1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 21:48:17.781 ID:YIsA2iQ30.net

ココア「最近あの廃病院でお化けが出るらしいよ!」

チノ「ただの噂じゃないんですか?」

ココア「そんなことないよー目撃情報もあるみたいだよ!ほら!」

チノ「その廃病院では白い服を着た女性のたすけて……しねない………と言う声が聞こえる…」

チノ「ネットの書き込みを信じるんですかココアさん?」

ココア「実態を調査しようよ!」

ココア「そうすればメグちゃんやマヤちゃんを怖がらせられるようになるかもしれないよ!」

チノ「…」

チノ「考えておきます」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 21:56:27.201 ID:YIsA2iQ30.net

ココア「ねぇねぇリゼちゃん!」

リゼ「どーしたココア?」

ココア「こんど廃病院に行ってお化けの調査をしようよ」

リゼ「おおっ!なるほど、諜報活動というわけだな!」

ココア「ちょうほう?」

ココア「よくわからないけど、来てくれるんだよね?」

リゼ「あぁまかせろ!」

ココア「じゃあリゼちゃんはシャロちゃんをさそっておいて」

ココア「千夜ちゃんはわたしがさそうから」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:01:19.305 ID:YIsA2iQ30.net

ココア「どう千夜ちゃん?」

千夜「とてもおもしろそうだけど夜はお店があるから…」

千夜「ちょっときびしいわ…」

ココア「そっかー残念…」シュン

~~~~

リゼ「というわけなんだ」

リゼ「一緒にいかないかシャロ?」

シャロ(どうしよう……お化けは怖いけど…)

シャロ(リゼ先輩がさそってくれたし…)

シャロ「…」

リゼ「無理はしなくてもいいぞ?」

シャロ「い、いえいきます!」

シャロ「リ…リゼ先輩と一緒なら怖くないですし…//」

リゼ「それはよかった、くわしいことはあとで連絡するよ」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:07:04.124 ID:YIsA2iQ30.net

~~~

ココア「チノちゃんもきてくれてうれしいよ」

チノ「こ、これはメグさんやマヤさんを怖がらせるためで、ココアさんのためじゃないです//」

ココア「それでもきてくれてありがとうチノちゃん」チノちゃんぎゅーっ

チノ「くるしいです…はなれてください//」

ココア「えへへ~」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:16:09.227 ID:YIsA2iQ30.net

リゼ「おっ、集まったな」

ココア「少し遅くなっちゃった~」

チノ「すみません」

シャロ「大丈夫よチノちゃん、わたしたちもいまさっきついたところだから」

ココア「あれ~?」

チノ「どうかしたんですか?」

ココア「千夜ちゃんに写真を送ろうと思ったのに電波が入らないよー」

シャロ「写真はこんどでいいんじゃない?」

チノ「でも電波が入らないのはもしはぐれてしまったときに困りますね」

リゼ「大丈夫だ、トランシーバーをもってきた」

ココア「さすがリゼちゃん!」

リゼ「2つしかないから1つはわたしがもってもう1つは…」

リゼ「ココアに渡しておくよ」

リゼ「ココアが1番心配だからな」

シャロ「たしかに」

チノ「正しい判断だとおもいます」

ココア「ひどいよ2人とも~」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:25:02.091 ID:YIsA2iQ30.net

リゼ「潜入開始だ!」


……

リゼ「なかけっこう暗いな…」

チノ「電球がつきませんね」

シャロ(もうすでに怖い…)ガクガク

ココア「ワッ!!!」

リゼ「うわぁぁああ!!」

シャロ「ひゃぁああ!!!」

ココア「リゼちゃんとシャロちゃんひっかかったー」

シャロ「ふ、ふざけるのはやめろよココア!びっくりするだろ!」

シャロ「…」グスッ

ココア「あれ?シャロちゃん座り込んじゃってどうしたの…そんなにおどろいた…?」

シャロ「うぅ…」ポロポロ

ココア「あれ…シャロちゃんのまわりの床濡れてる…?もしかして…」

シャロ「う、うるさい!言うなバカー!」//


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:35:38.644 ID:YIsA2iQ30.net

シャロ(リゼ先輩だけじゃなくチノちゃんにまでおもらし見られちゃった…)

シャロ「はぁ…」

ココア「元気だしてシャロちゃん」

シャロ「…」

リゼ「大丈夫だ、気にすることないぞシャロ」

シャロ「はい…」

チノ「私も気にしてないので元気だしてくださいシャロさん」

シャロ「ええ…」

シャロ(とりあえず濡れて気持ち悪いから脱ぐわ…)


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:40:01.001 ID:YIsA2iQ30.net

ココア「何も起こらないね」

リゼ「油断はしてはダメだいつ姿をあらわすかわからないからな…」

「…けて」

チノ「!?」

ココア「どうしたのチノちゃん…?」

チノ(気のせいでしょうか…)

チノ「なんでもないです」

シャロ「?」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:46:41.461 ID:YIsA2iQ30.net

「………ない…」

「……ない………」

リゼ「何がないんだ?」

ココア「え?」

チノ「?」

シャロ「?」

リゼ「おいおい何でみんなしてそんな顔するんだよ?」

リゼ「ない…ない…って誰か言ってたじゃないか」

チノ「わたしは言ってないです」

シャロ「わたしも…」

ココア「わたしも言ってないよ…」

リゼ「…」

リゼ「すまないわたしのそらみ

「たすけて………ない……」

チノ「こ、これってまさか」ガクガク

ココア「…」

シャロ「な、何いまの声!?」

リゼ「…」

リゼ「き、気のせいに決まってるよ…」

ドンッ!!!ガシャァン!!!

シャロ「きゃぁぁあーー!!!!」

リゼ「ぜ、全員撤退だー!!!」

ココア「待ってリゼちゃーん!!!」

シャロ「ハーブあげるから許してーーー!!!」

チノ「お、おいてけぼりにしないでください!!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 22:56:37.069 ID:YIsA2iQ30.net

チノ「あっ!」ガクッ

シャロ「チノちゃん!」


~~~~~~~



ココア「ハァハァ…」

リゼ「ハァハァ…」

ココア「なんとか脱出できた…」

リゼ「よし!全員無事か?」

ココア「ど、どどうしよう!チノちゃんとシャロちゃんがいないよ!」

リゼ「安心しろココア」

リゼ「こんなときのためのトランシーバーだ」

リゼ「あっ…」

リゼ「…」

ココア「…」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:04:48.986 ID:YIsA2iQ30.net

チノ「ごめんなさいシャロさん、私が転んでしまったばっかりにはぐれてしまいました」

シャロ「気にしないでチノちゃん」

シャロ「そんなことより早く合流しないと…」

カツ…カツ

チノ「あ、足音がします…」

チノ「ココアさんたちがきてくれたんでしょうか?」

「……かけ…ない……」

チノ「ひっ!」

シャロ「チノちゃんこっち!」ダッ

~~~~

ココア「わたしチノちゃんたち探してくる!」ダッ

リゼ「まてわたしも行くぞ」ダッ


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:17:38.583 ID:YIsA2iQ30.net

シャロ(とりあえず病室に隠れたけど…)

……カツ…カツ…

シャロ(よかった…遠ざかってく…)

シャロ(あっ、パンツどこかに落としちゃった…)

チノ「シャロさん…」

チノ「わたし怖いです」ポロポロ

シャロ「大丈夫よ、わたしがついてるわ」ギュッ

チノ「うぅ…」ギュッ

シャロ(本当はわたしも怖いけど…)

シャロ(チノちゃんの前でもうかっこわるいところ見せられないわ)

カツカツ……カツカツ…

チノ「また…足音が…」ギュー

シャロ「チノちゃんはわたしが守るわ」ギュー

カツカツ……カツカツ…

チノ「シャロさん…」ポロポロ

シャロ「だ…だいじょうぶよ…だいじょうぶだから…」ギュー


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:24:45.284 ID:YIsA2iQ30.net

……

シャロ(足音が止まった…?)



ココア「チノちゃん!」ガラッ

リゼ「シャロ!」

チノ「シャロさん!」ギュー

シャロ「チノちゃん!」ギュー

ココア「大丈夫お化けじゃないよ!」

リゼ「もう大丈夫だぞ」

チノ「え?」

シャロ「え?」

ココア「無事でよかったよー」

ココア「それよりシャロちゃん…」

ココア「何でチノちゃんと抱き合ってるの?」

ココア「ねえ?」

ココア「どうして?」

ココア「答えてよ?」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:32:15.759 ID:YIsA2iQ30.net

リゼ「おい、落ち着けって」

シャロ「な、なんで怒ってるのよ」

ココア「別に怒ってないよ」

リゼ(あの目はやばい目だ)

チノ「うぅ…」

チノ「お姉ちゃん…」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:33:28.446 ID:YIsA2iQ30.net

チノ「ココアお姉ちゃん!」ギュッ

ココア「チノちゃん!」

ココア「わたしがきたからにはもう安心だよ!」

シャロ(お化けも怖かったけどココアも怖かった…)

シャロ「でもどうしてここにいるってわかったんですか?」

リゼ「えっと…それは…」

ココア「近くにコレ落ちてたから…」

シャロ「あ////」

リゼ「お手柄だったぞ、シャロのパンツ!」

シャロ「うぅ///」

「あの~」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:42:39.135 ID:YIsA2iQ30.net

青山「みなさんどうされたんですか?」

リゼ「うわっ!」

ココア「びっくりした~」

チノ「あ、青山さん!」

青山「じつは今度ホラー小説の依頼がありまして」

青山「それらしいところでイメージを膨らませていたんですが…」

青山「怖がらせてしまったみたいですみません」

シャロ(だからかけないって言ってたのね…)

シャロ(?青山さん白い服だけど着物じゃない…)

~~~~

千夜「噂の正体は青山さんだったのね」

ココア「そうなんだよー」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:49:11.015 ID:YIsA2iQ30.net

~~~~

ココア「廃病院でわたしのことお姉ちゃんって呼んでくれたよね」

チノ「呼んでませんよ、気のせいです//」

ココア「本当かな~?」

ココア「じゃあ今度はここに行こうよ!」

チノ「えっ?」

ココア(また心霊スポットにいけばお姉ちゃんって呼んでくれるかも)

チノ「もう心霊スポットはこりごりです…」

チノ「そんなことより仕事してくださいココアさん」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/08(火) 23:55:29.170 ID:YIsA2iQ30.net

~~~

チノ(…)

チノ(それにしてもあのときの白い着物を着てた女性は誰なんでしょう…?)

チノ(なぜか今日はなかなか寝れません…)

チノ(それに思い出したら怖くなってきました…)

チノ(ふとんから出るのは怖いのでココアさんに来てもらいましょう)

~~~~~

「♪」

ココア「チノちゃんからメールだ…」

チノ「今日は一緒に寝てあげてもいいですよ、怖くないです」

ココア「フフ…」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/09(水) 00:03:41.816 ID:2ukqiGX40.net

チノ「どうぞココアさん」

ココア「じゃあおじゃまするね、チノちゃん」

チノ「狭いですけど我慢してください…//」

ココア「うん…」

ココア「…」ガクン

チノ「えっ…?」

チノ「ココアさんどうしたんですか……」

ココア「やっと…はいれた…」

ココア「今日は逃がさないよ…」グッ

チノ「く、くるしいですココアさん…」

ココア「フフフ…」

チノ(いつものココアさんじゃない…)

チノ「息が………」

ココア「…」グググ

チノ「目を……さまして…ください」

チノ「ココア…さん…………ココアお姉ちゃん!」

ココア「!」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/09(水) 00:10:46.913 ID:2ukqiGX40.net

チノ「ゲホッ、ゲホ……」

ココア「だ、だいじょうぶチノちゃん?」

チノ「わたしは…だいじょうぶです…」

チノ「それよりココアさん…勝手にどこかに…行かないでください」ポロポロ

ココア「なにを言ってるの、さっきからわたしはここに……」

チノ「…」ポロポロ

ココア「…」

ココア「ごめんね、チノちゃん」ギュッ

チノ「よかった…いつものココアさんです…」

チノ「ずっとそばにいてください…」

チノ「はなれてください…」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/09(水) 00:29:23.996 ID:2ukqiGX40.net

テレビ「~~廃病院で新たに遺体が発見され~~」

~~~~~

チノ(一応私たちは御払いをしてもらいました)

チノ「ココアさんは目を離すとどこかにいってしまいそうなので今日もわたしと一緒に寝てください!」

ココア「えへへしょうがないないなぁ~チノちゃんは甘えん坊さんだね」

チノ「ち、違いますよ///」

チノ「勘違いしないでください、監視しているだけです//」

ココア「それってわたしの心配してくれてるんだよね?」

チノ「ち、違いますよ//」

ココア「えー、もっと素直になりなよチノちゃん」

チノ「もういいです!別に寝ます!」プイッ

チノ「た…ただし…ココアさんがどうしてもというなら寝てあげてもいいです//」

ココア「じゃあお願いするね!チノちゃん」

ココア「これからもずっと一緒にいようね!」

チノ「…」
 
チノ「はい…こちらこそよろしくおねがいしますココアさん//」




FIN



元スレ:チノ「心霊スポットですか?」

他サイト様の最新記事