1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:22:30.91 ID:8KA0AJ7a0

小鳥「ピペペ…春香ちゃん!これがついに届いたのよ!」

春香「これって………なんですか?眼鏡みたいですけど…」

小鳥「ええ、眼鏡よ。でもね、この眼鏡にはね“対象の好感度が見られる機能”がついてるの!」

春香「対象の好感度が見られる機能…ですか?」

小鳥「そうよ!これで見ればどんな人の好感度だってわかっちゃうの!」

春香「また変なアイテムを…一度痛い目みたじゃないですか…」

小鳥「え、えーっとなんのことだか…?それより!好感度は0から999みたいね!300が普通の人くらいで999なら愛してやまない程度だとか!」

春香「…0はどうなんですか?」

小鳥「もはや殺意ね…」

小鳥「でも、愛が爆発しすぎて1000になることもあるとか…その場合はちょっと危険ね」

春香「なんだか怖いですね…」


2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:24:00.43 ID:8KA0AJ7a0

小鳥「これでプロデューサーさんを見れば…」

P『→小鳥 好感度 1000』

P『小鳥さん…もう俺、我慢できません!』

小鳥「ピペペ…プロデューサーさんったら!」

春香「は?」

小鳥「そうと決まれば早速プロデューサーさんを見てみましょう!」

春香「ちょっと待ってください小鳥さん。プロデューサーさんは今営業に行ってるのでいませんよ」

小鳥「えっ…?そうなの?」


3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:26:29.37 ID:8KA0AJ7a0

小鳥「じゃあ妄想でもして待ってましょうか」

春香「いいですね!じゃあ…ちはゆきなんてどうですか!」

小鳥「いいわね!」

律子「いいわね!…じゃないですよ!仕事もせずになにやってんですか!?」

小鳥「げ」

春香「あ、律子さん。おはようございます」

律子「おはよう春香。で、小鳥さんは一体何を?」

小鳥「じ、実は眼鏡を買ってきまして…律子さんどうですか!?似合いますか!?」

律子「へー、眼鏡ですか…」

律子「ええ、似合ってますよ。いかにも仕事できる女って感じがします」

律子『→小鳥 好感度 1000』

小鳥「えっ?」

律子「?」


4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:28:43.56 ID:8KA0AJ7a0

春香「どうですか?」コソコソ

小鳥「いやー…律子さんからの好感度が1000なのよ…」コソコソ

春香「えっ!?…そ、それは良かったじゃないですか」コソコソ

小鳥「でもそんなわけないわよねー…たぶんこれは誰でも1000になるように作られてるんだわ…騙されたわね…春香ちゃんにあげるわ」コソコソ

春香「またですか?お饅頭で学習してくださいよ」コソコソ

律子「なにコソコソやってるんですか?のんびりしてる場合じゃないですよ」

律子「ホラッ!仕事しに行きますよ!小鳥さん」

小鳥「どこに行くんですか〜?」

律子「いいから行きますよ!」グイッ

小鳥「ぴ、ピヨー…」

春香「あはは…頑張ってください」


5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:30:15.43 ID:8KA0AJ7a0

春香「それにしても好感度が見られる機能かあ…」

春香「もしこれで千早ちゃんを見たら…」

千早『→春香 好感度 1000』

千早『春香、好きよ…友達として以上に!』

春香「なんちゃって!わっほわっほ!」

響「なに言ってるんだ?春香」

貴音「なにやら面妖な気配!」

春香「あ、響ちゃんに貴音さん」

春香「実はこの眼鏡…」

春香(ハッ…!黙ってたほうが面白いかも!)


6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:31:26.14 ID:8KA0AJ7a0

響「眼鏡?そういえば春香、いつもは変装用でも事務所ではつけてないのに今日はどうしたんだ?」

春香「い、いや~…イメチェンってやつ…?」

貴音「まこと、似合ってますよ」

春香「そうですか?へへっやーりぃ!なんて…」

響「?変な春香」

春香(あれっ…?好感度が見られる機能はどうしたら使えるんだろう)

春香(あ、このボタンか)

響『→春香 好感度 555』

春香「普通よりちょっと強いかな…?」

響「?」

春香(続いて貴音さんは…)

貴音『→春香 好感度 800』

春香「ええっ!?」

響「!?」

貴音「!?」


7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:32:51.50 ID:8KA0AJ7a0

響「ど、どうしたの?春香」

春香(貴音さんからの好感度が高いっ!)

貴音「春香?」

響「春香?」

貴音「春香!」

春香「ひゃっひゃい!?」

貴音「どうしたのですか?」

春香「い、いや~…なんでもないよ」

春香(なんであんなに高いんだろう…)

貴音「そうですか…ところで春香」

春香「?」

貴音「今日はくっきーは作ってきてないのですか?」

春香「…」

春香「あー、そういう…」


8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:33:31.56 ID:8KA0AJ7a0

響「?やっぱり変だぞ!」

貴音「春香、なにか隠してないですか!?」

春香「響…貴音さん…じ、じつは…」

ひびたか「好感度が見られる機能…!?」

貴音「くっきーではなかったのですか…」ショボーン

響「で、自分たちの好感度はどうだったんだ!?」

春香「響…は555だったよ」

響「え?」


9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:34:11.57 ID:8KA0AJ7a0

春香「それでさ!貴音さんが800!高くてびっくりしちゃった!」

貴音「ふふ…」

響「ちょっと待って、自分はそれだけ!?うがー!面白くないぞ!」

響「それに!貴音は春香のことが好きだったのか!?」

貴音「ええ…春香の(くっきーの)ことはとてもお慕いしていますよ」

響「そうだったのか!?」

春香「貴音さんはどうせ食べ物でしょ!」

貴音「むぅ…春香はいけずです…」

響「そういうことか…」


10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:35:07.80 ID:8KA0AJ7a0

響「でも、面白い眼鏡だぞ!自分にも貸してほしいさー!」

春香「えー!やだよ!響だと絶対壊すもん!」

響「大丈夫!大丈夫!なんせ自分完璧だから!」ガシャン

響「」

春香「」

貴音「向こうにかっぷらぁめんが沢山置いてありましたよ!……?どうしたのですか?……あっ…」

響「」

春香「」

貴音「」

響「な、なんくるないさー…」

春香「」

貴音「」

響「さー…」

春香「……ないよ」

響「えっ?」

春香「なんくるなくないよ!なんくる大有りだよ!!!だから言ったのに!なんで壊しちゃうの!!!」


11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:36:13.20 ID:8KA0AJ7a0

春香「これからちょうどみんなが来るから順番に見ていこうと思ってたのに!」

響「ぅぅ……」

春香「そこから始まる波乱万丈の春香さんハーレムをどうしてくれるの!?」

響「う…うがー!!!」

響「自分だってさわざとやったんじゃないぞ!そんなに怒らなくてもいいじゃないか!」

響「それに!春香がすぐに貸してくれたらこんなことにはならなかったぞ!」

春香「私のせいだっていうの!?」

響「そんなこと言ってないぞ!」

春香「言ったよ!」

響「春香はさっきから揚げ足とってばっかりだぞ!」

春香「あっそ!じゃあもう響とは喋らないから!」

響「そっちがその気なら!」


12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:37:06.77 ID:8KA0AJ7a0

貴音「春香!!!響!!!」

はるひび「っ!」ビクッ

貴音「2人とも!今言ったことを取り消しなさい!!!」

響「な、なんだよ!貴音だけ関係ないからって…」

貴音「黙りなさい!!!」

響「う…」

春香「私は…取り消さないよ」

貴音「春香!!!」

春香「だって響のせいなんだもん!」

貴音「春香…」

貴音「そんなに責任が大事ですか?」

春香「えっ?」

貴音「確かに響が壊してしまい、壊してしまった責任をとらなければなりません。ですが、その為に2人の友情関係まで壊してしまうのですか?」

貴音「天海春香とはその様な人間でしたか?」

春香「うっ…」


13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:37:45.53 ID:8KA0AJ7a0

貴音「響も響です!壊してしまったのは事実なのです。ならなぜまず謝罪の言葉が言えないのです!」

貴音「好感度555とは…響の春香への気持ちは責任逃れに負けてしまうほど小さなものなのですか?」

響「…確かに貴音の言う通りだぞ」

響「自分…責任から逃げるのに必死で…」

響「春香、ごめ」

春香「待って!」

春香「それなら悪いのは私もだよ…壊れちゃったの響だけのせいにして、いっぱい責めて…」

響「春香…」

春香「だからおあいこ!」

響「春香…」

春香「響…」

はるひび「ごめんなさい」

春香「…あはは」

響「あはは!」


14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:38:40.72 ID:8KA0AJ7a0

貴音「ふふっ…それでこそ私が知っている2人です!」

響「あっ!見て!」

春香「割れた眼鏡の破片?」

貴音「これは…」

『 好感度 999』

響「あはは!これじゃ誰から誰かわからないぞ!」

春香「ううん!私たちならわかる!」

貴音「ええ…なぜなら…ここにいる3人全員が互いに好感度999なのですから…!」

響「あはは…そうだな…」

春香「うん…」

貴音「ええ…」

ーーーーー
ーーー


15: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 22:40:49.47 ID:8KA0AJ7a0

響「そういえば春香は今日はもうなにもないのか?」

春香「うん!眼鏡でみんなを見ようと思ってたからレッスンキャンセルしちゃった」

貴音「それでは、らぁめんを食べに行くというのはどうでしょう!」

響「貴音はさっきカップ麺食べてただろ!」

貴音「あれはぷちさいずのものでしたので…」

ケータイ「サァ イッパイ タベヨオ ヨ♪」

春香「あれ?千早ちゃんからだ」

春香「もしもし千早ちゃん?」

千早『もしもし春香?悪いのだけれどそっちに真は「むーっ!むーっ!」ちょっと雪歩!焦る気持ちはわかるけど電話中は静かに…ね!』

千早『春香?聞いてる?』

春香「…」ピッ

響「誰から?」

春香「千早ちゃん…またあのお饅頭食べたみたい…」

響「ってことは…雪歩も大変だなー」

貴音「助けに行きますか?」

春香「やることもないですし、行きますか!」



終わりですよ!終わり!


17: ◆xaMxKRAwcO6W 2016/01/19(火) 22:41:50.55 ID:8KA0AJ7a0

おまけ

P「ふう…今日も営業大変だったなー」

P「こんな時は雪歩のお茶が飲みたい…でも誰もいない…」

P「ん?これは…眼鏡?見事に割れてるな…」

P「でもこれをこうしてこうくっつけると…」

P「…?なにか文字が…」

貴音『→らぁめん 好感度 999』

P「………なんだこれ」

ヴワァァアアアア!!!イッグゥウウウ!!!

P「ヒッ…」

P「社長室の方から叫び声が…怖っ…今日はもう帰ろ…」


おわる



元スレ:小鳥「ピヨー!また届いたわよ!」春香「なにがですか?」

他サイト様の最新記事