1: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 21:59:58.80 ID:Wcj55JVE0

『桃太郎』

昔々あるところに、かつて王子様と呼ばれたお婆さんと平凡なお爺さんがいました。

お婆さん「さてと……そろそろ行こうかな」

お婆さんは川へ洗濯をしに行きました。

お爺さん「……よし、俺も行くか」

お爺さんは漫画のネタ探しに行きました。

お婆さん「それおかしくない!?」


2: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:02:35.88 ID:Wcj55JVE0

お婆さん「〜〜♪」

お婆さんがめちゃくちゃな音程で鼻歌を口ずさんでいると……

お婆さん「……ん?」

川の向こうからどんぶらこ……どんぶらこ……

お婆さん「あれは……」

巨大なお色気フィギュアがやって来ました。

お婆さん「だからおかしくない!?」


3: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:07:01.80 ID:Wcj55JVE0

お爺さん「うーん……やっぱ芝刈り機を使うと作業が早く終わっちゃうな……竹を切りに行くか」

そう言ってお爺さんは竹やぶに行きました。すると……

お爺さん「……ん?」

なんと一本だけ輝いている竹があったのです。

お爺さん「どれ……切ってみるか」

そう言ってお爺さんは手刀で竹を割りました。すると……

お爺さん「こ……これは!」

なんと竹の中から小さな女の子が出て来たのです。

女の子「ファ……ファンです!///」

お爺さん「初対面だぞ!?」


4: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:11:18.66 ID:Wcj55JVE0

お婆さん「このフィギュアを見せたらお爺さんびっくりするだろうなー……漫画のモデルに使えるとか言ったりして」













お爺さん「お前を見せたらきっとお婆さんはびっくりするぞ。 可愛いお姫様とか言ってきそうだな」

女の子「そうだねー・▽・」











お婆さん「お爺さん! さっきすごい物を見つけたんだよ!」

お爺さん「実は俺もなんだが……」

お婆さん「じゃあ同時に見せる?」

お爺さん「ああ……せーの」

お婆さん「巨大お色気フィギュア!」バン!

お爺さん「女の子!」バン!

お爺さん・お婆さん「!?」

二人ともびっくりしました。


5: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:18:55.53 ID:Wcj55JVE0

お婆さん「所でこのフィギュアどうする?」

お爺さん「そうだな……モデルとしては使えるが、家にあっても邪魔だしな」ジー

お爺さん「……よし、腕を切ろう。 丁度この間通販で買ったチェーンソーがある」

お婆さん「私が知らないうちに何買ってんの!?」

女の子「そこに突っ込むの!?」

ギュイイイイイイイイン

お爺さん「……ふぅ、切れたか」

ピカッ

お爺さん「な、なんだ? フィギュアが割れて……」









男の子「出してくれてありがとよ……俺はもうどこにも行かない。 あんた達だけのマイスウィートサンだぜ☆」

お婆さん「……あれ、緊張してる? いいかい、大人は子どもよりも頑張るんだよ……だから君は無理しなくていいんだよ、僕が君の分も頑張るからね……バンビーノ」

男の子「/////」


6: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:22:31.28 ID:Wcj55JVE0

お爺さん「さて、この子達の名前だが……」

お婆さん「男の子はフィギュアから産まれたからフィギュア太郎でいいんじゃない?」

女の子「安直すぎない!?」

お爺さん「そうだぞお婆さん、この子の名前は……」

お婆さん「名前は……?」

お爺さん「……タイトルを回収しないといけないからな、桃太郎にしよう」

桃太郎「」

女の子「わ、私は!?」

お爺さん「お前も竹から産まれて来た以上、かぐや姫以外にないな」

かぐや姫「」

お爺さんは従順でした。


8: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:29:04.00 ID:Wcj55JVE0

こうして四人は平和に暮らしていました。

お婆さん「このまま幸せが続くといいね!」

お爺さん「そうだな……」

しかし、幸せは長く続きませんでした。










鬼「あはははははははは!」

なんとお爺さん達の住んでる村に鬼がやって来たのです。鬼は村にある沢山の金や、財宝、バスケットボールを奪って行きました。









お爺さん「桃太郎、鬼退治に行ってくれないか?」

桃太郎「はぁ!? 何で俺が行かなきゃ行けねーんだよ!!」

お爺さん「この村は老いぼればかりで若者はお前しかいないからな」

桃太郎「だったら村のみんなで行けばいいだろ!」

かぐや姫「でもももりん! 鬼退治に行く人って凄くカッコいいと思うよ!」

お婆さん「うん! なんたって私の子どもだもんね!」

お爺さん「桃太郎! お前しかいないんだ!」

桃太郎「……へっ、しょうがねぇ……行ってやるぜ、鬼退治!」

お爺さん「ちょろいな」

お婆さん「ちょろいね」

かぐや姫「ももりん頑張って!」

桃太郎「おう!」

こうして桃太郎は鬼退治の旅に出かけました。


9: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:33:02.10 ID:Wcj55JVE0

しばらく歩いていると……

桃太郎「……ん?」

犬「桃太郎さん! 俺も鬼退治に連れてってください!」

犬がいました。

桃太郎(うわ、こいつバリバリ体育系の体格してる犬じゃん……分かり合えねーだろーから仲間にしたくねぇな……)

犬「俺、昔から桃太郎さんに憧れてたんです! イケメンだし!」

桃太郎「よし! 俺についてこい!」

犬「はいっ!」

犬が仲間になりました。


10: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:39:07.34 ID:Wcj55JVE0

しばらく歩いていると……

桃太郎「……ん?」

猿「……」

今度は猿がいました。

猿「……」サラサラサラサラ

桃太郎「なんだあいつ? スケッチブックなんか持って……」

猿『鬼退治に連れて行ってください』

桃太郎「……いいけどお前、何でしゃべんねーんだ?」

猿『喋るのが面倒くさいからです』

桃太郎「……てことはイワザルってことか?」

猿『はい』

桃太郎「……普通イワザルは手で口を塞ぐんじゃねーの?」

猿「……」

桃太郎「……」

猿「連れて行ってください」

桃太郎「最初から喋れよ」

猿が仲間になりました。


11: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:44:14.98 ID:Wcj55JVE0

またしばらく歩いていると……

桃太郎「おっ、雉じゃねーか! 一人ぐらい空飛べるやつはいるよな」

雉がいました。

桃太郎「おい雉! 俺の仲間になれよ!」

雉「……なんだその勧誘は!」

桃太郎「……は?」

雉「下手くそにも程がある! もう一回誘って見ろ!」

桃太郎「……き、雉、俺の仲間になれよ……」

雉「羞恥心を捨てろ! もう一回!」

桃太郎「雉……俺の仲間になれよ」

雉「声が小さい!」

桃太郎「き……雉いいい! 俺の仲間になれええ!」

雉「声がでかけりゃいいってもんじゃない! もっと感情を込めろ!」

桃太郎「……」スゥ

桃太郎「雉いいいいいいいいい! 俺の仲間になれえええええええええええ!」

雉「……やればできるじゃねーか!」

雉が仲間になりました。


12: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:50:06.56 ID:Wcj55JVE0

お婆さん「桃太郎大丈夫かな……」

お爺さん「あいつのことだ、心配いらないさ」

ピンポーン

お婆さん「誰か来たよ」

お爺さん「……どうぞ」ガラッ

月の人1「お邪魔しまーす! 月の人でーす!☆」

月の人2「どうも」

かぐや姫「!?」

月の人1「さ、かぐや姫! 月に帰りますよ!」

かぐや姫「い、いやだ! 帰りたくない!」

お爺さん「……かぐや姫、これはどういうことだ?」

かぐや姫「ごめんなさいお爺さん……私本当は月の人なの」

お爺さん「何!?」

かぐや姫「月からずっとお爺さんを見てて……いつかお爺さんに会いたいなぁって思って……だから人間界までやって来たの」

月の人1「さ、人間界に住むのは違法だから早く帰りますよーー!」

かぐや姫「やだやだ! 帰りたくない!」

お爺さん「頼む! かぐや姫もそう言ってるんだ! 見逃してくれないか!?」

月の人2「じゃあ締め切り縮めますね」

お爺さん「どうぞ連れて行ってください!」

かぐや姫「お爺さん!?」

こうしてかぐや姫は月へ帰りました。


13: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:52:40.82 ID:Wcj55JVE0

桃太郎「遂に来たぜ……鬼ヶ島に!」

雉「けど入口がどこか分かんねぇな」

犬「!!……これは入口の匂い! 皆さん、着いて来てください!」

桃太郎「でかした犬!」










鬼「あー……誰か来ると思ったけど誰も来ねーな……歌でも歌うか」












犬「……」バタッ

桃太郎「どうした犬!?」


14: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 22:57:04.09 ID:Wcj55JVE0

桃太郎「ここが入口か……」

雉「よし、入るか」

犬「戦う準備はいつでもできてますよ!」

桃太郎「よし! 突撃だ!」

バン!

鬼「ん?」

桃太郎「おい鬼! 俺たち四人が相手だ! 覚悟しろ!」

雉「……おい桃太郎、三人しかいねーけど」

桃太郎「!? さ、猿はどうした!?」

犬「ここに置き手紙がありますけど……」

桃太郎「どれどれ……」

『鬼退治面倒くさくなったので帰ります』

桃太郎「あの野郎……!」


16: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 23:03:20.84 ID:Wcj55JVE0

鬼「よし! お前ら覚悟しろ! シュート!」

桃太郎「ぐはっ!」

鬼「シュート!」

雉「ぶへっ!」

鬼「シュートシュートシュート!」

犬「ぶほっ! げぶっ! がほっ!」

鬼「いやーー、なんかお前だけ異様にぶつけたくなるんだよなー」

犬「……な、なんて最低な鬼なんだあなたは……」

犬「大体そんなこと……『鬼のパンツ』の鬼さんだったらしませんよ!」

鬼「ん?」

犬「あの人はみんなの為を思って……鬼のパンツの布教活動に励んでいるんですよ!」

犬「もし、あなたみたいに物を盗んでも……直ぐに自白して返してくれる筈です!」

犬「あの人は……俺にとっての女神なんです!!!」

鬼「……よし! 全部返す!///」

犬「ええっ!?」

こうして事件は解決しました。


17: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 23:08:20.84 ID:Wcj55JVE0

桃太郎「爺さん! 婆さん! 鬼退治して来たぜ!」

お婆さん「お帰り!」

お爺さん「よくやった桃太郎」

雉「な……なんだあのイケメンの婆さんは!」パタパタ

犬「雉さん! 落ち着いてください!」

お爺さん「家来達、お前達もよくやった。 お礼にこれをやろう」

雉「ま、まさか……」

犬「きびだんごですか!?」

お爺さん「たぬきのぬいぐるみだ。 いらないからあげる」

雉・犬「」

めでたしめでたし。

















編集部

都「……前野さん、本当にこれでいいんですか?」

前野「いいに決まってるじゃないですか都先生! これ、全部僕のアイデアですからね! この読み切りはきっとアンケートで一位取れますよ!」

剣(取れるわけねぇだろ)

〜終わり〜


18: ◆LYNKFR8PTk 2015/01/26(月) 23:10:02.53 ID:Wcj55JVE0

一応キャスト紹介

野崎・お爺さん
千代・かぐや姫
みこりん・桃太郎
鹿島・お婆さん
堀・雉
結月・鬼
若松・犬
真由・猿
剣さん・月の人2
前野・月の人1

読んでくださりありがとうございました


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/26(月) 23:13:02.98 ID:nRWNmDbKo


この発想好き



元スレ:昔話少女野崎くん

他サイト様の最新記事