1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:07:56 ID:ThIwdrSA

ナナリー「とても素晴らしい方なんですよ♪」

ルル「へ、へぇ良かったじゃないか………」ガタガタ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:08:55 ID:ThIwdrSA

ナナリー「お兄様にもいつか紹介したいんですけど……最近忙しそうですし……」

ルル「その人はどんな人なんだい?」

ナナリー「……今言わないといけないんですか?」

ルル「い、嫌なら良いんだ……」

ナナリー「日本人の方です」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:09:44 ID:ThIwdrSA

ルル「なんだとぉぉお!?」ガタッ

ナナリー「きゃっ!?」ビクッ

ルル「……ごめん、少し驚いちゃったよ」

ナナリー「反対ですか……?」

ルル「お前が決めた人だ、俺は反対なんかしないよ」

ナナリー「本当ですか!?」

ルル「ああ、本当だ」ニコッ


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:11:09 ID:ThIwdrSA

ナナリー「嬉しい……私、お兄様が絶対に許してくれないかと……」

ルル「ははっ、俺もそこまで酷く無いよ」

ナナリー「……愛してます、お兄様」

ルル「俺もだよ、ナナリー……」


ルルーシュの部屋

ルル「うわぁあぁあぁぁあ!?」

C.C.「うわっ!?何だいきなり!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:17:37 ID:ThIwdrSA

ルル「ナナリーに彼氏が出来た……」

C.C.「ああ………」

ルル「しかも相手は日本人だ……」

C.C.「日本人………スザクか?」

ルル「いや、仮にスザクなら――」

スザク『ルルーシュ!僕ナナリーと付き合う事になったんだ!』ニコッ

ルル「とか真っ先に言ってくるに違いない」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:18:49 ID:ThIwdrSA

C.C.「ならば………他に誰が?」

ルル「ナナリーの話では―――」

ナナリー『えっと……私が階段で転びそうになったんです』

ナナリー『そしたらその人が手を差し伸べてくれて……』

ナナリー『大丈夫かい、ブリタニアのお嬢さんって………///』

ナナリー『その後たまに会うようになって……でもお互いの名前は知らないんです』

ルル『何でだい?』

ナナリー『俺が名乗ると君に迷惑が掛かるかもしれないからって……私も』

ルル『………』


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:19:50 ID:ThIwdrSA

ルル「と、言う訳だ」

C.C.「妹卒業の機会だと思え、現実を認めろ、この世界を」

ルル「……俺はこんな世界は認めなぁい!」

ルル「ナナリーが、俺以外の人物に『愛してる』などと言う世界は!」

ルル「そんな世界は壊す!例え世界を敵に回してもだ!」

C.C.「うわぁ………」

ルル「……名乗らないと言うことはテロに関わっている可能性が高い、黒の騎士団から探りを入れる」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:27:32 ID:ThIwdrSA

黒の騎士団アジト

ゼロ「玉城」

玉城「ん?何だよゼロぉ?」

ゼロ「お前には……愛する人は居るか?」

玉城「何だそりゃ?いねーよ、てかそんな事考える暇も無いしな」

ゼロ「そうか……これからも期待している」

玉城「お、おう……」

ゼロ(玉城は嘘をつけるほど頭は良くない…… 玉城は無いな)


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:28:29 ID:ThIwdrSA

玉城「扇の奴は最近女の香りがすんだけどなー……」

ゼロ「何ぃ!?」バッ

玉城「何か最近付き合い悪いし……ありゃ女だな」

ゼロ「玉城、お前は本当に優秀な奴だよ」

玉城「ほ、本当かよっ!?」

ゼロ「ああ」スタスタ


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:29:53 ID:ThIwdrSA

ゼロ「扇」

扇「何だゼロ?次の指令か?」

ゼロ「お前には愛する人は居るか?」

扇「!?」

ゼロ「……居るのか?」

扇「ああ………」

ゼロ「そいつはブリタニア人か?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:30:56 ID:ThIwdrSA

扇「!?……何故そこまで……」

ゼロ「名前は?」

扇「知らない………」

ゼロ(決まりだ!………扇、残念だよ)

ゼロ「扇………貴様はそいつに別れを告げた後適当に戦死しろ!」ギアスッ!

扇「……ああ、分かった」スタスタ

ゼロ「これで大丈夫だ……」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:32:05 ID:ThIwdrSA

ヴィレッタ『扇!?何だ、急に電話なんかして……』

扇「俺たち終わりにしよう」

ヴィレッタ『え?』

ガチャッ


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/23(日) 23:34:57 ID:jiXslLBM

千葉「敵が多いな………!」

扇「俺が行く!」

藤堂「無茶をするな!」

カレン「扇さん!?」

扇「ぐっ………!」

ドカァァン

玉城「扇ぃぃい!」

ゼロ「扇の死を無駄にするな!行け!」

玉城「くっそおぉぉ!ブリキ野郎がぁぁあ!!」

ゼロ(これで良い………)


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:14:32 ID:GQCuyS72

ルル「ただいまナナリー」ガチャッ

ナナリー「お帰りなさい、お兄様」

ルル「今日は何をしたんだい?」

ナナリー「また会ってました、あの人と……///」

ルル「何ぃ!?」

ナナリー「………やっぱり許して貰えないのですか?」

ルル「い、いや……」

ルル(扇じゃ………無い!?)


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:15:37 ID:GQCuyS72

ナナリー「今日……名前を訊いたんです」

ルル「へえ、何て名前だったんだい?」

ナナリー「それが……覚えて無いみたいなんです」

ルル「え………?」

ナナリー「気が付いたら森で倒れていたと仰っていて……」

ルル「ナナリー、その人の特徴は?」

ナナリー「特徴……ですか?……手はゴツゴツしてました、髪は逆立っていたと思います……」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:19:39 ID:CxNgWnnI

ルル(……藤堂か!?いや、森で倒れていた事が結び付かない!)

ルル(だとしたら……まさか!?)

ルル「卜部……?」ボソッ

ナナリー「え?」

ルル「何でも無いよナナリー、今日はもう寝よう」

ナナリー「フフッ、変なお兄様」

ルル「ハハハ……」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:20:49 ID:CxNgWnnI

ルル「卜部……か」

C.C.「卜部は死んだはずだろう?」

ルル「誰も確認していない、確立は0とは言い切れない……」

C.C.「しかし卜部とはなぁ、アイツならお前の正体も知ってる筈だろう?」

ルル「記憶は失っている、何か起こる前にアイツを………」

ルル「……ナナリーの前から消す」


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:21:44 ID:CxNgWnnI

ナナリー「いってきます、お兄様」

ルル「いってらっしゃい、ナナリー」

咲世子「それでは、行って参ります」

ルル「頼んだよ、咲世子」

C.C.「行くのかルルーシュ?」

ルル「ああ、ナナリーの愛を受け止めるのは俺だけで良い」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:22:50 ID:CxNgWnnI

公園

ナナリー「こんにちは♪」

卜部「こんにちは」

ルル「やはり卜部か………!必ず隙を見て……!」

C.C.「ナナリーがトイレに向かったぞ」

ルル「よし!今だ!」ダッ

卜部「ん?誰だ?」

ルル「ナナリー、それと黒の騎士団に二度と関わるな!」ギアスッ!

卜部「了解した」スタスタ


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:24:23 ID:CxNgWnnI

ルル「ふんっ、余裕だな……ずらかるぞC.C.」

C.C.「殺さないのか?」

ルル「恩があるからな……アイツが居なければ俺は死んでいた」

C.C.「妹しか眼中に無いと思ったら……そうでも無いじゃないか」

ルル「ふんっ……」


ナナリー「お待たせしました……あれ?」

咲世子「居られませんね……」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:25:37 ID:CxNgWnnI

ルル「お帰り、ナナリー」

ナナリー「お兄様ぁ……」グスッ

ルル「どうしたんだ!?まさか何かされたんじゃ……」

ナナリー「いいえ……」グスッ

ルル「……温かいココアでも飲んで落ち着こう、そしたらもう寝るんだ」

ナナリー「はい……」

ルル(済まないナナリー、だがお前の為なんだ……)


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/24(月) 23:26:36 ID:CxNgWnnI

ナナリー「お兄様、今日は一緒に寝ても良いですか?」

ルル「ああ、忘れるんだ男の事は……俺が居るだろ?」

ナナリー「はい……そうですねっ♪」

ルル「一緒になろうナナリー……」

ナナリー「お兄様ぁ……」トロン

翌朝

ナナリー「」スースー

ルル「やってしまった………!」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:10:30 ID:p3Nk2w4Y

ナナリー「あ、おはようございます」

咲世子「ナナリー様もルルーシュ様もまず服を着ましょう、それと……」

咲世子「昨晩はお楽しみでしたね」ニコッ

ルル「」

ルル「うわぁあぁあぁぁあ!?」

C.C.「今度は何だ!?」

ルル「一線越えてしまった……」

C.C.「ついにやってしまったか……」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:11:30 ID:p3Nk2w4Y

ルル「避妊はしたが………俺はどうすれば……!」

C.C.「知るか犯罪者」

ルル「フフフ………フハハハハ!」

C.C.「壊れたか?」

ルル「いや名案が浮かんだ……我ながら素晴らしい考えだ!」

C.C.「どれ、言ってみろ」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:13:11 ID:p3Nk2w4Y

ルル「妹と結婚してはならない……誰が決めた?」

C.C.「それが常識だからだろ」

ルル「そう、それは法で縛られた行いだ……なら!」

ルル「俺が法を変えてみせる!」

ルル「妹と合法的に結婚出来る世界に!」

C.C.「まあ、頑張れ………私は頭痛がしてきた……」フラフラ


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:14:58 ID:p3Nk2w4Y

ゼロ「最も美しい関係、それは何だと思う?」

藤堂「む………?」

カレン「ど、どういう事ですか?」

ゼロ「親子、親友………だがこれ等は裏切りを繰り返す」

ゼロ「だが!兄妹は裏切らない!」

ゼロ「故に俺は創造する!兄と妹が結婚出来る世界を!」バッ


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:15:42 ID:p3Nk2w4Y

藤堂「素晴らしい………」

千葉「藤堂さぁん!?」

ゼロ「分かってくれるか、藤堂」

藤堂「妹………兄は妹を支え妹は兄を支える」

藤堂「どんなに疲れていても妹からの声で全ての疲れは消え去るものだからな」

藤堂「そして最も近い年下の女性であるため『守りたい』という気持ちが兄に生まれ関係はより深まる」

藤堂「妹……それは全てをこなす究極の存在だ」


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:16:23 ID:p3Nk2w4Y

ゼロ「おぉ……おぉぉ……」ウルウル

藤堂「進もうゼロ!日本と……兄妹との愛を深めるために!」

カレン「あの!?何ですかこの話し合いは!」アタフタ

ゼロ「君も分かるだろ、かつて兄が居た君になら……」

カレン「はっ!?」

ゼロ「甘えて良いんだよ……カレン、お兄ちゃんと呼んでごらん?」


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:17:23 ID:p3Nk2w4Y

潤オ回想潤オ

カレン『ナオトお兄ちゃん♪』ダキッ

ナオト『どうしたカレン?』

カレン『エヘヘ、何でも無い』ニコッ

ナオト『カレン、もっと甘えて良いんだぞ?』

カレン『え?』

ナオト『兄妹とはそういうものだからな』ニコッ


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/25(火) 19:18:11 ID:p3Nk2w4Y

カレン(甘えて良いんだ……私)

カレン「……紅月カレン!全力で甘えます!」

カレン「お兄ちゃーん♪」ダキッ

ゼロ「よしよし………」

千葉「あの……藤堂さん///」

藤堂「む?」

千葉「あ、兄上///」

藤堂「………!」


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:14:33 ID:OrsJQtuQ

ゼロ「星刻、天子様を呼んでくれ」

星刻『何?』

ゼロ「3分間で良い、話をさせてくれないか?」

星刻『……3分間だけだ』

ルル「ご機嫌よう、天子様」

天子『何かあったのですか?』


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:15:24 ID:OrsJQtuQ

ルル「天子様、星刻の事は好きですか?」

天子『は、はい………///』

ルル「なら天子様は知ってますかな?永続調和の契りより深い約束を……」

天子『そんなものが?』

ルル「兄と妹の関係ですよ、天子様」

天子『でも私としんくーは兄妹ではありませんし………』

ルル「なに簡単ですよ、ただ抱きつきながら『にーに』と言うだけですから」

天子『わかりました、やってみます!』


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:16:06 ID:OrsJQtuQ

ゼロ「フフ………後は星刻が予定通り動いてくれれば……」

星刻「天子様、ゼロに何を……」

天子「えーと………にーに♪」ダキッ

星刻「」ゴフッ

天子「に、にーに!?」

星刻「問題ありません天子様……いやある意味問題ですが……!」

星刻(ゼロめ……何を吹き込んだ………!)


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:16:55 ID:OrsJQtuQ

星刻『ゼロォォォ!貴様天子様に何をしたぁ!?』ゴフッ

ゼロ(やはり来たか!)

ゼロ「星刻よ、お前は今までの関係で良いのか?」

星刻『な………』

ゼロ「貴様と天子様の間には身分の差が広がっている」

星刻『それが何だ!私は天子様の傍に居るだけで………!』ゴフッ

ゼロ「いずれ天子様も結婚するだろう、お前の所からも消える」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:17:40 ID:OrsJQtuQ

星刻『だが……!』

ゼロ「しかし!兄妹という関係ならどうだ!」

星刻『私が天子様の……兄になるだと?』

ゼロ「そう……兄になれば身分の差は消える、もし他の人間から誘いが来ても『兄』という絶対の壁がある」

ゼロ「そのために私が法を変える!兄妹間の結婚も出来る様にするために!」

星刻『だが私は………!』

ゼロ(粘るな、だが………!)


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 00:18:42 ID:OrsJQtuQ

天子『にーに?』

星刻『………ぐっ!?』ゴフッ

ゼロ「それがお前の本心だ、星刻」

ゼロ「妹という近しい関係であるからこそ、愛はお互いに深まる!」

天子『にーに?どうしたの?』

ゼロ「俺と共に進めば天子様を永久に守ることが出来るのだ!」

星刻『……協力しよう』

ゼロ(落ちたな)

星刻『共に創ろう、兄妹の愛の世界を』

ゼロ「………勿論だ、同志よ」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:56:26 ID:jzfB5lkQ

千葉「兄上!ブリタニアが攻めて来ました!」

カレン「いつでも行けるわ、お兄ちゃん!」

ゼロ「シュナイゼル……!黒の騎士団、出撃!」

シュナイゼル「勝つのは私だよ、ゼロ……全軍出撃」

スザク「イエス・ユア・ハイネス」

ジノ「行くぞスザク!」

アーニャ「黒の騎士団……記録」

シュナイゼル「さあ……」

ゼロ「開戦だ!」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:56:54 ID:jzfB5lkQ

玉城「日本人の……扇の為にも敗けられねぇー!」ガキィッン

星刻「天子様の為にも!」キィィンッ

ジノ「ぐっ……流石に二人相手では!」

スザク「ジノ!」

カレン「アンタの相手は私だよ!」

スザク「カレン!何処までも立ち塞がるのか!」

カレン「お兄ちゃんの為、私は敗けない!」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:57:31 ID:jzfB5lkQ

アーニャ「皆、これでおしまい」

藤堂「させぬっ!」キィィンッ

千葉「兄上!加勢します!」

アーニャ「ッ………!」

ビスマルク「何をしているぅ!」ゴッ

藤堂「ナイトオブワンか!?」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:58:09 ID:jzfB5lkQ

ビスマルク「はぁっ!」ズバッ

朝比奈「くっ……!」

南「強い……!」

ビスマルク「我がギアスに敵うはずが無いであろう!」

ゼロ「奴もギアスを……厄介だな」


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:58:54 ID:jzfB5lkQ

ジェレミア「ここはお任せ下さい!」

ゼロ「助かる、任せたオレンジ!」

ジェレミア「忠義の為ならぁぁ!」

ビスマルク「な……動きが読めん!?」

ジェレミア「隙を見せたな、ナイトオブワンよ!」ガッ

ビスマルク「く!?」

ジェレミア「忠義の、爆散!」ボゴォン

ビスマルク「ぬおっ!」


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 22:59:51 ID:jzfB5lkQ

シュナイゼル「押されているね……だが」

ニーナ「フレイヤ発射!」カチッ

ドゴォォォン!!

星刻「何という兵器だ……!」

玉城「くそっ!こんな兵器が相手じゃ……!」

シュナイゼル「ご覧、相手はこの一発で後退している」

ゼロ「このままでは……!」


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 23:00:56 ID:jzfB5lkQ

シュナイゼル「チェックメイトだ、敵は臆している!叩くなら今だ!!」

ゼロ「貴方はもう勝利を確信してるでしょうね……騎士団の男に通信を繋げ!連絡事項だ……」ニヤリ

藤堂「通信!?」

『えーと………お兄様方、私の為に頑張ってくれてるんですね?嬉しいです』

『必ず帰ってきて下さいねお兄様、約束ですよ?』ニコッ

藤堂「ぬおぉぉぉおお!?」

ジェレミア「ナナリー様ぁぁあ!」

玉城「やる気出たぜぇぇえ!」


68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 23:01:47 ID:jzfB5lkQ

『にーに頑張って!』ウルウル

星刻「ッ………必ず勝って帰る!天子様の為にも!」

シュナイゼル「押され出した?ゼロは何を……」

ゼロ「王が動かなければ兵は動かない…………が」

ゼロ「女王が居なければ士気は上がらない!兄上、チェックメイトですよ」


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/26(水) 23:02:27 ID:jzfB5lkQ

シュナイゼル「フレイヤを!」

ニーナ「フレイヤ発射!」カチッ

ゼロ「そこだっ!」ビーッ

シュナイゼル「馬鹿な……フレイヤに直接―――!」

ドゴォォォン!!

ゼロ「さようなら兄上………ここからは俺とナナリーの世界です」


73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:43:31 ID:U4cd3OvQ

翌日

『―――臨時ニュースです、昨日ブリタニア第二皇子のシュナイゼル殿下が亡くなりました』

『シャルル皇帝陛下の突然の死もあり皇室は騒然としています』

『これを期に黒の騎士団が攻めてくる可能性もあり――――』

玉城「俺達本当に日本を取り戻せるかもな!」

藤堂「気が早いぞ……だがもう直ぐだな」


74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:44:09 ID:U4cd3OvQ

カレン「これもゼロの……お兄ちゃんのお陰だよね」

神楽耶「そういえば兄様は?」

ラクシャータ「ゼロならどっか行ったわよ?」

神楽耶「あら残念です………折角兄様の好きな下着を履いてきたのに……」

南「」ガタッ

藤堂「気持ちは分かるが落ち着け」


75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:44:56 ID:U4cd3OvQ

コーネリア「ゼロめ……ユフィやクロヴィスの次は兄上まで……」

コーネリア「私はどうしたら……教えてくれルルーシュ、ナナリー……!」

ギルフォード「姫様ぁ!」ガラッ

コーネリア「今は一人にしてくれ………」

ギルフォード「一大事です!ゼロが……ゼロが現れました!」

コーネリア「ゼロだと!?何処にだ!」

ギルフォード「それが―――」

ゼロ「貴女の目の前ですよ」


76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:45:50 ID:U4cd3OvQ

ギルフォード「貴様!どうやってここまで!」ガチャッ

コーネリア「下がれギルフォード、こいつとは私一人で話をつける」

ゼロ「私もそれを望んでいる」

ギルフォード「ですが………!」

コーネリア「下がれと言っている!」

ギルフォード「くっ………イエス・ユア・ハイネス………!」


77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:46:23 ID:U4cd3OvQ

ゼロ「…………」

コーネリア「話とは何だ」

ゼロ「貴女に私の姿を見せる」

コーネリア「その仮面の下を、素顔を見せると言うことか?」

ゼロ「ええ………」カポッ

コーネリア「…………!?」

ルル「久し振りです、姉上」

コーネリア「ル、ルルーシュ………なのか?」


78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:47:08 ID:U4cd3OvQ

ルル「正真正銘……貴女の弟ですよ」

コーネリア「良かった……生きてたのか……」

ルル「………怖かった」

コーネリア「!?」

ルル「いつ俺達の事がバレてしまうのか……ナナリーをシャルルから守れるのか……」

コーネリア「ルルーシュ………」

ルル「そう、その為に俺は仮面を被りゼロを演じた、だが………」

ルル「ついに気付かれた……そう、ユフィに」


79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:47:50 ID:U4cd3OvQ

ルル「だがユフィは俺達の事を誰にも言わなかった」

ルル「しかしシャルルは俺達を炙り出す為にユフィを利用した!ギアスという姑息な力で!」

コーネリア「ギアス?」

ルル「人を操る力です、シャルルはその嚮団に熱を注いでいました」

ルル「俺は日本人を殺すユフィなんて見てられなかった!だから俺は………ユフィを」

ルル「ユフィは俺が殺したんだ……」グスッ


80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:48:43 ID:U4cd3OvQ

コーネリア「違うな、間違っているぞルルーシュ」

ルル「え……?」

コーネリア「真実を話してくれて私は嬉しい………お前は悪くない、悪いのはお前の気持ちが分からなかった……私達だ」

ルル「姉上………うう……」ギュッ

コーネリア「寂しかったろう?私の胸で泣け……」ギュッ

ルル「ユフィの想いは無駄にしたく無い……だから……」

コーネリア「ああ、エリア11は独立国日本として解放しよう」


81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:49:41 ID:U4cd3OvQ

ルル「ナナリーは俺が何時までも守りたい、だから兄妹間の結婚を認めては………」

コーネリア「構わん、身内との結婚だろうが一夫多妻制だろうが認めてやる……」ギュッ

ルル「感謝します………姉上」ギュッ

コーネリア「ナナリーも呼べ、皆で暮らそう……」

ルル「これで……戦いは終わるのですね?」

コーネリア「ああ……平和な世の中になる 」


82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:50:43 ID:U4cd3OvQ

翌日

『―――コーネリア皇女殿下がエリア11を解放し、日本と国名を改めました』

『黒の騎士団CEOのゼロは騎士団の解散を宣言しました』

『また、親族同士での結婚や一夫多妻制などの新たな法案も試験的に導入される模様です』

玉城「ッ潤オ潤オ潤オ日本!バンザーーイ!!」カラァン

カレン「私達………本当に出来たんだね……!」


83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:51:24 ID:U4cd3OvQ

神楽耶「これも兄様のお陰ですわ………カレンさん、ちょっと質問しても?」

カレン「私ですか?何を……」

神楽耶「一夫多妻制のお陰で二人とも兄様の妻になれますわ♪」

カレン「な、何を……///」カアァァ

玉城「カレェ潤オ潤オン!ゼロはどうしたゼロは!」

カレン「遅れて来るって」

藤堂「フ……平和とは良いものだな」


84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:52:06 ID:U4cd3OvQ

千葉「兄上!」

藤堂「何だ千葉?」

千葉「その……妻は私一人が……///」

藤堂「勿論だ」

千葉「潤オ潤オ潤オ///」ウルウル

藤堂「何故泣く!?」

ルル「皆の者!良く集まってくれた!」


85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:52:54 ID:U4cd3OvQ

玉城「ゼロ………なのか?」

カレン「もう……あの仮面は必用無いものね」

神楽耶「私は兄様の内面を好きになりました!だから外見など………でも外見も………///」

ルル「カレンには素顔は見せていたがな、そして……俺の正体だが」

ラクシャータ「どっかの貴族潤オ?」

ルル「俺は神聖ブリタニア帝国の第11皇子、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだ」


86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:57:14 ID:JqnKJp5o

玉城「皇子ぃ!?」

ルル「ま、それは追々話して行くよ」

玉城「そうだな!俺とゼロは………ルルーシュは親友だからな!」

ルル「はは………」

カレン「ナオトお兄ちゃん………喜んでくれてるかなぁ……」

玉城「今日は志半ばで逝っちまった卜部の分も盛り上がろうぜぇ!」


87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 21:58:09 ID:JqnKJp5o

アッシュフォード学園

シャーリー「ルル!」ダキッ

ルル「ただいま、シャーリー」ギュッ

ミレイ「平和って良いわね……」

ルル「会長」

ミレイ「んー?どしたの?」

ルル「感謝してます」ギュッ


88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 22:00:31 ID:JqnKJp5o

ミレイ「ううん………私もルルーシュが居たから頑張れたの」ギュッ

リヴァル「ルルーシューーー!会長を幸せにしなかったら………許さないからなーー!」グスッ

ルル「ああ、リヴァルもありがとう」

スザク「…………ルルーシュ」

ルル「スザク………俺は……」

スザク「平和な世の中になったね!」

ルル「え?」


89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 22:01:12 ID:JqnKJp5o

スザク「ゼロは消えた、黒の騎士団は解散、日本は解放………ルルーシュとナナリーもだ」

スザク「ルルーシュ、僕はナナリーの騎士になろうと思う」

スザク「ユフィが愛したこの世界、そして君たちを絶対に守る」

ルル「ッ……だが俺は!」

スザク「君はゼロじゃ無い!ゼロという存在はもうこの世には居ない……そうだろ?ルルーシュ」

ルル「ありがとう………!」グスッ

スザク「何で泣くんだよ」

ルル「ハハッ……別に泣いてなんかないさ………」


90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 22:02:55 ID:JqnKJp5o

ルルーシュの部屋

ルル「ナナリー………」

ナナリー「全て終わったんですね……」

ルル「いや、これからだよ………」

ナナリー「え?」

ルル「俺とナナリー、そして皆が幸せな世界が始まるんだ」

ナナリー「………ふふっ、そうですね♪」


Fin


91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 22:04:21 ID:JqnKJp5o

これにて終了です!
なんかgdgdでしたが何とか終わらせる事が出来ました
ありがとギアスッ!


92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/27(木) 22:12:06 ID:LIauZuWg

お疲れギアス



元スレ:ナナリー「お兄様、彼氏が出来ました」 ルル「」

他サイト様の最新記事