1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:13:25.44 ID:ZrHVAGWyO

灼「は?意味が分からな…」

玄「灼ちゃんは私にひどい事したよね?」

灼「私何かした?」

玄「…灼ちゃんそんなに私を怒らせたいんだね…」

玄「しょうがないからヒントをあげるよ」

灼(いったいなんなんだろ?)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:16:09.41 ID:ZrHVAGWyO

玄「みんなが集まって麻雀部ができてインターハイで決勝まで行ったよね」

灼「うん、ハルちゃんの指導のおかげだと思…」

玄「灼ちゃんって何かにつけてハルちゃんハルちゃん言ってるよね」

灼「確かにそうかも…それが嫌ってこと?」

玄「それも嫌だけど違うよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:19:17.45 ID:ZrHVAGWyO

灼「嫌なんだ…」

玄「嫌に決まってるよ!いっつも先生のことばっかり考えちゃってさ」

灼「そんな事ない!ちゃんとみんなのことも考えてる」

玄「部長として頑張って先生に褒めて貰うためだよね」

灼「違っ」

玄「違わないよ!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:23:33.83 ID:ZrHVAGWyO

玄「最初は名義貸しなら良いとか行って入部したのに赤土先生が来たらやる気出しちゃってさ」

灼「ごめんね…確かにそれは怒られてもしかたないとおも……そんな私が部長になっちゃって嫌だったよね」

玄「別に部長のことはどうでも良いんだよ。先生が決めたことだし」

灼「どうでもいいの?てっきり私に部長を取られたと思って怒ってるんだと」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:26:13.64 ID:ZrHVAGWyO

玄「そうじゃなくって!麻雀部に誘ったよね」

灼「うん…名義貸しならとか言ってたのが許せないってこと?」

玄「名義貸しでもありがたかったよ」

灼「え?じゃあなんなの?」

玄「……もういいよ…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:30:30.73 ID:ZrHVAGWyO

灼「え?」

玄「ヒントを言っても思い出してくれないし……灼ちゃんにとってはその程度の事だったんだよね…」

灼「急にいじけないで欲し…思い出せない事も含めて謝るから教えて」

玄「灼ちゃんって私に冷たくない?」

灼「そんなことないと思…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:33:11.27 ID:ZrHVAGWyO

玄「そんなことあるよ!私の事なんてどうでもいいから思い出せないんでしょ」

灼「それは本当にごめん」

玄「あの時よりは私の事を思ってくれてるみたいだね」

灼「あの時っていつなの?」

玄「まだ私が1人で部室の掃除をしてたころ…」

灼「そんなに前なの!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:36:16.93 ID:ZrHVAGWyO

玄「そうだよ私があの場所を守るため頑張ってたころだよ」

灼(私なにかしたかな?)

玄「先生方に許しを得たとはいえ来る日も来る日も1人だった私は灼ちゃんを誘ったよね?」

灼「そういえばそんな気も…」

玄「やっぱり思い出さないんだね……灼ちゃんは麻雀なんてもうやらないって言って断ったんだよ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:39:32.24 ID:ZrHVAGWyO

灼「そんな事言っておきながら麻雀をやり始めた私が許せないんだね…」

玄「違うよ…私は灼ちゃんに嫌われたく無いからもう灼ちゃんを麻雀部に誘うのはやめようって決めた」

玄「でもお姉ちゃんが灼ちゃんを誘おうって言って…灼ちゃんは名義貸しとはいえOKしたよね」

灼「その事に怒ってるんだね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:42:04.35 ID:ZrHVAGWyO

玄「そうだよ!こんなこと許せないよ」

灼「でも玄の誘いには名義貸しする余地がないと思…」

玄「そうかもしれないけど…」

灼「それに宥さんが私の名前を出した時玄は私の事忘れてたって聞いたけど」

玄「あれは灼ちゃんを誘いに行くのをやめさせようと思って…」

灼「そうなんだ…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:43:49.60 ID:ZrHVAGWyO

玄「そうだよ……さっきから私の事を否定しようとしてるけど、やっぱり私の事嫌いなんだね…」

灼「そんな事無い!」

灼「ごめん…何気ない事で玄を傷つけてたんだね…本当にごめんね」

玄「灼ちゃん…分かってくれれば良いんだよ」

灼「玄」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:46:39.96 ID:ZrHVAGWyO

玄「でもね…謝ったくらいで許されると思わないでよ」

灼「え?最初に言ったことと違うんじゃ…」

玄「許して欲しかったら私の言うことを1つ聞いて貰うよ」

灼「それはおかしいと思…」

玄「やっぱり私の事嫌いなんだ…」

灼「めんどくさ…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:49:22.18 ID:ZrHVAGWyO

灼「だいたい玄の方こそウチの店に冷やかしで来すぎだと思…」

玄「灼ちゃん」

灼「なに?」

玄「どうして私が灼ちゃんちに遊びに行ってると思う?」

灼「意味が分からないし遊んで無いと思…」

玄「私が行ったらいつも店番してるからだよ」

灼「それでも1ゲームくらいしてってくれたって良いと思…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:51:43.71 ID:ZrHVAGWyO

玄「私はボウリングよりも灼ちゃんとおしゃべりしたいんだよ」

灼「なんで?学校で出来るよね」

玄「…2人きりが良いから」

灼「え?」

玄「そ、そんな事より許してあげる代わりに言うことを聞いて貰うよ」

灼「……分かった…いいよ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:53:47.97 ID:ZrHVAGWyO

玄「えっいいの?」

灼「なんども言わせないで欲し…」

玄「本当に良いの?私が恋人になってって言ったら恋人にならなきゃいけないんだよ!みんなから同性愛者の変態扱いされるんだよ」

灼「その場合玄もだけど…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:56:51.01 ID:ZrHVAGWyO

玄「灼ちゃんとなら本望だよ!」

灼「玄…」

玄「灼ちゃん…」

灼「変態だったんだ…」

玄「……そうだよ私は変態だよ!でも灼ちゃんの事が好きなんだもんしょうがないでしょ!灼ちゃんが私以外の誰かと仲良くしてるのだって嫌で大好きなはずの赤土先生にだって私は嫉妬してるんだよ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:59:13.29 ID:ZrHVAGWyO

灼「……」

玄「ごめんね…気持ち悪いよねこんなの…」

灼「そんな事無いよ……私も玄の事好きだから」

玄「え?」

灼「またみんなと麻雀を打てる日が来ると信じて頑張ってるところを見てたらいつの間にか…」

玄「勧誘に応じてくれなかったどころかその事を忘れてたくせに……先生のことだって…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 01:02:17.72 ID:ZrHVAGWyO

灼「その事は本当にごめん……あとハルちゃんへの気持ちは憧れで玄たちのハルちゃんへの気持ちと大して変わらないから」

玄「あの時しつこく誘えば良かったのかな」

灼「そうかも……玄は本当に私のこと好きなの?」

玄「ここに来て疑っちゃうんだ…」

灼「……だって私に怒ってるんでしょ?」

玄「うんそうだね、私にあそこまで言わせてそれを疑うんだもん」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 01:06:49.75 ID:ZrHVAGWyO

灼「ごめんね…でも言われたとおり恋人になるから許して欲し…」

玄「ふざけないでよ灼ちゃん!そんな風に嫌々付き合って貰っても全然嬉しくない」

灼「嫌々じゃな…」

玄「だったら言ってよ灼ちゃんの気持ちを」

灼「分かった」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 01:09:15.41 ID:ZrHVAGWyO

灼「玄……私は玄の事が好き…愛してる…玄が私を愛してくれるなら他に何もいらない!みんなから嫌われたって良い、だから…私の恋人になって欲し…///」

玄「灼ちゃん…」ギュッ

灼「急に抱きつかないで///」

玄「もう先生とイチャイチャしちゃやだよ」

灼「別にイチャイ…ん」

玄「ん……えへへキスしちゃった///」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 01:10:54.78 ID:ZrHVAGWyO

灼「玄…」

玄「ごめん嫌だった?」

灼「ううん…嬉しかったよ」

玄「本当?良かった…」

灼「でも次は私からさせて欲し…///」

玄「うん今度は灼ちゃんからね///」

玄「今日はもう帰ろっか」

灼「うん」スッ

玄「手?」

灼「手、繋ぎた…///」

玄「うん!手繋いで帰ろっか」ギュッ



カン



元スレ:玄「灼ちゃんは私に謝らなきゃいけないよね?」

他サイト様の最新記事