1: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 20:24:55.94 ID:t9GJGDoiO

野崎くん×黒子のバスケ
ギャグssです。設定無視、キャラ崩壊あります。あと緑間が二年です。それでもいい人はどうぞ


2: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 20:30:12.19 ID:vnMEU9VQ0

野崎「佐倉、今日はアシスタントにこれるか?」

佐倉「うん!」

野崎「そうか……あっ」

佐倉「?」

野崎「佐倉、今日は御子柴と緑間が来るけど大丈夫か?」

佐倉「大丈夫だけど……どんな人達なの?」

野崎「二人とも男子だ。俺は心の中で御子柴をみこりん、緑間をみどりんと呼んでいる」

佐倉(二人とも癒し系かな?)

御子柴「はよーっす野崎」

緑間「おはようなのだよ野崎」

野崎「御子柴くんと緑間くんです」

佐倉「嘘つき!」


3: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 20:37:16.30 ID:vnMEU9VQ0

佐倉「野崎くん……どこがみこりんとみどりんなの?物凄く怖いよ?」

野崎「いや、だってなー……」

女子「きゃー御子柴くーん!」

御子柴「てめぇら、部活サボるんだったら俺と遊ぶかー?」

御子柴「……」

御子柴「/////」

野崎「自分で言って恥ずかしがるんだ、愛らしいだろ」

佐倉「愛らしいね……」

緑間「野崎」

野崎「なんだ?」

緑間「……やったぞ」

野崎「?」

緑間「今日は久しぶりにおは朝で一位になった!」パァッ

野崎「……このように占いでこんなに喜ぶんだ、愛らしいだろ」

佐倉「愛らしいね……」


4: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 20:47:16.18 ID:vnMEU9VQ0

野崎のマンション

佐倉「えっと……改めましてベタ手伝ってる佐倉です。宜しくお願いします」

御子柴「おー」

緑間「宜しくなのだよ」

御子柴「言っとくが分かんないことがあっても俺には質問するなよ?そういう面倒クセェことは嫌いなんだ」







佐倉「…………」

御子柴「…………」ソワソワ

佐倉「…………」

御子柴「…………」ソワソワソワソワ

野崎「……佐倉、御子柴が質問して欲しそうにしているから聞いてやってくれ」

佐倉(面倒クセェ……)

緑間「野崎」

野崎「なんだ?」

緑間「このキャラクター……俺が以前提案したものと酷似しているんだが……」

野崎「そうか?」

緑間「俺のアイディアだろ?」

野崎「いや、別に……」

緑間「俺のアイディアだろ?」

野崎「そもそも髪型も性格も全然n緑間「俺のアイディアだろ?」

佐倉(面倒クセェ……)


5: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 20:57:11.95 ID:vnMEU9VQ0

野崎「飲み物がないな」

佐倉「じゃあ私が買いに行くね!」

御子柴「パシリくんよぉ、俺の分も頼んだぜ?」




自販機前

佐倉「あれ、人の気配が…」

御子柴「!!」

佐倉「先輩、ついてきちゃ意味ないです」







野崎のマンション

御子柴「あー飲み終わった」

緑間「御子柴、その空き缶を貸せ」

御子柴「ん?」

緑間「あそこのゴミ箱に入れる」

御子柴「遠くねぇか?」

緑間「俺のシュートは絶対に外れない」

野崎「……」

佐倉「……」

御子柴「……」

緑間「……はぁっ!」




カランッ

御子柴「入った!」

野崎「凄いな緑間……だが」

緑間「なんだ?」

野崎「五分はかかり過ぎだ」

緑間「そうだな」

佐倉「先輩、長かったら意味ないです」


6: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:04:16.88 ID:vnMEU9VQ0

佐倉「そういえば二人はどこ担当なの?」

野崎「実践してみたらわかる。まず俺が人物を描き……次に佐倉」

佐倉「……はい、ベタ終わりました」

野崎「次に御子柴」

御子柴「……よし、終わったぜ」

佐倉「!!!凄いよ御子柴くん!なんと細かい!」

御子柴「へっ、花と小物と効果なら任せておけよ」

緑間「次は俺だな」

佐倉「緑間くんはどこ担当なの?…」

緑間「俺はトーン担当だ……よし、できた」

野崎「……緑間」

緑間「なんだ?」

野崎「鈴木の髪にトーンを貼るのはやめてくれ」

緑間「そうだな」


7: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:08:18.35 ID:vnMEU9VQ0

キャー御子柴くーん!

御子柴くんかっこいいー!

佐倉「……御子柴くんって本当にモテるんだね……彼女とかいるの?」

御子柴「作らねぇのさ、俺は永遠のラブハンターだからな!」

佐倉「……」

御子柴「/////」

佐倉「照れないで!照れないでみこりん!」

緑間「……佐倉」

佐倉「あ、緑間くん。元気なさそうだけどどうしたの?」

緑間「……今日のおは朝で最下位だった」ズーン

佐倉「落ち込まないで!落ち込まないでみどりん!」


8: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:13:11.73 ID:vnMEU9VQ0

御子柴「照れてねーよ!つーかみこりんって呼ぶな!バーカ!バーカ!」

緑間「落ち込んでなどいないのだよ!それにみどりんと呼ぶな!このアホ!このアホ!」

佐倉「ご、ごめん二人とも…」

二人「……そんなこと言ってると……」

佐倉「?」

御子柴「……ちよりんって呼んじゃうぜ?」

緑間「お前のラッキーアイテムを没収するのだよ」

佐倉「うわぁ…」

緑間「引くな!」

御子柴「乗れよ!乗ってこいよ!」


9: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:17:19.97 ID:vnMEU9VQ0

佐倉「野崎くんとあの二人って繋がりなさそうだよね……どんな経緯で友達になったの?」

野崎「ああ、初めは漫画のキャラのモデルになるかもって思って人間観察してたんだが……そのうちアシスタントになってな」

佐倉「へぇー……じゃあ二人がモデルのキャラがこの漫画にいるんだー」

野崎「ヒロインと妖精だ」

佐倉「!?」

マミコ『もう!恥ずかしいこと言わないでよ馬鹿!』

佐倉「あ、マジでみこりんだ」

妖精『マミコちゃん!今日のラッキーアイテムはタヌキなのだ!』

佐倉「あ、マジでみどりんだ」


10: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:22:12.41 ID:vnMEU9VQ0

野崎「そろそろ新キャラが欲しいな」

佐倉「二人の周りには新キャラのモデルになるような子いないの?」

御子柴「……おいおい、目の前にいんだろ?超美形のプレイボーイが」

佐倉「……」

御子柴「なんだよその目!言ってみたかっただけだよ!///」

佐倉(みこりんってヒロインのモデルだしなぁ……)

佐倉「みどりんは?」

緑間「俺は……」








高尾『真ちゃーーん!なのだよって言ってくれよ、なのだよって!ほら早く!』








緑間「……いない」

佐倉(みどりんって妖精のモデルだしなぁ……)


11: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:26:27.21 ID:vnMEU9VQ0

次の日

御子柴「お前ら、新キャラのモデルになるようなやつ紹介してやるよ」

佐倉「どんな子?」

御子柴「奴の名は……学園の王子様だ!」

鹿島「あれ、誰か私の話した?」

御子柴「お、鹿島。ちょうどいい所に」

佐倉「あれ、王子様なのにスカート?」

緑間「恐らく今日のラッキーアイテムはスカートだから履いているんだろう」

野崎「そんなことするのはお前だけだ」


12: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:32:11.26 ID:vnMEU9VQ0

鹿島「どもー2-Gの鹿島遊でーす。演劇部所属です」

佐倉「そっか、演劇部だから王子様なんだ」

御子柴「いや、それもあるんだけどよ……」

佐倉「?」

女子「鹿島くーん!」

鹿島「あれ、シャンプー変えた?一瞬バラの妖精が現れたのかと思ったよ」

女子「/////」

御子柴「あれを素でやってのけることから、我々は王子と呼んでいる」

男子1「王子……!」

男子2「王子……!」

佐倉「男子が呼ぶの!?」

緑間「王子……!」

佐倉「みどりんも呼ぶの!?」


14: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:38:37.24 ID:vnMEU9VQ0

御子柴「初めはライバル同士だったんだよな」

鹿島「そうそう、今じゃすっかり友達に!」

佐倉「へぇー」

緑間「実は俺も鹿島をライバル視していたんだが……」

佐倉「みどりんも?」







緑間『鹿島遊!貴様に勝負を申し込む!』

鹿島『しょ、勝負!?』

緑間『貴様の星座は何座だ!?』

緑間(ふっ、今日のおは朝で蟹座は二位……鹿島がさそり座でない限り俺の勝利は確実……!)

鹿島『私、さそり座だけど……』

緑間『何っ!?』







緑間「あいつは強かった……!」

佐倉「まともな対決方法は思いつかなかったの?」


15: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:43:03.07 ID:vnMEU9VQ0

鹿島「でも私、結構有名だと思ってたんだけどなー……ちょっとショック……」

佐倉「わ、私はその……」

佐倉(野崎くんしか見てなかった……なんて言える訳が、ないですよね!)

佐倉(……って何ここ!?こっち見たら野崎くん、あっち見たら鹿島くん!心臓に悪すぎるーーー!)

佐倉「……みこりんの側って落ち着くね」

御子柴「な、なんだよ!///褒めてもなんもねーぞ!?///」

緑間「佐倉、俺は?」

佐倉「みどりんは……」

緑間「……」

佐倉「……」ニコッ

緑間「笑顔で誤魔化すな!」


16: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:47:11.02 ID:vnMEU9VQ0

鹿島「でも四人って共通点なさそうだよね……どういう繋がり?」

野崎「そうだな……」

佐倉(野崎くんの口から友達って言われるのはそれはそれで幸薄いってゆーか……)

御子柴(漫画家がどうのこうの言うんじゃねーぞ……!)

緑間(アシスタントというのがバレると学年で広まり高尾にネタにされる……だが今日のおは朝では隠し事はバレないと言っていた……大丈夫な筈だ!)

野崎「緑間が営んでいる占いの館の常連仲間だ」

三人「無理矢理過ぎだろ!」

鹿島「へー」

三人「信じるなよ!」


18: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:51:23.11 ID:vnMEU9VQ0

鹿島「あ、もうこんな時間だ」

御子柴「そろそろお迎えが来る時間じゃねーのか?」

佐倉「お迎え?」

御子柴「ああ、部長自らな。スゲーぞ」

佐倉(カボチャの馬車とかに乗ってくるのかな……?)

ドドドドドド

御子柴「お、来た」













火神「鹿島先ぱーーーーーい!」

御子柴「誰だあいつ!?」


20: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 21:57:10.82 ID:vnMEU9VQ0

火神「やっと見つけたぜ……俺の憧れの鹿島先輩!」

御子柴「おい鹿島、誰だこいつ」

鹿島「ああ、この子は火神大我くん。一年生だよ」

火神「演劇部一年!火神大我だ……です!」

野崎「なんだこの喋り方」

鹿島「火神くんは帰国子女なんだ」

佐倉「へぇー……」

野崎「しかし演劇部とは縁が遠そうなやつだな……何かきっかけでもあったのか?」

火神「はい!自分は鹿島先輩に誘われて……」




鹿島『君ならいいヒーローになれるよ!』

火神『マジっすか!?ヒューー!』





野崎「軽いな」


21: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:07:18.07 ID:vnMEU9VQ0

ドドドドドド

御子柴「お、今度こそ部長のお迎えか」

佐倉(今度こそカボチャの馬車かな……?)

堀「鹿島!火神!てめぇら遅れてんじゃねーよ!」

ドゴォ!

鹿島・火神「ぐはぁ!」

御子柴「お迎えは力技だ」

佐倉「バ、バイオレンス……!」

鹿島「ちょ、部長、歩けるから!」ズルズル

火神「ぶ、部長、髪の毛引っ張るのはやめてください。歩けるから!」ズルズル

堀「お前らはそのまま腹筋でもしてろ!」

女子「鹿島くん……放課後の約束は?」

鹿島「心配しないで……必ず抜け出して見せるから」

火神「おいアンタ……鹿島先輩に何かあったらタダじゃおかないからな?」

堀「か〜し〜ま〜」

鹿島「!」

堀「か〜が〜み〜」

火神「!」

堀「お〜ま〜え〜ら〜はーーーー!」ブンブンブンブン

二人「うわーーーーーー!」

緑間「二人同時にジャイアントスイングしているだと!?」

佐倉(鹿島くんと火神くんは馬鹿なの?)


22: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:13:11.33 ID:vnMEU9VQ0

堀「くっ……昨日徹夜でアシスタントしてたから全然疲れが……」

バタッ

鹿島「堀先輩!?」

火神「まずい!早く保健室に!」







保健室

堀「……はっ!ここは!?」

牛「………」

堀「あ、あんたが運んでくれたのか?」

牛「……」コクリ

堀「助かった……所であんたは誰だ?」

堀(……ん?)

堀(この身長……そしてスカート……まさか!)

スポッ











火神「俺ですよ、先輩」

堀「何でスカート履いてんだよ」


23: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:17:35.04 ID:vnMEU9VQ0

別の日

野崎「バスケ部に行ってネタ探しでもするか」





体育館

若松「あ!野崎先輩!お久しぶりです!」

野崎「若松か、練習の風景を見てもいいか?」

若松「いいですよ!」





黄瀬「……じゃあ今度、日曜の昼に一緒にご飯行くってのはどうッスか?」

笠松「黄瀬ぇ!電話してねぇで練習しろ!!」ドゴォ

黄瀬「ぐはぁ!」

野崎(既視感がある……)


24: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:25:13.51 ID:vnMEU9VQ0

野崎「あの金髪の男は……?」

若松「一年の黄瀬涼太です。めちゃくちゃ上手いんですよ!」

野崎「ほぉ……」

ドドドドドド

野崎「ん?」

瀬尾「若ーーーー!遊びに来たぜーーーー!」

若松「げぇっ!?瀬尾先輩!?」

瀬尾「シュート!!」ブン

若松「ぐはぁ!」

黄瀬「わ、若松っち!大丈夫ッスか!?」

若松「だ、大丈夫じゃない……」

黄瀬「また荒らしに来たんスか!?」

瀬尾「荒らしじゃねーよ、遊びに来たんだよ」

黄瀬「全然遊びじゃないッスよ!笠松先輩からもなんか言ってくださいッスよ!」

笠松「瀬尾!暴れるのはやめろ!」

黄瀬「何で壁に向かって言ってんスか!?」

笠松「うるせぇ!気にすんな!///」

野崎(どんだけ女子が苦手なんだ……)


25: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:32:00.66 ID:vnMEU9VQ0

帰り道

野崎「恐ろしいやつだったな……瀬尾結月」

若松「明日は誠凛高校との試合なのに……」

野崎「試合か……見に行ってもいいか?いいネタが見つかるかもしれない」

若松「いいですよ!」





誠凛高校

リコ「明日は浪漫学園との試合よ」

木吉「強いのか?」

リコ「あの黄瀬涼太がいるらしいわ」

日向「マ、マジかよ……」

黒子「久しぶりに黄瀬くんに会えますね、青峰くん」

青峰「……俺に勝てるのは俺だけだ」

一同「(笑)」

青峰「笑うな!///」


26: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:40:25.99 ID:vnMEU9VQ0

試合当日・浪漫学園

野崎「いよいよ試合だ」

佐倉「楽しみだね!」

御子柴「何で俺まで……一人で取材すればいいじゃねーか」

緑間「今日のおは朝では四人組で行動すると良いと言っていたからな。しょうがないだろ」

御子柴「俺は野崎に聞いてんだよ……」

堀「よう野崎」

野崎「あ、堀先輩。それに鹿島と火神」

鹿島「先輩の友達が試合に出るって言うから一緒に応援しに来たんだ!」

火神「俺はその鹿島先輩を追いかけるために来たんだ……です」

佐倉(本当に鹿島くんが好きなんだなぁ……)

野崎「お、もうすぐ始まるぞ」





黄瀬「久しぶりッスね、黒子っち……」

黒子「そうですね……」

黄瀬「それに……」

青峰「……」

黄瀬「……糞峰っち」

青峰「いい加減肌の色で呼ぶのはやめろ」


27: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:46:10.89 ID:vnMEU9VQ0

試合開始

野崎「気になるな……黄瀬の能力」

佐倉「能力?」

野崎「ああ……」






若松『黄瀬は相手の動きをコピーできるんですよ!』







黄瀬(よし、早速あれを……)

黄瀬「シュート!」ブン

伊月「ぐはぁ!」

ピーーーッ!!

審判「7番退場!」

笠松「黄瀬ぇぇぇぇぇぇぇ!」ドゴォ

黄瀬「す、すいませ…ぐほっ!」

若松(よりによって何で瀬尾先輩をコピーするんだよ……)

堀(お互い面倒な後輩を持ってるな、笠松)


28: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:51:13.02 ID:vnMEU9VQ0

試合開始

野崎「気になるな……黄瀬の能力」

佐倉「能力?」

野崎「ああ……」






若松『黄瀬は相手の動きをコピーできるんですよ!』







黄瀬(よし、早速あれを……)

黄瀬「シュート!」ブン

伊月「ぐはぁ!」

ピーーーッ!!

審判「7番退場!」

笠松「黄瀬ぇぇぇぇぇぇぇ!」ドゴォ

黄瀬「す、すいませ…ぐほっ!」

若松(よりによって何で瀬尾先輩をコピーするんだよ……)

堀(お互い面倒な後輩を持ってるな、笠松)


29: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 22:57:24.64 ID:vnMEU9VQ0

リコ「伊月くん!大丈夫!?」

伊月「いや、無理……」

リコ「……水戸部くん、お願いね」

水戸部「……」コクリ

青峰「黄瀬の野郎……!」

黒子「許せませんね……」








笠松「テメェふざけんなよ黄瀬!」

黄瀬「すいませんッス……うっかり……」

若松「お、落ち着いてください笠松先輩!冷静になって!」

笠松「……すまねぇ、取り敢えず黄瀬の代わりに……」

??「任せろ!」

笠松「……!お前は……」

瀬尾「バスケやろーぜ!」

若松「瀬尾先輩!?」


30: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 23:08:09.96 ID:vnMEU9VQ0

若松「第一男バスですよ!女子は出られませんって!」

瀬尾「はぁ?いつも私達試合してるじゃねーか」

若松「あんなの試合なんて言わないですよ!」

瀬尾「よーし、試合だーー!」ダッ

若松「話を聞いてください!」

瀬尾「あそこのガングロ野郎にシュート!」ブン

青峰「遅ぇ」ガシッ

瀬尾「おーやるなー!」

青峰「テツ、任せた」ヒョイ

黒子「はい」

バァン!

日向「あ、あれは……!」

リコ「イグナイトパス!」

瀬尾「うお、あぶね」ヒョイ

笠松「ぐわっ!」ガンッ

若松「笠松先輩!」

笠松「……テメェ、よくもやりやがったな……!」

堀「まずい!笠松の怒りが頂点だ!」

笠松「お返しだオラァ!」ブン

青峰「あんたも遅ぇな」ガシッ

日向「この際、ドッジボールで決着をつけないか?」

笠松「ああいいぜ、受けて立とうじゃねーか」

野崎「……佐倉、俺は今日何のスポーツを見に来たんだ?」

佐倉「分かんない……」


31: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 23:18:34.96 ID:vnMEU9VQ0

木吉「伊月の死は無駄にはしない!」

伊月「俺、まだ死んでないんだけど……」

リコ「あんた達、やるからには勝ちなさい!」

一同「おう!」

伊月「お前らやる気満々かよ……」








瀬尾「あいつらやる気満々だなー!私も楽しみだなー」

若松「瀬尾先輩もドッジボールやるんですか!?」

瀬尾「当たり前だろ?」

黄瀬「俺もやるッスよ……元々は俺の撒いた種ッスからね」

笠松「堀!お前らも参加してもらえるか!?」

堀「俺も!?」

笠松「主将の俺を怒らせたことを後悔させてやるぜ……!」

堀「……悪いなお前ら、参加してもらえるか?」

鹿島「いいですよー」

火神「鹿島先輩が出るなら俺も出ます!」

野崎「ドッジボールで何かいいアイディアが生まれるかもしれない……やりましょう」

緑間「スポーツはやったことありませんが……人事を尽くします」

佐倉「わ、私はいいです……」

御子柴「俺も遠慮します……」

緑間「佐倉、お前がいなくて悲しむ野崎の姿を見たいのか?」

堀「御子柴、みんなお前を必要としているんだ!」

二人「やります!」


32: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 23:24:12.32 ID:vnMEU9VQ0

リコ「ちょっと待ちなさいよ!こっちとそっちじゃ人数違うじゃない!」

日向「卑怯だぞ!」

笠松「恨むんだったら俺を怒らせた自分たちを恨むんだな」

青峰「別にこっちが少なくてもいいんじゃねーの?」

黒子「青峰くん?」

青峰「俺がいるんだからよ」

黒子「不安です」

青峰「何でだよ」

??「待て、助っ人ならここにいる」

黒子「……君は!!」

赤司「僕抜きでドッジボールを楽しむやつは……親でも殺す」

青峰「赤司!?」


33: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 23:30:15.26 ID:vnMEU9VQ0

紫原「赤ちーん、俺どっちのチーム?」

黄瀬「紫原っちも!?」

赤司「君も僕と同じテツヤのチームだ、敦」

紫原「わかったー」

堀「おい!なんだあの背がでかい化け物は!?」

緑間「手強そうですね……」

佐倉「や、やっぱり私やめようかな……」

笠松「お前ら!弱音を吐くな!」

一同「……!」

笠松「……どんな奴でも……全力をだせ!」

一同「……はいっ!」

審判「試合開始ー!」ピーーーッ!





捻り潰す


結月!その人味方!


野崎!メモしながら試合するな!


頭が高いぞ


憧れるのは、もうやめる


君、良かったら今度俺と一緒にお茶でも…


森山!瀬尾を口説いてんじゃねぇよ!


あいつ……ゾーンに入った!


限界などとうの昔に超えている


てめぇ!鹿島のイケメンな顔に何しやがる!


鹿島先輩の仇!メテオジャム!


みんなの夢の邪魔をするな!



ワーワーギャーギャー…

若松「俺、バスケがしたいです」

伊月「俺も」


34: ◆LYNKFR8PTk 2014/12/05(金) 23:36:01.78 ID:vnMEU9VQ0

マミコ『鈴木くん!バスケやってるって本当!?』

鈴木『ああ!今度試合があるんだ!』

マミコ『頑張ってね!応援してるから!』

鈴木『ありがとう!頑張るよ!』

試合当日

鈴木『くらえ!必殺技!』

マミコ『ひ、必殺技!?』

鈴木『時よ止まれ!』

マミコ『す、凄い!私と鈴木くん以外みんな止まった!?』

鈴木『シュートし放題だ!』ヒョイヒョイヒョイヒョイ

マミコ『鈴木くんかっこいい!』

鈴木『マミコ……この勝利はお前へのプレゼントだ!』

マミコ『鈴木くん!』

妖精『二人はラブラブなのだ!』










野崎「どうですか!?」

宮前「ボツ」

〜終わり〜


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/12/05(金) 23:38:51.66 ID:xum3GNrj0


バスケの ほうそくが みだれる!



元スレ:野崎「佐倉、今日は御子柴と緑間が来るけど大丈夫か?」

他サイト様の最新記事