1: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:12:48.03 ID:2ykrjIzS0

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
キャラ崩壊注意。


2: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:13:23.15 ID:2ykrjIzS0

モバP「………」(キーボードカタカタ

佐城雪美(以下雪美)「……P」

モバP「ん? 雪美か、どうした?」

雪美「………」

モバP「……んん? ああ。なるほど」

ポンポン

モバP「おいで」

雪美「ん……♪」(チョコン

モバP「ちょっと体重掛かるぞー」(カタカタ

雪美「大丈夫。Pと私、くっつく……繋がる………」

モバP「この書類終わるまで我慢しててなー」(カタカタ


3: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:14:13.84 ID:2ykrjIzS0

千川ちひろ(以下ちひろ)「あ、また膝の上に誰か乗せてますね」

本田未央(以下未央)「ほほー、プロデューサーは相変わらずですなぁ」

ちひろ「少し前まではレッスン待機だった仁奈ちゃんが、昨日は千佳ちゃんだったかしら」

未央「あ、私ありすちゃんが膝の上に乗ってたの見たことあるよ」

ちひろ「あら、そういうの人前じゃやりたがらないタイプのありすちゃんも?」

未央「すっごーくリラックスしてたから、多分あの時私には気付かなかったんじゃないかなー?」

ちひろ「今の雪美ちゃんと同じような感じだったんでしょうねぇ」



雪美「……♪」

モバP「………」(カタカタ


4: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:15:11.65 ID:2ykrjIzS0

島村卯月(以下卯月)「Pさんの膝の上って、やっぱり気持ちいいんでしょうか? おはようございます」

未央「あ、うづきーん。おはよ」

ちひろ「おはようございます。体温高めだって前話してましたし、ああして触れ合ってると温かいんでしょうね」

卯月「へー。最近冷えてきましたし、ああいう光景はこれから何度も見るかもですね」

未央「プロデューサーの膝の上は、まさしくホットスポットってわけだね!」

ちひろ「おかげでキッズアイドルの皆さん元気で、人気もぐんぐんうなぎ上りなんですよね」

未央「むむむ」

卯月「私達も寒さに負けないように頑張らないと、ですね。未央ちゃん!」

ちひろ「ふふっ、頑張ってくださいね」


5: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:15:48.09 ID:2ykrjIzS0

別の日――

モバP「………」(カタカタ

未央「プロデューサー、今日も頑張ってるね! はいこれ。缶コーヒー」

モバP「お? 悪いな。今すぐお代を……」

未央「あ! お代いらないいらない! これは未央ちゃんの気持ちだからさ!」

モバP「そういうわけには……」

未央「じゃ、じゃあさ! その代わりってわけじゃないんだけど、一つお願いしてもいいかなー?」

モバP「……ふむ。俺に出来ることなら」

未央「えへへ。えっと、さ……膝の上に座っても、いい?」


6: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:16:28.76 ID:2ykrjIzS0

モバP「?」

未央「こ、こう。最近子ども組の皆がやってるみたいに、ねっ?」

モバP「……あー」

未央「や、やっぱり私くらいの子がそういうお願いするのって変かな……?」

モバP「まぁー、流石に未央の年頃くらいになると意味合いが変わってくるとは思うなぁ」

未央「……だ、だよね。う、うん」

モバP「……まぁ、いいんじゃないか。甘えたい時ってあるもんな」

未央「やっぱり今のは……いいの!? おーー、流石は私のプロデューサー!」

モバP(触発されたのもあるだろうが、年齢に不釣り合いのプレッシャーの中頑張ってるのは確かだもんな)

モバP「どんとこい!」


7: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:17:22.54 ID:2ykrjIzS0

未央「そ、それじゃあ失礼して、んしょっと」

モバP「おお、やっぱ未央くらいになると感覚も変わってくるな」

未央「ええっ、それって私が重いってこと!?」

モバP「年相応に、な。そしてこれだと俺は仕事ができないことに気がついた」

未央「それはちょっと困るね。えっと……じゃ、じゃあこうやって」(ギュッ

モバP「抱きつくのかっ!? 確かにこれならって、そんな無理しなくても……」

未央「だ、だって仕事の邪魔してまでって考えると申し訳なくって」(ギュー

未央(ひゃー……! プロデューサーの胸板厚い! 温かい!)

モバP「ぐぬぬ、そこまで言われたら頑張るしかないな。しっかり掴まってろよ!」(カタカタ

未央「う、うん!」(ギュギュッ

未央(ひ、ひゃー……!!)


8: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:18:56.98 ID:2ykrjIzS0

数十分後――

モバP「肩凝った……」

未央「えと、その、何だかごめんね?」

モバP「いやー、無茶して仕事したのは俺の方だから、未央は気にしなくていいぞ」

未央「……ありがと、プロデューサー」

モバP「こっちこそ。役得だった」

未央「!? も、もー! プロデューサーのえっち!」(バシバシッ

モバP「あはははイタイイタイ」

未央(我ながら大胆なことを……! けど、なんだろすっごく安心して元気出たような……)


9: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:19:34.32 ID:2ykrjIzS0

マスタートレーナー(以下マストレ)「1,2,1,2! 島村、ステップテンポ上げて!」

卯月「はい!」

マストレ「渋谷! ターン前に二人を確かめるな! 呼吸で合わせろ!」

渋谷凛(以下凛)「! はい!」

未央「……! ふっ!」(タンッタタンッ

マストレ「よし、そこまで! 本田、その調子だ。動きに熱があるし柔らかい。確実に力をつけているぞ」

未央「あ、ありがとうございます!」

凛「未央、すごいね」

卯月「未央ちゃん絶好調ですね」

未央「えへへー。今の未央ちゃんに出来ないことはないぞーって感じ?」


10: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:20:28.45 ID:2ykrjIzS0

マストレ「調子に乗るな、と言いたい所だが。今の本田のテンションで舞台に立てれば世界が変わるぞ」

未央「えっ、本当!?」

凛「マストレさんがここまで褒めるのって滅多にないよね」

卯月「ううー、私達も負けてられないです!」

未央「あはは、まぁ頑張ってくれたまえ! なんちゃって♪」

未央(プロデューサーの膝の上に乗った後から、ずっと胸の奥がポカポカしてる。この気持ちのおかげ、かな?)

――事実、この数日後に行われたニュージェネレーションのライブから、本田未央の人気が更に爆発することとなる。


11: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:21:26.90 ID:2ykrjIzS0

卯月「未央ちゃん、ソロの新曲の売り上げも上々だそうです」

凛「ほんと、飛ぶ鳥を落とす勢いっていうのかな? 一気に差をつけられた感じ」

未央「そんなに褒めても何も出ないよー? でも、調子が上がって来てるのは自分でも実感してるかな」

日野茜(以下茜)「ポジティブパッションでの活動でも、未央ちゃん熱は燃え上がってます!」

高森藍子(以下藍子)「そんなファンの人の力も自分の物にして、ますます輝いてますよね」

未央「も、もー! えへへへ……」

茜「何だかドーンって勢いに乗った感じですけど、もしや秘密の特訓でもしたんですか!?」

未央「え、特訓?」

卯月「そーです! 何か秘密の練習方法があるなら教えて下さい、未央ちゃん!」


12: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:22:14.91 ID:2ykrjIzS0

未央「特訓って言っても、ちょっとプロデューサーに……ハッ!?」

凛「……ふーん?」

藍子「これは、問い質す必要がありますね?」

茜「プロデューサーと秘密の特訓してたんですね!? 私もしてもらってきます! ボンバー!」(ピューッ

卯月「あっ、茜ちゃん。待って……!」(タッ

未央「ちょ、ちょっと待って! 茜ちん、うづきん! しぶりん、あーちゃん、近い! 近い!!」

凛「向こうは向こうで実証してくれるだろうし」

藍子「私達は私達で、ちゃんと聞きださないと、ですね」

未央「お、おたすけー!!」


13: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:23:07.43 ID:2ykrjIzS0

凛「しまった、思ったよりもうらやま……こほん、すごいことやってた」

藍子「茜さんのことです、既に実行しているかもしれません」

凛「……急ごう!」

 扉バターンッ

茜「ふぉ……おおお………」(ギュギュー

卯月「つ、次は私ですからね……! 茜ちゃん!」

モバP「ナゼコンナコトニ……グェ」

藍子「茜さん、首、プロデューサーさんの首決まってます」

凛「遅かったか……!」


14: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:23:55.04 ID:2ykrjIzS0

ちひろ「どうやら皆にもばれてしまったようね」

藍子「ちひろさん?」

ちひろ「実は、Pさんの膝の上に座って作業に付き合ったアイドルは、人気度が100上がるのよ!」

卯月「ひゃくっ!?」

藍子「人気度って?」

ちひろ「ああ! この力でキッズアイドルの人気を不動の物にしていたんですが、今回の未央ちゃんの行動で歯車は動き始めました」

ちひろ「今こそ事務所内で、この事実を公表したいと思います!」


15: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:24:50.67 ID:2ykrjIzS0


プロデューサーの膝の上でいちゃつけばアイドルとしても成長できる。


その事実は瞬く間に事務所中のアイドル達へと広がっていった。


始めは半信半疑だったアイドル達も、その後複数名のアイドルの人気が爆発的に上がったことから理解を深め、


自然とプロデューサーの膝の上に座ることを意識するようになっていった。


そしてそれは時と共に加熱していき……


16: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:25:35.43 ID:2ykrjIzS0

櫻井桃華(以下桃華)「ふふ、Pちゃまの逞しい胸に抱かれるのがこんなに心地いいなんて……」

モバP「今日はまた、向き合うように座ってるわけだからな」(カタカタ

桃華「もう、つれませんわ。こんなに積極的にしておりますのに」(ギュッ

モバP「ちひろさんも冗談キツイよな。皆が頑張ってるからこそ、人気も出てるってのに」(カタカタ

桃華「あら、Pちゃまの膝の上でこうしておりますと、本当に元気が出ますのよ?」

モバP「それでやる気出してくれるんだったら、俺に出来る範囲で協力するつもりだよ」

桃華「うふふ、それでこそPちゃまですわ。ですのでどうか、もうしばらくはこのままで……」(ギュッ

神谷奈緒(以下奈緒)「はーい! タイムアーップ! しゅーりょー!!」(ピピーッ


17: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:26:26.58 ID:2ykrjIzS0

桃華「んもう、無粋にも程がありますわ!」

奈緒「いやいや、そんなこと言ったって皆で決めたルールだろ?」

桃華「私達にはそもそも関係なく過去より続けてきたことですわ。そこに割り込むのは貴女達の方でしてよ?」

奈緒「そ、そんなこと言ったって、皆が……」

桃華「皆が、ではなく、奈緒さんが早く膝の上に乗りたかったからではなくて?」

奈緒「なっ!? そ、そんなことは……!」

桃華「ふふ、ここで争うような真似は致しませんわ。ルール、ですものね? Pちゃま、ありがとうございました」(スッ

奈緒「うー…」

モバP「したくないならしなくていいんだぞ? どうせ人気度なんて迷信……」

奈緒「しないとは言ってない!」

モバP「お、おう」


18: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:27:13.76 ID:2ykrjIzS0

奈緒「じゃ、じゃあ跨るからなっ!」

モバP「跨るって……」

奈緒「う、うううるさい! いいから黙ってあたしにぎゅってされてろ!」

モバP「はいはい……ほら、手伝うから」

奈緒「う、うん……」

桃華「やれやれ、ですわね。……! 奈緒さん、あぶない!」

奈緒「えっ? うわぁぁ!!」

 ドゴーンッ!!

桃華「奈緒さん! この所業、現れましたわね……!」

桃華「『いつだって膝の上にい隊』!!」


19: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:28:04.52 ID:2ykrjIzS0


???1「愛しいPさんの膝の上でいちゃいちゃするなんてことはぁー」


???2「悪いけど、認められないわよ! あーっはっはっは! げほっごほっ」


???3「甘美にして禁断の果実を頬張るは、堕天の乙女のみ!(訳:Pさんのお膝は、私達のものです!)」


桃華「バレバレですわ」


20: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:29:13.32 ID:2ykrjIzS0

服部瞳子(以下瞳子)「………」

モバP「瞳子さん、貴女まで?」

瞳子「いえ、その……人気は確かに欲しくて、おまじない程度でもないよりはって思ってただけなんだけど」

???3→神崎蘭子(以下蘭子)「真名に瞳持ちし乙女よ! 一番槍を命じる!」(訳:瞳子さん、お願いします!)

瞳子「まぁその、色々あるのよ!」(ギューッ

モバP「ドウイウコト!?」

桃華「皆の決めたルールを破ってまで膝の上を求める気概、お見事ですわ。ですが……」

???2→小関麗奈(以下麗奈)「ふっふっふ、あんたはもうタイムオーバーなの、知ってんのよ!」

???1→佐久間まゆ(以下まゆ)「本当はまゆがずーっとぎゅっとしていたいんですが、今だけは共闘します」

桃華「あまり侮ってはいけませんわよ。……奈緒さんを!」


21: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:30:43.82 ID:2ykrjIzS0

奈緒「うおおおおおお!!」

麗奈「なっ! あたしの納豆とタバスコを絡めて作ったスーパーレイナサマバズーカの餌食になったはずなのに!?」

まゆ「奈緒さんのアイドル力が……上がっています!」

蘭子「……来たか!」(ワクワク


奈緒「あたしだって、Pさんの膝の上に乗るのを楽しみにしてたんだ! うさみん師匠、あたしに力を!」



うさみん師匠「え? あ、はいっ。ハートウェーブ~~~送信!」(ミミミンミミミン



奈緒「アイドル☆覚醒! 魔法のエール、神谷奈緒!」(ドンッ!





池袋晶葉(以下晶葉)「説明せねばなるまい!」(ニュッ

モバP「晶葉!」

晶葉「あと瞳子の次は私だ。分かったな、P?」

モバP「あ、はい」

晶葉「改めて、説明しよう! 昨今の人気度の蓄積により、アイドル達に特殊能力が芽生えたのだ!」

モバP「そんな馬鹿な」

瞳子「あやめちゃんの分身、最近は映像技術使ってないそうよ」(ギュッ

モバP「!?」


22: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:31:37.25 ID:2ykrjIzS0

麗奈「魔法のエールがなんだってのよ! 喰らいなさいっ!」(ボーンッ

奈緒「エール・ステッキ!」

まゆ「……ハッ! 麗奈ちゃん、避けて!」

麗奈「へっ?」

 ドゴーンッ

まゆ「きゃー!」

麗奈「覚えてなさいよーーー!!」(ピュ~~~~~



晶葉「どうやら決着したようだな」(ギュー

モバP「そうみたいだな。ところでこれは?」(バチバチ

晶葉「私のアイドル力で作ったバリアロボ2号だ」(バチバチ

瞳子「何でもありね」


23: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:32:39.66 ID:2ykrjIzS0

奈緒「へへっ、凛、加蓮……あたしやったよ」                  ウサミン(アレッ?)

蘭子「フフフ……時は来た!」

奈緒「!? しまった……! 特大のが残ってた!」

蘭子「今こそ、覚醒の時!」

 ピカーッ

蘭子→ブリュンヒルデ「我が名はブリュンヒルデ! 魔法のエール、神谷奈緒。今こそ決着の時!」

奈緒「くっ、あたしのアイドル力はもう残ってないってのに!」



北条加蓮(以下加蓮)「お邪魔するね?」(ギュッ

モバP「お、加蓮。っていうか迷いなく乗ってきたな」

加蓮「……ダメだった?」(ギュウ

モバP「なんていうか、今なら何されても驚かなさそうだ」

晶葉「ならば頬をつねってやろう」(ギュウウー

瞳子「そうね」(ギュウウー

モバP「ヒダヒヒダヒ」(ムニィ


24: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:33:53.25 ID:2ykrjIzS0

ブリュンヒルデ「ハーッハッハッハ! その程度か、魔法のエール!」

奈緒「くそぅ、このままじゃPさんの膝の上が蘭子に独占されちまう……!」

ブリュンヒルデ「来ぬのか? ならば我から行くぞ!」

奈緒(負ける……!)


???3「諦めちゃダメよ!」

奈緒「そ、その声は……!?」




まゆ「Pさぁん……まゆボロボロになっちゃいましたぁ」(ギュー

モバP「普通に来る分には何の問題もないんじゃないか?」

まゆ「だって、少しくらいはまゆだって頑張らないと、数の中に埋もれてしまいそうで……」(ギュッギュッ

モバP「皆の個性を見失う程、プロデュースに混乱した覚えはないぞ」

まゆ「だったら、今だけは私を見てくれますか?」

加蓮「瞳子さん、ストップウォッチ」

瞳子「はいはい」

まゆ「………」(プクー


25: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:34:53.23 ID:2ykrjIzS0

南条光(以下光)「みんなのヒーロー、南条光!」(シャキーンッ

成宮由愛(以下由愛)「ま、マジカルガール・リーフ! 成宮由愛っ」(シャララーン

遊佐こずえ(以下こずえ)「こずえも、まほう……つかえるのー……」(シャラッ

???4→川島瑞樹(以下瑞樹)「そしてこの私、氷の魔法使い、マジカル☆ミズキの登場よっ!」(ババーン!

奈緒「み、みんな! 来てくれたのか!」

ブリュンヒルデ「ぐ、ぐぬぬ。小癪な! 数で押し返すか!」



晶葉「あれ、突っ込んだ方がいいのだろうか」

瞳子「私に聞かないで……」

加蓮(魔法少女系の衣装なくて、良かった)

モバP「光~、多分出る番組間違えてるぞー!」


26: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:36:00.34 ID:2ykrjIzS0

ブリュンヒルデ「我が呪われし右手には炎、聖なる左手には氷!」(ビビーッ

瑞樹「私のアイドル力を舐めて貰っちゃ困るわよ! スペシャル・ミズキ・マジック!」(ガシャーンッ

奈緒「あ、あたしだって! エール・ステッキ!」(パァァ!

由愛「えっと、えっと、その……あれ? こずえちゃんどうしたの?」

こずえ「んー……」(ジー



光「えへへ、ニチアサタイム30分間違えちゃった」(ギュー

モバP「光はうっかり屋さんだなぁ」(ナデナデ

まゆ「あ、光ちゃんだけズルいです。まゆにもなでなで、お願いしますねぇ?」

加蓮「私その次ね」

晶葉「いい加減バリアの効果人数限界が近づいてきた」

瞳子(後ろからPさんをぎゅってしても同様の効果が得られたりしないかしら……)


27: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:37:09.94 ID:2ykrjIzS0

こずえ「こずえ……みんなのこと、すきー……」

由愛「う、うん……」

こずえ「ぷろでゅーさーのおひざのうえも、すきー……」

由愛「そ、だね……」

こずえ「だから、ぜんぶ……こずえのものだよー……」

由愛「えっ?」

 カッ!

由愛「きゃーーー!!」(ドカーンッ

奈緒「リーフ!? そんな、こずえーーーー!!」

ブリュンヒルデ「新たなる魔王の覚醒か!?」(訳:思わぬ伏兵が!)

瑞樹「クライマックスね、わかるわ」



桃華「Pちゃま、給湯室の冷蔵庫で冷やしておいたマドレーヌをお持ちしましたわ」

モバP「桃華、無事だったのか」

桃華「ええ、わたくしの高貴さはアイドル力でそのまま身の守りになっておりますの」

モバP「そうなのか」

桃華「そうですの」


28: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:38:14.49 ID:2ykrjIzS0

こずえ「こずえと……ふわふわぁって……しよー………」(カッ

ブリュンヒルデ「な、なんというアイドル力!」

奈緒「圧倒的、じゃないか……!」

瑞樹「こずえちゃん、人一倍Pさんの膝の上に座ってたから……人気度の高まりが段違いなのよ」

奈緒「くっ、一体どうしたらいいんだ!」

由愛「み、みなさん……」(フラッ

ブリュンヒルデ「若葉の魔法少女!」(訳:マジカルガール・リーフ!)

由愛「チカラを……一つに………!」



光「燃える展開だ!」

加蓮(奈緒よくついてってるなー、凛に写メ送っとこ)

まゆ「Pさん、そろそろまゆにもなでなでを……あら?」

桃華「Pちゃまの姿がございませんわ」

晶葉「お茶を淹れてくるって給湯室の方へ行ったぞ」

瞳子(保護者枠が一人も居なくなるのは問題だから残ったけど、ついていった方が良かったかしら……)


29: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:40:21.78 ID:2ykrjIzS0

こずえ「きらりがー……おしえてくれたのー……」(ズモモモモ

ブリュンヒルデ「世界改変!?」(訳:事務所が宇宙空間に変わった!?)

こずえ「ほしいものはー……こずえるーむにー………しょうたいするのー」(カッ

由愛「チカラを……合わせて………!」

奈緒「リーフ! ああ、わかった。ブリュンヒルデ、今だけは共闘だ!」

ブリュンヒルデ「よかろう! ならば氷の魔法使いよ!」

瑞樹「わかったわ! スペシャル・ミズキ・マジック+(プラス)!!」(ガシャーンッ

由愛「マジカルっ、リーーーーフッ!」(ブワァァァ

ブリュンヒルデ「今、我は真なる魔王へと覚醒する!」(ピカーーーッ

奈緒「うおおおおおお!! ありったけのアイドル力を込めた、エール・ステッキだーーー!!」(ドカーンッ




晶葉「まずい、バリアが限界だ!」

瞳子「ちょ、ちょっとどうするの……!?」

加蓮「儚い命だったな……」

まゆ「せめて散る時はPさんの傍が良かった……」

桃華「Pちゃま……」

光「皆、諦めちゃダメだ! 何か、何か方法があるはず!」

 ガラッ

麗奈「ふぅ、やっと戻って来れたわ。ん、何よこれ。ちょっと、光! あの雑魚はどこに行ったのよ!」

光「麗奈! まさか助けに来てくれたのか!?」

麗奈「はぁ? なんであたしが助けてなんか……」(光訳:水臭いわね。ここはあたしに任せなさい!)

光「ありがとう! 一緒に、皆を守るんだ!」

麗奈「ちょ、ちょっと待ちなさいよ。え? なにあれ。光? え、ちょっと、ちょっと待…――!!」

 ドゴーーーーンッ ギャーーーー!!


30: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:41:15.76 ID:2ykrjIzS0

ちひろ「………これまた派手にやりましたね」

雪美「……ペロ、お願い」

 ニャー ペロペロペロ……

ちひろ「これで元通り。一番Pさんに抱っこされてたのはペロだったのね」

雪美「Pとペロ……なかよし……」

ちひろ「さて、と。はーい、皆さん。Pさんの膝の上争奪戦はいったん中断してください!」

アイドル達「………?」

ちひろ「Pさんから伝言です。『仕事にならないので場所を移動します』だそうよ。皆もほどほどにね?」

アイドル達「!!」

奈緒「そ、そんなぁ……」

瑞樹「ちょっと、派手にやり過ぎちゃったかしら?」

こずえ「たのしかったー……」

蘭子「望み叶わじとも、良き饗宴であった」(訳:膝の上には行けなかったけど、満喫しました)


31: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:42:22.59 ID:2ykrjIzS0

桃華「それで、Pちゃまは何処へ?」

ちひろ「別棟の旧会議室を使うとか言ってましたよ」

まゆ「なんだか、嫌な予感が……」






モバP「………」(カタカタカタ

???5「………」(スッ

???6「………」(ヌゥー

                                   To be continued...?


32: ◆zefPw5mKfA 2015/12/08(火) 21:44:35.93 ID:2ykrjIzS0

以上です。
アイドル達可愛いが少しでも伝われば幸いです。   瞳子さん可愛い。
ありがとうございました。



元スレ:ちひろ「Pさんの膝の上争奪戦」

他サイト様の最新記事