2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 17:12:40.17 ID:Xh7DBEfJ0

ちひろ「まあ、その病気と言うかなんというか..…」

P「それで、大丈夫なんですか?」

ちひろ「いや、よくわからないんですけど…」

P「わからないって…病院とかに行ってないんですか?」

ちひろ「うーん、行きたくても行けないというか…」

P「なにを言ってるんですかあなたは?文香はいるんです?」

ちひろ「一応休憩室にいますけど…」

P「なんで何もしてあげないんです!おーい、文香―!」

ちひろ「あっ、ちょっと待って下さい!大声出しちゃダメ!」

P「?」

ちひろ「文香ちゃんがおびえちゃいます、案内しますから静かにしてください」

P「はぁ…」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 17:21:04.20 ID:Xh7DBEfJ0

文香「....」


ガチャッ


ちひろ「失礼しまーす...」

文香「....っ!?」ビクッ

ちひろ「文香ちゃーん、ちょっといいですか~?」

文香「っ....!!」ガタッ! タタタッ...

ちひろ「ち、ちょっと...」

P「物陰に隠れちゃった....」

ちひろ「ずっとこうなんですよ、話をしようとしてもすぐに隠れちゃってなにもできないんです」

文香「....っ」ソーッ...

ちひろ「文香ちゃん、お願いですから出てきて....」ススッ

文香「やぁ....」ウルウル


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 17:38:04.81 ID:Xh7DBEfJ0

ちひろ「ああもう、どうしたら....」

P「文香、なにがあったんだ?話してくれないか?」

文香「....」ジーッ...

P「文香?」


ダキッ


P「お、おい文香!?」

文香「....あうっ....」ギュウウウウウ

ちひろ「おおっ!出てきた!」

P「文香、どうした?」

文香「....んっ」スリスリ

ちひろ「なんだか小さい子供みたいですね」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 17:56:48.43 ID:Xh7DBEfJ0

P「んっ、なに持ってるんだ文香?」

文香「...っ?」スッ

P「空のビン?」

ちひろ「あっ!それは....」

P「なにか知ってるんですか?」

ちひろ「い、いえなにも....」

P「本当に?」ズイッ


-------


P「試作のドリンク?」

ちひろ「はい...」

P「じゃあ文香はそれを飲んじゃったってことですか?」

ちひろ「おそらくそうかと....」

P「文香、これ飲んだのか?」

文香「....」コクン

ちひろ「多分、うっかり冷蔵庫の中で冷やしていたのを誤って飲んだのでは....」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 18:29:44.22 ID:Xh7DBEfJ0

P「なんでそんな物を冷蔵庫なんかに入れておくんです!」

ちひろ「あとでプロデューサーさんに実験してもらおうと」

P「なんて恐ろしいことを考えるんだこの人は....」

ちひろ「だ、だってマウスを使った実験では異常なしだったんですよ....」

P「だからって俺で実験しなくたっていいでしょうが...」

ちひろ「でも....」

ちひろ「文香ちゃん、プロデューサーさんから離れませんね」

文香「....?」チョコン

P「どうも俺の膝の上が落ち着くみたいです」ナデナデ

文香「あっ....」ウットリ...

ちひろ「どうやら見た感じでは、幼児退行を起こしちゃってるみたいですね」

P「ってことは文香は子供に戻ってるって事ですか?」

ちひろ「おそらく....」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 18:44:39.05 ID:Xh7DBEfJ0

P「どうすれば元に戻るんですか?」

ちひろ「うーん...どうすればと言われても...」

P「いやいや、あなたでしょこれ作ったの!」

ちひろ「人間が飲むのは初めてなのでなんとも....」

P「そんなの無責任....」

文香「ふぇ....」ギュッ

P「文香?」

文香「.....」ウルウル

P「ああ、ゴメンゴメン!驚かせたみたいだな」ナデナデ

ちひろ「そんなに大量に飲んだわけじゃないので、時間がたてば元に戻ると思います」

P「時間か...じゃあそれまで様子を見るしかありませんね」

ちひろ「健康には影響ないはずです」

P「そうだといいんですけど....」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 19:12:09.08 ID:Xh7DBEfJ0

ちひろ「幸い文香ちゃんは今日レッスンだけですし、お休みの連絡を入れておきますね」

文香「んっ....」クイクイ

P「どうした文香?」

文香「んんっ....」クゥゥゥ

P「あはは、お腹減ったのか?」

文香「.....」コクリッ

P「じゃあなにか食べるか」

ちひろ「ちょ、ちょっとどこ行くんですか!?事務仕事がいっぱい...」

P「この状態の文香をほったらかしにはできませんよ、俺は今日一日文香を見てますから、あとはよろしくお願いします」

ちひろ「そんなの....」

P「誰のせいでこうなったんでしょうねぇ、文香は?」

ちひろ「ぐぅぅぅ....事務仕事はおまかせください....」

P「はーい」テクテク

ちひろ「もう....なんでこんなことに....」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 20:18:09.04 ID:Xh7DBEfJ0

-------



P「しかし、妙なものだ....」

文香「....?」

P「見た目はいつもと変わらないのに、行動は子供そのものだもんな」

P「やっぱり子供のころから人見知りする性格だったのかな?」

P「よくスカウトできたな俺....」

文香「....」

P「ほら文香、サンドイッチ好きか?」

文香「....」コクリッ

P「そりゃよかった、どうぞ召し上がれ」

文香「....」ジーッ

P「どうした?」

文香「....食べさせて...」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 20:28:10.72 ID:Xh7DBEfJ0

P「あっ、今は子供か...」

文香「....?」

P「なんでもない、ほらあーん」

文香「あーん...」


パクッ


文香「....んぐんぐ...」

P「美味しいか?」

文香「....うん...」

P「よかった、もっと食べろ」

文香「あーん....」




P「お腹一杯になったか?」

文香「....」コクリッ

P「これで一安心か」

文香「.....」ソワソワ...

P「どうした?」



文香「....おしっこ...」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/28(月) 21:20:51.77 ID:Xh7DBEfJ0

P「と、トイレか!?あっちにあるけど....」

文香「できない...」

P「できない!?いやしかし....」

文香「やって...」

P「や、やって!?」

文香「やってぇ~....」ウルウル...

P「な、泣くなよ!」

文香「おトイレ行きたい....」

P「そ、そうだ!ちひろさんに....」

文香「んんぅ~....」モゾモゾ...

P「うわぁ!スカート脱ぐなー!」

文香「おトイレ...」



P「ちひろさーーん!!!!」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 03:01:20.77 ID:ba7Ou3Vx0

------


P「あぁ、驚いた...」

P「やっぱりこのままでいるのも考えものだな....」

P「とはいえ、今の段階では元に戻るのを待つしかないからなぁ....」

文香「....」スッ

P「んっ、どうした?」

文香「...絵本、読んで....」

P「ああ、いいぞ」


ポフッ


P「おい文香、わざわざ俺の膝に座らなくても椅子に座った方が....」

文香「ここがいい....」

P「わかったわかった、じゃあ読むぞ」

P「むかーしむかし、あるところにシンデレラという女の子が.....」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 11:16:59.82 ID:ba7Ou3Vx0

P(不思議なもんだ、あの文香に絵本を読んであげてるなんて...)



P「魔法使いが杖を一振りすると、カボチャの馬車、そして綺麗なドレスが現れました」

文香「綺麗...」

P「文香も綺麗なドレスが欲しいのか?」

文香「....」コクリッ

P「そうかそうか、うーん....俺を魔法使いとは思えないかもしれないが...」

P「魔法使いの真似事くらいならしてあげられるぞ」

文香「魔法使い...」

P「ああ、文香を綺麗に着飾ってな、舞踏会....とはちょっと違うかもしれないけど、きらびやかな場所に立たせてあげられるんだ」

文香「.....?」

P「って、今の文香にこんなこと言ってもわからないか....」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 13:06:29.28 ID:ba7Ou3Vx0

P「こうしてシンデレラと王子様は大きなお城でいつまでも幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」

P「おもしろかったか?」

文香「....うん」

P「やっぱり文香は文香だな、子供のころから本が好きだったみたいだ」ナデナデ

文香「....私も」

P「んっ?」

文香「.....シンデレラみたいになれる?」

P「...ああ!なれるさ、文香は綺麗だからな」

文香「....綺麗?」

P「そうさ、あっ!そういえば忘れてた!」ガサゴソ...

文香「....?」


ファサッ


P「文香、誕生日おめでとう」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 13:42:52.72 ID:ba7Ou3Vx0

文香「これ...なに?」

P「ストールだよ、これから寒くなるし...」

P「文香はいつも巻いてたから、ちょうどいいかと思ってさ」

文香「....」ジーッ

P「気に入るかどうかわからないけど....」

文香「.....」

P「や、やっぱり嫌か?」

文香「ありがとう....」ススッ


チュッ


P「ふ、文香!?」

文香「嬉しい....」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 13:46:14.45 ID:ba7Ou3Vx0

文香「....」ギュッ

P「そっか、喜んでくれたならうれしいよ」

文香「....」スリスリ

P「やっぱり子供になっても文香は文香だ」

文香(.....あれ?)

P「おとなしいけどとっても優しいな」

文香(.....なんで私、こんなことを...)

文香(プロデューサーさんに抱きついて...)

文香(こんなに顔が近くに....あれ?)

P「いやー、本当に....」



P「文香は可愛いなぁ!」

文香「.....////」カアァァァァ


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:14:10.68 ID:ba7Ou3Vx0

P「みんなお前を暗いとかなんとか言って誤解するけど...」

P「でも本当は優しくて静かな子だってこと、ちゃんとわかってるからな!」ナデナデ

文香「....///」

文香(ど、どうしよう....)

文香(意識がハッキリしてきたけど....なんであんなことを....)

文香(は、早く言わなきゃ....)

文香(でもせっかくだしもう少し....)ギュッ

P「文香?」

文香「....っ!?」

P「顔が真っ赤だぞ?風邪か?」ズイッ

文香「ひっ....な、なんでも....」

P「あれ?文香、お前...」

文香「あっ....」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:28:15.24 ID:ba7Ou3Vx0

------


文香「ご迷惑を...おかけしました....」ペコリッ

P「いいよ、文香のせいじゃないって」

文香「でも私のせいで色々とご迷惑を...」

P「ちひろさんの危機管理不足なんだから気にするなって」

ちひろ「うぅぅ....全部私のせいですかぁ?」

P「事実を言ったまでです」

文香「本当に...すみませんでした....」

P「大げさだな、文香は」

文香「それと、プロデューサーさん...」



文香「このストール、ありがとうございます....大切にします...」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:35:23.69 ID:ba7Ou3Vx0

こうして今回の事件は収束した

しかし文香はこのドリンクの症状が完全には収まらなかったようで....

後遺症がしばらく残ることになった

その後遺症と言うのが....



ガチャッ


文香「おはようございます....」

P「おはよう文香、早いな」

文香「朝早く目が覚めてしまって...それに読みたい本もありますし....」

P「なるほどな、まあゆっくりしてるといいさ、まだ時間あるし」

文香「はい...そうさせてもらいます....」



P「......」カタカタカタ...


文香「.....」ペラッ


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:38:32.56 ID:ba7Ou3Vx0

P「えーっと、ここは.....」

文香「....」ペラッ

P「あっ、このファイルか....」

文香「.....」ペラッ

P「よし、これで.....」

文香「.....」ソワソワ..

P「あとはこれを....」

文香「あの....プロデューサーさん...」

P「んっ、なんだ?」

文香「その....あの....」モジモジ...

P「もしかして...またか?」

文香「はい....お願いできますか...?」

P「ああ、じゃあおいで」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:49:40.77 ID:ba7Ou3Vx0

文香「あの...重くないですか?」

P「大丈夫だ、文香は軽いからな」

文香「あ、ありがとうございます....」

P「しかし、俺の膝なんかがそんなにいいのか?」

文香「は、はい....プロデューサーさんの膝じゃないとなんだか...落ち着かなくて....」

P「まあ文香がいいならいいけどな」

文香「すみません、ご迷惑をおかけして....」

P「いいよ、遠慮なんかするな」

文香「ありがとうございます...あと...」

P「んっ?」

文香「その...腰に手をまわしていただけないですか?」

P「い、いいのか?」

文香「ええ....お願いします」

P「じゃあ、失礼して...」ギュッ

文香「あっ....」

P「い、痛くないか?」

文香「大丈夫です....もっとしっかり....」

P「あ、ああ.....」ギュウウウウ

文香「....とても落ち着きます....」

P「文香....」

文香「.....しばらくこうしてもらってもいいですか?」

P「わ、わかった...」

文香「これからも時々....抱きしめてもらえますか?」

P「ふ、文香がいいのならな」

文香「はい....プロデューサーさんが...いいです...」




ちひろ「あのう、私もいるの忘れてませんか?なにこのオチ.....」




おわり


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/29(火) 14:52:26.55 ID:ba7Ou3Vx0

駄文失礼しました~
遅れたけど誕生日おめでとう文香!
まだSR化していなのにどうですこの人気
きっとSRが出たら血の雨が降るな...
あとなんか子供文香は書きやすいと思ったら
雪美になっちゃってました そこは気にしないでください
ではまた~



元スレ:モバP「えっ、文香が病気!?」

他サイト様の最新記事