1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:49:27.05 ID:B755xkmOo

千早「ねえ、律子」

律子「あら千早じゃない、どうしたの?」

千早「ちょっと相談したいことがあるのだけれど」

律子「千早が私に?……珍しいわね、何か悩み事でもあるの?」

千早「まあ、そんなところね」

律子「それはよくないわね、そういうのは溜め込んじゃダメよ?いいわ、話してみなさい」

千早「いいの?それじゃあお言葉に甘えて、私ね……」

律子「うん」

千早「私ね、今とても暇なのよ」

律子「そう、千早は暇なのね……はい?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:50:05.66 ID:B755xkmOo

千早「だから、私はとても暇を持て余していると言ったのよ」

律子「そう、千早は暇なのね……それで?」

千早「それで、とはどういうことかしら?」

律子「それで、千早は私にどうしろと?」

千早「律子には、私の暇つぶしに付き合って欲しいのだけれど」

律子「……」

千早「……律子?」

律子「あのねぇ…あなたの目には今、私が何をしているように見える?」

千早「何をしているか?えぇっと、そうね……」

律子「いや、別にそんな考え込むようなことでもないと思うんだけど」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:50:43.64 ID:B755xkmOo

千早「うーん……」

律子「千早、私は別に何も難しいことは聞いてないわよね?」

千早「……うぅん」

律子「ちょっと千早、だからそんなにも考え込む必要なんて無いでしょうが」

千早「むぅ……」

律子「もしもーし?千早ぁー?私の言葉聞こえてるー?」

千早「……ごめんなさい律子」

律子「へっ?」

千早「何も面白いボケが思い浮かばなかったわ」

律子「別にそんなの求めてませんでしたけど!?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:51:49.52 ID:B755xkmOo

千早「でもね…私、思うのよ」

律子「何がよ」

千早「少しばかり無茶振りが過ぎるのではないかしら?」

律子「どこが!?」

千早「あんなぶっこみをされては、こちらとしても対処に困るわ」

律子「ぶっこみって何よ、別に普通に質問しただけじゃない」

千早「私ごときの力量ではあんなネタ、捌けっこないわよ」

律子「いやいや、普通に質問に答えてくれればいいからね?」

千早「そんなこと言って、本当は面白い答えを期待していたくせに!」

律子「なんで逆ギレ!?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:52:30.98 ID:B755xkmOo

千早「申し訳ないことをしたわね、せっかく律子がネタを振ってくれたのに」

律子「いやいや、私は別にネタを振ったつもりはないわよ?」

千早「私の返しがもっと上手ければ、こうはならなかったというのに…」

律子「そんなに思いつめるようなことじゃないわよね?」

千早「結果として律子の期待を裏切る形になってしまったわ…情けない限りね」

律子「いや、別に何も期待なんてしてなかったから」

千早「私が不甲斐ないばかりに……くっ」

律子「千早、いい加減私の話を」

千早「こ、こんな面白いこと一つ言えない無能な私は穴掘って埋まってますぅー!」

律子「千早ぁーっ!!だから私の話を無視してんじゃないわよ!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:53:02.13 ID:B755xkmOo

千早「……律子」

律子「何よ」

千早「うるさい」

律子「えっ?……えっ?」

千早「急に叫ばないでちょうだい、ビックリするじゃない」

律子「あっ、うん……ご、ごめんなさい」

千早「あんなにも大声出したりしたら近所迷惑じゃない」

律子「そ、そうね……確かにその通りね」

千早「仮にも年長組なのだから、もう少し落ち着いた態度で行動するべきよ?」

律子「千早の言う通りだわ……私としたことが、ついカッとなって」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:53:46.51 ID:B755xkmOo

千早「まぁ、年長組と言ってもまだまだ若いんだもの、仕方ないわよね」

律子「面目ないわね…」

千早「そんなに落ち込む必要は無いわ、私も別にそこまで気にしているわけではないのだから」

律子「そ、そう?ならよかったわ」

千早「えぇ」

律子「……」

千早「……」

律子「って、ちがーうっ!何なのよ、この私が悪いみたいな流れはっ!」

千早「律子、さっきから随分騒々しいわね、少しは落ち着きなさい」

律子「誰のせいだと思ってるのよ!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:54:15.77 ID:B755xkmOo

千早「まあ話は戻って、律子には私の暇つぶしに付き合って欲しいのだけれど」

律子「だから千早、あなたの目には私が今、何をしているように見えるかしら?」

千早「そうね……えぇと」

律子「千早、別にボケようとしなくていいから」

千早「あら、そうなの?普通の答えでいいの?」

律子「普通の答えでいいわよ」

千早「本当にいいの?そんなの全然面白くないじゃない」

律子「普通でいいから、普通万歳、いいからさっさと答えなさい」

千早「普通なんてうんざりよ、そんなの春香だけで十分だわ」

律子「今、とんでもない暴言を聞いたような気がしたわ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:54:49.02 ID:B755xkmOo

千早「失礼、つい本音が漏れてしまったようだわ」

律子「本音!?あなた、春香のことそんな風に思ってたのね…」

千早「もちろんよ」

律子「そ、そう……そんな事実、とてもじゃないけど知りたくなかったわね」

千早「そうよ、春香は私にとって一番の親友だわ」

律子「どの口が言うか、その親友の悪口を言ったのはどこの誰よ」

千早「……律子」

律子「何よ?」

千早「いくら律子でも、春香の悪口を言うなんて許せないわ!」

律子「いやいやいや!あんただよ!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:55:35.73 ID:B755xkmOo

千早「それで、何の話だったかしら?」

律子「だから、今私が何をしているように見えるかって聞いてるんじゃないの」

千早「何をしているか、そうね……」

律子「いい加減ちゃんと答えてちょうだい」

千早「それはあれかしら?ボケろというネタ振りなのかしら?」

律子「違うわよ…って、このやり取り何回やらせる気よ」

千早「まだ3回目よ?あと2~3回は出来そうだわ」

律子「もういいっての、いいからさっさと答えなさい」

千早「ふむ……仕事をしているように見えるわね」

律子「そうよね、ちゃんと仕事している風に見えるわよね」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:56:04.73 ID:B755xkmOo

千早「当たり前じゃない、どこからどう見たって仕事している風に見えるわ」

律子「……」

千早「あら、急に黙ってしまってどうしたのかしら?」

律子「……そんな人に向かって暇潰しに付き合えだなんて、普通言わないわよね?」

千早「てっきり仕事をしているフリだとばかり思っていたから」

律子「ちゃんとしているわよ」

千早「とか何とか言っちゃって実はー?」

律子「あのね千早……私がそんなタイプに見える?」

千早「見える……見えるわ」

律子「えっ」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:56:37.71 ID:B755xkmOo

千早「えぇ、見えるわ」

律子「そ、そう……千早の目には私はそんな風に映ってたの…ショックだわ」

千早「私にも敵が見えるわ」

律子「えっ」

千早「この感じ……奴か」

律子「……」

千早「奴だ……奴がきたわ」

律子「千早、このワケの分からない流れがまだ続くようなら私は仕事に戻るわよ?」

千早「あぁん、律子随分と冷たいじゃないのー、そんなこと言わないでよー」

律子「私にどうしろって言うのよ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:57:09.74 ID:B755xkmOo

千早「話が脱線してしまったわね、どこまで話をしていたかしら」

律子「仕事中の私に千早が暇潰しに付き合ってって言ったところまでね」

千早「そうだったわね、それで律子」

律子「だから無理よ?仕事中なんだから」

千早「でも仕事しているフリなのよね?」

律子「だから、ちゃんとしてるっつうの」

千早「というのは嘘でじ・つ・はー?」

律子「……千早」

千早「何かしら?」

律子「しつこいようだけど、私がそんなに仕事に不真面目なタイプに見えるかしら?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:57:58.51 ID:B755xkmOo

千早「見えないわね、とてもじゃないけれど」

律子「そうよね、ならよかったわ」

千早「律子といえば仕事だけが取り柄の社畜の鑑のような存在だものね」

律子「とんでもなく失礼なことを言われた気がするわ」

千早「あら、そんなことないわ、褒め言葉よ?」

律子「どこがだ!」

千早「よくよく考えればそうよね、失敬……律子はあの人と違って真面目だものね」

律子「えっ?」

千早「律子はプロデューサーみたいに仕事サボったりしないものね、悪かったわ」

律子「ちょっとその話、あとで詳しく聞かせてもらうわ」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:58:31.36 ID:B755xkmOo

千早「けれども私の言葉に反応しつつも、仕事の手を休めない辺りは流石ね」

律子「当然よ、このくらいの事はワケないわよ」

千早「すごいわ、律子」

律子「や、やめてよ…何言い出すのよ急に」

千早「本当に、大したものだわ」

律子「お、大げさよ…別にそんなに大したことじゃないんだから」

千早「無駄に器用よね」

律子「えっ」

千早「無駄に」

律子「……あなた、さっきからちょいちょい私のことバカにしてない?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:59:04.35 ID:B755xkmOo

千早「いよっ、器用貧乏!」

律子「オーケイわかったわ、バカにしてるのね、そうなのね」

千早「そ、そそそそんなことあらへんし!」

律子「反応が分かりやす過ぎるのよ!」

千早「ち、違うわよ律子、違うのよ、断じて違うわ、本当に違うのよ、違うんだってば」

律子「何回言うのよ!逆に怪しすぎるわ!」

千早「これは褒めているのよ、決して貶しているわけではないのだわ」

律子「とてもじゃないけれど、褒められているようには聞こえないわね」

千早「またまた律子ったら、そんなに照れなくてもいいのよ?」

律子「なぜこの流れで私が照れていると思えるのかが不思議でならないわ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 01:59:50.84 ID:B755xkmOo

千早「でも実際律子の器用さは大したものだと思うわ、これは本音よ」

律子「……まぁ、とりあえずは褒め言葉として受け取っておくわ」

千早「その点に関して言えばゴミ…いえ、プロデューサーとは大違いね」

律子「ゴミ!?あなた今、自分の担当プロデューサーをゴミを言いかけた!?」

千早「そんなはずないじゃない、言いがかりも甚だしいわ」

律子「そ、そう…?私の聞き間違いだったのかしら」

千早「ゴミではなく、ゴミクズと言いかけたのよ」

律子「余計にひどくなってる!」

千早「まぁ、それでも私は彼のことをとても尊敬しているのだけれど」

律子「このタイミングで言う台詞じゃないし、説得力も皆無だわ」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:00:25.11 ID:B755xkmOo

千早「律子、暇だわ、助けてちょうだい」

律子「そんなの私に言われても困るわよ」

千早「この私、如月千早が暇だと言っているのよ?」

律子「だから私は今、仕事中だって言ってるでしょ」

千早「如月千早が命ずる、暇潰しに付き合え!」

律子「イヤよ」

千早「どうしてそんなに突き放すような言い方をするの?」

律子「どうしても何も、至極当然の反応だと思うんだけど」

千早「律子ぉー、暇だわー、構ってぇー」

律子「あぁもうっ!しつこいわねー!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:00:57.85 ID:B755xkmOo

千早「なぁなぁ律子ぉー、構ってぇなぁー」

律子「何なのよその中途半端な関西弁は…だから無理だって言ってるでしょ」

千早「そう、分かったわ」

律子「ようやく分かってくれたのね」

千早「律子は竜宮小町のプロデューサーですものね」

律子「……はい?」

千早「私みたいな担当外のアイドルのことなんて、知ったこっちゃないわよね」

律子「どうしてそうなる」

千早「すみません秋月プロデューサー、困らせるようなこと言ってしまって…」

律子「秋月プロデューサー!?何で急にそんな呼び方になるわけ!?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:01:36.16 ID:B755xkmOo

千早「いいんです秋月さん、私が間違ってました」

律子「秋月さん!?ちょ、何でそんな呼び方するのよぉ…」

千早「そりゃだって、私の担当ではありませんし」

律子「だからって千早、いきなりそんなに露骨に態度変えないでよ」

千早「いえ、今までが馴れ馴れし過ぎたんですね……きっと迷惑だったでしょう」

律子「いや、別に迷惑だなんて…」

千早「これからは心を入れ替えさせていただきます、改心しますので」

律子「ち、千早ぁ……」

千早「どうぞ私のことはお気になさらず、お仕事を続けてください」

律子「千早ぁ、お願いだからそんな言い方しないでよぉ……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:02:10.54 ID:B755xkmOo

千早「というのは、まぁ冗談なのだけれど」

律子「えっ……えっ?」

千早「ちょっとした冗談よ、律子」

律子「じ、冗談…?冗談なの?本気じゃなかったのね……?」

千早「ふふっ、律子ってば急に態度を変えただけで焦り始めるんだから」

律子「ちょっと千早ぁ、冗談でもあんなこと言わないでちょうだいよ…」

千早「些細な遊び心よ」

律子「私にとっちゃ些細でも何でもなかったわよ」

千早「ちょっと冷たくしただけでオロオロするりっちゃんかわいい!」

律子「……仕事が終わったら説教してやるから覚悟しておきなさい」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:02:41.87 ID:B755xkmOo

千早「はぁ、暇だわ……」

律子「相手ならしてあげないわよ……というか千早」

千早「何かしら?」

律子「あなた、今日の予定は確かレッスンだけだったわよね?」

千早「えぇ、その通りだわ」

律子「レッスンまでまだ随分時間があるけれど、どうしてこんなに早く来たわけ?」

千早「それなんだけどね律子、私とても大事な用があったのよ」

律子「大事な用?」

千早「聞きたい?気になるのかしら?そんなに気になる?」

律子「いや別に、これっぽっちも」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:03:19.30 ID:B755xkmOo

千早「今日の律子は随分と冷たいのね、とても傷つくわ」

律子「今日のあなたを見る限り、きっとロクでもなさそうだったからね」

千早「そうとも限らないわよ?意外と本当に大事な用かもしれないし」

律子「まぁ、確かにそうかもしれないわね……」

千早「というわけでここは聞いておいた方がいいとは思うのだけれど」

律子「そこまで言うのなら聞いておきましょうか、あんまりいい予感はしないけど」

千早「実は私、今日はね……」

律子「えぇ」

千早「社長の机にちょっとイタズラでもしようと思って、早く来たのよ」

律子「やっぱりロクでもなかったー!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:04:00.22 ID:B755xkmOo

千早「ほら私って最近よく音無さんの机にイタズラしてるじゃない?」

律子「なるほど、最近急増したイタズラの犯人はあなただったと」

千早「その通りよ、驚愕の事実でしょう?」

律子「そうね、この件も含めてあとで説教するから覚えてなさい」

千早「それでまぁ、ずっとイタズラの対象が同じというのも味気ないでしょう?」

律子「でしょう?とか言って私に同意を求められても困るんだけど」

千早「だからちょっと趣向を変えて、今度は社長の机にしてみようかと」

律子「どうしてよりにもよって社長なのよ」

千早「相手が社長ともなれば、ひり付くようなスリルが味わえるかと思って」

律子「その無駄な行動力と度胸をもっと違うところに生かしなさい」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:04:43.65 ID:B755xkmOo

千早「それでまぁ、私は今日、いつもより早めに事務所に来たのだけれど」

律子「そう」

千早「朝の5時くらいに」

律子「早すぎるわよ」

千早「もちろん冗談なのだけれど」

律子「分かってるわよ」

千早「ちなみにどんなイタズラをするつもりだったかと言うとね」

律子「別に聞いていないんだけど」

千早「あら、そんなに聞きたいのかしら?仕方ないわね」

律子「何で私がすごく知りたがってるみたいな空気になってるわけ?おかしいわよね?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:05:28.50 ID:B755xkmOo

千早「それで、イタズラの内容なのだけれど」

律子「もういいわ、分かったわ、好きなだけ話しなさいな」

千早「社長の机にこっそりと辞表を」

律子「それはかなり本気でシャレにならないわ!」

千早「ちなみに差出人は律子、あなたよ」

律子「なんで私なのよ!」

千早「内容はプロデューサーからのセクハラが原因という旨を…」

律子「プロデューサーまで巻き込んだ!?」

千早「当のプロデューサーはと言うと、彼もまた音無さんの逆セクハラの被害に…」

律子「どんだけ巻き込むつもり!?手あたり次第にも程があるでしょうが!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:06:10.29 ID:B755xkmOo

千早「まぁ、さすがの私もこれはやり過ぎかと思って」

律子「そうね、実際やったら説教どころじゃ済まないわよ」

千早「代わりに律子のスペアのメガネを」

律子「結局私かい!」

千早「冷蔵庫に入れておいたわ」

律子「はぁ……えっ?……えぇっ?」

千早「今頃は適度に冷えている頃だと思うわ」

律子「何かもうどこからツッコんでいいかすら分からないんですけど」

千早「ともあれ、辞表を踏みとどまった辺りは私って流石だと思うのよ」

律子「そうね、もうそんな問題ではないけど」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:06:44.67 ID:B755xkmOo

千早「それにしても、仕事をやりながらとは言え構ってくれる辺り、律子は優しいわね」

律子「中途半端に器用な自分をこんなにも恨めしく思ったことは無いわ」

千早「プロデューサーならこうは……失礼、あのゴミなら」

律子「なんでわざわざゴミに言い直したわけ!?」

千早「あら、間違えてしまったわ、てへ」

律子「どこをどう間違えたらそうなってしまうのよ」

千早「悪気は無かったんだけれど」

律子「あれで悪気が無かったって、ふてぶてしいにも程があるわね」

千早「それほどでもないわ」

律子「褒めてませんけど!?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:07:28.29 ID:B755xkmOo

千早「この調子で仕事そっちのけで構ってくれると尚、嬉しいのだけれど」

律子「あなたねぇ…こうやって話し相手になってるだけでも感謝なさい」

千早「それもそうね、ありがとう」

律子「あら、今度は打って変わって随分と素直なのね」

千早「お礼に一曲、歌でもどうかしら?」

律子「いらないわよ」

千早「いっぱい♪いっぱい♪いっぱい♪…げほっ、げほっ!」

律子「いらないって言ったわよね!?しかもクオリティが中途半端!」

千早「何なのよこの歌は、肺活量がもたないわ!いい加減にしなさい!」

律子「あんたがそろそろいい加減にしなさい」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:07:59.26 ID:B755xkmOo

千早「ねぇ、律子」

律子「何なのよ……そろそろ仕事に集中させて欲しいんだけど」

千早「別に私の相手をしながらだって、十分に出来ているじゃない」

律子「そういう問題じゃないのよ」

千早「仕方ないわね、分かったわ」

律子「本当に分かってくれたのかしら」

千早「そこまで言うのなら、暇つぶしの相手を諦めてあげてもいいのよ?」

律子「……はい?」

千早「律子がそこまで言うのならこの如月千早、妥協してあげてもよくてよ?」

律子「どうしてそんなに上から目線になる」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:08:43.50 ID:B755xkmOo

千早「仕事仕事に忙殺される社畜の律子に免じて、考えてあげなくもないわ」

律子「上から目線な上に失礼極まりないわね」

千早「いよっ、社畜の鑑!」

律子「上から目線な上に失礼で尚且つバカにされているわね」

千早「あっ、それ社畜!社畜!」

律子「あなた、どんどん自分の立場悪くしてるってそろそろ気付くべきよ?」

千早「べ、別に相手が律子だから妥協してあげるわけじゃないんだから」

律子「こんなにも嬉しくないツンデレは初めてだわ」

千早「というわけで条件があるわ」

律子「なぜあなたが条件を出す立ち場になる」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:09:14.05 ID:B755xkmOo

千早「今から私とジャンケンをしましょう」

律子「ジャンケン?……はぁ、ジャンケンってあのグー、チョキ、パーの?」

千早「ジャンケンで私が勝ったら、律子には暇つぶしに付き合ってもらうわ」

律子「なるほど、そういうことね」

千早「ただし、もし万が一、律子が勝ってしまったら」

律子「私が勝ったら千早は諦めてくれるのよね?」

千早「……」

律子「……千早?」

千早「みんなさぞかし、ガッカリすると思うわよ」

律子「えぇぇぇー……感じ悪ぅー」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:09:57.42 ID:B755xkmOo

千早「さぁ、どうするの律子、やるのかやらないのか」

律子「いや、千早」

千早「どうするのよ、男ならハッキリなさい」

律子「誰が男だ!」

千早「早く決めなさい、優柔不断はよくないわよ」

律子「その前に千早、私が勝った際の取り決めが曖昧だわ」

千早「えっ」

律子「私が勝った際は千早は諦める、この辺りをハッキリしてくれないと勝負なんて出来ないわよ」

千早「ワケが分からないわ、律子が何を言っているのかサッパリよ」

律子「サッパリなのはこっちの方よ」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:10:56.99 ID:B755xkmOo

千早「そうだわ律子、思い出した…私、律子に大事な話があったのよ」

律子「絶対ロクでもない話に決まっているわ」

千早「律子、そういう決めつけはよくないわ」

律子「確かにそうだけど、今のところ私自身がロクな目に合っていないもの」

千早「でも律子、聞いておいたほうがいいと思うのよ、なぜならこれは仕事に関することだから」

律子「仕事に関すること?」

千早「私、ちょっとした企画を思いついたのよ」

律子「ふむ、千早が企画をねぇ」

千早「自分で言うのもなんだけど、とても素晴らしい企画だと思うの」

律子「正直イヤな予感しかしないけれど、少しだけ興味もあるわね」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:11:27.20 ID:B755xkmOo

千早「面白ければ採用してくれるのよね?」

律子「まぁ、面白くて且つ、実現可能な内容ならね」

千早「だったら聞くだけ聞いてみてくれないかしら?」

律子「分かったわ、話くらいなら聞いてあげる」

千早「ありがとう、それで内容というのはね」

律子「えぇ」

千早「律子の竜宮小町を…」

律子「竜宮小町を?」

千早「お笑い界に進出させようと思うのよ」

律子「却下」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:12:13.54 ID:B755xkmOo

千早「律子、考える間もなく断るだなんてヒドイじゃない」

律子「考える余地も無いわよ、あなたは一体全体何を言っているの?」

千早「でも律子、きっと面白いと思うのよ」

律子「面白くもなんともないわよ」

千早「律子、そんな風に決めつけるのはよくないわ」

律子「決めつけるも何も、そんなの分かり切ったことじゃない」

千早「そんなこと言わないで律子、もう少しだけ私の聞いてくれないかしら?お願いよ!」

律子「や、やけにグイグイくるわね…」

千早「お願い律子、私この企画にはとても自信があるのよ」

律子「…まぁ、どうせ断ることになるけど、それでもいいなら話してみなさい」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:13:18.08 ID:B755xkmOo

千早「ありがとう律子、それで私が思うに、竜宮小町ってお笑いに向いていると思うのよ」

律子「私としては、そんな風に思われても少しも喜べないわ」

千早「でもね律子、よく考えてみなさい、竜宮小町のメンバー構成を」

律子「構成って…伊織、あずささん、亜美の3人がどうかしたの?」

千早「年相応にやりたい放題、フリーダムなボケの使い手の亜美」

律子「えっ」

千早「一度放たれたボケは回収不可能、ボケまでもが迷子なあずささん」

律子「えっ」

千早「そしてそれらを全て捌くスタイリッシュなツッコミの使い手、水瀬さん」

律子「あなたは本当にさっきから何を言っているの?」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:13:57.23 ID:B755xkmOo

千早「どうかしらこの布陣、まさしく完璧だと思うのだけれど」

律子「残念ながら何一つとして私には理解が出来ないわ」

千早「あら、お気に召さなかったかしら?」

律子「お気に召すも何も論外よ」

千早「……残念だわ」

律子「せっかく提案してもらって申し訳ないけれど、諦めてちょうだい」

千早「そう、分かったわ」

律子「本当に分かったのかしら?いえ、絶対分かっていないわね」

千早「本当は律子も混ざりたかったのね」

律子「やっぱりね、案の定分かっていなかったわ」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:15:18.86 ID:B755xkmOo

千早「そうなると律子もやはりツッコミになるわよね」

律子「勝手に私を面子に加えた上で話を進めないでくれるかしら」

千早「それだとツッコミが二人になってしまうわね……そんなのダメよ、ツッコミは一人で十分だわ」

律子「何を冷静に分析しているのよ」

千早「ということで律子もボケになるのだけれど、律子としてはそれで問題ないかしら?」

律子「今のところ問題点しかないわよ」

千早「ボケ3人に対してツッコミが1人か…水瀬さんが大変そうね」

律子「私は今現在、あなたの相手でとても大変だわ」

千早「でも大丈夫よね、水瀬さんのツッコミならきっと、問題ないわ」

律子「あなたの伊織のツッコミに対する評価、どんだけ凄いのよ」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:16:17.65 ID:B755xkmOo

千早「というわけで律子、私のこの企画、くれぐれもよろしく」

律子「だから却下だっつってんでしょうが」

千早「でも面白ければ使ってくれると約束したわよね?」

律子「私としては面白くもなんともなかったわよ」

千早「なんでやねん!」

律子「それはもっぱら私の台詞よ」

千早「まあいいわ、私は諦めないもの、絶対に」

律子「諦めなさい」

千早「必ず竜宮小町に、お笑い界の頂点を取らせてみせる!」

律子「そんな日は永遠に来ないから、諦めなさい」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:16:49.63 ID:B755xkmOo

千早「それはそうと律子、本当に仕事の手を休めなかったわね」

律子「当然よ……ふぅ、ようやく終わったわ」

千早「あら、終わったのね、お疲れ様」

律子「はい、ありがとう、というわけで千早」

千早「何かしら?」

律子「正座」

千早「えっ」

律子「そこに座りなさい」

千早「律子が何を言いたいのか、よく分からないわ」

律子「あなた今日ちょっと調子に乗り過ぎよ、今からお説教タイム」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:17:26.71 ID:B755xkmOo

千早「いやはや、ご冗談を」

律子「冗談だといいわね、ところがどっこい現実よ」

千早「どうして私が説教されなければいけないのかしら、心外だわ」

律子「散々人の仕事の邪魔をしておいて何を言うか」

千早「でも結果的には終わったじゃない、問題ないと思うのだけれど」

律子「過程の問題よ、過程が散々じゃ結果も満足いかないわよ」

千早「過程や方法など、どうでもいいのよ!」

律子「よくないっての」

千早「律子、そこを何とか、不問には出来ないかしら?」

律子「無理よ、観念なさい」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:18:33.59 ID:B755xkmOo

千早「おっと、そんな律子に残念なお知らせだわ」

律子「残念なお知らせって何よ」

千早「そろそろ私、レッスンに行かなくてはならないわ」

律子「あっ、逃げるつもりね!」

千早「三十六計逃げるが勝ちよ、残念だったわね律子」

律子「レッスン……レッスンか、ふむ」

千早「というわけで律子、私はレッスンに行ってくるわ」

律子「待ちなさい千早」

千早「何かしら、止めても無駄よ?レッスンが私を呼んでいるもの、誰も私を止められないわ」

律子「私も行くわ」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:19:36.67 ID:B755xkmOo

千早「失礼、今なんて言ったのかしら?聞こえなかったわ」

律子「だから私もあなたのレッスンについて行くって言ったのよ」

千早「……」

律子「……」

千早「……それは、マジで言っているのかしら?」

律子「マジよ」

千早「……なぜ?」

律子「暇だから」

千早「あら、律子が暇だなんてタチの悪い冗談だわ」

律子「本当よ、今日はもう特にこれといった仕事が無いのよ」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:20:18.22 ID:B755xkmOo

千早「だったらアレよ、竜宮小町の現場視察にでも行けばどうかしら?」

律子「あの子たちだったら大丈夫でしょ、私がいなくても」

千早「そんなことないと思いますけれども!」

律子「まぁまぁ、そんなに遠慮しなくてもいいじゃない」

千早「いえ、別に私は遠慮しているわけではないんですけれども」

律子「それにね、いい機会だと思うのよ」

千早「何がかしら?」

律子「私ってほら、竜宮の担当じゃない?普段あなた達とあまり話せてないと思って」

千早「あら律子、そんなことを気にしていたの?あれはほんの冗談のつもりで」

律子「でも間違ってはいないと思うのよ、あなたの言い分もごもっともだわ」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:21:33.42 ID:B755xkmOo

千早「律子、そんなイジワル言わないで、考え直すなら今よ?まだ間に合うわ」

律子「だからね、丁度いい機会だし、あなたとコミュニケーションを取ろうと思って」

千早「わぁ、律子ってばステキなこと考えるのね、それはまたの機会でいいですけど」

律子「だから千早、そんなに遠慮しなくてもいいじゃない」

千早「遠慮なんて……あぁ、律子の笑顔がまるで般若のように見えるわ」

律子「あなた最近身体動かしてないでしょう?いい機会だからみっちりしごいてあげるわ」

千早「鬼軍曹、鬼畜眼鏡、パイナップル!こ、この……メガネ!」

律子「ほほう、やる気は十分と見た……では行きましょうか、千早」

千早「いや、ちょっと律子、ほんの冗談だから…ちょっと待って律子!律子……律子ぉーっ!」

律子「ふふふっ、さぁ千早…お楽しみはこれからよ、覚悟なさい」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:22:05.27 ID:B755xkmOo

――――
―――

春香「ただいま戻りましたーっ!」

千早「おかえりなさい春香……」

春香「ただいま千早ちゃん!……って、ソファーに突っ伏してどうしたの?」

千早「ちょっとレッスンで無茶をし過ぎてね」

春香「えぇー!?千早ちゃんがレッスンでバテるなんて珍しいね」

千早「実は、今日のレッスンは律子と一緒だったのよ」

春香「律子さんと?へぇー、珍しいね」

千早「それでね、まぁ、律子に思いっきりしごかれてしまって」

春香「そうだったんだぁ、それは災難だったねー」

千早「まったくだわ」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:23:19.86 ID:B755xkmOo

春香「そうだ、だったらこんな時は…じゃじゃーん!春香さん特製クッキーだよ!」

千早「なぜクッキー?」

春香「疲れた時は甘いものが一番だよ!甘いものですよっ、甘いものっ!」

千早「ふむ、確かに一理あるわね」

春香「というわけで一緒にクッキー食べよっ!ちょっと待ってて、お茶の用意してくるから!」

千早「さて、ということで今日の相手は強敵中の強敵、律子だったわけだけれど」

春香「千早ちゃーん、突っ伏しながら独り言ってかなり不気味な画だよー?」

千早「さすがに相手が悪かったわ…まさか最後の最後にあんな展開が待っていようとは」

春香「千早ちゃんホントに疲れてるみたいだね、独り言にも少し元気が無いよ?」

千早「さて、お次は誰で暇を潰そうかしら…楽しみというより少し怖くなってきたわね」



おわり


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/30(水) 02:24:02.93 ID:B755xkmOo

はい、というわけで中々寝付けなかったので暇つぶしがてら書かせていただきました

ありがとうございました



元スレ:千早「暇なんだけど」律子「何言ってんのよ……」

他サイト様の最新記事