1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:22:39.19 ID:DM2QlLPd0

律子「ええ、みんな目のやり場に困ってるんです」

小鳥「ええ?どういうことですか?」

P「急にそんなこと言われてもな、覚えがない」

律子「……本当に覚えがないと?」

小鳥「ええ、だってそんな……プロデューサーさんとわ、私がいちゃつくだなんて」

P「そうだぞ律子 音無さんと俺なんかとじゃとても釣り合わないって」

律子「……はあ、分かりました」

律子「それじゃあ取りあえず小鳥さん、プロデューサーの膝の上から降りてもらえませんか?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:28:18.84 ID:DM2QlLPd0

小鳥「え?膝の上……って、ああ!」

小鳥「ここ、プロデューサーさんの膝の上だったのね!どうりで居心地がいいと思った……」

P「いつの間に音無さんが俺の膝の上に…… そりゃあ何だか幸せな気分なわけだ……」

小鳥「すすす、すみませんプロデューサーさん!私、重かったですよね!」

P「いえ!そんなことは!むしろ大歓迎というか!」

律子「あーもう、良いから私の話を聞いてください二人とも」

律子「ですからね?今みたいに事務所でお二人にいちゃいちゃされると、他の子たちが目のやり場に困っちゃうんですよ」

真「……」

律子「こんな風に」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:36:46.28 ID:DM2QlLPd0

P「ああ、俺も驚いたよ…… まさかいつの間にか音無さんが膝の上にいたとは……」

小鳥「私もです…… 私、いつプロデューサーさんの膝上に乗ったのかしら……」

律子「いや、何ですかそのよく分からない設定!普通分かるじゃないですか!」

P「もしかして、今までも何度かこんなことが……?」

律子「ええ、そりゃもう結構な回数」

小鳥「う、嘘でしょう……?こんなことがたくさんあったなら、私幸せすぎて死んじゃいますよ!」

真「……」 伊織「……」

P「そ、そんな…… うちのアイドルたちが今まで見たことないような目でこちらを見ている……」

小鳥「765プロは皆にとって第二の家のはずなのに、どうしてこんなにもじもじしているの?二人とも……」

律子「いや、ですからね?二人とも」

律子「まずはその膝枕をやめましょう?とりあえず」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:43:33.10 ID:DM2QlLPd0

P「はっ!いつの間にか俺は音無さんに膝枕されていたというのか!」

小鳥「そんな!全然気が付かなかったわ!」

律子「いや、小鳥さんプロデューサーの頭撫でてたじゃないですか」

P「まさか…… 通りで夢ごごちだと思った……」

小鳥「私もです……まるで人生の絶頂かと思いました……」

律子「……ですから」

律子「それをね?事務所でやるなって言ってるんです分かりませんか?」

P「あ、ああ……悪いとは思ってる、思ってるんだが……」

小鳥「身体が、勝手に……」

真「……」 伊織「……」 美希「……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:48:05.73 ID:DM2QlLPd0

律子「……大体、仕事はどうしたんですか!仕事は!」

律子「お二人に事務所でいちゃいちゃしている余裕があるんですか!」

P「は?今日の仕事は全部終わったけど?」

小鳥「私も、書類整理は全部終わって今日はもう電話番だけですけど……」

律子(なんでこんな人たちが有能なのかしら……)

真「……あの」

P「お、おお 何だ?真」

小鳥「どうしたの?そんなにもじもじして、トイレかしら?」

真「違いますよ!」

真「あの!そんなにいちゃいちゃして、お二人は付き合ってるんですか!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:55:39.44 ID:DM2QlLPd0

小鳥「つ、付き……」

小鳥「ななな、何言ってるの!?真ちゃん!」

小鳥「私なんかとプロデューサーさんが、お、お、お付き合いなんて!」

P「そそそ、そうだぞ真!こんなきれいな人が俺と付き合ってくれるわけないじゃないか!」

小鳥「いえ、そんな!プロデューサーさんこそ優しくてかっこよくて、私なんかじゃとても!」

P「何言ってるんですか!音無さんの方が俺なんかよりずっと優しくて美人で!」

小鳥「いーえ!私なんかよりプロデューサーさんです!」

P「違いますぅー!小鳥さんですぅー!」

小鳥「いーえ!いーえ!プロデューサーさんですぅ!」

P「そもそも音無さんのどこが可愛いかといえば、その愛らしい表情から……」

律子「やめろ!もうやめろおおおおお!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/23(水) 23:59:54.13 ID:DM2QlLPd0

律子「はあー……はあー……」

P「な、なんだ律子急に叫びだして……」

小鳥「びっくりしたぁ……律子さん、どうしたんですか?」

律子「……はあ、はあ」

律子「……お二人とも気が付いてますか?またあなた方、いちゃついてましたよ……」

P「えっ」

小鳥「えっ」

真「……」 伊織「……」 美希「……」

伊織「……で?」

P「え?」

伊織「つまりあんたたちは、別に付き合ってるわけじゃないのね?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:07:31.81 ID:PV+GA40A0

P「ああ、その通りだ」

伊織「……てことはアンタたち、逆に言えば付き合ってもいないのに毎度毎度あんだけいちゃついてたわけね?」

P「あ、ああ、身に覚えはないが……」

小鳥「そう言うことになるのかしら……」

雪歩「……フケツ」ボソッ

美希「もうサッサとくっつけなの イライラするってカンジ」ボソッ

P「ん?なんか言ったか?雪歩、美希」

雪歩「……」

美希「……」

律子「あー、ですからね、お二人とも 私たちが何を言いたいのかというと」

律子「お二人が付き合うのも、イチャイチャするのも別にかまいません ただ、事務所の中ではやめていただきたいと、そう言う事です」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:12:48.70 ID:PV+GA40A0

P「あ、ああ……言いたいことはよく分かる……」

律子「それじゃあ……」

P「だがな、律子そう言う風に言われても困るんだよな……」

律子「はあ!?なんで……」

小鳥「……だって、無いんです」

律子「何が!」

P「さっきから言ってるじゃないか、俺たち、いちゃついてる自覚なんてないんだよ……」

律子「あっ」

響「なあなあ春香、プロデューサーとピヨ子、こっそり手つないでないか?」

春香「うん、もうあれくらいなら黙っておこうか……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:20:05.56 ID:PV+GA40A0

律子「一体、どうしたらいいのかしら……」

あずさ「うーん、困ってしまいましたね……」

小鳥「すみません、お恥ずかしながら……」

貴音「いっそ皆、諦めて目を瞑るというのはいかかがでしょう」

亜美「いやー、そいつは無理っしょーお姫ちん」

真美「真美たち、それが限界でジキソしてるわけでさ」

貴音「ふむ……」


社長「うむ、それじゃあこういうのはどうだろうか」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:22:12.60 ID:PV+GA40A0

社長「音無くん、プロデューサーくん」

社長「君たち、同棲でもしてみたらどうかね」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:27:37.26 ID:PV+GA40A0

P「どう……?」

小鳥「せい……?」

P「はああああ!?」

小鳥「社長!何言ってるんですか!?」

社長「わはは!いいじゃないか!君たち二人の様子を見ている限り、付き合ったところで何の問題もない」

社長「同じ屋根の下でたっぷりとイチャイチャすれば、事務所でまでそんなことはしないだろう?」

社長「覚悟を決めることだ、Pクン」

P「い、いやそんないきなり!律子もなんか言ってやれよ!」

小鳥「そうですよ、律子さん!」

律子「フーン……」

律子「……いや?良い案なんじゃないですか?」

P「えっ」

小鳥「えっ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:33:35.57 ID:PV+GA40A0

1か月後

P「いやー!あれから、あれよあれよと同棲の話が決まって行ったけど」

小鳥「良いもんですねえ!同棲って!」

律子「はあ……」

P「前までは事務所の中だけだった小鳥さんの魅力が、これまで以上に沢山見れて……
  知ってるか?律子 小鳥さんてめっちゃ料理美味いんだぞ!」

小鳥「そんなー、Pさんこそ いっつも家事を手伝ってくれて……もう大好きです」

律子「ヨカッタデスネ……」

P「小鳥さん小鳥さん、今日の夕ご飯は何にします?

小鳥「うふふ、今日は小鳥さんの大好きなハンバーグですよっ」

律子「……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:40:53.05 ID:PV+GA40A0

キャッキャ キャッキャ

伊織「……はあ」

美希「これはひどいの」

やよい「……」

伊織「ああ、やよいの死んだ目なんてめったに見られるもんじゃないわね……」

美希「ある意味すごいの」

やよい「……」

P「それじゃあ小鳥さん、帰ったら思うぞんイチャイチャしましょうね!」

小鳥「ええ、事務所じゃイチャイチャ禁止令が出てますからね!」

律子「……あーあ、事務所が爆発しないかしらね」

                       おわり


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/24(木) 00:42:04.60 ID:+In1h2P20

乙なの



元スレ:P「事務所で音無さんといちゃつくなって?」

他サイト様の最新記事