1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:10:53.47 ID:XEd3aOqW0

短編
汚い描写あり


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:11:40.27 ID:XEd3aOqW0

提督「オオオオォゥゥゥゥアアアアアアアアアアアアアアア!!!」ズッタンバッタン

瑞鳳「えっ、ちょっ、ど、どうしたの?いきなり叫んだと思ったら髪の毛引きちぎらんばりにかきむしって身悶えするなんて」

摩耶「おおう、凄い説明的だな」

提督「いやちょっとトラウマがな」スッ

瑞鳳「わっ元に戻った」

摩耶「どんなトラウマだよ」

提督「はは、すまんすまん。バとレとンの三つの言葉が揃うとこの発作が起きてしまうんだ」

瑞鳳「大変な体なんだね」

摩耶「いや、真面目に取らなくていいから」

提督「で?バなんとかが何だって?なに?二人して俺のトラウマを抉りに来たの?」

摩耶「んなことしねぇよ」

提督「じゃあ俺のトラウマを聞きに来たの?研究熱心ね?」

摩耶「それもちげぇよ。てか研究ってなんだよ」

提督「俺」

摩耶「うぜぇ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:12:45.67 ID:XEd3aOqW0

提督「じゃあせっかくだから俺のトラウマを教えてあげよう」

摩耶「いらねーよ。てかちげぇって言っただろ」

提督「聞いてってよ!そして俺を慰めてよ!」

摩耶「やだよ、なんであたしがんなこと」

瑞鳳「……いいよ」

摩耶「あ?」

提督「瑞鳳……?」

瑞鳳「ええと、その……提督の事ならなんでも、知っておきたいから……」

提督「ずいほぉ……!」涙ダバー

瑞鳳「だから、なんでも話して?沢山お話し、聞かせて欲しい、な……」

提督「ずいほぅ!」ギュッ

瑞鳳「きゃぁっ!て、提督!?」

提督「ずいほう、おる!やさしいずいほう、おる!」

瑞鳳「だ、駄目だってばぁ、そんなとこまさぐっちゃぁ……あっ」

提督「ずいほぉおおおおお!」

摩耶「うるせぇ」ケツ穴爪先蹴り

提督「んほぉぉぉおおおおおお!!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:14:20.65 ID:XEd3aOqW0

提督「すまな、あっ♡ かったな。取り乱して んんっ♡ しまって」

摩耶「まずその気持ち悪い喘ぎ声を謝れや」

提督「いやぁ蹴られたところが案外気持ち良くて」

摩耶「次顔にするわ」

提督「やめて!」

コンコン

提督「ん?」

矢矧「提督?報告書持ってきたわよ」

提督「おお、ご苦労さん。……丁度いい。机に置いたら椅子に掛けて行ってくれないか」

矢矧「いいけど……なにかあったの?で、なんで摩耶はあっちゃーって顔してるの?」

摩耶「いや、捕まっちまったなぁって思ってさ」

瑞鳳「これから提督のバレン」

提督「オオオオォゥゥゥゥアアアアアアアアアアアアアアア!!!」ズッタンバッタン

瑞鳳「しまった!」

矢矧「え……なに、この……なに?」

提督「私だ」スクッ

矢矧「知ってる」

摩耶「順応はえーなおい」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:15:58.45 ID:XEd3aOqW0

提督「そう、あれは私が十五歳の時だった」

摩耶「始まっちゃったよ」

矢矧「話聞けってことなの?」

瑞鳳「二人とも、しーっ」


提督「当時私には好きな人がいてね。しかもそれなりに仲良かったんだ」

提督「毎日偶然通学路が一緒になったり、他愛もない話しをしたり、なんでもない時でも目があったりしていた」

提督「目が合うとね、さっと視線を反らして、頬を赤らめるんだ。それはもう可愛らしかった」

提督「そしてそのバ何とかの日、俺はチョコと告白を貰ったんだ」

提督「嬉しかったよ。天にも昇る気持ちっていうのはああいう事を言うんだろうね」


瑞鳳「むぅ……」

矢矧「彼女できたことあったのね」

摩耶「そこが一番の驚きだわ」

瑞鳳「……むかつくぅ……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:17:27.52 ID:XEd3aOqW0

提督「そしてそれからその子とのお付き合いが始まった」

提督「春は共に花を見て、夏は花火を、秋は紅葉を、冬には雪を見て、夜にはセックスをした」


摩耶「そこいる?」


提督「一緒にいるだけで幸せで……満ち足りた日々だった。玉袋の中は満ち足ることはなかったけど」


摩耶「下いれないと駄目なの?」


提督「幸せな日々。でも永遠には続かなかった。永遠の物なんてないなんてことは世の常だっていうのに」

提督「その時の俺は若かった。そんなことすら解っていなかった。永遠は永遠で無くなることはないと、ただ無邪気に信じていた」

提督「そして、この手に掴んだおっぱいは永遠だって思っていた」


摩耶「言い方考えろよ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:20:15.48 ID:XEd3aOqW0

提督「そうだな……永遠が崩れ始めたのは共に雪を見た頃だったろうか。……今となっては解らないが」

提督「彼女の笑顔が綻びを見せ始めた。作ったように笑う表情。いうなれば笑顔の仮面だ」

提督「当時の俺はそれをなんとかしたくて、必死に彼女と関わりを持った」 

提督「いろんなところに遊びに行き、話をし、セックスをした」

提督「それでも彼女は取り繕う笑顔は止めなかった。むしろどんどん心が離れて行っている様な気さえしていた」

提督「そしてバ何とかの日、彼女から一つの贈り物をもらった」

提督「『帰ってから開けてね』とだけ告げ、彼女は俺の前から、そして傍から去った」

提督「思えばそれが最後に交わした言葉だった。今になってはどうでもいいことだが」


矢矧「なるほどね。それが提督のトラウマの種ってわけね」

摩耶「碌に経緯聞いてないのに良く解ったな」

瑞鳳「でも、それだけじゃあ髪を引き千切らんばかりにのたうちまわる理由にはならないと思うけど」

提督「その通りだ。この話には続きがある」

摩耶(もういいっての……」

矢矧「摩耶、本音出てる出てる」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:21:36.13 ID:XEd3aOqW0

提督「贈り物を貰った時はこの上もなくうきうきしていた。根拠なんてないのに、また昔のように戻れると思っていた」

提督「まぁ全ては幻想だったわけだがな……。家に帰った俺は早速封を解いてみた」

提督「中から出てきたのはアルミホイールに包まれた小さなチョコと、一つのビデオテープだった」


摩耶(あっ(察し))


提督「バなんとかメッセージか、とその時の俺はそう思っていた」

提督「これを作っていて恥ずかしく思い、最近余所余所しかったのだろうと、根拠もなくそう思った」

提督「チョコとテープを持って自室に向かい、デッキに入っていたAVを引っこ抜いて彼女のテープを突っ込んだ」

提督「テレビを付け、入力端子を変える。準備が整った所で俺は再生ボタンを押した」

提督「ウィ……ンと起動音が鳴り、テープを回し始める。俺は映像がうつしだされるのをワクワクとした気持ちで待った」

提督「しかし、テレビが写されたのは俺の予想とは大きく違ったものだった」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:24:36.76 ID:XEd3aOqW0

提督「『んほぉぉぉぉおま○こにチョコつっこまれるのきもちぃいいおんほほほ!!』」


摩耶(そこ自分で再現しちゃうんだ)

提督「スピーカーから流れてきた言葉の通り、俺の彼女が見知らぬ男にお○んこにチョコとおペニスを突っ込まれて喘いでいる姿だった」

提督「目の前の光景が信じられなかった。どうして、なんで、という言葉が頭を巡った」


提督「『もっとぉ!もっとちょこちょうだぁい!もっとしたのおくちにちょこぉ!たべさせ、ん、んおおおおおおおおおおおおおおお!!ほ』」


矢矧(うわぁ。いろんな意味でうわぁ)

提督「彼女がチョコと精液に蹂躙されていく姿を俺はただブラウン管の外から見ている事しか出来なかった」


提督「『ほぅらちょこばななだよ』」

提督「『ちょこ、ちょこばななぁあはぁああにぃあああああああああああ!!!』ずぶぶー」


提督「貧血を起こしたように目の前がチカチカと点滅し、途方もない吐き気に襲われた」

摩耶「こっちのセリフだよ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:25:30.15 ID:XEd3aOqW0

提督「無力感、喪失感、怒り、悲しみ、憎しみ。それが全て混ざり合って出来た物」

提督「それはどうしようもない興奮だった」

提督「俺はズボンと下着を脱ぎ棄てると、彼女のチョコのアルミホイルの封を解いて、素手でそれを握りしめた」

提督「ぬるりとした感覚が握った手のひらとイチモツに伝う」

提督「俺は高ぶったイチモツをチョコで濡れた手で扱きまわして」


摩耶「ストップ」右ストレート


提督「思い切り射精したんやン!!」ボゴォ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:26:37.54 ID:XEd3aOqW0

・・・・・・・

提督「これが俺のトラウマだ」

摩耶「こっちがトラウマになったわ」

矢矧「まぁ……トラウマになっても仕方ないと言えば仕方ないわね。聞かされる身にもなって欲しいけど」

瑞鳳「可哀想……提督……」

提督「みんなありがとう。ずっと誰かに聞いて貰いたかった。俺の気持ちを解って貰いたかったんだ」

矢矧「女の子に聞かせる様な話じゃないと思うけどね」

提督「少しだけすっきりした。本当に、本当にありがとう。それしか言葉が見つからない」

提督「矢矧の言うとおり、嫌な話だっただろう。気分を害したなら少し休んでから仕事に戻りなさい」

摩耶「なんだこいつ……マジでまともになりやがったぞ」

提督「はは、すまんすまん。それじゃあな」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:28:12.30 ID:XEd3aOqW0

瑞鳳「あ、あの……提督っ!」

提督「ん?」

瑞鳳「その……いや、かもしれないけど。チョコ、作ってきたの」

提督「え……?」

瑞鳳「え、っとその……よければ……たべりゅ?」

提督「た」

提督「たべりゅううううううううううう!!!」


その後摩耶と矢矧からもチョコをもらい、提督のバレンタインは無事に終わりましたとさ。

めでたしめでたし。


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:28:54.42 ID:XEd3aOqW0

一年後

提督「うん?瑞鳳から贈り物……中身は」

提督「チョコとDVD?」


おまんこ。


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 19:30:42.78 ID:XEd3aOqW0

暗い話ばっかり書いてるからこういうの書きたくなっちゃう。
しょうがないね。
申請出してきます。



元スレ:提督「バレン……タイン……デー?」

他サイト様の最新記事