1: ゴム屋おのでら 2016/02/03(水) 01:18:05.93 ID:qDkrMzZP0

関連作
比企谷八幡「平塚先生の書類を天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454254292/
比企谷八幡「平塚先生のストッキングを天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453875616/
比企谷八幡「平塚先生のネグリジェを天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453621886/
比企谷八幡「平塚先生のTバックを天ぷらにしたら旨かった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453561326/


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:19:20.92 ID:qDkrMzZP0

ある日、学校の調理室にて……


由比ヶ浜結衣「ねえねえゆきのん、どうして私達部室じゃなくて調理室にいるの?」

雪ノ下雪乃「由比ヶ浜さん、これもれっきとした奉仕部の活動よ」

結衣「え、これが?でもなんで調理室に?」

比企谷八幡「料理の練習だよ」

結衣「練習?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:19:57.04 ID:qDkrMzZP0

八幡「ああ、お前みたいに何か作りたいって相談者がまた来るかもしれないだろ。だからこうして調理室をわざわざ借りて、料理の練習をしてるってわけだ」

結衣「ふ〜ん、そうなんだね!ところで、これは一体何を作ってるの?」

雪乃「天ぷらよ」

結衣「天ぷら?一体何の?」

八幡「ああ、カーテンの天ぷらだけど」







結衣「えっ?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:20:36.40 ID:qDkrMzZP0

雪乃「あら、どうしたのかしら由比ヶ浜?突然固まりだしてしまったわよ」

八幡「おい、大丈夫かよ由比ヶ浜?いきなり黙っちまって」

結衣「ごめんヒッキー、もう一度行ってくれる?」

八幡「なんだよ、ただ聞き取れなかっただけか。平塚先生の部屋のカーテンの天ぷらだぞ」

結衣「いやいやいやいや、カーテンの天ぷらとかありえないでしょッ!?てゆうか、平塚先生のなのぉーーーー!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:21:23.93 ID:qDkrMzZP0

雪乃「由比ヶ浜さん、何をそんなに驚いているのかしら?カーテンの天ぷらだなんてカレーやラーメンに勝るとも劣らない日本の家庭に馴染み深い国民食よ」

結衣「そんな国民食聞いたことないし!! その言い方だとゆきのんの家ではカーテン天ぷらにして食べてたの!?」

八幡「由比ヶ浜の家ではカーテンの天ぷら食った事ねえのか?俺の家ではよく食べてるぞ。小町の大好物だしな」

結衣「ヒッキーの家でもなのッ!?てか、小町ちゃんなに食べてるし!!」

雪乃「珍しい家庭もあるのもなのね。まあ決しておかしな事ではないわ、これからでもカーテンの天ぷらを作って食べればいい話だし」

結衣「いやいや、そもそもどうして平塚先生のカーテンなの?一体どうやって手に入れたの?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:22:02.25 ID:qDkrMzZP0

八幡「んなもん、平塚先生の部屋に入った時に拝借したに決まってんだろ」

結衣「えっ、ヒッキーとゆきのん、いつの間に平塚先生の家へ遊びに行ったの?」

雪乃「遊びに行ったの……という言い方だと語弊があるかしら。私達が先生の部屋へ上がった時には先生は不在だったし」

結衣「えッ!?」

八幡「そういやそうだったな。平塚先生いなかったし、まあいいやと思ってカーテンだけ頂いて俺達はその場を後にしたわけだ」

結衣「完全に泥棒じゃんッ!!いやそれ以前に不法進入だしッ!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:23:03.36 ID:qDkrMzZP0

八幡「お、そうこうしてる間に天ぷらが揚がったようだな」

雪乃「そのようね。綺麗なきつね色に仕上がってとても香ばしいわ」

八幡「さて、俺は持参したマイ醤油で頂くか」

雪乃「私はマジ塩で頂こうかしら」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:23:44.78 ID:qDkrMzZP0

八幡・雪乃「いっただきまぁーーーす!」パクッ


八幡「おお、サクサクの衣とカーテンの布っぽさがなんとも言えない絶妙なハーモニーを奏でるような味わい深さだ、これは旨いぞ!」モグモグ

雪乃「ええ、カーテンの布っぽさが歯応えがあって病みつきになりそうだわ」モグモグ

結衣「ちょ、二人してマジでカーテン食べちゃってるしッ!」

八幡「ほら、由比ヶ浜も突っ立ってないでお前も食えよ。これは旨いぞ!」っ

雪乃「そうよ由比ヶ浜さん、天ぷらはたくさん作ったのだし、みんなで食べましょう」っ

結衣「いや、カーテンの天ぷらなんて絶対食べないから」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:24:20.40 ID:qDkrMzZP0

ガラガラガラ…

平塚先生「お前達、こんなところにいたのか?」

結衣「あ、平塚先生!ヒッキーとゆきのんがぁ〜〜〜」

平塚先生「ん、二人がどうかしたのか?………って、何を作っているんだ?」

八幡「何って、見ての通り天ぷらですけど」

雪乃「ええ、それも平塚先生の部屋にあったカーテンのです」

平塚先生「な、なんだってぇーーーーーーッ!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:25:06.85 ID:qDkrMzZP0

結衣「ほら、先生驚いてるよ」

平塚先生「お前達……なんて事をしてくれたんだ!!これは大変な事になるぞ」ブルブル

八幡「え、大変なこと………?」



平塚先生「君達二人が食べたカーテンは…………呪いのカーテンなんだぞぉーーーー!!」



三人「え、呪いのカーテンッ!?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:25:51.87 ID:qDkrMzZP0

平塚先生「そのカーテンにはそれはそれは恐ろしい呪いがかけられていて、持っていただけで私は呪われて男から逃げられるという恐ろしい経験をしたんだぞ!」

結衣(いやそれ、ただ単に先生に男運がないだけなんじゃ……)

平塚先生「恐ろしくて近々捨てようと思っていたんだが、お前達はなんて事をしたんだ!持っているだけで呪われてしまうというのに、それを体内に取り込んだお前達には一体どんな恐ろしいことが………」ガクブル


八幡「いやいや、そんな大げさなことあるわけ____」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:26:35.47 ID:qDkrMzZP0

バリーーーンッ!!!




八幡「えッ!?」

結衣「うわ、突然窓ガラスが割れたッ!!」ビクッ


ーーーーーー◯)`3゜)∵

八幡「グワァッ」

雪乃「ひ、比企谷君!!」

結衣「ヒッキーッ!!!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:27:18.09 ID:qDkrMzZP0

平塚先生「大変だ、野球のボールが比企谷の顔面に思いっきり当たったぞ!!」


清原和博「あ、すいませーーん!ボール飛んじゃいました」

結衣「あ、あれは野球部の顧問の清原先生!」

平塚先生「バカ野郎ッ、どこに投げてんだぁーーーーー!!!」

清原「ヒィィィーーーー」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:27:52.27 ID:qDkrMzZP0

雪乃「先生、早く比企谷君を保健室を運ばないと」

結衣「待ってゆきのん、ヒッキーの顔、凄く腫れてるよ!」

平塚先生「くそ、これは保健室では済まないレベルかもしれないな。私が比企谷を近くの病院まで連れて行く」


こうして野球のボールをもろに顔面に受けた八幡は、平塚先生に連れられ学校近くの大きな病院で診てもらうことになった。
八幡が心配になった雪乃と結衣もそれに同行した。
病院で診察した結果、幸いにも大事には至らなかったが、頬に軽くひびが入ってしまい、八幡は手当てを受けた。


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:29:00.40 ID:qDkrMzZP0

八幡「くそ、ひでぇ目にあったぜ」

平塚先生「大事には至らなかったというが、顔の骨に小さなひびが入ってしまったんだ。あまり必要以上に喋るな」

結衣「そうだよヒッキー、無理しちゃダメだよ」

雪乃「そうよ比企谷君、口を閉じてついでに息もとめて安静にしていなさい」

八幡「おい、それじゃ死んじまうだろ。お前は俺が怪我しても相変わらずなんだな」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:29:51.30 ID:qDkrMzZP0

平塚先生「比企谷のご両親には連絡したし、とにかく安静にするんだぞ。明日は学校も休みだし、おとなしく過ごすんだぞ」

八幡「はい」

平塚先生「さて、今日は当然ながらもう解散だ。比企谷、お前は私が家まで送り届けよう」

結衣「ヒッキーのことが心配……、そうだヒッキー、私も今日はヒッキーの家に泊まってヒッキーの面倒見てあげるよ」

八幡「は?なんでそうなんだよ!?てか、家には小町がいるし別にお前に面倒見てもらう必要は……」

結衣「もうッ、ヒッキーのことが心配なんだよ!!小町ちゃん一人だと何かと大変だろうし、明日はどうせお休みなんだから」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:30:32.78 ID:qDkrMzZP0

雪乃「なら、私も比企谷君の家へお邪魔するわ。小町さんがいるとはいえ、由比ヶ浜さんだけを比企谷君の家へ入れるのは危険というものよ。怪我人という立場を利用して何か良からぬことを考えるゲス谷君を監視しなければ」

八幡「おい、さっきか怪我人に対して言う台詞じゃねえだろ!もっと労われよ、こんな時くらい」

雪乃「それに、私には部長として責任があるわ。今回のあなたの怪我は部活動中に起こったことなのだし、私にはあなたがこの土日の間にきちんと安静にして過ごしすか見届ける義務があるわ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:31:28.35 ID:qDkrMzZP0

そして比企谷家へ……


平塚先生「それじゃ私はここで帰るが、比企谷、ちゃんとおとなしくしているんだぞ」

八幡「うぃす」

結衣「先生さようなら〜」

雪乃「さて、平塚先生も帰ったことだし、それにもうこんな時間ね。まずは夕食の準備でもしましょうか」

比企谷小町「いやぁ〜、それにしてもお兄ちゃん災難だったね」

八幡「ああ、まさかマジで平塚先生の言ってたカーテンの呪いのせいかもな」

結衣「うう……なんだかそれ怖いね」

小町「まったく、可愛い妹に内緒でカーテンの天ぷらを食べようとしたからバチが当たったんだよ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:32:20.54 ID:qDkrMzZP0

雪乃「………何が呪いよ、そんな馬鹿馬鹿しいことあるわけないじゃない」ボソッ

結衣「あれ、ゆきのん何か言った?」

雪乃「いえ、なんでもないわ」


小町「それじゃ小町は夜ご飯作るからお兄ちゃんは大人しく待ってるんだよ! あ、雪乃さんよかったら作るの手伝ってもらってもいいですか? 雪乃さん料理得意だし」

雪乃「え、ええ……別に構わないけれど」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:33:04.75 ID:qDkrMzZP0

結衣「それじゃ私はヒッキーを部屋に連れて行くね。ほらヒッキー、部屋に行こう。転ばないように足元には気をつけるんだよ」テクテク

八幡「お、おう」テクテク



雪乃(………………由比ヶ浜さん、ズルいわ!)

小町「それじゃ、早速夜ご飯を作りましょう!」

雪乃「………小町さん、その前にお手洗いを借りてもよろしいかしら?」

小町「あ、どうぞー」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:33:50.61 ID:qDkrMzZP0

雪乃「呪いなんてあるわけないじゃない、比企谷君の怪我だってたまたまボールが飛んできただけよ………でも、もし呪いがあるとしたら、私にも何が不幸なことがあるばす。それなのに私には何も………」



「アァァァーーーーンッ、ヒッキー、キ、キモィィィーーーー///」

パンパンパンパンッ!!



雪乃「ッ!? 何よこの声と物音、比企谷君の部屋の方から…………まさかッ!?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:34:36.40 ID:qDkrMzZP0

八幡「ンググッ……由比ヶ浜、俺もう……!!」パンパンッ

結衣「アアンッ、いいよヒッキー……来て、中に出してぇぇーーー///」
ギシギシッ

八幡・結衣「アアッ、イィ……イグゥゥゥゥゥゥーーーーーッ////」


結衣「ハァハァ………えへへ、怪我しちゃったヒッキーのこと、いっぱい慰めてあげるからね///」

八幡「ハァハァ、由比ヶ浜……////」









雪乃「………………」




小町「やったぜ!!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:35:26.92 ID:qDkrMzZP0

その日、雪乃はみんなの前なら姿を消した。

それから数年後、総武高を卒業し、大学も出て社会人となった八幡と結衣は結婚した。結婚して一年が経過した頃、結衣のお腹の中には八幡との子供が宿った。
病院で検査した結果女の子だということがわかり、出産予定日が近くなった結衣は出産に向けて入院することとなった。


八幡「もうすぐだな、俺達の子供が産まれるのは」

結衣「うん、二人で大切に育てようね///」

八幡「お、おう………////」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:36:18.81 ID:qDkrMzZP0

結衣のお腹の中では……


胎児「………うふふ、早く産まれたいものだわ。待っていない比企谷君と由比ヶ浜さん………いえ、パパとママ」




END



元スレ:比企谷八幡「平塚先生のカーテンを天ぷらにしたら旨かった」

他サイト様の最新記事