1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:06:01.79 ID:2epR0tQ30

P「春香ぁー取引先の人からお土産もらってな。よかったら食べないか?」

春香「あ、豆大福じゃないですか!頂きまーす」パク

P「ハハハ、よく噛んで食べろよ。餅をノドに詰まらせて死んでしまうってことが起こらないとも限らないしな。もっとも老人ならともかく春香に限って…」

春香「うぐっ……!の、のどにつまりまひ…ぐぐ!」

P「春香ああああああ!!!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:13:30.50 ID:2epR0tQ30

春香「ぷ、ぷろぎゅーひゃーさ…だふけて…」

P「クソ、こうなったら……いやでも!」

春香「う……いきがでぎ…」

P「……やむを得ん!」ビビッ

春香「……ぐ、ぐがっ!?」ビクビクッ

春香「おぼろろろろろろろろろろ」ビシャビシャビシャ


春香は盛大にリバースした。


春香「ハーハー……吐いちゃったけどなんとか取れたみたいです」

春香「でもどうして急に吐き気が…?」

P「春香……こうなった以上話さなきゃいけないな」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:18:41.44 ID:2epR0tQ30

春香「え、話すって何をですか?」

P「ああ、実はな…」

P「実は俺、超能力者なんだ」

春香「へーそうなん…本当ですか!?」

P「ああ。でも超能力とは言っても、使える能力はひとつだけ」

P「人に、ゲロを吐かせる能力だ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:31:37.14 ID:2epR0tQ30

春香「そ、そんな漫画みたいな…ただの冗談ですよね?」

P「じゃあさっき大福をノドに詰まらせた時に急に吐き気がしたのも偶然だと思うか?」

春香「超能力なんて言うよりはそっちの方が自然じゃないかと…」

P「そうか、じゃあ試してみるか…春香、ごめん!」ビビッ

春香「え、一体何を……ぐっ、うぐぐっ!急にすっぱい物が…!」

春香「おぼがっ…ぼるええええええ!」ビシャビシャビシャ


春香はまたしてもリバースした。


春香「ごほ!ごほ!一体なんなんですか?」

P「さあこれでも信じないか」ビビッ

春香「ぶっひがああああ!」ビシャビシャビシャ

春香「や、やめて下さい!信じますから!」

P「本当にすまない春香。これが俺の力なんだ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:40:00.58 ID:2epR0tQ30

春香「ひどいですよもう……でも今までそんな能力使ってました?見たことないと思うんですけど」

P「極力使わないようにしていた……いや、むしろ使いたくないんだよ!」

春香「え、そうなんですか?」

P「よく考えてみろ。瞬間移動とかサイコキネシスとかならともかく、人にゲロを吐かせる能力なんか何の役にも立たない!」

春香「そ、そう言われれば…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:48:17.63 ID:2epR0tQ30

P「俺がこの能力に目覚めたのは、確か10歳くらいの時だった」

P「その日は家族と夜遅くまで出かけてて、電車で帰ってた時だった。満員電車だったんだが、近くの席に酔っぱらいのおっさんがいたんだよ」

P「そのおっさんは汚い顔を真っ赤にして近くに女性に絡んでいた。女性は嫌がっていたけど周りの人間は誰も助けない。両親も見て見ぬふりだった。俺も怖くて何もできなかったよ」

P「俺は自分の無力さを怒りながらこう思った。あのクソ酔っぱらい親父が!ゲロでも吐きやがれ!と、心の中で激しく憤った。すると―」

春香「ま、まさか…」

P「なぜか突然その酔っぱらいは苦しそうにもがきだして盛大にゲロを吐いたんだよ」

春香「うわ……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:01:40.82 ID:2epR0tQ30

P「口だけじゃなく鼻からも吐瀉物が滝みたいに流れ出しててなあ…当然電車は大惨事で臭くてかなわんかったわ」

P「突然吐いたショックからかその酔っぱらいはそのまま気絶しちまってたよ」

春香「た、大変でしたね…」

P「あの時は偶然かと思ったが、その後も俺が誰かに憎悪を覚える度に似たようなことが起こった」

P「行列に割り込むやつとか、理不尽な理由で叱ってくる教師とか。レジ混んでるのにつまらんことで文句言って列を詰まらせるクレーマーとか」

P「そいつら全員が吐いた」

P「疑問が確信に変わったのは数か月後くらいだったか…俺は人にゲロを吐かせる能力に目覚めたんだと気付いたってわけだ」

春香「そうだったんですか……でもそう聞くと悪い能力でもないんじゃないですか?悪い人を懲らしめることができますし…」

P「馬鹿言っちゃいけない!」

春香「えっ」

P「そんな思ってるほど甘い力じゃないんだこれは!俺は二つの理由からこの能力をなるべく、いや絶対に使わないようにしているんだ!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:12:41.81 ID:2epR0tQ30

春香「二つの理由?」

P「まずひとつは、この力はあまりに強力過ぎる!」

P「11歳、小五のころだったか…クラスでいつも威張って乱暴する嫌なクラスメイトがいたんでな。懲らしめようと思って能力を使ったんだ」

P「そこで、せっかくだから遠足のバスの中で吐かせて恥をかかそうとしたんだ。その嫌な奴はこの期に及んで周りからおやつを奪おうとしてたし、何より俺も楽しみにしていた酢昆布を取られちまってたし遠慮はいらなかった」

春香「よかったじゃないですか?何がいけなかったんですか?」

P「……さっき言ったろう、強力過ぎたんだ」

P「俺が念じた瞬間、その嫌な奴は盛大にゲロりだした。周りは既に大騒ぎだったし奴も苦しんでいたけどおやつを取られた恨みもあったし構わず吐かせ続けたんだ」

春香「そ、それで…」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:22:06.50 ID:2epR0tQ30

P「口や鼻だけじゃなく目や耳からも吐瀉物が漏れ出していて、悲惨なことになった。それだけじゃなく…」

P「胃の内容物がなくなっても奴は透明な液体を怒涛の勢いで吐き出し続けていた」

春香「そ、それって…」

P「………胃液だ。吐くものがなくなっても胃液を絞り出して吐かせてしまっていた」

P「この辺りで俺はようやく気付いた………あいつ、息ができていない、って」

春香「えっ…」

P「口も鼻も吐瀉物や胃液で防がれて、呼吸困難に陥っていると察した俺は、念じるのをやめた」

P「奴は即病院に運ばれた。命は助かったけど、食道や目、鼻、口や耳が胃液で溶かされていて重症だったそうで、二度と学校には来なかった……」

春香「………」

P「俺はなんて軽率な行為をしてしまったんだって思った……俺は死ぬほど後悔したし、今でも……なんであんなことをしてしまったのか、俺は……」

春香「…………プロデューサーさん」

P「それ以来、俺は能力を使うのはやめた。下手をすると本当に命をも奪いかねない、危険な能力だからだ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:28:46.37 ID:2epR0tQ30

春香「辛かったんですね、プロデューサーさん……でも、私はプロデューサーさんを責めるつもりはありません。だって、それ以来は反省して能力は全く使ってないんでしょう?」

P「ああ、そうだ…」

春香「よかった・・・」

P「なんて思ったら大間違いだ!!!」

春香「!?」

P「そんな簡単なものじゃなかったんだ……二つ目の理由は、この能力は俺の意志に関係なく発動することがあるからだ!」

春香「意志に関係なく発動!?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:40:21.22 ID:2epR0tQ30

P「さっき、俺が人に憎悪を覚えるたびに発動したっていったよな?」

春香「はい、確かマナーの悪い人達とかにですよね?」

P「ああ、実はこの能力な……」

春香「はい」

P「どうやら俺がムカついた人間を自動的に吐かせる仕様らしい」

春香「え」

P「そう、たとえ俺が吐かせようなんて思わなくても勝手にな」

春香「……まさか、ちょっとしたことでもですか?」

P「ああ……例えば服屋に行った時に、しつこく商品を勧めて来る店員を鬱陶しく思った時や・・・」

P「テレビを見てて腹立つ発言をしたタレントに苛立った時にもうっかり発動していた。生放送だったんだ」

P「それと人間以外の生物も例外じゃないみたいで、近所のいつも吠えてくる犬も度々吐かせちまったことも…」

春香「迷惑すぎますね……あ、いえ、今のはその…」

P「いいんだ。その通りだしな」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:54:32.36 ID:2epR0tQ30

P「最悪道歩いていて俺の足を踏む度に発動しかねないんだ。俺の意志に関係なくな」

春香「もう、出かけるたびにゲロ塗れだったんじゃないですか?」

P「だから俺は、そうならないように今の今まで怒らないように鍛錬を積んできたんだ」

P「それほど怒らなければどうやら軽く吐き気を覚える程度で済むみたいだしな」

P「まあ表面上怒りを我慢するだけじゃなくて、心ごと鎮めなきゃいけなかったからそれこそ僧侶みたいな修業が必要だったよ」

春香「それこそ菩薩みたいな心にならなきゃいけませんもんね…」

P「ああ、おかげで今では滅多なことでは怒ることはなくなったよ。伊織にこき使われても、亜美真美にイタズラされても微笑ましく思えるようになった」

春香「大人になった……いや、ならざるを得なかったんですね」

P「ああ。それと俺のポケットにはいざという時のためにゴムボールやプチプチ君とかのストレス解消グッズが入れてある。どうしても腹が立つことがあったらこれで少しでも紛らわさなきゃいけないからな」

春香「ほ、本当に大変ですね…」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:04:35.06 ID:2epR0tQ30

春香「あれ…ってことは黒井社長はどうしているんですか!?よくプロデューサーさんに絡んでは嫌味を言ってきますよね?」

P「ああー・・・黒井社長は最初は苦労したなー」

春香「吐かせないようにですか?」

P「うん。一応最初の時もその場では最低限我慢できてたんだけど」

P「時々ふっと思い出して怒りが蘇ることがあったから、その時吐かせてたかもしれない。この能力、遠隔で発動するからさ」

春香「あららー」

P「なんだ春香……黒井社長相手でもこの能力は厳禁なんだぞ?」

春香「わ、わかってますよー」

P「黒井社長も黒井社長で苦労しているんだろう…社長なんて威張れるのは社内ぐらいで取引先とかでは頭下げなきゃいけないしさ。ストレス溜まるんだろ。仕方ないさ」

春香「やっぱり修行の成果出てますね」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:10:12.86 ID:2epR0tQ30

春香「ところでその能力を有効活用できないんですか?」

P「できないから苦労してるんだよ」

春香「・・・そうでした」

P「まあ、春香たちを狙うパパラッチに対して軽く発動したことはある。この能力は怒りがなくても念じれば使えるしな。だからさっきも春香を助けられた」

春香「有効活用できてるじゃないですか!」

P「でもなー基本的にそれ以外に役に立つ気がしないんだよなー何回かウチのアイドルに使ったことがあったんだが・・・」

春香「え?どう使ったんですか?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:20:34.08 ID:2epR0tQ30

P「美希を仕事に連れて行こうとした時にな、いくら起こしても全然目を覚まさなかったんだよ」

春香「そ、それで…まさか!」

P「……うっかり使っちまったんだ」

春香「ええ…それはちょっと」

P「時間が押してたもんでな…顔も服も汚れちまって、もう美希お嫁にいけないのーって大泣きして1週間引きこもってたっけな…本当に俺が馬鹿だった!」

春香「……あの時美希が風邪だったっていうのは嘘だったんですね。あ!まさかあずささんの時も!?」

P「あ、ああ……あれか」

P「確か移動中にあずささんが迷子になって…」

P「雑踏の中に迷い込んだってのはわかったんだが見つからなくて、これまた時間もなかったから…その…一発で見つけられるように…」

春香「………吐かせたんですね?」

P「はい、ごめんなさい」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:25:52.89 ID:2epR0tQ30

春香「あずささん、何日間も泣きとおしだったそうじゃないですか!引退するって聞かなかったそうですし……理由は最後まで言わなかったから何なんだろうと思ってましたけど……」

P「は、反省している!あの時は能力の調整も大分うまくいっていたし、調子に乗ってしまってたんだ!」

春香「それで今ではちゃんと二人とも解決したんですよね?」

P「う、うん…大丈夫。二人ともちゃんと活動してるだろう?」

春香「………ならいいんですけど」

P(両方に、『俺が嫁にもらってやる!だから元気出せ!』って説得して解決したなんて口が裂けても言えねえ)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:38:09.26 ID:2epR0tQ30

P「まあ、あれだ!長話もなんだしそろそろ掃除して仕事に戻らなきゃな!」

春香「掃除…あ、そうか、私のゲロが…」

P「は、春香…」

春香「私ももう、お嫁に行けませんね…」

P「……お、俺がもらってやる!気にすんな!」

春香「ホントですか!?約束ですよ!」キラッ

P「……とほほ」


1時間後


P「よーし掃除もすんだ!そろそろ書類の整理をしなきゃな。まあ大した量はないけど…ん?」

P「音無さんの机の上に書類が沢山…あの人今日見かけないけど大丈夫か?おや、手紙がある」ピラッ


『プロデューサーさんへ 私は同人誌の即売会にいかなきゃいけないので3日間留守にします♪ 忙しい期間で悪いけど全部任せましたよ! 小鳥   P.S.できたら私の机の中にしまってる同人誌も整理しといてもらえます?お礼にホモ本を何冊かお土産に持って帰るので!よろしくピヨ』


P「……………」

P「あんのピヨ助ええええええええええええ!ただじゃ置かねえぞおおおおおおおおおおおおお!!!!」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:45:17.09 ID:2epR0tQ30

その頃

小鳥「えーと、じゃあ既刊と新刊全部下さい!」

同人作家「はーい!ありがとうございまず!」

小鳥「わーい豊作ほうさ……うぐっ、なんだか気分が…!?」

同人作家「どうかしました?顔色が悪いですよ?」

小鳥「い、いえ、そんなことは……ごっ、ごぼがば!!!」

小鳥「びっっよぐヴぇえええええええええええええ!」ビシャビシャビシャビシャビシャ


ウワー ギャー ナンダー ドウシター


その後小鳥は3日間吐き気に悩まされ続けた。職場復帰後、Pに甘えるが「俺が同人誌全部もらってやる。燃やすから」と冷たく返されましたとさ


おわり


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 02:51:09.11 ID:2epR0tQ30

おまけ

黒井「く……あの765プロのプロデューサーに接触するたびに吐き気を覚える!それも例えじゃなくて文字通りだ!」

黒井「ぐぼっ……ぐるごごごごごごごご!」ビシャビシャビシャ

黒井「ハアハア…本当に気分の悪い連中だ!今度はもっとひどい目に遭わせるからな!」


嫌がらせ→ゲロ→恨み→嫌がらせ→ゲロの悪循環に陥っていた


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 03:05:07.99 ID:2epR0tQ30

汚い文章でしたがありがとうございました。依頼だしておきます



元スレ:P「実は俺、超能力者なんだ」春香「へーそうなん…本当ですか!?」

他サイト様の最新記事