1: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 18:55:34.03 ID:1zAYU3yko

モバP(以下P)「ただいまー」

P母「あら、早かったわね」

P「近所のおじさんに駅でたまたま会ってさ、車に乗せてくれたんだ」

P母「あら。それならあとでお礼言わなきゃね。っと、早く帰ってきたんなら手伝ってちょうだい」

P「帰ってきて早々手伝いかー」

P母「あんたには言ってなかったけど、母さんの妹の家族が来るのよ」

P「へえ。どうしてさ」

P母「ほら、あの子達おばあちゃんのお参りまだ出来てないでしょ? この年末の休みにやっと来れるようになったそうなの」

P「…あぁ、なるほどね」

P(じいちゃんを亡くして、うちの実家に住むようになったばあちゃんも、約一年前に死んでしまった。ばあちゃんの訃報は、かなりのばあちゃん子だった俺にはかなり効いた)


2: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 18:57:24.80 ID:1zAYU3yko

P「そういえば、母さんの妹…俺の叔母さんか。叔母さんってどんな人だっけ」

P母「あんた覚えてないの? …って、それもそうか。最後に会ったのも随分前だっからねぇ。あんたまだ小さかった気がするわ」

P「そりゃ記憶にないわな」

P母「とにかく、準備手伝いなさいな」

P「へいへい。と言っても、何すればいいんだ?」

P母「そうね、客間に布団を敷いてきてくれないかしら」

P「何枚?」

P母「えーっと、3枚お願い」

P「一人子供がいるのか」

P母「えぇ。つまりあんたの従兄弟ね」

P「俺に従兄弟がいるなんて初耳だぞ」

P母「歳が離れてるしね。会わなくなってから出来たのよ。たしか今、小六だったかしら」

P「たしかに離れてるな。どんな子?」

P母「サッカーが大好きだって妹は言ってたわよ」

P「へぇ」

P(男の子かな。仲良くなれそうだ)

P「それじゃ、布団敷いてくるよ」

P母「お願いね」


3: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 18:58:27.58 ID:1zAYU3yko

~近所の空き地~

P「サッカーねぇ。当分やってないやよっと」ポンッポンッ

P「おっ、案外体は覚えてるもんだな。いよっと…あら」トントン…

P「体は覚えていても、ついていけるかは別問題か」

P「たしか向こうに転がっていったよな……ん?」

「……あ、ボール」

P「おーい、悪いけどそのボール取ってくれないかー」

「…あぁ、あんたのか。いいぜ……っとと、はいよっ」トントン トンッ

P「!? …な、ナイスボール」

P(あの子、手を使わずにボールを浮かせて、綺麗にリフティングをしてそのままパスを…)

P「あ、ありがとう! 君、サッカー上手だね!」

「まあなー。おっと、それじゃ」

P「……いやあ、あんなに綺麗なプレー、久しぶりに見たなぁ」

P「しかし、ここらへんでは見かけない子だったけど……あ、もしかして」

P(とりあえず家に戻ろう)


4: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:00:20.52 ID:1zAYU3yko

~家~

P「ただいま」

P母「あっ。あんた、どこに行ってたのよ」

P「そこの空き地でこれを少しな」

P母「これって…サッカー? あんた、いい歳した男1人が空き地でサッカーなんてしてんじゃないわよ」

P「いいだろ別に。…あっ、靴が増えてる。やっぱりもう来てたか」

P母「あんたが遊んでる間にね。さあ、挨拶してきなさい。いま、客間で荷物の整理してるから」

P「わかってるよ」


5: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:01:53.19 ID:1zAYU3yko

P「失礼します」

叔母「あら、あらあらPくん! 大きくなったわね! まあまあまあ! 私のこと覚えてるかしら~」

P「あ、いえ、その…すみません」

叔母「あら残念。それにしても大きくなって」

叔父「じゃあ僕のことも覚えてないかな」

P「すみません」

叔父「いやいや、謝らなくていいんだ」

P「改めて、Pです。…あの、もう一人来てると伺っているのですが」

叔母「あー、あの子ね。さっきトイレに行ってくるって出ていったからそろそろ…ほら、来たわね」

「ふぅ……あっ、あんたはさっきの」

P「初めまして…というより、さっきぶりだね」

「ははっ、そうだな」

叔母「あら、晴、Pくんと会ったことあるの?」

晴「さっき、そこの空き地でちょっとな」

叔母「あら、じゃあ、あそこでサッカーやってたのってPくんだったのね。遠くからだと全然気づかなかったわ」

晴「へえ、Pって言うんだな。よろしくな! オレは晴だ!」

P「あぁ、よろしくな。どうやら俺達は従兄弟らしいな」

晴「オレ、ここに来る途中に聞いたんだぜ? 今まで知らなかったとかありえんのかよ」

P「ははっ、実は俺もさっきまで知らなかったんだ」

晴「うわまじか。どっちの両親も適当だな」

P「まったくだ」

叔母「ちょっとー」

叔父「はははは」


6: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:03:24.94 ID:1zAYU3yko

~食卓~

P「うわ、なんだこのご馳走」

P母「愛媛から来てくれたんだから、身内とはいえ歓迎しなくちゃね」

P「俺が帰省してもなんもしないくせに」

P母「うるさいわよ」

晴「うおーっ、なんだこのご馳走! スゲーッ! これ全部、おばさんが作ったのか?」

P母「ええそうよ。…線香あげてきたのね」

叔母「うん」

P(涙が…そりゃそうだよな…)

P母「それじゃ、食べましょ! さあ席について」

晴「オレの席は…」

P「晴、俺の隣にこいよ」

晴「わかった!」

P母「それでは」

「いただきまーす」


7: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:05:03.66 ID:1zAYU3yko

~食後~

晴「なあなあ、Pはサッカー好きなのか?」

P「好きっちゃあ好きだな。こんな何もない町で少年時代を過ごすには、球一つだけで大勢で楽しめるサッカーに限ってたしな」

晴「でもさっき見たけど、下手くそだったぞ」

P「ブランクだブランク。歳もあるが……あと少ししたら、翼Pちゃんって呼ばれてた頃の力も戻ってくるだろ」

晴「なんだよ翼Pちゃんって」

P「おっと、信じてないな? よし、明日一緒にやろうぜ。俺の真の実力を見せてやるよ」

晴「へへっ、望むところだ!」

P「そういえば、叔父さんとサッカーしたりするのか?」

晴「小さい頃に教わってからそれっきりだ。オヤジ、仕事が忙しくて、全然構ってくれないんだ」

P「そうなのか」

晴「ところで、Pは何の仕事をしてるんだ?」

P「えっ?」ギクッ


8: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:07:09.92 ID:1zAYU3yko

P(なぜ息子が帰宅してきて、実の母が息子の仕事の話を切り出さないのか)

P(久しぶりに社会人の親戚に会った時の常套句、「仕事はどう?」をなぜ叔母さんたちが聞いてこなかったのか)

P(なぜ、アイドルのプロデューサーという職業でありながら、俺はこんなに簡単に帰省できたのか)

P(あれは約一年前。ばあちゃんの訃報を聞いた俺は当分ショック状態に陥り、仕事でミスを連発し始めた)

P(そして半年前、俺の担当アイドルが他のプロダクションに引き抜かれてしまった。彼女も最近の俺に愛想が尽きていたらしく、快く引き抜きに同意したらしい)

P(うちのプロダクションのエースに近い存在であった彼女を失ったのは大きかった。それまでの業績がなんとか助けてくれて、俺はクビには至らず、当分の休養をいただいた。といってもすぐに復帰しなければ、本当にクビになってしまうのだが)


9: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:08:49.94 ID:1zAYU3yko

P(晴は俺のことをさっき知ったと言っていた。そりゃ叔母さんからこの事を聞いていなくても仕方ない)

P「……まあ、アイドルのプロデューサーみたいなのを」

晴「アイドル? なんか腑抜けた世界で生きてんのな」

P「何を言う! アイドルは希望だぞ! みんなを照らす、光り輝く存在だ」

晴「ふーん。オレにはよくわかんねえや」

P「そうか…」


10: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 19:10:36.03 ID:1zAYU3yko

晴「それじゃオレ、風呂入ってくるよ。ここの風呂って檜なんだろ? 楽しみにしてたんだよなー」

P「おっ、じゃあ一緒に入るか?」

晴「は、はあ!? なにふざけたこと言ってんだよ!」

P「ふざけてなんかいないが…ダメか?」

晴「だ、ダメだ! …おい、何ジロジロ見てんだよ。とにかく、オレは一人で入るからな!」

P「あ、あぁ…」

P(なんだよ、男同士の裸の付き合いぐらい良いじゃないか)

P(……しかしあいつ、まつ毛長いし、なんか歳の割に色気があるというか……アイドルいけるんじゃ…)

P(でも、本人はあんなこと言ってたしな。ダメか)


12: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 22:51:27.70 ID:1zAYU3yko

~翌朝~

P「晴ー、そろそろ行こうぜ」

晴「あぁ! それじゃ、いってきます」

P母「あら、もう2人は仲良くなったの?」

晴「同志だからな!」

P(男同士で気にすることもないしな)

P「昼飯前には帰ってくるよ」

P母「あんた、腰には気を付けなよ」

P「へいへい。それじゃあいくか」

晴「あぁ! そうだ、P、ボールくれよ」

P「おう。はいパス」

晴「サンキュ。…よしっ、行こうぜ。競争だ」

P「晴、まさかお前ドリブルで行く気か?」

晴「こんぐらいハンデないとな」

P「なんだと? よし、大人の本気を見せてやる!」

晴「へへっ、負けねえよ!」


13: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 22:56:32.95 ID:1zAYU3yko

~空き地~

晴「はぁ…はぁ…んっ、はぁ、よっしゃ! 勝った!」

P「ま、マジかよ……」

晴「じゃあ負けた方は罰ゲームなー」

P「おい、聞いてないぞ。…まあいいか。で、何がお望みで?」

晴「そうだな。今度なにか奢ってくれよ」

P「え、まあそれぐらいならいいけど」

晴「罰ゲームとか今思いついたからな、他に出てこねえんだよ」

P「じゃあ別に無しでよかったじゃないか」

晴「それだとなんか惜しい気がする」

P「……まあ、分からんでもない」

晴「それじゃ、最初は簡単にパスから始めようぜ」

P「あぁ。…っと、その前に、あと2分だけ休ませて」

晴「なんだよ、情けねーな」

P「うっせ」


14: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 23:05:49.92 ID:1zAYU3yko

P「……よし、そろそろ始めるか」

晴「3分だったぞ」

P「1分なんて些細な違いを気にしてちゃダメだぞ、晴」

晴「……はぁ、まあいいや。それで、今日はスゲエプレーを見せてくれんだよな?」

P「あぁ。そうだな、1時間、1時間あればいける」

晴「2時間の間違えじゃないのか?」

P「今度こそ合ってるさ。よし、こい、晴!」

晴「おう!」ボムッ

P「よっと……あら」ポテポテ…

晴「トラップもできねえじゃん」

P「いや待て待て。まだ始まったばかりだから」

晴「本当にいけんのかよー」


15: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 23:10:37.73 ID:1zAYU3yko

~30分後~

晴「へいP、パスッ」パシュッ

P「よっと…ほっほっほっ」トントントン

晴「おお、やるじゃん」

P「言ったろ? 昔はこればっかりやってきたんだ。それに、こんな田舎の町だからか、サッカー出来る奴はモテたからな」

晴「へえ、それじゃあPはモテてたのか?」

P「…おっとこの話はここまでだ。そろそろ俺の覚醒が見えてきたぞ。集中しよう」

晴「そうか、残念だったな」

P「う、うっせえ! 同い年にめちゃくちゃ上手いやつがいたんだよ! 言っとくけど、俺は2番目に上手かったんだからな!」

晴「さあて、Pの覚醒でも見てやるかー」

P「……おーい」


16: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 23:21:33.18 ID:1zAYU3yko

~更に30分後~

晴「そろそろあれから1時間だなー」

P「おう。やっぱり俺の予想は当たってたぞ。今なら出来る!」

晴「それじゃ、見せてくれよ。……パスッ」

P「よっと……いくぜ!」

晴「な、なんだよこれは!?」

晴(ボールがPを中心に飛び跳ねている。まるで、踊っているみたいだ)

P「名付けて、Pが咲かせるボールのダンス!」

晴「ださっ!」

P「えっ……」ポロッ…

晴「あっ、落としたな」

P「は、晴。今なんて…?」

晴「え? あぁ、名前がダサすぎる」

P「そ、そんな! 開発した当時一夜眠らずに考えた技名なのに……」

晴「で、でも、プレーはかっこよかったぞ! 見直した!」

P「ほ、ほんとか?」

晴「あぁ! すげえな、P!」

P「ま、まあな! なんせ俺は、この町で1番上手いからな!」

晴「2番じゃなかったっけ?」

P「……晴ー。ここは空気を読んでくれよー、このやろー!」ワシャワシャ

晴「うわっ、お、おいやめろよ! 髪がボサボサになるだろ!」

P「ええじゃないかええじゃないか! ……ん?」

P(なんだこいつ…すごいい匂いがする…汗も混じってるのに…すごく、好きだ、この匂い)

晴「お、おい! なにオレの髪を持って固まってんだよ!」

P「え? ……あ、あぁ! 晴の髪、サラサラだなって思ってさ!」

晴「そうか? あんま気にしたことねえや」

P「綺麗だから、大事にした方がいいぞ」

晴「綺麗、ほんとか? …わかった」ニカッ


44: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:30:28.93 ID:wfP1uJoTO

P「さて、そろそろ帰るか」

晴「ふいー、あっちい。冬なのに汗かいちったよ」

P「俺もだよ。ははっ、おっさんが年末の休みに何やってんだろうな」

晴「Pっておっさんって言うほどの歳なのか?」

P「まだ20代前半だが、体力はおっさんかもなあ」

晴「じゃあさ、オレがいる間は一緒に運動しようぜ! そしたら若返るかもしれないだろ!」

P「……ふむ、いいなそれ。よし、付き合ってくれ」

晴「任せろ!」


20: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/09(水) 23:58:54.23 ID:1zAYU3yko

~家~

P・晴「ただいまー」

P母「おかえりなさい。お風呂湧いてるわよ。入ってきなさいな」

P「おお、ありがとう母さん! それじゃ晴、一緒に……」

P(そういえば昨晩、嫌だって言われたよな。もうあんな拒絶受けるのも嫌だしな)

P「晴、先入ってきていいぞ」

晴「なんだよP、一緒に入らないのかよ」

P「え、え? だって昨晩は…」

晴「ははっ、冗談だって。まだ早いっつの。それじゃお先にー」

P「なんなんだあいつは…?」

P母「ふふ」


21: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/10(木) 00:04:39.58 ID:duuNSRTAo

~居間~

P「晴が上がるまでテレビでも見てるか」

P(やっぱりこの時期、特番しかしてないな……)

P「まあボーッと見てるだけだし、何でもいいか」チャンネルカエー

「はい、そうなんですよ!」

P「えっ……あ、あぁっ……」

司会「最近、人気急上昇中のアイドルとして、今年の振り返りはどうなの?」

アイドル「そうですね、やっぱり今年は私にとって契機になった良い年だと思いますねー」

司会「プロダクションが変わったんだっけ? そのおかげもあるのかな?」

アイドル「あはは、そうかもしれないですねー」

P「あ、あぁっ……ぐっ……」


22: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/10(木) 00:13:58.15 ID:duuNSRTAo

晴「おーい、P。上がったぞー……っ! おい! どうしたんだよP!」

P「うぅぅ……は、晴か。どうした、上がるの早かったな」

晴「どうしたはこっちのセリフだっつの! ちょっと温まってきただけだからな、Pも早く温もりたいだろうし。それで、どうしたんだよ。……このテレビか?」

P「……」

晴「もしかして…今出てる、このアイドルか?」

P「……っ……」

晴「何があったんだよ。話してくれよ、P」

P「……だいぶ離れた年下の従兄弟に弱音なんか吐けるわけ…」

晴「P!」ギュッ

P「は、晴!? 何を急に…」

P(あぁ、またこの匂いだ。それも、さっきのより良い。大好きだ)

P(髪もまだ乾ききってない。当たり前か。短く感じてたが、意外と伸ばしてんだな。……やっぱり色気あるよな、こいつ)

晴「なあ……話してくれよ。そりゃオレなんか頼りにならないかもしれないけどさ、吐く言葉の受け皿にはなれるぜ…?」

P「……晴、ありがとう。落ち着いてきたよ。とにかく、晴は風邪をひく前に髪を乾かしてきな」

晴「…………」ギュッ

P「あとで話すから」

晴「絶対だぞ」

P「あぁ」

晴「…………」スタスタ

P「…………はぁ」


28: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/10(木) 21:57:25.67 ID:duuNSRTAo

P「ーーとまあ、こんな感じだ」

晴「な、なんだよそれ。あのアイドル最低じゃねえか!」

P「いやいや、俺が不甲斐なかったんだから仕方ないだろ。彼女は賢明な判断をしたと思う」

晴「そ、それでもさ! Pはずっとあいつのことを世話してきたんだろ!? 恩ってもんがねえのかよ」

晴「……やっぱり違うじゃねえか。なにがアイドルは希望だよ。Pにこんな顔させてるやつが、希望なはずがーー」

P「いや、俺にとって彼女は今も希望だよ」

晴「は、はぁ? どうしてそんなこと…」

P「どこにいようと、今まで彼女が努力して培ってきたものが評価されているのなら、それだけで俺は満足だ。……まぁ、うちのプロダクションは許さねえかもだけどな、はは」

晴「……本当に、Pはそれでいいのかよ」

P「ああ」

晴「……じゃあ、さ。もうそんな顔するなよ。見てるこっちも、苦しくなんだよ。もう、見たくねえよ」

P「…わかった」

晴「……うん」


29: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/10(木) 22:03:15.64 ID:duuNSRTAo

P「……んー、なんかスッキリしたわ」

晴「だろ? 悩んだ時は人に話すのが一番だって、よく親父が言ってるからな」

P「なるほど、叔父さんの受け売りか。いやでも、ほんとスッキリしたよ。このまま晴に甘えちゃおっかなー」

晴「な、何言ってんだよ! さっきまで歳の離れたオレなんかにとか言ってたくせに!」

P「まあまあ、いいじゃないか」ギュッ

晴「お、おい………くぅっ………」

P「あー、やっぱりだ。すげえ落ち着くよ。それに、ずっと思ってたんだが、お前っていい匂いするな」

晴「ば、バカ! 嗅ぐなよ!」

P「まあまあ。スキンシップだ」

晴「こんなスキンシップはまだ早いっての!」

P「ちえっ」スッ

晴「あっ……ふ、ふん。大人の威厳がまったくねーな、P」

P「晴の前ではそれでもいいと思えてきたんだよな」

晴「なっ……そ、そうなのか」

P「あぁ」

晴「……そっか。へへっ」


32: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/13(日) 21:16:13.27 ID:973AgRLJO

叔母「なによなによ、2人ともすっごい仲良くなってるじゃない」

P「あ、叔母さん」

晴「い、いつからいたんだよ!」

叔母「ついさっきかしら。しかし、本当に仲良いわね。Pくん、晴を貰ってくれないかしら」

晴「は、はぁ!?」

P「それは難しいんじゃないですか」

P(性別的に)

叔母「世間的なことは、私たちは気にしないわよ。別に従兄弟同士なら結婚できるんだし、堂々としていればいいのよ」

P(そういう問題じゃ…)

晴「……それ、ホントなのか?」

叔母「あら、知らなかったの?」

晴「うん。……へへっ、まじかぁ」

叔母「あらあら、晴は乗り気かしら? さあ、あとはPくんだけよ。私の娘を貰っちゃって! Pくんになら安心できるのよねー」

晴「お、おい! オレはまだそんな…」

P「……へ?」

P(娘? 誰が? 叔母さんの子供は一人……晴? 晴が女の子?)

P(おいおい、俺は今まで晴に何をしてきた? ……やべぇ、完全にセクハラじゃねえか)

晴「おい、P! Pもなんか言ってくれよ!」

P「……あ、ああ。そうだな」サッ

晴「えっ……」


41: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:15:18.57 ID:wfP1uJoTO

P「お気持ちは嬉しいですが、今は自分のこと…仕事の方が上手くいかないと、他のこと考えられないです…」

叔母「あっ…そ、そうよね。ごめんね」

P「いえ」

晴「……な、なあP。どうしたら、Pは仕事が上手くいくようになるんだよ。オレに出来ることなら何でも言ってくれよな! た、頼ってくれんだろ?」

P「あぁ。まあ、例の彼女の代わりを俺が連れてきたら、上の人も何も言ってこないだろうな。…でも、これは俺の問題だから」

晴「ど、どうしてだよ。頼ってくれよ!」ズイッ

P「っ」サッ

P「……そうだな、今度また失敗したら、慰めてくれ。それじゃ、俺も風呂入ってくるよ」

晴「お、おい……P……」

叔母「い、いってらっしゃい。……私、やっちゃったかしら」

晴「………うそつき」


37: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/13(日) 23:59:51.83 ID:973AgRLJO

~翌朝~

P「………ん、今何時だ? …9時か。結構寝たな」

P(昨晩、考えることが多くて寝付けなかったからな…)

P(とりあえず、朝ごはん食べに行くか)

P「おはよー」ガラッ

晴「おっ。おはよう、P」

P「お、おう。おはよう、晴」

P(エプロン姿…似合うな…)

晴「朝飯ならすぐに準備するから、座って待っていてくれ」

P「あ、あぁ」

P(なるほど、手伝ってるのか)

P(しかし、どうして母さんは台所からニヤけた顔を覗かせているんだ)


40: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:14:36.24 ID:wfP1uJoTO

晴「ほい、お待たせ」

P「おう、ありがとう」

P(ご飯が茶碗に一杯に、味噌汁、卵焼きと大根の摩り下ろし)

P(うちの定番の朝メニューだな)

P「それじゃ、いただきます。……うん、やっぱり美味いな」

晴「そうか、よかった」

P「え、これって晴が作ったのか?」

晴「あぁ! Pの母さんに教わってな」

P「あぁ、だからか」

P「しかし、どうして急に」

晴「まあまあ、今はとにかく食ってくれよ! 今日もサッカーするんだからな!」

P「……あぁ、わかったよ。…うん、美味い」

晴「……へへっ」


42: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:19:34.02 ID:wfP1uJoTO

~空き地~

P「そういえば、叔母さんと叔父さんはどこ行ったんだ?」

晴「なんか年末セールをしてるっていうショッピングモールに行った。Pん家の車借りてな」

P「あぁ、だから無かったのか」

晴「ところで、Pの父さんは?」

P「今年は帰ってこれないらしい。前に休みとった分、休めるはずの年末に働かないといけないんだとよ」

晴「うわぁ、社会人って大変だな」

P「まったくだ」


43: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:24:50.88 ID:wfP1uJoTO

晴「よし、そろそろウォーミングアップは終わろうぜ」

P「何をするんだ?」

晴「そうだな、ボールの取り合いしようぜ。片方はドリブルで抜いて、もう片方はボールを取るんだ」

P「…いや、俺はこのままパスを続けてもいいんだがな。なんなら、また俺の技を見せてやってもいいぞ」

晴「えー、俺はこっちがしたいんだよ。……なんだよP、嫌なのか?」

P「い、いや別に嫌とかじゃなくてさ」

P(接触しちゃうだろうが)

晴「嫌じゃないならやろうぜ! ほら、オレの攻撃からだ!」

P「あ、く、くそぉ! 負けねえぞ!」


45: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:31:29.02 ID:wfP1uJoTO

~夜~

P「……あぁ、今日も疲れたぁ」

晴「やっぱり体力ねえな。まじでオレが付き合ってやるからさ、今後も続けようぜ」

P「そうは言っても、あと数日で別れるんだぞ」

晴「ま、まあな」

P母「はい、年越しそば!」

P「お、待ってました! やっぱり大晦日にはこれだよな! いただきます!」

晴「いただきます!」


46: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:37:57.40 ID:wfP1uJoTO

P「ふぅ、食った食った」

晴「姉妹なのに、なんかうちのとは味がちょっと違うんだよな。こっちの方が美味かったかも」

P「まぁ個人の好みも入ってくるだろうしな。つまり、晴が叔母さんから教わったものも、叔母さんの味じゃなくなるかもしれないってことだな」

晴「なるほどな。なあ、Pはオレが作ったやつ食べたいか?」

P「そうだな、今年はもう食ったし、来年頼むよ」

晴「あ、あぁ! 頼まれたぜ! 任せてくれ!」

晴「……そ、それで、他に俺に頼みたいことないか?」

P(……マジか。昨日のことはもう無かった事にしたんじゃないのかよ)

P「と、特にはないな」

晴「遠慮せずに言ってくれよ、な?」

P「うっ、と言われても……ん? すまん、電話だ」

晴「あ、あぁ」

P(たすかったー)ピッ

P「はい、もしもし」

『Pくん! 君はもう聞いたかい!?』

P「ど、どうしたんですか、上司さん」


47: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:48:52.03 ID:wfP1uJoTO

上司『その様子だとまだのようだね……いいか、落ち着いて聞いてくれ。彼女……君の元担当アイドルのあの子に、熱愛が発覚した』

P「ね、熱愛!?」

晴「へ? ね、熱愛?」

上司「あぁそうだ。街で男と歩いているのをファンに見られて、写真を撮られ、ネットに拡散されたらしい」

P「そ、そんな……彼女はこれからだと言うのに……」

上司「……あぁ、そうだな。それで、こういった件が大好きなあの記者が、すでに彼女に取材をしたらしい」

P「そ、それは本当ですか!? くそっ…」

上司「彼女はこう答えたらしい……噂されている男の人は、現在交際をしている彼氏だと」

P「………」

上司「それと、交際を始めたのはプロダクションを移籍してからだと。だから、前のプロダクションは全く関係がないと」

P「えっ…」

上司「……彼女なりの、恩義なのかもしれない。おかげで、こっちは問い合わせの対応に助かってるよ。やっぱり移籍前のプロダクションにも来るんだな」

P「わ、私も早くプロダクションに帰って手伝いを…」

上司「ダメだ。いま君は休むべきだ。……まあ、こんな事になってしまったが、君には才能があるんだ。頑張ってくれ」

P「……はい。連絡をくださり、ありがとうございました」


48: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 00:55:35.88 ID:wfP1uJoTO

P「……はぁ」

晴「ど、どうしたんだよ、P。熱愛がどうとか」

P「……あぁ、実はな、例の彼女が熱愛発覚したらしい。くそっ、彼女はこれからさらに輝いていくって時なのに……」

晴「熱愛って…彼氏がいたってことだよな? …ダメなのか、それ?」

P「あぁ。そりゃ祝ってくれるファンもいるが、大抵は『裏切られた』とか『最低女』ってキレられる。そしたら今までのようにアイドル活動なんて出来なくなる」

晴「……そう、なのか」

P(なんか晴もショックを受けているようだな。どうしてだろう)

P(もしかして、このまま俺に、頼ってくれラッシュが来るんじゃないだろうか。どうする…)

晴「……ちょっと、借りてる部屋に戻るわ」

P「え、あ、あぁ」

P(あれ……どうしたんだろ……)


49: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:02:30.51 ID:wfP1uJoTO

~年明け一時間前~

P(あれから晴は戻ってこない。そろそろ年が明けるというのに)

P(俺はなんとか持ち直すことが出来た。なんと、俺の携帯に一通のメールが来たのだ。例の彼女からだった)

『これは私の意思だから。今までお世話になりました』

P(もしかすると、彼女は元からアイドル活動をやめる気だったのではないだろうか。それなら、彼女が決めたことなら、それを尊重するべきだ)

P『礼を言うのが遅い。頑張れよ』

P(返事はなかったが、これでいいのだと俺は思った)

P「よし」


50: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:04:44.17 ID:wfP1uJoTO

P「おーい、晴。いるかー?」

晴「……なんだよ、P」

P「近所の神社に行こうぜ。初詣だ」

晴「……いや、いいよ、オレは」

P「まあまあ、一緒についてきてくれよ! ほら、行こうぜ!」グイッ

晴「あっ、手……お、おい、引っ張るなって!」


51: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:09:31.14 ID:wfP1uJoTO

~神社~

P「おお、既に結構集まってるな。いつも思うが、どこにこんなに人がいたんだか」

晴「たしかに、いっぱいだな」

P「はぐれないように手でも繋ぐか?」

晴「え? ば、バカッ……いいのか?」

P「ん?」

晴「やっぱりさ、P、オレのこと避けてたよな……いや、正しくはオレに触れないようにしてたよな。昨日から」

P「あ、あぁ……気づいてたか。すまん。気を悪くさせちまったな」

晴「…いや、いいんだ。今こうして、触れられているからな!」ギュッ

P「……ありがと、晴」


52: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:13:28.71 ID:wfP1uJoTO

晴「しかし、どうして急に避けるようになったんだよ」

P「えっ、そ、それは…」

P(男だと思ってたなんて言ったらダメだよな……でもイイ言い訳なんて思いつかないし……)

P「……晴を女として意識し始めちまったから、かな」

晴「……は? は、はぁ!? バカ! バカかよ、P! そ、そんなことお前、まっすぐ……あぁぁ…」

P(失敗だったか……?)

晴「……おい待てよ。ってことは、今はオレのこと女だと意識してないってことか!?」

P「いや、それはないぞ」

晴「……そ、そうか。へへっ」

P(どうやら大丈夫のようだ)


53: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:19:35.13 ID:wfP1uJoTO

P「お、甘酒売ってるじゃねえか。そうだ、例の罰ゲームのやつ、これにしとくか。買ってくるよ」

晴「あ、あぁ……」

晴(…手が、冷たい)



P「ほい、おまたせ! ん、なんだ? 自分の手をまじまじ見て。寒いんなら、これは最適だぞ。ほれ」

晴「あ、あぁ。サンキュ。……くそっ、違うっの!」ゴクッゴクッ

P「お、おい! そんなに急いで飲んだら火傷するぞ」

晴「………」ポケーッ

P「ほら見たこと……か? おーい、どうしたんだ晴ー」

晴「なあ、P」

P「ん、どうした? やっぱり火傷したか?」

晴「好きだ」

P「……………へ?」


54: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:22:47.62 ID:wfP1uJoTO

P「お、おい急にどうしたんだよ晴。……あれ、なんか顔が赤いし、心なしか顔が惚けてるな。なんだ、甘酒で酔ってんのかよ。ったく、仕方ないな晴は。酔ってそんな思いもしないことを口にして…」

晴「オレは本気だ!」

え? なにどうしたの? あの子じゃない?

P「お、おい晴……と、とりあえずここから離れるか。行くぞ」グイッ

晴「……………」


55: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:32:34.35 ID:wfP1uJoTO

~神社から少し離れた所~

P「ここなら人も少ないだろ」

晴「………手」

P「あ、あぁ悪い。急に掴んじまって」

晴「いや、嬉しい。離さないでくれ」

P「……わかった」

晴「…………オレ、急にPがオレを避け始めてからすげぇ悲しかった。その前から少し、この胸に違和感はあったんだが、その時確信した。オレは、Pのことが好きだ」

P「それは、兄弟愛とかじゃないのか?」

晴「……分かんねえ。こんな気持ち初めてだし……。すげえ苦しいんだ。でも、Pと話してると、いや一緒にいるだけでその苦しみが幸せに変わるんだ。ずっと一緒にいたいって、思えるんだ」

P「……そうか」

晴「でも、Pは今それどころじゃねえもんな。……なあ、オレ、アイドルになれねえかな?」

P「え?」

晴「オレなんかじゃ、やっぱり無理だよな」

P「そんなことはない!!」

晴「!?」


56: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:44:37.79 ID:wfP1uJoTO

P「晴はまず綺麗だ。長いまつ毛に少し伸びた髪の毛が色気を出している。たまに見せる無邪気な笑顔も、年相応で可愛い。それに、なんといっても、この性格だ。他人のために何とかしてやろうっていう姉御肌みたいな、心の強さも感じる。そんな晴がアイドルになれないだろうか、いや、なれる! それも、超人気アイドルだ!」

晴「……わ、わかった」

P「それにだなぁ!」

晴「わかったから! もうやめてくれ! ……恥ずかしい」

P「……すまん、取り乱したな」

晴「いや……ありがとうっ」

晴「……でも、アイドルは恋愛禁止なんだろ?」

P「……そうだな。絶対とは言わないが、ファンが許すかは分からないからな」

晴「……なあP。オレ、どうしたらいいんだよ。Pと恋仲になりたい、でもアイドルになってPを助けてやりたい。……両方はダメなんだよな」

P「……俺は、俺は晴と一緒に、今後も毎朝トレーニングがしたい。ここ数日やって分かったが、本当に体力が落ちてしまってるからな。……でも、この先少し続けて、体力が戻っても、また落ちるかもしれない。だから、この先ずっと、10年先も20年先も、50年先も付き合って欲しい」

晴「P!」

P「俺は今すぐ体力を取り戻したい。だから晴、俺と一緒に東京に来てくれないか。……もし、晴が大人になって、まだ俺を好いてくれているなら、俺が何とかする。だから、晴!」

晴「変わるもんか! オレは一生、Pの専属トレーナーでいるからな!」

P「晴ー! 好きだぁー!」ギュッ

晴「うわっ、お、おい、や、やめ……やめるな……続けてくれ……」ギュッ


57: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:53:28.72 ID:wfP1uJoTO

~再び 神社~

P「気づいたら年明けてたなんて、間抜けだよな」

晴「ま、まあPと一緒に年が明けれたのは確かなんだから、オレはイイんだけどなっ」

P「なんだよ、嬉しい事言ってくれるなー」ワシャワシャ

晴「へへっ」

P「さーて、今後の事を神様に頼んでおくか。ほれ、お金」

晴「おう、サンキュ。よっと……」パンパン

P・晴「…………」

P「よし、終わりっと」

晴「………………うしっ、オレも終わったぜ」

P「やけに長かかったな」

晴「まあ今年のことだけじゃなくて、今後ずっとのことを願ってたからな」

P「そんなことして、神様は叶えてくれんのか? ……これから2人で毎年行くんだから、今年だけのことでいいんだぞ」

晴「あっ。へへっ、そうだったな! それじゃ……」

晴(立派なアイドルに、Pを魅力できるアイドルになれますように……)


おわり


58: ◆mTQtXPIEW. 2015/12/14(月) 01:57:42.19 ID:wfP1uJoTO

訂正多々・最後駆け足すみませんした
読んでくださりありがとうございました


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 07:24:53.84 ID:f3Hv1KcHo

おつ
デレデレ晴ちんかわいい



元スレ:モバP「君が俺の」 晴「従兄弟?」

他サイト様の最新記事