1: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/30(月) 23:46:05.06 ID:PgUOUd7Q0

アニメネタバレ、轟沈・時報・放置・ケッコンカッコカリボイスばれあり

アニメの提督視点を思いつきで書いてみたもの


2: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/30(月) 23:50:59.33 ID:PgUOUd7Q0

大淀「出撃していた第一航空艦隊から入電!!敵深海棲艦に回り込まれ撤退できません!!」

提督「くそっ、支援艦隊はまだ着かないのか!?」


蒼龍「…飛行甲板の火…消えないね…ごめん……」

赤城「蒼龍さん!!」

加賀「赤城さん!!」バッ

ドゴオッ

赤城「加賀さん!!そんな…」

加賀「赤城さん……あなたが無事ならいいの……先に逝って……待っているわね……」


提督「結局戻ってこれたのは赤城と飛龍だけか…だが…」

赤城「これじゃあもう治せませんね…ごめんなさい……雷撃処分……してください……」

飛龍「沈むのね…最期に月を肴に一杯やるかなぁ…」

提督「すまない赤城…飛龍…」

赤城「謝らないでください提督…今まで…ありがとうございました」

提督「赤城…」


3: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/30(月) 23:55:40.72 ID:PgUOUd7Q0

提督「赤城!!」ガバッ

赤城「きゃっ!?提督どうされたんですか!?」

提督「…またこの夢か……」

赤城「汗が凄いですよ…何か悪い夢でも?」

提督「すまない…執務中に居眠りして」

赤城「少し休まれたらどうですか?最近ろくに休まれておられないでしょう?」

提督「最近寝るたびに嫌な夢を見てな…仕事でもしてないとその光景が頭から離れないんだ」

赤城「大丈夫です、私が傍についてま――」

バン

金剛「HEY!提督ぅ―英国式金剛カレーが出来上がったヨー、召し上がれ♪ってどうしたんデスカ?」

提督「…何でもないよ、金剛は可愛いなあ」ナデナデ

金剛「もう提督ぅ~くすぐったいデース。あれ提督、目の下に隈ができてるネ」

提督「最近ちゃんと寝れてないからなー」

金剛「眠れないのなら私に良い案がありマース!!」

提督「何だ?」

金剛「それは後でのお楽しみデス」


4: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/30(月) 23:58:17.32 ID:PgUOUd7Q0

赤城「雷撃処分……してください……」

提督(またこの夢か……ん?あれは誰だ?見たことのない…駆逐艦?)

「……!!……!!」

提督(何か言ってる…けど聞こえないな。……いったいあれは…誰だ?)


金剛「もう提督ぅ…くすぐったいデース……」

提督「金剛…いつの間に潜り込んでたんだ?それよりあの夢に出てきた娘はいったい…」

長門「提督、起きているか?」

提督「長門、どうした?」

長門「司令部から連絡だ、む?何故金剛が提督の寝室で寝ている」

提督「寝かせておいてやってくれ、司令部は何て?」

長門「直接話したいそうだ」

提督「わかった今行く」


提督「大規模反攻作戦!?前の戦闘が終わってからまだ一週間も経ってないんですよ!?」

『わかっている、だから敵棲地が見つかるまで休ませろ。敵棲地が見つかり次第いつでも出撃できるようにな』

提督「前回の作戦で資源も高速修復剤もあまり残っていないんですよ!?」

『それまでにできる限り集めればいい』

提督「そんな無茶苦茶な…」

『文句があるならばお前を提督の任から解くだけだ』

提督「わかりました…やらせてください」

『それでいい、始めからそう言え』


5: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:07:16.00 ID:zPJZzLMU0

提督「ったく上は何を考えているんだ…資材はともかく高速修復剤はあと100すらないってのに…」

長門「第6駆逐隊に遠征を頑張ってもらうか?」

提督「いや、ボーキサイトの消費が激しいからな、彼女達にはボーキを集めてもらおう」

長門「了解した。昨夜はよく眠れたようだな」

提督「ん?何でだ?」

長門「目の下の隈が昨日よりマシになっている」

提督「同じ悪夢見たはずなんだけどな…金剛効果か?金剛安眠グッズでも開発するべきか…?」

比叡「お姉様のグッズ!?」

夕張「装備の開発!?」

提督「呼んでない、帰れ」

夕張「よく寝れない、そこで安眠のためのグッズというわけですね!!」

比叡「確かにお姉様が近くにいると安心してぐっすり眠れますね」

提督「人の話を聞いてるか?帰れ」

榛名「そう言えば提督は最近悪夢にうなされ眠れないとか…」

夕張「良い夢を見る装備か…」

比叡「夢ですか…見たいものの写真を枕の下に入れると良いと聞いたことがあります」

榛名「前に霧島が言ってましたね」

夕張「写真…装備…」

比叡「もちろん私は金剛お姉様の写真を」

榛名「榛名もです」

提督「お前らいつも持ち歩いてんのか。あと夕張そろそろ戻ってこい」


6: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:33:44.80 ID:zPJZzLMU0

数日後…

赤城「雷撃処分して(ry」

提督(またこの夢…そして前と同じで知らない艦娘……)

「……!!……!!」

提督(そして相変わらず何を言ってるか聞こえない…何かを必死で話しかけてきてるみたいだが…)

パッ

提督(場所が変わった!?どこだここは!?あの艦娘の服装も変わって…ドレス?)

「あの、あのぉ……」

提督(初めて声が!!…あれは指輪…?それにあの服装ケッコン…?)

「私、司令官のこと……大す……い、いえっ信頼しています!はい!」

提督「!!」

バッ

提督「…久しぶりにまだマシに目覚めたな…そして相変わらずいつの間にかいる金剛」

金剛「うーん……提督~?」

提督「起こしたか?つか何でいるんだよ」

金剛「良かったデス」

提督「何が?」

金剛「最近の提督は何かworryingな様子でしたから、今はとてもfreshデス!!これも私の愛のpowerデスね!!」

提督「愛か…あの娘ならあの悪夢を変えてくれる気がするな……」

金剛「提督?」

提督「今日は午前中久豆提督とこと演習だったっけ」

金剛「うー、私あの提督は苦手デース」

提督「俺もだ、でも今日は駆逐艦だけでの演習だから金剛は来なくていいぞ」

金剛「気をつけて行ってくださいネ?」

提督「食われはせんから大丈夫だ」


8: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:35:10.61 ID:zPJZzLMU0

久豆提督「ちっ、ちゃんと動けゴミが!!」

提督(こいつ相変わらず駆逐艦に対しての態度悪いな」

久豆提督「途中から声出てんぞ、駆逐艦だからじゃなくて使えねえからだ」

提督「そうか?」

久豆提督「良いよなお前のとこは良い艦娘揃ってて」

提督「お前のとこにも伊勢型や扶桑型いるじゃねえか」

久豆提督「駆逐艦だよ、俺のとこの特型駆逐艦なんてほんとゴミだぜ。何が最新のだっつの」

提督「特型駆逐艦…聞いたことあるな」

久豆提督「今お前のとこの第6駆逐隊と闘ってる奴らだ、特に1番艦のヤツが使えなくてな」

提督「特型駆逐艦の1番艦…?」

久豆提督「吹雪って名前なんだが陸上すらまともに動けねえからな、艤装つけて海出すなんて考えられねえ」

提督「艦娘なのにか?」

久豆提督「そうだ、名簿あるぞ見るか?」

提督「おう、どれどれ…!?これは…(夢に出てきた娘だ!!)」

久豆提督「ん?どうし――」

ドカア

「キャー!!」

久豆提督「騒がしいぞ!!演習ぐらいでわめくな!!」

提督「何があった!?」

那珂「電ちゃんと特型駆逐艦の子がぶつかっちゃったの!!」

提督「何だって!?ドック借りるぞ」

久豆提督「ああ、ったく世話焼かせやがって」


9: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:35:38.26 ID:zPJZzLMU0

久豆提督「そっちは大破で済んだみたいだな、悪いな俺のとこのバカが」

提督「深雪…だっけ?轟沈したんだろ、バカ扱いするのはどうかと思うぞ」

久豆提督「良いんだよ一度も実戦出ることなく沈んだ使えないヤツなんだから」

提督(やっぱこいつとは合わねえや)

久豆提督「そっちの艦を大破させたお詫びとは言っちゃ何だが何かやるよ、何がいい?」

提督「そっちは轟沈したんだから詫びならこっち側じゃね?」

久豆提督「お前のとこの艦娘は重要な艦だろ、上から怒られるとしたら俺だ」

提督「あっそう…そうだ、吹雪って子、俺のとこの鎮守府にくんない?」

久豆提督「あん?あんなので良いのか?こっちは処分が楽になるからいいけど」

提督「じゃあ交渉成立だな」

久豆提督「じゃあ後で伝えてくるわ、書類の手続きは頼んだ」

提督「了解」

久豆提督「にしてもあんなのが欲しいなんてお前変わってるな。まさかロリコ――」

提督「ちげえよ」

久豆提督「そうだよな、確かお前あの巨乳の空母の娘とケッコンしてたよな。良いよなーあんな可愛い巨乳の娘がいて」

提督「その言い方やめろ」

久豆提督「で、実際のとこどうなんだよ?」

提督「勘だよ」

久豆提督「勘?」

提督「あの子ならあの悪夢を変えてくれるかもしれない、そう思っただけだ」

久豆提督「悪夢?そういや空母四人が沈む悪夢をよく見るとか言ってたな」

提督「ああ…電も治ったみたいだしそろそろ鎮守府に戻るわ」

久豆提督「手続き忘れんなよー」


10: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:38:57.33 ID:zPJZzLMU0

吹雪「はあ…今だに艤装すら渡してもらえないです…」

山城「姉さま大丈夫ですか?」

扶桑「かすり傷程度よ、心配はいらないわ」

吹雪「どうしたら司令官に認めてもらえるんでしょう」

山城「艦隊にいるほうが珍しい戦艦って……ひどい言い方をされるよりはマシよ…」

吹雪「私はゴミとしか呼ばれたことありません…」

山城「……姉さま」

扶桑「はぁ。……空はあんなに青いのに」

山城「…不幸だわ」

久豆提督「おいゴ…特型駆逐艦吹雪、中にいるのか?」

吹雪「え?あ、はい!!」

久豆提督「話があるから出てこい」

吹雪「今行きます!!何でしょうか?出撃ですか!?」

久豆提督「お前移籍な」

吹雪「えっ」

久豆提督「地図渡してやるから荷物まとめてさっさと行け。艤装はもう送ったから」

吹雪「えっと解体じゃない…ってことですか?」

久豆提督「その方が良かったか?」

吹雪「い…いえ!!」

久豆提督「俺の同期で、今は俺よりかなりお偉いさんの提督がお前を指名してな」

吹雪「え?」

久豆提督「何か知らんがどうしてもお前が欲しいらしい。物好きだな」

吹雪「私が必要とされてる……?」


11: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:40:36.23 ID:zPJZzLMU0

提督「ふう…申請終了っと」

長門「提督、何を考えているんだ?」

提督「俺の勘なんだがな…特型駆逐艦の1番艦がこの先の作戦において必要になる」

長門「しかし大規模反攻作戦が控えている今、練度0の艦を育てる資源も時間はないぞ」

提督「大丈夫何とかなるさ。赤城」

赤城「何でしょうか?」

提督「彼女が来たら余裕があるときだけでいいから面倒を見てやってくれ」

赤城「わかりました提督」

陸奥「彼女をどこに配属するつもりなの?」

提督「第三水雷戦隊だ、あそこは今五人だし駆逐艦が二人いて打ち解けやすいだろ、それに川内と神通は面倒見がいいしな」

長門「では川内達に伝えてくる」

提督「そうだ、ついでに榛名率いる第四艦隊に演習に出るように伝えといてくれ」

長門「わかった」


吹雪「初めまして司令官!!吹雪です、よろしくお願いします」

提督「よろしく、君の配属先は第三水雷戦隊だ」

吹雪「はい、了解しました。……あの…私実戦経験どころか艤装をつけた経験もないんですけど…」

提督「大丈夫だ、心配ない、できる」

吹雪「でも…」

提督「今日は移動でもう疲れただろう。迎えを呼んである、荷物を部屋に置いて休んでくるといい」

吹雪「あ、はい!しつれいしました!!」

バタン

提督「傘をあんな風に鞄に入れたら危なくね?」

長門「どこを見ているんだお前は」

提督「だって顔見るの恥ずかしいけど、顔からそらし過ぎたら変じゃん?」

長門「何で恥ずかしいんだ、思春期の子供か」

提督(夢で見たからとは言えない)


12: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:42:07.41 ID:zPJZzLMU0

提督「反攻作戦に向け会議?わかりました、今からそちらに向かいます」

長門「司令部からか?」

提督「ああ、もし俺が出ている間に棲地が発見されるようなことがあった場合はこの編成で頼む」

長門「ああ…む?いきなり彼女を出撃させるつもりか?」

提督「棲地を発見ということは反攻作戦がすぐに行われるということだ。前にお前が言った通り時間がない」

長門「経験を積むには実戦が一番ということか」

提督「そういうこと、じゃあ留守は頼んだ」

長門「大規模作戦の会議ということは…」

提督「ああ、暫く帰れないだろうな。何かあれば打電でな」

長門「了解した、鎮守府のことは気にせず気をつけて行って来い」

提督「ああ…あれ?」

長門「どうした?」

提督「急な外出にも備えた俺の晩飯(弁当)がない、加賀」

加賀「何故私を見るのかしら」

提督「だって執務室いるし」

加賀「作戦の報告に来ただけ」

提督「俺の目を見て言えるか」

加賀「……補給は大事」

提督「やっぱりお前か」

加賀「何か?」

提督「開きなおったよこいつ、もういいや時間ねえし今回は見逃してやる」

加賀「やりました」

提督「こいつ…」


13: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:42:40.93 ID:zPJZzLMU0

提督「ったく…大事な書類送ったなら先に言っとけっての…ん?あれは…」

吹雪「無理だよね…私なんかじゃ……ん?あっ司令官!!」

提督「よっ」

吹雪「会議で鎮守府を離れたんじゃ…」

提督「上が大事な物送ったってのを連絡忘れててな。一時的に取りに帰ったんだ」

吹雪「そうなんですか…」

提督「で、何が無理なんだ?」

吹雪「それは……あの…司令官…どうして私なんですか?」

提督「どういう意味だ?」

吹雪「どうして私を呼んだんですか?私…何もできないのに……
今まで出撃させてもらったことすらないし、赤城先輩と一緒に戦うなんて夢のまた夢なのに…」

提督「……夢で見たんだ」

吹雪「え…?」

提督「そう、夢だ。俺が悪夢でうなされてたとき、夢の中で一生懸命話してきた子がいたんだ」

吹雪「それが…」

提督「そう、お前だ。こんな理由で呼んだって知られたら笑われるかもしんないけどな」

吹雪「いえ、そんなことは…」

提督「でもさ、夢でも何でもいいんだよ。大事なのは夢に進むことだ」

吹雪「夢に進む…」

提督「だからさ、何もできないってなら…今までがないってならさ、ここから始めて行こう。ないなら作ればいいだけだ」

吹雪「司令官…はい!!」

提督「!!」

(私、司令官のこと……大す……い、いえっ信頼しています!はい!)

提督(何考えてんだ俺!あれは夢…相手は駆逐艦…よし素数を数えるんだ2,3,5,7,11…)ブンブン

吹雪「司令官?」キョトン

提督「ふう…じゃあ俺はまた鎮守府を離れる。頑張れよ」

吹雪「あ、はい!!お気をつけて」


14: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:43:38.30 ID:zPJZzLMU0

提督「今戻ったぞ…って誰もいない。そういやW島攻略中か、もう夕方だし座ってたら報告に来るか」

ガチャ

長門「提督、戻っていたのか」

提督「ちょうど今な、本部からW島攻略の命が下りたんだろ?留守にしてて悪かったな」

長門「会議に出ていたのだから仕方がないさ…」

提督「で、結果は?」

長門「…提督、ご報告致します」

提督「あれ、いつになく真面目モード?…ごめん続けて」

長門「…本日一五四二にW島沖56キロの海域において、駆逐艦如月が敵艦載機の爆撃により大破炎上…
夕張達が捜索を続けていましたがもはや絶望的と判断し、11分前に捜索を断念しました…」

提督「え…それって……」

長門「……轟沈です」

提督「……そうか。わかった…すまないな、ご苦労だった。ゆっくり休んでてくれ」

提督(そうか…轟沈か……本部が無茶な作戦を立てなければ…俺が指揮を取れてたら…いや考えても仕方ない…
そんなもしもを考えたところで如月は帰ってこないし、そんなことを考えるのは如月に失礼だ)

長門「提督、大丈夫か?」

提督「ああ…落ち込んでる暇はない。大規模作戦の日程が決定したんだ、準備を進めないと」

長門「FS作戦のか?」

提督「ああ…MOだ」

長門「MO…」

提督「詳しくは後日説明する、今日はもう休め。少し一人で考えたいことがある」

長門「わかった、くれぐれも無理はするな」

提督「わかってる」


15: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:44:13.74 ID:zPJZzLMU0

提督「南西海域の資源…スコールか…敵艦もありと…高速戦艦がいるな」

長門「高速戦艦のみの艦隊か」

提督「金剛達が支援艦隊としての遠征から帰ってるはずだろ?」

長門「ああ、昨日のうちにな」

提督「じゃあ金剛四姉妹と…速さ…島風と…吹雪かな」

長門「吹雪を?」

提督「ああ、練度を上げたいし、それにまだ吹雪も睦月も立ち直ってないだろ?」

長門「昨日の今日だからな」

提督「俺は睦月とも吹雪ともまだあまり会話していない」

長門「あの子らが着任して日が浅いし、ここには艦娘が多いからな」

提督「そこでだ、明るくて頼りになる金剛達に吹雪を任せてみようと思う。そして吹雪なら睦月を何とかしてくれるはずだ」

長門「完全に人任せだな」

提督「それだけ金剛達を信頼しているんだ、さっそく吹雪達を呼ぶか」

長門「わかった呼んでこよう」

羽黒「司令、本部から伝文が…」

長門「む?丁度いいところに羽黒、吹雪と島風を連れてきてくれ」

羽黒「え?は、はい!!」

提督「伝文…MO攻略についてのか…」

長門「何と?」

提督「機動部隊の支援が欲しいとよ、編成を考えておくか」


16: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:45:51.14 ID:zPJZzLMU0

羽黒「連れてきました」

吹雪「駆逐艦吹雪、入ります!!」

島風「何の用―?」

提督「ああ、お前達二人と他四人に任務を頼みたい」

島風「任務―?」

吹雪「に…任務……!?」

提督「詳しくは他の四人も来てから話す、ここで待っててくれ」

吹雪「は…はい…」

島風「まだー」

提督「まだだ」

島風「おっそーい!!」ピョンピョン

提督「島風暴れるな、埃がたつだろヴ!!」ガツ

島風「いった――いっ!!」

提督「」バタン

吹雪「司令官!?」

陸奥「あらら…顎にもろに入ったわね」

長門「はあ…」

吹雪「司令官!!司令官大丈夫ですか!?」ユサユサ

長門「ただの脳震盪だ、揺らすな」

吹雪「ただのって…」

陸奥「大丈夫、いつものことよ」

吹雪「いつも!?」

長門「とりあえず医務室に運ぶか、羽黒」

羽黒「あ、はい。司令、大丈夫ですか…?」

提督「」


17: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 00:47:45.60 ID:zPJZzLMU0

提督「はっ…!!いつつ…島風め…」

長門「気がついたか、丸一日気絶していたぞ」

提督「丸一日もか…ってどうなった!?」

長門「提督の期待通り金剛達が何とかしてくれたぞ」

提督「流石は金剛だな、よしその金剛の腕を頼んでMOに向けた特殊編成を…」

長門「編成?」

提督「ああ、今ある艦隊を全て解散させ編成を組み直す。あたた…」

長門「急に動こうとするな。もう少し休んでいろ、艦娘達には私から伝える」

提督「悪いな、金剛―」

長門「金剛はこの部屋にはいな――」

金剛「HEY提督ぅ~、呼んだ?」

長門「……」

提督「ちょっと全艦隊を編成し直すから名簿と戦績表持ってきて」

金剛「了解ネ」

長門「そのぐらいなら私が…」

提督「長門は解散と再編成を伝えてきて、荷造りとかあるじゃん?」

長門「な、すぐにやるのか!?」

提督「ああ、明日までに編成を考えておく。団結するには早いうちが良いからな」

長門「しかし再編成をするといえどこんな急には」

提督「この前伝文があったろ?新しい艦隊…第五遊撃部隊を組む必要がある」

長門「第五…遊撃部隊?」

提督「そうだ…上が何を考えてるかはわからんがな」


18: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:03:56.47 ID:zPJZzLMU0

長門「で、一日考えた結果が何だあの編成は」

提督「何か問題が?」

長門「大有りだ!!他は良いだろう…だが何だこの第五遊撃部隊の編成は!!」

提督「戦艦一人、正規空母二人、雷巡二人、駆逐一人だけど」

長門「メンツが問題なんだ!!」

提督「個性的だろ?」

長門「個性的過ぎるわ!!」

提督「一応ちゃんとした考えはあるぞ」

長門「ほう、聞かせてみろ」

提督「まず正規空母二、雷巡二、戦艦一という編成は純粋に強い。潜水艦にも対処できるしな」

長門「ああ」

提督「加賀は一航戦で、正規空母の中でも赤城に続いて二番目に練度が高い」

長門「そうだな」

提督「そして雷巡だがうちにはあの二人しかいないし、まず大井北上を離すと俺の命が危ない」

長門「それは…否定できんな」

提督「赤城と二航戦は他のとこに入れたかったし、となると五航戦だ」

長門「軽空母じゃだめなのか?」

提督「制空権はとっておきたいし火力がな、翔鶴は榛名達との出撃経験もあって連携が組みやすい」

長門「消去法か」

提督「それに加賀と瑞鶴は仲が悪いからな、今のうちにある程度打ち解けて欲しい」

長門「金剛はこの編成の中でも気兼ねしないし、練度も高いというわけか」

提督「ああ、で吹雪は金剛と面識があるし…この編成を良い方向に導いてくれるかもしれん」

長門「吹雪がか?」

提督「ああ…なんとなくだがな」


19: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:05:18.35 ID:zPJZzLMU0

大淀「第5遊撃部隊から入電、全員大破!!」

提督「いきなり何やってんの!?旗艦誰よ?」

大淀「旗艦は金剛です」

提督「あ…金剛は考えるとかいうの苦手か…だが作戦は近いし高速修復剤を…6個かあ…」


大淀「第5遊撃部隊全員大破!!旗艦は加賀さんです」

提督「また!? あいつら何やってるんだ…高速修復剤…」


大淀「第5遊撃部隊全員大破!!旗艦は瑞鶴」

提督「三回目!? あ、あいつら旗艦選び実戦でやってるのか……また高速修復剤…」


大淀「第5遊撃部隊全員大破!!旗艦は大井」

提督「四回目だと…作戦間近っつってるだろ…高速修復剤…」


大淀「第5遊撃部隊全員大破!!旗艦は北上」

提督「もう勘弁してください…高速修復剤…」

長門「一時間たらずで30個とんだな」

提督「大規模作戦のための偵察とかで日々消費してるのにあいつら何してんだ…」

大淀「残りあと20個ですね」

提督「ふぁっ!?」

長門「……」

提督「やめてそんな目で見ないでくれ。高速修復剤は手配しようとしてるのに何故か手に入らないんだ…」

大淀「敵艦隊発見!!雷巡二隻ですが…今出撃できるのは第五遊撃部隊だけです!!」

長門「仕方ない…第五遊撃部隊出撃だ!!」

提督「流石に相手が二隻じゃ金剛と加賀いるんだしやられないよな…?」


20: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:08:31.66 ID:zPJZzLMU0

長門「吹雪が旗艦で上手くいったか…」

提督「俺の言ったとおりだろ?」

長門「高速修復剤を30失ったがな」

提督「…返す言葉もない」

陸奥「気持ちを入れ替えて提督、明後日のカレー大会なのだけど」

提督「そういやもうそんな時期か…作戦前と言えど士気にもかかわってくるし外せないな」

陸奥「これが参加者の名簿よ」

提督「足柄と羽黒、金剛…あいつらのカレーは辛くてうまいからな。辛党の俺としてはもう決まったようなもんだな」

長門「か、から――」

提督「そういや長門辛いのだ――げっ金剛の相方比叡!?審査員は長門に任せるよ」

長門「え゛」

提督「チョット俺ハ司令部ニ高速修復剤分ケテモラエナイカ交渉ニイッテクルカラサ」

長門「ま、待て!!」

提督「お前の苦手な辛いカレーじゃないのを選べるぞ」

長門「待てと言ってるだろう!!」

提督「一週間以内に戻る!!」

長門「おい!!」

陸奥「あらあら…大変ねえ~」

長門「人ごとだと思って…辛いのだけじゃなく、比叡も出るんだぞ…」

陸奥「比叡のご飯を食べて提督が二か月意識不明になったのはそう昔じゃないものね…」


提督「今戻ったぞ、残念だが他の鎮守府も司令部も足りないらし…え?カレー大会で金剛と比叡大破?高速修復剤使った?」


21: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:09:18.11 ID:zPJZzLMU0

提督「第五遊撃部隊もだいぶ様になってきたな。吹雪もあのメンツをよくまとめてるな」

長門「そうだな…だが提督、先日とうとう高速修復剤がきれてしまったぞ」

提督「明日からMOなのにか…だがそれよりも重大な事があってな」

長門「重大な事?修理ができないことよりか?」

提督「俺がここ数日高速修復剤を手に入れるために、色んな場所と連絡を取ったり直接出向いたりしてたのは知ってるだろう」

長門「ああ」

提督「そこでおかしな点に気が付いてな」

長門「おかしな点?」

提督「ああ、最近どの鎮守府でも大破艦が出るのが多いんだ」

長門「強い敵が多いだけでは?」

提督「いや、見事に相性が悪かったり回り込まれたり…まるで敵に行動が筒抜けになってるみたいにな」

長門「まさか…」

提督「ああ、敵にこちらの暗号が解析されている可能性が高い」

長門「本当にそうお思いなのですか提督、ですがそれだとW島の奇襲が失敗したのも…しかし」

コンコン

長門「何だ取り込み中だぞ!!」

陸奥「鎮守府沖に出ていた第五遊撃部隊から緊急の打電です」

提督「緊急?」

陸奥「加賀が大破したそうです」

提督「何だと!?」

大淀「提督、司令部から入電です」

提督「くっ…長門と陸奥は加賀の様子を見てきてくれ」


22: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:19:13.06 ID:zPJZzLMU0

提督「は…?はい…わかりました…しかし例の…え?ふざけんな!!」

大淀「どうしました?」

提督「あのクソ上層部、暗号の漏洩はありえないってよ。証拠が足りないらしい」

大淀「じゃあ暗号の変更は…」

提督「認められなかった…確かに俺の考えすぎかもしれんが…一応旗艦にだけは伝えておくか…何か嫌な予感がするんだ」

大淀「わかりました、提督室に呼べば?」

提督「ああ」

長門「提督」

提督「加賀の容態は?」

長門「大破だ、明日の出撃にはとても間に合わない」

提督「そうか…代わりに誰を入れるか…」

長門「その件だが提督、翔鶴が加賀の代わりに出撃させて欲しいと申告してきた」

提督「翔鶴が?」

長門「ああ、加賀の大破は瑞鶴を庇ってのものらしい」

提督「加賀が瑞鶴を…?そうか…」

長門「それでどうする?」

提督「そうだな…旗艦である吹雪の判断に任せてみよう。第五遊撃部隊をまとめてるのは吹雪だからな」

長門「わかった、吹雪が断った場合はどうする?」

提督「余ってるメンツで再編成をする、さっきの件は吹雪の返事次第で言う」

長門「わかった」

提督「喉乾いたな…このお茶貰っていいか?」

大淀「あ、提督それはまだ淹れたて…」

提督「あつあっ!?」


23: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:19:40.70 ID:zPJZzLMU0

吹雪「駆逐艦吹雪入ります!!うっ…」

長門「そう緊張するな、提督はお前を譴責するために呼ばれたのではない。逆にあのメンツをよくまとめていると誉めている」

吹雪「あ…ホントですか!?」

提督「……」コクコク

長門「だからこそお前に聞くが、提督は明日の作戦加賀の代わりに翔鶴を入れるか否かはお前の判断に任せるそうだ」

提督「……」コクコク

長門「先ほどの様子を見るに瑞鶴のメンタルも気になる、どうだやれるか?」

吹雪「それは……やれます!!」

長門「わかった、よろしいですね提督」

提督「……」コク

長門「では改めて出撃が決まったとこでもう一個話しておきたいことがある」

吹雪「はい…?」

長門「明日の作戦について、いや昨今の深海棲艦との戦闘において提督はある深刻な懸念を抱いておられる。これは旗艦であるお前にだけ話しておく」

吹雪「あの…その前に一つ良いですか?」

長門「何だ」

吹雪「何故提督はさっきから一言も…」

長門「提督は先ほどお茶で舌を火傷してな、上手くしゃべれないのだ」

吹雪「……えっと…大丈夫なんですか…?」

長門「気にするな、よくあることだ」

吹雪「よく…?」

長門「話を戻すが、提督の懸念とは深海棲艦が我々の暗号を解析して傍受している可能性がある」

吹雪「深海棲艦が私たちの使ってる暗号を!?」

長門「確証はない、だが疑念のある以上常に最悪のケースを想定して行動しろ。つまり作戦目的や艦隊の動向が漏れている可能性を考慮しろ」

吹雪「はい」

長門「話は以上だ、明日の作戦に備えて今日は早めに休め」

吹雪「はい、しつれいしました!!」

提督「…ずばばいば」

長門「はあ…、提督のこんな姿をさらすわけにはいかんからな…」


24: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:20:13.71 ID:zPJZzLMU0

提督「空母ヲ級を一隻大破に撃沈、翔鶴が大破か…」

陸奥「金剛にトラック縮地に向かうように言ってあるから大丈夫よ。現在位置からなら夕方までには着くんじゃないかしら」

提督「そうか、準備が終わり次第お前達も向かってくれ。鎮守府からなら第五遊撃部隊とそう変わらずに着けるだろう」

長門「提督どこへ?」

提督「加賀の様子を見てくる」


提督「加賀入るぞー」

加賀「提督…私の格納庫に何か御用?」

提督「加賀はどうしてるかなーと思ってな。準備は終わったのか?」

加賀「ええ、今は赤城さんを待ってるところよ」

提督「第五遊撃部隊の皆活躍したらしいな」

加賀「ええ、利根さんに聞いたわ。それだけを言いに来たの?」

提督「いや、昨日は入渠してて言えなかったからな。瑞鶴を守ったんだろう?偉いな」ナデナデ

加賀「やめてください、子供じゃないのだから」

提督「嫌だったか?」ナデナデ

加賀「嫌ではないのだけど…ん。大概にして欲しいものね」

提督「そうか」パッ

加賀「あ…」

提督「横、座っていいか?」

加賀「…ええ」

提督「ふう…そういや今日は第五遊撃部隊じゃなくて一航戦の部屋にいるんだな」

加賀「あの子達がいないもの」トス

提督「シャンプーの匂いがする…そういやあんな長時間入ってて皮膚ぐにゃってならないの?」

加賀「そう思うのなら高速修復剤を切らさないで欲しいのだけど」

提督「ぐ…返す言葉もない」

加賀「冗談よ、提督が私たちのために色々やってくれているのを知ってるもの」

提督「それは有難いな……なあ加賀」

加賀「何かしら」


25: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:20:52.19 ID:zPJZzLMU0

提督「他の艦を庇うのも良いけどさ、昨日みたいな無茶だけはしてくれるな」

加賀「私は耐えきる自信があったもの」

提督「慢心はダメ、赤城がいつも言ってるだろう。もしそれでお前が轟沈してしまったらどうするんだ」

加賀「夢で見るのかしら」

提督「あ?」

加賀「前に赤城さんが提督がうなされてる時に私や赤城さん、二航戦の事を呼ぶって」

提督「あー、あの間そんなこと言ってたのか」

加賀「赤城さんも作戦が決まってからよく見ると言ってたもの。私たちの沈む夢を…」

提督「赤城も?」

加賀「ええ…心配いらないわ。赤城さんを置いて私は沈むわけにはいかないもの」

提督「そうか…」

加賀「それに私、提督とこうしているのとっても幸せなのですもの…」

提督「加賀…」ジッ

加賀「提督…」ジィ

赤城「おまたせ加賀さ――」

ドンガラガッシャーン

ドサッ

赤城「あら?今もの凄い音が――気のせいかしら」

提督「」チーン

加賀「何でもありません」

赤城「あら?提督の靴が…提督は見当たらないですが…」

加賀「何でもありません。早く行きましょう、日が暮れてしまうわ」

赤城「ちょっと加賀さん押さないで――」

提督「」チーン←窓の下


26: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:22:03.22 ID:zPJZzLMU0

赤城「守れなかった…ごめんなさい…雷撃処分してくださ――」


提督「はっ!!ここは医務室…?」

間宮「びっくりしましたよ、道に倒れてるんですもの」

提督「くそ…加賀め……」

間宮「加賀さん?加賀さんなら三日前にトラックに移動したはずでは?」

提督「また三日気絶してたのか俺は」

間宮「いつもの事ですね」

提督「もはや俺が死にかけるのは日常と化してないか?」

間宮「気のせいじゃないですか?半分ほど」

提督「半分かよ、そうだ今大淀もいないから伝令自分でとらないと…よし気絶してた間連絡はないな」

提督「(それにしてもあの夢を見るのは久しぶりだな…吹雪が来てから見ることはなかったのに…)」

ジジジ

提督「入電?何々…夕立が改二になったか。ん?そういや吹雪って改になってたっけ?」

提督「(夕立の火力は駆逐艦レベルじゃなくなったってことは、主力部隊に加えて…吹雪を改にするため呼び戻すか?
MOは…別に第五遊撃部隊がいなくても……あれ?何か引っかかるな……まあ後で考えるか打電打ってと)」


赤城「雷撃処(ry」

提督「はっ、またこの夢…何だ?何が引っかかって……
漏れてた情報、MO、赤城…加賀…二航戦…ヲ級…W島…W島?」

バサッ

提督「確か深海棲艦が現れる遥か昔…艦娘の前世と言われる…あった!! ウェーク島攻略作戦

駆逐艦『如月』が敵投下の爆弾が、魚雷もしくは爆雷に当たって沈没…轟沈理由も場所も同じ…

ミッドウェー海戦、正規空母赤城加賀飛龍蒼龍が沈んだ闘い…FS作戦…この時もあったのか――ん?ヨークタウン?

翔鶴と瑞鶴と闘い大破…修理した後にミッドウェーにて蒼龍を撃沈…これは――

まさかとは思うが…あの夢は過去にあった出来事と同じ…いやこれから起ころうとしていること?

過去にあったという出来事を繰り返そうとしているのか?上に報告――いや上じゃ駄目だ

とにかく同じ事が起きようとしてるなら…至急MOを中止して全艦隊を鎮守府に戻さないと」

ドォオオン

提督「何だ!?あれは――深海棲艦の…くそっ!!残ってる娘達の避難を――」


27: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:23:04.88 ID:zPJZzLMU0

提督「あと何人避難できていない!?」

間宮『あと一人です!!提督も早く避難を――』

提督「俺は全員が避難が終わるまでここを離れるわけにはいかない!!先に行け!!」

間宮『でも――はい、提督…ご無事で…』

提督「……過去にも鎮守府が襲われた…か。確実に何らかの力が働いている…そしてそれに気づいた俺を消そうってわけか

その何かが俺を見張ってるってことは…運命にあらがうにはそれから隠れる必要がある…か――

今まで、そしてこれからの作戦を書いた指令書があれば俺がいなくても何とかなる…

死んだと見せかけてこの鎮守府から一旦離れる必要が――そうだ、全て見せかけだ…この作戦も」

ドゴォオオオオン


提督「ぐ…はあ…はぁ…何とか致命傷だけは避けれたな……無理やり止血して血の跡で行方がわかるようなことはない…

運命を変える…それだけの新しい力…戦力が必要だ……今大破してる連中を直すための修復剤も…

何にしてもまずは身を隠す場所を…それに傷を塞ぐものも…これで死んだら何もかも意味がない…」




金剛「目を離さないでって言ったのにぃ~!提督ぅー、何処で何してるデース!」

比叡「お姉様…」

榛名「あ、あそこの下に提督の服らしきものが!!」

霧島「破れまくってますね…血もたくさん……」

長門「瓦礫の周りに大量に飛び散った血…提督はこの下敷きに…」

夕立「もしかして提督さん…死んじゃったっぽい?」

吹雪「夕立ちゃん!!」

加賀「あの人はそう簡単に死にません」

長門「確かにあの提督なら何があっても死にそうにはな――ん?」

陸奥「どうしたの?」

長門「提督がいつも広げていたノートだ…これは…!!」

陸奥「作戦指令書…?」


28: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:24:03.31 ID:zPJZzLMU0

提督「う…しまった…気を失ってしまってたのか…?ぐ…」

「目が覚めたんですね」

提督「……君は…」

「私は装甲空母大鳳です」

提督「確か久豆提督のとこにいた…?うぐっ」

大鳳「動かないで、傷が開くわ」

提督「何で君がここに…君は轟沈したと聞いたが……」

大鳳「貴方も何かしらの力に気づいたんですよね?私達もです、貴方と一緒で見せかけですよ」

久豆提督「そういうことだ、わかったか」

提督「お前何でここに――」

久豆提督「おっと騒ぐな、折角隠れてるのに気づかれるかもしれねえだろ」

提督「何でお前がここにいるんだ?」

久豆提督「大鳳隠しておくにも飯とかの調達がいるだろう。お前見つけて手当してやったのも俺なんだぜ?」

提督「そうか、すまないな」

久豆提督「別にお前のためじゃねえ。お前が死んだら運命なんてもんを変えられねえかもしれねえしな」

提督「運命…そういや何でお前は気づいたんだ?」

久豆提督「前に演習中お前のとこの電ちゃんと俺のとこの特型がぶつかっただろ?」

提督「ああ、深雪だっけ?轟沈しちまった…」

久豆提督「調べたらよ、昔にも深雪は演習中に電と衝突して沈んでるんだよ」

提督「え?」

久豆提督「全く同じなんておかしいって思うだろ。そこにMOでの祥鳳だ」

提督「そういや祥鳳もお前のとこの――」

久豆提督「ああ、運命なんかくだらねえもんのために二人も沈めさせられたってのは癪だろ?」

提督「そうか…お前結構いい奴なんだな」

久豆提督「な、何でそうなるんだよ!!ったく…そうだ、お前のとこの鎮守府、今日MIに挑むらしいぜ」

提督「MI…?ミッドウェーか!?しかも今日だと…まずい…」


29: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:25:35.57 ID:zPJZzLMU0

久豆提督「五航戦の修理が間に合わず、一航戦と二航戦が沈む…だろ?瑞鶴と翔鶴は修理が間に合わないらしいぞ」

提督「くそっ…」

久豆提督「お前が吹雪をうちから引き抜くってときは何考えてんだと思ったがな。だが吹雪はお前のとこで翔鶴の運命を変えた
お前は運命に抗うための希望をあいつに見出したんだろう?俺じゃあ無理だったがお前ならできるかもしれねえ」

提督「?」

久豆提督「お前が求めたのは運命にない不確定要素、だが吹雪一つじゃまだ足りない」

提督「ああ、そうみたいだ…だが今日じゃもうどうしようも――」

久豆提督「だからそこで俺が力を貸してやる」

提督「何?」

久豆提督「まずは五航戦が間に合わないってのを変えよう」

提督「だが俺のとこの高速修復剤は――」

久豆提督「尽きてるんだろう?そして新たに手に入れられなかったのは邪魔があったからだ。だから俺が気づかれないように手配する」

提督「そんなことが――」

久豆提督「俺のとこのヤツを、俺がこっそり持ってってやるってんだ、俺だとばれないようにな
今からだと最初の出撃には間に合わないかもしれんが、後から追いつくことは可能だろうよ」

提督「だがそれじゃあお前が危険じゃ…」

久豆提督「そんなもん軍に入った時に覚悟してる。だがそれだけじゃあ足りない、もう一つの不確定要素がいる、単純な戦力だ」

提督「戦力?確かに戦力は欲しいがお前のとこの艦娘じゃ悪いが――」

久豆提督「力が働いて来れないってんだろ?だが力の働かないヤツが一人いる」

提督「一人?」

久豆提督「お前がとった見せかけ…轟沈したはずの大鳳になら力は強く働かない」

提督「それはつまり…」

久豆提督「ああ、お前のとこにくれてやる」

提督「だが――」

大鳳「私も同意の上です」

提督「…すまない、恩に着る」

久豆提督「礼を言うなら全て終わってから晩飯奢れよ、さて間に合わなくなる前に動くぞ」

提督「ああ!!」


30: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:26:24.12 ID:zPJZzLMU0

長門「大和が遅れて間に合わない…か」

陸奥「どうするの長門?」

長門「赤城の判断に任せるしかないだろう」

久豆提督「失礼しやす!!」

長門「何だ貴様は!!」

久豆提督「お荷物お届けしました、ここにハンコお願いしやす。ありやっしたー」

長門「何だったんだ今のは…?」

陸奥「長門これ!!」

長門「荷物の中身…!!高速修復剤と応急修理女神!!何故――いや考えるのは後だ。五航戦に早く使うんだ!!」



長門「翔鶴と瑞鶴は金剛達に追いついたか…作戦指令書の開封を指示した時間になったな。我々も出るぞ!!」

陸奥「行きましょう…この闘いに終止符を打ちに」


提督「思ったより体が動かないな…鎮守府に戻るのにかなり時間がかかってしまった…」

大淀「て、提督!?」

提督「待たせたな」

大淀『聞こえますか!!全艦隊、全艦娘に告げます。提督が…提督が鎮守府に着任しました!!』



提督「勝った…か、…かかってた力が無くなっていくような感じがするな…」

大淀「提督、いったい今までどこに――提督!?」

提督「歩いて戻るので傷開いた…」ドクドク

大淀「上への報告書は私が書いておくので、提督は傷の手当を!!」

提督「すまん任せる」


31: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:27:57.97 ID:zPJZzLMU0

提督「あのヤロー大量の高速修復剤運ぶついでに俺も運んでくれたら良かったのに…」マキマキ

加賀「提督」

提督「おう加賀と赤城か、お疲れ様」

加賀「無茶ばかりして…」

提督「それはお互い様だろ?つかこの前お前に突き落とされた方がダメージでか――」モガモガ

加賀「何のことかしら」

提督「ぶはっ、傷がまた開いたらどうすんだ。こっちは怪我人だぞ」

赤城「提督、貴方が期待した通り吹雪さんは私達が抗えなかった運命を変えてくれました」

提督「そうだな、でもそれはお前達が運命に抗おうと頑張った結果でもある。それに久豆提督の協力だな」

赤城「そういえば久豆提督から伝言がありましたよ、怪我が治ったら一杯付き合えって」

提督「そうか、そういやそんな約束を――」

ドダダダダダ

バンッ

―oh,ヨドデス?

提督「…金剛か、提督室にいたら確実に傷開いてたな」

加賀「大淀さんがここを教えるでしょうからすぐに来るでしょうね」

赤城「では私たちはそろそろ失礼します」

提督「おう、今日はゆっくり休めよ」

加賀「提督も…生きていたら」

提督「あれ?死ぬこと確定?」

加賀「失礼します」バタン

提督「ねえちょっと!?」

ドダダダダ

金剛「提督ぅ~!!生きてた…生きてたよう~!!」ギューッ

提督「痛い痛い痛い痛い!!傷口が――!!あ、でも柔らかくていい匂い…ああ花畑が見える」


32: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:30:22.30 ID:zPJZzLMU0

金剛「そうだ提督、ブッキーが呼んでたネ」

提督「金剛の胸の中で死ねるなら本望――え?吹雪が?」

金剛「あの場所で待ってるって言ってたヨ」

提督「あの場所…?どこだ」

金剛「提督とブッキーのmemoryな場所じゃないデスカー?」

提督「俺が吹雪と話した場所…提督室以外は…あそこか。ちょっと行ってくる」

金剛「提督一人で大丈夫デスカ?」

提督「…悪い、支えてくれるか?」

金剛「もちろんネ」


提督「いた…吹雪だ…金剛?」

金剛「ブッキーが呼んだのは提督だけデス。私は先に帰ってTea Timeの準備でもしてるネー」

提督「悪いな金剛、連れてきてくれてありがとうな」ナデナデ

金剛「ん…じゃあ今度美味しい紅茶淹れてくださいネー?」

提督「おう、とっておきの用意してやる」

金剛「楽しみにしてマース」タタタッ

提督「ふぅ…行くか」ザッザッザ

吹雪「……お帰りなさい、司令官っ!!」

提督「ああ、ただいま。えっと…お疲れ様、あとありがとう。お前のおかげで誰一人沈まないで済んだ」

吹雪「そ、そんなそれは皆頑張ったからで…それにお礼を言うのは私の方です。司令官のおかげで私海に出れて…皆と一緒に戦えました」

提督「それこそ俺は関係ないよ、吹雪が頑張ったからだ」

吹雪「いえ、司令官がこの鎮守府に呼んでくださったから私は頑張れたんです。本当にありがとうございました」

提督「……互いにありがとうだな」

吹雪「そうですね!司令官、今日は祝勝会と司令官の帰還祝いのパーティーをするそうですよ!!」

提督「パーティーか。赤城と加賀が喜びそうだ」

吹雪「大和さんもですね」

提督「はは、ちがいない。さてパーティと聞いたら早く戻らないとな。たくさん食って怪我を早く治さないと」

吹雪「肩を貸しましょうか?」

提督「ああ頼む、…吹雪」

吹雪「はい?」

提督「これからも…よろしく頼むな」

吹雪「はい!!こちらこそお願いしますね、司令官!!」



33: ◆3gUx0IpWPAqf 2015/03/31(火) 01:33:11.87 ID:zPJZzLMU0

長文駄文失礼しました

アニメ提督があまりに残念だったので、アニメに矛盾しない程度に頑張らせてみた
だが、結局残念な感じに?アニメで提督の言動が全くなかったのが悪い(遠い目

HTML化依頼出してきます


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/31(火) 02:33:38.81 ID:CfeIKhBCo


面白かった



元スレ:提督「特型駆逐艦の1番艦…?」

他サイト様の最新記事