1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:05:12.82 ID:juCkiIy80

大淀「空母ヲ級を捕獲……この場合は鹵獲でしょうか」

提督「見た目は人だ、捕縛と言った方がいいな」

大淀「了解しました。では捕縛と――現在は工廠の方に監禁してあります」

提督「工廠?」

大淀「そもそも、捕縛できるものと思っておりませんでしたので、収容施設そのものが存在しないのです」

提督「う~む……弱っている今だからいいが、今後回復した場合、危険だな」

大淀「了解しました。では明石に専用施設を作らせましょう」

提督「頼む」

大淀「それから、現在ヲ級から情報を得ることは出来ておりません」

提督「人語は解するのだろう?」

大淀「ですが、なかなかに頑固なようでして、一切口を割りません」

提督「分かった……では私が尋問してみよう」

大淀「いけません!提督になにかあったら……」

提督「大淀。もし、ヲ級から情報を得られたら……戦況が変わるやもしれんのだ」

大淀「ですが……」

提督「なに、そう手荒な真似はせん。少々、体に聞くことはあるかもしれんがな」

大淀「提督……」

提督「正直な話、君たちにはそういうことに関わって欲しくない、というのが私の考えでもある」

大淀「了解……しました」

提督「では、行くとするか、ああ、鳳翔を呼んでくれ。少々頼みたいことがあってな……」

大淀「はい」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:06:28.20 ID:juCkiIy80

督「入るぞ」キイ…

ヲ級「…………」ハリツケ

提督「貴様がヲ級か……正直な話、こうして眼前で見たのは初めてだ」

提督「言葉は分かるのか?」コツコツ

提督「ふむ、顔は人間のそれだな」クイッ

ヲ級「ペッ」

提督「…………どうやら、元気はいい様だな。良いことだ――私としても、抵抗してくれた方が多いに愉しめる」グイッ

提督「フッフッフッ……さあ、これから素敵なことが始まる。君も楽しみたまえ。何、悪い様にはせんよ。私たちの求めるものさえ手に入ればね……」

鳳翔「失礼します……」ガチャ

提督「おお、鳳翔か。それで、例の物は?」

鳳翔「ここに……」

提督「ふむ……短時間でよくここまでの物を用意できたものだ。さすがは鳳翔だな」

鳳翔「…………あの、提督」

提督「なんだ?」

鳳翔「その……それを使って、一体何を……?」

提督「何を……か。鳳翔、貴様がそれを知る必要はない」

鳳翔「ですが……」

提督「わざわざ私に命令だ、と言わせたいか?」

鳳翔「…………はい……分かりました……」

鳳翔「その……失礼……します……」ガチャ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:06:57.18 ID:juCkiIy80

提督「では、まずは普通に聞こうか……話せるのか?」

ヲ級「…………」

提督「人語を解せることは調べがついている。……ああ、そうかそうか。空母ヲ級、これはこちら側での貴様の名だ。適当な呼び名が欲しかったのでな……もし本当の呼び名があるのであれば、そう呼ばせてもらおう」

ヲ級「…………」

提督「ふむ、ではヲ級と呼ばせてもらおうか」

ヲ級「…………」

提督「本当に貴様には呼び名が無いのか?」

ヲ級「……ナイ……」

提督「ほう……」

ヲ級「……ドウシタ」

提督「いや、存外綺麗な声ではないか」

ヲ級「…………」

提督「……これは……楽しめそうで嬉しいよ」

ヲ級「……ゲスガ」

提督「そうなるかどうかは、貴様の態度によるな」

提督「では、質問を続けさせてもらおう。貴様が、何故人類を襲う?」

ヲ級「…………」

提督「どうした?答えんのか?」

ヲ級「…………」

提督「ふんっ、まあ、これにはある程度想像がついている。――貴様らは、そういう存在、だろう?」

ヲ級「…………」

提督「だからこの質問には答えることができない。そもそも、理由など持ち合わせていないからだ。違うか?」

ヲ級「…………」プイッ

提督「クックックッ。目は口ほどに物を言う」

ヲ級「……カッテニ、ソウ思エバイイヲ」

提督「――ああ、では次の質問だ。こちらは答えられるのではないかな?貴様らの戦力を把握したい。どれだけの規模だ?どれだけの数の貴様らが居て、どこに展開している?」

ヲ級「…………」

提督「まあ、答えるはずもない、か……。ああ、そう来てもらわなければ、用意したこれらが無駄になる所だったよ。まずは礼を言わせてもらおうか……」

ヲ級「……ヤハリ……人類ハ滅ボサレテ然ルベキダヲ」

提督「吠えろ吠えろ。今のうちにしか出きんだろうからな」

ヲ級「クッ……」

提督「まずは……そうだな。油を加熱する」

ヲ級「ソンナ物デ、ワタシヲ傷ツケラレルトデモ?」

提督「思うさ!何せ貴様は……今こうして私の目の前に張り付けにされているのだからな」

ヲ級「クッ」

提督「ふふふ……そして、鳳翔の用意した、コレを使う。なんだと思う?」

ヲ級「シラン」

提督「いーや、知っているね!知らないはずがない!……ヒントは……死骸、だ」

ヲ級「マサカ!」

提督「ハハハッ!そうだ!その顔が見たかった!」

ヲ級「コノ……下等生物メェェェ!」

提督「さあ!見るがいい!」

ヲ級「クソッ……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:18:39.04 ID:juCkiIy80

ヲ級「…………ヲ?」

提督「どうした?そんな素っ頓狂な顔をして」

ヲ級「……イヤ……ソノ……」

提督「これは、鳳翔に言って分けてもらった、瀬戸内産、最高級車海老だ!」

ヲ級「……ヲ……?」

提督「クックックッ、声も出ない様だな……これに衣を付けて……」ジュ―

提督「ふむ……いい音だ……ところでヲ級、腹が減ったのではないか?」

ヲ級「……アア、得心ガイッタヲ。ナルホド、程度ノ低イ人間ガ考エソウナコトダヲ。私ハ、ソレノタメ二仲間ヲ売ルコトナドシナイヲ!」

提督「いや、これは情報と交換などというせこい真似はせんよ……さあ、揚がったぞ」

ヲ級「…………」ゴキュリ

提督「どうだ?美味そうだろう?」

ヲ級「フ、フン!」

提督「貴様にこれを食わせてやる……ただし……これをかけてなぁ!」ドンッ

ヲ級「ソ……ソレハ……」

提督「ハッハッハッ!恐れ慄くがいい!そうだ!それだよ!その顔だ!これが理解できるとは!やはり貴様は素晴らしい!こうなったのも天命というものだろう!」

ヲ級「貴様ァ……ソレヲスルトイウコトガ、ドウイウコトカ分カッテイルノカヲ!?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 06:19:13.29 ID:juCkiIy80

提督「神をも恐れぬ行為さ!それは貴様がよく分かっているんだろう!この……天つゆを掛けるということの意味を!」

ヲ級「貴様ノ用意シタ車海老ハ、マサニ最高級ダヲ……。タダ新鮮ナダケデナク、ホドヨク冷蔵熟成サセテ、旨ミヲ増シテアルヲ。シカモ、捕マエテスグニ背ワタヲ取ッテオキ、臭ミガ出ニクイヨウニマデシテアッタヲ」

提督「そして最高の温度と最高のタイミングで揚げた。ここまでの物は、まず滅多にお目にかかれないだろう……」

ヲ級「ソレヲ、ヨリニモヨッテ天ツユニツケル?」

提督「しかも、ただの市販品だ。化学調味料たっぷりだぞ」

ヲ級「クッ」

提督「それだけではないぞ!さらにコレを入れる」

ヲ級「ソレハ!」

提督「気づいた様だな。そう、大根おろしだ!」

ヲ級「ヤ、ヤメロヲ……」

提督「天つゆだけならば、まだ素材の味が残っただろう。しかし、大根という、舌に刺激を与える代物を使えばどうなるか!?」

ヲ級「素材本来ノ味ナド残ラナイヲ……」

提督「そうだ!しかも浸すのは半分だけ!衣のカリカリした触感と、つゆを吸ってドロドロになった触感を同時に味わえるようにしてある!」

ヲ級「鬼畜メェ……」

提督「さあ!味わうがいい!」

ヲ級「ソンナ物!コノ俗物メ!」

提督「何とでも言うがいいさ!さぁ!」グイッ

ヲ級「……クウッ……舌ノ上デ衣ガ溶ケテイク……ダトイウノニ歯ニハサクサクノ衣ガ当タッテ心地イイ歯応エヲ与エテクルヲ」もぎゅもぎゅ

提督「さあ、味はどうだ!」

ヲ級「クゥ……悔シイガ……美味イヲ……」

提督「そうだ!本来は、最高級の味わいが得られる代物でありながら、俗な味わいに落とされた。しかし、それでも!貴様は美味いと感じてしまう!」

ヲ級「クッ……殺セ!」

提督「そうはいかん……貴様に味わってほしい物は、まだまだ沢山あるのだからな」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:36:01.49 ID:juCkiIy80

ヲ級「神戸……イヤ、松坂牛カヲ?」

提督「そうだ、神戸牛よりキメの細かい霜降りは、肉の芸術品と言われることすらある」

提督「神戸牛の特徴は、人肌ですら溶ける脂質にある。松坂牛はそこまでではないが、代わりに旨い赤身の肉が均等に混じっているため、神戸牛よりややしつこくない。これを――」

ヲ級「マ、マサカ……」

提督「そう!醤油、砂糖、みりん、日本酒で煮る!」

ヲ級「ヤメロヲヲ……。肉ノ味ダケデ最高ダトイウのに、ソレニ味ヲツケルダトヲ!?」

提督「フハハハ!そしてこれを御飯に盛り付け……仕上げに紅ショウガをたっぷりと付け合わせる!」

ヲ級「ヲヲヲ……肉ノ味ナド関係ナイホド濃ク付ケラレタ味!ソシテソレヲモ超エル強烈ナ紅ショウガ!シカシ……」

提督「美味い!美味いだろう!」

ヲ級「クヌゥ……」

提督「そしてデザートはこれだ!」

ヲ級「コレハ……ゼリー……ハッ、コノニヲイハ……!」

提督「そう!これはドンペリさ!」

ヲ級「シカシ……シカシ…コノ赤ハ……!」

提督「よくぞ気づいた!ドンペリ・ロゼは口当たりも良く、割と手ごろな値段で手に入れられる、ロゼワインだ!」

ヲ級「違ウヲ!ロゼワインデハナイヲ!」

提督「そう、正確にはワインではない……何故なら、シャンパンに近いからな。何せ、発泡性がある!」

ヲ級「シカシゼリー二シテシマエバ……」

提督「当然、炭酸は抜けてしまう……」

ヲ級「ヲヲヲ……ナント酷イコトヲ……」

提督「しかし、間宮の作ったゼリーだぞ?」

ヲ級「ヲイシイヲ……」キラキラ

提督「ふふふ…お気に召したようだな……。今日のところはこのくらいにしておいてやる」

ヲ級「クツジョクダヲ……」

提督「明日は……そうだな、赤マツタケを……グラタンにでもしてやろう!」

ヲ級「キサマァー!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:36:44.49 ID:juCkiIy80

以上、完結です
依頼出してきます


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 07:48:45.48 ID:KgJYhMNPO

よかったおつ



元スレ:提督「ヲ級を拷問する」

他サイト様の最新記事