3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:18:30.01 ID:D3CqAvQ60

透華「は?」

一「ええっ?」

衣「ふんふむ」

純「マジで!?」

智紀「…ほぅ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:21:14.47 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「宮永さ…」

咲「あ、そ、それじゃあ私はこれでっ!!」シュバッ

一「え?返事も聞かずに帰っちゃうの?」

衣「咲ー、また遊びに来るとよいぞー」バイバーイ


~~~~~


咲「うわああああん!どうしよおおおおおおおお!!」ジタバタ

久「ちゃんと告白してきたようね。偉い偉い」ナデッ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:24:10.00 ID:D3CqAvQ60

咲「ううっ、恥ずかしくて死にそうです…」グスッ

久「たかが愛の告白くらいで何を恥ずかしがってるのよ」

咲「だって誰かに告白するのなんて初めてだし」

咲「それに、私みたいな何のとりえもない小娘がハギヨシさんのような完璧な人になんて分不相応で…」

咲「きっと今頃鼻で笑われてるに違いないよおおおおおおお!!」ジタバタ

久「何でそんなに卑屈なのよ…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:27:12.73 ID:D3CqAvQ60

咲「わあああああん!部長の煽りに乗せられたせいでえええええ!」

久「え?私なんか言ったっけ?」

咲「忘れたんですか?もうっ!昨日私にこう言ったじゃないですか!」プンプン


~回想シーン~


久「へぇ~、咲に好きな男がねぇ」ニヤニヤ

咲「ううっ、まさか部長にバレちゃうなんて…」

久「で、どうするのよ?」

咲「どうするって、何がですか?」

久「告白よ、告白!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:29:07.10 ID:D3CqAvQ60

咲「ええええっ!?そ、そんなのしませんって!!」

久「何でよ?」

咲「だ、だって私とハギヨシさんとじゃ釣りあわないし…」

久「あら、そうかしら?結構お似合いだと思うわよ」

咲「ええっ?そ、そうかなぁ?///やだ部長ったら///」キャッ

咲「ってそうじゃなくて!!」

久「あなた結構ノリやすいわね」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:31:27.44 ID:D3CqAvQ60

咲「私別にハギヨシさんと、こ、こ、恋人な関係になりたいなんて思ってないんです!」

久「何でよ?好きなんでしょ?彼のこと」

咲「好きですけど…でも、見ているだけで十分なんです」

久「それは違うわ!」ロンパー

咲「え、え?」アタフタ

久「咲、それは自分の心を誤魔化してるだけよ!ちょっと想像してみなさい」

久「彼に恋人ができたとして、二人がイチャイチャしている場面を!」

咲「え、えーと…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:33:29.80 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ『やえさんは本当に素敵な方ですね』イチャイチャ

やえ『いやん、ハギヨシさんったら』イチャイチャ


咲「…ううっ、そんなの見たくないよぅ…」グスッ

久「でしょ?好きな人ってのは誰だって独占したいものなの!」

咲「わ、分かりました部長!」

久「よし!ならとっとと告白してきなさい!」

咲「はい部長!行ってきます!」

久「行ってらっしゃい。…そして華々しく散ってくるといいわ…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:35:17.27 ID:D3CqAvQ60

~回想シーン終~

咲「…てな感じで…」

久「ちょっと、最後の行のは言ってないわよ」

咲「だってそんな風な顔してましたもん部長」

久「あなた私を何だと思ってるのよ」

咲「鬼畜タラシ部長です」きっぱり

久「ひ、ひどい…」グスン


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:37:19.41 ID:D3CqAvQ60

久「ところで、このことは和には言ってないでしょうね?」

咲「ええ、まだ部長にしか話してませんが…何でですか?」

久「和は咲のことが…げふん!い、いや彼女、レズだからね」

咲「和ちゃんがレズ?まさかぁ」

咲「私、和ちゃんにはアイドルの一○瀬トキヤみたいなクールな人が似合うと思ってるんです」きゃっ

久「(誰やねん)それ、和には言っちゃダメよ咲」

咲「それがついこの間言っちゃったんですよね。和ちゃんってトキヤみたいな男の人とお似合いだよね!って」

久「あちゃー…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:38:56.58 ID:D3CqAvQ60

咲「そしたら和ちゃん、突然震えだしちゃって…」

久「oh…」

咲「もしかして和ちゃん、トキヤより音也派だったのかなぁ」

久「(だから誰やねん)いや、それは多分違うと思うわ…」

咲「そうなんですか?じゃあレンみたいな俺様タイプの方が…」

久「そ、そんなことより咲!」

咲「はい、何ですか部長?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:40:29.31 ID:D3CqAvQ60

久「告白の返事。なんでちゃんと聞いてこなかったのよ?」

咲「うっ…」

久「せっかく勇気を振り絞って想いを告げたんでしょ?返事も聞かずに帰っちゃ意味がないじゃない」

咲「だ、だって…振られるのが怖かったんだもん…」ウルッ

久「…咲」

久「大丈夫よ。もし振られたら私が慰めてあげるから」ナデナデ

咲「…ありがとうございます、部長」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:42:14.46 ID:D3CqAvQ60

咲「和ちゃんに部長に近づくと孕まされるって忠告されてたんですが、ホントはとっても優しいんですね」ウルウル

久(あのピンク…あとでシメる)


まこ「遅くなってすまんのう」ガチャッ

久「大丈夫よ、まだ皆揃ってないから」

咲「こんにちは染谷先輩」

まこ「ああそうそう、咲にお客さんじゃぞ」

咲「えっ?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:44:04.67 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「…お邪魔いたします」スッ

咲「!?は、はははははははハギヨシさんんんんんっ!?!?」

久「あらあら」

咲「ど、ど、どうしてここにっ!?」

ハギヨシ「それは…先ほどのお返事を、と思いまして」

咲「!!」

咲「…あ、私…自分だけ言いたいこと言って帰っちゃうなんて」

咲「失礼な真似しちゃってごめんなさい、ハギヨシさん」ペコッ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:45:29.26 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「いえ、気にしてませんよ」クスリ

咲(!!…気にしてない、か…)

咲(私の告白なんて、ハギヨシさんにとってどうでもいい事なんだな…)

咲(ああ、私今から振られちゃうんだなぁ…)ジワッ


ハギヨシ「宮永様…いえ、咲さん」

ハギヨシ「あなたの想い、お受けいたします」


咲「…………え」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:47:17.33 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「咲さん。実は私も以前から、あなたのことを気にかけておりました」

咲「えっ?」

ハギヨシ「あなたが龍門渕邸で迷子になったり転びそうになったりするのを拝見するたび、この胸の高まりはだんだんと酷くなり…」

久(まさかのドジっ子萌え属性)

ハギヨシ「いつの間にか、あなたのことが頭から離れなくなっていました」

咲「ハギヨシさん…///」ポッ

まこ(いや、そこでときめくのはおかしい)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:49:05.63 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「ですから私からも言わせてください」

ハギヨシ「咲さん、私とお付き合いしていただけますか?」

咲「…はいっ!喜んで!!」



久「えんだああああああああああああ!!」

まこ「い…」

和「嫌ああああああああああああああああああああ!!」バタン!


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:51:03.95 ID:D3CqAvQ60

和「SOASOASOASOASOASOASOASOASOASOASOASOASOA!!」

和「咲さんがノンケなんて、そんなオカルトありえむぐぐっ!?」

久「じゃあ私達はお邪魔だろうから、あとはお二人でよろしくやってね~」ガシッ

和「むぐ~!!むぐ~!!」ジタバタ

まこ「和、ここは空気を読まんかい」ガシッ

和「むぐううううううううううううう!!」


ぱたん…


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:52:43.95 ID:D3CqAvQ60

咲「?和ちゃん、何を騒いでたんだろ?」

ハギヨシ「きっと大切な友人である咲さんを取られるのが辛かったのでしょう」

咲「そうなんですか?」

ハギヨシ「ええ、おそらく(どうやら彼女は恋敵のようですが、ここは黙っておきましょう)」

咲「そっか…和ちゃんと私が親友なのは、ずっと変わらないのになぁ」

ハギヨシ「ふふ。あなたのそのまっすぐな部分は大変好ましいです」

咲「えっ?あ、あの、その…///」アタフタ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:56:31.78 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「照れて真っ赤になってる咲さんも、大変可愛らしいですね」

咲「はうう…///」カアッ

ハギヨシ「ふふ。それでは時間も勿体無いですし、出かけましょうか」

咲「えっ、どこへですか?」

ハギヨシ「あなたの行きたいところ、どこへでも連れていってさしあげますよ」

咲「あの、それってデート…ですか?///」

ハギヨシ「はい、もちろん」

咲「っ///」ボボッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:57:50.64 ID:D3CqAvQ60

ハギヨシ「では咲さん、お手をどうぞ」サッ

咲「…はいっ」ギュッ



久「咲…おめでとう」コソッ

和「私はぜっっっったいに諦めませんからね!咲さん!!」

まこ「次回、超人執事とクレイジーサイコレズの熱いバトルが火蓋を切る!…かもじゃ」



つづカン!


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:59:32.49 ID:D3CqAvQ60

終わりです。支援ありがとうございました
咲ハギ好きなのに全然見かけないので自分で書いてみました


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 00:09:26.17 ID:V8X5VDdi0


咲さんかわいい!



元スレ:咲「あのっ、好きですっ!!」ハギヨシ「私…ですか?」

他サイト様の最新記事