2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:10:44.00 ID:r2x7VMVc0

育「次の町に行くバスまでどのくらいかな?」


結構ある

私は次の町に行かなくてはならない。逃げるわけでなく

誰に言っているんだ。私のためだ

時刻表をみるのに決意を使った私は椅子に座る、いやベンチか

青いベンチの端を見つめる。長い引きこもり生活の所為か

視線が外に出るとまったく定まらない。何かに固定したいのだ

でも人がいたら固定はできないので

物体を見つめるのだけど、この子なに?

オレンジと青緑の女の子

いつからいただろう?


余接「僕の石ころ帽子を見破るなんて」


3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:11:36.53 ID:r2x7VMVc0

僕って言うんだ。この子

なんか頭がちょっとおかしい子なのかな?

私もおかしいことには自信があるけど


育「その帽子のこと?」


変な帽子


余接「お姉ちゃんはマンガとかテレビ見ないほう?」

育「見ないわ」

余接「そう」

余接「最近じゃ意識高いとか言われちゃうけど、お金が無くてそんなどころじゃねーよとか」

余接「余裕もなにもないからだよ。見れたらみたいよ僕だって」

余接「って言う人もそんな風に言われちゃうのかな?」

育「さぁどうだか」


4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:12:55.20 ID:r2x7VMVc0

実際私はそうだけど、言われたことはないし、そんな会話にはならない

会話はしない

してくれる人がいない

この子は話しかけてきた

私は話しかけない

元々そんなに話したいほうじゃないし、頑張らないと無理だし

こんな格好の子供と仲良くならなくていい

足をプラプラさせてこっちを見てる

私なんかに話しかけてくれてありがとうだけど

私はこの町からでていくからね

バスの時間はあるみたいだ。私は気まずくなって目を閉じる

寝るふりをしよう

気にしているんだと自嘲しながら更に目を閉じる


5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:16:15.57 ID:r2x7VMVc0

肩に重さを感じて、目を開くと

寄りかかるカラフル


余接「いけない、いけない。僕としたことが寝てしまった」


棒読みの子供

無表情な少女

かわいい格好

寄りかかったままで


育「なあに?」


精一杯、子供向けの声を出す


余接「ほっぺたから匂いがする」


私の頬に近づき、鼻があたる


育「私のほっぺが臭いっていう意味?」

余接「ネガティブだね」


6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:18:58.16 ID:r2x7VMVc0

いや、びっくりしたんだよ。だから変なことを

触れられたことに

人に触られるのが怖い

これが治ることはあるのだろうか

もちろん人に触るのも怖い

拒絶されるのが怖い

往々にして私も拒絶するけど


余接「知っている人の匂い、だからか」


知っている人?

この子の知っている人の匂いが私からしているのか

なんだろう。それ


7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:20:32.80 ID:r2x7VMVc0

子供だから、まあ本気にしなくていい

でもどんな人と似ているのかな?


育「それってどんな人?」

育「素敵な人?」


私に似ていて勉強が、数学が好きな人なら嬉しい


余接「一言で言うなら変人、いや変態かな」

余接「とにかく変な人だよ」


まあ私に似ているんだ

仕方ない。バス来ないかなあ


9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:25:56.16 ID:r2x7VMVc0

余接「バスがくるよ」

育「あれじゃない」


バスが来て

バスに乗らないことを示すために頭を下げる

隣を見る

見られて

遅れてもう一つの頭が下がる

いい子じゃないか

でも変な帽子


余接「かぶる?」

育「ごめんなさい」


10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:27:24.26 ID:r2x7VMVc0

頭を下げる

かぶせようとする

そういうんじゃないんだけどね

断ったんだよ。だからごめんって

伝わらないなあ

でもかぶって

10秒だけ耐えて

隣を見て

目を逸らされた

こいつ


11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:29:06.59 ID:r2x7VMVc0

余接「そんな無表情でそんな帽子かぶったら変だよ」


知ってるよ。せめて笑ってよ、頑張ったんだから

それにしてもこの子、笑わないな

それには負けないけどね


余接「いえーい」


ジッと見ていたらそう言われた

今、子供達の間で流行っているに違いない

なにが流行るか分からない

帽子はとってくれた


12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/09(土) 23:30:30.18 ID:r2x7VMVc0

余接「お姉ちゃんも一緒にする?」

育「やめとくわ」


誰かに見られたら死にたくなる

まあ見られたところでどうとでもないか


余接「やりたいでしょ?」

育「やらないの」


だからってやりたいわけはないもの


13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 00:40:14.12 ID:nrxl/ocm0

余接「どこに行くの?」

育「ここ以外のところ」

余接「じゃあこの町を離れるの?」

育「そう」

余接「誰かいないの?」

育「誰が?」

余接「普通町から離れるのなら誰か見送りにきているものだから」


思いもしなかった


14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 00:41:28.54 ID:nrxl/ocm0

育「誰もいない」

余接「わー」


わーってなに?

睨んでみる

全然動じない


余接「じゃあ僕がお姉ちゃんの友人を演じようか?」


いや・・・別に

嬉しいと思ったけれど、それはどうなのだろう?


16: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 09:54:28.87 ID:nrxl/ocm0

余接「あんまり・・・いたことがないんだけど」

育「それは分かるよ」

余接「お姉ちゃん、僕のど渇いたな」

育「そう」

余接「友達でしょ?」


友達ってそうなんだ。難しいな

なにがいいんだろう

お茶は子供だから駄目かもしれない

炭酸系も苦手かもしれない

これでいいか


余接「おしるこって」


17: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 09:54:59.21 ID:nrxl/ocm0

余接「おしるこって」

育「2回言う?」


でも飲むんだ


余接「いいセンスだね」

育「ありがとう」

余接「お姉ちゃんのこと、心配になるんだけど」


お金はちゃんとくれた


18: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 09:58:55.72 ID:nrxl/ocm0

余接「僕、携帯持っているんだ」


今時の子供は持ってるよね


余接「お姉ちゃんは?」


これが最近の携帯か


余接「持ってないんだね」

余接「写真を撮れるんだよ」

育「それは知ってる」

余接「一緒に撮ろうよ」

育「バス停を?なんで?」

余接「ポンコツだね。自分達を撮るんだよ」


19: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 10:00:12.59 ID:nrxl/ocm0

育「撮りにくいじゃない。誰かに頼む?」

余接「・・・いや大丈夫だよ」


顔を近づけ、シャッター音が鳴り、画面を見てみる


余接「無表情だね」

育「2人ともね」

余接「お姉ちゃん、これに懲りずに頑張ってね」


ピースまでしたのに


20: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:01:27.64 ID:nrxl/ocm0

育「そういえばあなた、どこに行くの?」

余接「行かないよ」

育「じゃあ何しているの?」

余接「基本はお仕事だよ」


嘘をつくな


育「誰の子?」

余接「誰かの子」

育「どこの子?」

余接「どこかの子」


バス来て

私にはきつい

あいつならきっとうまくやるだろう

妹達がいるから

私はひとりだ


21: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:07:37.23 ID:nrxl/ocm0

育「お母さんは?」

余接「いないよ」

育「どこかに行ってるから?」

余接「どこにもいないよ」


どこにも


育「大変だね」


私らしくなく笑顔になって励ましてみる


余接「笑顔が歪んでいる」

余接「自信がないんだね」

余接「持続性がない」

育「ああ、そう」


22: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:09:16.12 ID:nrxl/ocm0

見せたことないもの。見たことないもの

自分の笑顔なんて

いつもの顔に戻るだけ


余接「素敵な怖い顔だね」


これは良い評価をもらったらしい


余接「そんな目付き、皺になっちゃうよ」

育「目が?」

余接「バカじゃない」

余接「普段冗談を言うタイプの人が言うと、もの悲しくなるよね」

余接「それはもう冗談みたいに」


23: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:19:03.95 ID:nrxl/ocm0

育「それで何がいけないの」

余接「お姉ちゃんが友達がいなくて、アレな子っていうのはいけないことではないよ」


私はカッとなっているのか


余接「ずっとそうだったの?」

育「ずっとそう。10周年は堅い」

余接「アニバーサリーだね。おめでとう」


頑張らなくていいところで頑張るのが私だ


育「そういえばもうずっとおめでとうなんて言われてない」

育「誕生日でもそう。普段の日もまったく人と話さないし」

育「インターホンなんか鳴ってもほぼでないし」

余接「断交だね」

育「電話なんてもちろんなくて」

余接「断線だね」

育「郵便箱も開けない」

余接「郵便局の人、困るね」

育「これで女子高生だものね。先はないかもしれないわ」

育「言うとおりに人としてもだいぶあれだしね」


もういいよ。何を言ってるんだろう


24: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:28:08.07 ID:nrxl/ocm0

余接「でも家族の人は?」

育「いない」


いない


育「私はドアを毎日ノックしていたの」

育「でも返ってきたことはなかった」

育「帰ってくることはなかった」

育「私は何回も大丈夫?って言ったけど」

育「それも返ってこなかった」

育「唯一、私のつくったご飯だけがそのまま返ってきたの」

育「私、どうしようかと思ってどうしようもできなかった」


何を言っているのだろう

でももう流石にこの子でも頭のおかしい人だと思って

どこかに行ってくれるかもしれないな


余接「大変だね」


無表情なままで言う


余接「ところで」

余接「僕に心があると思う?」


25: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:42:43.85 ID:nrxl/ocm0

余接「僕はそれしか言うことができないんだ」

余接「本当ならお姉ちゃんに同情したりするのがいいのだろうけど」

余接「思うことができなくてごめんね」

育「違う」

余接「違う?」


さっき私は同じことをこの子に言った

大変だねって

そんなこと言うなら

私のほうがないに決まっている

より救いのない


育「私はこれからも駄目かな」


26: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 20:59:34.42 ID:nrxl/ocm0

余接「希望も絶望も感じない人はどうなんだろうね」

余接「少なくともお姉ちゃんは僕よりもマシなんだ」

余接「そんなことを」

余接「僕なんかに言われちゃ駄目だ」

余接「手遅れな物に言われてもなにもならない」

余接「まだ全然なんとかなるんだよ」

余接「逃げ無ければ」


不思議なことを言う子供。でも


育「私、逃げることには自信があるもの」

育「私はすぐ逃げちゃうの」

育「なにもかも」

育「家族といるとき」

育「家族がなくなったとき」

育「学級会のとき」

育「なくなったとき」


置き去りにしたんだ

これからもそうなのだろうと予想できてしまう


27: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:06:10.38 ID:nrxl/ocm0

私のこの先、ずっと1人なんじゃないかな


余接「その分戦ったんじゃない?」

余接「僕はそう思うよ」

余接「逃げっぱなしなら何回も逃げない」

余接「何回も立ち向かわないと何回も逃げれない」


手を伸ばして


余接「帽子」


この子の手が空中でさ迷う

子供から帽子を奪いとる。最低だ

でも私の目を隠せるのはこれしかなかった


余接「泣いている?」

育「いいえ」


28: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:20:08.38 ID:nrxl/ocm0

これは本当。泣いていない

目を隠したかった

私は私がどんな表情をしているか解らないのだから

分からないものを見せるわけにはいかないから

私は解答しない、できない

私になにがある?

逃げ切らなかったのはなぜ?

立ち向かったのはなぜ?

全くわからない

今言える唯一のことは


育「私は嫌いな人がいる」


29: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:22:46.86 ID:nrxl/ocm0

余接「お姉ちゃん?」

育「ほんとなんで私なんかを心配してくれるの?ムカツクなぁ」

余接「どうしたの?」

育「かまわないでよ」

余接「えっ?」

余接「迷惑なのかな」

育「あっ」

育「ごめんなさい。あなたのことを言ったのではなくてね」

育「私の知り合いを思い出してたの」


30: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:30:09.46 ID:nrxl/ocm0

余接「僕の知っている人もそうなんだ」

余接「いいよ、いいよ。そんなことしなくてもって」

余接「でもしちゃう」

余接「僕はバカなんじゃないかなって思うんだ」

余接「バカなんだろうけどね」

余接「いつかどうかなっちゃうのに」

育「心配?」

余接「全然だよ」

育「世の中にはそんな人は中々いなくて」

育「素敵な人だと思う」

余接「そうかな?会ってみたい?」

育「どうかな?嫌われちゃうかもね。そんな人なら」

余接「そんなことしないよ。僕もお姉ちゃんの言う人に会ってみたいな」

育「うーん。仲良くないから」

余接「仲良くなればいいじゃない」

育「それはまだ、難しいの」


31: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:41:42.66 ID:nrxl/ocm0

嫌いだ

助けてくれなかった

嫌いだ

心配なんかしてくれて

嫌いだ

一緒に勉強したのに

嫌いだ

仲良くなれなかった

嫌いだ

見返してやる

嫌いだ

負けたくない

嫌いだ

私を不幸だと思っていることに

そうだ

こんな私でもどうにかなったって思わしてやる


32: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:43:49.98 ID:nrxl/ocm0

私の嫌いな人、大嫌いだ。あなたを根拠にしてやろう

私は幸せになりました

そうなったらいいよ

私は不幸なままでした

そうなったとしても

それを証明してみせよう。予想から定理にしてそれを見せてあげる

あなたも好きでしょう?証明問題

卑小で卑屈で卑怯そして頭がおかしい私の

人として終わっているかもしれない私の答えを


33: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:46:22.12 ID:nrxl/ocm0

育「でもこの町に住んでいるから会えるかもね」

育「その人にあなたが運悪く会ったとしたら」

余接「意地悪するんでしょ?頑張るよ」

育「してもいいけど嫌ってはダメだから」


私の最後の持ち物なのだから


余接「お姉ちゃん名前は?」

育「名前聞いてなかったんだ」

育「育」

余接「育お姉ちゃん、僕は余接」

育「どんな漢字?」

余接「余る接続で余接」

育「素晴らしい名前ね!」

余接「へえ」


34: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:47:50.86 ID:nrxl/ocm0

余接「バスだよ」

育「見送ってくれてありがとう」

育「余接ちゃん」

余接「なに?」

育「あなたにはきっとあると思う」

育「カージオイドみたいにね、綺麗な形の曲線があるわ」

余接「なにそれ」

育「あなたの知っている人なら解ける」


分からなかったら嫌いになってやる


育「うーん、分かった。聞いてみるよ」

余接「バイバイ」

育「じゃあね」

余接「いえーい」

育「やらないって」


心のなかではやってあげるけどね

心臓の形を見出して

いつか答え合わせができるといい



余接「さあて、お兄ちゃん家でもいこうかな」


35: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:48:22.16 ID:nrxl/ocm0

これで終りです。ありがとうございます。


36: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 21:58:30.34 ID:AAbgCwRfo

乙です



元スレ:そだちコンジェクチャ

他サイト様の最新記事