1: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:22:56.32 ID:GP/2WQb00

<鎮守府屋内 廊下>


--
---


五十鈴「では、報告書は私が届けに」

飛鷹「ありがと!」

日向「すまないな。先に失礼する」

夕張「じゃ、また後で!」

五十鈴「えぇ」フリフリ


2: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:31:13.22 ID:GP/2WQb00

五十鈴「……」スタスタ


「……っ……あっ……」


五十鈴「……?」


「……んっ…………ふぁっ……」


五十鈴「何これ……」イラッ


「……ぁひぃっ……んっ……」


五十鈴「…………名取の声?」クルッ


3: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:35:13.90 ID:GP/2WQb00

表札「執務室」



五十鈴「執務室? 一体何を……」ミミソバダテ


5: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:40:21.74 ID:GP/2WQb00

名取『うぅっ……ていっ……と……』

提督『……出すぞ……』

名取『お願い……しま、す……んっ、はぁっ……』





五十鈴「…………」

五十鈴「……ッ!!?///」カァァァ

五十鈴「こっ……このっ……」ワナワナ


6: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:46:40.32 ID:GP/2WQb00

ドゴォォォン!!
バタァン!!!

五十鈴「おどりゃあ何さらしとんじゃこんクソ提督がぁぁぁぁっ!!」





提督「!?」セイザ

ビクゥッ

名取「!?」ヒザマクラサレ

プスッ

提督「あっ」

五十鈴「えっ」

名取「いっ」

名取「…………い゛た゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛い゛っ!!!」


7: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 19:56:38.68 ID:GP/2WQb00

<十数分後 上長良姉妹部屋>


提督「……」

長良「……」

五十鈴「……」

ガチャッ

青葉「伝達終わりです。『利根さんがうっかり足の小指をタンスの角にぶつけた時の悲鳴』と誤魔化しておきました」

提督「ご苦労、下がって良し」

青葉「はいっ!」

バタン

ガチャッ

名取「あ、あの……」

提督「おぉ、入れ違いか。早かったな」

名取「ドックへ行く途中、明石さんに会って、『それくらいなら入渠するより早いですよ!』と……」

提督「成る程。何にせよ軽傷で良かった」

五十鈴「……」


8: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:00:44.52 ID:GP/2WQb00

提督「さて、皆揃ったな」

長良「えぇと、つまり三人の証言を纏めると……」

長良「名取は普段から提督に耳かきを頼んでいて、今日もいつも通りしてもらっていた」

名取「は、はい……」

長良「提督も”艦娘の健康管理”という業務の一環としてそれを了承していた」

提督「はい」

長良「それで耳かきしていた所、たまたま部屋の前を通りすがった五十鈴は……」

長良「えっ……えっちな想像を、して……部屋に、押し入った……///」

五十鈴「っ……は、はい……///」

長良「……で、それに驚いた提督は、その拍子に名取の耳を突いてしまった、と」

提督「はい」


11: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:05:51.18 ID:GP/2WQb00

長良「これは五十鈴が悪いね……」

五十鈴「だ、だって! びっくりするじゃない! あんな声が聞こえてきたら!///」

五十鈴「それに提督も! 耳掃除を秘密にしてなかったらこうはならなかったでしょ!」

提督「人のせいにするな、見苦しいぞ!」

提督「それに第三者の長良もこう言っている。大人しく名取に謝罪したまえ」

五十鈴「~~っ!」プルプル

名取「てっ! 提督! 私はその……だ、大丈夫ですから!」

提督「そうか。名取は優しいな」

名取「い、いえ…………あっ、じゃあ……」

提督「ん?」


12: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:12:20.02 ID:GP/2WQb00

--
---


提督「良いのか?」ベッドニセイザ

名取「はい、このままで……」ヒザマクラサレ

提督「じゃあ……」スッ

カリカリッ
コリコリッ

名取「んっ……ぁっ……」トローン





長良(つまり、この光景を私達に見せつけよう、と……?)

五十鈴(でもこの子に限ってそんな事は………………やっぱり怒ってるのかなぁ……)



提督(なんで二人共部屋を出るでもなく、こっちを見てるんだ……?)


13: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:21:31.60 ID:GP/2WQb00

コショコショ
コスッコスッ

名取「んっ、んんっ! はぁっ……」ビクビクッ

コリコリ
カリッカリッ

名取「くふっ……あっ……」ガクガクッ

カッカッ
コツッコツッ

名取「ひぁっ……くぅっ……」モゾモゾ

提督「よし。梵天行くぞ」

ゴシュッ、ゴシュッ
モフッ、モフッ
フワフワッ

名取「んんっ……ふぅぅっ……」ビクンビクン






長良(なんだか……///)

五十鈴(いけないものを見ている様な……///)


14: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:27:48.52 ID:GP/2WQb00

提督「さぁ、こっちは終わりだ。反対側を」

名取「は、はいぃ……///」クルリン

名取「スゥーッ、ハァーッ、スゥーッ、ハァーッ……///」

長・五「「!!!???///」」ガタッ

提督「二人共静かにしてろ」





長良(何やってんのあの子!!?///)

五十鈴(いつの間にか……えらい大胆になったわね……///)


15: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:35:04.90 ID:GP/2WQb00

名取「んっ……提督、さ……っ……」

カリカリッ
ゴソゴソ

提督「大丈夫だ。俺はここだ」

名取「はい……はいぃぃ……///」

コリコリッ
カリカリッ

提督「よい、しょっと」

カリカリカリッ
ズズズッ
ゾフッ!

名取「ふぁぁぁっ!///」ビクビクビクン!

モフモフモフッ
フワフワフワッ
フワッ

提督「よし。これで完了だ。お疲れさん」

名取「あっ……ふぁっ……」ガクッビクッ




長良(名取……凄く気持ち良さそう……///)ゴクリ

五十鈴(私もやって貰おうかしら……///)ゴクリ


19: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:41:31.03 ID:GP/2WQb00

名取「あ、ありがとうございました……///」

提督「いやいや。これも仕事の内さ」

名取「それでは……」

名取「こっ、今度は私が!」

提督「おう。いってらっしゃ……ん?」

名取「私が提督さんの……み、耳かきを、します!」




長・五「「!!??」」ガタッ




提督「そうだな…………折角だ、やって貰おうかな」

名取「で、では今度は私がこっちに……」ポンポン

提督「おぉ。失礼するぞ」

スッ

提督(おぉ、なんと張りのある柔らかさ……)

提督(膝枕なんて久しく経験していないが……これは良い……)


20: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:47:47.80 ID:GP/2WQb00

名取「でっ、では! いきまひゅっ!」

提督「名取!」

名取「ふぁい!」ビクッ

提督「大きく吸って」

名取「すぅーっ」

提督「吐いて」

名取「はぁーっ」

提督「よろしく頼む」

名取「は、はい!」


24: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 20:59:42.39 ID:GP/2WQb00

名取(そ~っと、そ~っと……)

コチョッ、コチョコチョッ
カリッカリッ

名取(傷付けない様に、丁寧に……)

コショコショ
コスコス

提督(良く言えば極丁寧、悪く言えばもどかしい耳かきだな……)

カリカリ
コリコリッ

提督(しかしほとんど痛みを感じない。耳かき上手いんだな……)

カッカッ
コチョコチョ

提督(少しずつ、確実に綺麗になって行く感覚……)

コツッコツッ
コショカショ
ツツッ

提督(俺はいつも一気にやってしまうが……これはこれで良いものだ)


27: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:04:41.55 ID:GP/2WQb00

コリッ
カリッカリッ
ツツーッ

名取「て、提督さん……」

提督「どうした?」

パリッ
ミリッミリッ
ペリッ

名取「気持ちいい、ですか……?」

コッコッ
カリカリ
スーッ

提督「……あぁ」

コシュッコシュッ
スッスッ

提督「凄く、気持ちいいぞ」

名取「あ、ありがとうございます!」パァァ

カカッ、コッ、コココッ
コリッ

提督(そうだ……自信を持て……)


29: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:10:58.68 ID:GP/2WQb00

--
---

コショッ
ススッ、ススーッ

名取「……はい。こちら側はこれで、お終いです。反対側を、するので……」

提督「あぁ……」ムクッ

名取「こ、こちらを、向いて、ください!」

提督「……なんと」クルリ

名取「……っ!!///」ドキーン

名取(だ、ダメダメ!! 集中しないと!)

提督「……っ!!」ドキーン

提督(しまった、転がったらこうなるよな……目の前に名取のお腹が……いかん、ドキドキしてきたぞ)


30: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:20:00.31 ID:GP/2WQb00

名取「し、慎重に……落ち着いて……」

ピリピリ
パリパリ

提督(ちょっと手が震えているな……)

名取「力を、入れ過ぎない様に……」

ペリッペリッ
カリカリカリッ

提督(おっ、すぐに持ち直した)

ミリミリッ、メリッ

スーッ

メリッメリッメリッ
パリッパリッ

ススーッ

ペリッペリッ
ミリミリメリッ

スーッ

提督(ペースが上がっている……調子が出て来たという事かな)


31: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:29:34.44 ID:GP/2WQb00

ザザッ
ガッ、ガササッ

提督(それにしても……気持ちいいな……)

提督(他人にやってもらっているからなのか、名取が俺より上手いのか……)

ゴソゴソ
ガガッ
ススーッ

提督(…………はたまた、名取だからそう思うのか……)

バリッ
ミリミリ、ザリッ

提督(まぁ、何でもいい……今、俺は至上の快楽を味わっているという事は確かなんだ……)

ゾゾッ、ゾゾッ
ガサガサ、カリリッ
スーッ

提督(そう、このまま……)ウトウト


32: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:35:44.35 ID:GP/2WQb00

コッ、ココッ
ココッココッ

提督(奥の……大物か)

ココッ、ゴッ、ゴゴッ
ゴココッ

名取(硬い……しかも大きい……)

ゴリゴリ
ガッ、ガッ

名取(でももう大分奥だから、あまり強くはできない……)

ガガッ、グッ
ゴッゴッ

名取(強くしすぎないように……傷付けないように……)


33: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:39:19.91 ID:GP/2WQb00

ガッ、ガゴッ
グッグッ

提督(頑張れ……)

名取「ふぅっ……うぅ~っ……」

ゴゴッ
ズッ、ゴゴゴッ

提督(苦戦している様だな……)

ググッ
ゴッゴッ
ガガッ

名取(でも、だからって投げ出す訳には行かない……!)

ゴコッゴコッ
コッコッ
ググッ


34: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:47:09.45 ID:GP/2WQb00

ビッ

名・提(剥がれた!)

名取(ここから……)

グッ、ググッ
メリッ

名取(一気に……!)

ミリミリッ、メリッ
メリメリ、バリッ

ズズズッ!!

ズボゥ…!!

提督「ふぉぉっ」

名取(と、取れた!)

提督「名取……よく、やった……」

名取「あ、ありがとう、ございます!」

提督「それから……少し、このままで……」

名取「はい……どうぞ……」


35: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:52:51.82 ID:GP/2WQb00

提督「あぁ、じゃあそろそろ……」

名取「はい。それでは、仕上げに入ります」

パリッパリッ
サッサッ
スーッ

ピリッ、ピリッ
パリパリ
ススーッ

提督(あぁ……最後の一片まで、掻き出されて……)

ショリショリ…
コショッ
スーッ


モフモフッ
フワッ、フワワッ
モフッモフッモフッ
フワッ


ふぅーーっ……



---
--


36: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 21:58:53.55 ID:GP/2WQb00

<二週間後 執務室>


提督「で、何だこれは」

五十鈴「何だって何よ」

長良「私達も、耳かきして貰いたいなーって……」

提督「ふむ……名取、良いか?」

名取「わ、私は! 良い、ですよ」

名取「あ、でも!」

提督「ん?」

名取「わ、私が、優先です!」








この後滅茶苦茶した

おわり


37: ◆pysihcVNJQ 2015/04/08(水) 22:03:32.05 ID:GP/2WQb00

耳かきSSと名取のステマでした。
皆々様ありがとうございました。



元スレ:名取「み、耳かきを、します!」

他サイト様の最新記事