1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:26:33 ID:xHltXK1w

れんげ「ねえねえ、処女ってなんなのん?」

一穂「えっ・・・、いきなりどしたのれんちょん」

れんげ「ウチはいつでもいきなりなのん!いいから処女についておしえるん!」

一穂「え、えーとねぇ・・・。処女ってのはぁ」

れんげ「処女とは」

一穂「えーと、穢れの無い・・・女性・・・・・?」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:32:51 ID:xHltXK1w

れんげ「ふむ」

一穂「そ、そうだ!れんちょんも処女だよぉ、あと、分校のみんなも多分処女、うんそうだ!」

れんげ「姉々は処女じゃないのん?」

一穂「まあそうだね~、ウチは処女ではないかな~」

れんげ「姉々は穢れてるん?」

一穂「え~と・・・」

れんげ「あ、駄菓子屋はどうなん!?駄菓子屋は処女なのん?」

一穂「あ~、楓はねぇ・・・・」

れんげ「聞いてくるん!!」

一穂「あ、ちょいれんちょ・・・・、行っちゃったよ・・・。ま、いいか~」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:36:48 ID:xHltXK1w

れんげ「駄菓子屋~!!」

楓「だから駄菓子屋って呼ぶなっつーの・・・」

れんげ「一つ質問してもよろしいですのん?」

楓「ん?まあ答えられる範囲なら構わないが」

れんげ「駄菓子屋は処女なのん?」

楓「ぶふぅぅっ、ゲホッ!ごほっ!」

れんげ「どうしたのん、いきなりむせたりして」

楓「どうしたはこっちの話だっつーの!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:40:55 ID:xHltXK1w

れんげ「?」

楓「れんげ・・・お前は処女の意味をわかって聞いてるのか?」

れんげ「わかってるのん」

楓「本当か?言ってみろ」

れんげ「穢れの無い女性の事なのん!」

楓「う、うむ・・・あながち間違えでもないが・・・」

れんげ「駄菓子屋は処女なのん!?今すぐ答えるのん!!」

楓「あー!!私は処女だよ!!文句あっか!?」

れんげ「駄菓子屋はやっぱり穢れてなかったのんな」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:44:56 ID:xHltXK1w

このみ「へぇ、楓ちゃんってやっぱりそうだったんだ~」

れんげ「このみ姉なのん、にゃんぱす~」

楓「こ、このみ!?いつの間に来てたんだ!!??」

このみ「れんげちゃんがここに駆け込んで来る辺りからかな~」

楓「最初からじゃねーか!!」

このみ「うんっ」

楓「その笑顔やめろ!!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:47:54 ID:xHltXK1w

れんげ「あ、そうなのん。このみ姉は処女じゃないのん?」

このみ「え"・・・」

楓「そうだよなぁれんげ、気になるよなぁ~」

れんげ「このみ姉も早急に答えるのん!!」

このみ「れ、れんげちゃん・・・お、乙女にその質問はね、ちょっとね」

楓「答えるよなぁこのみ?」

このみ「ぅ・・・・」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:51:48 ID:xHltXK1w

れんげ「どうなのん」

このみ「はぁ、まぁ、私は処女ではないよ・・・・」

れんげ「なんと!」

楓「へ、へぇ・・・そうなのか」

このみ「まあ、高校3年生にもなって、処女だって言う友達もあんまりいないけどね~」

れんげ「最近の女子高生は穢れてるのんな・・・・」

このみ「言い方キツいね、れんげちゃん・・・・」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 22:56:54 ID:xHltXK1w

れんげ「ここまででわかった事は、姉々とこのみ姉は処女ではなく、駄菓子屋は処女だと言う事なのん」

駄菓子屋「え、ちょっとまてれんげ、先輩って処女じゃないのか?」

れんげ「姉々は違うって言ってたのん」

このみ「楓ちゃん、流石に24歳で経験無しは無いと思うよ?」

楓「そう・・・なのか・・・」

れんげ「経験?なんの経験なのん!?処女は何かを経験すると、処女じゃなくなるん!!??」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:04:07 ID:xHltXK1w

このみ「え、えーとね・・・」

楓「私は処女だから何の経験かわからないぞ?そんな目でこっちを見るな」

このみ「ま、まぁなんというか、大人の経験と言うか、そんな感じの経験かな・・・?」

れんげ「大人の経験なのん!?具体的にはどんな感じなのですか!!」

このみ「えーと、具体的・・・」

夏海「うぃーっす・・・お、れんちょんにこのみちゃんもいるじゃん!」

れんげ「なっつん、今このみ姉から大切な事を聞き出してるん、少し静かにするのん」

夏海「お、おう・・・。なんか知らんけど、おもしろそうじゃん」

このみ「夏海ちゃんまで来ちゃったよ・・・どうしよ」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:15:04 ID:xHltXK1w

このみ(もうここは、包み隠さず言っちゃおうかな。誤摩化せる雰囲気じゃないし)

このみ「れんげちゃん、子供ってどうやって生まれてくるか知ってる?」

れんげ「子供の誕生と大人の経験って関係あるのん?」

このみ「うん、すごく関係あるんだよ」

楓「まさか包み隠さず教えるつもりか!?」

このみ「もう誤摩化せそうにもないしね~」

夏海「・・・・・」

このみ「子供が欲しい時に、男の人と女の人はセッ○スをするの」

れんげ「性別のことなのんな」

楓「随分と博識だなおい」

このみ「セッ○スって性別って意味もあるけど、性行為っていう意味でも使うの」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:18:35 ID:xHltXK1w

れんげ「性行為が子供をつくる儀式なのん?」

このみ「まあ、そう言う事かな」

れんげ「もしかして、このみ姉は子供をつくってしまったん!?」

このみ「あ~、それなんだけどね」

このみ「セッ○スって、付き合ってる男の子と女の子が、気持ちよくなるためにもするんだよ」

れんげ「子供は生まれないのん?」

このみ「うん、子供が欲しくないときは、避妊をするの。要するに、子供が生まれないようにするってことね」

れんげ「な、なるほどなのん・・・」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:24:03 ID:xHltXK1w

楓「あーあ、全部教えちまった・・・」

このみ「れんげちゃん、くれぐれも大人にるまではしようとなんてしちゃダメだからね?」

れんげ「そもそも、同年代の男の子が身近にいないのん・・・」

楓「ホッ・・・」

このみ「そういえば夏海ちゃん、さっきからずっと黙ってるけど、大丈夫?」

夏海「へっ、あ、うん、全然大丈夫、夏海ちゃんは全く問題ありませんっ!」

楓「変な奴だなぁ、まあ元々か」

夏海「あははっ、そ、そうかもねっ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:28:47 ID:xHltXK1w

れんげ「もしかして、なっつん・・・」

夏海「ん?」

れんげ「セッ○ス経験済みなのん?」

夏海「ななな、そ、そんな訳ないじゃん、あははははっ」

このみ「夏海ちゃん、誰としたの?」

夏海「・・・・・あははは」

楓「マジかよ・・・・」

れんげ「なっつん大人なんな~」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:35:11 ID:xHltXK1w

このみ「相手はメガネ君なの?」

夏海「あはは・・・はぁ、そうだよ、兄ちゃんだよ」

楓「うわぁ・・・・」

このみ「兄妹でなんて・・・・。ちゃんとゴムは着けたの?」

夏海「え、いや、着けてないけど・・・」

このみ「はぁ・・・メガネ君、中で出しちゃってた?」

夏海「え、中で出す?う~ん、中では出してないかな?」

楓「随分生々しい話だな」

れんげ「もうウチの理解の範疇を超えてるのん・・・」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:38:20 ID:xHltXK1w

このみ「じゃあ外で出してたの?」

夏海「外で出す?いや、出してなかったけど・・・」

このみ「じゃあ中で出しちゃってるって!」

夏海「あ、あの、このみちゃん、出すって何を?」

このみ「精子に決まってるじゃん!」

夏海「精子・・・?」

このみ「うん、あの白いドロッとしたくさいやつ!」

夏海「はぁ・・・、どこから出て来るの?」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:43:14 ID:xHltXK1w

このみ「夏海ちゃんふざけてるの!?チンチンに決まってるでしょ!!」

れんげ「チンチンからは白いドロッとしたくさい何かが出てくるんな、一つ賢くなったのん」

夏海「ウチも~」

このみ「え?夏海ちゃん、メガネ君とセッ○スしたんじゃないの?」

夏海「うん、したよ」

このみ「具体的には何をしたの?」

夏海「え、え~と///兄ちゃんとキスして、そのまま兄ちゃんのベロがウチの口の中に入ってきて、やり返してたら
気持ちよくなっちゃって/////」

このみ「で?」

夏海「へ?それで終わりだけど」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:49:39 ID:xHltXK1w

このみ「・・・・・・」

楓「なぁ夏海」

夏海「あれ、ウチなんか変な事言ったかな」

このみ「はぁ、なんか疲れた、帰るね」

楓「お、おう、またな」

れんげ「ばいばいな~ん」

このみ「そうだ夏海ちゃん、最後に一つ言っておくけど、夏海ちゃんはまだ処女だからね?」

夏海「え、なんで?」

このみ「セッ○スしてないからに決まってるでしょ!!!!」

夏海「え、え?」

このみ「夏海ちゃんがしたのはディープキス!子供はどう頑張っても出来ないの!!」

楓「兄妹でする事じゃないけどな」

このみ「メガネ君とお幸せに、はぁ疲れた・・・・・」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:53:26 ID:xHltXK1w

夏海「そ、そうなのか、ウチがやってたのはセッ○スではなかったのね・・・」

れんげ「ディープキス、また世界が広がったのん」

楓「あー、そんな世界広げんでいい、閉じとけ閉じとけ」

夏海「で、駄菓子屋に聞きたいんだけど」

楓「あ?」

夏海「セッ○スってどうやるの?」

楓「・・・・・」

夏海「どうやるの?」

楓「お前の母親にでも聞いてみればいい、私は知らないからな」

夏海「母ちゃんか~、わかった」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/14(土) 23:56:14 ID:xHltXK1w

夏海「じゃあそろそろ帰るかなっと」

楓「とっとと帰れ」

れんげ「ウチも帰るんな~、また今度なのん」

楓「おう、気をつけて帰れよ」

夏海「セッ○スセッ○ス~」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 00:03:11 ID:SARyoXxI

翌日学校にて

小鞠「はぁ蛍、昨日は大変だったよ~」

蛍「どうしたんですか先輩」

小鞠「なんか知らないけど、夏海がお母さんをめちゃくちゃ怒らしてさ。もう本当に雷どころの騒ぎ
じゃなかったのよね~」

蛍「あ~だから夏海先輩、目がまっ赤だったんですね・・・」

れんげ「なっつんなんで怒られたん?」

小鞠「う~ん、なんか下品な言葉がどうとか言ってたかなぁ・・・」

一穂「席ついて~、授業始めるよ~」

一穂「あれ夏海~、いつまで寝てるのん、顔あげな~」

夏海「う~・・・・」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 00:14:22 ID:SARyoXxI

一穂「あれ、ウサギさんみたいに目を赤くしちゃって~。あははっまたなんかやらかしたか!」

夏海「言葉の意味を聞いただけです~!」

一穂「言葉の意味?」

夏海「うん」

れんげ「セッ○スの意味を聞いたのん?」

夏海「うん」

一穂「れんちょん!?」

一穂(何となく察したけど・・・・)

夏海「あんなに怒らなくたって・・・・」

一穂「夏海、ドンマイ(あとちょっとゴメン)」

れんげ「ドンマイなのん!」

一穂(原因多分れんちょんだけどね)

おしり


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/15(日) 00:16:44 ID:SARyoXxI

楓が処女なのは譲れない。



元スレ:宮内れんげ6歳小学1年生処女

他サイト様の最新記事