1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 20:45:50.67 ID:EG0pWv6Mo

レッスン場

亜美「そうだよはるるん!」

真美「今はアイドルもノリツッコミくらいはできるようにならないとね~」

春香「そ、そうなの? いや、っていうかノリツッコミって何……?」

真美「え! はるるんノリツッコミ知らないの!?」

春香「うん、多分……」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 20:49:57.88 ID:EG0pWv6Mo

亜美「ならば教えてしんぜよう」

真美「いいかね、はるるん。ノリツッコミというのはだね……」

 ガチャッ

律子「あ、居た! こら亜美、真美! いつまでこんなところに居るの!」

春香「! 律子さん」

亜美「どしたのりっちゃん。そんなピリピリしちゃって」

律子「どしたのじゃないわよ! 今日は仕事の打ち合わせするって言ってたでしょ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 20:52:54.05 ID:EG0pWv6Mo

真美「えっ? そ、そうだっけ?」

亜美「そーいえばそんな話をしてた気も……」

律子「いいからさっさと準備しなさい!
   というわけで、楽しく会話してたとこ悪いわね春香!
   あなたは今から雪歩と真と一緒に自主レッスンよね? 頑張ってね!」

春香「えっ? あ、はい! 行ってらっしゃい!」

春香(……ノリツッコミのこと聞きそびれちゃったなぁ)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 20:57:02.19 ID:EG0pWv6Mo




雪歩「はふぅ~疲れたぁ……」

真「ちょっと休憩にしよっか。最初からちょっと飛ばしすぎちゃったかもね」

春香「でも私、今日なんだか調子いいかも!
   それにこの三人でレッスンなんて久しぶりじゃない?」

雪歩「そう言えばそうだね……。お仕事は一緒にやったりもしてたけど」

真「仕事なら結構あるんだけどねー。バラエティ番組の出演ももう決まってるし」

春香「! そうだ……ねぇ二人とも! バラエティで思い出したんだけど――」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 20:57:43.79 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「――ノリツッコミ?」

春香「うん。亜美と真美が、今時のアイドルはバラエティとかトークとかで
   ノリツッコミくらいはできなきゃダメって言ってたんだけど……」

真「それって、あれだよね? 『……っておい!』みたいなやつだよね?」

雪歩「て、手負い……?」

春香「え、何それ……そんな物騒なの? ノリツッコミって……」

真「いや違う違う! 手負いじゃなくて!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:00:37.48 ID:EG0pWv6Mo

真「だから、なんて言ったらいいのかな……。
 っていうか二人もどんなのかは多分知ってると思うんだけど……」

 ガチャッ

P「よっ、みんな頑張ってるか?」

春香「! プロデューサーさん!」

真「おはようございます、プロデューサー!」

雪歩「おはようございますぅ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:03:03.12 ID:EG0pWv6Mo

P「あぁ、おはよう。もしかして休憩中だったか?
 じゃあレッスンの邪魔にならなくてタイミングが良かったかな」

春香「邪魔だなんてそんな。レッスンの最中でも全然見ていってください!」

P「あはは、そうか?」

真「あ、そうだプロデューサー!
  ちょっと話があるんですけど、聞いてもらってもいいですか?」

P「うん? そりゃもちろん。何か相談事か?」

真「相談事っていうか――」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:04:43.98 ID:EG0pWv6Mo

P「――なるほど、ノリツッコミか……」

春香「はい。それで、真が『手負い』が関係してるって……」

P「手負い?」

雪歩「も、もしかして、怖かったり危なかったりするんですか?」

真「だ、だからそうじゃないってば!
 プロデューサー、ボクじゃ上手く説明できないんです! 助けてください!」

P「手負い、手負い……あぁ! はいはいそういうことか。
 なるほど、確かにその通り。ノリツッコミを受けた者は酷い傷を受けることになる」

真「え!?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:05:25.56 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「ひうっ! や、やっぱりそうなんだぁ……」

真「ちょ、ちょっとプロデューサー? 何言ってるんですか?」

P「それだけじゃなく、ノリツッコミは諸刃の剣でもあってな……」

春香「も、諸刃の剣……!」

P「そうだ。ツッコまれた者だけでなく、
 ツッコんだ者も手負いのアイドルとなってしまう可能性が
 ってそんなわけあるかーーーーーーーーーーいっ!!!!」

一同「!?」

P「とまぁ、これがノリツッコミだ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:09:21.90 ID:EG0pWv6Mo

真「……あ、あぁなんだ、そういう……」

雪歩「?? ……?? ? ……?」

春香「え……? あの、んん……?」

P「あははっ、悪い悪い。ちょっとびっくりさせちゃったか。
 つまり、相手のボケに対してすぐには突っ込まずに一度は乗るんだよ。
 今のは春香と雪歩の天然ボケに俺がノリツッコミをしたってわけだな」

雪歩「ボケに対して、すぐには突っ込まず……」

春香「っ! あー、私わかりました! それ知ってます!
   そういうのがノリツッコミって言う名前だったんですね!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:09:56.41 ID:EG0pWv6Mo

P「おっ? じゃあ春香、早速ちょっとやってみるか!」

春香「えっ。い、いきなりですか?」

P「まぁ練習だ練習。物は試しっていうだろ?」

春香「え、えっと……はい、わかりました!」

P「よし、いい返事だな! じゃあ早速、真を空手で倒して見せろ!」

春香&真「え!?」

P「それがノリツッコミマスターへの第一歩。絶対必要なことなんだ。いいな!」

春香「わ……分かりました! 頑張ります!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:10:29.37 ID:EG0pWv6Mo

春香「い、行くよ真!」

真「ちょ、ちょっと待って! ストップ春香!」

春香「大丈夫! こう見えて私って結構頑丈だから遠慮せず……」

真「いやそうじゃなくて! プロデューサー!
 ボケでしょ今の!? 今のボケですよね!?」

P「……あぁ、うん。その通り」

真「ですよね!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:11:18.52 ID:EG0pWv6Mo

春香「えっ? ボ、ボケ? えっと……?」

雪歩「あ、そ、そっか……。
   だから、春香ちゃんはプロデューサーにツッコまなきゃいけなかったんだよ。
   『ノリツッコミと空手は関係ないじゃないですかー!』っていう感じで……」

春香「えぇー……」

P「あっはっは。まぁアレだ。見事に失敗したな春香!」

春香「うぅ……。や、やっぱりいきなりは難しいですよぉプロデューサーさぁん……」

P「ふむ……流石に少々無理があったか。
 それならいくつか例を見せてからの方がいいかもな」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:12:17.53 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「わ、私もまずは見て勉強したいですぅ!」

真「ボクからもお願いします!」

P(うん、なんか分からんがやる気を感じて素晴らしいな!
 だが例を見せるとは言っても、すぐには……)

 ガチャッ

真美「たっだいまー!」

亜美「また来ちゃったよーん」

律子「二人とも? このあともまだ予定は入ってるんだから、
   あんまりのんびりしてる時間はないわよ?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:15:51.61 ID:EG0pWv6Mo

P「おっ、律子。それに亜美真美。打ち合わせは終わったのか?」

亜美「あれっ、兄ちゃんだ!」

真美「やっほー兄ちゃん!」

律子「あら、プロデューサーも居たんですね。
   えぇ、打ち合わせはなんとか終わりました。
   今は次の仕事までのちょっとした空き時間です」

亜美「ねぇねぇ兄ちゃん! ここで何してんのー?」

真美「何か面白い話してたー?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:19:05.34 ID:EG0pWv6Mo

P「ん、まぁな。お前達の言ってたノリツッコミを春香達に教えてやってたんだ」

律子「ノリツッコミ? ……あぁ、なんかそんな話してたわね」

亜美「ほほ~。はるるんは勉強熱心ですなぁ」

真美「真美たちの話を真面目に聞いていたようだね。感心感心」

春香「あはは……でも結構難しくて。
   お手本を見てから練習しようって思ってたとこなの」

真美「! だったら亜美、あれがいいんじゃない?」

亜美「おお、アレですな! さすがは真美殿、お目が高い!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:19:58.43 ID:EG0pWv6Mo

律子「……あんた達、また何か変なこと企んでるんじゃないでしょうね?」

真美「もー、りっちゃん疑いっぽいなぁ」

亜美「ちょっとしたお手本を見せてあげるだけだよん」

P「? なんだスマホなんか取り出して。動画でもあるのか?」

真美「まぁまぁ見てからのお楽しみってことで!」

亜美「よってらっしゃい見てらっしゃい! ポチッとな」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:23:06.76 ID:EG0pWv6Mo

 律子『あら、プロデューサーじゃないですか。夜遅くまでお疲れ様』

 P『あぁ、律子もお疲れ』

春香「あれっ? これって……律子さん?」

雪歩「それにプロデューサーも……」

真「一体いつの……っていうか、これが何かノリツッコミと関係あるの?」

亜美「んっふっふ~。まぁ見てて見てて」

真美「本番はここからっぽいよ~?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:29:36.72 ID:EG0pWv6Mo

 律子『――なんだか昔を思い出しちゃって……』

 P『昔っていうと……。殺し屋時代?』

 律子『そう……。スコープを通したターゲットの姿と、
    その周りの景色だけが、私の世界のすべて……。
    なわけないでしょ!? そんな反社会的な時代は経験してません!』

春香「……これは……」

真美「どうどう? 見事なノリツッコミっしょ!
   いよっ、ノリツッコミの申し子! 律子だけに!」

亜美「ノ律子ミ! ノ律ッ子ミ! なんちって!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:30:46.39 ID:EG0pWv6Mo

P「……そう言えばあったな、こんなこと」

律子「もうずっと前のことですよね。
   あの時はまだ私もプロデューサーになったばっかりで、
   竜宮の子達にも色々と大変な思いを……って何よこれ!?
   なんでこんな映像をあんた達が持ってるわけ!?」

真美「うあうあー! りっちゃんが怒ったー!」

亜美「逃げろー!」

律子「あっ!? 待ちなさいこらぁーー!」

 ガチャッバタン!


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:33:53.89 ID:EG0pWv6Mo

春香「……い、行っちゃった」

P「いやしかし流石……最後まで見事なノリツッコミだったな」

P(それにしても本当にいつあんな映像を……)

雪歩「確かにノリツッコミでしたけど、
   いきなりすぎて、やっぱりよく分かりませんでした……」

P「ああ……まぁ確かにな。じゃあここは俺達が手本をみせてやるか、真!」

真「え!? い、いや、それはちょっと無理ですよ。
 ボクだってたまたま名前を知ってただけで、
 別に詳しかったり得意だったりするわけじゃないんですから」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:34:44.59 ID:EG0pWv6Mo

P「む、そうか。なら仕方ないな……」

雪歩「うぅ……やっぱりノリツッコミの勉強なんて無理なのかなぁ」

P「いや、諦めるな雪歩!
 こうなったら、俺が一人で掛け合いをして見せて……」

 ガチャッ

響「はいさーい!」

貴音「おはようございます。今日もよき日和ですね」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:37:34.45 ID:EG0pWv6Mo

春香「! 貴音さん、響ちゃん!」

P「あぁそうか、二人も今日はレッスンするって言ってたな」

響「そうだぞ! まぁ、予定まではもう少し時間があるんだけど」

貴音「三人とプロデューサーがいらっしゃるならと、
   せっかくなので少し早めに来た次第です」

響「それより、何の話してたの? なんか妙に難しそうな顔してたけど」

春香「あー、えっと……」

P「まぁ、大した話じゃないんだ。ノリツッコミについてちょっとな」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:39:19.78 ID:EG0pWv6Mo

貴音「はて、海苔突っ込みとは……。真、面妖な響きですね」

響「……多分だけど貴音、漢字が違うぞ」

貴音「?」

響「ノリツッコミってあれでしょ? 『……ってなんでやねん!』みたいなやつだよね?」

真(ボクの説明と被ってる……)

貴音「なるほど、理解致しました」

春香「え!? 今ので分かっちゃったんですか!?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:40:05.34 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「さ、流石です四条さん!
   私達は真ちゃんの似たような説明でも全然分からなかったのに!」

真「ご、ごめん分かりにくくて」

雪歩「あっ!? ち、違うの真ちゃん! そういうつもりで言ったんじゃないの!」

貴音「いえ……私も、じいやの教えがなければ理解はできなかったでしょう。
   真、じいやには感謝しなければなりません」

P(じいやは本当万能だな)

響「でもなんでノリツッコミの話が出たんだ?」

P「あぁ、それが実はかくかくしかじかでな……」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:43:56.42 ID:EG0pWv6Mo

貴音「なるほど……。確かに頂点を目指すためには、
   ゆーもあも欠かせないのかも知れませんね……」

響「そういうものかなぁ? でもなんか面白そうだぞ!
  自分もちょっと練習に付き合ってみたいさー!」

貴音「手本が必要だというのであれば、協力致しましょう。
   ただ、私にはまだ乗り突っ込みを使いこなせる技量はないゆえ、
   私がぼけてプロデューサーに突っ込んでもらうことになりますが」

P「おおっ、それは助かるぞ貴音!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:44:34.70 ID:EG0pWv6Mo

春香「ありがとうございます貴音さん!」

雪歩「さすが四条さんですぅ!」

真「ボクもしっかり見させてもらうね!」

貴音「ふふっ……礼を言うのは、乗り突っ込みを習得してからですよ。
  では早速参りましょう。プロデューサー、準備はよろしいですか?」

P「あぁ、いつでも来い!」

貴音「……いざ!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:47:23.27 ID:EG0pWv6Mo

貴音「これは、今朝の話なのですが……。
   いつも通りの一日の始まりでした」

P「ふむふむ、いつも通りな」

貴音「いつもの時間に起き、
   そして……坦々麺を三杯ほど胃袋に収め、出かけたのです」

P「ほー、流石だな」

貴音「はい」

P「……」

貴音「……あの、プロデューサー?」

P「うん?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:48:41.56 ID:EG0pWv6Mo

貴音「その……突っ込みは、まだでしょうか?」

P「えっ……。あ、あぁ! そっか、そうだよなすまんすまん!」

春香(あれっ、もしかして失敗?)

雪歩(う、うん、そうみたい……)

P「悪い貴音、もう一回頼む!」

貴音「……分かりました。では、もう一度参ります」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:49:38.16 ID:EG0pWv6Mo

貴音「今朝のことなのですが……。
   いつも通りに私は起床致しました」

P「……」

貴音「そして朝食に、坦々麺を三杯ほど食べました」

P「へー。まぁ普通だよな。坦々麺を三杯食べるくらい」

貴音「はい。真、美味でした」

P「うんうん、わかるわかる。俺も坦々麺なら軽くそのくらいは……
 ってラーメンじゃないんかーーーーーーーーいっ!!!!」

貴音「えっ」

P「え?」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:52:03.41 ID:EG0pWv6Mo

P「あ、あれっ? 合ってるよな? 貴音と言えばラーメンなのに、
 坦々麺を食ったっていうボケだよな?」

貴音「……私とて、坦々麺を食すことくらいはあります」

P「そりゃそうかも知れないが、じゃあ一体どこにツッコミ要素が……」

貴音「……三杯、というところです」

P「え?」

響「いくら貴音でも、朝から坦々麺三杯食べるのがいつも通りってことはないぞ」

P「そ……そうだったのか」

貴音「本当は一杯だったのですが……。
   プロデューサーにはまだまだ、私のことを理解していただけていないようですね」

P「すまん……」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:52:46.81 ID:EG0pWv6Mo

春香「プロデューサーさん……失敗しちゃいましたね」

真「だ、大丈夫ですよプロデューサー! 気を落とさないでください!」

雪歩「ま、まだ次があります! ファイトですぅ!」

P(なぜ俺が励まされているんだ……)

P「ま、まぁとにかくごめん貴音。
 お前のことはこれからゆっくり知っていくことにするよ……」

貴音「はい……是非、そうしていただけると嬉しいです」

響「うーん、まぁ確かにさっきのは、
 貴音のことをよく知ってないと難しかったかもね」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:55:19.04 ID:EG0pWv6Mo

響「よし、じゃあ今度は自分がボケてみるさー!」

P「お、おぉそうか! 頼んだぞ響!」

響「任せて! こう見えて自分、意外とバラエティとかお笑いとかも行けるんだぞ!」

P「っ! へー、そうなのか。そりゃあ意外だな!」

響「ま、自分は完璧だからな! なんでもこなしてみせ……」

P「ってどこが意外だよおいおーーーーーーーーーいっ!!!!!」

響「!?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:55:58.80 ID:EG0pWv6Mo

響「え、あの、プロデューサー……?」

P「いやー、さすが響だ。
 恐ろしくナチュラルなボケ。俺でなきゃ見逃しちゃうね」

響「え……? いや、さっきのは……」

P「ん? 響、どうかしたか?」

響「……自分、まだボケてないぞ……」

P「えっ」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 21:59:58.60 ID:EG0pWv6Mo

貴音「プロデューサー……」

春香「プロデューサーさん……」

P(うっ……ま、まずい! みんなの視線がえらいことになってる!)

P「あ……あははは! おいおい響、今のはお前がツッこむところだぞー!」

響「へっ?」

雪歩「っていうことはもしかして……」

真「さっきのはプロデューサーのボケだったってことですか?」

P「そ、そうに決まってるだろぉ!?」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:00:48.80 ID:EG0pWv6Mo

響「な……なーんだ、もう! びっくりさせないでよプロデューサー!」

P「あははは! すまんすまん!」

P(よし! パーフェクトコミュニケーション!)

P「響なら咄嗟のボケにも切り返せるかと思ったけど、流石に唐突過ぎたな!
 今度は普通にノリツッコミするから、
 気を取り直してさっきの続きを頼む!」

響「あ、うん。わかったぞ! 自分のボケ、見逃さないでよね!」

P(ふー、なんとかなった……。
 いやまだ気を抜くな! ここからが本番なんだからな!)


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:06:50.34 ID:EG0pWv6Mo

響「じゃあ行くぞー!
 ……はいさーい! 自分、我那覇響!
 地元は沖縄で、今は一人暮らししてるんだ!」

P(お、なるほど。自己紹介でボケるパターンか)

響「ウチにはペットがいっぱい居て、
 一人暮らしだけどすっごく賑やかで楽しいんだぞ!」

P「うんうん」

響「アピールポイントは、特にダンスかな! 歌も自信あるけど、
 運動が得意だからどんな難しいダンスでもばっちり踊りこなして見せるさー!
 以上、我那覇響でした!」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:08:06.31 ID:EG0pWv6Mo

響「……」

P「……」

響「……プロデューサー、ノリツッコミは?」

P「え!? 本当に終わり!?」

響「終わりだぞ。もしかして気付かなかったのか?」

P「う……す、すまん、気付かなかった。どこがボケだったのか、教えてくれ……」

響「えー? もう、しょうがないなぁ。
 今のは、ボケるって言ったのに全然ボケてないっていうボケだったんだぞ!」

P「……」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:10:01.76 ID:EG0pWv6Mo

P「そ、そうか! なるほどなー! こりゃ一本取られた!」

響「まったく、しっかりしてよね!」

P「悪い悪い! でもさすが響だな!
 なんていうか、すごくレベルの高いボケだったぞ!」

響「! ふっふーん、そうでしょ! なんてったって自分、完璧だからな!」

P「あぁまったくだ! 響にはかなわないな! あはは!」

響「えへへ!」

P「って分かりづらいわ!!!!!!!!!!!」

響「!?」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:12:47.53 ID:EG0pWv6Mo

響「わ、わかりづらい? そんなことないはずだぞ!」

貴音「響……今のは確かに、プロデューサーのおっしゃる通りかと」

響「え、う、うそ。貴音も分からなかったの?」

春香「ごめん響ちゃん、私も……」

雪歩「うぅ、私も分からなかったよぉ」

真「どこがボケだったのか必死に考えて後悔したよ……」

響「みんなまで……」

P「さぁ響、みんなに謝るんだ。分かりづらいボケをかましてごめんなさいってな」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:13:24.47 ID:EG0pWv6Mo

響「わ……わかりづらいボケをかましてごめんなさい……」

P「まったく、しょうがないなぁ響は。次からは気をつけるんだぞ?」

春香「……あれ? でも待ってくださいプロデューサーさん。
   もしかして、結果的にはノリツッコミできてたんじゃないですか?」

雪歩「あ……ほんとだ。じゃあ結果ALRIGHT*なのかな」

P「まぁ確かにそうだな。結構いい見本になった気がする」

響(……じゃあ自分別に謝らなくても良かったんじゃ)


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:16:54.58 ID:EG0pWv6Mo

P「よし。じゃあ二人がボケ終わったところで、
 そろそろお前達だけでやってみよう!」

春香「えっ! も、もうですか?」

P「元々ノリツッコミっていう存在自体は知ってたんだろ?
 さっきの俺の無意識的なノリツッコミにも気付いたし、
 響のとこで二連発で披露したしな。きっともういけるはずだ!」

真「そっか……うん、確かにそうかも知れませんね!」

P「おっ、そんじゃまずは真いってみるか!
 それと雪歩! お前達でやってみてくれ!」

雪歩「ふぇっ!? わ、私が真ちゃんと……!?」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:19:48.71 ID:EG0pWv6Mo

真「はい、わかりました! 雪歩、頑張ろう!」

雪歩「あ……う、うん。
   でも、えっと……私初めてだから、その……」

真「あはは、そんなに緊張しないでよ。
 ボクだって初めてなんだから……ね?」

雪歩「真ちゃん……」

真「雪歩……」

春香「……あのー、二人とも? まだ始めないの?」

雪歩「あっ!? そ、そうだね! 早く始めよう!」

P(春香め余計なことを……)


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:22:35.73 ID:EG0pWv6Mo

真「えっと、それじゃあまずはボクがぼけてみるね!」

雪歩「じゃ、じゃあ私がノリツッコミだね!
   うん……いいよ真ちゃん! お願い!」

真「よし、行くよ!
 ……いやー、今朝すごいことがあってさー。ちょっと聞いてよ雪歩」

雪歩「! う、うん、何があったの?」

真「女の人が悪い男の人に絡まれててね、それで助けてあげたんだ」

雪歩「へー、そうなんだ。すごいね、真ちゃん!」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:24:59.81 ID:EG0pWv6Mo

真「そこまではまぁ時々あることだったんだけどさ。
 でもそこからが大変だったんだよ」

雪歩「そ、そうなの?」

真「うん。悪い男の人は退散して、それでその後、女の人と二人きりになったんだけど……」

雪歩「二人きり……う、うん、それで?」

真「なんと、その女の人に結婚を申し込まれちゃったんだよ!」

雪歩「……えっ」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:28:18.84 ID:EG0pWv6Mo

真「いやー、びっくりしたなぁ。女の子に人気があるのは知ってたけど、
 まさか結婚を申し込まれるなんて思わなかったから」

雪歩「そ……それで、どうしたの?」

真「どうしたと思う?」

雪歩「えっ。そ、それはやっぱり……断ったんだよ、ね?」

真「あははっ、もちろんだよ! だってボクには……」

雪歩「! え、ま、真ちゃん? なんで急に近付い……」

真「ボクには、雪歩が居るんだからさ」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:29:00.21 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「……」

真「……」

雪歩「真ちゃん……私、嬉しい!」

真「わっ! ゆ、雪歩ってば、大げさだなぁ。何も抱きつかなくたって……」

雪歩「まさか真ちゃんが私のことそんな風に思ってくれてたなんて……!
   私も、私もずっと真ちゃんのこと……!」

真「う、うん。ボ、ボクも嬉しいよ雪歩。えーっと……」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:30:02.99 ID:EG0pWv6Mo

雪歩「私、ひんそーでちんちくりんで、すぐ穴掘って埋まっちゃうけど、
   でも真ちゃん、こんな私を選んでくれて本当に……」

真(ゆ、雪歩! そろそろ良いよ! もうノリは終わって!)

雪歩「へっ?」

真(だ、だからそろそろツッコミを……)

雪歩「……」

真「……」

雪歩「……って、なんでやねーん……」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:32:34.59 ID:EG0pWv6Mo

春香「……」

貴音「……」

響「……」

P「……ナイスツッコミ!」

雪歩「ふぇえええええん!!!!! 穴掘って埋まってますぅうううううううう!!!!!!」

真「ああっ!? 待って雪歩! 雪歩ってば!」

 ガチャッバタン!


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:34:52.95 ID:EG0pWv6Mo

P「くっ……すまん雪歩。俺のフォロー力が足りないばかりに……!」

春香「い、いや、あれはもうフォローとかは無理だったと思います」

響「次どんな顔して二人に会えばいいのか分からないぞ……」

貴音「……忘れてしまいましょう。
   あとは当人たちの問題ですから……」

一同「……」

P「……よし! じゃあ最後に春香いってみよう!」

春香「え!? あ、は、はいそうですね! わかりました!」


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:36:22.34 ID:EG0pWv6Mo

P「よし、いい返事だな! 自信のほどはどうだ?」

春香「えっと……きっとできると思います!
   元々そういうツッコミの仕方があるっていうのは知ってましたし、
   もう準備は万端です!」

貴音「自信あり、ということですね」

響「それじゃ、お手並み拝見といくさー!」

春香「任せて! ばっちりノリツッコミしちゃうから!」

P「気合は十分のようだな……。じゃあまず、俺のほっぺにチューしてみろ!」

春香「え!?」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:37:52.78 ID:EG0pWv6Mo

P「ん、どうしたできないのか? 必要なことなんだぞ?」

春香「あっ……。そ、そうですね! わかりました!
   じゃあえっと、目を瞑ってください!」

P「よしわかった」

春香「……」

P「……」

春香「……ってチューは関係ないじゃないですかー! もー!」

P「くそッ、駄目か!!(ナイスツッコミ! 合格だ!)」



 おしまい


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:39:25.42 ID:EG0pWv6Mo

これで終わりです
何かのコミュでノリツッコミ使いこなしたり
貴音が毎朝ラーメン三杯食べたりしてたらすみません
付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ様でした


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 22:44:18.49 ID:y6C3rFNNO

よかった。乙



元スレ:春香「ノリツッコミ?」

他サイト様の最新記事