1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:27:50.18 ID:dvOiy8n70

京子「こらー!杉浦綾乃ぉ―!!」

綾乃「…!!」ビクッ

綾乃「なっ…なんなのよ急に!びっくりするじゃない!もう…」ドキドキ

綾乃(いけない!また歳納京子のこと考えてたわ…しっかりしなさい杉浦綾乃!)

京子「なんか綾乃がめずらしくぼーっとしてるからさー、声かけてみようと思って!」

綾乃「アンタと違って考え事がいっぱいあるのよ!私には!」

綾乃(どうしよう…バレてるじゃない…)

京子「綾乃のことだから、どうせ大好きなプリンのこととかかんがえてたんだろー?」

綾乃「だっ、だだだ、大好きなんてっ!ちち違うわよっ!!」



千歳「………」ポタポタ

結衣(千歳、またか…)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:29:28.10 ID:dvOiy8n70

授業中

綾乃(最近、ずっと歳納京子のことばかり考えてる気がするわ…)

綾乃(いったい私、どうしちゃったのかしら…)

綾乃(あっ、雪…)

綾乃(そっか、もうすぐクリスマスなのね)

綾乃(………)

キーンコーン

京子「よっしゃ飯だー!結衣えもん!ラムレーズン出してー!」

結衣「ねえよ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:31:14.42 ID:dvOiy8n70

綾乃「いただきます」パクパク

綾乃(歳納京子はクリスマスに何をして過ごすのかしら…)

綾乃(私が誘ってもいいのかしら…一緒に食事とか……)

京子「杉浦綾乃ぉーー!!」

綾乃「ひゃっ!!」ドキーン

綾乃「な、なによ!歳納きょ……あれ?その呼び方、さっきも…」

京子「へへー気付いた―?綾乃のマネだよー」

綾乃「え…私の…?」

京子「だって綾乃、毎日5回は『歳納京子ぉー!!』って言うじゃん」

綾乃「なっ…!そんな頻繁に言ってないわよ!!」

京子「えーそうかなー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:32:48.18 ID:dvOiy8n70

京子「まあいいや、綾乃、一緒に飯食おうぜー!」

綾乃「え?しょ、食事!?」

京子「だって一人で食べるの寂しそうじゃん!私たちと給食食べよー?」

綾乃「え、ああ、給食ね、い…いいわよっ」

京子「やったー!ほらー結衣えもーん、プリン出せー!」

結衣「じゃあ金出せよ」

綾乃(さっきから、私が考えてることと同じ内容を歳納京子が口にしてるような気がするけど…)

綾乃(偶然よね…)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:34:27.02 ID:dvOiy8n70

結衣「綾乃、千歳は?今日は一緒じゃないのか?」

綾乃「ええ、今日は千鶴さんのところに…」

結衣「そうなんだ」

京子「レーズンパンうめぇ!!」キラキラ

結衣「お前、レーズンなら何でもいいのかよ」

綾乃(クリスマスの予定、聞こうかしら…)

綾乃(でもちょっと恥ずかしいし…)

京子「そうだ綾乃!聞きたいことがあるんだけどさー」

綾乃「…!な、何かしら」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:36:28.81 ID:dvOiy8n70

綾乃(これまでのパターンからすると…もしかして…)

綾乃(私にクリスマスの予定を聞いてくる…?)

綾乃(ま、まさかね…)

京子「綾乃さー、もうすぐクリスマスだけど何か予てい…『ちょっと京子ちゃぁーん!』ガラガラッ

あかり「あかりの体操服、ずっと京子ちゃんに貸しっぱなしだったよぅ!」

京子「あーごめんごめん、ちゃんと洗濯しといたから!ほら!」

あかり「ちょっとぉー!名前のところ漂白するのやめてってばあー!」プンプン

結衣「手の込んだいじり方してんじゃねえよ」


綾乃(どうしよう………やっぱり本当なの…?)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:37:57.44 ID:dvOiy8n70

京子「ごめん綾乃、さっきの話なんだけどさー…」

綾乃「あっ、あの、うんっ!」

京子「………」

綾乃「………」

京子「…なんの話だっけ?」

結衣「おい」ビシッ

綾乃「へ?」

結衣「クリスマスの話だろ?」

京子「おお、そうだったそうだったー」

京子「綾乃、クリスマス暇?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:40:30.85 ID:dvOiy8n70

綾乃「えっ、ええ特に予定はないけど…」

綾乃(もしかして今、頭の中で念じたら二人きりのクリスマスが叶う…?)

綾乃(本当にこんなことしていいのかしら………)

綾乃(………)

綾乃(クリスマスは歳納京子と二人きりで過ごしたい…二人きりで…)

京子「実はさークリスマスにデートしようと思ってるんだー」

綾乃「あ…わ…あわわわわわわわわわ…」ボン!

京子「ごらく部と生徒会でシャッフルデート!楽しそうだろ―…って綾乃?」

綾乃「」プシュー


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:42:01.83 ID:dvOiy8n70

夜 綾乃の部屋

綾乃「シャッフルデートって…何考えてるのよ歳納京子はもうっ…」

綾乃(でも私は二人きりって願ったはずなのに…)

綾乃(まあデートはデート、きっと歳納京子と過ごせるはずよ)

綾乃(それにしても不思議よね……どうしてこんなことが起こってるのかしら)

綾乃(神様が私を応援してくれていたりして…なんて)

綾乃「はっ…!何を考えてるのよ私ったら!」ブンブン

綾乃(何はともあれ…せっかくのチャンスじゃない!頑張らなきゃ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:44:43.54 ID:dvOiy8n70

翌日

千歳「綾乃ちゃーん、おはようさーん」

綾乃「あら千歳、おはよう」

千歳「聞いたでー綾乃ちゃん」

綾乃「へ?何を?」

千歳「クリスマス、ごらく部と生徒会でシャッフルデートするんやってなあー♪」

千歳「綾乃ちゃん、歳納さんとデートできるよう頑張りーや!」

綾乃「な、なに言ってんのよ!!」カァッ

千歳「かわええなあ、うふふ…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:46:40.91 ID:dvOiy8n70

綾乃「そうだ千歳、今日の授業の予習もう済ませた?」

千歳「あっ、そうやー!問3の解き方がわからんくってなー」

綾乃「ちょっと待ってて、えーとここは……」

京子「おっはよー綾乃ー千歳―!」

結衣「おはよう」

千歳「歳納さん船見さん、おはよーさーん」

綾乃「お、おはよう」

京子「綾乃は勉強かー?えらいなー!」

綾乃「生徒会副会長なんだから、当然うんぜん岳よ!」

結衣「ブッ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:49:26.07 ID:dvOiy8n70

京子「ん?んん?んおおおおおおっ!!」

千歳「歳納さん、どないしたん?」

京子「はあああああああああっ…シュワッシュワッ」

結衣「サイヤ人やめろ」

京子「なんかさー!頭に数学の答えがどんどん浮かんでくるんだよー!」

綾乃「!!」

京子「ほら!解けるよ!この問3!難しくてあきらめてたのに!」

結衣「お前ホントに覚醒してたのか」

綾乃(やっぱり…私の考えてることが伝わってる…?)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:52:38.09 ID:dvOiy8n70

千歳「歳納さんすごいなぁー!ウチが綾乃ちゃんに教わった答えと全く一緒やでー!」

京子「えっ、そうなのか綾乃ー?」

綾乃「さ、さあどうかしらね…」

京子「えー見せてー!あっ、問5の答え!これも私が閃いたのと一緒だー!」

綾乃「いや、えっと…その…」

京子「綾乃―私にテレパシーでも使ったのか―?なーんてなー!」

綾乃「ふぇっ!?」ギクリ

結衣「………?」

千歳「………」ポタポタ

結衣「………うわっ鼻血ついた!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 21:55:43.48 ID:dvOiy8n70

放課後 生徒会室

綾乃「はあ……」

千歳「なんやのー綾乃ちゃん、そんなおっきなため息ついてー、幸せが逃げるでー」

綾乃「千歳…」

千歳「今日綾乃ちゃん、ええことあったやん、歳納さんとテレパシーしたんやで!」

綾乃「………」

綾乃(私、ほんとにテレパシーなんて使えるのかしら…)

綾乃(そういえば歳納京子以外には使ってなかったわね…)

千歳「そないじっと見つめられると照れるわ―」

綾乃(ごめんね千歳、ちょっとだけあなたで試させて)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:00:25.55 ID:dvOiy8n70

綾乃「むむむっ…」

綾乃(千歳、たくあん食べたくない?あなたの好きなたくあん、たくあん、たくあん…)

千歳「うーん綾乃ちゃん、なんかお腹すかへん?あーアレがたべたいなぁー」

綾乃「むぅむむむむむ…!」

綾乃(たくあんよ、たくあん、あの黄色いたくあん…)

千歳(なんか綾乃ちゃん変なポーズやで…口パクパクしとるし…)

千歳「食べたいのは…栗きんとんかなぁー、もうすぐお正月やもんなー」

綾乃「ぶはぁ…!はぁはぁ…!そ、そう」

千歳「………?」


千歳(もしかして……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:06:10.87 ID:dvOiy8n70

夜 綾乃の部屋

綾乃「結局千歳に対して効き目はなかったわ…」

綾乃「やっぱり………歳納京子だけが特別かぁ…」

綾乃「キュピーン!!…なんてね…」テヘヘ

ピリリピリリ

綾乃「」ビクッ

綾乃「千歳から電話…もしもし?」

千歳「あー綾乃ちゃん、歳納さんのこと考えてる時にごめんなー」

綾乃「な、なに言ってんのよ!そそそそんなことないわよっ!!」

千歳「あんなー今日の放課後なんやけど、綾乃ちゃんもしかして…」

綾乃(放課後…え、まさか気づかれたのかしら……?)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:12:09.63 ID:dvOiy8n70

綾乃「……」

千歳「あのときオナカ、痛かったんとちゃう?」

綾乃「へ?」

千歳「いや、だって綾乃ちゃん唸ったり脱力したりしてて…」

綾乃「もう、違うわよっ!!」

綾乃(本当のことを言ったら千歳、私のことをどう思うんだろう…)

綾乃「あのね、千歳、ごめんなさい!実は私…」

千歳「あのこと、ホントなんやろ?」

綾乃「…え?」

千歳「歳納さんとテレパシーできるの、ウチにはわかってたで」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:16:27.43 ID:dvOiy8n70

綾乃「千歳…」

千歳「よかったやん、だって綾乃ちゃんは歳納さんが大好きなんやから」

綾乃「……もうっ」

千歳「なあ綾乃ちゃん、『言霊』って信じるー?」

綾乃「か、替え玉?」

千歳「ちゃうちゃう、言葉が力を持ってて、前向きな言葉を話すと良いことが、不吉な言葉を話すと悪いことが起こるっていう…」

綾乃「し、知っててわざと言ったのよっ!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:21:00.10 ID:dvOiy8n70

千歳「思念は未来に作用するエネルギーみたいなもんやとウチは思うんよ」

千歳「だから、綾乃ちゃんの強い気持ちが歳納さんの未来に干渉してるのかもしれへんなあ」

綾乃「な、な、な…!そんな、歳納京子のことをそんなに…!その…思ってるわけないじゃないっ…」

千歳「まあ、なにはともあれ、おめでとう綾乃ちゃん」

綾乃「へ?え、えと、なにが?」

千歳「クリスマスや!もちろん歳納さんと二人で過ごせるようにするんやろ?」

綾乃「あ、わ、わわわわ…!」

千歳「がんばりーやー、ほななー」

綾乃「………千歳ったら」


綾乃(なんだかラーメン食べたくなったわ)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:25:44.24 ID:dvOiy8n70

翌日 放課後 ごらく部室

京子「ではお待ちかねの!シャッフルデートのカップル決めをするぞー!」

京子「じゃん!公平にくじ引きで決めよう!」

ちなつ「結衣せんぱーい!きっと一緒になりましょうねー!」

結衣「あ、ああ…なれるといいね…」

あかり「あかり、ちゃんと人数に入ってるよねえー!?」

京子「ほらほら、生徒会も早く!」

千歳「わかったでー」

綾乃「………」

千歳「綾乃ちゃん、心配いらへんよー、ほら早く引きーなー」

綾乃「ええ……」ドキドキ


京子「よしみんな引いたか―?まだだよー、せーの!であけるんだぞー!」

あかり(あれ!?あかりのクジだけティッシュペーパーだよ!?)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:31:52.82 ID:dvOiy8n70

向日葵(櫻子はダメ…櫻子はダメ…でも万が一当たったら仕方ありませんわね…)

櫻子(向日葵はダメ…向日葵はダメ…まあ当たったらしょうがないけどさー)

ちなつ(………!!!!)ギンギン

結衣(ちなつちゃん怖い…)

千歳(大丈夫や、綾乃ちゃんの強い思いがきっと綾乃ちゃんの理想の未来を選択するはずやー)

京子「じゃあいくぞー!!」

綾乃(………!!)


京子「せーーの!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:37:24.49 ID:dvOiy8n70

クリスマス当日 公園

綾乃「こらー!歳納京子ぉー!!!!!」

綾乃「………」

綾乃「……は吉川さんとデート…なのよね…」

結衣「おーい」タッタッタッ

綾乃「船見さん…」

結衣「綾乃もう来てたのか、早いなー」

綾乃「こ、これからどうする…?い、一応デート…なのよね…」

結衣「え、ああ…そうだな…どうしよう…綾乃は行きたいところとかある?」

綾乃「べ、別にお腹がすいたからご飯に行きたいなんて思ってないわよ!」

結衣「いやそんなこと言ってないから」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:44:17.54 ID:dvOiy8n70

綾乃「えーとテリヤキバーガーとシェイクください」

結衣「あ、私ダブルチーズバーガーで」

オマタセシマシター

結衣「綾乃はよく食べるの?ハンバーガーとか」

綾乃「ううん、全然…だから今日は久しぶりねー、船見さんは?」

結衣「京子とよく来るんだ」

綾乃(歳納京子と……)

結衣「綾乃知ってた?ダブルチーズバーガーはさ、ダブチって略すんだよ」

綾乃「田淵?」

結衣(綾乃、天然なのかな)


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:49:11.19 ID:dvOiy8n70

綾乃「船見さん、歳納京子とすごく仲がいいわよね」

結衣「そんな、ただ幼馴染なだけだよ…」

綾乃「そんなことないわよ!なんか、お互い分かり合ってるってかんじで…」

結衣「…綾乃は?」

綾乃「へ?」

結衣「綾乃は京子と仲良くなりたいと思わないの?」

綾乃「なななな!そ、そんなことっ……別に…」

結衣「行こう綾乃、どこか別のところで休憩しよう」

綾乃「ちょ、休憩なんて、私たちまだ中学生だしそのっ、いけないというかっ…あわわわわ」

結衣「落ち着け、ってかどんな休憩と勘違いしてんだよ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:52:19.84 ID:dvOiy8n70

結衣「そこのベンチに座ろう」

綾乃「………」

結衣「………」

綾乃「…船見さん?どこか具合が悪いとか…?」

結衣「あ、ごめん!そうじゃないんだ、ただ…あの…」

綾乃「…?」

結衣「あの、綾乃…!あ、あ…あり…がとう…」

綾乃「え?」

結衣「ありがとう、綾乃、京子のこと」

綾乃「!!」カァーッ


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 22:56:26.95 ID:dvOiy8n70

結衣「綾乃、京子にテレパシーっていうか、あいつの未来に働きかけること、できるよな」

綾乃「気づいてたの…?」

結衣「やっぱり」

綾乃「歳納京子のことを考えてたら…そのっ…なんていうか考えすぎちゃっててっ…」

結衣「うんうん」

綾乃「気持ちが強くなるのは自分でもわかってたんだけど…なんか…止められなくなるっていうか…」

結衣「うん」

綾乃「やだっ、私なにしゃべって……、まあっ、そのっ、恋の虜プエルトリコってことよっ!!」

結衣「ブホッ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:01:31.72 ID:dvOiy8n70

綾乃「………黙っててごめんなさい、でも、『ありがとう』ってどういうこと?」

結衣「チャンスは2回あったよね、一緒に給食を食べたとき、そしてクジ引きするとき」

結衣「二人きりで会う約束をすることも、くじ引きで京子とペアになることも、綾乃が念じたならならできたはず」

綾乃「…そうね」

結衣「でも実際にはそうなっていないよな…綾乃」

綾乃「だって……だってそれは本当の歳納京子じゃないもの…」

綾乃「私が歳納京子の未来を変えたら、そこには理想化された歳納京子しかいない…それが嫌だったの」

綾乃「歳納京子が自分で選んだ未来に私がいなきゃ、意味ないじゃない?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:03:48.28 ID:dvOiy8n70

綾乃「船見さん、もしかしてあなたも……?」

結衣「わっ、あわわわ……えっと…まあ…うん、一度、綾乃と同じ…かんじになった」

結衣「私も、自分の道を歩く…あいつが好きだったから…」

綾乃「やだ……」カァァ

結衣「なんで綾乃が赤くなるんだよ!」

綾乃「ありがとう、船見さん」

結衣「ライバル…になっちゃったな、私たち」

綾乃「恋敵ってことね」

綾乃(恋敵タジキスタン)ボソッ

結衣「」プルプル


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:06:49.57 ID:dvOiy8n70

一方、その頃―――

千歳「えへへー」ニコニコ

あかり「池田先輩、なにかいいことあったんですか?」

千歳「ないしょやでー」

千歳(綾乃ちゃんが幸せならウチも幸せやでー)

あかり(ふええ、あかりの知らないところで物語が進んでるよう)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:08:43.71 ID:dvOiy8n70

京子「ちなつちゃーん!次どこ行く―?」

ちなつ「……」

京子「ちなつちゃん?」

ちなつ(結衣先輩と過ごしたかった…結衣先輩結衣先輩…)モンモン

京子「」ビクッ

京子(ちなつちゃんからめっちゃ何か出てる……!?)

京子(…あれ?こんな感じのオーラ見たことあるんだよなぁ)

京子「あ…あそこのベンチ」

京子「……結衣ぃ―!綾乃ぉー!」


おわり


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:23:40.10 ID:dvOiy8n70

京子「おーい二人とも―!ん?」

京子(おお!やっぱり結衣と綾乃からもオーラ出てる!)

綾乃「あ!歳納京子ぉー!!」

京子(綾乃のオーラ量倍増!?)

ちなつ「結衣先輩先輩せんぱあああいっ!!」

京子(ちなつちゃんも!!)

京子(結衣のは…?)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:28:04.34 ID:dvOiy8n70

結衣「…なんだよ、じっとこっち見て」

京子「いやーなんでもないなんでもない」

京子(結衣からは出てるように見えないな)

京子「綾乃たちはここで何やってたのー?」

綾乃「えっ、あの、その、きゅ、休憩よ!」

結衣「ああ、ちょっと疲れたからな…」

京子「そっかあ…あ、ちなつちゃーん、そろそろ日が暮れるし集合場所戻ろっかー」

ちなつ「せんぱいせんぱいせんぱいせんぱ」

結衣「………」モフモフ

京子(聞いちゃいねえ)


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:33:15.71 ID:dvOiy8n70

夕方

あかり「ばいばーい京子ちゃん結衣ちゃーん」

綾乃「船見さん、今日は楽しかったわ」

結衣「うん」

京子「結衣ーいっしょににかえろーぜー」

結衣「おい京子!待てって」

スタスタ

京子「結衣―綾乃と何して遊んだのー?」

結衣「まあ…いろいろな」

京子「きゃ、結衣ちゃんたらっ、女遊びが得意になっちゃってっ」

結衣「お前誰だよ」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:38:13.30 ID:dvOiy8n70

京子「あ、あの雲!」

結衣「お、ハート型に見える」

京子「私にはラムレーズンに見える!」

結衣「どんな幾何模様だよ…またウチで食べてく?」

京子「いえーいさすが結衣だぜー!!」

結衣「仕方ないな」

京子「…ん?」

結衣「~♪」

京子(あ、やっぱ結衣からもオーラ出てる)


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:44:28.47 ID:dvOiy8n70

京子宅

京子「ただいまー」

ドサッ

京子「ふー」

京子母「こら、京子ちゃんと着替えなさいよ」

京子「はーい」

京子(結衣と綾乃って、あれどうやって出してんのかな…)

京子(そもそもあのオーラってなんなんだろ)

京子(うーん………)

京子(………)zzz...

京子母「寝るなっつのに」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:51:08.52 ID:dvOiy8n70

新学期 ごらく部室

京子「と、いうわけで特別ゲストのあかりちゃんを呼んでみました」

あかり「ええ!?どういうわけなの!?あかり、わかんないよぉ!」

京子(私が察するに、あのオーラは存在感を具現化したものではないだろうか)

京子(綾乃の『歳納京子ぉー!!』という叫び…)

京子(結衣のラムレーズン貯蓄癖…)

京子(いずれも自らの存在感を誇張する手段であるがゆえ、行使した瞬間にオーラ量が上がるのだろう…)

あかり「京子ちゃん、あかりに聞こえるように説明してよぉ!!」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/25(日) 23:57:10.21 ID:dvOiy8n70

京子(つまりオーラに対して負のオーラ、マイナスの存在感をぶつければいい…)

京子「よしあかり、存在感を消すんだ!!」

あかり「あかり、消そうと思って消してるわけじゃないんだよ!」

京子「………」ガーン

あかり「なんでショック受けてるのぉ!?」

京子「すまんあかり、正と負をぶつけて無を作ろうと思っただけだ」

あかり「なんの哲学!?」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:01:34.54 ID:GN1jTT/00

ちなつ「おはようございまーす、あっ京子先輩、あけましておめでとうございます!」

京子「おはようちなちゅー」

ちなつ「結衣先輩!先輩はどこですか!?」

京子(スルーされた…)

あかり「結衣ちゃんなら、日直で職員室なんだって」

ちなつ「あっあかりちゃん、あけましておめでとう」

あかり「今気付いたの!?」

ちなつ「そんな、真っ先に結衣先輩に会いたくて来たんですよー!」モンモン

京子(出た!!)


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:07:08.73 ID:GN1jTT/00

京子(存在感オーラ…いつにも増してすさまじいけど…)

京子(そうだ、あかりのオーラは…?)

あかり「………?」

京子(あれ?オーラ出てる…あかりなのに)

京子(あっ、くらげのパンツが出どころか、納得)

京子「あかり、ちょっとちなつちゃんに体当たりして」

あかり「え!?あかりポケモンじゃないよ!」

京子「じゃあ力ずくだ!ごめんちなつちゃん!あかりアタック!」ドン


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:10:44.68 ID:GN1jTT/00

京子(どうだ?)

ちなつ「もーなんなんですかー?」

あかり「ひどいよぉー」

京子(バカな、オーラ量が変わっていない!)

京子(私の分析が間違っていた?)

結衣「…何やってんの」

ちなつ「キャー!!!!」グォオオオオオ

京子(ちなつちゃんパワーアップしすぎ)


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:17:03.54 ID:GN1jTT/00

京子(あのオーラは存在感の指標ではない…あかりのくらげパンツ…ちなつちゃん…)

京子「んー?」

京子(それに結衣…綾乃…)

京子(これらに共通するものって…)

結衣「おい」

京子「………」

結衣「おいってば、京子」

京子「はっ!…すまんのう、耳が遠くなっておって…」

結衣「年とってんじゃねえよ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:23:08.05 ID:GN1jTT/00

京子「結衣じいさんや、私たち結婚何年目だったかのう?」

結衣「なっ…!」

京子(あれ…?)

キーンコーン

京子「!!」

あかり「たいへん!おくれちゃうよぉー!」

ちなつ「大丈夫よ、あかりちゃんは遅刻してもバレないもん」

あかり「新学期早々、扱いがひどいよねぇー!?」

結衣「私たちも行こう」

京子「…あ、うん」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:24:47.95 ID:GN1jTT/00

綾乃「歳納京子―!!」

綾乃「さっそく遅刻ギリギリじゃないのよ!もうっ!」

京子(綾乃も…)

京子「…へへ、ごめんごめん」

綾乃「…わ、わかればいいのよ」

綾乃(………歳納京子?)


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:30:37.02 ID:GN1jTT/00

昼休み

結衣「今日は給食じゃないんだったなー京子、購買行く?」

京子「うーん…いいや、ごめんなー結衣」

結衣「あれ?弁当持ってきたのか?」

京子「そうじゃないけど…」

結衣「お前、まさか体調悪いとか…」

京子「全然そんなことないって!ほらーピンピンフィリピンだろー?」

結衣「そっか…ならいいけど…じゃあ私購買行ってくるから」

京子「おーう」


綾乃(ピンピンフィリピン…!!)プルプル


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:37:17.86 ID:GN1jTT/00

放課後

結衣「京子、部室いくだろ」

京子「いざ鎌倉ー!!」

結衣「部室だっつの…私日直の仕事あるからちょっと遅れる、先行ってて」

京子「尊王攘夷!」

結衣「何もかもかみあわねえ」


結衣「………」スタスタ

結衣「……」ピタッ

結衣「……京k…」クルッ

結衣「いないし…」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:47:10.71 ID:GN1jTT/00

放課後 教室

結衣「……ふう…終わった…」ガラガラ

結衣「あっ」

綾乃「船見さん…?」

結衣「綾乃か、これから生徒会?」

綾乃「ええ、船見さんも部活?」

結衣「そうだよ、それじゃまた明日」

綾乃「ええ、また明日」

結衣「……」スタスタ


綾乃「待って船見さん」

結衣「えっ」

綾乃「…」

綾乃「歳納京子、たぶん気づいてるわよ」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:49:58.59 ID:GN1jTT/00

ごらく部室

京子「あかりのマネいくぞー!せーの!『』フッ」

あかり「京子ちゃん、なんで押し入れに隠れるのぉ!!」プンプン

ちなつ「そっくりですー!!」

あかり「ちなつちゃんもひどいよぉー…あっ、結衣ちゃん遅かったねえ!」

ちなつ「!!!!!」ピキィン

ちなつ「せんぱいせんぱいせんぱいクンカクンカモフモフ!!!」

あかり(ニュータイプ的な反応だよぉ!


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 00:58:09.25 ID:GN1jTT/00

結衣「で、今日は何するんだ?京子」

京子「………」

あかり「京子ちゃん?」

京子「え?あーごめんごめん、ウトウトしてたよー」

京子「そうだなー今日は…あかりをイジって遊ぶかー」

ちなつ「それ、毎日やってるじゃないですか」

京子「そっかーえへへ」

あかり(今日は通常の3倍でいじられてるよぉ…)

結衣(いつも通りを取り繕ってるけど……やっぱり京子少しおかしい…気がする…)


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:03:02.48 ID:GN1jTT/00

結衣「…」

京子「…」

京子「よし!」

結衣「!?」

京子「やることがないから、今日は帰ろう!帰って寝ればみんな解決するさ!」

あかり「ホントにあかりで遊んだだけで終わり!?」

ちなつ「そうですか…わかりました、では失礼します!さようなら!結衣先輩!」

結衣「ああ、気をつけて帰ってね」

あかり「京子ちゃん、じゃああかりたちも帰ろう?」

京子「そうだなー」

結衣「……」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:07:14.02 ID:GN1jTT/00

あかり「京子ちゃん結衣ちゃんばいばーい」

京子「おーう」

結衣「じゃあな」


京子「…」

結衣「…」

京子「船見結衣!!!」

結衣「!」ビクッ

結衣「な、なんだよ急に…」

京子「船見結衣!!!!!!」

京子「………」

京子「お前は私の、友達だ」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:15:25.77 ID:GN1jTT/00

結衣「………!!」

京子「……」

結衣「なあ、京子」

京子「………」

結衣「私…お前が……」


結衣「お前が…友達じゃなきゃ…嫌だ…!」

京子「うん!結衣、スーパーカップ買って帰ろうぜー」

結衣「ラムレーズン…じゃなくていいのか?」

京子「だって時代は変わるものなのさ」キリッ

結衣「ボブディランかよ」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:24:56.20 ID:GN1jTT/00

京子「結衣―チョコレート味ひとくちくれー」

結衣「ほら」

京子「ん」パク

京子「うめえ!!」

結衣「そっか、よかったな」

結衣「お前のはバニラ味か」

京子「うん、あかりの味がするー」

結衣「お前あかり食ったことあんのか」

京子「へへー」


結衣「さ、はやく帰るぞ!明日も遅刻したら綾乃に怒られるぞ」

京子「罰金イスラマバード!!」

結衣「何の呪文だ」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:31:19.99 ID:GN1jTT/00

翌日 教室

京子「おっはよー」

綾乃「お、おはよう」

綾乃(歳納京子…いつも通りにもどったわね…昨日のは私の勘違いだったのかしら)

京子「えへへー」

結衣(京子…お前は綾乃の気持ちにはどう応えるんだ?)


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:37:24.06 ID:GN1jTT/00

千歳「綾乃ちゃん、さっきから歳納さんばっかみてるなあー?」

綾乃「ちょっ…!千歳!」

千歳「告白せえへんのー?」

綾乃「そそそんなことできるわけないじゃない!!」


結衣「………」チラ

京子「………ぐー」zzz

結衣(綾乃のほうは…どうするんだろう)


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:42:02.33 ID:GN1jTT/00

放課後

千歳「綾乃ちゃん、今朝回収した進路希望表、整理しおわったでー」

綾乃「あら、ありがとう千歳」

千歳「でもなー歳納さんのだけ提出されてないんよー」

綾乃「え!?」

綾乃(そういえばアイツ寝てたわよね)


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:45:06.18 ID:GN1jTT/00

教室

綾乃「……」ガラッ

京子「おー綾乃―」

綾乃「…へっ!?」

京子「進路希望表書いてるんだーちょっと待っててよー」

綾乃「そ、そう…早くしなさいよね!」

京子「うん」

綾乃「……」ドキドキ


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 01:50:10.84 ID:GN1jTT/00

京子「ねー綾乃」

綾乃「へ?えっと…な、なにかしら…」

京子「私オーラみたいなの見えるんだ」

綾乃「コーラ?」

京子「オーラだよ、特に綾乃と結衣からはよく見える」

京子「…そのオーラがどんな意味を持つのか、私は知ってる」

綾乃「…」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 02:00:13.02 ID:GN1jTT/00

綾乃「………」

綾乃「…きょ……きょう、こ…」

京子「………」

綾乃「私…わたし京子が…」

京子「綾乃」

京子「言わないで」

綾乃「……!!」

京子「言っちゃダメ…」

京子「私、綾乃とこのまま友達でいたいから…」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 02:09:29.94 ID:GN1jTT/00

京子「結衣にも、友達でいようって言ったよ」

京子「私には…結衣も綾乃も選べないよ……」

京子「どっちが欠けても……いやだよ………!」

京子「綾乃、うれしいけど、ごめんな」

綾乃「……」

京子「じゃあ……また明日なー」

綾乃「……歳納京子っ」

綾乃「待ちなさいよっ、歳納京子ぉ!」

綾乃「今から独り言を言うから、聞きなさい」


綾乃「だいすきぃーーーーーーーーーーー!!」


京子「へへへ、綾乃の独り言、きいちゃったー」

綾乃「もうっ…」

京子「また明日」

綾乃「うん、また明日」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/26(月) 02:14:23.62 ID:GN1jTT/00

これで終わり!支援感謝!


綾乃ちゃん派だけど
どっちつかずで終わらせたのは悔やんでないです

批判等どんどん受け付けます
今後の糧にして出直してきます

みんな乙



元スレ:京子「杉浦綾乃ぉー!!」

他サイト様の最新記事