1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:44:49.16 ID:3TVSucWk0

凛「Linkラジオは第14回、ラストスパートだよ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:49:05.44 ID:oGIZ6kvD0

凛「この前はごめんね。電波が悪かったみたい」

凛「どさくさに紛れて和久井さんが書類テロ起こしてたよ」

凛「まあ、うちの小学生組の努力で失敗に終わってたけどね」

凛「気を取り直して、いこうか」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:52:46.45 ID:oGIZ6kvD0

凛「ちひろさんと言えば、この前ね。大人アイドル組とお喋りしたんだ」

凛「珍しく、瑞樹さん、礼子さん、洋子さん、若葉さん、聖來さんとか」

凛「他にもいっぱい、大人アイドルが集まってたんだけど」

凛「皆で何をって、秘密のパーティなんかしてたんだよ」

凛「子供達に秘密で、こっそりだよ? ずるいよねぇ……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 20:56:45.76 ID:oGIZ6kvD0

凛「事務所に忘れ物をして取りに帰ったら、明かりが点いてて」

凛「何かと思えば、お酒と美味しそうな料理の香りがするんだ」

凛「もう。うちの大人組は、こっそり何やってるか分かんないんだから」

凛「まあ私が参加するのは当然の流れだよね」

凛「まさか、プロデューサーが飲みすぎで倒れたりしたら一大事だし」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:00:49.45 ID:oGIZ6kvD0

凛「ほら。志乃さんとか、すごい酒豪でしょ?」

凛「あの人、ライブ中にもお酒を飲んでたしさ……」

凛「あんな水みたいにガブガブ飲んでたら、プロデューサーは今ごろ病院だよ」

凛「皆も気を付けてね……大人になれば、酔えるんだよ」

凛「私はジュースだったから、知らないけど」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:06:32.94 ID:oGIZ6kvD0

凛「で、みんなにお酒がまわってきた頃……」

凛「やっぱり悪酔いするんだね、予想は出来てたけど」

凛「油断も隙もないのはプロデューサーだけじゃないよ」

凛「まったく、私がどれだけ働かなきゃいけないの」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:10:09.32 ID:oGIZ6kvD0

凛「まずさ、瑞樹さん。プロデューサーへの絡み方」

凛『わたしもまだまだ、若い娘には負けないんらからぁー! きゅはー!』

凛「……じゃないよ」

凛「缶ビール何本空けたの? 次の日のゴミ収集車の人びっくりしてたよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:14:58.07 ID:oGIZ6kvD0

凛「で、和久井さん。いつでもどこでも、あの紙出すの止めてくれる?」

凛『今日のあなたの残業はこれだけよ。後はこの空白欄を埋めてくれるかしら』

凛「……じゃないよ」

凛「いったい何枚出すの? シュレッダーが途中から詰まって大変だったよ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:21:55.40 ID:oGIZ6kvD0

凛「いや、千秋さんも。こっそりプロデューサーを雇おうとしないで」

凛『とりあえず、何処までも付いて行きますお嬢様、って言ってみてくれる?』

凛「……じゃないよ」

凛「危うく他の人まで真似する所だったよ……私はまだしてないけど」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:26:41.42 ID:oGIZ6kvD0

凛「沙理奈さんもだよ。事務所であんなの広げないでくれるかな」

凛『新しい下着買ってみたんだけどさっ、選んでくれなーい? なははー!』

凛「……じゃないよ」

凛「私だって頑張れば黒のレースくらい……」

凛「……なんでもないよ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:31:14.61 ID:oGIZ6kvD0

凛「それよりも雪乃さん。無理してお酒飲むから悪酔いするんだよ?」

凛『いふぁ、ひんひょうにひょうぶれすPひゃん!』

凛「……じゃないよ」

凛「やっぱ雪乃さんは紅茶飲むのが一番だよ。アルコールはやめとこうね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:35:52.48 ID:oGIZ6kvD0

凛「っていうか、由里子さん。けしかけないでくれる?」

凛『うっひゃー、これはハーレム展開の匂いだじぇ! もっと飲め飲めぇー!』

凛「……じゃないよ」

凛「プロデューサーにハーレムは必要ないでしょ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:42:27.19 ID:oGIZ6kvD0

凛「それと、フレデリカちゃんこっそり混ざるのやめようか?」

凛『フンフフーン♪ ぶらんでーちょこ、ちょこっとー♪』

凛「……じゃないよ」

凛「あやうく私まで食べちゃうとこだったよ……」

凛「次の日、その残りを仁奈ちゃんとか千枝ちゃんが食べちゃったんだからね……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:47:49.55 ID:oGIZ6kvD0

凛「もう元凶は早苗さん。犯人は、あなたしかいないけど」

凛『うっふふ、これは逮捕かしら? うりゃ、手錠だー……あれ、鍵どこ……?』

凛「……じゃないよ」

凛「プロデューサーに手錠かけるとか……しかも自分ごと?」

凛「ドタバタの末に私まで繋ぐなんて、まあ許すけどさ……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 21:54:38.31 ID:oGIZ6kvD0

凛「お酒はこわいね、勉強になったよ」

凛「私がもっとしっかりしないと駄目だという事は良く分かったから」

凛「何かあったら私に言ってね、プロデューサー?」

凛「すぐ片付けにいくからね」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:02:54.94 ID:oGIZ6kvD0

凛「それじゃあ、今日の一曲はこれ」

凛「765プロから、Honey Heartbeat」

凛「大人の気分で深夜のドライブ、行ってみない?」

凛「満点の星が恋人達の夜を彩る世界で、貴方と二人……」

凛「……聞いてみて」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:07:24.26 ID:oGIZ6kvD0

凛「私もこれぐらい、魅惑的な歌が歌えるといいね」

凛「思わずうっとりするような、恋人時間」

凛「誰にも邪魔されない、二人だけの時間」

凛「……いつか、過ごしてみたいよね」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:12:01.21 ID:oGIZ6kvD0

凛「さて。今日の御花シンデレラは、落ち着きと母性を兼ね備えたあの人」

凛「私もよく手本にしてるんだよ」

凛「さあ、どうぞ?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:16:50.28 ID:oGIZ6kvD0

美優「少し……照れますね……」

凛「今日のゲストは、三船美優さん。頼れる大人アイドルの一人だよ」

美優「あははは……よろしくお願いしますね、凛ちゃん」

凛「うん。今日は安心してラジオを進められるよ」

美優「いつもは違うんですか?」

凛「そりゃもう、心休まらないよ。どの子も大変だったから」

美優「お、お疲れ様ですね、凛ちゃん……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:24:16.37 ID:oGIZ6kvD0

凛「その点、美優さんなら安心だよ。落ち着きあるし」

凛「……攻めるタイプじゃないからね」

美優「あ、あら。なにか引っ掛かるような……」

凛「気のせいだよ」

美優「そ、そうですか……?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:26:54.74 ID:oGIZ6kvD0

凛「今日は美優さんの、魅力の秘訣を教えて欲しいな」

美優「ひ、秘訣……ですか? そんな大それた事はしてませんよ」

凛「またまた、そんなこと言うんだ? 隠さなくていいんだから」

美優「うう、そうは言っても……少ししかないですよ?」

凛「やったね、是非聞かせてよ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:31:32.96 ID:oGIZ6kvD0

美優「えっと、まずはお肌の手入れを、かかさずにすること……」

凛「うんうん。もちろんだよ」

美優「次に、ストレッチを念入りにすること……」

凛「うんうん。そのとおりだよ」

美優「さらに、婚姻届を書く練習をすること……」

凛「うん。分からなくもない」

美優「そして、デートの練習をしておくこと、です」

凛「誰と?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:38:06.12 ID:oGIZ6kvD0

美優「そ……それは、ほら。凛ちゃんだったら、美嘉ちゃんとか……」

凛「美優さんは誰としたの?」

美優「え、わ、私はまだしてませんよ……!?」

凛「美優さんは嘘つく時、左手をなでる癖があるよね」

美優「えっ!?」

凛「……冗談だけど」

美優「え、えぇ……!?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:45:03.64 ID:oGIZ6kvD0

凛「怪しいなあ……」

美優「そんなことは……」

凛「…………ちらっ」

美優「あ、あの人はか、関係ないですから!」

凛「時計見ただけだよ?」

美優「え、あ……」

凛「……ふーん、なるほど」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 22:49:59.21 ID:oGIZ6kvD0

美優「あの、違うんです……あれはなりゆきで……」

凛「へえ……?」

美優「ほ、本当は他のアイドルと一緒に、お買い物だったんですー……」

凛「何があったのかな、知りたいな」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:01:36.48 ID:oGIZ6kvD0

美優「それは……皆が全員、急なお仕事で……代わりにあの人が来るって……ほ、本当ですよ!」

凛「そうだね。みんな忙しいし、よくあるよね」

美優「で、ですよね。仕方ないですからね!」

凛「仕方ない仕方ない」

美優「仕方ないですね!」

凛「…………」

美優「…………」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:06:42.64 ID:oGIZ6kvD0

美優「……あの、これ」

凛「この紙は?」

美優「ひ、秘密メモです……」

凛「秘密メモ……?」

美優「い、1日かけて好みとか調べたんですよ、苦労しました」

凛「……黒じゃなくて、白のレースが好きなの!?」

美優「こ、声が大きいです!?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:12:38.52 ID:oGIZ6kvD0

美優「その、これでおあいこですからね?」

凛「……そうだね。あれは仕方なかった」

美優「そうですそうですっ。仕方ないんですっ!」

凛「世界選手権でも納得の判定だよね」

美優「ええ! 手を繋いだのもあーんしたのも下着選んでもらったのも、仕方ないですね!」

凛「…………」

美優「えっ? あっ……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:21:05.62 ID:oGIZ6kvD0

凛「美優さんはね、大人だけど、子供みたいに可愛らしいところがあるんだ」

凛「やっぱり大人の魅力だけじゃなくて、子供の魅力も必要だと思うんだよね」

凛「そういう観点から、アイドルの魅力を再発見していくべきだと思う」

凛「つまり、私もまだまだ頑張ろうということ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:26:49.67 ID:oGIZ6kvD0

凛「じゃあ、お便りのコーナーだよ」

凛「最初はペンネーム、天空より舞い降りし堕天使さんから」

凛「追憶の時は彼方、騎士の伝説はこれから始まる! (この間はお世話になりました! これからも頑張ってくださいね!)」

凛「お便りありがとう。ふふ、これからもよろしくね?」

凛「あ、いま普通に理解できてた……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:32:48.11 ID:oGIZ6kvD0

凛「次はペンネーム、アカダマキヌガサタケさんから」

凛「ヒャッハー! 餞別にありったけのキノコを贈るぜぇー! あ、ありったけだけに……」

凛「……あはっ……くくく……」

凛「こ、この前、楓さんとなんか話し込んでたね、その時の影響かな……?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:39:44.10 ID:oGIZ6kvD0

凛「最後はペンネーム、元気があれば何でもできる!!!さんから」

凛「元気ですか!! 凛さんが頑張れるよう、私達も頑張ります!! とりあえずランニング行って来ます!!」

凛「げ、元気だなぁ……すごい元気だよ」

凛「でも、こういう人に励まされる時も、あるよね」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:47:06.85 ID:oGIZ6kvD0

凛「これで、今日はおしまい」

凛「第14回、どうだったかな」

凛「もうすぐ一年を締めくくる大事な日がやってくるね」

凛「私達も、しっかりとアイドルらしくありたいな」

凛「それじゃあ、また」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/25(火) 23:55:59.34 ID:oGIZ6kvD0

おしまい

支援ありがとうございました

昨日はごめんなさい



元スレ:凛「Linkラジオ、ばっちり続くよ」

他サイト様の最新記事