1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:02:32.27 ID:tChM1R+f0

P「ははは、またまたご冗談を」

北斗「それが冗談じゃないんですよ」

P「いやいや、ありえん。美希がおにぎり叩き潰すよりありえない」

P「そんな事よりツッコミたいのは何で当然のように事務所にいるのかって」

翔太「信用できないなら実際に観察してもらったほうが早いかもね」

P「無視かよ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:07:06.05 ID:tChM1R+f0

コソコソ

北斗「冬馬の目の前にスカート姿の可愛らしい女の子が歩いてます」

P「うん」

翔太「風を送ります」ピッ

ブオオオオオオ

P「無駄にハイテクだな」

「キャアアア!!」ピラッ

P「見えたっ!!」

冬馬「……」スタスタ

P「完全スルー……だと……?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:12:05.20 ID:tChM1R+f0

P「ありえん……童貞ならチラ見ぐらいするはずだ」

北斗「あの神秘のベールに包まれた宝玉が露わになってるのに」

翔太「顔色1つ、眉ひとつ動かさないなんておかしいよね」

P「むむ……たまたま考え事をしてたとかお腹が痛かったか」

北斗「じゃあ次いきましょうか」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:17:05.46 ID:tChM1R+f0

冬馬「……」ギュウギュウ

P「満員電車で可愛い女の子達に囲まれてるとか死ねばいいのに」

北斗「そんなことより見て下さい」

P「ん?」

冬馬「……」ハァ

翔太「冬馬君、心底嫌そうな顔してるよ」

P「おいおい、どう考えてもご褒美だろうが。ぶん殴ってやろうか」

北斗「童貞なら緊張とドキドキでワクワクなはずですが、冬馬からはそんなの感じられない」

P「どうしちまったんだ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:22:15.20 ID:tChM1R+f0

北斗「冬馬の目の前を美人が通りすぎます」

P「何でこう良い女があいつの周りに現れるんだよ」

ポトッ

翔太「ハンカチを落とします」

P「何でこうタイミング良いんだ」

冬馬「……」スッ

P「拾った、どうする!?」

冬馬「ちょっとあんたこれ落としたぜ」

「え?本当……ありがとうございます」

冬馬「気を付けろよ、じゃあな」

「……」キュンッ

P「おいおい、そこはハンカチどうするか悩んで悩んで悩み抜くところだろ」

北斗「ためらい無く本人に渡してますね」

翔太「それに話しかける動作もめちゃめちゃスマート、別れ際も良い感じに決まってたし」

P「あんなの童貞じゃねえ。もっとフヒフヒ言いながら渡すはずだ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:27:04.95 ID:tChM1R+f0

北斗「冬馬のカバンにこっそりエロ本を入れておきます」

P「ほう」

冬馬「台本でも確認するか……ん?」ゴソゴソ

翔太「エロ本の存在に気付きます」

冬馬「……」

P「どうするどうする?見ちゃうか?見ちゃうだろ!」

冬馬「……」スッ

P「本を持って立ち上がった?……そうか!便所で楽しむ気か!」

ポイッ

翔太「ゴミ箱に捨てちゃった」

冬馬「ったく……えっとどこからだっけな」ペラペラ

北斗「何事も無かったかのように台本を……」

P「この野郎」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:32:08.47 ID:tChM1R+f0

P「こうなったら童貞の本能に抗えないようにしてやる」

北斗「というと?」

P「まあ見ておけ、すぐに化けの皮を剥いでやるから」

翔太「何でそんなに必死なの?もう良いじゃん」

P「このままだと冬馬にホモ疑惑が立ってしまう。可哀想だ」

北斗「なるほど」

翔太「分かったような分からないような」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:37:23.17 ID:tChM1R+f0

P「よう」

冬馬「あんたか……何の用だ」

P「いや、何。うちのアイドルのグラビアでもあげようかなと」

冬馬「そんなもんいらねえよ。何で敵事務所のグッズもらわきゃなんねーんだ」

P「ほら!あずささんのセクシーショット!貴音のお尻アップ!美希の」ペラペラ

冬馬「だからどうでも良いって言ってんだろ」

P「ぅ……いや、ほら。他事務所の研究の参考資料に」

冬馬「歌や踊りならともかくそんなの見ても参考にならねえよ。じゃあな」

P「……」ポツーン



P「怒りながらなんだかんだで理由付けて貰うと思ってたのに!」

翔太「やっぱり冬馬君は大人になったのかなぁ」

北斗「プロデューサーさん、その本必要ないなら頂きますよ?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:42:26.51 ID:tChM1R+f0

やよい「こんにちは、冬馬さん!今日はよろしくお願いします」

冬馬「ああ」

亜美「あまとうじゃーん」

真美「おひさー、元気だった→?」

冬馬「相変わらずだな、お前らは」



P「童貞は挨拶されるだけで勘違いするはずだ。なのに何だ、この普段通りというか紳士的な態度は」

北斗「挨拶されるだけで勘違いってマジですか……そこまでは知らなかった」

翔太「というより中学生好きになるってヤバイでしょ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:47:06.64 ID:tChM1R+f0

春香「こんにちは、冬馬君」ニコッ

冬馬「あ?」

春香「今日も良い天気だね」ニコニコ

P「春香の殺人スマイルでいちころよ」

冬馬「何ニヤニヤしてんだよ、何がおかしいんだ」

春香「え゛、そ、そういうわけじゃ……」



P「童貞は笑顔見せられただけでキュウウウンってなる生き物なのに」

北斗「そんな生態が……」

翔太「奥が深いなぁ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:52:08.62 ID:tChM1R+f0

冬馬「あれ……っかしーな」

響「どうしたんだー?」

冬馬「……携帯がどっかいった」

響「じゃあ自分も一緒に探してあげる!」

冬馬「あ、見つかった。もういいわ」

響「あ……そう」



P「おい、そこは携帯見つけても見つからないふりするだろ。響の尻とか眺め放題だぞ」

P「そしてちょっと優しくされたから勘違いの王道パターンだろ」

北斗「童貞って人生楽しそうですね」

翔太「確かに、毎日がバラ色って感じ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 16:59:19.66 ID:tChM1R+f0

雪歩「お、、お、お、おかえりんこ!!」

冬馬「はぁ?」

雪歩「だ、だからおかえりんこなんです!!」

冬馬「……ただい」

雪歩「……」

冬馬「マントヒヒ。それにしても萩原って変態だったのか」

雪歩「ち、違うんですぅぅ!!プロデューサーに……穴掘って埋まってますぅ!!」ザックザック

冬馬「楽屋の床は修理しとけよ」



P「違うだろ、そうじゃないだろ。お前は気付いて「何言わせるんだ!」と真っ赤になるべきなんだ」

北斗「何故雪歩ちゃんにあの役を」

P「俺の趣味」

翔太「良い趣味してるよ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:04:56.49 ID:tChM1R+f0

冬馬「何で俺が765プロのグラビア風景なんか見なきゃいけねえんだよ」

P「まあまあ」

あずさ「今度は……こうですか?」ドタプーン

P(ふっ……あずささんの巨乳を前にして反応しないやつは)

冬馬「……」ピッピッ

P(け、携帯いじってる!?おい!こんなチャンス二度とないぞ!)

P「う、うわぁ!あずささんそんなポーズまで!うわー!」

冬馬「……」ピッピッ



翔太「ずっと退屈そうだったね」

P「あいつ男じゃないのかもしれん」

北斗「そんなことより俺も撮影に招待して下さいよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:10:58.74 ID:tChM1R+f0

P「これ、春香から手作りお菓子だ」

冬馬「何で俺に?」

P「渡してくれって頼まれたんだ、それじゃ」



冬馬「……」ガサゴソ

P「ふふっ、俺の手作りお菓子を大事に大事に宝物のように眺めるんだろうな。間抜けめ」

冬馬「……」モグモグ

P「な、何のためらいも無く食った……しかも大して味わってないように見える」

冬馬「全然うまくねえな」



P「ひでえ、手作り補正かかってるんだからもっと反応してくれよ。メッセージカードもスルーしやがるし」

翔太「手作りもダメかぁ」

北斗「深刻だな」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:15:22.25 ID:tChM1R+f0

P「ほら、美希。もっとくっつかないと危ないだろ」

美希「今日のハニーは何だか積極的なの……嬉しいけど!」

P「ちゃんと手も握らないとな」ギュッ

美希「あ……これ恋人繋ぎ……」

P「おんやー、冬馬君じゃないか?こんなところで奇遇だなー」

冬馬「……」

P「あれあれ?どうしたのー?俺達は今ラブラブしてるんだけどー」

美希「何だかハニーのキャラがおかしい……」

冬馬「……お前らトップ目指す自覚あんの?もう少し考えろよ、バカが」

P「あ、はい」

冬馬「こんなんじゃ勝負するまでもねえな。呆れたぜ」スタスタ



北斗「イチャイチャしてた事よりもアイドルとしての姿勢に怒ってたみたいですね」

P「童貞があんなの見せつけられたら血涙流すかと思ったんだが」

翔太「冬馬君変なところで真面目だからね」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:20:05.93 ID:tChM1R+f0

千早「……」ジー

冬馬「……んだよ」

千早「……」ジー

冬馬「……」

P「童貞は女の目どころか顔もまともに見れない!間違いなく途中で顔を逸らす!」



千早「……」ジー

冬馬「……」ジー



翔太「ただの睨めっこになっちゃった」

P「童貞なんだったら赤面の一つぐらいしろよ!ボケっ!!」

北斗「何に対して怒ってるんですか」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:25:31.37 ID:tChM1R+f0

貴音「隣よろしいでしょうか?」

冬馬「別に」

貴音「それでは失礼します」スッ

冬馬「……」ペラペラ

貴音「……」ペラペラ



P「隣に超絶美人が座ってるのにのんきに台本読んでる場合かよ。ソワソワしろよ」

P「良い匂いするだろ。冷や汗かけよ。挙動不審になれよ」

北斗「目的が何かおかしくなりつつあるような気がするんですが」

翔太「目的なんて元々あってないようなもんだったけど」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:30:31.10 ID:tChM1R+f0

冬馬「何で765プロのステージなんか見なきゃなんねえんだ」

翔太「まあまあ、せっかく誘われたんだし」

北斗「おっ、始まるみたいだね」



冬馬「この時期に屋外で水着……頭大丈夫か?」

北斗「そういう趣味の人がプロデュースしてるから仕方ないよ」

翔太「本人達からしたらかなり苦痛だと思うよ、アレ」



冬馬「……思ったよりやるな、だがダンスは俺達の敵じゃねえ。評価出来るのは菊地と我那覇ぐらいだ」

冬馬「歌も複数で歌ってる所はマシに聞こえるがソロパートは全然パワーが足りてねえ」



P「何真面目に解説してんだよ。乳揺れとか生足とかお腹とかお尻とかに注目するだろ普通」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:35:04.21 ID:tChM1R+f0

小鳥「あー、彼氏欲しいなー」

冬馬「そうっすか」

小鳥「冬馬君は彼女いるの?」

冬馬「いない」

小鳥「じゃ、じゃあ好きな人は!?」

冬馬「いない」

小鳥「ふ、ふ~ん!!それならいっそ私と付き合ってみる!!?」

冬馬「いや、冗談でも面白くないし笑えない」

小鳥「」



P「おうおう、これだけ誘われてんのに何言ってんだこいつは」

翔太「それより小鳥さんが演技の割にかなり必死に見えるんだけど気のせいかな」

北斗「それ以上は言うな」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:40:31.43 ID:tChM1R+f0

小鳥「そ、そんなこと言っちゃって!恥ずかしがらなくても良いわよ」

冬馬「いや、全く。帰って良いか?」

小鳥「えっ!?ほら!まだお菓子残ってるでしょ」サワサワ

冬馬「……」

小鳥(腕……背中……胸……腰……お腹……そして次は……ぐふふ)サワサワ

冬馬「……」ポパピプペ

小鳥「あら?どうしたの?」ハァハァ

冬馬「いや、変態がいるから警察呼ぶだけだぜ」



北斗「指示では軽いボディタッチだったのにかなり飛躍してましたね」

P「痴女とか男のロマンだろうが、あいつ頭おかしいんじゃねえのか」

翔太「本当に今更だけどお兄さんとんでもない変態だね」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:45:49.30 ID:tChM1R+f0

P「こうなったら最終兵器だな」

北斗「最終兵器?」

翔太「てか、もう良いんじゃない?冬馬君が大人でも。あそこまでいくとホモっぽいけど」

P「認めん、冬馬の女に対する意識を通常程度に引き上げなければならん」



P「おーい」

涼「どうも……」

北斗「876プロの涼ちゃんじゃないか。知り合いだったんですか?」

P「まあな」

翔太「お兄さん事務所の壁とか全く気にしないよね」

P「お前らに言われたくない」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:50:09.73 ID:tChM1R+f0

涼「キャー!カッコイイです!」

冬馬「……?」

涼「こんなにカッコイイ人初めて見ました!わぁー」

冬馬「あ、そう。お前、誰?」

涼「私、秋月涼って言うんです」

冬馬「へぇ、秋月って誰相手でもこういう事言ってそうだな」

涼「い、言いませんよー」



P「可愛い可愛い女の子……ましてや涼ちんにかっこいいって言われたら惚れるしかないのに。生意気な」

北斗「てか彼女何で協力してくれるんですか?」

P「協力しないと、とある秘密をバラすって脅した」

翔太「ひどっ」

P「ついでにうちのアイドルに万が一の事があったらたまらん」

北斗「うわぁ……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 17:55:06.07 ID:tChM1R+f0

冬馬「お前もアイドルなのか」

涼「はい。その良かったらメールアドレス交換しませんか?」

冬馬「何で?」

涼「そ、その……えっと、色々教えてもらいたいなぁ!なんて」

冬馬「何を」

涼「その、歌い方とか踊り方とか……ですかね」

冬馬「敵事務所のやつにそんな事してやる義理無いんだけど」



北斗「エンジェルちゃんのお願いを……なんてやつだ」

P「冷たすぎる、可愛い子にアドレス教えてとか言われたら無条件にわっほいすべき」

翔太「仕事考えると冬馬君の方がまだまともだと思うのは僕だけなのかな」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:00:09.57 ID:tChM1R+f0

涼「アドレス教えてもらうのこんなに大変だったの初めてですよ……」

P「よっしゃ!ハートの絵文字たっぷりで「涼です、よろしくお願いします♥」的なの送ってくれ」

涼「えぇ……」

P「やるんだ」

涼「……分かりました」



冬馬「……メールか」スッ

北斗「さあ、どう出る?」

冬馬「……」

翔太「無表情だなぁ」

冬馬「……」スッ

P「無視しやがった、これもうあれだろ。コミュ障だろ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:05:07.43 ID:tChM1R+f0

P「追撃でもう一通GO」

涼「はい……」



冬馬「……」ピッピッ

北斗「お、今度は返事するみたいだ」

翔太「何かあの顔怒ってない?」

涼「あ、返事来ました」

P「さて、内容は……」

涼「「絵文字使いすぎ。それが先輩に対する態度か?よっぽどぬるい環境なんだろうな」」

P「涼ちんが傷ついたらどうすんだ!」

涼「いや、私は全然。正直自分でもどうかと思いましたし」

北斗「冬馬には俺が後で厳しく言っておくから、許してあげてね」

P「メルアド聞かれたうえに♥いっぱいのメールとか悶絶する、常識的に考えて」

翔太「そうでもないけど」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:10:25.96 ID:tChM1R+f0

P「メールの次は電話だ。俺の事好きなんじゃね?レベルまで勘違いさせてやる」

涼「……えっと、冬馬さん。どうも」

冬馬『何だよ。何か用か?』

涼「いえ、ただちょっとお喋りしたいなって思いまして」

P「女の子と電話、今まで体験した事もないだろう……期待とドキドキで」

冬馬『は?そんな事でかけてくんな。こっちは忙しいんだよ!!』

涼「……きれちゃいました」ツーツー

北斗「許されないな」

P「あいつマジで階段登ったどころか別の世界を切り開いたんじゃないだろうな」

翔太「だったら僕達もお兄さんも危ないね」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:15:21.11 ID:tChM1R+f0

P「こうなったら遊びに誘っちまおう」

涼「まだやるんですかぁ……?」

P「当たり前だ。すまんが付き合ってもらうぞ涼ちん」



北斗「この日は冬馬オフですよ」

P「OK、メールを送るんだ」

涼「はい」

北斗「どう出るか」

涼「……「悪いけどパス」」

翔太「あれー、その日は何も予定無いって言ってたけど」

P「しかも返事もそっけなさすぎる。童貞がデートに誘われるって火山が大噴火するぐらいの衝撃のはずなのに」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:20:13.40 ID:tChM1R+f0

冬馬(あいつら……強引に……)

涼「すいません!待ちましたか?」

冬馬「……誘ったならせめて時間通りに来いよ」

涼「あ、ごめんなさい……ちょっと準備に……」

冬馬「遊びだからって約束守らねえのはどうかと思うぜ」



翔太「いきなりお説教だよ」

北斗「デートだぞ、待ちに待ったデート。何考えてんだ」

P「せっかくわざと遅刻させて「俺も今来たところだぜ☆」って台詞言うチャンスをあげたのに」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:25:06.99 ID:tChM1R+f0

涼「あ、あのお店のチョコバナナ美味しそうですね!食べませんか?」

冬馬「良いけど」



涼「はむっ……」ペロペロ

冬馬「……」

P「よしっ!もっといやらしく食べるんだ!」

涼「むぐっ」

冬馬「普通に食え、行儀が悪い」

涼「あっ、ごめんなさい……」



北斗「ほほう……」

P「あれ?前屈みになる事必至なレベルだったよな?」

翔太「というかあんなことさせてるのにドンビキだよ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:30:49.14 ID:tChM1R+f0

涼「……」ギュッ

冬馬「何してんだ?」

涼「そ、そのこうすればはぐれないかなって」

P「手を握ればこんなアホ毛すぐに陥落する」

冬馬「ただでさえバレたらヤバイんだ。こういうのはやめてくれ」

涼「そ、そうですよね!」アタフタ

冬馬「!おい、あぶねえ!」ガシッ

ブゥゥン

冬馬「急にフラフラすんじゃねえ!もう少しで轢かれる所だったぞ!」

涼「ごめんなさい……」

冬馬「ったく怪我ねーだろうな。お前車道側歩くなよ、ヒヤヒヤする」



北斗「おぉ……ファインプレイ」

P「くそっ!手繋ぐけど緊張で手汗べったべたになる展開かと思えば……」

翔太「今のは結構かっこよかったね」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:35:10.00 ID:tChM1R+f0

涼「その、お弁当作ってきたんです」

冬馬「ああ、俺もだ。出来るだけ金は使いたくねえからな」

P「手作り弁当の食べさせ合い、童貞の理想のシチュだ」

冬馬「お前、料理うまいな。やるじゃん」

涼「冬馬さんの方こそ、料理よくするんですか?」

冬馬「ああ、1人暮らしだしな。その前から親父に飯作ってたけど」

涼「そうなんですか、お父さんお母さんとは別居してるんですね」

冬馬「ああ、と言ってもおふくろはもういないけど」

涼「あ、ぼ、わ、私そんなつもりじゃ、ごめんなさいっ!」

冬馬「別に気にすんな。いつまでもひきずってられねえ、それよりこれどうやって作ったんだ?」

涼「あ、えっと……それはですね」



北斗「地雷だ……」

P「そうだったのか……」

翔太「あーあ……」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:40:13.75 ID:tChM1R+f0

冬馬「もうこんな時間か、そろそろ解散だな」

涼「そ、そのお家行って良いですか?」

P「1人暮らし、親の心配も必要無いぞ」

冬馬「それだけは絶対無理だ。何と言われてもな」

冬馬「万が一バレたら俺もお前も終わりだ。分かって言ってるのか?」

涼「で、ですよねー」

冬馬「……」ハァ



P「マジかよ」

北斗「今日のデート、最初はともかく中盤以降良い感じでしたね」

翔太「うん、普通にカッコよかったよ」

P「ちくしょおおおおおおお!まだだ!!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:45:54.29 ID:tChM1R+f0

涼「ま、待って下さい!」

冬馬「まだ何かあんのか?」

涼「その好きです!付き合ってください!!」

冬馬「……」

P(ドッキリでした~!!の看板準備OK)

冬馬「……ファン以外の女の子興味無いから、ごめん」

涼「あ、はい。分かりました。すいません」

冬馬「悪いな。あと忠告しとくがアイドルが誰かと付き合うのは相応の覚悟が必要だ」

冬馬「その事肝に刻んどけよ」



涼「冬馬さんに申し訳ない事たくさんしちゃった……もう、良いですか?」

P「……ああ、お疲れ」

北斗「今度は俺とデートしようね」

涼「あ、はは……失礼します」

翔太「ここまで付き合ってくれるなんてどんな秘密を握られてるんだろ」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:50:20.60 ID:tChM1R+f0

P「お前は一体誰なんだ!?」

冬馬「何だよ急に、天ヶ瀬冬馬に決まってんだろ」

P「うそだっ!!天ヶ崎竜馬だろ!」

冬馬「はぁ?意味分かんねえ」

P「なら鬼ヶ島羅刹か!?」

冬馬「ヶしかあってねぇじゃねえか!」

P「分かった!!ピピン板橋だろ!」

冬馬「誰だよ!!」

翔太「ふ、2人とも落ち着きなよ!会話が噛み合ってないよ」

北斗「はいはい、クールダウン」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 18:55:19.33 ID:tChM1R+f0

冬馬「あー、やっぱりあんたの仕業か」

P「人聞きの悪い、俺はお前が正常かどうかを確かめただけだ」

冬馬「俺は今トップアイドルになる事以外どうでもいいんだよ」

冬馬「女とチャラチャラ遊んでる暇は無え」

P「納得いかん」

冬馬「別にあんたに納得されなくてもいいけど」

北斗「よしっ、もうやめよう!!」

翔太「うん、冬馬君はトップアイドル一筋だから女の子と付き合ってる場合じゃないって事で終了」

P「ホモが!!」

冬馬「それはあんただろ!!人を散々つけ回しやがって」

北斗「チャオ☆チャオ☆やめやめ」

冬馬「二度と妙な真似すんじゃねえぞ、特にあんただよあんた」

P「くそっ、絶対諦めないからな」

冬馬「聞いてんのかよ」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 19:00:03.99 ID:tChM1R+f0

P「いくらトップアイドル一筋だろうがパンチラや巨乳、水着諸々に反応しないのは絶対おかしい」

P「マジでホモなのか……それとも……」



冬馬「ったくあのプロデューサーの事だ、絶対何か仕掛けてくるな」

冬馬「まあどうでもいい、俺は俺の道を突き進むだけだ」



冬馬「YESロリータNOタッチ」





108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/06(火) 19:02:21.86 ID:g1qf/7o70

やよいが危ない



元スレ:P「冬馬が大人の階段を昇った?」

他サイト様の最新記事