1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:42:22.95 ID:ogxsjmbRo

千早「困ったわ…」

雪歩「どうしたの千早ちゃん?」

千早「ねえ萩原さん」

雪歩「な、何かな…?」

千早「こういう時、私はどうしたらいいのかしら?」

雪歩「千早ちゃん、何か悩み事でもあるの?私でよければ聞くけど」

千早「いいの?だったらお言葉に甘えて…ねぇ、萩原さん」

雪歩「う、うん…」

千早「私、とっても暇だわ」

雪歩「そっかぁ、暇なんだぁ……えっ?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:43:12.40 ID:ogxsjmbRo

千早「ええ、私はとても暇だわ…」

雪歩「へ、へぇー…千早ちゃんは暇なんだね…ところで千早ちゃん」

千早「困ったわ、とても困ったわ」

雪歩「うん、それは分かったから…それでね千早ちゃん」

千早「こんなにも暇になるだなんて想定外だったわ、何てことかしら」

雪歩「千早ちゃん」

千早「萩原さん教えてちょうだい、私はどうすればこの状況を脱することが出来るのかしら」

雪歩「う、うん…だから千早ちゃん」

千早「あぁ本当に困ったわ…これはとても由々しき事態よ」

雪歩「ふぇぇぇん…千早ちゃんが全然話を聞いてくれないよぅ」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:43:42.11 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、さっきからどうしたのかしら?」

雪歩「う、うん…それなんだけどね」

千早「何か私に言いたい事があるの?」

雪歩「言いたい事っていうか…あのね千早ちゃん」

千早「ひょっとしてアレかしら?私のこの美貌を褒め称えてくれるのかしら?」

雪歩「…ほえっ?」

千早「そんな萩原さん…確かに本当のことだけれども、面と向かって褒められると照れるじゃない」

雪歩「千早ちゃん」

千早「でもいいわ、そんなに褒めたいのならさぁどうぞ、褒めなさい、好きなだけ褒めなさい」

雪歩「千早ちゃん、ちょっと落ち着いてくれないかな?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:44:15.38 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、ひょっとしてこの状況を打開する方法を思いついたのかしら?」

雪歩「そ、そういわけじゃないんだけど」

千早「萩原さん、もしそうだったら是非とも教えてほしいわ」

雪歩「ちょ、ちょっと千早ちゃん、急に顔を近づけてこないで」

千早「萩原さんお願いよ、教えてちょうだい萩原さん、それは一体どんな方法なの?」

雪歩「千早ちゃん、だからちょっと顔近いよ、少し離れてもらえるかな?」

千早「教えてくれなきゃこのままどんどん近づいて終いにはキスしちゃうわよ?」

雪歩「キ、キキキキキス!?ちょ、ちょっと千早ちゃん何言ってるの!?」

千早「萩原さん、私は真剣に悩んでいるのよ…もったいぶらずに早く教えてちょうだい」

雪歩「ち、千早ちゃーん…お願いだから私の話を聞いてよぅ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:45:06.54 ID:ogxsjmbRo

千早「ごめんなさい、少々取り乱してしまったようね」

雪歩「落ち着いてくれたみたいで良かったよ」

千早「それでは改めて、萩原さんの考えを聞かせてほしいのだけれど」

雪歩「う、うん…あのね千早ちゃん、私が思うにね」

千早「えぇ」

雪歩「今って」

千早「そ、そんな……なんですって!?」

雪歩「へっ?」

千早「なっ…萩原さん、それは本当なの!?」

雪歩「…千早ちゃん、私まだ何にも言ってないよ?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:45:49.60 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さんの心を先読みさせてもらったわ」

雪歩「えっ、千早ちゃんってそんなこと出来るの?」

千早「冗談よ、そんなの出来るわけないじゃない」

雪歩「だよね、だと思ったよ」

千早「ごめんなさい、少々張り切りすぎてフライングしてしまったわ」

雪歩「そ、そっかぁ…次は気をつけてね」

千早「それで、萩原さんは一体何を言おうとしていたのかしら?」

雪歩「う、うん…だからね、今って」

千早「やめて、萩原さんの口からそんな言葉聞くたくないわ!」

雪歩「……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:46:34.94 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、どうしたのかしら急に黙ってしまって」

雪歩「だからね、千早ちゃん、私まだ何も言ってないよね?」

千早「困ったわ、また人の心を先読みする能力が発動してしまったようね」

雪歩「さっきは出来ないって言ってなかったっけ?」

千早「実は出来たのよ」

雪歩「それも嘘なんだよね?」

千早「勿論よ」

雪歩「うん、私、嘘はよくないと思うんだぁ」

千早「あら奇遇ね、私もそう思うわ」

雪歩「そ、そっか…それじゃあ次からは気をつけようね…それでね、千早ちゃん」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:47:11.55 ID:ogxsjmbRo

千早「イヤよ、私そんな残酷な事実を萩原さんの口から聞くたくないわ!」

雪歩「千早ちゃん、だから私まだ何も」

千早「そんな…嘘でしょ?萩原さん、そんなの嘘に決まってるわよね?」

雪歩「ち、千早ちゃーん…」

千早「ど、どうして…どうしてこんなことに」

雪歩「千早ちゃんの頭の中では一体どんな物語が展開しているんだろう」

千早「嘘よ…ぷ、プロデューサーが…あの人が犯人だったなんて!」

雪歩「犯人って何!?しかもプロデューサー絡み!?」

千早「萩原さん、そんなのってないわ…そんなのってないじゃない!」

雪歩「うぅっ…お願いだから話を先に進ませてよぉ」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:47:43.35 ID:ogxsjmbRo

千早「ごめんなさい、何度も何度も」

雪歩「まったくだよ」

千早「今度こそ話を先に進めてもらって構わないわよ」

雪歩「大丈夫?もう変な横やり入れたりしない?」

千早「安心してちょうだい」

雪歩「そ、それじゃあね…えっと…」

千早「そんなに不安がらないで、大丈夫よ、続けてちょうだい」

雪歩「えっとね、今って確か」

千早「な、なんですってー!?」

雪歩「ふぇぇぇぇん、もうやだよぉー!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:48:17.83 ID:ogxsjmbRo

千早「本当に何度もごめんなさい、今度こそ大丈夫よ」

雪歩「その台詞はもう聞き飽きたよ…」

千早「大丈夫、三度目の正直よ」

雪歩「千早ちゃん、三度どころの話じゃないよ」

千早「仏の顔もビックリのレベルね」

雪歩「萩原雪歩もビックリのレベルだよ」

千早「萩原さん、そんなに怪訝そうな顔をしないでちょうだい、今度は大丈夫だから」

雪歩「うぅ…全然使用できないよぅ…本当に大丈夫?」

千早「大丈夫よ、神に…いえ、高槻さんに誓うわ」

雪歩「それなら大丈夫かな…えっとね、千早ちゃん」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:48:52.97 ID:ogxsjmbRo

千早「何かしら?」

雪歩「だからね、千早ちゃん」

千早「えぇ、何でしょうか?」

雪歩「ち、千早ちゃん」

千早「萩原さん、一体どうしたのかしら?」

雪歩「…こ、今度は何もないんかいっ」

千早「……」

雪歩「散々ネタ振りしたのに…な、何もないんかいっ!」

千早「萩原さん、それは一体何の冗談なのかしら」

雪歩「え、えへへっ…千早ちゃんばっかりズルいから、私もちょっとふざけてみちゃった」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:49:19.93 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、バカなことをやっていないで早く話を進めてちょうだい」

雪歩「えぇぇ…」

千早「萩原さん、話の最中にそんな茶々を入れるなんて、いけない事だわ」

雪歩「…なんだろう、すっごく理不尽な気がするよ」

千早「さぁ、話を続けてちょうだい」

雪歩「…えっとね、私たちって今一応お仕事中だったと思うんだけど」

千早「……」

雪歩「……」

千早「もちろん分かっているわよ?」

雪歩「あっ、分かってたんだね」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:50:00.34 ID:ogxsjmbRo

千早「当たり前じゃない、萩原さんは私を一体なんだと思っているのかしら?」

雪歩「ご、ごめんね…気を悪くしちゃったのなら謝るから…でも千早ちゃん」

千早「何かしら?」

雪歩「お仕事中だって分かっているのに、暇っていう発言はちょっとどうかと思うよ?」

千早「あら、いかにも優等生な発言ね、萩原さんからそんな風に言われるだなんて驚きだわ」

雪歩「むしろ私は今の千早ちゃんの不真面目っぷりにビックリしてるよ」

千早「当然じゃない、アイドルなんて私にとっちゃお遊び程度のものでしかないのよ」

雪歩「千早ちゃん!?千早ちゃんの口からとんでもない台詞が飛び出たよ!?」

千早「というのはまぁ冗談なのだけれど」

雪歩「そ、そうだよね…冗談に決まってるよね…冗談でよかったぁ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:50:27.66 ID:ogxsjmbRo

千早「というのも冗談で」

雪歩「えっ?」

千早「まぁ今のも勿論、冗談なのだけれど」

雪歩「う、うん……んっ?」

千早「今言った冗談と見せかけた冗談も冗談で…一体何が冗談でない発言なのか…あれれ?」

雪歩「……」

千早「ねぇ、萩原さん」

雪歩「何かな?」

千早「私、ちょっと頭がこんがらがってきたわ、どうしましょう」

雪歩「そんなの私に聞かれても困るよぅ…」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:51:04.81 ID:ogxsjmbRo

千早「それでまぁ、今日は私たち二人とも同じ番組の収録ということでTV局に来ているわけなのだけれど」

雪歩「うん、そうだね…やけに説明的な口調なのが気になるけど」

千早「けれども今は私たち二人とも、休憩時間に入っているわけじゃない?」

雪歩「そうだね、今は休憩中だね」

千早「ところでどうして私と萩原さんの楽屋が同じなのかしら?」

雪歩「そ、それはやっぱり事務所が同じだからなんじゃないかな…?」

千早「全く、見くびられたものね、天下の如月千早と萩原雪歩を一つの楽屋にまとめるだなんて」

雪歩「ち、千早ちゃんそういう言い方はあまり良くないって私は思うなぁ」

千早「って萩原さんがさっき言ってたわよね」

雪歩「千早ちゃん!?私、そんなこと一言も言ってないよっ!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:51:40.03 ID:ogxsjmbRo

千早「それにしてもせっまい楽屋だわ」

雪歩「えっ?」

千早「まっずいお弁当も食べさせられるし」

雪歩「千早ちゃん!?さっきから発言がちょいちょいドス黒いよ!」

千早「まったく…やってられないわね」

雪歩「千早ちゃんじゃないよ!こんな言葉遣いの悪い千早ちゃんなんて千早ちゃんじゃないよ!」

千早「これはもう、抗議も辞さないレベルだわ」

雪歩「しちゃダメだから!抗議なんてしちゃダメだよぅ!」

千早「さっそくプロデューサーに連絡して話を通してもらいましょう」

雪歩「だからダメだってば千早ちゃん!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:52:14.07 ID:ogxsjmbRo

千早「というようなことをさっき萩原さんが言ってたわね」

雪歩「ふぇ…?い、言ってない!一切言ってないよっ!」

千早「萩原さんも見かけによらず黒い部分があるのね…驚きだわ」

雪歩「ち、千早ちゃん何言ってるの!?誰かに聞かれたら大変だからそんなこと言わないで!」

千早「でも萩原さん、さっき楽屋のお茶が不味いだとか言ってなかったかしら?」

雪歩「ま、不味いとまでは言ってないよぅ…ただ、あんまり良いお茶じゃないねって思っただけで」

千早「……」

雪歩「……」

千早「スタッフさーん、萩原さんがちょっと話があるそうなんですけどー」

雪歩「やめて千早ちゃん!お願いだから本当にやめて!」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:52:41.33 ID:ogxsjmbRo

千早「そんなわけで今は休憩時間なわけなのだけれど」

雪歩「う、うん…」

千早「次の収録再開までのこの時間が、とてつもなく暇だということを私は伝えたかったのよ」

雪歩「そっかぁ」

千早「……」

雪歩「……」

千早「ねぇ、萩原さん?」

雪歩「どうしたの千早ちゃん?」

千早「何か面白い一発芸をしてもらえないかしら?」

雪歩「…ふぇっ?」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:53:23.20 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、聞こえなかったのかしら?私は一発芸をしてと言ったのよ?」

雪歩「き、聞こえてはいたけど…えっと…い、一発芸?」

千早「えぇ、一発芸よ」

雪歩「私が?」

千早「萩原さんが」

雪歩「……」

千早「……」

雪歩「わ、私が一発芸をするの…?」

千早「えぇ、その通りよ」

雪歩「む、むむむ無理だよ、私そんなの出来ないよ!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:53:51.28 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、そんな風に謙遜しなくてもいいのよ」

雪歩「謙遜でも何でもないから、本当に出来ないから!」

千早「ふふっ…おやおやご冗談を」

雪歩「冗談も何も私がそんなことをするようなキャラに見える?」

千早「見えるわ」

雪歩「えっ…み、見えるんだ」

千早「見える…見えるわ、萩原さんの背後に笑いの神様が」

雪歩「笑いの神!?」

千早「すごいわ萩原さん、萩原さんには笑いの神様が憑いているのね」

雪歩「い、いないよっ!そんなのいないよぅ!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:54:24.47 ID:ogxsjmbRo

千早「でも萩原さん言ってたじゃない、この間」

雪歩「えっ…私、何か言ってた?」

千早「とっておきの一発芸を開発したって」

雪歩「…えっ?」

千早「萩原雪歩史上最大級の自信作が出来たって、言ってたじゃない」

雪歩「い、言ってないよ!そんなこと一言も言ってないから!」

千早「しかもドヤ顔で」

雪歩「捏造だよっ!どんなゴシップ記事よりもひどいレベルの捏造だよっ!」

千早「これはもうどっかんどっかん大爆笑間違い無しだって」

雪歩「ふぇぇぇん…千早ちゃんが全然話を聞いてくれないよぅ」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:54:55.46 ID:ogxsjmbRo

千早「では萩原さんは一発芸が出来ないと?」

雪歩「無理だよぅ、そんなの出来るわけないじゃん」

千早「私がこんなにも地に頭をこすり付けて頼んでいるのに?」

雪歩「全然こすり付けてないよね、むしろ仁王立ちしてるよね」

千早「さぁ、萩原さんの一発芸はまだなのかしら?早くしてちょうだい」

雪歩「だから千早ちゃん、私そんなの出来ないってば」

千早「この際何でもいいのよ、何ならとっておきの必殺技でもいいのよ」

雪歩「必殺技!?私、そんなの持ってないよ!」

千早「えっ、それじゃあアレは違うの?」

雪歩「アレ?…千早ちゃん一体何のことを言っているの?」」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:55:28.13 ID:ogxsjmbRo

千早「この間スコップでプロデューサーを袋叩きにしていたじゃない、アレが必殺技なのでしょう?」

雪歩「そ、そんなことしたことないよ!千早ちゃん何言ってるの!?」

千早「おかしいわね…私の見間違いだったのかしら」

雪歩「見間違いも何もそんな光景、絶対に有り得ないから!」

千早「何だ違うのね…分かったわ」

雪歩「ほっ…分かってくれたならいいんだ」

千早「必殺技でなく、あくまでも通常技だと、そういうことなのね?」

雪歩「……」

千早「……」

雪歩「うぅぅ…ぜ、全然分かってくれていなかったよぅ」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:56:05.46 ID:ogxsjmbRo

千早「分かったわ、それなら萩原さんとっておきのマジックでもいいのよ?」

雪歩「マジック…?私、そんなのやったことないよ?」

千早「でもこの間言ってたじゃない、対象者を社会的に消すマジックを覚えたって」

雪歩「言ってないよ!ち、千早ちゃんさっきから本当にもう何言ってるの!?」

千早「まあ冗談はさて置き、何ならダジャレでも構わないのよ?」

雪歩「そ、そんなこと言われても」

千早「萩原さん、まだなのかしら?」

雪歩「わ、私まだやるだなんて一言も」

千早「ゆーきぴょん!あっ、そーれゆーきぴょん!」

雪歩「うぅぅ…何なの、このやらないと引っ込みつかないみたいな空気は…」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:56:37.67 ID:ogxsjmbRo

千早「仕方ないわね、ここが私がお手本を見せてあげましょう」

雪歩「えっ、千早ちゃんが?」

千早「そうよ、不甲斐ない萩原さんのために、私が素晴らしいダジャレを披露してあげるわ」

雪歩「な、なんで私が悪いみたいな言い方するの?おかしいよね?」

千早「それではいくわよ…アルミ缶の上にある…ふふっ」

雪歩「…えっ?」

千早「あ、アルミ缶の上にあるみか…ふふっ!だ、ダメ…おかしい」

雪歩「千早ちゃん、せめて最後まで言い切ってくれるかな?」

千早「言うわ、言うから…アルミ缶の上にある…ぷっ、くすくすくすっ…も、もうダメ」

雪歩「うん、千早ちゃんが楽しそうで私は何よりだよ」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:57:14.05 ID:ogxsjmbRo

千早「…結局萩原さんは一発芸を披露してくれなかったわね」

雪歩「そんなこと言われても、出来ないものは出来ないよぅ」

千早「期待していたのに、残念でならないわ」

雪歩「ご、ごめんね…一発芸もまともに出来ないダメダメな人間で」

千早「まったくだわ」

雪歩「こ、こんなひんそーでひんにゅーでちんちくりんな私なんて穴掘って埋まっちゃえば」

千早「ちょっと萩原さん!」

雪歩「ひゃうっ!?ご、ごめんね千早ちゃん…ついいつもの癖で」

千早「聞き捨てならないわね、私の方がちんちくりんよ」

雪歩「…へっ?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:57:55.46 ID:ogxsjmbRo

千早「萩原さん、あなたは今自分のことをちんちくりんと言ったわね」

雪歩「う、うん…」

千早「あなたは、自分よりもちんちくりんな人間の前で、よくもまぁそんな台詞が吐けるわね」

雪歩「えっ…ち、千早ちゃん…?あれ、なんだかいつもと反応が違うね」

千早「本来この台詞は私にこそ相応しいのよ…こ、こんなひんそーでちんちくりんな私なんて…」

雪歩「ち、千早ちゃん一体どうしちゃったの?」

千早「…って誰がちんちくりんなのよ!」

雪歩「え、えぇぇっ!?な、何なのこの時間差攻撃は…」

千早「萩原さん、あなたよくもまぁ私に向かってそんなヒドイ台詞が吐けるものね」

雪歩「言ってないよ!私、千早ちゃんに向かってそんなこと一言も言ってないよぉー!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:58:23.27 ID:ogxsjmbRo

千早「まったくもう…萩原さんってば本当にヒドイんだから」

雪歩「うぅぅ…なんだかすっごく理不尽な怒られ方だよぅ」

千早「もぅ…ちーちゃん激おこぷんぷん丸だぞっ」

雪歩「えっ」

千早「ぷんぷん!」

雪歩「千早ちゃん今のすっごくかわいかったよ!」

千早「……」

雪歩「……」

千早「げ、激おこぷんぷん丸だぞ…っ」

雪歩「あっ、照れてる…千早ちゃんのまともな反応を今日初めて見た気がするよ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:58:57.16 ID:ogxsjmbRo

千早「さて、まだ収録までは結構時間があるわね…暇だわ」

雪歩「あ、あのさ…だったら千早ちゃん」

千早「何かしら?」

雪歩「それなら、私と台本の読み合わせでもしない?」

千早「台本の読み合わせ?」

雪歩「う、うん…出来ればこの後の収録に備えて、色々と確認しておきたいんだ」

千早「ふむ…それは悪くない案ね」

雪歩「でしょ?千早ちゃんさえ良かったら付き合って欲しいんだけど」

千早「いいわよ、どうせ他にすることも無いしね」

雪歩「よかったぁ、断られたらどうしようかって思ってたところだよ」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 01:59:39.15 ID:ogxsjmbRo

千早「それでは次の私たちの出番は…台本の25ページ目からね」

雪歩「うん」

千早「私と萩原さんの漫才シーンで番組が再開されるところね」

雪歩「えっ」

千早「それでは早速始めましょう…はいどーもー、如月千早でーす」

雪歩「えっと…千早ちゃん?」

千早「ちょっと萩原さん、ダメじゃない、ちゃんと挨拶をしなくては」

雪歩「千早ちゃん、漫才シーンなんて台本に書いてないよ?」

千早「おかしいわね…書いてあったような気がしたのだけれど、見間違いだったかしら」

雪歩「千早ちゃん、一度眼科に行った方がいいんじゃないかなぁ…」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:00:19.50 ID:ogxsjmbRo

千早「でも面白そうじゃないかしら?私と萩原さんの漫才って」

雪歩「面白くもなんともないよ!」

千早「でも私と萩原さんよ?面白くないはずがないと思うのよ」

雪歩「何なのその根拠のない自信は…大体私たちアイドルだよ?」

千早「確かにその通りだわ、私たちはアイドルよ…そう、私たちはアイドルなのよ」

雪歩「…どうして二回も言ったの?」

千早「特に意味は無いわ」

雪歩「そ、そっか…それでね」

千早「特に意味は無いわ!」

雪歩「何でそれも二回言うの!?」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:01:04.32 ID:ogxsjmbRo

千早「大事なことだからよ…そう、大事なことなのよ!」

雪歩「そ、そっかぁ…それでね、アイドルが漫才っていうのはちょっと違うと思うんだ」

千早「あら、そうかしら?」

雪歩「アイドルと漫才だなんて、どう考えても結びつかないと思うんだよね」

千早「そうでもないわよ?最近ではアイドルだってお笑い業界に手を広げていることだってあるわ」

雪歩「そ、そうなの…?」

千早「そうよ萩原さん、だからそういう偏見は私はよくないと思うのよ」

雪歩「確かに言われてみればそうだね…ちょっと極端な物言いだったかもしれないね」

千早「そうよ、そんな言い方をしては水瀬さんに失礼と言うものよ」

雪歩「どうしてそこで伊織ちゃんの名前が出てくるの!?」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:01:53.53 ID:ogxsjmbRo

千早「あら、知らないの?水瀬さんのツッコミってすごいのよ?」

雪歩「確かに伊織ちゃんはどちらかと言えばツッコミキャラだけど…」

千早「そんな765プロ一の天才ツッコミキャラの水瀬さんなのだけれど」

雪歩「わぁ…すっごい不名誉な称号だね」

千早「この間なんかツッコミが強すぎて律子のメガネが吹っ飛んじゃったのよ」

雪歩「絶対嘘だよね」

千早「水瀬さんのツッコミがあまりに鋭すぎて律子のパイナップルヘアーが輪切りにされたくらいよ」

雪歩「なんで律子さんばっかり標的に…っていうかそれも嘘だよね?」

千早「当たり前じゃない!」

雪歩「なんでそんなに堂々と言うの!?」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:03:03.90 ID:ogxsjmbRo

千早「というわけでモノは試しよ、私たち二人で漫才をしてみましょう」

雪歩「千早ちゃん、台本の読み合わせは」

千早「さぁ、萩原さん!さっそく始めましょう!」

雪歩「千早ちゃ」

千早「私たち二人の切れ味鋭いネタで、お茶の間を大爆笑の渦に巻き込んであげましょう」

雪歩「ふぇぇぇん…どうして今日の千早ちゃんは全然話聞いてくれないのー」

千早「そして私たち二人で目指すのよ、お笑いの頂点を」

雪歩「おかしいよ!今更だけど今日の千早ちゃん絶対おかしいよ!」

千早「萩原さん、私はもう準備オッケーよ、さぁ早くしてちょうだい」

雪歩「分かったよぅ、分かりましたよぉ…やればいいんでしょ、やれば…うぅぅぅ」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:03:37.12 ID:ogxsjmbRo

千早「はい、というわけで如月千早でーす」

雪歩「は、萩原雪歩ですぅ…」

千早「私たち、二人合わせて」

雪歩「……」

千早「二人合わせて!」

雪歩「…ん?」

千早「…ちょっと萩原さん」

雪歩「えっ…な、何かな?千早ちゃん」

千早「コンビ名を言うのは萩原さんの役目じゃない、何をやっているのよ」

雪歩「え、えぇぇ…どうして私なのぉ…」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:04:17.10 ID:ogxsjmbRo

千早「どうしてって、ちゃんと事前に打ち合わせをしておいたじゃない」

雪歩「してないよ、一度もしてないよ」

千早「1週間前に見た私の夢の中で」

雪歩「分かるわけないじゃん!しかも何で1週間も前なの!?」

千早「夢の中での萩原さん、すっごく張り切っていたわよ、『ようしコンビ名考えるぞっ!』ってね」

雪歩「うぅぅ…千早ちゃんの夢の中の私、何でそんなにアグレッシブなの…」

千早「それでは改めて、もう一度いくわよ」

雪歩「ちょっと待ってよ千早ちゃん、私コンビ名なんて何も考えてないよぅ」

千早「何でもいいのよ、何でも、萩原さんが思いついたものなら何でも構わないわ」

雪歩「そ、そんなこと急に言われても…」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:05:25.20 ID:ogxsjmbRo

千早「それじゃあ改めて…はいどうもー、如月千早でーす」

雪歩「ちょ、勝手に始めないでよぅ…えっと、萩原雪歩ですぅ」

千早「はい、それでは私たち二人合わせて」

雪歩「こ、コンビ名…コンビ名…ええっと…うぅ、何も思いつかないよぅ」

千早「二人合わせて、インフェルノォォォォッ!」

雪歩「……ほえ?」

千早「はい、私たち二人合わせてインフェルノなわけですけど、ムダにカッコイイですよね、これ」

雪歩「……」

千早「萩原さん、急に黙ってどうしたの?目が点になっているわよ、何かあったのかしら?」

雪歩「ふぇぇぇん…な、何なのこれぇぇ…だ、誰か助けてよぉぉ」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:06:16.55 ID:ogxsjmbRo

千早「それではコンビ名も決まったことだし、本格的に漫才の練習といきましょう」

雪歩「趣旨が完全に変わってないかな?当初の目的だった台本の読み合わせはどこにいったのかな?」

千早「時空の彼方に消え去ってしまったわ」

雪歩「消しちゃダメだよ」

千早「さて、役割に関してだけれど…もちろん私がツッコミ役でいいのよね?」

雪歩「それだけはありえないと思うんだ」

千早「えっ…?どうして?…何で?」

雪歩「何でそんなすっごい意外そうな顔するの!?どう考えても千早ちゃんがボケじゃない!」

千早「だって萩原さんをツッコミにしてしまったら…その、スコップでガツンとやられそうで」

雪歩「しないってば!するわけないじゃん!もういい加減にしてよぅ…」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:06:50.24 ID:ogxsjmbRo

千早「さて、ここで萩原さんにとても残念なお知らせがあります」

雪歩「へっ…?な、何かな…」

千早「時間です」

雪歩「えっ…じ、時間って何が?」

千早「そろそろ収録再開の時間が近づいて参りました」

雪歩「えぇぇ…結局台本の読み合わせ全然出来なかったよぅ」

千早「大丈夫よ、萩原さんならきっと出来るわ」

雪歩「ううぅぅ…そ、そんなこと言われても全然自信ないよぅ」

千早「いざとなったら私がフォローに回るわ、安心してちょうだい」

雪歩「全然安心できないよ!」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:07:41.90 ID:ogxsjmbRo

千早「さぁ、それでは萩原さん、行きましょう」

雪歩「だ、大丈夫かなぁ…私、ちゃんと出来るかなぁ」

千早「大丈夫よ、収録前からあんなに入念に台本を読んでいたじゃない」

雪歩「そ、それはそうだけど…」

千早「あんなに準備したんだもの、萩原さんならきっとやり遂げられるわ、自信を持って」

雪歩「うん、そうだね…よしっ、萩原雪歩、がんばりますっ!」

千早「その意気よ、二人で素晴らしい漫才を披露しましょう」

雪歩「……ふぇ?ま、漫才?」

千早「私たちの漫才で新しい笑いの風を吹かせるんだ、そう心に強く誓う萩原雪歩なのであった」

雪歩「うぅぅぅ…私、この千早ちゃんと一緒に収録乗り切れる自信が無いよぅ…」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:08:17.88 ID:ogxsjmbRo

――――
―――

千早「ただいま戻りました」

春香「あっ、千早ちゃんだー!おかえりー!」

千早「ただいま春香」

春香「あれ、千早ちゃん一人だけ?確か雪歩と一緒の仕事だったはずじゃ」

千早「萩原さんなら直帰したわ」

春香「えっ、そうなんだ」

千早「えぇ、今日の収録で結構NGを連発しちゃってね…それで結構ショックだったみたいで」

春香「ふーん…すっごく真面目に台本読み込んでいたのにね」

千早「NG自体が面白いものだったから結果として使えてはもらったんだけどね」

春香「まぁ、それでもショックだろうねぇー…そっかぁ、雪歩帰っちゃったんだぁ」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:09:12.27 ID:ogxsjmbRo

春香「実は雪歩と一緒にアクセサリーでも見に行こうかって話をしていたんだけど」

千早「そうだったの…私でよければ付き合いましょうか?」

春香「本当に?なら雪歩を元気付けるために何か一緒にプレゼントでもしようよ!」

千早「そうね、とても良い考えだと思うわ」

春香「それじゃあちょっと待っててね、春香さんすぐに準備してくるから!」

千早「さて、最終的にこの形に落ち着くのは、やはり必然なのかしらね…」

春香「千早ちゃん、またいつもの一人ごとー?もうすぐ準備できるからそれまでに終わらせておいてねー?」

千早「萩原さんはそうね…少し気の弱いところがあるせいか、今回は少しばかり手加減してしまったわ」

春香「よっしお待たせ!準備できたよ、千早ちゃん早く行こうよー!」

千早「というわけで次回の暇つぶしの相手は誰がいいかしらね…ふふっ、次も楽しみだわ」




おわり


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 02:09:49.06 ID:ogxsjmbRo

はい、暇つぶしのつもりで書いたらこんな時間になってしまったなんてこったい・・・

というわけで、ありがとうございました



元スレ:千早「暇よね」雪歩「そ、そんなことないよぅ…」

他サイト様の最新記事