1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 19:52:42.06 ID:Q4YioQKw0

P「は?なんで?」

真「いや、逆に何でですか」

P「いやいや、触らせろよ」

真「嫌ですよ」

P「……」スッ

真「……!」パシッ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 19:55:03.89 ID:Q4YioQKw0

P「手を払うなよ!」

真「払いますよ、そりゃ!」

P「なんで!」

真「触られたくないからです!」

P「……はっ!」スッ

真「ふんっ」バシッ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 19:58:12.30 ID:Q4YioQKw0

P「ちょっと強めに来たなお前!」

真「当たり前です!二回目ですからね!」

P「なんで?何で触られたくないの?」

真「手つきがやらしいんですよ!」

P「は?どこがだよ」

ワキワキ

真「それ!その指の動きがヤダ!」

P「ぐぬぬ……」

真「うう……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:01:22.18 ID:Q4YioQKw0

P「いいじゃん、ちょっとくらい!」

真「良くない!」

P「だってお前、あれだろ?『プロデューサーになら触られてもいい系アイドル』だろ?」

真「違いますよ!何ですかそれ!」

真「大体プロデューサーさっき何処触ろうとしてました!?」

P「胸!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:05:24.85 ID:Q4YioQKw0

真「な!ハ、ハッキリ言ったな……!」

P「そうだよ、胸だよ」

P「ホラ、言ったんだから触らせろって」スッ

真「!!」バッシィ!

P「痛って!痛って!凄い音した、今!」

真「三回目ですからね!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:09:48.20 ID:Q4YioQKw0

真「さあ来るなら来い!全部叩き落としてやる!」

P「ちょ、ちょっと待ってって」

真「嫌です!そんなこと言って油断させる気でしょ!」

P「違うって!マジで!マジで一回やめろ!」

真「……」

P「……」

真「……ホント?」

P「ホントだって……」

P「な、一回冷静になろうぜ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:16:49.47 ID:Q4YioQKw0

真「……分かりましたよ」

P「ああ、ありがとう」

真「……それで、何を話すんですか」

P「いやだからさ、どうしたら真が胸を触らせてくれるかについてだな……」

真「……何を言われてもイヤですよ、ボク」

P「それだよ!」

真「何がですか」

P「真、あのな?『何が何でも嫌なものは嫌』そういう態度はヒジョーによろしくない」

P「考えてみろ、お前はアイドルとしてこれからドンドンいろんな仕事をしていくよな?」

P「その中でさ、何か一つでも嫌な仕事があったらお前はその仕事を拒否するのか?」

P「若いうちは、チャレンジの連続、失敗の連続だ」

P「だからな?真、チャレンジしてみよう、そして、失敗すればいいじゃないか」

P「分かったな?さ、ホラ、分かったら俺に胸を触らせるんだ……」

真「イヤです」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:21:53.90 ID:Q4YioQKw0

P「……」

真「……」

P「ふぅー……どうしてもダメか?」

真「ダメです」

P「あーあ、そんなんじゃ俺困っちゃうなー」

真「は?」

P「真に触れないんじゃなー、まともなプロデュース活動なんて出来ないんだけどなー」

真「何でですか」

P「だってさ、お前に触っちゃいけないんじゃダンスレッスンの指導も出来ないし、褒めたり喜び合ったりだってできないんじゃないか?」

真「……胸を触らなきゃいいんじゃないですか?」

P「……そう?」

真「そうだと思います」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:26:03.59 ID:Q4YioQKw0

P「んー、じゃあ分かった!」

P「まず!まずは胸以外から行こう!」

真「は?」

P「そうだな……、よし、手がいいな」

P「真、とりあえず手を触らせろ」

真「え……イヤです」

P「はあ!?はああああ!?」

P「いやお前、手もダメて!ガード堅すぎだろ!」

真「いや、まあ……普段なら良いのかもしれませんけど」

真「今のプロデューサーは何かちょっと……キモイかなって」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:30:04.65 ID:Q4YioQKw0

P「キモくねーよ!何だお前!」

P「じゃあお前あれか!おれにても触らせいんだったら!」

P「俺お前のプロデュース何にも出来ないんですけど!?」

真「だから時と場合によるって言ってるじゃないですか!今ボクの手なんて触る必要ないでしょ!」

P「なんだよ!こっちは妥協してんだぞ!お前も折れろよ!」

真「ぜーったい!イヤです!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:32:07.32 ID:Y/fLf4ri0

菊地真

こーゆことか?


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:34:23.93 ID:Q4YioQKw0

P「じゃあ分かった!この際ケツでもいいわ!ケツ触らせろ!」

真「それじゃあハードル上がってるじゃないですか!イヤですよ!」

P「あそこもヤダ、ここもヤダって……このワガママ娘がぁ……」

真「どっちがですか!」

P「うぬぬぬ……」

真「ぐぬぬ……」

ガチャ

美希「あっ真クンだ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:40:06.62 ID:Q4YioQKw0

真「あっ美希……」

美希「あはっ、今日とっても忙しいのに真クンに会えるなんて、ミキちょーラッキーってカンジ」ガバッ

真「わぷっ、ちょっと美希、いきなり抱き着かないでよ……」

美希「堅いこと言っちゃダメなのー」スリスリ

真「全くもう……」

律子「こーら!美希、遊んでる暇ないわよ」

美希「えー」

律子「忘れもの取りに来ただけなんだから、すぐに出ないと……そう言うわけですのでプロデューサー留守はよろしくお願いしますね」

律子「ほら、行くわよ美希」

美希「あーんもう……真クン、今度一緒にお買い物行こうね!」

バタン

P「……ほう」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:43:52.88 ID:Q4YioQKw0

真「まったく美希は……」

P「まーこーとクン」

真「は?」

P「あはっ、まことクーン!」ガバッ

真「え、ちょっ」サッ

ドシーン

P「痛って!避けんなよ!」

真「いや、避けますよそりゃ……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:48:10.56 ID:Q4YioQKw0

P「ずるいだろ!美希は避けなかったのに!」

真「美希は女の子ですし、プロデューサーは男ですし」

P「ちっくしょ、露骨な男女差別しやがって……」スクッ

ドテ

P「あ、あれ?」

真「……今度はどうしたんですか?」

P「……立てない」

真「え」

P「腰抜かした……」

真「ええ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:53:08.20 ID:Q4YioQKw0

真「またそうやって嘘つく……」

P「う、嘘じゃないんだけど」

真「だってプロデューサーまだ20ちょいでしょ?そんな年いってないじゃないですか」

P「いや、ホントに……」

真「……そうやってなんだかんだ言ってボクの手触る気でしょ」

P「嘘じゃないって!」

真「……ホントに?」

P「ホントだって……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 20:58:24.43 ID:Q4YioQKw0

P「ウソじゃない、ウソじゃないから、手を貸してくれ……」

真「……分かりましたよ」

グイッ

P「なーんてな!」ガバッ

真「せいや!」ドゴッ

P「ぐっほおおお!」

真「あー、もう!何なんですかホントに!」

P「くっそ……とうとう手が出たな……真……」

真「流石にね!我慢の限界でしたからね!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:05:43.02 ID:Q4YioQKw0

5分後

P「あー、やっと痛くなくなってきたわ……」

真「……まあ、一応、すみませんでした」

P「ああ……まあ次からはそこのクッションで殴ってくれよ」

真「はあ」

P「さ、それでだな、どうやったら真が俺に胸を触らせてくれるかについてに話を戻すが……」

真「まだやるんですか……」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:09:54.99 ID:Q4YioQKw0

真「もう良くないですか?それ」

P「良くない!」

真「ボクもう疲れちゃいましたよ……」

P「俺もだよ」

真「じゃあなんでやるんですか!」

P「だって触りたいから……」

P「お前が胸を触らせてくれればな、それだけで解決なんだけどな」

真「それだけはちょっと」

P「じゃあお尻」

真「それもちょっと」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:14:38.32 ID:Q4YioQKw0

P「そもそもさ、俺だって妥協してんだぜ?一応」

真「手もイヤですよ」

P「いやいや、そうじゃなくてさ胸もなんだよ」

真「?」

P「だからさ、胸だって妥協案なんだって」

真「はあ!?今更何言うんですか!」

P「いやなんかさ、もう全部言っちゃおうかなって


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:20:16.78 ID:Q4YioQKw0

真「はあ!?ええ!?」

P「もういいや、言っちゃうわ」

真「やめてください!もうこれ以上話をややこしくしないでください!」

P「いや、言う、聞け」

P「まあ確かにさ、お前は胸もいい感じだしお尻もいい感じなんだけどさ」

真「やめて!やめて!」

P「俺さ、実を言うとさ……」


P「へそなんだ」

P「真のへそが一番好きなんだわ、舐めたい、出来れば」

真「」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:24:25.30 ID:Q4YioQKw0

真「」

P「……あーやっぱ固まっちゃたかー」

P「へそはなーキツイよなーやっぱり」

真「」

P「まあ今のうちかな……」

ダキッ

P「あーいいわー真」

P「ごねた甲斐があったなー癒されるわー」

真「」プルプル

P「ん?どうした?真」

真「プロデューサーの、ばかああああああ!!」バッチーン


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:30:10.69 ID:Q4YioQKw0

P「ちょ、痛い、痛いってば!」

真「バカ、バカ!」ゲシッゲシッ

P「おま、クッション使えって言ったじゃんクッション!」

真「……」

真「この!この!」ボスッボスッ

P「あ、強!クッション越しでも結構強い!」

P「ごめんて、ごめんて真!」

真「はぁーっ、はぁーっ……」

P「あ、助かっ……」

ドゴッ

P「」

真「……もう帰りますっ!プロデューサーのバカ!」

ダダダッ バタン!


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 21:32:32.39 ID:Q4YioQKw0

P「……」

P「……」

P「……なあ、春香」

P「俺、間違ってるのかな……?」

春香「……間違ってるんじゃないですか」

P「そうか……」

P「なあ春香、胸」

春香「イヤです」

P「」

春香「イヤです」

           完



元スレ:真「触んないでくださいよ、プロデューサー」

他サイト様の最新記事