1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/25(金) 20:45:16.46 ID:4Ncu2JWK0

大きい


珠美「……」

幸子「……?」

珠美「……」

幸子「……なんですか? ボクの方をジッと見て。ボクはかわいいので、女の子でも見惚れてしまうのは無理ありませんが」

珠美「……ふっ、勝ちました」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:46:21.90 ID:4Ncu2JWK0

幸子「イラっとする笑い方ですね。いきなりどうしました? どちらかと言えば、ボクがそういう風に笑う方ですよね?」

珠美「? 幸子さんの笑顔でイラっとした事はありませんよ」

幸子「気にしないで下さい。で、何に勝ったんですか?」

珠美「身長です! 珠美は幸子さんより大きい! だから、充分高校生に見えるはず!」

幸子「ボク、中学生なんですけど……」

珠美「中学生より大きい。つまり、高校生に見えなくてはおかしいという事です!」

幸子「たった三センチじゃないですか」

珠美「たった、ではありません! 三センチも! です!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:47:07.24 ID:4Ncu2JWK0

幸子「……そのくらいの差と言えば」

珠美「あ、あの、なんで視線を下げたのですか? 具体的には、珠美の胸の方に……」

幸子「公表しているサイズでは、ボクの方が二センチ――」

珠美「それ以上は言わせません!」

幸子「口にしてもしなくても、現実は変わりませんよ。身長差も、ボクが今の珠美さんの年齢になる二年間で、どう変わるんでしょうね?」

珠美「うわぁぁん!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:49:23.29 ID:4Ncu2JWK0

読書


幸子「……」

珠美「なにを読まれているのですか?」

幸子「江戸時代を舞台にした小説です」

珠美「おおっ、時代小説ですか! 幸子さんもお読みになられるんですね!」

幸子「読書が大好き、と言うほどではありませんので、嗜む程度に読んでるだけですよ。ジャンルにこだわりもありませんし」

珠美「細かい事を気にしてはいけません。それより、どんな内容なのですか?」

幸子「妖怪――」

珠美「よ、妖怪!? た、珠美、そういった類のものは少々……その……」

幸子「に、大事にされてる病弱な主人公が頑張るお話です」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:51:09.17 ID:4Ncu2JWK0

珠美「……妖怪に大事にされてる?」

幸子「えぇ、皆、愛らしい妖怪たちばかりです。まぁ、ボクの方がかわいいですけど」

珠美「妖怪に襲われたりとかは?」

幸子「作中で人が亡くなる事はありますが、妖怪が人を襲う事はほとんどありませんね」

珠美「面白そうです! タイトルを教えて頂いてもよろしいですか?」

幸子「テーブルの上に一作目がありますから、お好きに。シリーズ物ですので」

珠美「有難く拝借します」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:52:48.09 ID:4Ncu2JWK0

幸子「それはそれとして……」

珠美「?」

幸子「妖怪――というより、お化けが苦手なんですか?」

珠美「なななっ! そ、そんなわけないじゃないですか!」

幸子「では、今度ボクが帰省する時について来て下さい」

珠美「喜んで! 確か、山梨でしたよね? でも、どうしてですか?」

幸子「実家の傍には有名な遊園地がありまして、そこのお化け屋敷に……」

珠美「ごめんなさい。許して下さい」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:54:25.02 ID:4Ncu2JWK0

勉強


幸子「……」

珠美「事務所でお勉強ですか?」

幸子「授業で使ったノートの清書です。読み易くなりますし、復習にもなりますから」

珠美「幸子さんはすごいですね。珠美は座学と言うものがどうも苦手で。歴史だけは別ですが」

幸子「……算数、教えましょうか?」

珠美「高校生! 珠美は高校生! 算数ではなく、数学です!」

幸子「つい本音が……」

珠美「つい!? 本音!? ……ま、まぁ、今回は聞かなかった事にしましょう。珠美は幸子さんより大人ですから!」

幸子「おと、な……?」

珠美「そこ! 首を傾げないで下さい!」

幸子「すみません、ボクはかわいい正直者ですので」

珠美「……そろそろ泣いちゃいますよ?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:56:27.54 ID:4Ncu2JWK0

幸子「そんな事より、珠美さんも暇でしたら、学校の宿題でもどうですか? 時間は有効に使うべきですよ。ボクみたいに」

珠美「そうですね。では珠美もご一緒して……」

幸子「どうしました?」

珠美「勉強道具、全部寮に……」

幸子「残念でしたね」

珠美「今から急いで取って来ます! 少々お待ちを!」

幸子「お待ちをって、ボクはあと少しでレッスンに……行っちゃいましたか」

P「幸子、そろそろレッスンの時間だぞ」

幸子「片付けるので、少し待って下さい。……これでよし。かわいいボクを更に磨きに行きましょうか、プロデューサーさん」


少しして


珠美「……あれ? 幸子さんは……?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:57:49.55 ID:4Ncu2JWK0

剣道


幸子「なんでボクが剣道を……」

珠美「先日、珠美を置いてレッスンに行った罰です!」

幸子「すぐに珠美さんも来て、一緒にレッスンをしましたよね?」

珠美「プロデューサー殿が教えてくれなかったら、珠美は一人寂しくノートと向き合う事になっていたのですよ?」

幸子「別にそれでも構いませんが。ボクには関係ありませんし」

珠美「珠美が寂しいじゃないですか! そういうわけで、今日は珠美に付き合って頂きます!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 20:59:16.89 ID:4Ncu2JWK0

幸子「剣道の経験はありませんが」

珠美「授業でやりませんでした?」

幸子「授業でもした事はありません」

珠美「では、珠美が一から教えてあげます! まずは防具の付け方からです」

幸子「汗臭いですね、これ」

珠美「それが良いんじゃありませんか! 青春! って感じがして」

幸子「ぜひとも遠縁であって欲しい青春です」

珠美「防具に触れたので、もう兄弟みたいなものですよ」

幸子「随分手軽な血縁の契りですね。今すぐ断ちたいのですが」

珠美「まぁまぁ、実際にやってみれば、きっと夢中になりますよ」

幸子「こうして剣道の道着も着ている事ですし、一通り学んでみますよ」

珠美「そうこなくちゃ! では、最初に胴のつけ方から――」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:00:39.79 ID:4Ncu2JWK0

十分後


珠美「これで完璧です! 手際がよかったので、すぐに出来ましたね」

幸子「想像以上に視界が悪いですね。あと、頭が重いです」

珠美「普段、面を被る事なんてありませんからね。すぐに慣れますよ」

幸子「動き難いですし、剣道をやっている人は、どうしてあんなに機敏に動けるんですか?」

珠美「そういう風に体が出来あがっているから……ん? 剣道を見た事があるような言い方ですね」

幸子「昨日、剣道をすると聞いたあと、ネットで試合の動画を少し見ましたから」

珠美「予習をしてたから、手際がよかったのですか。幸子さんは本当に勉強熱心ですね」

幸子「ボクはかわいい上に真面目ですから」

珠美「珠美も見習いたいと思います」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:02:51.52 ID:4Ncu2JWK0

幸子「それで、これからどうするんですか?」

珠美「素振りをしてみましょう。竹刀の持ち方ですが、右手は鍔元、左手は柄頭を握ります。こんな感じですね」

幸子「ボク、左利きなんですけど?」

珠美「野球とは違い、利き手に関係なく持ち方は一緒なのです」

幸子「えっと……こう、ですか?」

珠美「はい。で、握る力は、左手を強めに、右手は添えるような感じで」

幸子「両手でしっかり握るわけではないんですね」

珠美「イメージ的には、左手一本で振るようにするんです」

幸子「すっぽ抜けそうですが」

珠美「いきなり全力で振るとそうなるかもしれませんが、最初は程々の力でやって、体を馴染ませましょう」

幸子「そうしてみます」

珠美「では、素振りを始めますか」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:05:37.13 ID:4Ncu2JWK0

三十分後


珠美「振り方や足の運び方は完璧です!」

幸子「ボクは元々かわいい上に完璧ですけどね」

珠美「成長が速いので、ちょっと羨ましいです」

幸子「珠美さんの教え方が上手だからですよ」

珠美「そ、そうですか? 照れますね」

幸子「難しい所のコツとか、的確でわかり易かったので、すぐに覚えられました」

珠美「えへへ、ありがとうございます! 自分で苦労してた甲斐もあったというものです」

幸子「お礼を言うのはボクの方だと思いますが、まぁ、いくらでも言って下さい。遠慮せず、一から十まで受け取ります」

珠美「次は面打ちに移りましょう」

幸子「スルーですか、そうですか」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:06:38.48 ID:4Ncu2JWK0

暫く後


珠美「一通り覚えたと思いますので、最後に珠美と試合をしてみましょう」

幸子「ジャッジはどうするんですか?」

珠美「心配には及びません。すでに呼んでいます」

P「呼ばれた」

幸子「いつの間に……」

P「たった今来たところだ。にしても、本当に幸子が剣道をやってるとは」

幸子「なんですか? ニヤニヤした表情でボクを見つめて」

P「いや、かわいい顔が見えなくなる剣道は嫌がると思ってたんだけどな」

幸子「顔が見えなくても、ボクのかわいさは隠す事が出来ませんから。このレベルまで来ると、罪ですよね、ボクって」

P「はいはい」

幸子「もっと温かい対応を要求します!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:09:43.20 ID:4Ncu2JWK0

P「珠美、剣道するんなら、最初から誘ってくれよ。俺も参加したかったのに」

珠美「プロデューサー殿も剣道の経験者だったのですか?」

P「俺は授業で少し齧った程度だけど、面白そうだからな」

珠美「今度はお誘いします」

P「頼むな。で、試合をするんだろ? 俺一人で悪いけど、審判は任せろ」

珠美「よろしくお願いします。幸子さん、始めましょうか」

幸子「試合中、ボクのかわいさに中てられて惚けないで下さいよ?」

P(どうやって、剣道の試合を見ながらかわいさで惚けるんだろう? ちっさい二人が竹刀でチャンバラする微笑ましさか?)


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:11:01.81 ID:4Ncu2JWK0

数分後


P「一本、それまで」

珠美「やった! 勝ちましたよ、プロデューサー殿」

P「素直に褒めてやればいいのか、ど素人の幸子に大人げなく完勝した事を叱ればいいのか、俺にはわからん」

幸子「て、手加減してあげたんですよ! 感謝して下さい!」

P「その言い訳は流石に無理があるだろ。なんで下手な方が手加減するんだよ。意味わからん」

幸子「ボクってかわいいですし」

P「かわいさは関係ないよな?」

珠美「なんと! 珠美は手加減されていたのですか……」

P「落ち込むな。幸子のはただの強がりだ」

珠美「強がりだったのですか?」

幸子「本人にそんな事聞いてどうするんですか。そうです、なんて言うほど馬鹿じゃありませんよ、ボクは」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:13:51.95 ID:4Ncu2JWK0

P「なにはともあれ、お疲れさん。ジュース飲むだろ? ここに来る前に買っておいた」

珠美「ありがとうございます!」

幸子「気が利きますね。まっ、かわいいボクの担当をしている人なんですから、この程度の事は当然ですが」

P「珠美、二本とも飲んで良いぞ」

幸子「ちょっ!」

珠美「それは幸子さんに悪いので、珠美は一本だけで構いません」

幸子「た、珠美さんもこうおっしゃっているので、やっぱり残りの一本はボクが……」

P「審判して喉乾いたし、俺が飲もうかなぁ」

幸子「……」

P「冗談だって。そんな顔すんな。俺が悪かったよ。ほら」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:14:37.47 ID:4Ncu2JWK0

幸子「ま、まぁ、どうしてもというのなら受け取りますが」

P「どうしても幸子に飲んで欲しいんだよ。そのために買って来たんだからな」

幸子「仕方ありませんね。なら、頂きましょう」

P「飲む前に面を外すのを忘れるなよ」

幸子「そんな面白味のないボケ、芸人でもしま――」

珠美「わわっ! 面の中にジュースが! うわっ、道着の中まで入って来た! お腹が冷たい!」

P「……」

幸子「……」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:15:46.91 ID:4Ncu2JWK0

ライブ


珠美「一緒にライブをするのは初めてですね。ファンの人たちに喜んで貰えるよう、頑張りましょう!」

幸子「ボクがいるだけでファンの人たちは恍惚となるでしょうが、珠美さんがいれば心強いですね」

珠美「そう言って貰えて、恐縮です」

幸子「リハーサルも上手く行きましたし、あとは本番を待つだけですね」

珠美「このライブが終わったら、何をします?」

幸子「また突然ですね。急にどうしました?」

珠美「ふと、そう思いまして」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:18:08.53 ID:4Ncu2JWK0

幸子「ライブのあとですか……。そうですね。打ち上げをして、帰ったら横になります。明日は普通に学校ですし」

珠美「そうではなくて、今回のライブのあとは、少しの間お仕事がお休みになるじゃないですか。だから、なにをして遊びましょうか?」

幸子「……それはあれですか? ボクと遊ぶ、という事ですか?」

珠美「はい。あれ? 珠美の言い方、おかしかったですかね?」

幸子「言い方はおかしくなかったと思いますが……ボクと?」

珠美「そうですよ。一緒にレッスンをして、本を読んで、剣道をした仲ではありませんか。そうだ、また剣道をしましょう!」

幸子「剣道はもう少し先にします。少し自分だけで練習してみたいので」

珠美「自分で聞いておいてなんですが、本当にまた一緒にやってくれるのですか?」

幸子「負けたままなのは、ボクの主義に反しますので」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:19:14.37 ID:4Ncu2JWK0

珠美「やった! 約束ですよ! 絶対です!」

幸子「かわいいボクと一緒に剣道が出来て嬉しいのはわかりますが、喜び過ぎでは?」

珠美「そ、そうですか? あっ、でも、剣道を先延ばしにするのなら、お休みはなにをして遊びます?」

幸子「……洋服でも見に行きますか?」

珠美「申し訳ありませんが、珠美、流行には少々疎くて……」

幸子「服なんて、自分の好きな物を買えばいいんですよ。ボクはどの服も似合うので、毎回困ってしまいますが」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:19:58.91 ID:4Ncu2JWK0

珠美「好きな物と似合う物は、意味が違ってくるのではありませんか?」

幸子「好きな物が全部似合うので、全て買いたくなってしまう、と言う悩みですよ」

珠美「なるほど! ちなみに、珠美はどのような服が似合うでしょうか?」

幸子「珠美さんが自分で似合うと思えば、それで良いのでは?」

珠美「そうかもしれませんが、幸子さんの意見も聞きたいので」

幸子「そうですか。なら、買い物の時に思った事を言いますよ」

珠美「よろしくお願いします!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:21:01.46 ID:4Ncu2JWK0

P「おーい、そろそろ出番だ。準備は良いな」

珠美「ばっちりです!」

幸子「当然じゃないですか。ボクは、常に準備を怠ったりはしません」

P「そりゃなによりだ」

幸子「……珠美さん、話の続きですが」

珠美「?」

幸子「このライブを成功させるのが前提です。万が一、いえ、無量大数が一、失敗したら、ボクでも落ち込むかもしれません」

珠美「無論です! 幸子さんが落ち込まないように、奮闘する次第です!」

P「なんの話だ?」

幸子「内緒のお話ですよ」

珠美「珠美と幸子さんだけの秘密です!」

P(二人が前より仲良くなったのは良いけど、なんだろ、この疎外感……)


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/25(金) 21:21:35.85 ID:4Ncu2JWK0

短いけど終わり
読んでくれてありがとう


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/25(金) 21:26:16.73 ID:SSeZMnhTo



幸子カワイイ珠ちゃんかわいい



元スレ:珠美「珠美と幸子さんだけの秘密です!」

他サイト様の最新記事