何だコレ……何だコレ……ぬるぬるしてる」

梓「っ!! そんな事言わないで下さ――ふああっ!?」

梓「やだっしっぽが膨らんでる……!」

律「うっ! はあはあ……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:25:00.71 ID:JJB6omHC0

梓「ンッ! ふにゃ、ハァ、アッ、んんっ……! りちゅせんぱい……わ、わたしもう……!」

律「お、おい! 大丈夫か梓!?」

梓「はあぁん、だめ、だめぇぇ……おんぶで、りつせんぱいのおんぶでキちゃうよぉ……!」

律「もうすぐ廊下の端だから! それまで頑張れ!」

梓「あはんっ! ご、ごめんなさ、わ、わたひ、もうだめでしゅ……! んっ、ふわっ、ア、ン――!!」

梓「んにゃああぁぁぁぁぁぁあぁあぁっ……!!!」

律「あ、あずさっ! うおっ締め付けられてる!? くうっア!? カニクリームコロッケ食べたい」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:33:08.84 ID:JJB6omHC0

唯「ゴール!」

澪「ぜえはあ……疲れた」

紬「お疲れー」

唯「あれ、りっちゃんたち遅いね」

律梓「」ビクッビククッブルル

澪「何やってんだあいつら……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:41:42.91 ID:JJB6omHC0

律「ゴ、ゴール……ぜえはあぜえはあ」

梓「……////」

唯「お疲れー。あれ、あずにゃんまで顔赤いよ?」

梓「へにゃ、こ、これは……なんでもないでしゅから……」

律「はぁはぁ……と、とりあえず休憩にしない?」

澪「そうだな。私も結構疲れが」

紬「それじゃあお茶にしましょう」

唯「やったぁ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 13:51:49.00 ID:JJB6omHC0

律「梓大丈夫か?」

梓「へあ? あ、はい……」

律「それじゃ下ろすぞ」

梓「あ、ま、待ってください!」

律「ん?」

梓「その……今足腰に力が入らなくて立てないかもしれないです……」

律「そ、そうか//// 仕方ない、部室までおぶっていくか」

梓「すいません……」

律「んじゃ行くぞ」

梓「はい、アンッ?!」

律「ぐえっ!? ちょ、首がじまる……」

梓「はぁぁ……あっすいません」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:04:15.99 ID:JJB6omHC0

律「とにかく部室まで行かなければ。後はこの階段を上るだけ……」

梓「……んっ」

律「はぁ……はぁ……」

梓「んっ! んくぅ……」

律「もう少しの辛抱だ」

梓「……っ」

律「梓?」

梓「あっだめこっち見ないで下さいっ……!」

律「お、おう」

梓(私今ぜったい変な顔になってるよぅ)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:11:44.57 ID:JJB6omHC0

律「はぁはぁ……うっく」

梓(律先輩も気持ちいいんだ……)

「あれ? りっちゃん何やってるの?」

梓「ッ!!」

律「へっ!? こ……これは軽音部の特訓なんだぜ!」

「へえーすごいね軽音部。それじゃあ頑張ってね」

梓(あ、だめ、きちゃう……!!)

律「おーう」

律「……はー心臓が破裂するかと思ったぜ」

梓「ッ――! ふはぁっ、ん~~~!! ア――っは! ん、くはっ……」

律「あずさ……?」

梓(頭がフットーしそうだよおっっ)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:28:49.62 ID:JJB6omHC0

律「梓着いたぞ」

梓「あ、はい」

ガチャ

唯「りっちゃん遅いよー。ってまだおんぶしてたの?」

律「ま、まあな」

梓「……せんぱい、私まだ立てない」

律「なぬ……とりあえずソファに下ろすぞ」

梓「すいません」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:38:59.39 ID:JJB6omHC0

澪「梓どうかしたのか?」

梓「ふえぁ!? いえなんでもないです!」

澪「そ、そうか」

律「っふー。体力使ったぜ」

唯「……んふ」

唯「私もりっちゃんにおんぶー!」

律「えっ!? 唯やめろ――うぐっ!」

唯「へへー」

律「今はマズイから!」

唯「へ? 何が?」

律「あーっと、疲れてるから!」

唯「そっかごめんごめ……ん?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:43:52.36 ID:JJB6omHC0

唯「何かおしりに当たってる」

律「うわあああああ」

唯「もしかしてりっちゃんの尻尾?」

律「す、すまん!」

唯「いいよーちょっとくすぐったいけど。ひゃっ! あははくすぐったーい」

律「はぁはぁ……タイツの感触が……!」

唯「りっちゃん?」

律(沈まれ、沈まれ!)

唯「おおお……んあっ?!」

律「ッ!?」

唯(しっぽがお尻に食い込んじゃった……!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:52:26.80 ID:JJB6omHC0

唯「そっ、そろそろ降りるね!」

律「おっ、おう!」

唯「……ひゃっ!?」

唯(しっぽがひっかかって降りれない!)

律「ああっすまん今しゃがむから!」

澪「何やってるんだあいつらは」

紬「?」

唯「はぁ、あ、うん。ありがと」

梓(ああ……唯先輩までしっぽの餌食に)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 14:59:42.19 ID:JJB6omHC0

律「よいしょ」

唯「ふう」

律「さてと私もお茶飲みたいぞー!」すっく

唯「あっ待って――」

ゴリュッ

唯「い゛ひいッッッ……!!!」ガクガク

律「おふっ!?」

梓「センパイ!?」

梓(唯先輩の肉芽があるであろう場所がしっぽの先端で抉られ……うわぁ……)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:06:13.96 ID:JJB6omHC0

律「す、すまん! 唯大丈夫か?」

唯「へあっ!? ちょ、ちょっとびっくりしただけだから! なんでもないよっ!」

律「そか、よかった」

唯「はぁ……はぁ」

紬「私もりっちゃんにおんぶしてもらいたいなー」

律唯梓「えっ!?」

律「そ、それはやめた方が」

梓「そうですよ! 律センパイも疲れてますし!」

唯「そうそう! ムギちゃんまでおんぶしたらりっちゃんの腰が折れちゃうよ!」

紬「……それはどういう意味かしらぁ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:12:52.79 ID:JJB6omHC0

唯「え? ……あ! 違うのそうじゃなくて!」

紬「酷いっ! 唯ちゃんや梓ちゃんはおんぶして私は重いからおんぶしたくないのねっ!」

律「えっ私!? ていうか誰もそこまで言ってない!」

紬「じゃあおんぶしてくれる?」

律「うーわかったよ……」

紬「いえーい♪」

律「げ、騙された」

紬「それじゃあ失礼して……んしょ」

律「あー」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:18:43.28 ID:JJB6omHC0

紬「えへ~」

律「……うっ」

紬「ん? え?」

律「も、もういいだろ?」

紬「りっちゃんのしっぽがぴくぴくしてる」

律「はやく降りろって////」

紬「う、うん……あっ、引っかかって……うまく……ん……あっ?」

紬「あっやだ……ご、ごめんねりっちゃん」

律(こ、この感触はまさか……パンツの中に……?)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:25:50.21 ID:JJB6omHC0

紬「んっ、あ、あれ? んー……ンッ!!?」

律「おふっ!?」

律(この暖かい感触……)

紬「あ、あ、どうしよう入っちゃったぁ……!」

律「やっぱりー! しゃがむから早く降りろ!」

紬「ふあ、あんっ! やぁ、力が入らないよぅ……んんっ////」

紬「ごめんりっちゃん。足に力が入らなくて動けない……」

澪「ムギまで何してるんだよ……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:32:36.24 ID:JJB6omHC0

紬「だ、だってぇ……澪ちゃんたすけてぇ」

澪「いや普通に降りればいいだろ」

紬「だって……な、中に……////」

澪「?」

律「澪たのむ! とにかくムギを持ち上げてくれ!」

澪「はいはい……よっ!」

紬「んんんっ!」

律「おうふ」

澪「これでいいか?」

紬「あふぅ……ありがとう澪ちゃん」

澪「どんな遊びだよ……ん?」

澪「おい律……なんで尻尾が逆立ってるんだ。それに見間違いじゃなければムギのパンツの中から出て来てたよな?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:38:21.26 ID:JJB6omHC0

律「わああっ!?」

澪「ま、まさか……」

梓「はぁはぁ……」

唯「ん……」

紬「ふやぁぁ」

澪「お、お前!!」

律「違うんだって! これは不可抗力でぇ!」

澪「この……バカ律ぅぅぅ!!」

律「わあああ!!」

澪「待てこの!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:43:07.70 ID:JJB6omHC0

ガチャ

さわ子「なあに騒がしいわね」

律「うわっ!?」

さわ子「きゃあ!?」

ドシーン

律「いてて……あれ?」

さわ子「んひぃっ!? この感じ……3年ぶりのぉ……////」

律「は、入ってる……」

澪「……いいかげんにしろおっ!!」

律「ぐえっ!? そんなに引っ張るなって――わああ!?」

澪「うわっ!?」

ドシーン


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:51:09.20 ID:JJB6omHC0

律「いてて……はっ!?」

澪「……」

律「ま、まさか……」

澪「……うぅ」

律「いや、入ってない! あぶねー……澪大丈夫か?」

澪「……なんで」

律「え?」

澪「なんで私には入れてくれないのよおっ!!」

律「えー……んな事言われても……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 15:58:54.06 ID:JJB6omHC0

澪「みんなにはそういうことするくせに私だけ……それって私の事は――痛っ!」

律「澪!?」

澪「うく……」

律「足捻ったのか? 見せてみろ」

澪「触るなよっ! 私の事なんて放っておけばいいだろ!」

律「んな事出来るわけないだろッ!!!」

澪「っ!」

律「いいから見せてみろ」

澪「あ、うん……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 16:05:13.33 ID:JJB6omHC0

律「……ちょっと腫れてる」

澪「大丈夫だよこのくらい」

律「うそつけ。顔に痛いって書いてあるぞ」

澪「……」

律「保健室行くぞ」

澪「でも」

律「いいから、ほれ」すっ

澪「えっ?」

律「そんな足じゃ歩けないだろ? その……おぶってやるよ////」

澪「りつぅ……!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 16:12:02.63 ID:JJB6omHC0

律「ほら早く」

澪「あ、う、うんっ」

律「よし、じゃあ行くぞ」

澪「うん……ひゃっ////」

律「……そこは我慢しろよな」

澪「だ、だって」

律「//// ……あ、あーやっぱりちょっと重いかも」

澪「うるさい」

律「……うっ」

澪「ンッ……ふぁ、はぁぁ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 16:18:37.07 ID:JJB6omHC0

澪「律のそういう所好きだよ」

律「ちょっ!? いきなり何言いだすんだよ! んああっ」

澪「でももう限界みたいだな」

律「あぅ////」

澪「『狐その尾を濡らす』、だ」

律「え? ……あー。てかそれだと私に堪え性がないみたいじゃん」

澪「あはは。それから保健室でゴールじゃないぞ。……ちゃんと家までお、おぶってくれなきゃ////」

律「家まで!? マジかよ……こっちの方が『狐その尾を濡らす』じゃねーか」

澪「ふふっ」

律「まあ今私の尻尾が濡れてるのは澪ちゃんのせいだけどな!」

澪「ばっ!? バカ律!!」ゴチン

律「いったぁ!?」



END


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/11(月) 16:42:32.02 ID:5cfrJLekP




元スレ:唯「カニクリームコロッケ」

他サイト様の最新記事